生涯学習ブログ

「生涯学習ブログ」は Society 5.0に臨む、経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生コラムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

SDGs

実行ドリブン: 検索クエリ「岡山市長選挙 予想」より「投票率 予測」! 岡山市民みんなで考える CivicTech(シビックテック)ふたたび !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
STO論考 “ Code for Okayma ” 再チャレンジの頁

自由民主党 総裁選挙 2021 投票用紙
行錯誤ドリブン「やってみなはれ」の精神

昨年 2020年5月16日のエントリー “ Beyondコロナの GovTech(ガブテック)& CivicTech(シビックテック) Code for Okayama(コード・フォー・オカヤマ)想起録 ” を読み返し、岡山市の明るい近未来に思いを巡らせ、検索クエリアートを磨く今。

※ 本コラムは新岡山市長とシビックテッカーによる社会イノベーションの創出を目的にしています。

検索クエリ「岡山市長選挙」で現出する Googleサジェストの一つは「岡山市長選挙 予想」であることから、本稿のタイトルに当該クエリを挿入。加えて政策起業家の顔を持つ私の研究テーマ、岡山市長選挙の投票率予測を《 33.88% 》と記載し、さらに記録しておきたい直近の事業構想を、あわせてエントリーすることに。

そのとき上述した数値の根拠は如何なるものか。急ぎ検索クエリ「岡山市長選挙 投票率 推移」で得た岡山市Webサイト「最近の選挙結果」から2009年 44.06% → 前々回 33.34% → 前回 28.35%を転記。市井の人々から散々ヒアリングしてきた「選択肢がなくてアホらしいから投票に行かない」を想起、推論を開始。

ムラの政治力学、組織票が蠢き予定調和を続けた岡山市長選挙は今秋。争点投票へ移行し希望の萌芽あり。

ならば低下の一途だった投票率は、少なからず前々回を若干上回るものと憶測。そう類推するとき、実質的に保守分裂選挙となった岡山市長選2021の、いつもと異なる結果の想像は難くない。前回 有権者数575,925人のうち有効160,465票で、現職が128,821票を得て当選。今年2021年直近の有権者は583,237人と微増。


583,237人 x 33.88% ≒ 197,600票の行方は? 知名度では現職有利だが、保守分裂で自民は自主投票

前回 市長選の新人は31,644票を得ており、これは概ね現職への反対票と考え今回その7割強が新人に回るとするなら、22,200票。前回 投票率 28.35% → 33.88%(私の仮説)的中時の増加は37,100票で、争点なき前回選挙で投票スルーした有権者は果たして現職に投ずるか? その可能性は、かなり低いと考える私。

197,600票から現職有利とはいえない22,200票と37,100票を除くと、138,300票。前回2017年に再選した現職の推薦母体は、自民・民進・公明・維新県総支部であり今回、大票田の自由民主党と野党最大の立憲民主党の自由投票を鑑みて、現職が得る票は多めに見積もって138,300票の6割 ≒ 83,000票が、彼の取り分。

エイヤッと切り上げ現職 9万票を予想。従い新人 107,600票をもって新岡山市政は誕生、成長はじまる。
 ※ 予想は、2021年9月19日現在。改定あれば、時系列にて追記しようと存じます。


ンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックインの苦難・人災を乗り越えて

上述。岡山市が衰退一途である原因は概ね、1. ベンダーロックイン、2. 路面電車ロックイン、3. 天下りロックイン。岡山市で言う三大ロックインに集約されており、悪の枢軸を勤め上げた市長の首を挿げ替えれば岡山市は忽ち健やかな成長を始める。そのとき必須になるのは、シビックテック(Civic Tech)。なればこそ、

実行ドリブンやってみなはれ精神旺盛なシビックテッカーの私は、Public Affairs(パブリックアフェアーズ)を駆使してCode for Japanとの協業を模索。岡山市の希望、一縷の望みは、コード・フォー・ジャパン代表 関 治之さんの西粟倉村への関与で、珠玉のご縁を何とか岡山市まで延伸する試行錯誤を継続したい。

岡山市の三大ロックインの解消には、オープンソースの理解さらには、オープンガバメントが必要不可欠。


※ NPOの社会的インパクトを拡大する【 Social Technology Officer(STO)】新規事業の創出

オープンガバナンスを問わば、コラム “ 神戸市でCode for Japan「コーポレートフェローシップ」プログラムが始まりました! ” を拝読することと相成り「大阪から考えるCivicTech(シビックテック)」に「シビックテック チャレンジYAMAGUCHI」何をか言わんや、岡山市民みんなで考える CivicTech が極めて重要。

なぜ首長選挙の予想をしたのか…。「シビックテック」の未来新市長と創出したく、備えておくために。


首都圏と地方都市を調和させる、スマートシティ岡山の創出。それもまた、パーパスドリブンな私の使命。


山市で Society5.0 の新規事業を次々創出? 急がれるオープンガバメント! 新岡山市政の誕生 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市民みんなで考える CivicTech
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

デジタルツイン「ShareX」「PLATEAU」: Society5.0 の幕開け

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
Society5.0の新規事業 “ デジタルの日 ” 連携ページ

国交省3D都市モデル整備「Project PLATEAU」街づくりDX論考
Project PLATEAU & ShareX & デジタルの日

2021年3月11日のエントリー “ Project PLATEAU 街づくりDX論考 ” に某のエッセンスを加えてマッシュアップしようと目論みつつケロッと忘れていたところに飛び込んできた、体験シェアの新しい概念「ShareX」をテーマにした「全国大学ビジネスプランコンテスト(大学ビジコン)」紹介ページ。

真っ先にロボティクスの世界的第一人者、金出 武雄先生のお名前に目は留まり。湧き出す新規事業構想…。


※ 全国大学ビジコン【VR/AR/MR、AI、スタートアップ、新規事業立案に興味のある方大歓迎!】

 ※※ 下記「ShareX」とは
日本経済新聞社 2021年8月31日(火)〔25特集〕の記事
 「金融DXサミット 9月29日から」より書き起こし

 時間と場所を選ばず、経験の共有が可能になる - 経験共有「ShareX」利活用競う
〜 前文省略 〜
 テーマは、米カーネギーメロン大の金出武雄教授が提唱する、先端技術を使った新たな経験共有の手法「ShareX(シェアエックス)」だ。時間と空間を超えて、他人の経験をVRやARなどを用いてリアルな体験としていつでも活用できるようにする。
 参照する個人の経験データは、カメラやセンサー、SNS(交流サイト)などから集め、仮想空間に現実空間を再現した「デジタルツイン」に蓄積する。
 大学ビジコンは、データを集め蓄積するプラットフォームの開発構想と、具体的な活用方法のアイデアを競うものとなる。
 ShareXの一例が、テレイグジスタンス(東京・中央)の遠隔操作ロボットだ。VRヘッドマウントディスプレーとコントローラーを使い、遠隔地にいるロボットを動かす。操作者がどこにいても、ロボットを通じて技術や経験を共有できる。富岡仁最高経営責任者(CEO)は、「人の知覚能力によってロボットを制御する時代に、現実世界と技術をつなぐシミュレーターとしてデジタルツインの価値は高い」と言う。
 8月22日にはオンライン形式でアイデアソンを実施、大学生、大学院生の10チームがビジネスプランの骨組みを発表した。デジタルルツインと複合現実(MR)を活用した災害現場のDX化や、高齢者の転倒防止ナビなど社会課題解決のためのアイデアが目立った。東京大学の暦本純一教授は「既存のサービスやデータと組み合わせれば実現可能性が上がる」と期待を寄せる。



そうやって私の遠い類推は “ Project PLATEAU ” と “ ShareX ” を一気に近づけ、あわせて日経の記事「テレワーク、地方に磁力 環境充実度1位は滋賀・彦根 -データで読む地域再生」に鑑み、働き方改革で周回遅れてランキング低位に沈む岡山市において、DX推進するビジネスフロー、事業構想はアリアリ観えたりも。

アビームコンサルティングさんのWHATE PAPER「日本企業にとってのDXの本質」〜 4. DXの成功を阻害する要因 〜 さらに南場智子さんの教示(下記引用)を地域の支援機関等に丁寧に伝え、諫言にも努めます。

日経ビジネス TOP
> DeNA南場智子の「未来の輪郭」 > プロパー信仰を捨て「寄り道プレミアム」をつくろう

日本の大企業は人材がよどんでいる

 経団連の経営者の皆さんに、経営会議メンバーにおける中途採用者の割合を尋ねて回ると、全員がプロパー、すなわち新卒で入った人たちというケースがとても多い。入社してから30年以上ずっと同じ会社しか見ていない人たちが集まって改革だ、イノベーションだって議論しているわけですが、さすがに無理があるように感じてしまいます。


上記。南場さんの歯に衣着せないご指摘は大企業、経団連や地方の財界のみならず、省庁・役所からの天下り人材がボトルネックに為り易い地域中小企業の公的支援機関にも当てはまる教訓であり、極めて貴重。そんなDX実務経験を持たない彼らが経験共有の「ShareX」に取り組み幾許なり社会貢献くだされば幸甚の極み。

旧態依然としてきた我が国は、地方創生を冒頭に掲げるパーパスドリブンの厳格さを有す石破さんの為政によって、思いも寄らない善い方角へ歩み始める予感ありあり。Proof of concept.に明け暮れる私は「日本企業にとってのDXの本質」〜 P19. デジタル教育と変革の意識付け 〜 の啓発を惜しむことはありません。

急ぎ岡山市に Project PLATEAU へのデータ開示を促し、ShareXテーマの新規事業創出に精励する所存。


首都圏と地方都市をバランスさせる国家プロジェクトの創出。それもまた、パーパスドリブンな私の使命。


山市で Society5.0 の新規事業を続々創出? 自治体DXを推進できる首長選びが重要 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ShareX・PLATEAU・Society5.0
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

総裁選DX:パーパスドリブンな「風の時代」の風に乗る、石破 茂さん。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方創生DX “ 石破しげる内閣 ” 組閣に備えるページ

鳥取1区 衆議院議員「石破しげる」さんホームページ
老支配と「派閥の論理」のグレートリセット

占星術を悠久の統計学と解釈する私は、菅 義偉さんが第99代内閣総理大臣に就任し菅内閣が発足したのは 2020年9月16日で、この時点では「地の時代」であったことを興味深く観察。凡そ三ヶ月後。占星術家・鏡リュウジ先生の教示である『2020年12月22日、木星と土星が水瓶座で大会合し、「風の時代」が始まったと、多くの占星術家が言っています』を想起し、総裁選の候補者の星座の調査を開始。

※ 本コラムは派閥のシガラミに翻弄されない人事、日本再興のための石破内閣発足を切望する内容です。


少し前まで圧勝は揺るがないとされた岸田 文雄さんは獅子座(のエレメント)で、先ほど安倍前首相が推したと伝わる高市 早苗さんは魚座(のエレメント)。そうして私のイチオシ 石破 茂さんは水瓶座(のエレメント)で、2020年12月22日。木星と土星の大会合 = グレートコンジャンクション以後は、風の人

パーパスドリブンの志士である石破さんは必ず、安全保障と地方創生の確立を成し遂げると信じています。


河野 太郎さんは山羊座、総裁選への出馬意欲を伝えた野田 聖子さんは乙女座で、お二方ともにのエレメントであるが故に、占星術的には遅すぎた…という星読みも成立。ちなみに旧態自民の長老支配からの卒業その大変革に火を点けてくださった菅 義偉さんは射手座(のエレメント)で、なるほど頷かざるを得ない今。

さはさりながら、国難に臨み総理大臣を務められた菅さんに、最大級の敬意を払う私。おつかれ様でした。


院選。議席数 激減必至の与党の若手国会議員を救えるのは、石破さん以外に見当たらず。

風の時代は、Less is more. 派閥に頼らずシガラミに囚われずに組閣ができる、風の人に必ず打席は回る。

Less is more.は、「減らすというよりも絞り込む」という着想。派閥の力学、長老支配下に置かれた自分の考えを持たない陣笠議員の数が大事なのではなく、議員といえどもジョブ型雇用の発想に基づく人財が、適所適材で大活躍できる、斬新な組閣が重要。大切なことは、厳格適正な人事に期待ができる、石破さんの選出

石破さんが第100代内閣総理大臣 !? 風のエレメント(双子座)の私も風の人。推定的に断定いたします。


令和新時代の日本創生戦略 ー石破ビジョンー : “ 人生100年時代の シン・地方創生論

あらためて政策構想を打ち出した岸田文雄さんはじめ河野太郎さん、高市早苗さんに野田聖子さんは自民の顔だが、あくまで政権与党を支える側の人。のエレメントの立憲・枝野幸男さんに対峙するのは等しく下村博文さんで、乱世を治める内閣で手腕を振るうキーパーソン。そう。世論調査の風に乗るのは、石破さん


なれば石破内閣組閣に備え、岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革する地方創生DXを洗練します。


山市を変革 !? 地方創生どうする? 「風の時代」の風に乗る、石破内閣発足に備えるべし!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 第100代内閣総理大臣は石破さん !?
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化 : 10月10日- 11日は、2021年「デジタルの日」! 令和3年度「デジタル社会推進賞」も !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
コスト不要の 広報DX “ デジタルの日 ” 応援ページ


デジタルの日に催す企画 【 デジタル社会推進大賞 】JAPAN DIGITAL DAYS 2021 デジタルの日

2020年12月6日。1-1.「デジタルの日」に催す企画に呼応し、「デジタル社会推進賞」を提唱するエントリー “ ビヨンド人材が唱える「デジタルの日」「デジタル社会推進大賞」with デジタル改革アイデアボックス. DX人材(DX公務員)の定義 ” の中で概念実証(Proof of concept:PoC)を兼ねて提案したのが、デジタル改革 Idea Box内に拵えた【 デジタル社会推進大賞 】。それから9ヶ月弱が過ぎ行き、デジタル庁(準備中)スタートアップを祝うべく、2021年デジタルの日特設サイトは感慨深く。

そうやって2021年8月23日『2021年デジタル社会推進賞の募集を開始します!』に読むように、「デジタルの日」に合わせて優れた取組を取り上げ広く表彰する【 デジタル社会推進賞 】は実現へ…(喜)。令和3年度「デジタル社会推進賞」応募フォーム(他薦用)から私を推薦いただけたら感無量。とても嬉しく想います。

※ 本コラムは岡山への移住の推奨および、社会課題を解決できるDX人財の育成を目的にしています。


1-1.「デジタルの日」に催す企画デジタル社会推進大賞
デジタル社会推進大賞 】 2020/12/06 17:17 1コメント

デジタル社会推進大賞 】は「デジタルの日」に催されるアワードの一つ。
部門は大きく3つを想定し、1. 自治体部門、2. 議会部門、3. ベンダー部門 等。

ノミネートおよび、大賞付与に際する選定基準(評価ポイント)の原案は下記、

2021年デジタルの日1. 自治体部門 - 住民のマイナンバーカード交付枚数÷住基人口でポイント算出
2. 地方議会部門 - 議会HPのPV数 ÷ 議員数] + 議員公式HPのPV数の総和で算出
3. ベンダー部門 - クライアント企業の、DX税制による控除額の加重平均で算出

いづれも、デジタル社会の推進に寄与した組織を選定して讃え、表彰する制度。

このアイデアに対するコメント(1)

「デジタルの日」が決まりましたら日本記念日協会に登録し、あわせて大賞受賞した組織や企業とともに、「デジタルの日」記念日登録証授与式を行う。という企画も有効かと思います。


可動するプロトタイプの作成までには至らない事業構想を洗練するには、Proof of concept はもってこい。


Proof of concept(PoC)概念実証のプラットフォーム “ デジタル改革 Idea Box ”

<< 概念実証 : Concepts worth spreading >> 早速、デジタル改革 Idea Boxに新規1本エントリー。



「目指せ!投票率75%」を好機にする善政競争DX推進
 2021/08/29 06:02 2コメント

生気は失せ色あせる日本を再興するには、ニューノーマルへの適応を目的に据えた社会変革が必要不可欠。社会を変える? そう、若者と現役世代が投票に行かない日本の社会は、変わりようがありません。危機感募る、そんな折なか一筋の光明こそ「目指せ!投票率75%」プロジェクト。

デジタル庁の創設に佇みデジタル改革の推進に期待して、社会を変える起点であるべく衆議院議員総選挙や地方の首長・議員選挙に臨み、若者と現役世代が「主権者意識」を高める投票啓発が極めて重要。「目指せ!投票率75%」を絶好のトリガーにしたい、善政競争DX推進を目論む私。

提言タイトル“「目指せ!投票率75%」を好機にする善政競争DX推進”として、デジタル改革IdeaBoxに投稿いたします。善政競争DXの一環としての、議会の品質を向上させる議員スコアおよびデジタル陳情書の導入を交えて衆人環視の下、それらの実現ならびに日本の再興に注力します。

目指せ!投票率75%の善い気運に乗り、岡山市長選挙投票率の劇的な改善を目指します。

( ご参考 )
善政競争DX:成長する街の岡山市長選挙2021 with マニフェスト大賞.
  URL: https://www.sunverdir.com/manifestoawards


Proof of concept. ライフワークとしての Society5.0 社会起業はもとより、都市づくりに関与することも。


首都圏と地方都市をバランスさせる国家プロジェクトの創出。それこそが、パーパスドリブンな私の使命。


山市の誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化? 自治体DXを推進できる首長選びが重要 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > デジタルの日 & デジタル社会推進賞
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

世界が慄く、ジャパニフィケーション(日本化)。シュリンコノミクスを招いた、長老支配からの卒業「目指せ!投票率75%」プロジェクト !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
目指せ! “ 投票率75% ” プロジェクトを推すページ


みんなでつくる10の争点「目指せ!投票率75%」んなでつくる10の争点! あなたの推しは !?

先日のエントリー “ 社会力学DX:長老支配からの卒業 ” を彷彿とさせる日経朝刊の記事 “ 世界に忍び寄る停滞とデフレ 「日本病」絶つ戦略再起動 ” に刻まれた、「ジャパニフィケーション(日本化)」と「シュリンコノミクス」に目は留まる。後者が岡山市の病巣であることは繰り返すまでもありません。

※ 本コラムは前回市長選挙投票率 28.35%の岡山市政を改心させる、投票啓発を目的にしています。

むろん岡山経済圏においても長期にわたる低インフレ、低金利、金融政策の行き詰まり等を揶揄する「日本化(Japanification)」は進行しており、しかも長老支配が手繰り寄せる「縮小の経済学(シュリンコノミクス)」に裏打ちされた、大正時代の交通システムを再拡大する岡山市の「路面電車ロックイン」は致命的。


そんな折なか日本再生の夢と希望を育む HuffPost Japan 期待のコラム「目指せ!投票率75%」に邂逅。


院選、「投票率75%」を目指すプロジェクトが始まる。政党アンケートなど実施へ

目指せ!投票率75%を目にした私は忽ち、当該プロジェクトこそ岡山市を変革へ導く起爆剤だと確信。

国交省HPに格納された資料「岡山市の現状と課題、将来見通し 2.」に深く刻まれた【岡山市の人口は、2020 年をピークに人口が減少に転じ、その後 2045 年までに約 4 万人減少し、高齢化率は 33%に上昇することが予測されています】は紛れもなく、「縮小の経済学(シュリンコノミクス)」を起源とする内容。

これを岡山市民が打破するには仮にも「天下分け目の岡山市長選挙2021 三大争点」の審判が必要不可欠。


たった1人の岡山市民が諦めムード漂う街のメンタルを勝者のそれに転換し、岡山市を健やかに成長する街へ変革するために授かった天与の善政競争DX技術を駆使することにより、提言コラム「社会力学DX: 長老支配からの卒業。若者票は岡山市を素敵に変える!」を実現させることが、岡山市を健全に成長させる要諦。

なれば岡山市を、若者と女性が集まる素適な街へと成長させる、グランドデザイン創りに集中いたします。


山市長選投票率 28.35%をどうやって改善する? 「目指せ!投票率75%」を応援するべし!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 目指せ!投票率75%プロジェクト !!
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

Enjoy your work anytime, anywhere ! クリエイターエコノミーのゴーストワークから新規事業創出まで何なりお申しつけください !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方都市で拡がる “ クリエイターエコノミー ” の頁


クリエイターエコノミーのゴーストワークから新規事業構想までグ経済は無いより有るほうがいい地方都市

クリエイターエコノミーに関して今年3月のエントリー “ わきまえない風の人は troublemakers か? ” で触れつつ、ギグ・エコノミーならびにギグ経済圏を支える「ゴーストワーク」については、この辺りで私なりの考え方を整理しておこうと思います。参考文献は、『自動化が生む新たな貧困「ゴーストワーク」は他人事ではない』『AI利用最前線の闇 「ゴーストワーク」と「キラーロボット」』等。

※ 本コラムは岡山への移住促進を目論む筆者による、移住と働き方の提案を目的にしています。


そのタイトルに散りばめられたネガティブワードは検索クエリアートの観点において妙味はあるものの、AIの進化を支える者からすれば、何もそこまで…と。極めつけは『AIを裏で支える"ゴーストワーカー"は非正規雇用の使い捨て』で、この表記はタスクベースのコンテンツ駆動型の仕事は全てブラックと誤認させたりも。

マイクロソフト Universal Human Relevance System (UHRS)に参画する私の見解は、まったく別モノ。

今年10月より、東京都の最低賃金 1,041円に。札幌より上京し、多彩なバイトを交えて卒業以降。東京〜大阪メガマーケットを中心に、国内主要都市を東奔西走した企業マーケターの私は年俸1本超の達成感を得て2006年、岡山市へ移住して15年。コロナもあって、あらためて東京で生活する厳しさを回想しています。

学生時分は東急東横線を、独身時代はJR中央線で、世帯を持ってからはJR常磐線各駅停車直通千代田線に何とか乗り込み通勤していた、おしくらまんじゅうの記憶は今なお斬新。しっかり食べたはずの朝ご飯のエネルギーさえ、地方で暮らす方々の想像を遥かに上回る超満員電車を降りる頃には、全て消耗していた感覚も。


ニューノーマルにうってつけの地方都市だからこそギグ経済クリエイターエコノミーに大輪の華は咲く。


つでも・どこでも・仕事を愉しむことのできる私の地方都市ぐらし

2019/9/11 2:07日本経済新聞 電子版 “ 副業はAIの教師 急増する「ゴーストワーカー」” に記された、「時給は約1300円」。地方都市の時給水準に関与する者、こと岡山県最低賃金 時間額 834円(令和2年10月3日改正)を知る者は、それは「ゴーストワーク」ではなく「ホワイトワーク」として認識すると思うのです。

何分お得にマイホームを取得できる地方都市の場合、住宅を含むローンなしクルマ所有なしの夫婦2人暮らしなら、世帯収入 400万円でおつり。だから、Enjoy your work anytime, anywhere ! ニューノーマルのリスキリングを兼ねた非正規フルタイムに、クリエイターエコノミーを掛け合わせて、いつでも・どこでも。

仕事を楽しめる。ライフワークとしての Society5.0 社会起業はもとより、街づくりに関与してみたり。


昨日8/21午前は首都圏との連携オンラインMTGをもって多彩な事業構想の交換を行い先端情報を収集。午後は、区議会議員氏、愛知県の市議会議員氏と有識者を交えたマニフェスト大賞なんでも相談会に参加し、4者によるオンライン政策談義。善政競争マニフェスト・スイッチの普及アイデアは、豊かに深まったりも。

首都圏と地方都市をバランスさせる国家プロジェクトの創出。それこそが、パーパスドリブンな私の天命。


いつでも・どこでも仕事を楽しむ志士なればこそ、新規事業の創出リアライゼーションに精励いたします。


山市を成長へ導く新規事業とは? 移住を伴う起業支援事業で、率先垂範できる首長選びが重要 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > クリエイター経済のゴーストワーク
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

劇団四季:準専用劇場を兼ねる、岡山芸術創造劇場。ブロードウェイに勝るとも劣らない、世界屈指の「ミュージカルの街」を目指そう岡山市!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
世界屈指の “ ミュージカルの街 ” を目指すページ


世界屈指の「ミュージカルの街」岡山市の岡山芸術創造劇場う負債にさせない! 忘れるな 三丁目劇場 !!

2020年7月 “ 岡山芸術創造劇場を「週末の風呂」「我田引水」よもや「腐った楽園」にさせない OMOアートふたたび。 Created by DX構想アーティスト. ” から1年がすぎ、Remember「アスポ岡山」 No more「三丁目劇場」が頭をよぎる。なんせ岡山の為政者は、わたり天下り口利き蔓延る施設管理運営者に資産を丸投げし、忽ち負債に変えてしまうから監視が必要。(公財)岡山文化芸術創造 !?

※ 本コラムは、芸術観なき首長に街づくりをさせてはならない。その警告を目的にしています。

益を分け合うムラ社会の構造を刷新し、藝術創造できる健全な岡山市へ!

さらに困ったことに岡山市政は、JR岡山駅から岡山芸術創造劇場へのアクセスを兼ねる路面電車の環状化に関し、岡山市が施設を整備、保有して岡山電気軌道に貸し付ける「完全公有民営方式」での整備を申し入れたというから開いた口は塞がらず。ここでも利益供与で得票を目論む、ムラ社会の力学の怖ろしさを思い知る。

経済的なBRTライナーに取り組まず、予算 100億円超に膨らむ「路面電車ロックイン」事業に躍起の様相。


そうやってわたり天下り口利きにより負債の山だらけになった岡山市。悲しすぎる現状を変えていくには、岡山市民の関与が極めて重要。ということで、もう資産を負債にさせない岡山市政の変革プロジェクトというデザインイメージのもと、大好きな劇団四季さんとのアライアンス・プログラムを提唱いたします。

パーパス・ドリブン。その志すところ、狙いどころは、“ 岡山市 ” をミュージカルの世界の代名詞に


団四季の準専用シアターを兼ね “ 岡山芸術創造劇場 ” を資産化する強かな戦略

至ってシンプル。ミュージカルの街 “ ブロードウェイ (ニューヨーク) ” に肩を並べる岡山市づくり!


劇団四季の公式ウェブサイト or 劇団四季公式YouTubeページへGo !!

特に難しいことはありません。岡山市のケイパビリティを高める手っ取り早い方法は、今や世界へ通づる劇団四季とガッツリ組むこと。どうやって組むかって、その手順はヤル気のある首長の輩出に尽力し、同時に出馬の彼と本件(もう資産を負債にさせない岡山市政の変革プロジェクト)について共有を済ませておくこと。

仮にも新劇場が利益配分の殿堂とならないよう、長老支配による資産の負債化の未然防止をも兼ねまして。

注) Wikipedia: キャナルシティ劇場〔概要〕より
〜 現在は、同行を引き継いだ西日本シティ銀行と、西日本新聞社が劇場の運営に深くかかわる[1]。かつてはRKB毎日放送も加わっていたが、四季側が特定のマスメディアに偏ることに危惧を感じたせいか、現在は一歩引いており、その分、NHK福岡放送局を含めた他の在福放送局でも、以前に比べて宣伝露出が増えている。〜
公益財団法人 岡山文化芸術創造は既に、特定のマスメディア臭を発散させているので注意が必要です

岡山芸術創造劇場の劇団四季準専用劇場構想に関しては、岡山市の救世主 浦上 雅彦さんに相談したい。岡山文化芸術創造人事は基本的に民間人主導の、シガラミに縛られないオープンかつ未来志向の組織に再編成し、京都劇場キャナルシティ劇場の経緯と現状を慎重に精査した上で、市民の総意に基づき結論づけるもの。

“ 岡山市 ” をミュージカルの世界の代名詞に新しい岡山市政なら必達できると私は確信いたします !!

※ 急ぎ相談に伺い、次月の戦略MTGについて打ち合わせて参りました。感謝の念に堪えません.(^^)人。


1988年『オペラ座の怪人』以来、観劇のたび感動に震えた私の記憶。ミュージカルって、いいですね^^。

劇団四季 The Bridge〜歌の架け橋〜」岡山公演。2021年9月5日(日)- 9月6日(月)あります(嬉)!


なれば岡山市を、若者と女性が集まる素適な街へと成長させる、グランドデザイン創りに集中いたします。


山市をどうやって芸術文化の街にするか? 世界に通づる日本のトップと協業するべし!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 劇団四季と組む岡山市ブランド化PJ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

社会力学DX: 長老支配からの卒業。若者票は岡山市を素敵に変える!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>manifestoaward_logo_3
岡山市の “ 集団力学 ” を具体的に解明するページ


Yuki Takada / HuffPost Japan 2017年都議選の投票率判のない不健全なムラ社会から脱する岡山市

昔。最近の若いものは…今。最近の老人は……。先般ご紹介の元グーグル日本法人社長 村上憲郎さんの新刊『クオンタム思考 テクノロジーとビジネスの未来に先回りする新しい思考法』P.258 “ 沈黙できない老兵がいれば、穏やかならぬ言葉ですが、「さっさと消え去っていただく」のが、日本の未来にとって懸命な処遇でしょう。” に激しく共感していた私。

長老支配からの卒業により岡山市は見違える、世界が憧れるSDGs未来都市への成長を始めることは報告済みですが、今号では、岡山市の近未来に希望を見い出した若い人々の選挙参加を願い、できれば触りたくはなかった岡山市のディープな集団力学の解析に敢えて踏み込み、投票啓発をも兼ねてエントリーいたします。

※ 本コラムは成長すべく岡山市を衰退させる、若者のヤル気を削ぐ長老支配の撲滅を目的にしています。


ャギントン興行電車に「問い」を立て岡山市の深淵な社会性に臨む志士

総工費5億円の興行電車に微笑む思考停止した大人と、岡山市政の救い難い不条理さを直観する賢い若者。

仲良し老人2人組の悪ふざけを実現させてしまう、岡山市の長老支配の怖ろしさ。成長はおろか岡山市が衰退する問題の本質を、おかでんチャギントンから類推するクレバーなサイレント・マジョリティ。なぜ惑溺の事業は実現したのか、なぜ彼ら彼女らは沈黙するのか。次代を担う若人は長老を反面教師として悟られたい。

2018年。とある1人の長老は他社の市場参入を国交省が認めたことを発端に街テロ勃発を企て、結果として公共交通の利用者のみならず学校の休校もあり、市民の生活は大混乱。その翌年2019年には岡山市民の理解も承認も得ないまま、岡山駅前に通づる主要幹線道路の中央を独占した軌道上を走る、興行電車事業を強行。

路面電車の約3倍の乗客を運ぶ路線バスへの悪影響や、不採算時の公共交通運賃への転嫁等の説明は無し

案の定。老人は興行電車の収支報告をせず「補助金早く」と強請るが、仮に興行電車が赤字であるなら、それは公費による事業の損失補填に該当するので支援は利益相反。そもそも公共交通事業ではなく、一般利用者が不便を負担する、5億円を投じたチャギントン電車は興行のための道路占用料を納めているのでしょうか…。

4月に補助金を強請り、8月から「プレミアム付きタクシー券」発売の社会力学の検証は後日、稿を改めて。

激変するニューノーマル時代に佇む私たち大人はオードリー・タンさんの教示「40代以上は若い人に学べばいい」に真摯に学ぶべきですが、長老支配の味を占めた老人は論外で、村上憲郎さんの言説をお借りすれば、沈黙できない老兵には「さっさと消え去っていただく」のが岡山市の未来の懸命な処遇と、謂えましょう。

繰り返しになりますが、老人の悪ふざけを黙認する岡山市政の腐った長老支配体質の難点はもとより、閉塞社会の力学を知るがゆえに権力者に対して諫言できない御用学者と、なによりスポンサー企業の顔色を伺う偏向メディアもまた、深刻な問題。蛇足ながら、岡山芸術交流2022公金投入事業は電通が落札、蠢いています。


もう放っとけない。できれば触りたくはなかった岡山市のディープな集団力学の解明に、着手しました。


者票が長老支配を終わらせ、岡山市を素敵に変える! 社会力学DX

街を衰退へと導く「路面電車ロックイン」。しかも稚拙な興行事業 !? なぜ岡山市は悲劇を繰り返すのか?

将に、批判のない閉塞社会、岡山市は不健全だから。主要幹線道路の中央、公共のエリアにおいて、市民の理解も承認も得ずして興行を始める公共交通既得権の乱用は、ダメ。ゼッタイ。惑溺の事業は即刻やめて、誠実経営の宇野バス社を見習い、今やってることを恥じて改心しなさい!そう諫言できる有識者は不在だから

それでも、どんな時でも諦めない私は今秋。岡山市は健やかな成長を始める、気運の醸成を感じています。

2020年の人口をピークに衰退一途の試算の公表を行い、岡山市を後戻り出来ない衰退へ導こうとする現市政に抗う気概の新勢力が誕生。スマートな若者達は混乱を好まないので呆れた大人達への批判はしなくとも、壊れた大人にお灸を据える1票を持っている。若者票が長老支配を終わらせ、岡山市を素敵に変える(嬉)。

今日の問いが岡山市の次代を担う若者のケース教材になれば幸い。下記デジタル陳情書も、よろしければ。


岡山市の問題の本質: “ 大森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由

♬ 信じられない大人との争いの中で…うんざりし…一つだけわかってたこと…長老支配からの卒業

「上が決めたことだから」では、もう部下は付いてこない理由――。○○さんが望んでるから…そんな会話が横行する企業や組織は注意が必要。これは街づくりも同様で、ケイパビリティが低すぎる岡山市を刷新するのも、損な役割を厭わない私のミッション。岡山市の民度が問われる総工費5億円の興行電車は、ひどすぎる

誰であってもダメなことはダメ!と批判できる志士と化し、健やかに成長できる岡山市の実現に挑みます。


山市を健全に成長できる街へ変革する方法? 次代を担う若者による健全なリーダー選び !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 若者票は岡山市の長老支配からの卒業
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

善政競争DX:成長する街の岡山市長選挙2021 with マニフェスト大賞.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>manifestoaward_logo_3
健全な街の “ 善政競争 ” の重要性を共有するページ


善政競争・争点投票:盛衰 天下分け目の岡山市長選挙2021:三大争点は 1. 郊外〜街なか基幹公共交通改革、2. ボトムアップの教育革命、3. 若者・女性の活躍推進うように街づくりを進める “ 善政競争 ”

善政競争とは。マニフェスト大賞の趣旨を拝読した私の咀嚼は、「政策本位の政治、生活者起点の政策の推進を目的に据えて、優れた取り組みが広く知られ互いに競うようにまちづくりを進める」こと。それが善政競争。そこに感銘を受けた、2017年。マニフェスト推進賞<市民部門>ノミネートで止まったままの時計に今ネジを巻き、4年ぶりにエントリー。岡山市政と市議会の変革と、受賞を目指します。

※ 本コラムは争点投票を理解しない候補者は選挙に勝てないその理の、諫言を目的にしています。



募タイトル 「 善政競争DX:健やかな成長を促す岡山市長選挙2021 with マニフェスト大賞. 」

 ▼取り組み要旨▼
※ 取り組みの要旨を200字程度で記入してください。取り組みの内容・詳細は次の項目「応募内容本文」に記入してください。
衰退させるほうが難しい天然リソースの宝庫かつ交通の要衝である岡山市を、なんと !? 順当に人口減少へ導く岡山市政。DX技術を駆使する1人の岡山市民が自治体DXの推進等、新しい生活様式への移行を促すことで、岡山市が秘蔵する健やかな成長可能性を引き出し、「伊那市DXしあわせのまち宣言」に勝るとも劣らない「岡山市DXすこやかなまち宣言(仮称)」を岡山市民と共有。岡山市政の政策転換を実現いたします。


 ▼応募内容本文▼
※ 取り組みのきっかけや特に力を入れた点、特徴やアピールポイント、成果などを1200字程度でまとめてください。
・取り組みのきっかけは、「善政競争」の輪。
衰退させるほうが難しい天然リソースの宝庫かつ交通の要衝である岡山市を、なんと !? 順当に人口減少へ導く岡山市政。DX技術を駆使する1人の岡山市民が自治体DXの推進等、新しい生活様式への移行を促すことで、岡山市が秘蔵する健やかな成長可能性を引き出し、「伊那市DXしあわせのまち宣言」に勝るとも劣らない「岡山市DXすこやかなまち宣言(仮称)」を岡山市民と共有すべく、岡山市政の政策転換を目論みエントリーに至りました。さて、

岡山市ウェブサイト内の “ 岡山市地域公共交通網形成計画 ” に格納された.pdf資料「第2章 岡山市の現状と課題」に掲示の『社会経済情勢の変化(1)人口減少と高齢化の進展』以下 〜 岡山市の人口は、今後 25 年で約4万人減少し、その間に、高齢者(65 歳以上人口)は約 3.5万人増加し、高齢化率は 33%に上昇することが予測されています 〜 を読むように、岡山市は少子高齢化による人口減少社会であると決めつけ、信じ難い愚策「路面電車ロックイン」「タクシー券販売」事業を悪例にする失政を恣意的に継続しています。

他方、晴れの国と呼ばれる岡山県は3本もの一級河川を有し、そのうち2本は岡山市内を流れ、中国山地と肥沃な大地が齎す山の幸と瀬戸内海の海の幸が集まる岡山市は、豊かな食材の宝庫。しかも山陽自動車道と岡山自動車道が走り、国際空港は整備され、新幹線が全停車するJR岡山駅は四国を結ぶ交通の要衝。人口減少どころか、この豊かな街を衰退させるほうが難しい。そんな成長可能性を秘蔵する岡山市であるがゆえ、マニフェスト大賞に応募し「善政競争」を地域社会に根付かせ、健全な成長戦略を描ける市政転換を目指します。

・DX技術を駆使する1人の岡山市民の注力ポイントは、以下3点。
1. 前回投票率28.35%を改善するマニフェストスイッチ岡山市長選×◯◯新聞の実現


2. 上記に則るマニフェストづくりにより善政競争:争点投票を地域社会に根付かせる


3. 市議会DXを推進し議会の品質を向上させる議員スコアおよびデジタル陳情書の導入


・この取り組みの特徴は、
たった1人の岡山市民がまち変革のムーブメントを巻き起こす点。

・取り組みのアピールポイントは、
非正規フルタイムのDX市民が殆どお金を使わず街を変革する点。

・この取り組みから得られる成果の確認は、2021年10月3日予定。
善政競争DX効果の検証。具体的に三大争点を履行する首長の輩出

私は非力ではあるが無力ではない――。そのパーパス・ドリブンの志を携え、政策本位の政治、生活者起点の政策を推進するための「マニフェスト大賞」に注目し参加するとともに、岡山県あるいは岡山市内で頑張る方々の、こと若者と女性が輝く優れた取り組みを紹介し、互いに競うように街づくりを進める「善政競争」の輪を拡げて参ります。末永く、よろしくお願い申し上げます。


なればこそ。岡山市を健やかな街へと成長させる、グランドデザインのブラッシュアップを継続します。


山市はなぜ衰退するのか? 善政競争:争点投票が機能停止している社会だから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 善政競争DX : 岡山市長選挙 2021
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

盛衰 天下分け目の岡山市長選挙2021:三大争点は 1. 郊外〜街なか基幹公共交通改革、2. ボトムアップの教育革命、3. 若者・女性の活躍推進

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
出馬する志士の為の “ 善政競争 ” を共有するページ

【 岡山市の選択 】 100万都市へ導く「パーク&BRTライド(公共交通MaaS)」で成長か、「路面電車ロックイン」で50万都市へ衰退か。
勤・通学、通院、買い物、趣味・娯楽を支える、街の文化を育む『郊外を結ぶ基幹公共交通』

なぜ岡山市民は選挙に行かないのか――。ズバリ!市民の暮らしに直結する争点が貧弱だから。日本一健全な成長可能性を秘蔵したまま岡山市が衰退する主たる原因は、郊外から中心市街地へのアクセスを支える公共交通(市民の足)の機能不全。これを放置し、クルマ依存社会から脱却できない、岡山市政の低すぎるケイパビリティに集約されるのです。

※ 本コラムは善政競争を理解しない候補者は選挙に勝てないその理の、諫言を目的にしています。

路面電車ロックイン」即ち岡山市の衰退の素であることは報告済みですが、東京・大阪はじめ豊かな飲食文化醸成の背景に必ずあるのは、市民の暮らしを支える、生活の質を向上させる公共交通サービスの発達。岡山市の公共交通の問題の本質は、経営哲学が対極的な2社のベンチマークを以って理解いただけると存じます。

成長or衰退。街の持続可能な成長を担保する『郊外〜街なかを結ぶ基幹公共交通』は首長選の筆頭の争点


※ 次の首長がマニフェストに明記して取り組むべき事業は、基幹公共交通システム BRTの整備。

対立軸は路面電車ロックインで、岡山市政は2020年の人口をピークに衰退一途の試算を公表しています


LRTありきの事業費増で苦しむ宇都宮市に追随し、岡山市を後戻りの出来ない衰退へ導こうとする現市政。

翻って市民のQOL(生活の質)を劇的に高める ―― 間接的に働き方改革や学力増進に大きく貢献する ―― 通勤・通学、通院、買い物、趣味・娯楽を支える郊外〜街なかを結ぶ基幹公共交通』システムの構築・整備を筆頭に掲げ、その実現により岡山市民のQOLは豊かに向上するイメージを有権者と共有することが重要。

※ 8月1日投開票 仙台市長選挙はコロナ対策ほか無難な争点が並び、投票率は過去最低。現職が圧勝。

換言するなら、選挙の争点(社会の問題点・改善点)を言及できない新人は、現職に及ばないということ。


大争点: 1. 基幹公共交通改革、2. ボトムアップの教育革命、3. 若者・女性の活躍推進

スマートなサイレント・マジョリティは、投票に行くか既読スルーか、生活に直結する争点を精査します。

岡山市はディープイシューの宝庫ではあるけれど、長老支配からの卒業により、この街は必ずや健やかな成長を始める。その過程において不可欠なのはニューノーマル時代を切り拓くニューリーダーの輩出で、必要になるのは岡山市民の関心を高める選挙の争点。いわば争点投票を勝ち抜くことのできる、高邁な志士の出馬。

そのとき毎度の「争点なき選挙」なら、挑戦者に勝ち目はないことを推して知るべし。だから、三大争点

1. 郊外〜街なか基幹公共交通改革

2. ボトムアップの教育革命https://www.facebook.com/SunVerdir/posts/10220227064529708

3. 若者・女性の活躍推進

成長か衰退か。悪の枢軸をも怖れない、精強な志士を擁立することで、グランドデザインの実現に臨みます。


山市を健全に成長する街へ変える方法? 健全なリーダーを選ぶ、健全な市民による投票啓発

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 盛衰天下分け目の岡山市長選挙2021
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
2021年デジタルの日
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    Wiki プロフィールほか
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ