政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

Well-being

環境省「デコ活」アクション 大喜利大会! 2024年2月16日 締切 !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
事業構想 “ デコ活クリプト ” マスアダプションの頁

◎ 環境省 デコ活アクション 大喜利大会 特設ページ 
環境省「デコ活」アクション 大喜利大会! 2024年2月16日 締切 !!コ活とかけて、ツンドラと解く。その心は !?

先般。UNFCCC COP28の後、遍くマーケットの潮流の変化は露出します! そんな論陣を発出し、あわせて「デコ活クリプト」推し活に没入するノーテンキな私は、環境省発「デコ活アクション大喜利大会の開催について」を目にするやいなや忽ち他愛のないアクション標語をこしらえ急ぎ一本エントリー

久々なぞかけの軽妙洒脱な言葉遊びに接し、そういや学生時分 2ヶ月の落研体験を想起してみたり(懐)。


デコ活とかけて、ツンデレと解く。その心は、ツンドラにかぶります…^^;…お後がよろしいようです。


※ 異分野融合的なおもしろい発想を創発させる “ 超分野大喜利プロジェクト ” これまた面白い! ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 環境省 デコ活アクション 大喜利大会
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

UNFCCC COP28(国連気候変動枠組条約第28回締約国会議)が変えるマーケットの潮流: サプライチェーン排出量の理解が選別する永続企業

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
GX(脱炭素)経営 “ GXリーク ” 参画ナッジのページ

UNFCCC COP28公式Webサイト - 国連締約国会議 
UNFCCC COP28(国連気候変動枠組条約第28回締約国会議)小限の資源でテクノロジーを最大限に活用

グーグル社のSustainabilityページを拝読するなか、概要のラストに刻まれた「サプライヤーの責任」に感銘を受ける環境省認定 脱炭素アドバイザーの私。先だって NewsPicksに投稿した【 11/30〜12/12「COP28」後に豹変するマーケット哲学 】〜 国連気候変動枠組み条約締約国会議 COP28 を先取り 〜を投稿。思い立って、ブログエントリーする本日。

市場の潮流の変化に敏感なマーケターは、脱炭素あるいはGX経営のチェックアップを継続。こと今年の COP28が及ぼす市場への、影響の度合いを注視しなくては…そう課題提起した訳ですが、2020年の時点で「2030 年までにカーボンネガティブを実現」を配信したMS社そして前掲 グーグル社の使命を急ぎ引用。


なぜ、COP28を注視するのか。三洋電機で間接的にISO14000の取得に携わり、管理職を担った時期は ISO 9000の部課への導入と稼働を担当。そうして2000年の初頭、大手企業のグリーン調達プロジェクトに参画。当時の私はサプライチェーン排出量を知らずとも、その頃、魂の命題として腑に落ちたのだと思われます。



サプライチェーン排出量の理解が永続企業を選別するネガティブな理由
1. COP28はクリティカルマスとなりGVC無理解な企業の製品やサービスは市場競争力を失う
2. グローバルな大企業のサプライチェーンにおいてGVC無理解な企業からの調達は縮小する
3. 何よりCOP28に敏感なZ-α世代は、GVC無理解な企業の製品・サービスを選択しなくなる



サプライチェーン排出量の理解が永続企業を選別するポジティブな理由
1. COP28はクリティカルマスでありGVCに備える企業の製品やサービスの市場競争力は向上
2. グローバルな大企業のサプライチェーンにおいてGVCに備える企業からの調達は拡大する
3. 何よりCOP28に敏感なZ-α世代は、GVCをリードする企業の製品・サービスに好感を示す

昨今は、350JPクリエイターTMに参画したりデコ活応援したり、脱炭素アクションを率先垂範しています。


プライチェーン排出量の理解が中小零細の継続を担保しグローバル・サプライチェーン型成長企業へ
〜 COP28(国連気候変動枠組条約第28回締約国会議)が変えるマーケットの潮流を読み解く生存戦略 〜

COP28後の人々の気持ちの変化すなわち、市場の変容予測のシグナリングも、内容領域専門家の私の使命。


常々関与先様の収益性の強化を考えあぐねる当職の領域はOSINT(Open-Source Intelligence)にあり、UNFCCC COP28後の社会の評価軸は「1.5℃目標への貢献」となり、遍くマーケットにおける企業の評価は「サプライチェーン排出量」になる。その想像は難くはないのですが、どう社会啓発するかは難しい……。

なれば350JPクリエイターチームに参画してZ世代による気候変動リバースメンタリングを受けたり、デコ活応援に注力したり「デコ活クリプト」を提案してみたり。有効なアクションは、資本力に富む大企業の「業種別取組事例」に学び「GXリーグ参画メンバー」の活動に倣うこと。それらを関与先様へお伝えする使命。

上述。環境省認定 脱炭素アドバイザーの私の使命を強く認識し、よりよい社会への修養を続けて参ります。


※ 経産省「GXリーグ」の普及促進さらに環境省「脱炭素経営」のアドバイザーとして頑張ります ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > UNFCCC COP28 と永続企業の条件
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

プア・ジャパン 気がつけば「貧困岡山」〜 富山市、青森市ほか失敗連続コンパクトシティ公金チューチュー問題「路面電車ロックイン」「50戸連たん制度の廃止」で衰退へ突き進む岡山市

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政令市 岡山市は “ コンパクトシティ ” で衰退への巻

◎ プア・ジャパン「 気がつけば貧困大国 」読了所感 
プア・ジャパン 〜 気がつけば「貧困大国」〜ア・ジャパン 気がつけば「貧困◯◯」を学ぶ

野口 悠紀雄さんを私淑する私は新刊情報、『プア・ジャパン 気がつけば「貧困大国」』を目にするやいなや県立図書館リクエストフォームに入力し、先般ありがたく拝受。グローバルレベルでカップリングしている難解な経済問題や社会力学をも明晰に分解し平易に言語化。しかも、どうすればよいかの道筋までお示しくださる氏の教示に常々感謝の候。今回お借りした書も表紙をめくらば、「はじめに 補助金や円安ではなく、人材の育成を」と日本再興のためのパーパースに始まり、続けて「ついにここまで衰退した日本」と現状は示され、「円安と補助金が、古い社会構造を固定化する」そう問題提起はなされて、「古いエンジンのままでは、日本は復活できない」と警鐘は打ち鳴らされており、忽ち政策起業家の深い思考の旅もまた始まりました。いま将に岡山市民は街の「衰退」「成長」の選択を迫られていることから、YAHOO!ニュース「コンパクトシティはなぜ失敗するのか 富山、青森から見る居住の自由」を想起し、急ぎ読了コラムを配信することに。

野口 悠紀雄さんの同書の骨子は、円安と補助金行政は古い制度を温存し、イノベーションの先送りを助長するだけでなく、グローバルレベルの高度人材獲得競争に連敗することとなり、企業や閉塞社会の市場競争力は、低下の一途。この窮状から脱却するには、第7章の7「社会制度の改革が必要」という結論へと導かれ。

こと岡山の公金チューチュー事業は見るも無惨。街のケイパビリティを高める制度改革は急がれましょう。

ゴーストタウン行き路面電車のロックインほか公金チューチューの歪な街づくりを強行する岡山市議会は速やかに、コンパクトシティの惨状を露呈する富山市さらに現在ホームレス天国のポートランド市と野口先生の佳書に多くを学び、補助金行政が映す幻想を捨てるとともに、地域の制度改革を加速しなければなりません。



50戸連たん制度の廃止は新たな時代を担う挑戦者を排除し、岡山市の成長と持続可能性を閉ざす害悪

え゛っ…。人間らしい生活を破壊する50戸連たん制度を廃止する…… !?

この話、誰が得するかを考えると平易。街なかの土地を買い占め、大正時代の路面電車の延伸で既得権益は確定。大儲けする事業者の一方で、衰退する街の水道料金20%値上げ諸々で苦しむ岡山市民…。下記は、崇高な志を掲げ市民活動を続ける御仁 浦上さんのフィードを借りて共有した内容。お時間ある時よろしければ。



正時代の路面電車のJR岡山駅前延伸88億円事業で岡山市は成長可能性を失い「貧困岡山」は現実へ

50戸連たん制度の廃止に関する論点整理:岡山市の場合… 】
〜 「成長する都市」と「人口減少する町」では異なる効能 〜

【 論点整理:50戸連たん制度の廃止の得失を考える 】
1. 50戸連たん制度の廃止で得られる効果と我田引水について
◯ 得られる効果:一般的に、低密度エリアの無計画な開発を抑制することで、農地を保全する効果あり
我田引水:中心市街地の一等地等を買い占めた企業には朗報で、転売や開発により莫大な利益を得るチャンスは到来
2. 50戸連たん制度の廃止で失われる資産とチャンス
◯ 失われる資産:一般的に、中心市街地に暮らす人々の所有地価は上昇。固定資産税が上昇し、転売しない限り損失は継続
◯ 一般的に、市街化調整区域の資産は低下。暮らす人々の財産は目減りするばかりか、買い物難民等を生む場合あり
◯ 岡山市は政令市として健やかに成長するチャンスを逸失……。下記お時間ある時よろしければ。


私淑する野口 悠紀雄さんの新刊『プア・ジャパン 気がつけば「貧困大国」』を速読するなか連想したフレーズは、岡山の子供の未来を閉ざす「貧困岡山」。鉄道コストの約10分の1のBRT(バス高速輸送システム)をスルーし、約88億円へ膨張している路面電車ロックイン事業の強行を許さば早晩、「貧困岡山」は実現。

岡山市民の陳情は尽く不採択ながらも、倦まず弛まず諦めず。岡山市議会の制度改革に努めて参ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > プア・ジャパン 気がつけば 貧困岡山
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

OSINT(Open-Source Intelligence)オープンソースインテリジェンスと、継続企業の前提を担保する、ヒューマナイジングストラテジー

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
日本を再興 “ 社会のWell-being ” を高めるページ


住の緊急性を、すでに起こった東京に学ぶ
食材王国 岡山パクチーサラダの材料
Only the Paranoid Survive. 在住と出張を合わせて東京に40年ほど関与しているパラノイアの私は、1995年。阪神・淡路大震災の当日は枚方市に暮らしており、その3日後に、救援物資を届けたく尼崎市から武庫川を渡り西宮市へ入った日の記憶は今なお鮮明。積める限りの飲料水を社有自転車の荷台に縛り付け、飲食店に届けて応援1日目は終了。人間万事塞翁が馬――。退職、地方都市へ移住を敢行する動機になったことは言うまでもなく、先般 “ マルチモーダル移住 ” はパラノイア本音のエントリーです。

さて先日。日経Web刊の、快刀乱麻を断つ野中先生の教示「企業の失敗、野性喪失から 「失敗の本質」の著者説く」がいつもながら軽妙洒脱で、急ぎNEWS PICKSでシェアした次第。生成AIを使い倒す能力拡張の時代なればの、善いパーパスを追求するヒューマナイジング・ストラテジー人間くさい戦略)は益々重要。

その中オープン・ソース・インテリジェンスを実践ドリブン志向で会得した私は、科学や理論では先導できない意味づけや価値づけの膨大な試行錯誤のプロセスを踏んでおり、蓄積している暗黙知は莫大。知的コンバットを以って体得に至った主観は精強で、投資行動の上手い報告は出来ないけど、株で大勝ちする人である。


サイバー空間で合法的に入手できる資料を調査、分析する「OSINT(Open-Source Intelligence)」に、得意のスキップ結合とファイチューニングを駆使して債券市場でボロ儲けした私の場合、いわば「AIのブラックボックス問題」に陥っていて、なぜ当該銘柄に飛び乗ったのか、なぜ忽ち損切ったか、巧みな説明は覚束ず。

オープン・ソース・インテリジェンスと投資パフォーマンスとビジネス開発の意味深な四方山

例えて株式投資におけるOSINTは、2000年すぎの私の成功パターン。それは、合法的に入手できる1次情報など資料を調べ上げ、あわせてソーシャルメディアから感じ取れるファンダメンタルズの遷移と突き合わせて、空売りと信用買いを実行する手法。債券市場でのボロ儲けの要因の一つは爆速の損切りで、私の場合のロスカットはPdCa』ならぬ『pDcA』の生き様そのものにあり、それこそがFIRE成立の成功要因。年俸1本超の企業のポジションに深謝し惜しむことなく切り捨て、2006年に株式市場を卒業。地方都市の不動産市場へ鞍替え敢行、物件の含み益を涵養しながら今ここ。

PdCa』ならぬ『pDcA』。時間がある時はサイバー空間に我没しOSINTに集中して、チャンスと観ればリアルを奔走、嫌な予感がすれば忽ち撤退する技術。これを支えるヒューマナイジング・ストラテジーの重要性と哲学を、地域社会や関与先様へ実装する。そんな社会貢献に没入しています。

いづれも勝因は、無意識も含めた暗黙的で精強な主観にあり、全ての投資行為は想いありきで始めた顛末。


本的経営に代わるゴーイング・コンサーンの成功パターンと、日本の勝ち筋は観えているから大丈夫
〜 無用な危機を煽るつもりは毛頭なかりしも Never say never. 首都直下地震は起こり得るのです 〜


パラノイアだけが生き残る――。社会学者の佐藤 郁哉氏は、Pの計画とCの評価ばかり偏重されて肝心要のdの実行とaの改善に手が回らない日本企業の現状は『PdCa』だと指摘される。バブル崩壊後の日本の失われた30年を思い知る、さりとて問答無用の厳しいご指摘。関与先様の現況に、思い当たる節またぞろ……(汗)

お役に立てるなら、野中先生のSECIモデルに準拠して、私の暗黙知を形式知として共有する頃合いかも。


Z世代デジタルノマドに愛される企業のみが生き延びる 】〜 適者生存フレキシブルな働き方 〜

さもなければ、もはや止まらない東京一極集中の逆回転クライシスにより日本沈没は実現してしまいそう。

今回エントリーの目的は、近い将来。何らかの激甚災害に見舞われる東京―― それは日本全国民を経済的困窮に陥れる天与の試練 ――を乗り越える為であり、北海道〜東京〜大阪を経て心豊かに暮らせる地方都市へ移住。生き残るためのリスキリングを繰り返し、強かにポータブルスキル生存戦略を研ぎ澄ます私の責務。

上記すでに起こった未来に直面し、OSINTを駆使して予兆を感じ取り、静かにシェアして擱筆いたします。


※【 少し大切な話をしよう 】グローブ:もし我々が追い出され、取締役会が新しいCEOを任命… ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Open-Source Intelligence 論考
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

学歴よりリスキリング歴が問われる時代の「ポータブルスキル生存戦略」

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
学歴より学び直し歴 “ Open Badges ” 推奨ページ

◎ 世界共通:デジタル庁「オープンバッジ」について 
オープンバッジ(Open Badges)2023年9月24日現在長ならできます! 笑い話が流行って早12年

市場の声に耳を傾け豹変を繰り返す世界マーケットと対話する私のポータブルスキルは言わずもがな、遠い類推。崩落を始めたグローバルレベルの株式市場に佇み、そういえば…と、2021年1月の拙エントリー『移住のすゝめ【 リスキリング 】 やまぬ音楽、踊るマネー。地殻変動、株式相場の暴騰・暴落、富士山噴火、首都直下型地震を乗り越えよう!』を想起する今。Googleニュースの検索クエリ「リスキリング」結果ページに眺める学び直し提案Webサイトは星の数で、2年半前の類推そのもの。

そんな2022年の後半の、私の遠い類推は「リスキリング時代に広がるオープンバッジの活用」ということ。


※ 2023年10月1日「環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック」に認定いただきました !! ※

昨年6月。還暦ターンの実務家の強い向かい風はエイジズムで、これを跳ね返すのも、オープンバッジ戦略。


DX人財であること「GX経営」技術を有すること等を瞬時に証明できる「オープンバッジウォレット

いま社会が必要とするテクノロジーは何か。その問題意識は即ち人生哲学であり時代に選ばれる人になる。

2021年。「大人食堂」を、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)、CBDC(中銀デジタル通貨)、東京の食料自給率は約1%。3点セットで考えると題して問題提起しておりますが、近い将来。グローバル資本主義が溶融を始める際、貯めたお金は意味を失う一方、ポータブルスキルのみ、生き抜く糧となりましょう。


幸福のバスタブ曲線英語できないソースコード書けない、いわば猿の私の幸せは、学び直しが担保する。


たな時代をリードする「GX経営」人財であること等を瞬時に証明する「オープンバッジウォレット

なおエイジズム充満の主要因は、ボトルネック生成の一方、新たな挑戦をしない粘土層の人々。なればこそ、

エイジズムは行動を以って跳ね返す――。私の生存戦略の根底に流れる哲学は、私淑するドラッカー師の「自らの陳腐化が競争相手による陳腐化を防ぐ」であり激しくインスパイアされていることから、GenZersとフラットな関係で一緒に仕事したり研究開発チームを組んだり、環境マーチに参画したり。何おか言わんや。

高度成長期のダメな自分を陳腐化させ、Z世代とともにOpen Badges生存戦略の試行錯誤に臨んでいます。


※ 昭和の「部長ならできます」人罪はZ世代の抜擢によるリバースメンタリングで解決しましょう ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > リスキリング時代のポータブルスキル
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

環境省 新国民運動・官民連携協議会「デコ活応援団」に参画しました!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
脱炭素を推し進める新国民運動 “ デコ活 ” のページ

◎ くらしの中のエコろがけ「デコ活」宣言のロゴマーク 
くらしの中のエコろがけ「デコ活」宣言炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る

ライフスタイルの変革を後押しする新国民運動のスタートアップと同時に、消費行動の変容を促す「新国民運動官民連携協議会」もまた、立ち上がり。

2050年カーボンニュートラル及び2030年度削減目標の実現に向けて、国民・消費者の行動変容、ライフスタイル変革を強力に後押しするための新しい国民運動「#デコ活」。脱炭素につながる将来の豊かな暮らしの全体像・絵姿の紹介とともに国・自治体・企業・団体等で共に、国民・消費者の新しい暮らしを後押しよっ!

※ 2023年10月1日「環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック」に認定いただきました !! ※

脱炭素DAO提案はじめゼロ・エミッションを率先する私も、個人として法人として「デコ活宣言」を完了。

NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.の脱炭素「デコ活宣言」文
宣⾔ Ю宿福▲機璽咼后⊆菫氾験を通じてデコ活を後押しします!
宣⾔◆⽣活・仕事の中で、デコ活を実践します!

脱炭素と向き合う世界の潮流あるいはSociety5.0の実現に臨み、私たちNPO法人 超教育ラボラトリー Inc.は、当法人によるGHGの直接的な排出だけでなく、地域社会のサプライチェーンとバリューチェーン全体の排出削減に努め、2030年までにカーボンネガティブなライフスタイルのロールモデルとなることを目指します。

2021年12月より提唱している岡山市版「デジタル田園都市国家」構想実現会議とゼロカーボン(脱炭素)アクションさらに、2022年4月。脱炭素DAO by NFTアーティビストが担保するWeb3日本の持続可能性を配信していたことも手伝い、思わず前のめりになる「脱炭素地域づくり支援」と「脱炭素アドバイザー」制度。

そのなか環境省 新国民運動・官民連携協議会「デコ活応援団」に登録申請、参画する運びと相成りました。


スキップ結合がウリのG検定ホルダーは忽ち、GX検定にチャレンジ。G検定に X を足し込んだらGX検定になるのか。あるいは G に某を掛け合わせると、そうなるのか。そんな言葉遊びとは裏腹に、暮らしの10年ロードマップに関与。デコ活推進事業においてAI実装支援政策提言を遂行したり、脱炭素を自分事として推進。

ことさら中小企業がゴーイングコンサーンであるための脱炭素経営支援に徹することをお誓いいたします。


脱炭素経営を普及させたく環境省「脱炭素アドバイザー資格制度認定事業」に期待は募ります ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 官民連携協議会「デコ活応援団」参画
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

社会のWell-beingを高めるメタ認知とNLP(Neuro-Linguistic Programming:神経言語プログラミング)は予測するチカラの源泉

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
AIweb3 “ 「静かな人」の戦略書 ” を准えるページ

◎ 画像は、超教育DAO オウンド・メディアより転用 
内閣府・内閣官房「地方創生テレワーク推進運動」Action 宣言・善・美を探究する東洋哲学の Well-being

知足者富、強行者有志――。足るを知る私は、2006年。速やかにマルチモーダル移住を済ませ、いづれ到来するであろう自律分散型の社会に備えていた訳ですが、想定よりも若干お早い時の流れを慈しみ、感謝の念に堪えない今しがた。法人の定款に、おそらく日本初であろう「Society5.0」を刻み、同志とともにスタートアップしたNPO法人の、内閣府・内閣官房「地方創生テレワーク推進運動」Action 宣言は今年も正式に受理され、細やかな達成感(あるいは幸福感)を得て、ふたたび足るを知ることに。

深い川は静かに流れる」という金言に激しくインスパイアされている、もれなく内向型の私は、足るを知るのと内向性には一応の相関関係はありそうね…と忽ち類推モンキーのスイッチは入り、しばし ほくそ笑んでいたり。「静かな人」の戦略書が人気化に至った奥底には、Well-beingを手にする秘訣や諦観が流れているのだろうという、そんな遠い類推も。

より深く静かに思考を潜航させるとき、メタ認知や、メタ学問の老舗とも呼ぶべく神経言語学的プログラミング(Neuro-Linguistic Programming:NLP)に邂逅するなかで、類推モンキーの私の頭の中を構成している信念深層ネットワークでは、スキップ結合はじめファインチューンング諸々同時多発的に頻発することに。

式信用取引のボロ儲けは予測する力の賜物でサイドFIRE移住こそ至高のリスキリング…感謝……

よくあるパターンは20時すぎ就寝、おそらく未明。あり得ない脳内結合が勃発し、生成される奇抜な発想。


” イノベーションの本質とは「一見、関係なさそうな事柄を結びつける思考」⇔ 新結合新機軸

数多ある発想の一つは政策提言「メタマルシェ」だったり、「ハローワーク魁メタバース」構想だったり。


知ではなく予想でも予見でもないメタAIとメタ理論の狭間の事象を予測するチカラが齎す Well-being
〜 メタAIweb3技術が督促する分散型自律社会におけるメタ理論の来し方行く末が占うシンギュラリティ

前述。信念深層ネットワークスキップ結合ファインチューンングに重みを加えることで、メタ理論はポジティブに機能して、精度の高い予測を生成できると断定する、スキップ結合に長けた類推モンキーの私。『「静かな人」の戦略書』の著者 ジル・チャンさんもまた、AIweb3時代のイノベーターなのだと考える。

例えば社会や組織のボトルネックの発見など、Group dynamics の解析は素早く、新機軸の提案が得意。


支援のAIドラえもんが有能に働く今日。日本人は真・善・美を探求することで、心豊かに暮らしていける。

ジル・チャンさんがそうであるように、深い洞察を会得した陰キャの私はメガ市場で20年ほど商談に明け暮れたが故に、後学的に精強な応酬話法を体得。周到なヒアリングと記録に基づく、破綻している論理の矛盾点を突く破壊力は凄まじく。感情に揺れる理不尽な振る舞いには、泰然として斬り捨て御免のケースも相応。

静かで控えめに会議に臨む内向型の私は、他者の闊達な会話から深い洞察を得て、戦略を練り上げる日々。

信念を変えることで真の潜在能力を発揮する――。そう。NLPの概念を踏襲し、メタ認知を究めることは即ち、映画『The Matrix』化する社会を信奉する者の生存戦略。知性(認識能力)、意志(実践能力)、感性(審美能力)各々に順応する超越的対象、真・善・美の求道者として靭やかに健やかに生き抜く所存です。

予測するチカラを活かし、東京一極集中の終わりを日本の終わりにしない為の率先垂範を継続いたします。


” AIweb3時代なれば組織を存続させる「Z世代による生成AIリバースメンタリング」を推奨します ”

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Well-beingを育むメタ認知とNLP
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ