政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

長老支配

Gen Zと長老支配の世代間格差が「生きづらさ」を生み、中央集権と自律分散が市民と議会を分断。『17才の帝国』に活路を見出す、元爺の呟き

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
議会DX “ メタバース岡山市議会 ” 実現に臨むページ

高速道路を下りて獣道をゆく Web3.0
リフティング・アプリ Depop と Gen Z

2022年5月12日(木)公開 伝書鳩TV “ 「さよならShein」3年後、Z世代は新しい服を買わなくなる ” を正座して聴くなか、ふと COMEMO “ スリフティングによる節約生活と古着転売の副業ビジネス ” を想起して、あらためてThrifting(スリフティング=節約)の言説を拝読。脱炭素DAOのなかで触れた、気候危機を自分ごととして捉えている賢い世代。

Gen Zersにとって「インスタのようなフリマアプリDepop、Z世代を虜にする4つの理由」は言わずもがな感覚的に体得していることで、生まれた時からスマホに慣れ親しみ育ったZ世代の選択はクールかつ、Depopを支持する理由の 個性的だけどサステナブルは、あまねくSDGsとの付き合い方を会得していることの現れ。

ちょっと上司ズラして「SDGsとは」などと講釈を垂れれば「そうですかぁ勉強になります」と笑顔で軽くいなされ、心の中では「困った人だなぁ解ってないなぁ」と鼻で笑われましょう。SDGsやDX推進など後づけの学びやバズワードならスマホが身体化しているGen Zは既にググって調べてサクッと習得しているのです。

実体験で極めた実技は別ですが、現社会を牛耳るBoomersの後づけ知識はGen Z にとって殆ど価値なし


想い起こさば、1986年。一部上場の電機メーカーに所属し15年かけて管理職になるも、その間に体験した画期的な技術革新は、1990年初頭のWorldWideWebくらいのもの。電子デバイスは相応に進化したとはいえスマホやパッドの取り扱いに関し、それらを遊び道具にして成長したZ世代の右に出ることは、とても難しい。

2006年、退職。地方都市へ移住以降、非正規となり生き抜くリベラルあーつの所属長は、ミレニアルズだったり同僚はGen Zだったり。パラダイムシフトが連続する中、気のいい彼ら彼女らとタメ口で飲み明かしたりするものだから、今や私は、新常態ネタの百貨店あるいは、ジェネレーションギャップの小噺の総合商社。

何度も恐縮ですが『リスキリングとは実は、若い人に学ぶことなのです』と繰り返し、お伝えしたいのです。


日本のGen Zは概ね語学堪能なので、苦もなく、古着の転売アプリ DepopやVintedを効率よく活用したり。

Web3時代に佇むBoomersの私は、国内外のDAO複数(各Discord)にジョインし、オードリー・タンさんの教示「40代以上は若い人に学べばいい」に従い真摯に学んでいるのですが、Z世代は今までのやり方では勝ち残れない盛者必衰の理を後天的に会得していて、正に辣腕。Gen Zersグレタさんを輩出したことを痛感。


蛇足するならユニクロ柳井社長の言説より、中小企業の親父がダメなのは自分の頭で考えたことを忠実に実行する従業員を優秀な人財と勘違いする。これは正鵠を射ており、加筆するなら、各省庁の天下り機関から来た人罪としばしば連んだりするが、この先もっとも頼りになるZ世代に、活躍の場を用意することは出来ない。

何おか言わんや。パラダイムシフトが連続する時代のリスキリングの講師は、ミレニアル〜Z世代なのです。


AIで「経験」を補いピュアな心で政治に向き合うZ世代は市議会廃止、再開発決議を住民投票に託す―

NHK土曜ドラマ『17才の帝国』の政治問題の描写に脱帽。岡山市議会が抱える難点にピタリ重なるから。


国際連合児童基金が主催した「児童・若者の精神的幸福度」の調査で先進国38か国中37位という結果となったことを受けて、NHKが2022年5月から展開する大型キャンペーン特別番組「君の声が聴きたい」※

折しも昨年11月。拙コラム「メタバース岡山市議会」構想エントリーのPoCを観るようで、17才の帝国は大きな嬉しみ。地域政党「刷新岡山あるいは、瀬戸内の新風(仮称)」を立ち上げ岡山ヤシノミ作戦を遂行し、“ 子供の未来を閉ざす予算 ” を通過させたヤシノミ議員一掃に臨み高まる実現可能性。この作戦ヤバみ…

◎ << NHK 土曜ドラマ『17才の帝国』公式サイトより以下、引用 >> 〜 舞台は202X年。日本は深い閉塞感に包まれ、世界からは斜陽国の烙印を押されている。出口のない状況を打破するため、総理・鷲田はあるプロジェクトを立ち上げた。「Utopi-AI」、通称UA(ウーア)構想。全国からリーダーをAIで選抜し、退廃した都市の統治を担わせる実験プロジェクトである。若者が政治を担えない理由は、「経験」の少なさだと言われてきた。AIは、一人の人間が到底「経験」し得ない、膨大な量のデータを持っている。つまり、AIによっていくらでも「経験」は補えるのだ。それを証明するかの如く、AIが首相に選んだのは、若く未熟ながらも理想の社会を求める、17才の少年・真木亜蘭(まきあらん)。他のメンバーも全員20才前後の若者だった。真木は、仲間とともにAIを駆使し改革を進め、衰退しかけていた地方都市を、実験都市ウーアとして生まれ変わらせていく―。


再掲。成田 悠輔さんによる唯一の解決策ははっきりしている。結局、高齢者の集団自決、集団切腹みたいなのしかない発言は将に、久しく長老支配に苦しめられた岡山市政変革の特効薬。Y世代の彼の言説にZ世代は激しくインスパイアされるだろうし、システムチェンジを担う志士も続々輩出されると、期待する私。

変革どうやって!? Y- Z世代との協業なくして長老支配による、閉塞岡山のシステムチェンジはあり得ない。


退しかけていた地方都市おかやま市を、実験都市ウーアとして生まれ変わらせていく―

若者が逃げ出す岡山市の「生きづらさ」の元凶は長老支配であると断定し、Web3時代の Purpose Flywheel Theory を準える私は、デジタル田園都市国家構想「メタマルシェx〇〇」政策や「未来都市ペデストリアンデッキ」整備事業を提案したり。いづれもKFSは、Gen Zと如何にフラットなアライアンス関係を築けるか。


長老支配に苦しむ岡山市だから、中央集権型ムラ社会からDAO(自律分散型組織)へ移行できれば、天然リソース恵まれすぎの晴れの国おかやま市若者・女性と子育て世代を呼び込む「Utopi-AI」、通称UA(ウーア)構想の実現は難くない。街の再興に臨み、理想の社会を求めるY-Z世代と協働する元気な爺 元爺あーつ

NFT推しの政策起業家は、デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」はじめ自律分散型政策提言を続けます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Gen Zと長老支配と『17才の帝国』
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

デジタルドルの衝撃: 岡山市の予算の精査と地経学的ダイベストメント

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市政を “ ジオエコノミクス ” で検証するページ

やまぬ音楽、踊るマネーのゆくえ。
融包摂が督促を強める基軸通貨のデジタル化

2022年1月21日。NHKニュース “ 「デジタルドル」米FRBが初の報告書 ” に接するや、デジタル円(CBDC)UBI(ユニバーサルベーシックインカム)地経学(ジオエコノミクス)が化学反応を引き起こし、地経学(財政)的に揺れる岡山市を救うとともに、幸福度を自発的に高めることのできる社会創出のための新規事業フレームを想起した私。

取るに足らない拙ブログが岡山市の財政を正す !? そんな「バタフライ効果」を信じて今日も書き続けます。

デジタルドルデジタル円のメリット&デメリットの詳細は検索クエリ「基軸通貨 デジタル化」等で確認いただければと存じつつ、端的には「デジタル技術で瞬速かつ正確にお金を届ける」或いは「デジタル技術で瞬速かつ正確にお金を送れる」ことに加えて「お金の流れが可視化される」社会が忽ち訪れる。ということ。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

メリットは、生活困窮する人々を国家が支えるセーフティーネット案の一つ「UBI(ユニバーサルベーシックインカム)」を即座に開始できること、金融サービスに誰もがアクセスできる金融包摂に通づること。むろん脱税や政治献金問題等の抑止に、マネロンの阻止や資産凍結など犯罪防止に役立つ、その想像も難くなく。

タックス・ヘイブン日本の「総貧困化」に歯止めを。その役割を担う基軸通貨のデジタル化に高まる期待。


ネーの流れが可視化されると、とても困るのが岡山県と、私が暮らす岡山市

昨年末。伊原木知事の献金問題が表出した岡山県は久しく長老支配下にあることも手伝い、税金を含む資金の流れは極めて不透明。1月15日、路面電車に絡む巨額損失が報告された3日後には「岡山芸術創造劇場」整備事業費の押し上げによる「岡山市 予算要求3607億円 22年度一般会計、過去最大更新」の報道も。

当該記事の中に、デジタルの「デ」の字すら見つけることは出来ず、岡山市版「デジタル田園都市国家」構想を提言する私の危機感は募るばかり。信用創造アート面から観る岡山市の岡山芸術創造劇場は、もはや “ 腐った楽園 ” と化しており、岡山市民に説明のつかない不透明な予算をもってマネー(市税)はドブ川へ流失。


※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)

なぜ岡山市は衰退するのか? ベンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックイン。街の健全な成長を阻害する「三大ロックイン」を醸成した “ 長老支配 ” の罪は報告済みですが、岡山市議会は、笠岡市議会による監査結果報告書に倣い百条委員会を設置し、不自然な予算の編成とマネーの流れを精査されたい。

企業ファーストの首長の下、くすぶる待機児童問題用水路死亡事故は絶えず住民サービスは悪化の一途



経学(ジオエコノミクス)的ダイベストメント(献金あるいは票の引き上げ)を定義する

政治的紛争における経済的手段の使用に関する研究領域と、一般的に理解されている、ジオエコノミクス

実は岡山市政の研究領域で、数多ある中の一例は、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通の改革に直接関わりたくないが故に、政策として経済的手段を使用。具体的には「岡山市期間限定プレミアム付きタクシー券」「路線バス・路面電車の運賃無料DAY」等で、特定事業者をターゲットに据えた老獪なバラマキを敢行。

市税のムダ遣い、岡山市民の「総貧困化」に歯止めを。その役割を担う基軸通貨のデジタル化に高まる期待。

化石燃料ダイベストメントとは(Wikipedia より)】

投資撤退(ダイベストメント)とは、投資(インベストメント)の逆 – つまり、非倫理的または道徳的に不確かだと思われる株、債券、投資信託を手放すことを指す。

化石燃料ダイベストメントキャンペーンは、南アフリカでのアパルトヘイトに対する社会運動の成功例を教訓に始まりました。 2012年の団体設立以来、11兆米ドルを超える運用資産を持つ1110以上の機関が、化石燃料からの脱却を約束。

キャンペーン趣旨について350は次のように述べています。「大学や宗教団体、年金基金、その他の機関は、組織の運用に役立てるため、投資に数十億ドル規模の資金を託します。 しかしその中には、化石燃料産業への投資もあり、投資家にとっても地球にとってもリスクがあります。だからこそ、私たちは、各機関に化石燃料関連企業からの投資撤退を呼びかけているのです。」


そうして私から提案したいのが、大変お待たせしました。地経学(ジオエコノミクス)的ダイベストメント。

地経学的ダイベストメントとは(筆者の創作より)】

投資撤退(ダイベストメント)とは、投資(インベストメント)の逆 – つまり、非倫理的または道徳的に不確かだと思われる株、債券、投資信託を手放すことを指す。

地経学的ダイベストメントキャンペーンは、岡山県岡山市の予算編成に対する岡山市民によるブログを起点に始まりました。 2022年の問題提起以来、1票を持つ大人と投票権は持たずも志を有す若者が、岡山ヤシノミ作戦への参画を検討。

キャンペーン趣旨について発起人は次のように述べています。「岡山市民は、地域の健やかな成長に役立てるため、為政者に献金をしたり、清き1票を託します。 しかしその中には、企業ファーストの市長陣笠議員が紛れており、岡山市民にとっても地域社会にとってもリスクを孕みます。だからこそ、私たちは、岡山市による予算の精査首長のリコールを呼びかけているのです。」


岡山市版「デジタル田園都市国家」構想の実現に臨む超アジャイルな私は、パーパス為政を究めて参ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 予算精査と地経学的ダイベストメント
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山の将来展望: 長老支配からの卒業と「パーパス為政」で明るい未来

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
為政者が “ パーパス経営 志本主義 ” を学ぶページ

岡山県知事マニフェスト_菅野敦也
い者さえ「白」と言わせた長老支配の終焉

健やかに成長する岡山市の未来を描く、そんなグランドデザインを基にする、しっかりした政策が存在していたなら、この街は中四国のリーダー都市として100万都市になっていて何ら不思議なく。然は然り乍ら日本一短い(= 日本一不要の)時代錯誤の路面電車が駅前を占拠する岡山市の現状は、72万人程度の冴えない町。そんな負の印象の払拭は、難しい。

なぜ岡山市は成長できないのか? その問いについては繰り返し恐縮ながら、ベンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックイン。街の健全な成長をロックする “ 三大ロックイン ” が痛烈に効いており、閉塞社会の深淵に横たわる “ 長老支配 ” が成長阻害の元凶であることを知る岡山県民は、少なくありません。
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)

なれば “ パーパス為政 ” が重要。我田引水を主とした一族が没落する今年、岡山県知事選を想定する私。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新しく誕生する岡山県知事のマニフェストづくりを政策起業家の立ち位置において、お手伝いする所存です。


寅は真っ当なメディアにより「百年河清」が実現。岡山の未来を明るく照らす年

冒頭。岡山の将来展望を冠した本稿において、2022年の私は、悪の枢軸の殲滅を含むグレートリセットの到来を確信しています。その根拠は、メディアの変化。昨年末12月のNHKニュースの一報は、あり得なかった岡山の百年河清を確定づける内容で、翌日22日の知事記者会見に照準を定めた報道は、誠に見事あっぱれ。

上限超え3950万円の寄付受け取りに膨らんだ報道で、伊原木 隆太さんの辞職は避けられそうにありません。

岡山県HP「2021年12月22日知事記者会見」より質問が打ち切られるシーンを抜粋

〜 中略

記者)
 後援会とおっしゃっているんですけれども、後援会、いろんな後援会があるというような文脈でお話を昨日もされたんですけれども、あえて固有名詞は出しませんけれども、オープンデータになっているものを見ても、純然たる他の人が自発的に勝手連的に作った後援会というよりは、もう電話番号とか関係者の名簿を見ても、もう極めて知事の事務所そのものの部分というのも多いかと思うんですけれども。他の人がやってくれたことがわからないというよりは、自分の事務所スタッフ等々で早急な把握が可能なものなんじゃないかなという印象を受けるんですが、そのあたりはいかがでしょうか。

知事)
 それも含めてまた、そのために設定する記者会見でご説明させていただきたいと思います。

司会)
 それでは以上をもちまして、知事定例記者会見を終了いたします。

知事)
 ありがとうございました。

「そもそも我々、法律に違反することをやっていたという認識は、その当時も今もありませんので」と跳ね除けた12月22日。伊原木 隆太さんは12月27日に記者会見を開き、一転「法律の趣旨を逸脱していると言われてもやむをえない」と罪を認めて謝罪。その後おくびにも出さず笑顔で公務をこなすも、県民は観ていた。

こと評価すべくは中國新聞の「中国5県 2021年回顧」記事で、岡山県の御用新聞には学んで戴きたい。

2022年1月6日: 中國新聞「中国5県 2021年回顧」より抜粋

〜 中略

岡山

知事の支援団体 献金問題が発覚

 岡山県では年の瀬になって、伊原木隆太知事の選挙の支援目的で設立された二つの政治団体への迂回(うかい)献金問題が新たに発覚した。2013年と14年、18〜20年の5年間で計3950万円の寄付が政治資金規正法の上限を超えていた。父親と妹2人が寄付者で、いずれも複数の政治団体を経由し、それぞれの政治団体へ金を集めていた。

 個人が一つの政治団体に寄付できる上限は150万円。法律の上限額について伊原木知事は「勉強不足で知らなかった」、父親の一衛氏は「法律にのっとり、各団体を支援していたつもりだ」と話す。県議会の一部には「知らないわけがない」との声もあり、伊原木知事は全容解明とともに県民が十分納得できるまで説明を尽くす必要がある。

〜 中略

清廉潔白や勧善懲悪とは無縁の私は予想屋でもないけれど、盛者必衰の理を経験的に体得しているせいか、我田引水の為政者の末路の想像は難くない。ご一族の栄華が遠のくのとは対照的に、近づく岡山県知事選挙に備えて、マニフェストスイッチのオープンデータ化に適応させた、ローカルマニフェストを共有した次第です。

岡山市版「デジタル田園都市国家」構想の実現に臨む超アジャイルな私は、パーパス為政を究めて参ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 志本主義 パーパス為政で明るい未来
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

総裁選DX:パーパスドリブンな「風の時代」の風に乗る、石破 茂さん。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方創生DX “ 石破しげる内閣 ” 組閣に備えるページ

鳥取1区 衆議院議員「石破しげる」さんホームページ
老支配と「派閥の論理」のグレートリセット

占星術を悠久の統計学と解釈する私は、菅 義偉さんが第99代内閣総理大臣に就任し菅内閣が発足したのは 2020年9月16日で、この時点では「地の時代」であったことを興味深く観察。凡そ三ヶ月後。占星術家・鏡リュウジ先生の教示である『2020年12月22日、木星と土星が水瓶座で大会合し、「風の時代」が始まったと、多くの占星術家が言っています』を想起し、総裁選の候補者の星座の調査を開始。

※ 本コラムは派閥のシガラミに翻弄されない人事、日本再興のための石破内閣発足を切望する内容です。


少し前まで圧勝は揺るがないとされた岸田 文雄さんは獅子座(のエレメント)で、先ほど安倍前首相が推したと伝わる高市 早苗さんは魚座(のエレメント)。そうして私のイチオシ 石破 茂さんは水瓶座(のエレメント)で、2020年12月22日。木星と土星の大会合 = グレートコンジャンクション以後は、風の人

パーパスドリブンの志士である石破さんは必ず、安全保障と地方創生の確立を成し遂げると信じています。


河野 太郎さんは山羊座、総裁選への出馬意欲を伝えた野田 聖子さんは乙女座で、お二方ともにのエレメントであるが故に、占星術的には遅すぎた…という星読みも成立。ちなみに旧態自民の長老支配からの卒業その大変革に火を点けてくださった菅 義偉さんは射手座(のエレメント)で、なるほど頷かざるを得ない今。

さはさりながら、国難に臨み総理大臣を務められた菅さんに、最大級の敬意を払う私。おつかれ様でした。


院選。議席数 激減必至の与党の若手国会議員を救えるのは、石破さん以外に見当たらず。

風の時代は、Less is more. 派閥に頼らずシガラミに囚われずに組閣ができる、風の人に必ず打席は回る。

Less is more.は、「減らすというよりも絞り込む」という着想。派閥の力学、長老支配下に置かれた自分の考えを持たない陣笠議員の数が大事なのではなく、議員といえどもジョブ型雇用の発想に基づく人財が、適所適材で大活躍できる、斬新な組閣が重要。大切なことは、厳格適正な人事に期待ができる、石破さんの選出

石破さんが第100代内閣総理大臣 !? 風のエレメント(双子座)の私も風の人。推定的に断定いたします。


令和新時代の日本創生戦略 ー石破ビジョンー : “ 人生100年時代の シン・地方創生論

あらためて政策構想を打ち出した岸田文雄さんはじめ河野太郎さん、高市早苗さんに野田聖子さんは自民の顔だが、あくまで政権与党を支える側の人。のエレメントの立憲・枝野幸男さんに対峙するのは等しく下村博文さんで、乱世を治める内閣で手腕を振るうキーパーソン。そう。世論調査の風に乗るのは、石破さん


なれば石破内閣組閣に備え、岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革する地方創生DXを洗練します。


山市を変革 !? 地方創生どうする? 「風の時代」の風に乗る、石破内閣発足に備えるべし!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 第100代内閣総理大臣は石破さん !?
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

長老支配からの卒業:嗤われる岡山市の「チャギントン電車」と若者票

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>manifestoaward_logo_3
岡山市の “ 集団力学 ” を具体的に解明するページ


Yuki Takada / HuffPost Japan 2017年都議選の投票率判のない不健全なムラ社会から脱する岡山市

昔。最近の若いものは…今。最近の老人は……。先般ご紹介の元グーグル日本法人社長 村上憲郎さんの新刊『クオンタム思考 テクノロジーとビジネスの未来に先回りする新しい思考法』P.258 “ 沈黙できない老兵がいれば、穏やかならぬ言葉ですが、「さっさと消え去っていただく」のが、日本の未来にとって懸命な処遇でしょう。” に激しく共感していた私。

長老支配からの卒業により岡山市は見違える、世界が憧れるSDGs未来都市への成長を始めることは報告済みですが、今号では、岡山市の近未来に希望を見い出した若い人々の選挙参加を願い、できれば触りたくはなかった岡山市のディープな集団力学の解析に敢えて踏み込み、投票啓発をも兼ねてエントリーいたします。


※ 本コラムは成長すべく岡山市を衰退させる、若者のヤル気を削ぐ長老支配の撲滅を目的にしています。


ャギントン興行電車に「問い」を立て岡山市の深淵な社会性に臨む志士

総工費5億円の興行電車に微笑む思考停止した大人と、岡山市政の救い難い不条理さを直観する賢い若者。

仲良し老人2人組の悪ふざけを実現させてしまう、岡山市の長老支配の怖ろしさ。成長はおろか岡山市が衰退する問題の本質を、おかでんチャギントンから類推するクレバーなサイレント・マジョリティ。なぜ惑溺の事業は実現したのか、なぜ彼ら彼女らは沈黙するのか。次代を担う若人は長老を反面教師として悟られたい。

2018年。とある1人の長老は他社の市場参入を国交省が認めたことを発端に街テロ勃発を企て、結果として公共交通の利用者のみならず学校の休校もあり、市民の生活は大混乱。その翌年2019年には岡山市民の理解も承認も得ないまま、岡山駅前に通づる主要幹線道路の中央を独占した軌道上を走る、興行電車事業を強行。

路面電車の約3倍の乗客を運ぶ路線バスへの悪影響や、不採算時の公共交通運賃への転嫁等の説明は無し
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)

共交通は岡山市民の負託に応える公共事業であり「遊びじゃない」のです…(涙)

案の定。老人は興行電車の収支報告をせず「補助金早く」と強請るが、仮に興行電車が赤字であるなら、それは公費による事業の損失補填に該当するので支援は利益相反。そもそも公共交通事業ではなく、一般利用者が不便を負担する、5億円を投じたチャギントン電車は興行のための道路占用料を納めているのでしょうか…。


4月に補助金を強請り、8月から「プレミアム付きタクシー券」発売の社会力学の検証は後日、稿を改めて。

激変するニューノーマル時代に佇む私たち大人はオードリー・タンさんの教示「40代以上は若い人に学べばいい」に真摯に学ぶべきですが、長老支配の味を占めた老人は論外で、村上憲郎さんの言説をお借りすれば、沈黙できない老兵には「さっさと消え去っていただく」のが岡山市の未来の懸命な処遇と、謂えましょう。

繰り返しになりますが、老人の悪ふざけを黙認する岡山市政の腐った長老支配体質の難点はもとより、閉塞社会の力学を知るがゆえに権力者に対して諫言できない御用学者と、なによりスポンサー企業の顔色を伺う偏向メディアもまた、深刻な問題。蛇足ながら、岡山芸術交流2022公金投入事業は電通が落札、蠢いています。


もう放っとけない。できれば触りたくはなかった岡山市のディープな集団力学の解明に、着手しました。


者票が長老支配を終わらせ、岡山市を素敵に変える! 社会力学DX

街を衰退へと導く「路面電車ロックイン」。しかも稚拙な興行事業 !? なぜ岡山市は悲劇を繰り返すのか?

将に、批判のない閉塞社会、岡山市は不健全だから。主要幹線道路の中央、公共のエリアにおいて、市民の理解も承認も得ずして興行を始める公共交通既得権の乱用は、ダメ。ゼッタイ。惑溺の事業は即刻やめて、誠実経営の宇野バス社を見習い、今やってることを恥じて改心しなさい!そう諫言できる有識者は不在だから


それでも、どんな時でも諦めない私は今秋。岡山市は健やかな成長を始める、気運の醸成を感じています。

2020年の人口をピークに衰退一途の試算の公表を行い、岡山市を後戻り出来ない衰退へ導こうとする現市政に抗う気概の新勢力が誕生。スマートな若者達は混乱を好まないので呆れた大人達への批判はしなくとも、壊れた大人にお灸を据える1票を持っている。若者票が長老支配を終わらせ、岡山市を素敵に変える(嬉)。

今日の問いが岡山市の次代を担う若者のケース教材になれば幸い。下記デジタル陳情書も、よろしければ。


岡山市の問題の本質: “ 大森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由

♬ 信じられない大人との争いの中で…うんざりし…一つだけわかってたこと…長老支配からの卒業

「上が決めたことだから」では、もう部下は付いてこない理由――。○○さんが望んでるから…そんな会話が横行する企業や組織は注意が必要。これは街づくりも同様で、ケイパビリティが低すぎる岡山市を刷新するのも、損な役割を厭わない私のミッション。岡山市の民度が問われる総工費5億円の興行電車は、ひどすぎる

誰であってもダメなことはダメ!と批判できる志士と化し、健やかに成長できる岡山市の実現に挑みます。


山市を健全に成長できる街へ変革する方法? 次代を担う若者による健全なリーダー選び !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 若者票は岡山市の長老支配からの卒業
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

経営DX: 補助金を忽ち蒸発させる岡山市の低い生産性、企業ファーストの【無能首長】のナンセンス 〜 ニューノーマルの地方創生を考える 〜

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
日経 “ データで読む地域再生 ” 課題解決のページ


「時代遅れの人」を求める企業や行政、日本がIT後進国に落ちぶれた理由はこれだな石磨き住民税増やす - ニューノーマルDX

歯に衣着せない木村岳史(東葛人)さんのコラム “「時代遅れの人」を求める企業や行政、日本がIT後進国に落ちぶれた理由はこれだな ” は精緻でスーッと腹落ちするとともに、昨年12月のマイ拙コラム “ 行政のデジタル化の周回遅れで低下する岡山市のESG評価 ” がオーバーラップ。そんな朝の日経1面に眺める “ 北海道の住民税伸び全国7位、猿払村はホタテがけん引 ” に、市民の生産性の大切さを痛感する私。

木村さんのコラムについては下記の通り NEWS PICKS でシェアしましたので、しばし、よろしければ。

---------------------- NEWS PICKS シェア ここから


IT利活用人材は= クリエイター > イノベーター
〜 企業や地方でイノベーションが起こらない理由 〜

もの凄く分かりやすい言説。なので、取り急ぎシェアします。

先端のセキュリティがパッケージされた貸与端末を手に、Google WorkspaceSalesforce を手足として使い倒す、(例えば)FinTech 企業等にジョインする人々は体験的に当たり前のこととして理解しているハズですが、そうではない階層型の企業や組織に所属する人々はレガシーITに向き合う、時代遅れの人になりやすい。そこにクリエイティビティは介在せず、よもやイノベーションは起こらない。

2006年。上場企業の情報通信部門から岡山へ移住して最初に驚いたのは、中小企業の受発注のメインは FAX で、東京・大阪の市場性から鑑みると、10年ほど遅れていた記憶。現在、徐々にWeb化しているとはいえ、地方のSIerのベンダーロックインの弊害は甚大で、使える便利なものとは言い難く。

もっとも深刻なのは、中小・零細企業の経営指導を行う側である、岡山県や市町村の公的機関は概ね天下り人材で構成されているため、IT利活用人材は皆無に等しい状態。〜「時代遅れの人」を求める企業や行政、日本がIT後進国に落ちぶれた理由はこれだな 〜 当該コラムのタイトルは、最先端を走っているそれだと痛感し、ストーンと腑に落ちる次第です。お時間ある時よろしければ。

<< UXリッチな風の人 : Concepts worth spreading >>
 〔 https://www.sunverdir.com/DX-Producer

---------------------- NEWS PICKS シェア ここまで

あわせて ZAITEN 2021年8月号の特集のキャッチィな見出し “ 腐っているのは「菅政権」だけではない―― コロナに蔓延る「無能首長」” を追いつつ、株式会社 北の達人コーポレーション 代表取締役社長 木下 勝寿さんの良コラム “ 松下式「ダム経営」と収入ゼロでも生き延びる「無収入寿命」の非常識な関係 ” を拝読。

経営感覚を研ぎ澄ます有能な木下さんと、企業ファーストで市民の暮らし向きはそっちのけの無能な首長


そうやって木下さんのコラムも下記の通り NEWS PICKS でシェアしましたので、しばし、よろしければ。

---------------------- NEWS PICKS シェア ここから


利益を生む市民が増える地域は潤い成長を続ける
〜 企業誘致に没頭する首長の低すぎる経営センス 〜

地方への企業誘致に躍起の首長に、ぜひ精読を願う良コラム。

売上最大化、ではなく、利益最大化がニューノーマルの地方創生のエッセンス。製造業やロジ企業の勧誘より、移住を考える首都圏・大都市圏のクリエイターに素適なメッセージを発信するのが先。市民一人あたりの利益が貧弱な町なら、仕送りされる補助金を忽ち食い潰して衰退まっしぐら。この秋、

岡山市を、そうはさせない。お時間ある時よろしければ。

<< 異能vation : Concepts worth spreading >>
https://www.sunverdir.com/hakai/2021

---------------------- NEWS PICKS シェア ここまで

さて今号の根本思想は、『クオンタム思考』P.258 “ 沈黙できない老兵がいれば、穏やかならぬ言葉ですが、「さっさと消え去っていただく」のが、日本の未来にとって懸命な処遇でしょう。” の行。ニューノーマルの地方創生を無能首長に負託するなら路面電車ロックインは強行されて、自ずと岡山市は衰退まっしぐら。

惑溺の自己満足事業は焦げ付き、支援を強請るだけの企業に与える補助金の瞬間蒸発の想像は、難くない。

いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来。その窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献すべく、岡山市の無能な首長と生産性の低すぎる企業家による「長老支配」からの卒業を促したく。


市町村レベルの成長戦略を問うとき、「福岡市総合計画」は外せない。おそろしく有能な高島 宗一郎福岡市長が注力する「スタートアップ企業の成長を…福岡市が新規上場支援」に痺れる私は、路面電車ロックインを強行する無能な大森 雅夫さんを岡山市長にしてしまった、岡山市の有権者として恥ずかしい気持ちで一杯。

【地方都市の魅力】福岡県福岡市 成長を続けているアジアのリーダー都市 ” を読みながら、日本経済新聞社「データで読む地域再生」に教わることは、子育て世代の支援をはじめ地域住民の暮らし向きを改善するとともに、地域の天然リソースを活かす『稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方』が重要ということ。

なればこそ。志を掲げる有能なDX人材を岡山へ誘う、そんな地方創生コンテンツの配信を継続いたします。


山市はなぜ衰退するのか? 選挙が機能しない、変革を拒む街の生産性は低下の一途だから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ニューノーマルの地方創生を考える
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ