政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

百条委員会

岡山市議会 令和6年 陳情1号、2号、3号のゆくえ: 議会の自浄作用を試す「百条委員会」で始まる健全な街づくり for 岡山市民の明るい未来

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
疑義に塗れた岡山市長 “ 大森さんリコール ” ページ

◎ 岡山市議会陳情に対する賛否 令和5年12月15日議決分 
岡山市議会 陳情に対する賛否(令和5年12月15日議決分)森市長への損害賠償額 100億円超の可能性

2022年の拙エントリー「路面電車はBRTへ、100万都市へ成長を始める岡山市」で報告済みですが、特定企業の為に能く働く大森市長によって街はゴーストタウンまっしぐら。もはやこれまで…と思いきや、ペンは剣よりも強し。岡山駅前への路面電車乗り入れ費用便益費を巡る陳情「岡山市議会 令和6年 陳情第1号」「岡山市議会 令和6年 陳情第2号」「岡山市議会 令和6年 陳情第3号」が切り拓く明るい未来。

12月定例会の陳情第32号は毎度お馴染み、岡山市議会議員全員で否決された訳ですが今回、さて如何に?


魁は山陽新聞社様の独自調査による「路面電車乗り入れ時期ずれ込み 岡山市再び見直し、26年度末に」報道で、以降。KSB様の「JR岡山駅路面電車乗り入れ事業 総事業費が試算より22億円増 完成にも1年以上の遅れ 岡山市」に対し、岡山新アリーナ構想を巡る疑義に塗れた大森市長による、顛末の報告は待たれるところ。

2014年。小員が諫言した「岡山市の公共交通機関の、問題の本質」は10年の時を経て、露になりました。


願・陳情に対する賛否は消すことのできない「議員スコア」の素! 岡山市議会刷新に高まる期待 !!
〜 岡山市民は静かに見ている議員各々の賛否の記録。二枚舌を使い分ける派閥の論理で消えゆく議員 〜


そんな折柄、健やかな成長を願う新たな時代は、岡山市民が提言を続けるBRT事業構想の実現に向けた一歩を力強く踏み出しました。そう、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の改正に同調し、気仙沼線BRT・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)や日田彦山線BRTひこぼしラインの地域再生ニュースが続々到着。

こうして認知は進み、もはや岡山市の選択は鉄道コスト 約10分の1のBRT(バス高速輸送システム)一択。

※ JR九州「BRTひこぼしライン」開業以降、届けられる歓びの声は続々! 日田彦山線BRT !! ※

大正時代の重たい電車を延伸する馬鹿げた事業。いま息の根を止めなければ2026年、軽く100億円突破…。


山市議会の大森さん一蓮托生の議員を一掃して「若者・子育て世代の移住」を促す健全な街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民は取り戻したく、岡山市長選挙を早めるため「岡山ヤシノミ作戦」を再起動する所存です。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、引き続き、陳情書を提出(郵送)しています。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

継続は力なり。街なか循環EVバスの実用化が近づく中、大正時代の路面電車を岡山駅前へ延伸する事業の費用便益費がゼロを目指すのは自然の成り行き。その費用便益費を調べもせず、陳情第32号を否決した岡山市議会議員の不作為の罪は重く、議員の価値はゼロ。大森さんと市議会による損害賠償責任を追及する私。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 令和6年 陳情第1号 2号 3号の行く方
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

Web3.0: 陳情のデジタル化は岡山市政を変革するか? トークン社会

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策DX “ デジタル陳情書 ” の効力を検証するページ


岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ力分散型のWeb3.0と市民による政策形成

いま岡山市は、機能不全に陥って久しい公共交通機関の再生に臨み、重大な局面を迎えています。「空飛ぶタクシー」等いわゆるドローン輸送の実用化が近づく中、大正〜昭和の危険なレガシーシステムである路面電車を今に至り、66億円をかけてJR岡山駅前に延伸しようという、常軌を逸した惑溺の事業を大森雅夫岡山市長は強行しようと必死の様相( 令和4年1月20日市長記者会見の質疑の応答より )。

路面電車の軌道は歩行者にとって危険な障害物であるのは既知の事実で、しかも近未来のモビリティと期待される空飛ぶタクシーやドローン配送にとって路面電車の架線は、この上ない危険物。数十億を費やす路面電車の岡山駅前延伸は、あまりにもナンセンスで、未来を閉ざす「岡山市の自殺」と言わざるを得ないのです。


経営感覚のある人なら駅前延伸事業費の概算から忽ち「新市民会館ルート」を含む「岡山市路面電車ネットワーク計画」の百億超を類推し、あるいは「桃太郎線LRT化検討」は数百億円に膨らむ。その程度の積算は、直感的に忽ち終えているものと存じます。大正時代の路面電車への投資が齎すものは、岡山市の財政破綻

従い、政策形成に努める私は路面電車乗り入れ事業費精査の「百条委員会」設置の陳情書を提出した次第。


折しも、NHK岡山 NEWS WEB “ コロナ禍で東京から地方への移住者増も岡山県では「転出超過」” 記事に読む、誠に残念な事象に直面して想起するのは、車を持たない首都圏の若者と子育て世代にとって公共交通が機能不全の岡山市は、都会暮らしに慣れた彼ら彼女らの移住先候補になり得ない。という不都合な真実…涙

公共交通は岡山市民の負託に応える公共事業であり「遊びじゃない」という訓戒で臨む、岡山市政の変革


マートコントラクト(Web3.0)で図る、MaaSに関する岡山市民の合意形成

司法のデジタル化に向けて動き出した日経Webの「民事訴状のネット提出可能に 法制審、弁護士は義務化」記事は大変興味深く、陳情書のデジタル化の試行を続ける私は、なるほどトークン経済を洗練するWeb3.0の普及要素である「スマートコントラクト」の応用利活用によって、住民の合意形成を加速できると推察。

コラム「トークン化された公共財—新しい価値のある店」には、秀逸な考察が含まれており、有難く拝読。

トークン公共財の中の「知識の公共財的性格」をテーマに据えた啓発活動によりクリエイターエコノミーを豊かに耕すことができれば、未来志向の政策起業家の養成は可能になり、人財の輩出に期待は膨らみ、よりよい社会づくりに貢献できる。そう考える私も政策起業家の端くれ。デジタル陳情書の効能の検証に努めます。

ウクライナ初「われわれはタイタニック号ではない」…岡山市をタイタニック号にさせないのも、私の使命。

※ 岡山市の健全化に臨み尽力くださる浦上 雅彦先生は路面電車乗り入れ費用激増事件の経緯を、
丁寧に分かりやすく、誠実にご説明くださいました。この場において、心から感謝いたします。

いづれも、BRT導入で岡山市を成長へ導く天与の好機に臨み、みな様のご議論を何卒よろしくお願いします。
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Web3.0 トークンとデジタル陳情書
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ