政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

議会の品質

公共交通 MaaS【デジタル陳情書】路面電車ロックイン事業 11億47百万円他の予算執行差止に関する陳情書(岡山市議会 陳情第9号)

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国土交通省の “ 公共交通政策 ” に呼応するページ


面電車ロックイン事業で岡山市は終わる
岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ
いま岡山市は成長か衰退か、いづれかの未来を選択する重要局面に佇んでおり、先般 “ 自動運転車・ドローンはじめ、近未来の公共交通(MaaS)を拒む「路面電車ロックイン」で、岡山市を衰退へ導く 〜 未来を葬り・嘆く予算 〜 ” を緊急エントリー。それに付随し、2021年3月22日(大安吉日の験を担ぎ)を打刻して「路面電車ロックイン事業 11億47百万円他の予算執行差止に関する陳情書」を提出(郵送)しましたので、この場において共有いたします。

※ 国土交通省 “ 日本版MaaSの推進

繰り返しになりますが、岡山市の公共交通機関が久しく機能不全である問題の本質は実に、岡山駅バスロータリーに集約されており(資料:2017年 大森岡山市長へ提出済み)、岡山市中心部循環バス「めぐりん」が未だに岡山駅前に進入できない等、群雄割拠の戦国バス時代の収束が最優先課題。これらの放置が大問題


公共交通は岡山市に暮らす住民の足であり、即ち、主要な市民サービスの機能不全を放置している岡山大森市政の不作為の罪は、甚大といえましょう。ほかにも、既に自動運転車は回遊を始めドローンタクシーは間もなく空を行き交う時代に逆行する “ 桃太郎線LRT化 ” は余りにもナンセンスながら、路面電車・LRTありきの大森さんは当該事業を強行しようとして、大失敗。これに費やされたサンクコストもまた莫大と思われます。


岡山市による「令和3年度当初予算(案)の概要」を速読するなか驚愕したのは、P.12 “ 路面電車の乗り入れを含めた岡山駅前広場整備事業 11億47百万円(74百万円)” と、P.15 “ 路面電車のネットワーク化 5百万円(5百万円)” 。昭和のうちに廃線されたはずの大正時代の危険なレガシーシステム 路面電車を岡山駅へ延伸し、さらに環状化を目論む路面電車(LRT)ありきの大森市政の狙いは當に路面電車ロックイン

極めつけは岡山版「公共交通 MaaS」等の抜本的な改革に着手せず、その場しのぎの対処療法でしかない P.14 “ 公共交通高齢者・障害者運賃割引事業 3億95百万円(3億95百万円)” で、見方によっては交通事業者の損失補填か、はたまた利益供与。補助金をせびる特定事業者の保護は、これまた市税の無駄遣い。

特定企業ベッタリ市政のベンダーロックインの想像は難くなく、路面電車ロックインで岡山市は終わる。



山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 路面電車ロックイン事業予算差止陳情
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

地方議会の品質:選択的夫婦別姓に反対する陳情を採択し、心貧しい「ムラ社会」の実情を世界へ露呈する、岡山県議会の低すぎる議員スコア。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
議会の品質 / 議員スコア ” ふたたびのページ


ラ社会の実情を露呈する岡山県議会議員
急がれる地方議会議員の行動変容
3月16日(火)。毎日新聞Web刊の記事「岡山県議会、選択的夫婦別姓反対の意見書可決へ 自民県議団主導」の見出しが目に留まり。岡山への移住を促す SMOUTプロジェクトを運営する私は余りにも残念で、このように恥ずかしい、時代錯誤の長老支配による陳情採択等の再発防止を兼ね、あらためて “ 議会の品質 / 議員スコア ” をシェアすることに。

他方、岡山市議会では、KSB 5ch Web記事 “ 「選択的夫婦別姓制度」に反対する陳情は不採択 岡山市議会閉会 ” に読むように、選択的夫婦別氏制度反対陳情を退けたのは真っ当ながら、岡山市を衰退へと導く路面電車ロックインありきの大森岡山市政の、総額約3441億円の当初予算案の可決で問われる議会の品質



話を岡山県議会に戻さば、そもそも同県議会は 2018年。「ライドシェアの導入に反対し、タクシー事業の適正化・活性化を求める意見書」なるシェアリングエコノミー時代に抗う意味不明の意見書を国に提出してしまうなど、ESG評価をあわせて、来たるべく近未来を描けていない。低すぎる議員スコアの査定は難くなく。


低すぎる議員スコアを嘆いているだけでは岡山は変わらないので、選択的夫婦別姓が『家族の呼称』を否定し社会基盤たる「家族の一体感」や「親子の絆」を弱める懸念岡山 NEWS WEB 夫婦別姓に反対する陳情を採択)が如何にムラ社会における無理解に起因するものであるか、その理解を促すコラム複数をご紹介。


“夫婦別姓”の水掛け論にひろゆき氏「日本が現実を見ていない」 戸籍の歴史と伝統はどこまで尊重すべきか 』と『 働く母に起きた“事件”──誤解だらけの「選択的夫婦別姓」と「家族の一体感」という呪い 』。世界から見た日本、日本の社会学を通して見た岡山県議会。サル山根性オヤジの一掃は急がれましょう。


他にも政務活動費の開示に関連して岡山県議会は “〈最高裁が初めての判断〉公金支出の透明性確保を狙う ” に読むように、政治費用に関する恥ずかしい話題を総取り。夫婦別姓「反対」意見書を主導した岡山県の自民党県議団にみる「サル山」のシステムの頑強さは今なお国内屈指として継承されている様子が窺われます。



山の県都はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ムラ社会の実情を露呈した岡山県議会
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

前回投票率【 28.35% 】汚名を返上。マニフェストスイッチ岡山市長選×◯◯新聞 !? 岡山市の未来は市民が選ぶ!協働キャンペーン開始 !!

健やかな岡山市の未来のために、メディアみな様。マニフェストスイッチと協業をお願いいたします

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
マニフェストスイッチ ” 協業ご提案のページ


マニフェストスイッチ for 岡山市長選挙2021 by 菅野敦也山市を健やかな街へ導く地場メディア様へ

先日の “ マニフェストスイッチ for 岡山市長選 2021. ” の実現策を模索するなか、全国に散らばるマニフェストの標準化を図り公開・利活用(オープンデータ化)する政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” Webサイトで【マニフェストスイッチ千葉県知事選×千葉日報】を拝見。急ぎ、メディア参加を促す協働キャンペーンを新設しました。

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

なんといっても現職森田健作知事の任期満了に伴う3月21日投開票(予定)の千葉県知事選挙の見どころは、過去最多となる計8人が立候補を届け出た、投票のゆくえ。むろん前回2017年の投票率 31.18%を上回るかも大事ながら、「なんとなく」から「政策をくらべて選ぶ選挙」へ滑らかに豹変を遂げられるかどうか。


いづれも8名の候補者のマニフェストは共通フォーマット上に公開されることから、有権者は、候補者の人柄や政策を平易に比べて投票できる点において画期的。こうした千葉県の選挙革新に倣えば、特定の企業ファーストの岡山市政を岡山市民ファーストに反転させられる。そんな希望が芽生えた私は、忽ちアクション。

岡山市民みな様へのお願いは2つのみ。1. 次の世代に選挙の大切さを伝え、2. 必ず投票してください


山市民みな様。今年こそは市長選投票にお出かけください(涙)

健やかな岡山市の未来のために、メディアみな様。マニフェストスイッチと協業をお願いいたします

衰退か、成長か岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそ前回投票率は 28.35% !? 有権者が未来志向の首長を選ばなければ、この街は順当に終わります。そうした危機感を携え先日、政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” ―― 政策を登録する ―― より公開したことを、私は慎んで、ご報告いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > マニフェストスイッチ岡山市長選×◯◯新聞
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

マニフェストスイッチ for 岡山市長選 2021. 東京都知事に教わる、岡山市民ファースト、賢い支出、グレーター岡山 by オープンガバメント.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
マニフェストスイッチ ” 試行錯誤のページ


マニフェストスイッチ for 岡山市長選挙2021 by 菅野敦也ープンガバメントで実現! “ グレーター岡山 ”

先般のエントリー “ 岡山市長選挙イヤー 2021 ” の補足をしようと検索窓の向こうへ身を乗り出すなか、全国に散らばるマニフェストの標準化を図り公開・利活用(オープンデータ化)する政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” ―― 政策を登録する ―― に辿り着き。流れのままに登録・公開と相成りましたので、ここに慎んで共有いたします。

そのとき、こと岡山市において重要となる為政のエッセンスは、住民の知る権利を重視して情報の透明性を高め、官民連携を目指す「オープンガバメント」を根底に据えること。大森岡山市政による特定の企業ファーストの現状を岡山市民ファーストに反転させることができれば、グレーター岡山の実現は、何ら難くなく。

とはいえ、昭和のうちに廃線されているはずのレガシーシステム 路面電車を軸に巨額の予算がついた岡山市2021年度当初予算は、いわば「未来を葬り・嘆く予算」。なれば衰退まっしぐらの岡山市を成長に転換させる若き救世主の降臨に備えようと考え、岡山市長選挙 2021 向けマニフェストの作成を急いだ次第です。

首長マニフェストのプロトタイプづくりに着手するや忽ち東京都知事 小池百合子さんの政策キャッチ「都民ファースト」を想起し、激しくインスパイアされたり。企業ファーストを貫く大森雅夫さんの政策は東京都政の対極に位置するもので、何故これほどまでに岡山市は衰退一途であるのか、気づかされてしまいます。


賢い支出 “ 岡山市大改革 2021 ” デジタル化による市民サービスの向上。岡山市の未来は市民が選ぶ

東京の未来は都民と決める―― 小池さんのHPより。将に、岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそ。そんな当たり前のクレドを掲げる首長を選ばなければ、この街は終わる。その危機感を携え先ほど、政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” ―― 政策を登録する ―― より公開したことを、ご報告いたします。

政治家を志した理由――。 海の幸・山の幸に恵まれ、新幹線全停車駅と国際空港を有し、四国を結ぶ交通の要衝。晴れの国と呼ばれる岡山の魅惑の県都・岡山市は、長老支配から卒業するとき夢と希望は芽生え、未来都市への健やかな成長を始める。なにより岡山市民みんなが安全・安心・健康に暮らせる街づくり。それが私の責務と考えるようになりました。
地域のありたい姿――。 天然リソースに恵まれ、成長性を秘める岡山市。子供はすくすく育ち、若者は夢と希望を描き、女性は勤労と子育てを両立できる。障害者の権利は守られ活躍の場があり、高齢者は生きがいを携える。岡山市民みな様が、安全・安心・健康に暮らせる街おかやま市。世界中の人々が憧れる Society 5.0、SDGs 未来都市を目指します。

解決したい課題――。 前回市長選投票率 28.35%の岡山市の用水路や側溝での転落死亡者数は、全国屈指。公共交通機関は機能不全のまま、クルマ社会から脱する気配なく。市民の声は議会に届かず、市政に反映されない今。市民ファーストの視点に基く、住民サービスの再生こそ急務。衰退か、成長か。岡山市民の投票参加による未来の選択が課題です。
解決するための重要政策(1)
オープンガバメントに取り組む透明で公正な政策への転換
・自治体DXの推進による行財政改革と、市民サービスの質の向上
・用水路転落死問題を一例に、市民の困惑に寄り添う議会へ変革
・長老支配を刷新。新しい生活様式に適応できる、市政への転換
※ 路面電車ロックイン政策を改め、次代の公共交通 MaaS を導入

解決するための重要政策(2)
若者と女性が輝ける、子育て世帯を応援する予算の組替え
・在宅勤務と子育ての両立を実現するイクメン、女性活躍支援
・開かれた教育課程の実現、学校現場からのボトムアップ改革
・AIイノベーターを輩出する、岡山市GIGAスクール構想の推進
※ 岡山芸術交流の主催撤回と、岡山自主夜間中学校等の公立化

解決するための重要政策(3)
事業者も市民も誰も置き去りにしない、健全な未来都市へ
・テレワーク等で働き方改革を促す、中小企業のDX推進を支援
・農業、漁業、卸売市場等の販路を拡大、地方創生SDGsの推進
・生活資金や住まい確保のセーフティネット、自殺対策の強化
※ ベーシックインカムおよび、岡山市ICOの研究・開発に着手

マニフェストに明記した3大公約は、曖昧を是とせず、下記の通り。
路面電車ロックイン政策を改め、次代の公共交通 MaaS を導入
岡山芸術交流からの撤退と、岡山自主夜間中学校等の公立化
ベーシックインカムおよび、岡山市ICOの研究・開発に着手

我こそは風の時代の風の人健やかな未来を拓く、岡山市長を目指す方は気兼ねなく利活用ください。↓


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > マニフェストスイッチ for 岡山市長選
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市長選挙イヤー 2021 #DontBeSilent #わきまえない岡山市民 。ロビンフッド効果による投票率の急騰で県都は健全化、成長都市へ!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市長選挙 ” の予定稿により希望を育むページ


風の時代の「風の人」40代以上は若い人に学べばいい by 唐鳳さん.

上記は “ オードリー・タン「あなたが考える『本当の自由』とはどういうものでしょうか?」 ” に記されたタン氏の名言で、思わずパッシーンと激しく膝を痛打した私。じゃぁ80代以上は? そんな素朴な問いなら、森喜朗さんを反面教師として学びたい。

何を学んだのか?
前回エントリー “ 風の時代の #わきまえない女 みな様と実現したい、岡山令和刷新事業 ” にリンクしたコラムに読む「バブルを支えたオヤジの「サル山」文化」は溶融を始め、もう元には戻らないだろうということ。Beyondコロナのように。それはホモソーシャルの、サル山のボスの凋落またぞろ散見する社会の幕開け。


その仮説が当たっていたとするなら百匹目の猿現象とでも申しましょうか、「ホモマゾ臭」に堪えきれず女性や外国人は逃げ出す岡山の閉塞社会においても同様に、サル山のボスの凋落またぞろ。殿は誰か?と問われるなら私は咄嗟に、大森雅夫岡山市長と答えるのだと思います。彼が首長に就いてからの岡山市はズタボロ。

ズタボロとは何言か?
2013年の岡山市長選(投票率 33.34%)で勝利した彼は、2017年。この時は投票率 28.35%で再選を果たすも、岡山市民の政治的無関心の深刻さは取り敢えず棚に上げるとして、そもそも大森さんは有権者の2割程度の得票しかしておらず、実質的には不信任。にもかかわらず深淵な問題は、2割の支持に基く傀儡市政。

#BeSilent ダンマリ !?
スポンサーの顔色を伺い問題を批判しない偏向報道御用学者みな様の罪も軽くないことを申し添えます。



森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由

いま岡山市は大変なことになっています。そう、岡山の県都を担う岡山市は衰退一途。

特定の事業者のために能く働く為政者が優先的にやることは、箱物・道路・軌道モノ事業で、それらに注ぎ込まれる予算はゴージャス。必然的に岡山市民のための住民サービスは低下の一途で、待機児童&人喰い用水路の問題は解決をみることなく、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通の不毛な会議は繰り返されたり。

岡山市の場合、首長のリコール理由を数え始めたらキリがないので下記 3点に絞ります。

1. 待機児童数 & 人食い用水路による犠牲者数は深刻の極み
全国ワースト屈指の待機児童問題は放置され、繰り返される用水路の転落死。翻って、特定の事業者しか幸せにしない県庁通り一車線化【ハード事業(道路空間の再整備)】に費やす豪華な予算は、一発レッドです。
※ 6/30 朝日新聞デジタル待機児童数が3分の1に減少 コロナの影、喜べぬ事情 ” 功績にあらず…

2. 路面電車ありきの公共交通政策と繰り返される不毛な会議
廃線すべく時代錯誤の路面電車を岡山駅に延伸? 自動運転車やドローンタクシーが間もなく実現する令和に至り、岡山版MaaSに取り組まずしてJR桃太郎線LRT化事業は余りにナンセンス。レッドカード5枚です。

3. 岡山市民不在の岡山芸術交流の敢行と渦中の人の任命責任
岡山市民の切実なブログに読むように、住民不在の岡山芸術交流を敢行するばかりか、女性問題の説明責任を果たさない渦中の人の再任で、日本全国のみならず世界から慎んで受けるレッドカードは10枚以上です。


上述。岡山芸術交流、2022年秋の敢行宣言は今回、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を辞任なされた森喜朗さんの顛末に重なるところが多数あり、昭和の保守派を知り尽くす大森雅夫岡山市長はセクハラ問題軽くみているように思えるのですが、岡山芸術交流の強行を巡り、岡山市まるごと大炎上の憶測も…。

逃げ口上に長けた彼だから、弾劾、更迭しない限り岡山市は衰退の一途を辿るものと私は直観しています。


ビンフッド的 投票啓発で岡山市は健やかに成長する未来都市へ !!

「空売りで儲けているヘッジファンドを懲らしめる」という発想が正しいそれだと私は感じないけれど、ホモソーシャルのサル山のボスを懲らしめるヒントは豊穣。以前「議会の品質・議員スコア」で提言したように、行政のデジタル化に消極的な首長や企業の為だけに働く安穏族議員に対する “ 落選運動 ” は変革の起点。

#DontBeSilent #わきまえない女 みな様と手を携える #わきまえない岡山市民 は、踏ん張りどころ。


「新しい政策に取り組まず安穏と儲けている首長と議員を懲らしめる」という発想が実現をみる、ロビンフッドのような選挙啓発アプリが配給されたなら、岡山市長選挙 2021 の投票率は急騰し、むろん相応しい候補者は当選。そうではない候補者は落選し、岡山の県都は健全化を以って成長都市へ移行することでしょう。


私たちは次の市長選に臨み考え投票に行くだけで、岡山市を誇らしき健やかな県都へ、変えられるのです


えましょう! 岡山市を健やかに成長する未来都市へ !!

さて本題。今年、令和3年10月3日の岡山市長選挙は、岡山市が健やかな成長の途に就けるかどうかの天王山。そう考え期待を膨らませる私の予測シナリオは、大森さんは出馬して3選を果たせず落選するのではなく、公示日前に失職。いわば本命は、落馬。そうやって対抗馬が逃げ切るのかと問わば、そうではなく。


さりとて大穴が当選する訳でもなく。未だ観ぬ第三極が誕生し、圧勝してしまう。どんな輩か !? 謎。オードリー・タンさんのように新しい生活様式を先駆する賢者を彷彿とさせる、救世主あらわる。今を変えようとする #わきまえない岡山市民 が将来を担う次の世代を創造的に育まなければ岡山の県都、この街は終わる

海の幸に山の幸、3本もの一級河川を有す晴れの国。県都の健やかな成長こそ我が使命と認識しています。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市長選挙 2021 #DontBeSilent
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

議員スコアとは。新しい生活様式のジョブ型雇用、議員ランキング活用に期待される、議員定数および、ナンセンスな政策(市政)の是正。

ジョブ型雇用の “ 議員スコア ” を考えるページ


J.Score 現在のスコアがれる地方議会議員の行動変容

議員スコア、首長スコア。新しい生活様式のジョブ型雇用と、議会のスコアリング 〜 急がれる地方議会議員の行動変容」と題した noteブログをエントリーしたのは2020年8月28日8時台で、その日の午後2時すぎ。“ 安倍首相が退陣表明 ” の第一報が伝わるなど、令和の読みを「ゼロ和」とする未来志向の私にとって、印象深い一日と相成りました。


そうして上記は、内閣官房「就職氷河期世代支援プログラム」に関連するコラムで、冒頭「進行するIT化の下で高度人材が不足する一方、専門知識に乏しい中間層の所得低下が目立ち、このままでは日本経済の競争力が国際的に低下しかねないとの危機感があるためだ」と就職氷河期層に重ねて記述してはいるものの、実は地方議会に重ねれば「高度人材が不足する地方議会において、専門知識に乏しい議員により地域の所得(競争力)は低下の一途…」と置き換え可能。地方議会の難点を解説するとき、時代から取り残された議員が安穏と生きられるメンバーシップ型の引用は効果的で、それにより新しい生活様式における議員はどうあるべきかの説明には、ジョブ型雇用の引用も効果的。そうしなければ地域まるごと、時代から取り残されてしまいます。


選んではいけない議員首長を選んだ地域が沈むのは、自然の理(SEALDsの合言葉「落選させよう」)。


員スコア、首長スコア。新しい生活様式のジョブ型雇用と議員ランキング

議員スコア(首長スコア)とは、社会貢献度の評価が不透明な議員人事考課に関連し、新たな日本社会に求められるジョブ型雇用に鑑みるAIスコア等を含む論理的な評価だけでなく、見返りを求めない仁徳と功業のスコアリングから為る徳業スコア等による情緒的な評価を組み合わせて議員の資質や素養を類推する、新しい生活様式の議会の構成員を評価、スコア化する概念。投票時の参考のみならず、落選運動にも役立つ指標。

首長スコアならびに議員スコアの低下は即ち地方議会の品質の低下であり議員定数の是正において必須の指標。一例として首長スコアが低すぎると酷評される岡山市議会の場合、昭和のうちに廃線されなければならない日本一短い路面電車を、よもや延伸するという驚くほどナンセンスな市政が前進しており、街は衰亡まっしぐら。議員スコア(首長スコア)は、人口移動にみる転出超過と密接な関係にあるものと、類推される。

首長スコアならびに議員スコアの改善は即ち地方議会の品質の改善であり議員の行動変容を促す住民によるデジタル陳情書( DX Petition )と議員スコアをセットで実装することによる改革効果に期待が高まる。

事例 )MaaS陳情の岡山市議会議員 全員による反対派閥の論理と、住民陳情の不採択事情の表層化


ブラックボックス化した議会の中で、国民あるいは市民の従来の陳情書は頻繁に不採択になる一方で、デジタル陳情書は遍く閲覧可能であるため陳情の議決結果(例として岡山市議会)において広く市民あるいは国民に精査されることから議員は責任感を持たざるを得ず、恣意的な不採択を免れやすい。さらに陳情に対する賛否(例として岡山市議会)の参照により、国民あるいは市民の問題提起に対する各議員の使命感の崇高さ、資質を推察できる点において、行動変容を余儀なくされるBeyondコロナ時代に臨み、DX陳情書は誠に画期的。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『スーパーシティ構想』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 議員スコア( Senator Score )とは
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 への緊急提言。行政を動かす『地方議会のトリセツ』for Society5.0シティ岡山モデル.

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

地方議会議員の働き方改革 ” 提案のページ

Beyondコロナ 国家プロジェクト Society5.0シティ
われているのは「大都市の変化」ではない

東洋経済 ONLINE 5月26日 “ コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 ” には地方創生事業が悉く失敗に終わる、その問題の本質に迫る秀逸さがあるので、子育て世代を失望させる全国ワースト屈指の待機児童数や、機能不全に陥って久しい公共交通問題など岡山市の致命的な難点を参照しながら、岡山県ならびに岡山市が採るべくBeyondコロナの国家プロジェクト戦略について共有したいと存じます。

まずシェアリングエコノミー時代に臨み取り組まねばならないMaaS事業に関連し、岡山県ならびに岡山市は平成30年。時勢を理解することなくライドシェアの導入に反対する意見書を国に提出(汗)。さらなる岡山の悲劇は、MaaSを拒む傍ら大正・昭和のレガシーシステム、日本一短い路面電車を岡山駅前に延伸しようという、言葉を失うレベルのナンセンスな事業案の採択と推進。信じられない政策が可決されるロジックは、岡山市議会の陳情に対する賛否(令和2年3月13日議決分)を閲覧すれば一目瞭然。岡山の住民の積年の困りごとであり岡山県の転出超過の元凶ともいえる、公共交通機関の機能不全の解決を目論む令和元年陳情第24号、令和2年陳情第2号、令和2年陳情第5号、あわせて3件もの陳情書があっけなく否決されているのです。

問われているのは街の成長機会を潰す「議会の偉い人たち」の交代であり、岡山県・岡山市議会の刷新

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

続いて記事 P.2に「コロナショックによって都道府県単位、市町村単位での判断を求められる機会が多く出てきたことによって、地方は「横並び一律」ではなく「自分たちでどう判断し対応するか」が問われるようになっています」と記され、将に2月29日のマイエントリー “ 岡山市長と松江市長を比較した岡山市民は、安倍首相を叩く以前に大森市長を叩き出す。首長の資質に翻弄される、街の栄枯盛衰 ” の想いはピタリ重なる。

自己判断がつかず、不要不急の学校等における一斉臨時休業を敢行したかと思えば、慎重局面で開校も。


さらに記事 P.3に読む「地方の閉鎖的な空気から逃れるため」という理由…、そして「2011年の東日本大震災後においても、地方への関心が高まったものの、地方側は過去のやり方をほとんど変えないがゆえにその流れは頓挫してしまいました。その結果として、むしろ東京に年間8万人以上の人々が転入超過するという一極集中状態が強化されて行きました」に同期するが如く2017年以降、岡山県の転出超過は深刻。ラストの行、
都心の地域に住んでいる人たちがこれまでと異なる「オルタナティブ」(他の選択肢)を模索してもそれを排除していては、地方にはいつまでもチャンスをものにする日はきません。地方にとって、今回のコロナショックを「都市との新たな関係を構築するチャンス」にできるかどうかは、「地方の偉い人たち」が「変わることを決断」できるかどうかにかかっていると言えます。
これにはパシーンと膝を痛打してしまった、毎度お馴染みワンパターンの私。なれば岡山令和刷新事業。東京〜大阪で四半世紀、仕事に没我した私に、都市との新たな関係を構築する天命は降されたということ。

Beyondコロナのメトロポリスを、日本国家をサポートするのは地方都市の役目であり、岡山県の場合は県都を担う政令指定都市 岡山市の使命であって、首都圏・関西圏ほか大都市圏から地方を目指す人々を事業ターゲットに据えた、実のある地方創生プロジェクトを構想し起動すべき時機。なのだから、これ以上コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 に任せておけません。市民が動かなければ岡山市は確実に終わる…。



題は地方の「偉い人たち」が変われるかどうか
 〜 リモートワークが催促する「新しい生活様式」⇒ Society 5.0シティ

地方の「偉い人たち」が変わる、というのは岡山市においては百年河清を俟つ(あてのないことを空しく待つ)のと同義なので私は徳業の一環として、旧態依然とした思考の創造的破壊をもって地方議会を刷新する仕組みづくりに既に取り組んでおり、結果として、地域社会の健やかな成長を手に入れようと目論む只今。

天然リソース恵まれ過ぎの岡山市、なぜ成長できない? それは成長の芽を摘む偉い人が多すぎるから…。

暮らしファースト【 地方議会議員の働き方改革

行政を動かす『 地方議会のトリセツ 』岡山モデル

地域社会に横たわるディープイシューを打開する改善策のプロトタイプの一つは内閣府 “ スーパーシティ構想 ” 関連だったり、解決策の一つは国土交通省 “ 日本版MaaS推進・支援事業 ” 関連であったり、住民の困りごとが凝縮された陳情書を議会はどう扱い、どのように解決するのか。まさかの既読スルーをモニタリングするとともに地方議会のコンテンツのオープン化をもってローカルイノベーションを試みる私。岡山モデルを世界のロールモデルに昇華したく、しばし、ご注目ください。

地方議会を動かす『 陳情書のトリセツ 』岡山モデル

1. 住民積年の困りごとを抽出 → 2. 陳情書を作成 → 3. 陳情書を提出(郵送可)→ 4. サイバー空間において共有 → 5. 各議会のHP等で陳情書の賛否(議決結果)を確認 → 6. 賛否に基づき議員を精査 → 7. 議員の徳業スコアを算出 → 8. 次期選挙において議員スコア(活動の実績評価)を共有
上記は、組織票を振りかざす企業のためではない、暮らし優先の地方議会を担保する仕組み

※ ご参考「 岡山県議会HP 」「 岡山市議会HP
上記フローを洗練し、健全な社会が求める地方議会の刷新に努めることをお誓いいたします。


コロナ禍は「都市との新たな関係を構築するチャンス」であり、暮らしの改善であれ既得権益を脅かす微妙な問題なら反対に回り、関与しなければ議員生命は延命できる。そんな岡山の議会を刷新する好機なのです

岡山へ移住して約14年、閉塞社会の地域課題を具に抽出する私。Web記事「リモートワークこそ、新しい働き方をプロトタイプする好機である」は正鵠を射ており、COVID-19そのもの少子高齢化社会人口爆発を是正する自然の摂理と理解するなら、旧態依然として成長できない腐った楽園を築いた岡山市のオールドタイプからニュータイプへの世代交代を督促する絶好機。コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 に代わり、チャンスを醸す「地方都市への移住者」として『陳情書のトリセツ』のブラッシュアップを続けます。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『国交省「日本版MaaS推進・支援事業」』からの再掲ですが、「Beyondコロナ 国家プロジェクト2020」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 行政を動かす『地方議会のトリセツ』
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ