生涯学習ブログ

「生涯学習ブログ」は Society 5.0に臨む、経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生コラムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

MaaS

岡山市の 100万都市への成長エンジンの鍵「EVバス充電インフラ」は、日立ABBパワーグリッド社『Grid-eMotion™ Flash』が握る!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
公共交通DX “ Grid-eMotion™ Flash ” 共有ページ
友だち追加
LINE Official Account グランドオープン!
シティ岡山.com | LINE Official Account
何としても岡山市の衰退トレンドを一転し、成長スパイラルへ転換したく、先般「パーパス・ドリブンの志:岡山市政の刷新で、健やかな100万都市へ!」をエントリー。資本を持たない丸腰の私にできることは、広報DXパワーを駆使して市井の人々の気づきを誘うとともに、健全な街づくりを標榜し、パーパスドリブンな変革の志を立ててもらうこと。そのためにも今をときめく LINE公式アカウントの活用を目論み、@society5 を洗練リニューアルしました。

と、それはさておき今回エントリーのタイトルに従い、日経新聞Web刊 2021年5月23日の記事「日立、新興国にEVバス充電網 まずパキスタン輸出」をご紹介。着目すべきは、日立ABBパワーグリッド社が中国のEVバス複数社と協業している点。商社の動きも注視が必要で、公共交通MaaSEVバスで構成される、近未来。


前掲の記事は、電気自動車(EV)タイプのバス充電インフラ整備の技術を有す日立ABBパワーグリッド社によるパキスタンのバス会社への設備納入を報ずるものですが、先日 ” 【 岡山市の選択 】 100万都市へ導く「パーク&BRTライド(公共交通MaaS)」で成長か、「路面電車ロックイン」で50万都市へ衰退か。” をエントリーした私は、“ Grid-eMotion™ Flash ” こそ岡山市を100万都市へ導く福音だと、推定的に断定。

機能不全に陥って久しい県都の公共交通を再生するだけで、自ずと100万都市に成長するであろう、天然リソースに恵まれすぎの岡山市。心豊かな暮らし向きの実現で、岡山市の低いESG評価も、一転できるはず。

おもしろきこともなき世におもしろく。今秋。岡山市をエキサイティングな街に私が変えてみせましょう。



山市はなぜ面白くないのか !? 問題は、岡山市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 日立ABB Grid-eMotion™ Flash
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

【 岡山市の選択 】 100万都市へ導く「パーク&BRTライド(公共交通MaaS)」で成長か、「路面電車ロックイン」で50万都市へ衰退か。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国土交通省 “ 日本版MaaSの推進 ” に呼応するページ


ーク&BRTライドで岡山市を100万都市へ!100万都市を担保する岡山市「パーク&BRTライド」整備事業

いま岡山市は成長衰退か、いづれかの未来を選択する重要局面に佇んでおり、先般「路面電車ロックイン事業 11億47百万円他の予算執行差止に関する陳情書」を提出(郵送)。100万都市へ岡山市が健やかな成長を目指すとき何故『パーク&BRTライド』が必要で、何故『路面電車ロックイン』事業の強行により街の衰退は加速するのか。岡山市の健やかな近未来のために働く人々に向けた丁寧な説明は不可欠と考え、再度のエントリーに至りました。

本題の前に、LRTの誤謬について。人口42万人弱の富山市の「富山ライトレール」を街づくりの成功事例と盲信する人は少なからずも、それは「ゆっくり人口減少していく町の公共交通モデル」と認識すべきもの。路面電車王国 広島市も宇都宮市と同様、「費用便益分析」において深刻(成長する街から消える路面電車)。

志高いリーダーを迎えて市民の暮らし向きを改善すれば、岡山市は自ずと100万都市へ成長できるのだから。


パーク&BRTライド』の主たる目的は言わずもがな、郊外からの路線バスの定時性・速達性の向上であり、BRT(バス高速輸送システム)が整備されるほどマイカーの中心市街地への流入は自ずと減少。徒歩による街なか回遊性は高まり地域経済は活況を取り戻して街の文化は洗練される生活者発想型MaaSによって。


その生活者発想型MaaS(例としてBRT〔バス高速輸送システム〕)を妨げるのが岡山市路面電車ネットワーク計画を仕立てて公費支出100億円超を目指す路面電車ロックイン事業であって、日本一短い(≒ 日本一不要の)街なか路面電車こそ郊外からJR岡山駅を目指す路線バスを渋滞に巻き込み機能不全に陥れる厄介者

街なか環状化は岡山市中心部循環バス「めぐりん」活用でおそらく5億円でおつりかと。他方100億円 !?


すでに動き出している日本版MaaS博報堂と浜松市、地域を支える 持続可能なモビリティサービス創出プロジェクトを開始 〜第一弾として中山間地域での地域交通づくりを進める〜 ” と “ 月額5000円のオンデマンド交通サービス、ウィラーが「mobi」を解説 ” 記事に読む MaaSアプリ「WILLER」に、釘付けの私。


念のために何故『路面電車ロックイン』事業で岡山市の衰退は加速するのか。これまた言わずもがな、100万都市を目指す際に必要不可欠である日本版MaaSパーク&BRTライド ” 整備事業を阻むのが、昭和の時代に廃線されていたはずの、日本一短い大正時代の危険なレガシーシステム・岡山市の路面電車であるから。

しかも延伸コストは超高く、100億円規模の路面電車ネットワーク化が誘き寄せる、岡山市の財政破綻
 ※ 岡山市の問題の本質: “ 大森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由

さて。岡山市が成長を選択するなら健やかな100万都市になるのは当たり前と確信する私の提言は下記、

浜松市デジタル・スマートシティ推進事業本部と博報堂で締結された「持続可能な地域交通の確立に関する覚書」をロールモデルに、岡山市は博報堂あるいは、WILLERS MaaS事業に情熱を注ぎ推進する同社と協業。いづれも日本版MaaSの推進により「岡山市を健やかな100万都市へ成長させましょう」を目論む提言。

海の幸と山の幸に恵まれた晴れの国の公共交通が機能するなら、100万都市に成長するのは、ごく自然。


蛇足ながら市と同様、日本版MaaSに取り組まない県は委託限度額1億2千6百万円の「ウイズ・アフターコロナ公共交通利用促進支援事業」を公募。プレミアム付き乗車券(クーポン券)等はMaaSアプリの得意の範疇ではあるものの、岡山県はデジタルクーポンによる移動促進普及のチャンスを逸しており余りに口惜しい。


傀儡為政によるベンダーロックイン自治体DXを阻むように、路面電車ロックインで岡山市は終わる。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、有権者が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 100万都市へ導くパーク&BRTライド
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

公共交通 MaaS【デジタル陳情書】路面電車ロックイン事業 11億47百万円他の予算執行差止に関する陳情書(岡山市議会 陳情第9号)

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国土交通省の “ 公共交通政策 ” に呼応するページ


面電車ロックイン事業で岡山市は終わる
岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ
いま岡山市は成長か衰退か、いづれかの未来を選択する重要局面に佇んでおり、先般 “ 自動運転車・ドローンはじめ、近未来の公共交通(MaaS)を拒む「路面電車ロックイン」で、岡山市を衰退へ導く 〜 未来を葬り・嘆く予算 〜 ” を緊急エントリー。それに付随し、2021年3月22日(大安吉日の験を担ぎ)を打刻して「路面電車ロックイン事業 11億47百万円他の予算執行差止に関する陳情書」を提出(郵送)しましたので、この場において共有いたします。

※ 国土交通省 “ 日本版MaaSの推進

繰り返しになりますが、岡山市の公共交通機関が久しく機能不全である問題の本質は実に、岡山駅バスロータリーに集約されており(資料:2017年 大森岡山市長へ提出済み)、岡山市中心部循環バス「めぐりん」が未だに岡山駅前に進入できない等、群雄割拠の戦国バス時代の収束が最優先課題。これらの放置が大問題


公共交通は岡山市に暮らす住民の足であり、即ち、主要な市民サービスの機能不全を放置している岡山大森市政の不作為の罪は、甚大といえましょう。ほかにも、既に自動運転車は回遊を始めドローンタクシーは間もなく空を行き交う時代に逆行する “ 桃太郎線LRT化 ” は余りにもナンセンスながら、路面電車・LRTありきの大森さんは当該事業を強行しようとして、大失敗。これに費やされたサンクコストもまた莫大と思われます。


岡山市による「令和3年度当初予算(案)の概要」を速読するなか驚愕したのは、P.12 “ 路面電車の乗り入れを含めた岡山駅前広場整備事業 11億47百万円(74百万円)” と、P.15 “ 路面電車のネットワーク化 5百万円(5百万円)” 。昭和のうちに廃線されたはずの大正時代の危険なレガシーシステム 路面電車を岡山駅へ延伸し、さらに環状化を目論む路面電車(LRT)ありきの大森市政の狙いは當に路面電車ロックイン

極めつけは岡山版「公共交通 MaaS」等の抜本的な改革に着手せず、その場しのぎの対処療法でしかない P.14 “ 公共交通高齢者・障害者運賃割引事業 3億95百万円(3億95百万円)” で、見方によっては交通事業者の損失補填か、はたまた利益供与。補助金をせびる特定事業者の保護は、これまた市税の無駄遣い。

特定企業ベッタリ市政のベンダーロックインの想像は難くなく、路面電車ロックインで岡山市は終わる。



山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 路面電車ロックイン事業予算差止陳情
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

自動運転車・ドローンはじめ、近未来の公共交通(MaaS)を拒む「路面電車ロックイン」で、岡山市を衰退へ導く 〜 未来を葬り・嘆く予算 〜

健やかな岡山市の未来のために、メディアみな様バス共同運営の諫言シェアをお願いします

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市長リコール 3大理由 ” を解説するページ


面電車ロックインをもって岡山市は終わる
危険・危篤・禁断。日本一短い岡山市の路面電車を廃線しなければならない3つの理由
取り急ぎ、Redshift 日本版 “ 未来の交通: 2050 年までに交通手段はどう変化するのか? ” をご紹介。いま岡山市は成長か衰退か、いづれかの未来を選択する重要局面に佇んでおり、昨日は熊本都市バス 共同経営準備室の報道を契機に、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質を岡山市民みな様と共有したく、“ 熊本市バス会社「共同経営」は公共交通機能不全の問題の本質、岡山駅バスロータリーの処方箋。路面電車ロックイン(延伸)で岡山市は終わる ” を緊急エントリーした次第です。

繰り返しになりますが、岡山市の公共交通機関が久しく機能不全である問題の本質は実に、岡山駅バスロータリーに集約されており(資料:2017年 大森岡山市長へ提出済み)、岡山市中心部循環バス「めぐりん」が未だに岡山駅前に進入できない等、群雄割拠の戦国バス時代の収束が最優先課題。これらの放置が大問題

※ 国土交通省 “ 日本版MaaSの推進

公共交通は岡山市に暮らす住民の足であり、即ち、主要な市民サービスの機能不全を放置している岡山大森市政の不作為の罪は、甚大といえましょう。ほかにも、既に自動運転車は回遊を始めドローンタクシーは間もなく空を行き交う時代に逆行する “ 桃太郎線LRT化 ” は余りにもナンセンスながら、路面電車・LRTありきの大森さんは当該事業を強行しようとして、大失敗。これに費やされたサンクコストもまた莫大と思われます。



岡山市による「令和3年度当初予算(案)の概要」を速読するなか驚愕したのは、P.12 “ 路面電車の乗り入れを含めた岡山駅前広場整備事業 11億47百万円(74百万円)” と、P.15 “ 路面電車のネットワーク化 5百万円(5百万円)” 。昭和のうちに廃線されたはずの大正時代の危険なレガシーシステム 路面電車を岡山駅へ延伸し、さらに環状化を目論む路面電車(LRT)ありきの大森市政の狙いは當に路面電車ロックイン

極めつけは岡山版「公共交通 MaaS」等の抜本的な改革に着手せず、その場しのぎの対処療法でしかない P.14 “ 公共交通高齢者・障害者運賃割引事業 3億95百万円(3億95百万円)” で、見方によっては交通事業者の損失補填か、はたまた利益供与。補助金をせびる事業者のお小遣いは、これまた市税の無駄遣い。

特定企業ベッタリ市政のベンダーロックインの想像は難くなく、路面電車ロックインで岡山市は終わる。



市民サービスは後回し【 路面電車ありきの岡山市政




山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 路面電車 〜 未来を葬り・嘆く予算 〜
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

熊本市バス会社「共同経営」は公共交通機能不全の問題の本質、岡山駅バスロータリーの処方箋。路面電車ロックイン(延伸)で岡山市は終わる

健やかな岡山市の未来のために、メディアみな様バス共同運営の諫言シェアをお願いします

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市版 公共交通MaaS ” を提案・提言するページ


本市バス会社「共同運営」に学んで気づく
岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ
今朝のNHKニュース “ バス会社の共同経営 熊本で初認可の方向 重複区間減で収益改善 ” は、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通問題に接し、それは一つの処方箋。そもそも論において、公共交通機能不全の問題の本質は岡山駅バスロータリーに集約されており(資料:2017年 大森岡山市長へ提出済み)、岡山市中心部循環バス「めぐりん」が未だバスロータリーに進入できない等、群雄割拠の戦国バス時代の収束が優先課題で、それが問題の本質



すでに世界ではSDGsに呼応する自動運転車が自在に回遊を始め、まもなくドローンタクシーが飛び交うであろう新しい生活様式へ移行する今。昭和のうちに廃線されたはずの大正時代の危険なレガシーシステム 路面電車の岡山駅への延伸を目論む路面電車(LRT)ありきの岡山市は、成長か、あるいは衰退か。選択局面


路面電車ロックイン 】で岡山市は終わる…



山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民が投票に行かないから…


市民サービスは後回し【 路面電車ありきの岡山市政

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 路面電車ロックインで岡山市は終わる
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市「スーパーシティ」構想。倉敷市「自治体クラウド」、高松市「スーパーシティ」との連携から生まれる、瀬戸内海「 三都物語 」

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
“ 瀬戸内スーパーシティ「三都物語」” を提案するページ


岡山市「スーパーシティ」構想エリア選定(素案)山・高松・倉敷「スーパーシティ」構想

自治体クラウドに関連し、10月29日のWebニュース “ 中核市クラウド共同導入 全国初協定 松山市と岡山・倉敷市、高松市 住民情報管理、費用削減も ” を拝読するなか、さすが伊東市長が率いる倉敷市は自治体DXにおいても先駆的かつ洗練されているなぁと感服しばし。地理的優位性に最も恵まれる、しかも政令市である岡山市行政のデジタル化において周回遅れにしないよう私は一段の努力を続けます。

国の標準仕様に準拠した初の「自治体クラウド」利用で締結したのは倉敷市松山市高松市で、さらに高松市から11月5日 “「スーパーシティ」応募へ トップ会談、高松市長が意向 県に協力求める ”、11月6日 “ 高松市、「スーパーシティ」応募準備へ横断チーム ” の連続報道。住みよい都市への革新意欲に敬服しきり。

そのとき創造的破壊のイノベーターかつDX構想アーティストが類推した、京都・大阪・神戸「三都物語」。


岡山、高松、倉敷の3市が切磋琢磨し穏やかに連携する時、瀬戸内「スーパーシティ」構想を実現への旅路に就かせられると確信する私。兎にも角にも率先垂範すべきは人口72万人超の政令指定都市・岡山市であるはずで、繰り返しになりますが、高松市と倉敷市に引き離されるばかりで、よもや周回遅れは許されません。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山・高松・倉敷「三都物語」構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

新しい生活様式に臨む街おおさか! 行動変容できない街おかやま !? 大阪都構想住民投票の顛末に類推する、スーパーシティ岡山ストラテジー。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山版「スーパーシティ」構想 ” 実現戦略を練るページ


スーパーシティ岡山B&G+K_20201021長選挙 投票率 28.35%の街の羨望

鎬を削った東京・秋葉原メガ市場から異動により大阪・日本橋マーケット合わせて10年ほど国内家電の2大競争市場で鍛えられ、後半10年間は成長著しい国内情報通信市場のマーケター職を担うなか精強な商人魂をダウンロードした私は、岡山市を再生すべく岡山版「スーパーシティ」構想の実現に躍起。

2020年11月1日(日)住民投票の結末は、CHANGE IS CHANCE!と考える比率が相応に高い大阪人の気質に鑑み私的に推察済みではあるけれど、こと注目すべきは前回 66.83%を記録した「投票率」の今回の伸び代。屈強なビジネスパーソンに仕立ててくれた大阪に深謝し、さらなる成長を祈念する者の予想と期待は、67%に迫る(あるいは超える)投票率。それは市長選投票率 28.35%の岡山市に煎じて呑ませる爪の垢。

Beyondコロナに臨み、国政はおろか市政に無関心な街ほど忽ち衰退し、消滅リスクは高まるのだから。


そのとき大阪版「スーパーシティ」構想に関連し、中小企業のビジネスチャンスを見出そうと考え大阪府市に専門部署を立ち上げたという報道は精読の値千金。住民投票から類推する大阪市政への市民の高い関心は、スーパーシティ選定に必須とされる「住民合意」において、これも値千金。約束されたに等しい成長戦略。

満足なら今を守ろう。“ より良い ” を望まば未来を変えよう。より良い明日を標榜し、変化を厭わない私。


動変容できる街おかやま市を担保する “ 岡山令和刷新事業

東京で鎬を削り大阪で鍛えられ、常に満足せず “ より良い ” を望み変化を厭わない私は独り、岡山市を再び成長する街へ変えられると信じて疑わず。なればと「議会の品質」を仕掛けて、社会力学駆使したり…。

議会と住民が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT(バス高速輸送システム)構想は、地図メニューを展開、クリックで確認可。

このようにバックキャスティングで街のグランドデザインを描き構想を打ち立て、それらを計画に落とし込み早期に実現させようと目論むとき必要不可欠になるのはプロトタイプで、叩き台。これを起点に多彩な異論が吹き出すことは存知ながら、県都を担う岡山市をデジタル化で周回遅れにしないため、共有いたします。

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。



ータ連携基盤整備事業の成功の鍵は「住民合意」が握る !!

首相官邸トップ>会議等一覧>地方創生>国家戦略特区>スーパーシティ解説を精読するほど、様々なデータを分野横断的に収集・整理し提供する「データ連携基盤」によって齎される「住民福祉・利便向上を図る都市」づくりの説明が重要で、暮らす私達の理解が大事。そう考える、NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.

構想だけで「データ連携基盤整備事業」は実現しない。構想を計画に、計画を実行、未来社会は実現へ!


そこで、岡山市議会議員を務められる二嶋宣人様に視察をお願いし、メンター同志と臨時総会(岡山市スーパーシティ戦略リビングラボ)を開催。地域に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創る国家戦略特区(スーパーシティ)に岡山市が名乗りを上げる目的において、よりよい街への志を一つにできました。

住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現を目論む、岡山市スーパーシティ戦略リビングラボ。

スーパーシティ・オープンラボ参加団体として、また、スマートシティ・インスティテュート賛助会員に認定いただいた弊社は住民目線を第一に、有用な情報を市民レベルで共有し、「住民合意形成」に努めることで、スーパーシティ「データ連携基盤整備事業」による、世界が憧れる “ まるごと未来都市 ” を目指します。

二嶋様、藤井様、超教育ラボ.メンター同志みな様。引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

がんばろう岡山!!

岡山版スーパーシティ構想を掲げる「NPO法人超教育ラボラトリーInc. (代表菅野敦也)」の総会が、岡山市議会議員 二嶋宣人さん、逢沢一郎衆議院議員秘書...

太田 修二さんの投稿 2020年10月21日水曜日

※ 御礼: 太田様。私達の志を力強く、分かりやすく共有くださり、ありがとうございます。

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 大阪都構想・岡山スーパーシティ構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

スーパーシティ岡山B&G+K。国家戦略特区に岡山市内から、2エリア選定を提案! データ連携基盤整備事業の成功の鍵は「住民合意」が握る !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山版「スーパーシティ」構想 ” を考えるページ


スーパーシティ岡山B&G+K_20201021るごと未来都市。スーパーシティ岡山へ!

首相官邸トップ > 会議等一覧 > 地方創生 > 国家戦略特区 > “ スーパーシティ解説 ” ページに読む、日本型スーパーシティ。国家戦略特区制度を活用しつつ住民と競争力のある事業者が協力、世界最先端のSCの実現を目論む構想。成功の鍵は、住民合意。

なぜ今スーパーシティなのか? そう「問い」を立てるとき、スーパーシティ構想についての8ページから13ページの参照により「データ連携基盤」は、住民が抱える社会課題の解決に有効であることの連想を誘うことは可能。高齢者の通院対策を図るA市、観光を起点とするB市、健康・未病・医療を繋ぐD市のみならず、中小企業のビジネスチャンスを見出そうと考え大阪府市に専門部署を立ち上げたという報道は必読値千金。

あらためて、なぜ今スーパーシティなのか? 連日の国のデジタル化推進報道が類推させてくれる、岡山県ならびに岡山市のデジタル化の周回遅れ。それは経済産業上の地盤沈下を、さらには住民の暮らし向きの低下を連想させる。なぜ今スーパーシティなのか? スーパーシティ選定に必須の「住民合意」が急がれるから。

議会と住民が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT(バス高速輸送システム)構想は、地図メニューを展開、クリックで確認可。

このようにバックキャスティングで街のグランドデザインを描き構想を打ち立て、それらを計画に落とし込み早期に実現させようと目論むとき必要不可欠になるのはプロトタイプで、叩き台。これを起点に多彩な異論が吹き出すことは存知ながら、県都を担う岡山市をデジタル化で周回遅れにしないため、共有いたします。

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。



ータ連携基盤整備事業の成功の鍵は「住民合意」が握る !!

首相官邸トップ>会議等一覧>地方創生>国家戦略特区>スーパーシティ解説を精読するほど、様々なデータを分野横断的に収集・整理し提供する「データ連携基盤」によって齎される「住民福祉・利便向上を図る都市」づくりの説明が重要で、暮らす私達の理解が大事。そう考える、NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.

構想だけで「データ連携基盤整備事業」は実現しない。構想を計画に、計画を実行、未来社会は実現へ!


そこで、岡山市議会議員を務められる二嶋宣人様に視察をお願いし、メンター同志と臨時総会(岡山市スーパーシティ戦略リビングラボ)を開催。地域に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創る国家戦略特区(スーパーシティ)に岡山市が名乗りを上げる目的において、よりよい街への志を一つにできました。

住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現を目論む、岡山市スーパーシティ戦略リビングラボ。

スーパーシティ・オープンラボ参加団体として、また、スマートシティ・インスティテュート賛助会員に認定いただいた弊社は住民目線を第一に、有用な情報を市民レベルで共有し、「住民合意形成」に努めることで、スーパーシティ「データ連携基盤整備事業」による、世界が憧れる “ まるごと未来都市 ” を目指します。

二嶋様、藤井様、超教育ラボ.メンター同志みな様。引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

がんばろう岡山!!

岡山版スーパーシティ構想を掲げる「NPO法人超教育ラボラトリーInc. (代表菅野敦也)」の総会が、岡山市議会議員 二嶋宣人さん、逢沢一郎衆議院議員秘書...

太田 修二さんの投稿 2020年10月21日水曜日

※ 御礼: 太田様。私達の志を力強く、分かりやすく共有くださり、ありがとうございます。

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > スーパーシティ岡山エリア選定(案)
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

「問い」を立てる力: 岡山市地域公共交通網形成協議会は何故これほど不毛なのか !? どうなる岡山? 運賃プール制、岡山版 MaaS のゆくへ

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
おかやま市 MaaS プロジェクト ” を考えるページ


岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティいを立てた 2014年6月1日から6年超

過去。私は、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質に「問い」を立てたのですが、あれから6年。他方2019年2月に開幕し、7回目を数える法定協議会 “ 岡山市地域公共交通網形成協議会 ” も毎度お馴染みの、平行線を辿っている模様です。公共交通がボロボロになったのは何故なのか? 答えは至ってシンプルで、岡山市の公共交通事業に関する「責任の所在」は曖昧だからです。

さて昨今。「問い」を立てるという思考の鍛錬法が巷のトレンドなので、テーマ学習の一例になればと想い、以降ご一緒に論考したいと存じます。最初の問いは、なぜ市民は公共交通を利用しないのか? 岡山市は政令市であるにもかかわらずクルマ社会は続くのか? 答えは簡単。基幹公共交通が整備されていないから。


ではなぜ基幹公共交通が整備されていないのか? 至って簡単。とうに廃線されいるはずの日本一短い日本一不要な大正・昭和のレガシーシステム 路面電車が街なかで独占的にクリームスキミングを続けており、結果的に並行して走る路線バスの収益は悪化。基幹交通を再生・整備する MaaS の導入が遅れているから。

本題に戻り、岡山市地域公共交通網形成協議会は何故これほど不毛なのか? 答えは簡単。この法定協議会は「利用者の視点」に立つ誠実な事業者と、グループ内の経営統合など合理化を怠る傍ら興業電車を走らせ収益性を悪化させる「唯我独尊」企業が激しく対立し、「共通乗車制度」等の重要審議事項は置き去りだから。

今年2月には、複数のバス会社による路線の共同経営を可能にする「運賃プール」制度に関する報道があり、国土交通省からは「日本版MaaSの実現に向けて」が配信され、すでに「共通定期券制度」導入済みの隣県では、広島を便利に旅するデジタルチケット「MOBIRY」がリリースされるなど、MaaS の普及は着々。

対照的に、参加者50名超と思しき岡山市地域公共交通網形成協議会の論点は稚拙で、怖ろしいほど不毛。


ではどうすればよいか? じっくり時間をかけ、社会の力点に善い働きかけを効果的に行うことが重要。

最初のアクションは岡山市の公共交通問題に関し、2017年8月30日(水)岡山市長に「岡山市民が創る提言書」の直接お手渡しを遂行。2019年11月以降、岡山市議会へデジタル陳情書の提出を開始。連続4回、不採択になったものの5度目の「岡山市議会 陳情第23号」は継続審議となり、静かに高まる採択の可能性。


旧態依然とする街を新しい生活様式の行動変容へ導く「BRT 導入のための、MaaS 激論」エントリーや、議会の品質を向上する「議員スコア」等の提言もまた怠ることなく、岡山の県民・市民の総意を洗練し、未来志向に基づく合意形成を目指して努力を継続いたします。なればこそ、おかやま市 MaaS プロジェクト


あわせて拙コラム “ 岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験 ” および、“ 都心と臨海地域とを結ぶ東京BRTについて ” & “ TOKYO BRT ” を「問い」立て資料としてリンクいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市地域公共交通網形成協議会
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

東京一極集中の終わりは、地方の高度成長期の始まり 〜 週刊ダイヤモンドの衝撃 〜 岡山版「スーパーシティ」構想 DX for Okayama

地方エリートの没落 ” DIAMOND online ショックのページ

岡山版「スーパーシティ」構想
方エリートの没落 地銀・地方紙・百貨店

<< D4J : Concepts worth spreading >>を掲げる私は、札幌〜東京〜大阪を経て2006年。年俸1本超の管理職ポジションを離脱し、岡山へ移住。以降はフットワークの軽い非正規として、自治体の外郭団体や大企業のブランチに勤務し暗黙知を深める傍ら、大企業(地方の中小企業では稀)ならではの完全週休2日と有休完全取得の利を活かし、形式知を深める研究機関を兼ねた法人を運営しています。

座右之銘は、天は自ら助くる者を助く――。折しも新政権を指揮する菅さんの理念「自助・共助・公助」 が個人切り捨て!として批判する向きはありますが、自由意志で退職、移住、転職を繰り返し、社会起業に勤しむ者にとって、とても自然なことだと感じています。もとい。北野唯我さんのForbes JAPAN書き下ろし寄稿に気づかされることは、山の如し。いま私が立てる「共通の問い」は、岡山版「スーパーシティ」構想

なぜスーパーシティなのか? 菅首相「地銀多すぎる」発言が報道される中、地銀みな様「スーパーシティ」構想を静観している事象は私にとって不思議でなりません。あらためて地銀のボードみな様は、天は自ら助くる者を助くの精神のもと、地方版「スーパーシティ」構想の実現という「共通の問い」を立ててみては、いかがでしょうか。札幌〜東京〜大阪を経て地方へ移住しキャリアチェンジを繰り返す傍ら、SDGsからSociety 5.0を研究するNPO法人を運営する私の個人屋号は『 経営DXラボ 』。あわせて「GXDX融合イノベーター」というキャッチは案外、まともかも知れませんね(笑)。お時間ある時よろしければ!……(転載)。

上記は【 移住し非正規として働き法人運営。臨床と研究と 】と題して今朝方 NEWS PICKSLinkedIn にシェアした内容なので、文脈の不自然さに気づかれた方は少なくないと存じます。さて本題は、『Harvard Business Review』(HBR)を手掛ける株式会社ダイヤモンド社 DIAMOND online の見出し『地方エリートの没落 地銀・地方紙・百貨店』が衝撃的であったこと。それは地方の難点を赤裸々に突いているから。


地方エリートの没落 地銀・地方紙・百貨店

各地の産業を支えてきた地方銀行、世論形成を担う地方紙、そして中心市街地の“顔役” だった地場百貨店――。地元経済を牛耳ったエスタブリッシュメントたちの足場は、新型コロナウイルス危機が起こる以前からすでに危うかった。彼らを襲う不安と窮状をえぐり出す。


京一極集中の終わりは、地方の高度成長期の始まり 〜 DX for Okayama

先般。スガノミクスに擬えたパロディ “ 菅野ミクスが日本を救う! ローカルハブを幾つも創る「スーパーシティ」構想 !! ” のエントリーにより、検索クエリ「菅野ミクス」結果ページの上位をしっかりキープ済み。SEO観点からコラムのタイトルや大見出し、小見出しに創意工夫を張り巡らせる DX構想アーティストの私は、しばしば閉塞社会の難点に迫るエントリーを敢行するのですが、概ねキャッチは意味深で、例えば地方議会の品質の向上を目論む「議員スコア」や「腐った楽園」、偏向報道を牽制する「Remember HIROSHIMA ! No more UTSUNOMIYA !!」や「コロナてんでんこ」等ストライクゾーンをかすめる、変化球が主体。

他方、今回 DIAMOND online の見出しはド真ん中のストレートのオンパレードで、脱帽するばかり。例えば “ 地銀「経営危険度」ランキング ” や「地方紙トンデモ列伝、取材先との癒着や前時代的な社風も」「地方紙が苦しむ3つの呪い、ロートル幹部・働き方改革・デジタル化の壁」、“ 名門百貨店「創業家」の栄枯盛衰ドラマ、神奈川・さいか屋は追放危機 ” 等々そこに重なる老舗企業、続々想起される、あの御方その御仁。

地方エリートの没落で、どうなる岡山? その問いに私は、岡山の高度成長が始まるよ!と即問したい。

私が預言者のはずはないけれど「東京一極集中の終わりの始まり」を書いた5月の時点で「コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 」の凋落を確信しており、岡山だけに限らず遍く地方は「スーパーシティ」構想に取り組むこととなり、その先に必然的に待っているのは高度経済成長。岡山市に限定するなら、大正・昭和のレガシーシステムである路面電車を廃線する事業に着手するだけでも街は見違えるほど、健全な成長を始めることでしょう。地元経済を牛耳ったエスタブリッシュメントたちの没落は、當に待ち焦がれた福音。


東京一極集中の終わりは東京の終わりじゃなく、東京と地方のハーモニーの始まり。そう私は信じます。

公共交通問題のみならず地銀においてはベンダーロックイン問題と、それを解消するためのスイッチングコストの負担あわせてシガラミを断ち切り成長路線に転換できるか、行動変容の決意が問われる場面。日経新聞の記事、「地方の銀行は数が多すぎる」。菅義偉首相の発言で地銀の再編機運が一気に高まってきた――。その流れに呑まれて再編の藻屑と消えるのか、それとも地方版「スーパーシティ」構想を足掛かりにスーパー地銀を目指すのか。東京一極集中の終わりは、地方の高度成長期の始まり。私と一緒に成長を始めましょう!

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「地方議会を動かす『デジタル陳情書』」からの再掲と相成りますが、「岡山版「スーパーシティ」構想」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。


※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DX for 地方の高度成長期の始まり
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.
2021年デジタルの日
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    Wiki プロフィールほか
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ