政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

政策形成

政策形成 PoliPoli : 日本のクリエイター活動を促進するために!「岡山トークンエコノミー移住特区」で転出超過から転入超過の地方に変革 !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策NFT “ クリエイターエコノミー ” 涵養のページ


日本のクリエイター活動を促進するために by 加藤勝信先生ジタル田園都市国家を構成するトークン社会

2022年2月10日。日経Web刊 “ 中国5県、転出超過続く ” に読む、岡山県の人口転出超過に危機感を募らせるなか、2月19日の日経Web刊。岡山県とは裏腹に7割の自治体が転入超過の “ 31道県、子育て世代流入 ” 記事を読むことに。30- 40歳代の流入要因は、なるほど自治体の子育て世代向け多彩な施策。

他方、転出超過が止まらない岡山県。県都を担う岡山市の「子育て世代ネグレクトの予算配分」が主たる原因の一つであり、さらに公共交通は機能不全に陥って久しく、しかも「路線バス定期券割引率引き下げ申請 利用者は実質負担増に」を読むように、これではマイカーを持たない子育て世代の移住先には、なり得ない。

<<【 地方創生DX 】“ ふるさと求人・移住支援金・起業支援金 ” のフル活用、強かな自治体DX >>

どうすれば転出超過の岡山を、転入超過に変革できるか。考えあぐねている中、岡山県が輩出した元官房長官、衆議院議員 加藤 勝信 先生の政策提言「日本のクリエイター活動を促進するために」が目に留まる。ここにチャンスを見出す私は、忽ち「岡山トークンエコノミー移住特区」事業を構想し、政策形成をスタート。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

岡山トークンエコノミー移住特区の概要は至ってシンプル。岡山リサーチパークや近隣エリアに移住者向け無料のコワーキングスペースを用意した上で、1. ふるさと求人・移住支援金・起業支援金で岡山へ移住いただき、自治体側は 2. 地方創生ICOの整備、および 3. DX公務員登用制度の創設により、定住支援を実施する。

クリエイターは概ね Enjoy your work anytime, anywhere ! なので、最低限の衣食住が担保されていれば五感で地方ぐらしを愉しみ、情報発信による地域ブランディングはもとより、自治体のDX推進への貢献も。そのとき移住クリエイターに付与される特典の一つは地方創生ICOであり、それは地域経済循環を担保する。

SDGsやSociety5.0に通づる地域経済循環の盛り上がりにつれて期待されるのが、岡山トークンエコノミー移住特区へ転入されたクリエイターによるデジタル田園都市国家構想「メタマルシェx◯◯」提言事業の実現で、これが移住特区のロールモデルとなり早晩、全国へ波及し普及する。持続可能な分散型社会の起点とも。


日本のクリエイター活動を促進するためには、地方への移住政策とセットで設計すれば効果倍増と考える私。

自治体ICOは、岡山珠玉の農林水産物を移住者は安価に購入できる、特典各種をサポート。すでに起こった世界的金利上昇による、東京の転出超過の加速に岡山が備えるべきは、地方の高度成長期の始まり。今こそ加藤 勝信先生(政治家)にコメントを届けて「日本のクリエイター活動を促進するために」政策を実行する時。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。

※ たとえば渡辺 創太さんのような辣腕の起業家が、日本から海外へ移住しなくて済む。それどころか、海外から優秀な起業家が日本へ移住してくる。しかも地方活性化も兼ねた一石二鳥の国家戦略特区。その経済特区こそ、デジタル田園都市国家構想を実現に導く「NFTエコノミー移住特区」です


そのとき自治体(岡山)側の、2. 地方創生ICOの整備に関し、デジタル庁Civic Techer による協働は重要。素早く速やかにアライアンス体制を整えるためにも「岡山トークンエコノミー移住特区」事業について、加藤先生への報告・連絡・相談は必要不可欠。転出超過の岡山を転入超過の素敵な地方に変革するために、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書メタマルシェx◯◯」等、政策形成を率先いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT岡山トークンエコノミー移住特区
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山の将来展望: 長老支配からの卒業と「パーパス為政」で明るい未来

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
為政者が “ パーパス経営 志本主義 ” を学ぶページ

岡山県知事マニフェスト_菅野敦也
い者さえ「白」と言わせた長老支配の終焉

健やかに成長する岡山市の未来を描く、そんなグランドデザインを基にする、しっかりした政策が存在していたなら、この街は中四国のリーダー都市として100万都市になっていて何ら不思議なく。然は然り乍ら日本一短い(= 日本一不要の)時代錯誤の路面電車が駅前を占拠する岡山市の現状は、72万人程度の冴えない町。そんな負の印象の払拭は、難しい。

なぜ岡山市は成長できないのか? その問いについては繰り返し恐縮ながら、ベンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックイン。街の健全な成長をロックする “ 三大ロックイン ” が痛烈に効いており、閉塞社会の深淵に横たわる “ 長老支配 ” が成長阻害の元凶であることを知る岡山県民は、少なくありません。
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)

なれば “ パーパス為政 ” が重要。我田引水を主とした一族が没落する今年、岡山県知事選を想定する私。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新しく誕生する岡山県知事のマニフェストづくりを政策起業家の立ち位置において、お手伝いする所存です。


寅は真っ当なメディアにより「百年河清」が実現。岡山の未来を明るく照らす年

冒頭。岡山の将来展望を冠した本稿において、2022年の私は、悪の枢軸の殲滅を含むグレートリセットの到来を確信しています。その根拠は、メディアの変化。昨年末12月のNHKニュースの一報は、あり得なかった岡山の百年河清を確定づける内容で、翌日22日の知事記者会見に照準を定めた報道は、誠に見事あっぱれ。

上限超え3950万円の寄付受け取りに膨らんだ報道で、伊原木 隆太さんの辞職は避けられそうにありません。

岡山県HP「2021年12月22日知事記者会見」より質問が打ち切られるシーンを抜粋

〜 中略

記者)
 後援会とおっしゃっているんですけれども、後援会、いろんな後援会があるというような文脈でお話を昨日もされたんですけれども、あえて固有名詞は出しませんけれども、オープンデータになっているものを見ても、純然たる他の人が自発的に勝手連的に作った後援会というよりは、もう電話番号とか関係者の名簿を見ても、もう極めて知事の事務所そのものの部分というのも多いかと思うんですけれども。他の人がやってくれたことがわからないというよりは、自分の事務所スタッフ等々で早急な把握が可能なものなんじゃないかなという印象を受けるんですが、そのあたりはいかがでしょうか。

知事)
 それも含めてまた、そのために設定する記者会見でご説明させていただきたいと思います。

司会)
 それでは以上をもちまして、知事定例記者会見を終了いたします。

知事)
 ありがとうございました。

「そもそも我々、法律に違反することをやっていたという認識は、その当時も今もありませんので」と跳ね除けた12月22日。伊原木 隆太さんは12月27日に記者会見を開き、一転「法律の趣旨を逸脱していると言われてもやむをえない」と罪を認めて謝罪。その後おくびにも出さず笑顔で公務をこなすも、県民は観ていた。

こと評価すべくは中國新聞の「中国5県 2021年回顧」記事で、岡山県の御用新聞には学んで戴きたい。

2022年1月6日: 中國新聞「中国5県 2021年回顧」より抜粋

〜 中略

岡山

知事の支援団体 献金問題が発覚

 岡山県では年の瀬になって、伊原木隆太知事の選挙の支援目的で設立された二つの政治団体への迂回(うかい)献金問題が新たに発覚した。2013年と14年、18〜20年の5年間で計3950万円の寄付が政治資金規正法の上限を超えていた。父親と妹2人が寄付者で、いずれも複数の政治団体を経由し、それぞれの政治団体へ金を集めていた。

 個人が一つの政治団体に寄付できる上限は150万円。法律の上限額について伊原木知事は「勉強不足で知らなかった」、父親の一衛氏は「法律にのっとり、各団体を支援していたつもりだ」と話す。県議会の一部には「知らないわけがない」との声もあり、伊原木知事は全容解明とともに県民が十分納得できるまで説明を尽くす必要がある。

〜 中略

清廉潔白や勧善懲悪とは無縁の私は予想屋でもないけれど、盛者必衰の理を経験的に体得しているせいか、我田引水の為政者の末路の想像は難くない。ご一族の栄華が遠のくのとは対照的に、近づく岡山県知事選挙に備えて、マニフェストスイッチのオープンデータ化に適応させた、ローカルマニフェストを共有した次第です。

岡山市版「デジタル田園都市国家」構想の実現に臨む超アジャイルな私は、パーパス為政を究めて参ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 志本主義 パーパス為政で明るい未来
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ