政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、政策起業家。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピとリスキリング、SDGsやDX推進に、メタバース政策をテーマに加えた地方創生ソリューション・ジャーナリズムなど、公共政策の企画・立案に役立つコンテンツを格納しています。

移住

移住のすゝめ【 リスキリング 】 やまぬ音楽、踊るマネー。地殻変動、株式相場の暴騰・暴落、富士山噴火、首都直下型地震を乗り越えよう!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
DX時代のリスキリング ” をサポートするページ


式相場と災禍の親密な関係に気づく移住者
やまぬ音楽、踊るマネーのゆくえ。
市場参加5年の間に元本500万円は10倍超となり地方都市の不動産投資に切り替え、退職、移住の敢行について拙コラム『DXデザイン思考』に刻んだ私は、“連続系”の日本型人材開発、“非連続系”のリスキリングという小見出しに目は留まる。生き延びるには「非常識なアホ=変人」が必要と披瀝する著本『京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略』と、実体経済から乖離して高騰する株価に成毛 眞さん 鎌田 浩毅教授の対談コラムを交錯して投稿。

リスキングとは。スキルの習得、スキルの再訓練、スキルの向上の中の2つ目で、リクルートワークス研究所では「DX時代の人材戦略=リスキリング(スキルの再開発)」とテーマづけたコラムを配信。そのなかアホな私は東京一極集中が逆回転を始めた「大移住時代のリスキリング(移住力の涵養)」と定義づけたい。


それは上掲の「BOOK」データベースより 〜 知の根幹が揺らいでいる。背景には、学問に対する社会の無理解・誤解・偏見があるのではないか…。現代人は何でも予測できると思いたがる。しかしながら、自然界は予定調和ではなく、予測不可能なカオスであり、生き延びるには「非常識なアホ=変人」が必要なのだ 〜

ムダと変人が世界を変える? なんとも嬉しい、私を鼓舞する名フレーズ。感謝の念に堪えない今しがた。


創性を育み「風の時代」を強かに豊かに生き抜くリスキリング

移住のすゝめ【 リスキリング 】 やまぬ音楽、踊るマネー。地殻変動、株式相場の暴騰・暴落、富士山噴火、首都直下型地震を乗り越えよう! このアホなタイトルは、どう生成されたのか。掲げた私が申すのは奇妙ですが、定かではありません。一昨日 NEWS PICKS に投稿した時点で概ね編集されていたハズですが……。

地殻変動と株式相場の高騰と火山噴火と
〜 日経平均は現実的ではないが、災禍は… 〜

音楽が鳴っている間は、踊り続けなければならない――。

リーマン・ショックを想起する以前に、確か3連休明けの火曜日であった、1995年(平成7年)1月17日に起きた阪神・淡路大震災を彷彿たちまち。忍び寄る南海トラフ巨大地震やまぬ音楽、踊るマネー

成毛 眞さんの上梓に接し、またも遠い類推を引き起こす私。

※ ご参考)地震と株価の関係を知る――過去の事例を検証
URL: https://apl.morningstar.co.jp/webasp/yahoo-fund/nisa/column26.html

その地殻変動こそ株式相場を踊らせる音楽で、際限のない過熱をクールダウンさせる事象は富士山噴火か、首都直下地震か。3連休明けの火曜日、2021年1月12日の東証が静かに開くことを祈っています。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
https://www.sunverdir.com/startup-city


本エントリーのテーマは「リスキリング」なので、この辺りから一気呵成にクロージングに漕ぎ着けたい。先のエントリー【 DX推進プロデューサー 】で強調済みの “ UXリッチ ” という表現。北の大地で生まれ育ち、阪神・淡路大震災を目の当たりにし、過酷な投資の世界で成果を収め、移住後は非正規として生き延びる。

北海道〜東京〜大阪〜岡山。環境変化の中で体得した、多彩で多様なUXあればこそ、どこでも生きられる。

いかにも非正規の私の生活は不安定ではあるが、その不安定さこそが私を厳しく鍛えてくれる。東京一極集中の逆回転を必然と考えた移住者の近未来は案外、明るい。あらためて「風の時代は=大移住時代であり、その時代のリスキリングとは、移住力の涵養である」と再定義しよう。その検証は、着々と捗っています。と、

今号のラストは “ 第四次産業革命スキル習得講座認定制度 ” を企業の人事ご担当者に紹介して擱筆したく。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO DX推進プロデューサー 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > リスキリングで養う風の時代の独創性
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

人生100年時代の チェンジ・メイカー 里山の木工房 真空さま.

ブログネタ
リカレント教育 に参加中!
この世に唯一 銘木ハンドメイドペン ご紹介のページ

世界の銘木を使った世界で一つだけのハンドメイドペン:真空
人生100年時代。心豊かに田舎で暮らす

モノづくりの技がある、洗練されたマーチャンダイジングがある、行き交う人々の軽妙な会話と洒脱な笑顔がある。豊かに生き抜くための技術と創意工夫とウィットに富むのが、岡山のフリーマーケット。2018年8月24日〔金〕フリマ de リビングラボ in 岡ビルマルシェ 3回目を完遂しました!

首都圏や大阪圏から移住テイクオフされた方々の地域社会へのソフトランディングをサポートする NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.は、人生100年時代に適応するライフスタイルを模索するなか、逞しく靭やかに地域に根ざすローカルキャリアを会得したチェンジ・メイカーの少なくない人々がフリーマーケットに参加しているトレンドを察知。フリマ会場エリアの一隅をお借りし、リビングラボの開催を始めたところ。そのなか先月2回目 “ フリマ de リビングラボ in 岡ビルマルシェ ” では、実際に岡山県へ移住をなされたチェンジ・メイカー 里山の木工房 真空 西村様に参加を依頼し、貴重なお話を伺うことができました(感謝)。



移住から定住・安住に欠かせないロールモデル(手記)を拝受 !!

その際 3回目となる8月の “ フリマ de リビングラボ in 岡ビルマルシェ. Vol.3 ” に向けて西村様に「地方創生リカレント教育デジタル教科書」移住・転職・安住チャレンジシートへ移住を振り返るカタチで記載をお願いしておりましたところ、西村様ご夫妻は田舎暮らし(定住)に描いた夢と希望を具体的に計画に落とし込み、移住〜安住構想を見事に完遂された顛末を書き下ろしてくださいました(深謝)。

西村ご夫妻様に、ご縁を紡いでくださった太田様に、感謝の念に堪えません.人。

<< ご寄稿 : 里山の木工房 真空 西村博文 様 >>


ワクワクに出会える「出会いのプログラム」フリマ de リビングラボ

そうやって西村様のご厚意に重ねて感謝をするなか超教育ラボ. わたしたちが構想する「未来の教室」実証事業は “ フリマ de リビングラボ ” 。ご参加対象者は首都圏や大阪圏で移住を計画される方はもとより、フリマはモノづくりやマーチャンダイジングと対面販売・接客の技術が集積する「商い実学の場」であるがゆえ、地元の高校生や大学生はもちろん対象者。さらにフリマに関与する方々の3割ほどは移住経験者でないかと推察されており、肉親が乏しい移住者特有の子育てや老親介護に関する社会課題を既に聞いています。従い地元企業、地元住民のみならず、移住・定住・安住に関する生の社会課題が集積しているフリマ de リビラボに地方自治体職員が参加くだされば、解決に向けた Testbed も確かなものになるのです。

学びと社会の連携を支える「官民コンソ―シアム」を形成

わたくしたち岡山発祥の NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.は “ 「未来の教室」実証事業」の委託事業者公募(第2次公募)” エントリーにあたり、チェンジ・メイカーの輩出ならびに人一生の学びの環境づくりの推進に精励することを厳かにお誓いいたしますとともに、その決意表明をもって擱筆いたします。

あいらぶ岡山。私は岡山暮らしが大好きです (*˘︶˘*).。.:*♡


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO 菅野敦也
デジタルマーケティング技術を駆使して組織マネジメントを効率化。ES、業績向上 Win-Win の実りある働き方改革を提案いたします!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業3社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)5回超など、多様で多彩な実経験に基づく実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 人生100年時代のチェンジ・メイカー
Copyright (C) 2005-2018 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    Wiki プロフィールほか
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ