政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

継続企業の前提

すべての企業活動はSDGsプロジェクトになる。Well-beingは継続企業の前提で、プロジェクトエコノミーが実現する Society5.0の近未来!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
官民連携 “ SDGsスタートアップ研究会 ” 魁ページ


続企業の前提を担保する SDG Compass
◎ デジタルリテラシー協議会「DX推進パスポート」2.
DX推進パスポート2_20240308先般。2050年のカーボンニュートラル実現を含む社会変革に臨み、脱炭素経営を採り入れゴーイング・コンサーンを目指す企業群と、官・学のアライアンスの場として経産省が創設したGXリーグの紹介から書き出すことで、企業自ら稼ぎながら世界に貢献する(新たな付加価値を提供する)CSV(Creating Shared Value)の上位概念(マイケル・ポーター師の教示「製品と市場を見直す」即ちマーケターの私の使命領域)について洞察を深めておりました。

生粋のマーケターが発する Commanding toneディスプレイ革命

言わずもがな、30年先の未来を描く思考法 『トランスフォーメーション思考』に激しくインスパイアされている私の人生パーパスは「MTPMassive Transformative Purpose ”」そのものであって、2018年にはSociety5.0の実現を目指す、トークンエコノミーを研究領域に加えたNPO法人をスタートアップしたり。


折しもDi-Lite協議会よりDX推進パスポート2を拝受、最低30年以上先の世界観を洗練している只今です。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームの社会的パーパス
マッチング支援

NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.

URL:https://www.city-okayama.net/
業種:NPO・NGO

『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022』 政策提言事業の共有

カテゴリー
地域活性化、移住・定住促進、雇用維持・創出、交通システム・公共交通対策、災害対策・防災・減災、教育、観光客の誘致・地域PR(インバウンドを含む)、情報化(ICT・IoT・AIの利活用等)

提案できる内容について
 悒妊献織訶脹狹垰垤餡函Д瓮織泪襯轡x◯◯構想実現プログラム 2022』の概要について

URL: https://www.slideshare.net/SunVerdir/x-2022

◆悒妊献織訶脹狹垰垤餡函Д瓮織泪襯轡x◯◯構想実現プログラム 2022』 政策提言事業について

URL: https://www.sunverdir.com/polipoli

『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022』の素案について

URL: https://www.sunverdir.com/digital_denen

事業内容
地方創生リカレント教育講座開催事業
実務家教員派遣及び養成サービス事業
移住・転職・定住に係る調査研究事業
移住・定住・安住に係る出版物発行事業
行政・企業等への政策提言及び協働事業
その他目的達成に必要な事業

団体の強み
政策起業家、事業プロデューサー、アドミニストレーター、プロダクトデザイナー、情報処理安全確保支援士、DXマーケター、事業構想アーティスト、クッキングエキスパートなど突出した専門性を有する実務家が集う、共創のドリームチーム。同志10名すべて、UIJターンいづれかを経験している、多様な人財で構成されている組織であること。

連携をイメージしている団体
省庁。具体的に、デジタル庁。および、全国の地方公共団体と、公的機関、シンクタンク等

マッチング・連携に対する意向
・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

その他
『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022』 は、オープンイノベーション、アジャイル事業開発の思想・着想に基づく、政策提言事業です。国家プロジェクトを標榜する過程において、自由にご活用ください。

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること
【 経営ビジョンとビジネスモデル for SDGs 事業戦略 】

URL: https://www.city-okayama.net/digital_transformation

DX技術の有効活用により法人運営コストを限りなくゼロに近づけるNPO法人 超教育ラボラトリーInc.の経営ビジョンは、「ゴーイングDXコンサーン」。即ち継続企業の前提は、VUCA時代を生きる靭やかさにあり、Society 5.0に臨むDX法人のビジネスモデルは、DX技術を駆使することでSDGsに向き合い、社会的課題を解決に導くことのできる「新しい公共」のプラットフォームを担うビジネスモデル。DXの普及啓発により、地域社会の継続性を担保いたします。

マッチングリクエスト一覧に戻る

地方創生SDGs官民連携プラットフォームへの入会をご希望の方
会員登録

上記は2022年2月のエントリー「内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム上で “『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯』 政策提言事業 ” を共有いただきました!」からの抜粋ですが、今回ご報告すべきは、SDGsスタートアップ研究会様が無償で提供くださった『2023年度ベーシック コース』受講体験所感。

少々生々しくなりますが、当該コースの適正な受講料その対価は、二十万円を下ることはないと観ています。


継続企業の前提を担保する技術の一つにCVCがあり、組織も人も投資の感性なくして、成長の継続は難しい。

そう。プロジェクトエコノミーで変わる仕事の未来! 企業文化を再構築して機動力を上げるには (第176回アートリーアカデミア)トランスフォーメーション思考を巡らせ、日本企業の呪縛であるPdCaサイクルからの脱却は急務。OODAサイクルを回しながら、DX、SXの主導を担う専門組織(XMO)を持つことが重要。

いづれも継続企業の前提を担保する企業文化の再構築と、Well-being経営の関与先様への実装に努めます。


製品と市場を見直す:すでに起こった「ディスプレイ革命」後の電子デバイスの近未来のカタチ

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Well-being 経営は継続企業の前提
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

OSINT(Open-Source Intelligence)オープンソースインテリジェンスと、継続企業の前提を担保する、ヒューマナイジングストラテジー

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
日本を再興 “ 社会のWell-being ” を高めるページ


住の緊急性を、すでに起こった東京に学ぶ
食材王国 岡山パクチーサラダの材料
Only the Paranoid Survive. 在住と出張を合わせて東京に40年ほど関与しているパラノイアの私は、1995年。阪神・淡路大震災の当日は枚方市に暮らしており、その3日後に、救援物資を届けたく尼崎市から武庫川を渡り西宮市へ入った日の記憶は今なお鮮明。積める限りの飲料水を社有自転車の荷台に縛り付け、飲食店に届けて応援1日目は終了。人間万事塞翁が馬――。退職、地方都市へ移住を敢行する動機になったことは言うまでもなく、先般 “ マルチモーダル移住 ” はパラノイア本音のエントリーです。

さて先日。日経Web刊の、快刀乱麻を断つ野中先生の教示「企業の失敗、野性喪失から 「失敗の本質」の著者説く」がいつもながら軽妙洒脱で、急ぎNEWS PICKSでシェアした次第。生成AIを使い倒す能力拡張の時代なればの、善いパーパスを追求するヒューマナイジング・ストラテジー人間くさい戦略)は益々重要。

その中オープン・ソース・インテリジェンスを実践ドリブン志向で会得した私は、科学や理論では先導できない意味づけや価値づけの膨大な試行錯誤のプロセスを踏んでおり、蓄積している暗黙知は莫大。知的コンバットを以って体得に至った主観は精強で、投資行動の上手い報告は出来ないけど、株で大勝ちする人である。


サイバー空間で合法的に入手できる資料を調査、分析する「OSINT(Open-Source Intelligence)」に、得意のスキップ結合とファイチューニングを駆使して債券市場でボロ儲けした私の場合、いわば「AIのブラックボックス問題」に陥っていて、なぜ当該銘柄に飛び乗ったのか、なぜ忽ち損切ったか、巧みな説明は覚束ず。

オープン・ソース・インテリジェンスと投資パフォーマンスとビジネス開発の意味深な四方山

例えて株式投資におけるOSINTは、2000年すぎの私の成功パターン。それは、合法的に入手できる1次情報など資料を調べ上げ、あわせてソーシャルメディアから感じ取れるファンダメンタルズの遷移と突き合わせて、空売りと信用買いを実行する手法。債券市場でのボロ儲けの要因の一つは爆速の損切りで、私の場合のロスカットはPdCa』ならぬ『pDcA』の生き様そのものにあり、それこそがFIRE成立の成功要因。年俸1本超の企業のポジションに深謝し惜しむことなく切り捨て、2006年に株式市場を卒業。地方都市の不動産市場へ鞍替え敢行、物件の含み益を涵養しながら今ここ。

PdCa』ならぬ『pDcA』。時間がある時はサイバー空間に我没しOSINTに集中して、チャンスと観ればリアルを奔走、嫌な予感がすれば忽ち撤退する技術。これを支えるヒューマナイジング・ストラテジーの重要性と哲学を、地域社会や関与先様へ実装する。そんな社会貢献に没入しています。

いづれも勝因は、無意識も含めた暗黙的で精強な主観にあり、全ての投資行為は想いありきで始めた顛末。


本的経営に代わるゴーイング・コンサーンの成功パターンと、日本の勝ち筋は観えているから大丈夫
〜 無用な危機を煽るつもりは毛頭なかりしも Never say never. 首都直下地震は起こり得るのです 〜


パラノイアだけが生き残る――。社会学者の佐藤 郁哉氏は、Pの計画とCの評価ばかり偏重されて肝心要のdの実行とaの改善に手が回らない日本企業の現状は『PdCa』だと指摘される。バブル崩壊後の日本の失われた30年を思い知る、さりとて問答無用の厳しいご指摘。関与先様の現況に、思い当たる節またぞろ……(汗)

お役に立てるなら、野中先生のSECIモデルに準拠して、私の暗黙知を形式知として共有する頃合いかも。


Z世代デジタルノマドに愛される企業のみが生き延びる 】〜 適者生存フレキシブルな働き方 〜

さもなければ、もはや止まらない東京一極集中の逆回転クライシスにより日本沈没は実現してしまいそう。

今回エントリーの目的は、近い将来。何らかの激甚災害に見舞われる東京―― それは日本全国民を経済的困窮に陥れる天与の試練 ――を乗り越える為であり、北海道〜東京〜大阪を経て心豊かに暮らせる地方都市へ移住。生き残るためのリスキリングを繰り返し、強かにポータブルスキル生存戦略を研ぎ澄ます私の責務。

上記すでに起こった未来に直面し、OSINTを駆使して予兆を感じ取り、静かにシェアして擱筆いたします。


※【 少し大切な話をしよう 】グローブ:もし我々が追い出され、取締役会が新しいCEOを任命… ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Open-Source Intelligence 論考
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ