政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、web3の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

子ども食堂DAO

NFT紫綬褒章と呼ぶ Soulbound Tokens(SBTs)と、スタートアップDAOで日本を再興! 新しい資本主義を確かなものにする、Web3。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
進化する SamuraiSBTs政策起業士 ” のページ


の敵もまた敵となり得る“Web3”は軽妙洒脱MZDAOコミュニティ初期メンバー登録完了!

7月19日。発売キャンペーンの一環として第1章・第2章をWeb上で無料公開した著本『いちばんやさしいWeb3の教本 人気講師が教えるNFT、DAO、DeFiが織りなす新世界』は、2022年7月25日。一週間を待つこなく回収と相成り、県立図書館リクエスト受付完了を経て予約順位1位に位置した私は残念の極み。さて、それはさておき米国で活躍される弁護士 増島 雅和さんのエントリー『Web3と国家戦略〜基礎編〜』は豊穣な知見を以って Web3の世界観を描き出す秀逸な内容で、しばし読み惚れておりました。

Web2アンチテーゼとしてのWeb3に臨み、増島さんコラムの結論の小見出し「開発会社とDAO、資金提供者である投資家を三位一体と見た包括的で一貫した政策を」は言い得て絶妙。これほど端的に、Web3の世界観と今後あるべき理想の政策イメージを豊かに膨らませてくださり、私は心から感謝し敬服するばかりです。

増島さんに教わることは「a16z(Andreessen Horowitz)のクリス・ディクソンらが唱えているシリコンバレー流のWeb3」の世界観は存在するものの、それが全てでも万能でもないことを推して知るべし、ということ。敵の敵は味方にあらず。Web3の概念が未だ混沌とする中、Web3の紹介を焦った教本はフルボッコ

一行でも某の気づきを得たなら、本代の元は取れると考える私は、そこまで敵視しなくても良いのに…と。


いづれも Web3の世界観を巡る状況は群雄割拠の様相で、例えば「国内法人がWeb3事業を進める際のポイント」を拝読しても、それは一つの視点であって、やはり試行錯誤へトライするのが手っ取り早いと確信。現時点「Soulbound Token(SBT)とSBTにより開かれる分散型社会(DeSoc)のデザインスペース」に興味津々。

そう、Soulbound。何の為に Web3をやるか? よりよい社会を創る為に決まっているのです。私の場合。

なればこそ無頼なDAOホッパーと化し、懇切丁寧フレンドリーに多くを教えてくださる和組DAOはじめ多彩で多様なDAOに潜入。みずからもPolicyDAOなどArt系DAOや、メディアDAO複数のプロトタイピィングに取り組んでいます。そうやって数えること32番めのDAOは、前澤 友作さんが立ち上げた “ MZDAO ”。

メンバー募集開始から約24時間で10万人超! 前澤さん推しのDAOタ活に没入の私もワクワク収まらず。

※ 著名人であるほど新たな挑戦に対する誹謗中傷は後を絶たないけど私は応援しています! ※

Soulbound。よりよい社会のプロトタイプ “ 子ども食堂DAO ” 実現を目論み、ほくそ笑む政策起業士


Soulbound Tokens “ NFT紫綬褒章(仮称)” をMintする「スタートアップDAO」で日本再興

Purpose Flywheel Theory 或いは、スタートアップエコシステムで日本再興。その切り札こそ、SBTs

What if NFTs could be soulbound? ヴィタリック(Vitalik Buterin)さんの論文からの転載ですが、以下〜 Making more items in the crypto space "soulbound" can be one path toward an alternative, where NFTs can represent much more of who you are and not just what you can afford. 〜

Google翻訳を使い上述にドキワクしている、英語できないコード書けない、いわば Yellow Monkey な私。

ヴィタリック氏の言う“ Soulbound ”を「」と訳す私の着目は、以下。
If someone shows you that they have an NFT that is obtainable by doing X, you can't tell whether they did X themselves or whether they just paid someone else to do X. Some of the time this is not a problem: for an NFT supporting a charity, someone buying it off the secondary market is sacrificing their own funds for the cause and they are helping the charity by contributing to others' incentive to buy the NFT, and so there is no reason to discriminate against them. And indeed, a lot of good can come from charity NFTs alone. But what if we want to create NFTs that are not just about who has the most money, and that actually try to signal something else?

Perhaps the best example of a project trying to do this is POAP, the "proof of attendance protocol". POAP is a standard by which projects can send NFTs that represent the idea that the recipient personally participated in some event.



ラストの行より以下、引用。
Attaching items to "identity objects" that users are either unable (as with proof-of-humanity profiles) or unwilling (as with ENS names) to trade away seems like the most promising path, but challenges remain in making this easy-to-use, private and secure. We need more effort on thinking through and solving these challenges. If we can, this opens a much wider door to blockchains being at the center of ecosystems that are collaborative and fun, and not just about money.

一匹の老いたサルの私でさえ “ Soulbound ”と聞かば、本能的に志は立ち上がる。Web3 に没入する起点。

はてさて、小見出しに記した Soulbound Tokens “ NFT紫綬褒章(仮称)” をMintする「スタートアップDAO」で日本再興に関し、もはやネタバレ。日本再興に臨む政府はDiscord「スタートアップDAO」を立ち上げ、高額寄附者には「NFT紫綬褒章」を、頑張る若者には「SamuraiSBT」をMint、付与する提言。

SamuraiSBT !? そう「士」と「心」が紐づき『』ゆえ “ 志 bound Token 或いは SamuraiSBT


※ 日本の起業家をシリコンバレーに派遣する国の支援策で選ばれる人財の基準は SamuraiSBT

スタートアップエコシステムの創出を目論む、内閣府への分散型自律地域の提言「スタートアップDAO」。

ならば「スタートアップDAO」運営に際し、専門性を発揮するDiscord各チャネルのコントリビューター各々にSBTsを付与するインセンティブ設計やレピュテーション等の仕組み創りは有効であり、DAOが持続可能であるには必要不可欠。前衛アーティストの作品をNFT化する資金調達はじめ、次代の顕彰制度もまた有効。

個人500万円、法人1千万円以上で申請できる「紫綬褒章」の仕組みを借りて “ NFT紫綬褒章 ” と名づけられる Soulbound Tokenや “ 志 bound Token 或いは SamuraiSBT ” なるSBTs等も、アイデアのベースは前回のエントリー「子ども食堂DAO」にあり、構想の先にあるのは、Gen Zersα世代の健やかな成長。

スタートアップDAO(提案仮称)には必要に応じて限定チャネルを設置し、アドミンおよびコントリビューターは「Snapshot(オンチェーン投票システム)」等の利活用により円滑に運営するもの(政策の概要)。持続可能なデジ田DeSoc分散型自律組織を創出し、日本のロールモデルを提示するのも目的の一つ。

政策起業士の使命は地域社会が潤う街づくり! Yes「政策 to Earn!! 急ぎMZDAOにお諮りしてみます。

※「脱炭素DAO」或いは、ジョブ型雇用を可視化する「NFTジョブ」で日本のイノベーション続々 ※
※「MZDAOを外の人に伝えるリファラルに私も参加!ご興味ある方は下記バナーをクリック ↓↓ ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT紫綬褒章Mintと SamuraiSBT
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

DeSoc「子ども食堂DAO」PoC: 地域ソリューションとしてのWeb3

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策DAO “ 社会課題を解決するWeb3 ” 概念ページ

DeSoc メタバース岡山市議会
員トラストレスを実現するWeb3の嬉しみ

昨今。Web3の概念に関する投稿が増えているようですが、はじめに、なぜ私はWeb3に没入するのか。幾つか思いあたる要因はありますが、筆頭に挙げるのは「トラストレス」かと。人物を信用するまで相応に時間がかかる不器用な私にとって、不正を許さない(遍くアクションを記録する分散管理台帳技術等)仕組みの自動化は、理想の社会を洗練するものと強く信じているから。Web3はテクノロジーの集積が育む新しい世界観。即ち、Soulbound(≒ 志)。

Web3の中でもメタバースとDAOを速やかに地域社会に実装したく活動する私。今は無頼なDAOホッパーと化し、瞬く間にメンバー5千を突破し日本のDeSoc分散型自律組織)のあり方を試行錯誤する和組DAOや、少数精鋭のCivictecherが先導する、HackDays。或いは気概の地方自治体による、Web3 Town Shiwa

頑なにLayer 1を狙うAstar Networkから派生したAster Farmあれば、Web3マーケティング系のtofuNFTや、シェアハウス不動産系のRoopt神楽坂DAORabbitHoleをはじめとする英語圏のネットワーク合わせて概ね20のDAOにジョイン中。豹変する社会のカタチに適応すべく、珠玉の学びを授かる場に日々感謝.人。

さて、DAOで得た学びを社会課題の解決に活かすには、イケダハヤトさん「社会課題×Web3.0」が近道。


※ 日本の起業家をシリコンバレーに派遣する国の支援策で選ばれる人財の基準は SamuraiSBT

イケダさんが体系化してくださったWeb3の特長1:不正ができない(マルチシグトラストレス)は、企業経営はもとより議会議事録あるいは、NPO法人や多様な管理組合の運営において人類史上的に画期的。Roopt神楽坂DAOの近隣、NPO集住センターによるマンション管理組合DAO新設を予感し、私はワクワクしきり。

地域の課題解決を目論む折なか、チャレンジ機会が舞い込む “ DAOで進めるアイデアソン ” も嬉しい驚き。


ども食堂DAOのPoCを経てプロトタイプに仕上げて有効性を検証したい! with 経営DXラボ.

応募したいテーマは「脱炭素DAO」ながら、緊急テーマは「大人食堂」「子ども食堂」と捉えエントリー。

岡山市はディープイシューの宝庫で、それに加えて先般。地域社会の課題解決に挑むNPTech Studio Season2に関与したご縁と道産子の私の赤い糸は結ばれ、室蘭「クルハウス」プロジェクトに参画。子どもたちが夢を持ち語ることができる居場所の大切さは身に沁みていて、「子ども食堂DAO」のPoCを開始。


※ 中央集権型組織の代名詞 JAに分散型自律組織のエッセンスを盛り込む6次産業化DAOも構想中 ※

今回アイデアのベースは前回エントリー「Art to Earn: 協働実証「GovTech Challenge OKAYAMA ガブテック・チャレンジ岡山」for Web3アーティスト輩出プログラム.」にあり、本構想の先にあるのは、子ども達が秘めているWeb3アート才能の涵養。Gen Zers の次の世代の成長もまた、日本再興を願う私の喜び。

子ども食堂DAO 】の目的 1. 子どもの健全な成長 2. 運営ノウハウの共有 3. 資金調達ほか
 ◎ 理念: 子どもの笑顔の総量の最大化を実現する web3社会づくり
 ◎ 内容: 既存の子ども食堂に自律分散型インセンティブ設計を実装

子ども食堂DAO実現への道のり:
むすびえさんをはじめとする、子ども食堂の運営(実務)ノウハウを豊富に持つ有志にお声がけするとともに、和組DAOWeb3界隈DAOなど日本のDAO創りを率先垂範している辣腕のメンターにアシストをお願いし、出来れば農水省等の行政ご担当者とともに、子ども食堂DAOアドミンチームを編成。オープンかつフラットなDAOエコシステムの構築を目指して、アジャイルにスタート。

実装したいWeb3ソリューション:
1. 来所できない子どもが参加できるメタバース環境を無償貸与
※ 補足 )見た目を気にして来所しない児童と子ども食堂を緩やかにつなぐ目的。Gen Zers はもとより、メタバースネイティブな α世代が世界最先端の学習機会を得る、教育支援も目的。

2. 来所できない子ども(ご家庭)へのフードバンク(デリバリー)整備
※ 補足 )来所しない子どもの注文に対応し、子ども食堂で食事や勉強を終えた子どもや運営スタッフが、帰り道あるいは回り道に、お弁当を届ける。⇒ Soulbound Token 付与の検討も。


3. 奨学金DeFiおよび、コントリビューター(出資者含む)SBTs 付与の仕組み創り
※ 補足 )個人500万円、法人1千万円以上で申請できる紫綬褒章の仕組みを借りた、次代の顕彰制度子ども食堂DAO内に実装。歌や絵画など子どもの純粋な作品をNFT化する資金調達も。

子ども食堂DAO(提案仮称)内には、専門チャネルや地域チャネル、必要に応じて限定チャネルを設置し、アドミンおよびコントリビューターは「Snapshot(オンチェーン投票システム)」等の利活用により、円滑に運営されるもの(構想の概要)。社会に横たわるディープイシューを解決に導く、持続可能なDeSoc分散型自律組織)づくりのロールモデルを目指すことも、目的の一つ。

官民連携を模索する時、岡山県には地域課題密着スタイルの参議院議員 小野田紀美さんがいらっしゃり、苦労して社会に出られた彼女の8つの政策は高邁(Soulbound)で、紛れもなく私が標榜する地域社会が潤う街づくり「政策 to Earn」の原典。本件を前進させるにあたり、小野田紀美さんに報告、相談しなくては…。

子ども食堂DAO(Didcordに開設)に参画、貴重なアドバイスをくださるものと期待いたします。さて、

初年度となる「GovTech Challenge OKAYAMA」が楽しみなのは、シビックテックを以って、岡山市にオープンでインクルーシブなガバナンスモデルを実装し得る好機であること。加えて岡山市を持続可能にする、「スタートアップ・エコシステム拠点都市」へ誘う協働実証であるからワクワク嬉しみしかありません。

政策起業士の使命は地域社会が潤う街づくり! Yes「政策 to Earn!! デジタルの日の結実を目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DeSoc「子ども食堂DAO」概念実証
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ