<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
選挙DX “ 勝者のメンタリティ ” をGETするページ


者は現状を否定し、敗者は変革を先送る。
【【 岡山メンタル 】】 ≒ “ 勝者のメンタリティ ”
札幌〜横浜〜東京〜大阪に暮らし、出張族となり全国44の都道府県庁所在地を東奔西走するなか、海の幸・山の幸に恵まれた晴れの国おかやま市こそ日本一の移住好適地と断定的に推定し、2006年。キャリアチェンジを伴う自己都合退職をもって岡山市へ移住、15年超のワタクシ。将に素晴らしい秘境である一方で、岡山市政による衰退戦略は甚だ残念。それも今秋。首長を挿げ替える市長選挙に臨み、革新スピリッツに火は灯り、ワクワク感は収まらず。

<< 岡山市長と前・岡山市議会議長が雌雄を決する岡山市長選挙 2021雅雅対決 ” の勝者は、現職 大森 雅夫さんか、 はたまた新人 浦上 雅彦さんか? 雅かの第三極が台頭する漁夫の利だってあるのかも !? >>

なぜワクワクするのか? それは「選挙DX:コンテンツマーケティング概論」の繰り返しながら、 “ 積年の長老支配による市民の無気力の壁 ” を打ち破り、ムラ社会を創造的に破壊し未来都市を創る好機を岡山市長選挙2021は提供してくれるから。そのチャンスをものにするには、岡山市民のメンタルの書き換えが不可欠

勝者は「私が変える」と信じ1票を投じ、敗者は「岡山市は変わらんよ」とうそぶき投票にすら行かない。


メンタルが強い人の特徴5選! 1.私生活を楽しんでいる 2.自分の意見を言える 3.八方美人ではない…

そこで紹介すべくは、NPO法人 博多の風さんの1枚のPDF『勝者の言葉(メンタリティ)』。そこに記された18の格言どれもが私にとって金言なのですが、筆頭は? そう問われたなら迷うことなく『 勝者は戦う対象と妥協する対象を知っているが、敗者は安易な妥協をし価値の無いことで戦う 』を引用させていただきます。

メンタルを更新すれば岡山市は忽ち凄い街になる。だから “ 勝者のメンタリティ

勝者には程遠い、常に30戦 1勝29敗レベルの私ながら、『 勝者は敗北から学び、敗者は新しい事を試みないで失敗しないことだけを学ぶ 』。これだけは小員も出来ている、そんな気がいたします。激動の世の中で、戸惑い感が立ちはだかった時の心の羅針盤の一つとしてオススメします。お時間ある時よろしければ^^。


メンタル弱めの市民が若干多いと感じる岡山市。勝者のメンタリティに書き換えて、素適な街へ!


者は100万都市を標榜し、敗者は「岡山市も人口は自然に減るんだよ」と吐き捨てる。

岡山メンタルの難点の一つは投票率 28.35%で、敗者のメンタリティは消去法でヤル気のない首長を選出。

いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

市政に競争政策を督促すべく、コンテンツマーケティング概論 for 岡山市長選挙2021.の洗練に努めます。


山市はなぜ衰退するのか? 問題は「長老支配」にあり、市民は選挙に無関心だから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山メンタル: 勝者のメンタリティ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.