政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

NFT

ジョブ型雇用を可視化する「NFTジョブ」で日本のイノベーション続々

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
中小企業のための “ トークン報酬戦略 ” 考察ページ


OpenSea @ 経営DXラボ.ンチェーン人事考課で生まれ変わる国内企業

失われた30年と呼ばれて久しく。大企業や行政に蔓延る「働かないおじさん」問題が取り沙汰されるなか、Web3スタートアップの熱気で高揚してる私に、国内事情を憂いている暇はありません。なぜならガラパゴスな日本でさえシステムチェンジの真っ只中にあって、日々遭遇できる創造的破壊の新規サービスに接するワクワク感はドントストップだから。

先般「Web3日本の持続可能性」で報告済ですが、あらためて優良コラム “ 世界中のWeb3プロジェクトとクリプトワーカーを繋ぐオンチェーンジョブマーケットプレイスAKINDO ” に、日本の構造的かつ組織的な問題をディスラプトする可能性を見出し、目先。中小企業の人財不足問題に利活用させて戴こうと目論む私。

アーリーステージに臨む、NFTジョブ候補は現在 2つ。1. NFT起案書と、2. NFT事業目論見書、なるもの。


ブロックチェーン技術を活用する点は同じながら、1. NFT起案書(あるいはNFT稟議書)は行政や企業のルーチンワークを人事考課面からサポートするオンチェーン報酬制度の新サービスで、他方、2. NFT事業目論見書(あるいはNFT事業計画書)は主に企業の新規事業創出や新規サービスの開発で活用される新機軸。

例えば、組織内のコンペを勝ち抜いた政策やイベント企画等のNFT起案書の場合、当該プロジェクトが生んだ付加価値を基に、トークン報酬は起案者に配分される。同様、取締役会の承認を得たNFT事業目論見書の場合、新規事業が齎した付加価値を基に、トークン報酬は事業クリエイターまたは、メンバーに配分される。

無論マイナスのケースは多分に有り得るも、オンチェーンで記録される政策や事業の顛末は改善ポイントを明確に示すであろうから、組織の再編や立て直しもスピーディー。その他、意匠権のNFT化を開始すれば、企業の内外を問わず、デザイン力で得た付加価値を基に、トークン報酬はNFTクリエイターに適正に配分される。

トークン報酬システムの最適化に成功する組織や企業の業績は、大きく飛躍。その想像は難くありません。


前掲。On-Chain job marketplace “ AKINDO ” が創造的破壊であるのは、MS Bounty Program等をクリアし得る辣腕のWeb3人財にフォーカスし、専門領域の即戦力(真のプロ人材)として最高のパフォーマンスに挑戦いただく、いわばジョブ型雇用のメリットだけを追求する、その理想像を確約する(であろう)点。

そうなると On-Chain job descriptionは世界の才能を素早く集めるばかりか、優秀なジョブホッパースマートコントラクトを以ってプロジェクトにジョインし、成果のアウトプットは忽ち始まる。そのときNFT起案書あるいはNFT事業目論見書は、行政や企業の投資上のI/Oを可視化し、トークン報酬等は確定をみる。

トークン報酬のイメージは、コラム「ファントークンとは|スポーツ業界で導入され始めているトークンの事例も紹介」そのもの。感動のプレイにより所属クラブ(あるいは直接プレイヤー)がトークン報酬を得られる仕組み ≒ NFT起案書あるいはNFT事業目論見書で、付加価値の視える化に基づき配分されるトークン報酬。

ファントークンの仕組みは必然的にNFTエコノミー移住特区に実装され、日本の報酬制度の大変革はじまる。


果(成果)を出す人が報われると日本社会のイノベーションは必然的に加速する

日本が新機軸と無縁である原因の一つは、結果を出す人チームビルドに貢献する人が報われない報酬制度

ピラミッド型の組織構造を変革できない日本の組織や企業では、失敗を伴う果敢な挑戦そのもの終身雇用至上主義者にとって未曾有のリスクになる。そのため、壮大でハイリスクなビジネスモデルの石橋は叩いて叩き壊されて、一般的に、世に出る新規事業はローリスクほぼほぼノーリターンの小ぢんまり無難なそれになる。


そんな日本を抜本的にグレートリセットする最後のチャンスの鍵は、NFT推しの政策ヲタ活が握っています。

巷からはSBINFT株式会社nanakusa)の開設や野村HDデジタルカンパニー創設など続々報道が届くなか、Web3の獣道を歩む私が注目するのは、和組DAOYoursDAO。なぜならNFTエコノミー市場に新規参入する中央集権型の企業が経路依存性から抜け出し、自律分散型社会に適応するのは極めて難しいと考えるから。

いづれも黎明期である現時点。先端をゆく有り難いコラム「Web3スタートアップのためのトークン報酬(原文:Token Compensation for Web3 Startups)」は、DeFiが日本社会を根底から変革するシステムチェンジのトリガーを引きつつあることと、NFTエコノミーは、すでに起こった未来であることを教えてくれる。


起業家はトラストレスで収入できる、企業の近未来をDAOが変える。それはマーク・キューバン氏の教示。

技術革新は実は恐るべし厄介者で、資本力のある大企業と、そうではない中小零細企業あるいは、首都圏と地方の間に横たわる多様な格差を拡大する不都合な真実であることは繰り返すまでもなく。中小企業を支援する側に佇む私の使命は、日本再興のビッグチャンスであるWeb3を、地方においても等しく福音にすること。

結果を出す人が報われる !? オンチェーン評価制度ならびに、デジタル田園DAOの推進に注力いたします。


業目論見や起案、政策立案が生む付加価値の視える化で日本のイノベーションは加速する

注目すべきは和組DAOYoursDAO。こと後者の「AKINDO」にジョブホッパーの私は、EARLY ACCESS.

直観の働く人々は DAOが変える近未来の組織(企業)の姿を描いていて、フリーのWeb3エンジニアはじめ企業内外のNFTアーティビストRabbitHole等で On-Chain Activityを洗練し、行政や企業の On-Chain job description を見つけてエントリー、トラストレスでプロジェクトにアサイン。それらは世界標準に。

だとすれば、地方の中小零細企業は大企業に伍し、才能溢れる人財を、世界から呼び込むことも十分可能。

中小企業を支援する側に佇み「高度化事業」の登録アドバイザーを担う私の使命はNFTジョブの可能性に気づきWeb3人財の求人を始める、そんな積極果敢な事業者から要請を受けるであろう例えば「中小企業DAO」或いは「高度化事業DAO」等の創設リクエストをサポートすることになるのかも…そんな気がいたします。

いづれも日本再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ジョブ型雇用を可視化するNFTジョブ
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

未来特区プロジェクト「クリエイター特区」NFTマネタイズに地方自治体ご注目! デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」エコシステムPoC

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策DX “ NFTエコノミー移住特区 ” 概念実証ページ


OpenSea @ 経営DXラボ.策クリエイターが考えるXR的「未来特区」

先般の思いつき “ デジタル田園DAO ” の舌の根の乾かぬうちに、4月8日。〜三井不動産創立80周年記念事業「未来特区プロジェクト」〜 “「クリエイター特区」全体概要と参加アーティスト決定 ” のニュースリリースに目は釘付け。忽ちの閃きにより、ほくそ笑む私。デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」を戦略特区に押し上げようと目論む政策クリエイターに、夢のようなチャンス到来。

夢のようなチャンスとは、「クリエイター特区」全体概要と参加アーティスト決定の後に記された【 リアル・デジタル・デジタルオンリアルの3つの“場”で展示会開催、NFT販売 】この部分。いわば今年6月開催のメタバースデジタルツインの共演『XR総合展』を先取るカタチで5月27日よりPoCが出来てしまうこと。

概念実証の見どころは言わずもがな「クリエイター特区」から出品された作品のNFT販売、その収益性向

※ 大手企業によるデジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」実証実験に報恩感謝を ※
デジタル社会推進本部 NFTホワイトペーパー(案)Web3.0時代を見据えたわが国のNFT戦略

東京・日本橋エリアが舞台の未来特区プロジェクトは、デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」の朗報


京・日本橋を我が町の名前に書き換えサクッと仕上げる『NFTエコノミー移住特区』

クリエイターが地方に移住・定住する要件の一例はNFT推しの政策ヲタ活で、マネタイズの成立こそ重要。

日本のアニメーションをNFTコレクション化して世界へ発信するマネタイズ手法はごく自然な発想で、これより先。省庁および地方公共団体の政策担当みな様は是非、地域の憧憬アートはもとより、無形文化遺産「和食」のNFTレシピ化あるいは和の食材映像のNFT販売等の政策形成に想いを巡らせていただければ、と。

折しもLINE NFTの開所に伴い「NFTエコノミー移住特区」をテーマにしたNFT政策立案続々に期待する私。

※ 日本各地に眠る和の食材をプロの料理人が活かし作り方を紹介するNFTレシピを出品したら? ※
※ 大阪アメリカ村に、東急文化村等。あの自律分散型社会の、若者が集う賑わいは岡山DAOで! ※

なのだからNFTエコノミー移住特区」エコシステムのPoCを担う「クリエイター特区に、大いに注目。

〜三井不動産創立80周年記念事業「未来特区プロジェクト」〜 “「クリエイター特区」全体概要と参加アーティスト決定 ” ニュースリリースは天与のNFTエコシステムPoCの好機であるばかりか、デジタル田園都市「NFTエコノミー移住特区」政策提言の国家戦略特区化を目論むNFT推しの政策ヲタには夢みるチャンス。

5月27日「UN/BUILT NIHONBASHI」に備え、スタートアップ・エコシステム拠点都市整備に邁進します。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFTエコノミー移住特区エコシステム
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

デジタル田園DAO(DDDAO)とは? 即ち Society5.0 ビッグバン!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
DeFiが引き起こす究極の “ 金融ビッグバン ” ページ


タートアップ・エコシステム拠点都市づくり
デジタル田園都市国家「NFTエコノミー移住特区」政策提言
2022年3月29日。我が国の再興を願いエントリーしたのが、経団連 “ スタートアップ躍進ビジョン ” 。その中でご紹介した内閣府「スタートアップ・エコシステム拠点都市」は将に、喫緊の国家戦略であり、敬服しきりの【國光DAO】さんの 〜 正直、起業家の能力や技術力などは日本と大きな差は感じません。一番大きな差は、取り巻く環境、つまりは「成長するためのエコシステムの差」これが本当に大きいです 〜 の記述に膝を痛打する私(痛っ)。


どうすれば転出超過の岡山県を転入超過に変革できるか。考えあぐねるなか、南場 智子さんの記事「スタートアップ躍進3つのポイント」から経団連「スタートアップ躍進ビジョン〜10X10Xを目指して〜」を経由し、再び「NFTエコノミー移住特区」事業構想のイノベーションフレンドリー企業との協業模索を検討。

Faster-moving target を絵に書いたような私は岡山市を衰退一途から成長へ変革すべく必死のパッチ。

そんな折柄、PRTImesサブの見出し「DAOで働きたい人と優秀なweb3人材を採用したいDAOを繋ぐ、コミュニティ主導型のDAOプロジェクト」に目は留まり。内閣府 プロフェッショナル人材事業が抱える日本の費用対効果の難点も解消するであろうし、何より、有能な人財が地方を訪れるのは、火を見るより明らか。

なればこそ、“ デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」を戦略特区に!” となるわけです。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

ここまで書くなら「DeFi」とは、言わずもがな日本に天変地異を、新機軸を齎す真の「金融ビッグバン」。

そうなればデジタル田園都市国家構想推進交付金を原資にDAOは幾つも誕生し、NFTエコノミー移住特区からSociety 5.0は、幾つも孵化することに。なれば個人や事業者が新たな付加価値を創出するパーパス勤労に徹するCivic Techer による協業は必要不可欠。転出超過の岡山県を転入超過の素敵な地方に変革するために、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私は、デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」政策を垂範いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > デジタル田園DAO(DDDAO)とは
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

DAO(自律分散型組織)とDeFi、NFTエコノミーは地方活性化のKFS

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策 “ NFTエコノミー移住特区 ” を補足するページ


方が自律するための「NFT経済圏」づくり高速道路を下りて獣道をゆく Web3.0

2020年春より勤務形態は、ほぼフルリモートへ移行して約2年。野口悠紀雄さんの新刊『リモート経済の衝撃』は痛烈に腑に落ちる。2015年〜2017年さらに2018年〜2022年1月。勤めたオフィスの平均年齢は20代だったことから、Z世代やミレニアム世代の物の見方や考え方の変化を体感、理解していたことも手伝い、DeFi(Decentralized Finance)をベースに据えたリスタートに時間はかからなかった。

分散型社会へ先導、Web3を先駆する者。C4JNPTech Studio Season2 ” に顔出し、していたり^^。

1月末には保有株式およびインゴットをキャッシュポジションに戻し、地政学的リスクの高まりを推察しながらビットコインあるいはオルトコインを買い下がり、3月初めに新ポートフォリオの編成完了。同時に、NFT経済圏を創生する政策形成したり「和組DAO」にジョインしたり、Web3の獣道をゆく私の日々は充実。

その中、地方を再生するために有効な政策またぞろ閃き続き。下記、ディズニーの動きは、ヒントの宝庫。


クリエイターは Enjoy your work anytime, anywhere なので、NFT経済圏が移住の鍵になるのは明白。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。


日本のクリエイター活動の促進に臨み、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こすための「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、トークンエコノミー地方移住を組み合わせる「NFTエコノミー移住特区」政策提言事業の推進により、素早くデジタル田園都市国家構想は実現できると考えます。

さて、国内の動きを追尾すれば、自民党のデジタル社会推進本部「NFT特別担当」平 将明 衆議院議員が国会で質問なされた「ブロックチェーンを国家戦略に」は大変あり難いものの、ブロックチェーンは技術でしかないので、フラットな「自律分散型組織」を創る私の出番。難易度は海より深しですが、やり甲斐は山の如し。

日本のクリエイター活動を促進するために、活発な議論へ展開できれば幸い。よろしくお願いいたします。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DAO(自律分散型組織)NFT経済圏
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

国家戦略特区「デジタル田園健康特区(仮称)」に指定された岡山県吉備中央町を、若者・子育て世帯も集まる「NFTエコノミー移住特区」に!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
NFT政策 “ クリエイターエコノミー ” 提言のページ

吉備中央町「岡山トークンエコノミー移住特区」で転入超過へ!
者が移住するデジタル田園「吉備高原都市」

2022年2月10日。日経Web刊 “ 中国5県、転出超過続く ” に読む、岡山県の人口転出超過に危機感を募らせるなか、同じく日経 2月19日。岡山県とは裏腹 7割の自治体が転入超過31道県、子育て世代流入 ” 記事を読むことに。30- 40歳代の流入要因は、なるほど自治体の子育て世代向け多彩な施策。他方、転出超過が止まらない岡山県…そう憂うこと勿れ。

日本のクリエイター活動を促進するために――。PoliPoliで政策を展開くださる衆議院議員 加藤 勝信 先生の歓喜の動画は共有され、同時に眩い光を放ち始めた政策提言は、“「岡山トークンエコノミー移住特区」で転出超過から転入超過の地方に変革 !! ” 。健康なステークホルダーを巻き込む地域に、健康の女神は訪れる。


無論 “ 大阪市、つくば市を指定へ スーパーシティ構想―内閣府 ” の報道の通り、吉備中央町は「スーパーシティ型特区」ではなく「革新的事業連携型特区」のデジタル田園健康特区(仮称)なので、若い世代の移住は難しい…と意気消沈する職員さんが心配したとしても、新たなステークホルダーにボールを回せば、大丈夫。


東京一極集中の是正と地方活性化を目論む、クリエイターを地域へ呼び込むシビックテッカーは、準備万端。


ンダーロックイン問題を回避しつつ手を組む相手は “ デジタル庁 ”

どうすれば転出超過の岡山県を、転入超過に変革できるか。考えあぐねている中、岡山県が輩出した元官房長官、衆議院議員 加藤 勝信 先生の政策提言「日本のクリエイター活動を促進するために」が目に留まる。ここにチャンスを見出す私は、忽ち「NFTエコノミー移住特区」事業を構想、連携を目論み政策形成をスタート。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。

※ たとえば渡辺 創太さんのような辣腕の起業家が、日本から海外へ移住しなくて済む。それどころか、海外から優秀な起業家が日本へ移住してくる。しかも地方活性化も兼ねた一石二鳥の国家戦略特区。その経済特区こそ、デジタル田園都市国家構想を実現に導く「NFTエコノミー移住特区」です


そのとき一つの例として、吉備中央町による自治体ICOの発行は有効と思い浮かべるなか、いづれもデジタル庁Civic Techer による協働がKFS。転出超過の地域を転入超過の素敵な町に変革するために、Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書のプロトタイプ「メタマルシェx◯◯」等、政策形成を率先します。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

若者や子育て世帯が移住するデジタル田園「吉備高原都市」の創生に臨み、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こすための「デジタル田園都市国家構想推進交付金」の有効活用によって、トークンエコノミー地方移住を組み合わせる「NFTエコノミー移住特区」政策提言事業は実現できると私は考えます。

日本のクリエイター活動を促進するために、活発な議論へ展開できれば幸い。よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 吉備中央町「デジタル田園健康特区」
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」を戦略特区に!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
Beyond “ スーパーシティ構想 ” を提言するページ


リエイターが地方に定住する政策形成を!デジタル田園都市国家「NFTエコノミー移住特区」

日本のクリエイター活動を促進するために――。

上記は衆議院議員 加藤 勝信 先生が共有くださった、日本のクリエイター活動を促進し、クリエイターエコノミーを活性化させる「公的サポート」および「法整備」を推し進める政策提言。強く共鳴する私は、東京一極集中の是正あるいは地方活性化を目論み、クリエイターを地域へ呼び込む政策「NFTエコノミー移住特区」の提言を開始しました。

「NFTエコノミー移住特区」が解決する社会課題――。


クリエイターは概ね Enjoy your work anytime, anywhere なので、最低限の衣食住が担保されていれば五感で地方ぐらしを愉しみ、豊かな創作力と高い情報発信力の発揮による地域ブランディングはもとより、自治体のDX推進に貢献する場面も少なからずありそう。既に整っている移住クリエイターの特典は下記の通り、

1. ふるさと求人・移住支援金・起業支援金や地方公共団体の空き家バンク制度に加えること、2. 自治体が発行する地方創生ICOの贈呈により強かな「地域循環共生圏」は創出されたり、3. DX公務員登用制度創設によるクリエイター採用が定住へ導いたり地域活性化が進むほど移住エコサイクルは洗練され、転入加速


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。

※ たとえば渡辺 創太さんのような辣腕の起業家が、日本から海外へ移住しなくて済む。それどころか、海外から優秀な起業家が日本へ移住してくる。しかも地方活性化も兼ねた一石二鳥の国家戦略特区。その経済特区こそ、デジタル田園都市国家構想を実現に導く「NFTエコノミー移住特区」です


国家戦略特区世界で一番ビジネスがしやすい環境」即ち、クリエイターの移住・定住政策を形成します。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム
※ ↑ デジタル田園都市国家のプロトタイプ「岡山トークンエコノミー移住特区」政策あります ↑ ※

クリエイターの地方への移住による地域おこしこそ「デジタル田園都市国家構想」を実現に導く起爆剤に。


デジタル田園都市国家「メタマルシェx◯◯」提言事業の実現――。

NFTエコノミー移住特区」へ転入したクリエイターに期待するのは、デジタル田園都市国家構想「メタマルシェx◯◯」政策提言事業の実現。デジタル庁の協力を得て、移住クリエイターによるDAO(Decentralized Autonomous Organization)創生は即ち、サスティナブルな分散型社会のロールモデルに成り得るもの。

※ 日本各地にSDGsローカルハブデジタル田園都市)を創出。NFT実装されたメタマルシェx〇〇

日本のクリエイター活動の促進に臨み、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こすための「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、トークンエコノミー地方移住を組み合わせる「NFTエコノミー移住特区」政策提言事業の推進により、素早くデジタル田園都市国家構想は実現できると考えます。

日本のクリエイター活動を促進するために、活発な議論へ展開できれば幸い。よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 国家戦略「NFTエコノミー移住特区」
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

政策形成 PoliPoli : 日本のクリエイター活動を促進するために!「岡山トークンエコノミー移住特区」で転出超過から転入超過の地方に変革 !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策NFT “ クリエイターエコノミー ” 涵養のページ


日本のクリエイター活動を促進するために by 加藤勝信先生ジタル田園都市国家を構成するトークン社会

2022年2月10日。日経Web刊 “ 中国5県、転出超過続く ” に読む、岡山県の人口転出超過に危機感を募らせるなか、2月19日の日経Web刊。岡山県とは裏腹に7割の自治体が転入超過の “ 31道県、子育て世代流入 ” 記事を読むことに。30- 40歳代の流入要因は、なるほど自治体の子育て世代向け多彩な施策。

他方、転出超過が止まらない岡山県。県都を担う岡山市の「子育て世代ネグレクトの予算配分」が主たる原因の一つであり、さらに公共交通は機能不全に陥って久しく、しかも「路線バス定期券割引率引き下げ申請 利用者は実質負担増に」を読むように、これではマイカーを持たない子育て世代の移住先には、なり得ない。

<<【 地方創生DX 】“ ふるさと求人・移住支援金・起業支援金 ” のフル活用、強かな自治体DX >>

どうすれば転出超過の岡山を、転入超過に変革できるか。考えあぐねている中、岡山県が輩出した元官房長官、衆議院議員 加藤 勝信 先生の政策提言「日本のクリエイター活動を促進するために」が目に留まる。ここにチャンスを見出す私は、忽ち「岡山トークンエコノミー移住特区」事業を構想し、政策形成をスタート。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

岡山トークンエコノミー移住特区の概要は至ってシンプル。岡山リサーチパークや近隣エリアに移住者向け無料のコワーキングスペースを用意した上で、1. ふるさと求人・移住支援金・起業支援金で岡山へ移住いただき、自治体側は 2. 地方創生ICOの整備、および 3. DX公務員登用制度の創設により、定住支援を実施する。

クリエイターは概ね Enjoy your work anytime, anywhere ! なので、最低限の衣食住が担保されていれば五感で地方ぐらしを愉しみ、情報発信による地域ブランディングはもとより、自治体のDX推進への貢献も。そのとき移住クリエイターに付与される特典の一つは地方創生ICOであり、それは地域経済循環を担保する。

SDGsやSociety5.0に通づる地域経済循環の盛り上がりにつれて期待されるのが、岡山トークンエコノミー移住特区へ転入されたクリエイターによるデジタル田園都市国家構想「メタマルシェx◯◯」提言事業の実現で、これが移住特区のロールモデルとなり早晩、全国へ波及し普及する。持続可能な分散型社会の起点とも。


日本のクリエイター活動を促進するためには、地方への移住政策とセットで設計すれば効果倍増と考える私。

自治体ICOは、岡山珠玉の農林水産物を移住者は安価に購入できる、特典各種をサポート。すでに起こった世界的金利上昇による、東京の転出超過の加速に岡山が備えるべきは、地方の高度成長期の始まり。今こそ加藤 勝信先生(政治家)にコメントを届けて「日本のクリエイター活動を促進するために」政策を実行する時。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。

※ たとえば渡辺 創太さんのような辣腕の起業家が、日本から海外へ移住しなくて済む。それどころか、海外から優秀な起業家が日本へ移住してくる。しかも地方活性化も兼ねた一石二鳥の国家戦略特区。その経済特区こそ、デジタル田園都市国家構想を実現に導く「NFTエコノミー移住特区」です


そのとき自治体(岡山)側の、2. 地方創生ICOの整備に関し、デジタル庁Civic Techer による協働は重要。素早く速やかにアライアンス体制を整えるためにも「岡山トークンエコノミー移住特区」事業について、加藤先生への報告・連絡・相談は必要不可欠。転出超過の岡山を転入超過の素敵な地方に変革するために、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書メタマルシェx◯◯」等、政策形成を率先いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT岡山トークンエコノミー移住特区
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

NFT推しの政策ヲタ活: ブロックチェーン技術が担保するジョブ型雇用

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
NFT稟議書 “ クリエイターエコノミー ” 考のページ


OpenSea @ 経営DXラボ.AI人事考課を当たり前にするトークン社会

2022年2月10日 DIAMOND online “ ジョブ型雇用で20年後、日本から「サラリーマン」は消滅する ” は興味深く、的を外していないと考え静かにシェア。首都圏・関西圏での大企業勤務経験のないメンバーシップ型雇用に慣れ親しんだ地方の人が、東京在住のジョブ型雇用に適応できる(優れた即戦力)人財を、地元中小企業に転職させる公的事業を牛耳るような地域独特の産業振興問題に問いを立て。

上述に関連し、当該記事のP.4 〜 「サラリーマン」生活に慣れてしまった私たちにとって、特に重要なことは、「サラリーマン」マインドから、「プロフェッショナル」マインドへの切り替えでしょう 〜 は貴重な教示で、ご縁あらば内閣府「プロフェッショナル人材事業」にジョブ型雇用をもって貢献したいと考えたり。

そのとき必須の専門性は何か? と問うならば、紛れもなく近未来の地域社会のメインプレーヤーになる「Z世代〜ミレニアム世代」の価値観を腑に落とし、彼ら彼女らとフラットな関係でつきあえる「多様性と包摂性」の会得が必要不可欠と即座に回答。それを理解しない地域へ若者・女性と子育て世代は移住をしないから。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

日経クロストレンド “ Z世代の「推し活」、22年はこう進化する 新潮流は越境と融合 ” 記事ご参考に!


新な考案やビジネスモデルが横取りされないNFT稟議書(企画書あるいは起案書)

先般ご報告したデジタルドルデジタル円など基軸通貨のデジタル化のメリットは、端的に「お金の流れが可視化される」社会の実現。それを好しとしない富裕層の問題はさておき、企業の収益力の改善を考えるとき、ジョブ型雇用で迎えたプロフェッショナル人財の社内での活躍を可視化する「NFT稟議書」を起案する私。

良コラム「ブロックチェーンのビジネスモデル・活用事例〜非金融など応用領域も解説〜」を一読いただくことで、NFT稟議書(NFT企画書あるいはNFT起案書)のイメージは膨らむものと期待いたします。企業内の事業企画(ビジネスモデルの構想)あるいは製品設計、プロダクトデザイン等の担当者を活性化する目的。

特許の職務発明者の私は、起案書のNFT化を実現できたなら、社内イノベーション続々を確信しています。


ブロックチェーン技術が担保するクリプトカレンシーNFTアートが大きな価値を有するように、企業内の企画や開発担当者の発案、起案または意匠の価値を担保するのもNFT。NFT稟議書(NFT企画書あるいはNFT起案書)の標準化は即ちAI人事考課の呼び水となり、上前を撥ねられない、あるべく評価と報酬を担保する。

スマート・コントラクトで交わされたジョブ・ディスクリプションに則り、企業は人財を適切に評価する。

2022年1月31日 Bloomberg “ 東京の人口が26年ぶり減、コロナ不安やテレワークで一極集中に変化も ” 記事を先取り、いち早く移住を敢行。地方の高度成長期の始まりに備えてきた、Anywork Anywhere 原理主義者の私。地場の企業にAI人事考課を実装し、転出超過が悩ましい岡山県を救済する、政策形成に励みたく。

先のエントリー “ Web3.0: 陳情のデジタル化は岡山市政を変革するか? トークン社会 ” を踏襲し、ならばいっそのこと岡山市をブロックチェーン技術が担保する「ジョブ型雇用の先進地」にしようかと。Z世代〜Y世代と価値観を共有し、NFT推しの政策ヲタ活を続けるなか、そう考えるようになりました。いづれも、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書メタマルシェx◯◯」等、政策形成の励行に努めます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT稟議書(企画書)ジョブ型雇用
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

NFTレシピ論考:OpenSea、MetaMask、Coincheck が担保する、「メタマルシェx○○」デジタル田園都市国家構想と、クリプト為政者。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
議事堂が消える “ クリプト議会 ” を瞑想するページ


OpenSea @岡山DAOリプト市長や「NFT議員」による為政の時代

先日。マイレシピの販売を思い立ち「政策形成ブログ」のメタディスクリプションを更新、巣ごもりレシピを「巣ごもりNFTレシピ」へ上書き。その後、CoincheckからEthereumMetaMaskへ送り、NFTオンラインマーケットプレイス OpenSeaでスタンドバイ。イーサリウムのガス代に怯むなか、2022年2月4日 Forbes “ 慎重姿勢に変化? アメリカにおける暗号資産の現在地 ” 記事が興味深く目に留まる。

2022年1月。アフリカ系アメリカ人、エリック・アダムスさんがニューヨーク市長に就き、ニューヨーク市を「暗号資産産業の中心地」にする旨の選挙公約に従い、先日。最初の給与を暗号資産で受け取ったのだとか。

厳密に言えば、現行の法律だと、ニューヨーク市は直接市長に暗号資産で給与を払うことはできない。このため、市長は隔週で支払われる給与の約9925ドル(約113万円)を、昨年上場したばかりの暗号資産取引所「コインベース」に持ち込み、イーサリアムとビットコインに交換して受け取ったという。

昨年までアメリカ政府は暗号資産に対して慎重な姿勢をとってきた。しかし、このニューヨーク市長のエピソードは、それが「雪解け」に向かっていることを指し示す象徴的な出来事かもしれない。


記事より類推、期待されるのは、デジタル円(CBDC)の早期稼働で、そうなれば、幸福度を自発的に高めることのできる社会創出に必要なUBI(ユニバーサルベーシックインカム)新設に向けて力強く前進。激甚災害の備えを兼ねる事業フレーム「メタマルシェx〇〇」構想の実現可能性も一足飛びに高まる感さもありなん。

暗号通貨こそが令和のゲームチェンジャーと考える私は、岡山市のケイパビリティを高めるチャンスを確信。


デジタルドルデジタル円のメリット&デメリットの詳細は検索クエリ「基軸通貨 デジタル化」等で確認いただければと存じつつ、端的には「デジタル技術で瞬速かつ正確にお金を届ける」或いは「デジタル技術で瞬速かつ正確にお金を送れる」ことに加えて「お金の流れが可視化される」社会が忽ち訪れる。ということ。

即ち、首長はもとより為政者の資質や素養を評価する「議員スコア」の精度を高めるデータ連携社会の到来。

創作した『レシピmomo.』を起点にNFTの生成や管理、オークション出品に挑戦しようと試みるなか、先のエントリー “ Web3.0: 陳情のデジタル化は岡山市政を変革するか? トークン社会 ” の想起に至って、ならばいっその事。岡山市を「暗号資産産業の中心地」にしたい。そう考えるようになりました。いづれも、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私は、NFTレシピを開発するとともにパーパス為政を究めて参ります。

※ 日本各地に眠る和の食材をプロの料理人が活かし作り方を紹介するNFTレシピを出品したら? ※
※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > OpenSea MetaMask Coincheck
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ