生涯学習ブログ

「生涯学習ブログ」は Society 5.0に臨む、経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生コラムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

岡山令和刷新事業

Quantum Thinking:嫌な奴が吐く正論が岡山市を健やかに変える! 平田オリザさんのアドバイスを借りて実装する『 クオンタム思考 』!!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市に生きる次世代への “ シグナリング ” ページ


「イヤなやつだけど正論を吐く人が必要」。環境問題の解決には「意地悪な視点」が必要だった来に先回りする行動変容『クオンタム思考』

岡山へ移住して15年。概ね県民性(岡山メンタル)は理解できたので、MICRO MAGAZINE社『これでいいのか岡山県シリーズ』どれもが腑に落ち、様々な場面を想い起こして苦笑失笑も、岡山市の変革に臨み、笑ってばかりはいられない。どうすれば岡山市民の考え方を変えられる !? と嫌な奴は思案橋。

と、移住して15年の嫌われ者の私が気づいた特殊な気質に関する一つは、一般的な岡山の人々が何かを受け容れる際の判断基準の優先順位ダントツ1位は、「誰が言っているか」という点。そこに『クオンタム思考 テクノロジーとビジネスの未来に先回りする新しい思考法』が介在するはずはないので、試行錯誤を開始。

忽ち閃いたのは6月3日ハフポスこれからの経済 “ 「イヤなやつだけど正論を吐く人が必要」。環境問題の解決には「意地悪な視点」が必要だった “ で紹介された “ クライメート・アクティビズム・スクール ” の演劇ワークショップの講師役を務められた、岡山県奈義町のまちづくりで知られる劇作家の平田オリザさん。


岡山市民の皆さま。「正論を吐く嫌な奴が必要」って、平田オリザさんが言ってるよ!

そうズバリ、ビッグネームの平田オリザさんのアドバイス「皆さん、混乱させることが苦手でしょう? きっとこれまで混乱させないように、トラブルを回避するようにと教えられてきたから、その逆は不得手なんでしょうね」をお借りしない手はない!そう瞬時に目論む、「よそ者」が日本を変えるを頑なに信ずる私。

検索クエリアートを駆使して投票率と街の文化レベル」を引き上げ地域イノベーションを実現します。

そんな折柄。岡山県立図書館予約でお借りした新刊は『クオンタム思考 テクノロジーとビジネスの未来に先回りする新しい思考法』で、早捲りするなか P.258 “ 沈黙できない老兵がいれば、穏やかならぬ言葉ですが、「さっさと消え去っていただく」のが、日本の未来にとって懸命な処遇でしょう。” に激しく共鳴。

上述 平田オリザさんのアドバイスに交錯するとともに、勝者の言葉(メンタリティ)を想起してみたり。


はてさて、今号のタイトルは「嫌な奴が吐く正論が岡山市を健やかに変える! 平田オリザさんのアドバイスを借りて実装する『 クオンタム思考 』!!」で、これまたコンテンツマーケティングのケース学習エントリーを兼ねたもの。フレーム・オブ・リファレンスを究めんとする皆さまの、某のヒントになれば至極幸い。

いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

コンテンツマーケティングを制する者は、地方都市の変革を制す! パーパスドリブンの志を貫徹します。


山市はなぜ衰退するのか? 問題は、集団主義と協調性を混同した市民は選挙に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 『クオンタム思考』が岡山を変える!
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

なぜ岡山市民は選挙に行かないのか? 次の世代と語る、SDGsと、ジェンダーギャップ。低すぎる「投票率と街の文化レベル」の深淵な関係

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市長選挙 マニフェスト ” を面白くするページ


ニフェスト(選挙公約)が岡山市を変える!なぜ岡山市民は選挙に行かないのか? 次の世代と語る、投票啓発ウィーク。

先日のエントリー “ 岡山メンタル:勝者のメンタリティ ” でフンワリお示しした通り、岡山市へ移住15年超の私は『 勝者は戦う対象と妥協する対象を知っているが、敗者は安易な妥協をし価値の無いことで戦う 』格言のなかの後者、敗者のメンタルに岡山市民は支配されているのではなかろうかと懸念しており、仮にそうであるならコンテンツマーケティング技術を駆使して、勝者のそれに転換いたしたく。

歯に衣着せず言い放ってしまうなら、SDGsESGジェンダーギャップをはじめとする岡山市のディープイシューに取り組み熱心に活動する意識の高い岡山市民は相応にいらっしゃるにも関わらず、それら深刻な問題を根本から解決へ導くべく、首長を挿げ替える天下分け目の戦い(岡山市長選挙)には、なぜか無関心。


もう黙っていることができません! ” けして安くはない広告掲載料金を自前で賄い意見広告「生きとし生けるもの全てが幸せでありますように」を掲載なされた昭和食品工業株式会社 Twitterハッシュタグ #昭和食品工業 を拝読。澄川 誠さんの仰る「主権は国民」「知行一致」を前に、岡山市長選挙の投票率を恥じたり。

前回投票率 28.35%は岡山市の文化レベルを映す指数であり、街の成長可能性を示す深刻なスコアとも。


澄川さんのように崇高な志を掲げる経営者が1人活躍するだけで、岡山市は見違える街へと豹変を始める。


挙DXとは、マニフェストスイッチ ✕ パーパスドリブン

なぜ岡山市民は投票に行かないのか? 答えは超シンプル。選挙は面白味がなく時間の無駄だから…。
なぜ面白くないのか? ワクワクする夢の街を実現に導くローカル・マニフェストが存在しないから。

そう。衰退まっしぐらの岡山市の数多ある問題の一つは、街の将来をアリアリと描き有権者に平易に示し実現を約束する、具体的かつ素敵なマニフェスト(選挙公約)が見当たらないから。だから、マニフェストスイッチ誰に?ではなく、私たちが暮らす街の未来をよりよく実現できる具体的な選挙公約に一票を投じたい


じゃあどうするか? 先達の名句「おもしろきこともなき世」をお借りし、守・破・離するなら、「おもしろきこともなき岡山市長選挙をおもしろく、すみなすものはマニフェストなりけり」と相成りましょうか。

なればこそ、「選挙DX」に辿り着くのです。なぜ私は稚拙なブログエントリーを繰り返すのか? それらの基にあるのは “ パーパス・ドリブンの志 ”で、私は “ 無一文でも世界は変えられる ” と信じて疑わないから。
( ※ 選挙DXに必要なもの: 1. 無料のブログ 2. 無料のSNS 3. 無料のマニフェストスイッチ

岡山市民が思わず時めく選挙公約創りに力を借りたく、次の世代の原田ケンスケさんにエールを送ります。


山市民はワクワク感がないから選挙に行かない !? 時めくマニフェストを用意しなくては…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > なぜ岡山市民は選挙に行かないのか?
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山メンタル: 岡山市長選挙2021 雅雅対決(大森 雅夫さん Vs 浦上 雅彦さん)。勝者のメンタリティを身につけ、岡山市は精強な街になる!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
選挙DX “ 勝者のメンタリティ ” をGETするページ


者は現状を否定し、敗者は変革を先送る。
【【 岡山メンタル 】】 ≒ “ 勝者のメンタリティ ”
札幌〜横浜〜東京〜大阪に暮らし、出張族となり全国44の都道府県庁所在地を東奔西走するなか、海の幸・山の幸に恵まれた晴れの国おかやま市こそ日本一の移住好適地と断定的に推定し、2006年。キャリアチェンジを伴う自己都合退職をもって岡山市へ移住、15年超のワタクシ。将に素晴らしい秘境である一方で、岡山市政による衰退戦略は甚だ残念。それも今秋。首長を挿げ替える市長選挙に臨み、革新スピリッツに火は灯り、ワクワク感は収まらず。

<< 岡山市長と前・岡山市議会議長が雌雄を決する岡山市長選挙 2021雅雅対決 ” の勝者は、現職 大森 雅夫さんか、 はたまた新人 浦上 雅彦さんか? 雅かの第三極が台頭する漁夫の利だってあるのかも !? >>

なぜワクワクするのか? それは「選挙DX:コンテンツマーケティング概論」の繰り返しながら、 “ 積年の長老支配による市民の無気力の壁 ” を打ち破り、ムラ社会を創造的に破壊し未来都市を創る好機を岡山市長選挙2021は提供してくれるから。そのチャンスをものにするには、岡山市民のメンタルの書き換えが不可欠

勝者は「私が変える」と信じ1票を投じ、敗者は「岡山市は変わらんよ」とうそぶき投票にすら行かない。


メンタルが強い人の特徴5選! 1.私生活を楽しんでいる 2.自分の意見を言える 3.八方美人ではない…

そこで紹介すべくは、NPO法人 博多の風さんの1枚のPDF『勝者の言葉(メンタリティ)』。そこに記された18の格言どれもが私にとって金言なのですが、筆頭は? そう問われたなら迷うことなく『 勝者は戦う対象と妥協する対象を知っているが、敗者は安易な妥協をし価値の無いことで戦う 』を引用させていただきます。

メンタルを更新すれば岡山市は忽ち凄い街になる。だから “ 勝者のメンタリティ

勝者には程遠い、常に30戦 1勝29敗レベルの私ながら、『 勝者は敗北から学び、敗者は新しい事を試みないで失敗しないことだけを学ぶ 』。これだけは小員も出来ている、そんな気がいたします。激動の世の中で、戸惑い感が立ちはだかった時の心の羅針盤の一つとしてオススメします。お時間ある時よろしければ^^。


メンタル弱めの市民が若干多いと感じる岡山市。勝者のメンタリティに書き換えて、素適な街へ!


者は100万都市を標榜し、敗者は「岡山市も人口は自然に減るんだよ」と吐き捨てる。

岡山メンタルの難点の一つは投票率 28.35%で、敗者のメンタリティは消去法でヤル気のない首長を選出。

いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

市政に競争政策を督促すべく、コンテンツマーケティング概論 for 岡山市長選挙2021.の洗練に努めます。


山市はなぜ衰退するのか? 問題は「長老支配」にあり、市民は選挙に無関心だから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山メンタル: 勝者のメンタリティ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

選挙DX: ムラ社会を創造的に破壊し未来都市を創る、コンテンツマーケティング概論 for 岡山市長選挙2021 with 異能vationプログラム.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
異能vation “ 破壊的な挑戦部門 ” 応募の共有ページ


想天外でアンビシャス(=へん)な人
2021異能vationプログラム
お早いもので、昨年のエントリー “ 異能β(後のDX公務員)が拓く、半農半DXと自給自足のSociety5.0シティ。デジタル円 & ベーシックインカム for 異能vationプログラム. ” から1年弱が過ぎ、今年の「異能vationプログラム」エントリーの季節がやって参りました(嬉)。前年の結果は毎度のことながら、奮闘努力の甲斐もなく選考にカスりもせず落選ですが、今年こそ今度こその想いを静かに忍ばせ性懲りもなく、再三再四エントリーいたします(笑)。

異能vationプログラムとは: 異能vationプログラムは、ICT分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援します――。

上記を読むなかストーンと腑に落ちるのは、〜 人類史上、既存の枠にとらわれない破壊的なイノベーションを起こしてきたのは、こうした奇想天外でアンビシャスな技術課題に挑戦する「へんな人」でした。異能vation プログラムは、こうした人たちがのびやかに活躍することが日本の新たな未来を創る、と信じて取り組んでいるものです 〜 と記されたラストの行。自称へんな人の私も、これに応募せずにいられません。



2021年度「破壊的な挑戦部門」 - 応募する技術課題名

ムラ社会を創造的に破壊し未来都市を創る、コンテンツマーケティング概論 for 岡山市長選挙2021.


能vation「破壊的な挑戦部門」 - 応募する技術課題概要

1. 技術課題を乗り越えて実現したい目標
どんな世界にしたいですか?何を実現したいですか?そのためには今どんな壁がありますか

どんな世界にするか? “ 心豊かな Society 5.0
何を実現するのか? “ スーパーシティ岡山の実現
どんな壁があるか? “ 積年の長老支配による市民の無気力の壁

2. 実現への道筋
その壁をどうやって超えていきますか?あなたの持っている技術や計画を教えてください。
起点は、有権者の一票で街は健やかに変わる。遍く岡山市民の希望の萌芽です

壁をどう超えるのか? “ ヤル気のない首長の挿げ替え
私が持っている技術は “ コンテンツマーケティングDX
私が持っている計画は “ 瀬戸内海「 三都物語 」プラン ”
※ 資本を持たない一人の岡山市民(自称へんな人)がコンテンツマーケティング技術の駆使により、志一つで岡山市に未来都市を創れるか? 異能vationプログラムの中で仮説を検証いたします。乞うご期待を!

3. 追加資料、試作品(任意)
なぜこれに挑戦しようと思ったのか、この技術のどこをアピールしたいかなど

挑戦の志モチベーション “ パーパス・ドリブンの志
技術のアピールポイント “ 無一文でも世界は変えられる
選挙DXに必要なもの: 1. 無料のブログ 2. 無料のSNS 3. 無料のマニフェストスイッチ




山市はなぜ長老支配で衰退するのか !? 問題は、岡山市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > コンテンツマーケティングDX概論
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

経営DXラボ:「ドラゴン桜」に学ぶ東大メンタルが示唆する生存戦略。コンテンツマーケティングを制する者は、地方都市の変革をも制す!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
炙り出される “ 天然モノDX人材 ” を再考するページ


「ドラゴン桜」に学ぶ、予言の自己成就。ヤなやつだけど正論を吐く人が必要

6月3日のハフポスこれからの経済 “ 「イヤなやつだけど正論を吐く人が必要」。環境問題の解決には「意地悪な視点」が必要だった “ はESG投資を研究する私にとって珠玉のコラムで、パタゴニア日本支社が開催した “ クライメート・アクティビズム・スクール ” の、演劇ワークショップに目は留まる。

こと講師役の劇作家 平田オリザさんのアドバイスの言葉「皆さん、混乱させることが苦手でしょう? きっとこれまで混乱させないように、トラブルを回避するようにと教えられてきたから、その逆は不得手なんでしょうね」は印象的で、岡山市へ移住して15年。今秋の首長選挙に「変革」を仕掛ける私は、妙に納得。


そんな折柄。岡山県立図書館予約でお借りした新刊は『東大メンタル 「ドラゴン桜」に学ぶ やりたくないことでも結果を出す技術』で、パラパラ早捲りするなか P.266 “「予言を自己成就」させるSNS活用術 ” と、前掲 平田オリザさんのヒントが激しく交錯するとともに、勝者の言葉(メンタリティ)を想起してみたり。


はてさて、今号のタイトルは『「ドラゴン桜」に学ぶ東大メンタルが示唆する生存戦略。コンテンツマーケティングを制する者は、地方都市の変革を制す!』で、これまたコンテンツマーケティングのケース学習エントリーであり、デジタルマーケティングを究めんとする研究者みな様の、某のヒントになれば至極幸い。

いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

コンテンツマーケティングを制する者は、地方都市の変革を制す! パーパスドリブンの志を貫徹します。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民は投票に行かず、しかも行動を起こさないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ドラゴン桜コンテンツマーケティング
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

選挙DX : 岡山市長選挙 2021 に出馬する志士の、必勝マニュアル。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
選挙DX “ マニフェストスイッチ ” 連携提案のページ


められて堪るものか! 怒れよ岡山市民 !!
前回投票率【 28.35% 】汚名を返上。マニフェストスイッチ岡山市長選×◯◯新聞 !? 岡山市の未来は市民が選ぶ!協働キャンペーン開始 !!
先般のエントリー “ 大森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由 ” に明記しておりますが、岡山市政の「長老支配」は極めて深刻。大正時代のレガシーシステムを岡山駅前に延伸する「路面電車ロックイン」事業を筆頭に、ごく一部の特定事業者だけを幸せにする「県庁通り1車線化」事業等によって岡山市は衰退まっしぐら。低すぎる岡山市のESG評価も全て、首長の資質を持たない大森さんの責任と断言しても、過言ではありません。

但し、彼を岡山市長にしてしまったのは、県都を担う岡山市の市長選挙で投票率28.35%という恥ずかしい記録を叩き出した私たち、岡山市民の連帯責任。政令市なのに投票率 28.35% !? 大森さんからすれば、強固な組織票があるから、いつでも勝てる!と、首長選挙に行かない岡山市民は、総嘗めの状態なのでしょう。

だから企業ファースト、住民サービスの向上は後回し。「伊那市DXしあわせのまち宣言」に遠く及ばず。


幾多の惑溺の事業が齎す損害賠償を負う立場にある、そんなリコール必至の現職に出馬を要請するサル山根性オヤジが市議会に複数存在する難点はさておき、よもやぬらりひょんの大森さんが岡山市長選挙3選を目論み出馬表明したならば、私は「嘗められて堪るものか! 怒れよ岡山市民 !!」と独り連呼することでしょう。

公費で路線バスを渋滞させる「路面電車ロックイン」、官製渋滞を招く「県庁通り1車線化」事業は大惨事。

※ 岡山市の路線バス渋滞の原因。幹線道路を機能不全に陥らせて久しい「路面電車ロックイン

※ 岡山市の問題の本質: “ 大森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由

しかも大森さんは浦上さんの出馬に焦ったのか、突如メディアにひょんと現れ緊急事態宣言の解除の前倒しを国に丸投げしたところ、県「何らかの要請継続」と要らぬ混乱を誘い、さらには経営が苦しい飲食事業者に罰則付きの命令が出される手続きが結果として進むなど、取り返しのつかない大失態を繰り返す、大森さん。

暮らし易さを改善すれば、岡山市は自ずと100万都市へ成長するのに、大森さんのお陰で衰退まっしぐら
※ 平田オリザさんのアドバイスより “ 「イヤなやつだけど正論を吐く人が必要」


なれば岡山市の健やかな未来のためにリスクを一手に引き受け出馬する、気概の志士に必勝マニュアルを。


ーブメントを巻き起こす、夢と希望を叶えるマニフェストづくり。即ち街づくり

岡山市民が思わず応援したくなる、支援せざるを得ない、構想アーティストが提案する公約は、3つ

1. 女性活躍推進および若手の抜擢。岡山市の女性「副」市長、市役所「局長」の若返り
 例 ) バイデン米国大統領 veepstakesアメリカ史上初、女性「副」大統領への道
2. 自治体DXによる岡山市職員・教職員・医療従事者および中小企業の働き方改革を推進
 例 ) 富士市職員の志。産学官連携プラットフォーム 新しい公共のカタチ the Fourth
3. 共通フォーマットで政策の比較・活用・検証を可能にする “ マニフェストスイッチ
 例 ) 健やかな岡山市への変革の志を示された浦上 雅彦さんに過日、下記ご提案済み


現在 “ 岡山市の女性活躍推進・女性の首長輩出プロジェクト ” 遂行中の私。キャンペーン期限内に意中の人の出馬が叶わなければ、迷うことなく浦上さんの応援を開始する所存。岡山市の社会問題に精通し、実際に取り組んでいる女性の民間人「副市長」の登用。その取引は昨日ご本人にお会いして、終えていますから。

プロトタイプとしてのマニフェスト by 菅野敦也も自由に改変して、お役立てください。岡山市のために。


山市はなぜ長老支配で衰退するのか !? 問題は、岡山市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市長選挙 2021 必勝マニュアル
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

「 岡山市の女性活躍推進・女性の首長輩出プロジェクト 」with 岡山市長選挙2021.は、街の変革を促す、選挙啓発のためのティザーサイト。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市 “ ジェンダーギャップ ” 解消に努めるページ


岡山市の女性活躍推進・女性の首長輩出プロジェクト山市の女性活躍推進 実現選挙は、10月3日

毎年6月1日は岡山市民の日なのですが、ほとんどの岡山市民は知らない…。そんな冷めきった「長老支配」の街が今秋、激しく過熱する。その鍵を握るのは、健やかな100万都市への気概と勇気を携え、岡山市長選挙 2021 に臨み出馬表明をなされた、元 岡山市議会議長の浦上 雅彦先生。お会いしたことはないものの「(岡山市の)本当の力が引き出せていない」のご発言に私は、激しく共感するばかり。


単なる保守分裂選挙であるなら、むろん浦上先生を熱烈に応援するのですが、大正時代から一足飛びに、令和の新しい生活様式へ豹変させるためには「女性活躍推進」という、岡山市民の行動変容が必要不可欠であり、県都変革の志を立てた女性の候補者の出馬もなお自然の成り行きで、3極対決に備えておくのが無難とも。


如何なる志士が立候補してマニフェストを戦わせたとしても、岡山市長選に欠かせない争点は「女性活躍推進」であり、浦上先生が晴れて岡山市の首長に選出された時は是非「副市長に女性の登用・抜擢をお願いするとともに、仮にも女性の首長が誕生した時は、言わずもがな「副市長に浦上先生を起用いただきたく。

岡山市の女性活躍推進・女性の首長輩出プロジェクト ” as a Teaser site(ティザーサイト
今のままでよいですか !? それとも変えますか?
健やかな岡山市の未来を選択するのは岡山市民

子どもの貧困、ヤングケアラー問題、DV、LGBTなど岡山市のディープイシューは星の数で、望まない妊娠、夫婦別姓制度の県議会の無理解ほか、解決が待たれる社会課題は山の如し。なぜか?

岡山市は久しく昭和の保守派の「長老支配」下にあり、社会的課題は悉く放置され。ディープイシュー山積の岡山市の問題の本質は、一向に進まぬ「女性活躍推進」。可及的速やかな改善策は !?

言わずもがな女性の活躍推進の実行。特効薬は「女性の活躍推進」を担保し強力にバックアップくださる『女性の首長』の誕生で、次いで地域社会の構造改革の断行。女性首長 !? どんな人財か?

1. 岡山市のディープイシューを知り尽くし、解決に取り組んでいる人
2. 法人経営や企業管理職など、人事を含むマネジメント経験を持つ人
3. 岡山市民と日々触れ合い、健やかな街の将来設計図を描いている人

上記 1.- 3. を満たす朗らかな女性(岡山市民)は少なからず活躍中。
※ ご参考リンク〔 https://www.sunverdir.com/Female-mayor


いづれも、浦上先生の仰る「私にはいま逆のことしか見えていない」は、“ 大森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由 ” を読んでしまった岡山市民が痛感・共有していることであり、岡山市の健やかな成長のために志を立てられた浦上 雅彦先生に、畏敬の念を抱かざるを得ないのです。報恩謝徳.人。


いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

選挙啓発ティザーサイトのプロトタイプを駆使して、岡山市の女性活躍推進 実現選挙を画策いたします。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民は投票に行かず、しかも行動を起こさないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市の女性の活躍推進プロジェクト
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

人新世の地方創生: 地域オープンイノベーションの起点は、首長選挙。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
経産省 “ 大学発ベンチャーデータベース ” 考のページ


山市のイノベーション魂に火を点ける最善策
人新世の「革命論」 岡山市に女性の首長が誕生する日
なぜ岡山市はイノベーションと無縁なのか? そう問いを立てるとき「長老支配」は筆頭に立ちはだかる深刻な問題で、大正時代のレガシーシステムを岡山駅前に延伸する、岡山市を衰退へ導く「路面電車ロックイン」事業は具体的。行動変容を督促する新しい生活様式に直面する今、変革なくして街の存続は難しい。さはさりながら「昭和の保守派」に牛耳られて久しい岡山市は100万都市へ健やかに成長するどころか50万都市へまっしぐらの、衰退一途。

街づくりのリーダーである首長がオープンイノベーションに取り組まないばかりか、旧態依然とした現状を温存しようとする都市に革新の気運が高まるほうが不思議で、低すぎる岡山市のESG評価も残念ながら頷かざるを得ないのが実情。でも、諦めてはいけない。20-30代の人々は既に気づいている、資本主義の基本矛盾

豊かな未来社会(Society5.0シティ)への道筋を描く、人新世の「資本論」 (集英社新書)は静かに売れる。


岡山県吉備中央町ではイノベーションヒルズ & 吉備高原都市スーパーシティ構想という希望の萌芽あり。

大学発ベンチャーデータベースに鑑みる岡山大学発の起業数も、わるくなく。人新世が求めるオープンイノベーションを促進するには、女性の活躍推進はもとより閉塞感に満ちた村社会を刷新するムラ長の交代、即ちグレートリセットが必要。なれば、岡山市の女性の首長の誕生を起点にする地域イノベーションは不可欠。

おもしろきこともなき世におもしろく、今秋。人新世の「革命論」を岡山市で実証したく、私は努めます。


山市はなぜ面白くないのか !? 問題は、岡山市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 人新世の「革命論」岡山市の女性首長
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

イノベーションヒルズ構想 beyond 吉備高原都市スーパーシティ構想 .

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
おっへぇそぅ! “ おかやま吉備中央町 ” 応援ページ


シティ岡山.com | LINE Official Accountープンイノベーションの聖地が岡山に!

日本経済新聞社の記事 “ 吉備高原都市、起業家の街に イノベーションヒルズが構想 拠点開設、支援広がる ” を拝読し、思わず小躍りする私。昨年10月「岡山版「スーパーシティ」構想の魁は、おっへぇそぅ! 吉備中央町の遷都物語 〜 ローカルハブを目論む岡山県は「デジタル庁」創設の好適地」をエントリーし、市議会に「スーパーシティ」構想の陳情書を提出するなど、岡山令和刷新事業を推進中。


先般「行政のデジタル化の周回遅れで低下する岡山市のESG評価」エントリーで報告したように、新しい生活様式の方角を目指さない岡山の県都かつ政令指定都市の岡山市にとって、吉備中央町の気概は岡山市のヤル気を喚起する、有り難い刺激。“ 吉備高原都市 イノベーションヒルズ ” by イノベーションヒルズ株式会社.


過日。岡山県立図書館のリクエスト予約の書は『「よそもの」が日本を変える』で、ビズワン!「ミライビト」11月28日放送で紹介された株式会社ワイアードゲート(WIREDGATE Inc.)代表取締役社長 兼 Innovation Hills Inc. 代表取締役CEOの鈴木 肇さんはオープンイノベーションに不可欠な「よそもの」

札幌〜東京〜大阪を経て2006年、岡山県へ移住して以来。バカ者、よそ者を貫く私も、応援しています。


いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

日経新聞の記事 “ 吉備高原都市、起業家の街に ” に接し、あらためて県都変革の志を立てる次第です。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民は投票に行かず、しかも行動を起こさないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 吉備中央町 イノベーションヒルズ構想
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

映画『ペトルーニャに祝福を』が督促する、岡山市に女性の活躍推進を!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
厚生労働省 “ 女性活躍推進法 ” の理解を促すページ


山市に女性の首長が誕生する日10月3日
岡山市民に力を! Power to the People in Okayama City !!
昨今。時間に追われて気になる映画も、なかなか観れず(涙)。そのなか、この作品は見逃してはならないと激しく直観したのが映画『ペトルーニャに祝福を』で、備忘録エントリーを思い立つとともに、過日のエントリー「地方議会の品質:選択的夫婦別姓に反対する陳情を採択し、心貧しい「ムラ社会」の実情を世界へ露呈する、岡山県議会の低すぎる議員スコア。」をリンクすることで、昭和の「サル山根性オヤジ」の啓発も同時に目論む今しがた。

さりとてツラツラ書き捨てるだけでは退屈なので、検索クエリアートの実験も兼ね、女性活躍推進法特集ページ(えるぼし認定・プラチナえるぼし認定)をミックスしてエントリー。天然リソースに恵まれすぎの晴れの国なのだから、女性が活躍できる地域社会の実現で、岡山市の低いESG評価だって忽ち、改善できるはず。

可及的速やかに活気ある社会に変えるには、地域の重要ポストに女性が就くこと。政令市の首長も例外なく。


岡山市議会の議員名を閲覧する限り、岡山市という大きめのムラ社会はホモソーシャル社会である。その想像は難くなく、いづれにしても急がれるのは、岡山市を健やかに成長させるための、グレートリセット。閉塞感に満ちたムラを一変させる特効薬は、ムラ長の交代。ならば、岡山市の女性の首長の誕生は、必要不可欠。

おもしろきこともなき世におもしろく。今秋。岡山市をエキサイティングな街に私が変えてみせましょう。



山市はなぜ面白くないのか !? 問題は、岡山市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 映画『ペトルーニャに祝福を』広報DX
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    ソーシャル・プロフィール
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ