政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

適散・適集社会

デジタル田園都市国家構想実現会議:デジタル庁と市民が創る、激甚災害の備えを兼ねる「メタマルシェx〇〇」は、シビックテックの試金石。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
デジタル庁 “ PoliPoli ” で連携・協業を目論むページ

メタマルシェ。デジタル田園都市国家の激甚災害の備え
ジタル庁と市民が創る「メタマルシェx◯◯」

政策リクエスト:日本各地にSDGsローカルハブ(デジタル田園都市)を創出する、デジタル実装された「メタマルシェx〇〇(◯◯は地名)」は、仮にも激甚災害の発生時。国民の命を守る、重要なライフラインを担う屋外マーケット(メタマルシェ)。『デジタル田園都市国家 : メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022』の速やかな推進を希望いたします。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

上述は、2021年12月22日。デジタル庁 PoliPoli「新しい政策リクエストを作成」に記載した内容の転載。

さて、政策提言事業の推進アクションとして、デジタル庁のお力をお借りしたいと考える私。事業のパーパスは、あまねく地方で開催されるフリーマーケット(マルシェ、蚤の市、ガレージセール等)にデジタルを実装し、首都圏から或いは、海外から人々を呼び込む『SDGsローカルハブ(デジタル田園都市)』の核の創出。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は、地方創生ソリューション・ジャーナリズム

市民参加で行政を変える、そのフローは下記の通り、

1. マイナポータル上で「メタマルシェx◯◯」MCアカウントを付与
※ x◯◯は開催地名。MCアカウントは原則フリーマーケット運営者が取得

2. マイナポータル上で「メタマルシェx◯◯」出展アカウントを付与
※ マイナポータル上の出展者アカウントには、飲食店営業許可証や
  古物商許可証などの各種証明書をNFT化して紐づける仕様を想定

3. 新型コロナワクチン接種証明書アプリなど有効なデジタルツールと連携
 ※ 上記。メタマルシェx◯◯アプリ内のミニアプリとして実装を予定

4. GMV(流通取引総額:Gross Merchandise Value)掌握の仕組みを実装
 ※ 上記。メタマルシェx◯◯アプリ内のミニアプリとして実装を予定

5. メタマルシェx◯◯を起点にするデータ連携基盤の整備を進め、
  SDGsローカルハブデジタル田園都市)のロールモデルを創出
 ※ デジタル庁と連携・協働により上記 1.〜 5. + αを早期に実現させる

番外. オープンデータのAI解析にょる地場産業の振興、地域経済圏の確立。
番外. メタマルシェx◯◯のメタバース化で世界とつながる次のステップへ!


660億円。地方のデジタル化のための「田園都市国家構想推進交付金」と「適散・適集社会」


折しも「千島・日本海溝で巨大地震と津波被害の新たな想定を公表」など、激甚災害の発生を想定した報道にみるように、ライフラインの復旧期においては、「メタマルシェx◯◯」が担う役割もまた、無尽蔵とも。

上述。閃きベースの段階ではございますが、デジタル庁との連携・協業により、日本の活路を見出せると確信いたします。「デジタル田園都市国家構想」の実現に努めたく、ご検討を何卒よろしくお願いいたします。



全国のフリマにデジタルを実装する、地方活性化事業を国家プロジェクトに!

日本各地で開催中のフリーマーケット(マルシェ、蚤の市、ガレージセール等)にマイナポータル連動のデジタル実装を行い、地元住民はもとより、在住外国人と帰国した日本人をスタートアップの着想で巻き込み、地域からグローバルに情報発信できるSDGsローカルハブを創出。地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こし、地方と都市の差を縮めていくことで、世界とつながる「デジタル田園都市国家構想」を実現に導くのが「メタマルシェx〇〇」政策提言事業であり、国家プロジェクトへ昇華させたいと考えます。

岡山市版「デジタル田園都市国家」構想をも実現したくアジャイルで回します。よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 議激甚災害の備えメタマルシェx〇〇
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市版「デジタル田園都市国家」構想実現会議と、ゼロカーボン(脱炭素)アクション。地方の自主的なデジタル化は、もはや待ったなし !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
スーパーシティ岡山市 ” 再チャレンジ提言ページ


超教育ラボラトリー Inc.「デジタル田園都市国家構想」ジタル田園都市国家は岡山市飛躍のチャンス

2020年5月28日。岡山市議会へ提出(郵送)していた “ 人口移動 転出超過を逆転させる「スーパーシティ」構想の応募に関する陳情書(陳情第18号)” は、1年を超過した2021年6月23日、不採択に…。とはいえ、チャンス再び。2021年11月11日、第1回「デジタル田園都市国家構想実現会議」は政策起業家の私にとって天与の朗報。再チャレに、心燃ゆ。


私が構想する岡山市版「デジタル田園都市国家」とは、DXとゼロカーボンアクション30を融合させるもの。


地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こし、地方と都市の差を縮めていくことで、世界とつながる「デジタル田園都市国家構想」の実現に向け、構想の具体化を図るとともに、デジタル実装を通じた地方活性化を推進するため、デジタル田園都市国家構想実現会議を開催します。



上記の国家構想に 下記の市民アクション

■できることから始めよう、暮らしを脱炭素化するアクション!

各地で異常気象が発生する中、気候変動という地球規模の課題の解決に向けて、日本は、「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現」(2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすること)を目指しています。

この高い目標の達成に向けて、社会の仕組みを大きく変えていくことに加えて、日常生活の中で、一人一人のライフスタイルに合わせて、できることがあります。
暮らしを脱炭素化することで、快適やおトクといったメリットにつながることもあります。

まずは具体的にどんなことをすればいいのか、「ゼロカーボンアクション」の30項目を見てみましょう!

なお、岡山市では現在すでに「ゼロカーボン研究会」が開催されており、ゼロカーボン社会の実現に向け、産学官だけでなく、岡山市民が主体的・主導的に現状の課題や解決策などについて意見交換できる場の創出に努めたく。市民パワーで運営している NPO法人 超教育ラボラトリー Inc. のコンセプトを更新した次第です。

デジタル田園都市国家」と「ゼロカーボンアクション」は、地方活性化を牽引する、車の両輪と考える私。


※ 気候変動のため動くすべての人へ 今すぐ!→ “ 350 Japan(スリーフィフティージャパン)


660億円。地方のデジタル化のための「田園都市国家構想推進交付金」と「適散・適集社会」

デジタル田園都市国家構想実現会議(第1回)議事要旨 P.11 以下、湯広島県知事の発言に聴く「適散・適集」は、中国地方知事会会議録「東京一極集中是正と人づくりの推進に向けて〜地方が自ら輝き続けるために〜」に明記されており、地方のDX推進の緊急性に伴う、人材面における困難さもまた窺い知れましょう。


貴重な交付金を未来志向で活用したく、私は、メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022 を急いで共有。


日経新聞Web記事 “ 地方のデジタル化、交付金660億円 首相表明 ” の見出しは興味深く、忽ち補助金を蒸発させる岡山市政の正念場。ベンダーロックイン路面電車ロックイン天下りロックイン。岡山市民を今なお苦しめ続ける三大ロックインを乗り越え、自治体クラウド等デジタル基盤を整備できるか、そうではないか。

言わずもがな長老支配からの卒業と、若者と女性が活躍できる、ケイパビリティの高い岡山市づくりは必須。
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

同時に、ダイベストメントの意義の理解が深まるよう市民に働きかけ、岡山市のESG(環境・社会・ガバナンス)評価を改善・向上することで、移住先に選ばれる街づくりを推進するのもパーパスドリブンな私の使命。

デジタル田園都市「メタマルシェx〇〇」を提言するアジャイルな私は、成長する岡山市のために走ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > デジタル田園都市国家 構想実現会議
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ