政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

岡山駅ペデストリアンデッキ

異能vation 2022:Web3はテクノロジーの集積が育む新しい世界観。即ち Soulbound(≒ 志)ドリブンの理想の社会(= Society 5.0)

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
異能vation “ 破壊的な挑戦部門 ” リベンジのページ


想天外でアンビシャス(=へん)な志士
2021異能vationプログラム
お早いもので、昨年のエントリー “ 選挙DX: ムラ社会を創造的に破壊し未来都市を創る、コンテンツマーケティング概論 for 岡山市長選挙2021 with 異能vationプログラム. ” から1年少々が過ぎ、今年の「異能vationプログラム」エントリーの季節がやって参りました(嬉)。前年の結果は毎度お馴染み、奮闘努力の甲斐もなく選考にカスりもせず落選ですが、今年こそ今度こその想いを忍ばせ性懲りもなく、倦まず弛まずエントリーいたします(笑)。

異能vationプログラムとは: 異能vationプログラムは、ICT分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援します――。


上記を読むなかストーンと腑に落ちるのは、〜 人類史上、既存の枠にとらわれない破壊的なイノベーションを起こしてきたのは、こうした奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する「へんな人」でした。異能vation プログラムは、こうした人たちがのびやかに活躍することが日本の新たな未来を創る、と信じて取り組んでいるものです 〜 と記されたラストの行。自称へんな人の私も、これは応募せずにいられません。



2022年度「破壊的な挑戦部門」 - 応募する技術課題名

Soulbound(≒ 志)ドリブンの理想の社会(= Society 5.0)を試作する「政策DAO」のPoC

能vation「破壊的な挑戦部門」 - 応募する技術課題概要

1. 技術課題を乗り越えて実現したい目標
どんな世界にしたいですか?何を実現したいですか?そのためには今どんな壁がありますか

どんな世界にするか? “ Web3が育む透明な世界。即ち、志ドリブンの理想の社会 = Society 5.0
何を実現するのか? “ 岡山市民の総意を実らせる「岡山駅ペデストリアンデッキ」整備事業の実現 ”
どんな壁があるか? “ ミレニアルズは逃げ出しGen Zを生きづらくする長老支配が築いた堅牢な壁 ”


2. 実現への道筋
その壁をどうやって超えていきますか?あなたの持っている技術や計画を教えてください。
理想の社会への起点は住民の総意が現状を変える! そんな岡山市民の希望の涵養と確信します

壁をどう超えるのか? “ Web3メディア「政策DAO」に集う市民の変革パワーで壁を創造的に破壊 ”
私が持っている技術は “ Web3(自律分散型)社会を先駆し、Society 5.0 へ導く政策形成DX技術 ”
私が持っている計画は “ 岡山ヤシノミ作戦および市民の声を聴く「メタバース市議会」の設営計画 ”

3. 追加資料、試作品(任意)
なぜこれに挑戦しようと思ったのか、この技術のどこをアピールしたいかなど

挑戦の志モチベーション “ Web3「Purpose Flywheel Theory」と「パーパス・ドリブンの志」 ”
技術のアピールポイント “ 自律分散型プロジェクト「政策DAO」が岡山市政を変革するWeb3技術
政策DAOの無料運営に必要なもの: 1. 無料の Didcord 2. 無料のMetaページ 3. 無料のブログ


※ 資本を持たない一人の岡山市民(自称へんな人)が「検索クエリアート」技術の駆使により、志ひとつで岡山市にSDGs未来都市を創れるか? 異能vationプログラムの中で仮説を検証いたします。乞うご期待を!


Web3はテクノロジーの集積が育む Soulbound(≒ 志)ドリブンの理想の社会(= Society 5.0)

Web3の本質は、中央集権型意思決定フローを自律分散型のそれに変える、遍く情報経路を記録する新機軸。

2022年6月8日。私淑する伊藤 穰一さんのインタビュー “【単独】伊藤穰一氏が「web3は世界を変える」と主張する納得すぎる理由 ” の文中 〜 DAOは通常の企業よりも「オープンでインクルーシブなガバナンスモデル」を実現しつつ、情報がすべてオープンにされる「透明性が高い組織」〜 その記述は将に言い得て妙。


現社会の透明化の兆しは、官民こぞってデータの改ざんが発覚したり、官製談合事件が表面化してみたり。

冒頭。遍く情報経路を記録するブロックチェーンは高い透明性を担保することから、オープンガバナンスは洗練され、シビックテックも健全に育まれ、伊藤さんが強調する「オープンでインクルーシブなガバナンスモデル」もまた実現をみることに。NFTエコノミー政策提言を繰り広げる私はワクワク嬉しみしかないのです。

政策DAOが実現させるメタバース市議会は、近い将来。国を包摂する「国会DAO」を担うかも知れません。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 異能vation2022 破壊的な挑戦部門
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
健全社会の志 “ 岡山市民の日 ” に魂を入れるページ

政策提言「岡山駅ペデストリアンデッキ整備事業」市民アンケート
造って魂入れず。岡山市民みんなが考える日

今年2022年「岡山市民の日(毎年6月1日)」は先勝の水曜日。岡山市へ移住17年目を迎える記念日好きの私は2012年3月22日に定められた市民の日を具に観察していてコラムを寄稿したり、昨年は変な枕詞を冠した「長老支配に決別 6月1日。岡山市民の日」noteエントリーを垂れ流したり。空気読めない或いは、空気読まない流れ者の嫌われ者は相も変わらず「それダメです」と、今年も駄文を綴る今しがた。

さはさりながら幾許なり、地域社会の健やかな未来を願いお役に立てればと、6月1日。毎年必ずやって来る「岡山市民の日」が岡山市民にとって有意義であるために、掲げたタイトルに従い、2022年6月1日「岡山市民の日」を現在、過去、未来で歯に衣着せず記します。すべては岡山市の近未来が健やかであるために…。


現在。上掲の通り、グランドデザインを持たない街おかやま市。そのケイパビリティの低さが問題なのです。


去8ヶ月の8大「ネガティブ報道」こそ岡山市が生まれ変わる「風の時代」Web3の変革チャンス!

遍く事物の問題を解決・改善するには、問題の本質の究明が超重要。岡山市の成長は、そこから始まります。

2020年12月22日。グレートコンジャンクションより始まった「風の時代」を痛感させる、瓦解する中央集権型組織とDAO(分散自律型組織)の浸透または台頭。それらが暗示するのは久しく岡山市を衰退させた「長老支配」の終焉あるいは、GenZers 集う街の始まり。その岡山の問題は「問題を問題と認識」しないこと。

翻って問題を問題と認識」するなら百年河清は実現し、健やかな成長を始める岡山市。急ぎ、問題を列記。

問題1. 2021年10月。岡山市民の希望の星、変革の志士 浦上氏を見殺しにした投票率34.01%猛省
問題2. 2021年12月。NHKの収支報告書分析で発覚した岡山知事「いばらぎ隆太後援会」の迂回献金
問題3. 2022年1月。鉄道コスト約10分の1の路線バスではなく路面電車ありきの大森岡山市長の奇妙
問題4. 2022年1月。待機児童はじめ、大森さんの「子供の未来を閉ざす予算」により辛い報道は頻発
問題5. 2022年3月。セクハラ疑惑を釈明しない起業家を起用する岡山芸術交流2022の開催について
問題6. 2022年5月。補助金強請る傍ら公共交通を遊びとして弄び草バス仕立てるふざけた企業が暗躍
問題7. 2022年5月。違法デリヘルに関連して2019年 文春砲を浴びた岡山1区 代議士の説明責任とは
問題8. 2022年5月。長老支配を温存させたおっさん粘土層に亀裂が入る岡山グレートリセットの兆候

はてさて昨年12月以降。6ヶ月足らずの間に、岡山市政に関わる為政者や企業による全国を呆れさせる報道、続々。ことさら辛く悲しい5歳女児の虐待による死亡事件の根本に横たわるのは、児童相談所の予算不足による職員不足に起因しており、大森さんの「子供の未来を閉ざす予算」が問題の本質であることは自明の理。

社会は頭から腐る―。造った仏(岡山市民の日)に魂を入れようにも腐敗した魂を仏は受理しないのです。

謂うなれば「子供の未来を閉ざす予算」を強行する大森岡山市長の罪はもとより、数々の悪政を通過させる岡山市議会議員の不作為の罪もまた軽くはありません。そんな岡山市政が担ぐ「岡山市民の日」は、いわば失われた岡山市民の10年間。岡山市は今このままで大丈夫?…変革のきっかけを創りませんか !? ファイトっ!

1日だけでもいい、ちょっとでもいい。岡山市の健やかな未来を創る変革を考える日が「岡山市民の日」。

※ 利害得失や、我田引水ではない真の有識者 浦上雅彦さんのYouTube 6月1日お昼のライブ ※
※ 2022年6月1日(水)夜の部。本気なんです『岡山市民の日』@ 岡山シンフォニーホール. ※

なればこそ。2022年「岡山市民の日」に問題を問題と認識し、岡山市が成長に転ずる起点の日としたい。


う君の唄を歌う人を称賛する社会への移行こそ、岡山市が生まれ変わる天与のチャンス!

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護それは、天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

大事なことなので繰り返しとなり恐縮ですが、岡山市へ移住17年目を迎える記念日好きの私が具に観察している岡山の問題は「問題を問題と認識」しないこと。翻って問題を問題と認識」するなら百年河清は実現し、健やかな成長を始める岡山市。だからファイト! さらに闘う君の唄を歌う浦上雅彦さんファイト !!

もし仮に、腐り果てた我が街に、岡山市の再興を志す熱い人々が居たとするなら11回目を数える令和4年6月1日を、もっと岡山を好きになる!「岡山市民の日」即ちリボーンの吉日に見立てて、歩いて楽しむ晴れの国づくりの政策提言「桃ペデ(岡山駅ペデストリアンデッキ)整備事業」の実現に臨み、一緒に闘いませんか?


※ なんと↑63.7%の方がポジティブに捉えてくださる「岡山駅ペデストリアンデッキ」整備事業 ※

前述。過去8ヶ月の8大「ネガティブ報道」に接し改善・改革スルーを続ける中で「岡山市民の日」の定着を図るのは、よもやマッチポンプで市税・国税の無駄遣い。それはさておき、街なか回遊による地域振興を促進する提言事業「岡山駅ペデストリアンデッキ需要アンケート」を試行実行するなど、独り私は闘っています。

なぜなら、造った仏(岡山市民の日)に入れるとは、よりよい社会を創る協働事業。だからファイト !!

岡山市が今後ますます発展していくためには、市民一人ひとりが岡山のまちを愛し、誇りに思い、盛り上げていくことが必要と謳う「岡山市民の日6月1日が有意義であるには、次代を担う岡山市の若者が県外へ逃げ出す負債(傍若無人な老人の悪政)を清算し、地元愛を育む、長老支配からの卒業の1日であることが重要。

岡山市民の日」は、市民の総意を問う日。そんな市民シンポジウムを開催できれば、値千金だと思います。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

社会は激しく豹変し、Web3人財が求められる今。大きな組織に別れを告げ2006年より地方都市に潜伏している私は、経路依存性からの脱却の難しさや、河合 薫さんの云う「フィーリングで生きたい中高年」の気持ちもよく分かる。けれども、岡山市は今このままで大丈夫?…私と一緒に、闘いませんか !? ファイトっ!

いづれも岡山再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 毎年6月1日は “ 岡山市民の日 ” です
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ