政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

リスキリング

移住のすゝめ【 リスキリング 】 やまぬ音楽、踊るマネー。地殻変動、株式相場の暴騰・暴落、富士山噴火、首都直下型地震を乗り越えよう!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
DX時代のリスキリング ” をサポートするページ


式相場と災禍の親密な関係に気づく移住者
やまぬ音楽、踊るマネーのゆくえ。
市場参加5年の間に元本500万円は10倍超となり地方都市の不動産投資に切り替え、退職、移住の敢行について拙コラム『DXデザイン思考』に刻んだ私は、“連続系”の日本型人材開発、“非連続系”のリスキリングという小見出しに目は留まる。生き延びるには「非常識なアホ=変人」が必要と披瀝する著本『京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略』と、実体経済から乖離して高騰する株価に成毛 眞さん 鎌田 浩毅教授の対談コラムを交錯して投稿。

リスキングとは。スキルの習得、スキルの再訓練、スキルの向上の中の2つ目で、リクルートワークス研究所では「DX時代の人材戦略=リスキリング(スキルの再開発)」とテーマづけたコラムを配信。そのなかアホな私は東京一極集中が逆回転を始めた「大移住時代のリスキリング(移住力の涵養)」と定義づけたい。


それは上掲の「BOOK」データベースより 〜 知の根幹が揺らいでいる。背景には、学問に対する社会の無理解・誤解・偏見があるのではないか…。現代人は何でも予測できると思いたがる。しかしながら、自然界は予定調和ではなく、予測不可能なカオスであり、生き延びるには「非常識なアホ=変人」が必要なのだ 〜

ムダと変人が世界を変える? なんとも嬉しい、私を鼓舞する名フレーズ。感謝の念に堪えない今しがた。


創性を育み「風の時代」を強かに豊かに生き抜くリスキリング

移住のすゝめ【 リスキリング 】 やまぬ音楽、踊るマネー。地殻変動、株式相場の暴騰・暴落、富士山噴火、首都直下型地震を乗り越えよう! このアホなタイトルは、どう生成されたのか。掲げた私が申すのは奇妙ですが、定かではありません。一昨日 NEWS PICKS に投稿した時点で概ね編集されていたハズですが……。

地殻変動と株式相場の高騰と火山噴火と
〜 日経平均は現実的ではないが、災禍は… 〜

音楽が鳴っている間は、踊り続けなければならない――。

リーマン・ショックを想起する以前に、確か3連休明けの火曜日であった、1995年(平成7年)1月17日に起きた阪神・淡路大震災を彷彿たちまち。忍び寄る南海トラフ巨大地震やまぬ音楽、踊るマネー

成毛 眞さんの上梓に接し、またも遠い類推を引き起こす私。

※ ご参考)地震と株価の関係を知る――過去の事例を検証
URL: https://apl.morningstar.co.jp/webasp/yahoo-fund/nisa/column26.html

その地殻変動こそ株式相場を踊らせる音楽で、際限のない過熱をクールダウンさせる事象は富士山噴火か、首都直下地震か。3連休明けの火曜日、2021年1月12日の東証が静かに開くことを祈っています。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
https://www.sunverdir.com/startup-city


本エントリーのテーマは「リスキリング」なので、この辺りから一気呵成にクロージングに漕ぎ着けたい。先のエントリー【 DX推進プロデューサー 】で強調済みの “ UXリッチ ” という表現。北の大地で生まれ育ち、阪神・淡路大震災を目の当たりにし、過酷な投資の世界で成果を収め、移住後は非正規として生き延びる。

北海道〜東京〜大阪〜岡山。環境変化の中で体得した、多彩で多様なUXあればこそ、どこでも生きられる。

いかにも非正規の私の生活は不安定ではあるが、その不安定さこそが私を厳しく鍛えてくれる。東京一極集中の逆回転を必然と考えた移住者の近未来は案外、明るい。あらためて「風の時代は=大移住時代であり、その時代のリスキリングとは、移住力の涵養である」と再定義しよう。その検証は、着々と捗っています。と、

今号のラストは “ 第四次産業革命スキル習得講座認定制度 ” を企業の人事ご担当者に紹介して擱筆したく。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO DX推進プロデューサー 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > リスキリングで養う風の時代の独創性
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

【 DX推進プロデューサーとは 】中小企業のデジタル化の推進に臨み、何から始めればよいか忽ち分かる、UXリッチな「風の時代」のDX人材。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
経営DXラボ ” プレスリリースのページ

経営DXラボ - 継続企業の前提
から始めればよいか分からないという顧客

12月22日。NHK NEWS WEB “ 三井住友フィナンシャルグループ社長 デジタル化へ地銀と連携 ” に読む、太田純社長の「何から始めればよいか分からないという顧客企業に『入り口』となるようなサービスを提供したい。販路拡大に向けたマッチングサービスも含め、地域金融機関と協働することは非常に意味がある」という発言は興味深く目に留まる。

デジタル化に遅れた取引先企業は再び資金繰りに困窮するであろうから、来春には専門部署を立ち上げ、中小企業を支援するプラットフォーム(基盤)サービスを全国展開する旨、JIJI.COMのニュースは補完する。


このとき “ 三井住友FGの太田純社長に聞く「銀行だけではもう持たない」” を読んでいたからか瞬時に “ なぜ 日本企業が「DX推進部署」を作ると失敗するのか ” と題されたコラムがピタリと重なる。こと、中小企業のデジタル化を後押しするため地方銀行と連携するなら尚更。UXの重要性の無理解は、致命的なのです。

上場企業の前半約10年は東京・大阪メインの大市場でマーケターを、後半は情報通信事業本部で10年ほどマネジメント職を務め、2006年スピンアウトそして地方都市へ移住後は、オウンドメディア利活用による今で言う広報DXを研究する傍ら、Google Apps(現在 Google Workspace)ほか複数のウェブマスターに。

2009年オンラインショップのマネージャー職時分は高い費用対効果が見込めるASPを選択し、無料のGoogle Analyticsを酷使。その後は国内大企業のブランチに勤務し、SalesforceOktaサイボウズcyzenほか多数の先端をゆくDX投資を内部から俯瞰。Google for NonprofitsPower of Us 等の恩恵をも授かる。

なぜ大企業は中小企業の、なぜ首都圏の企業は地方の企業のDX推進に失敗するのか、よく分かる私


から始めればよいか忽ち分かるDX推進プロデューサー

なぜ大企業は中小企業の、なぜ首都圏の企業は地方の企業のDX推進に失敗するのか、概ね理由はUXの欠落。セキュリティ上それはダメ。ゼッタイ。の無料ツールを導入したり、ウェブマスター不在なのに高機能・高額のサブスクを実装してみたり、経験を持たない人々が机上の空論を戦わせた稚拙なDX投資は珍しくなく。

UXが欠損している組織では、最悪。と申しましょうか、ベンダーロックインの陥穽にハマるケースも…。

DX人材(DX公務員)の定義
DX人材(または、DX公務員)とは、多様なUXに基づくデジタルトランスフォーメーション(DX)推進力の駆使により、地域社会を含む、地方公共団体や企業等を変革。新しいビジネスのデザインはもとより未知の課題を速やかに解決できる、持続可能な社会を実現する人材(または、公務員)。

上記はDX人材の定義ですが、DX推進に際し、必要不可欠となるDX人財の素養は、市場の規模と組織を構成する人材の習熟度に応じて適切なDX推進ができるか、そうではないか。UXの欠落はもとより、そもそも大企業の構成員は中小企業の実情を、首都圏の組織人は地方のデジタル化のレベルを、知らなすぎるのです。

そもそもDX推進は、秒針分歩で進化するサイバーツールを駆使して変革を引き起こす、イノベーション戦争。精強なデジタルウェポンを手にしても、常在戦場のUXを持たないソルジャーには、無用の長物。昭和のオフィサーが大資本を思いのままに平成のソルジャーを集めただけの組織は、恐らくデジタル烏合の衆。

DX推進プロデューサーの定義
DX推進プロデューサーとは、新しいビジネスのデザインはもとより未知の課題を速やかに解決できる、持続可能な社会を実現するDX人材のなかでも、大企業と中小企業、首都圏と地方都市など組織の規模や市場性に鑑み、費用対効果の高いDX推進を確かなものにするプロフェッショナル人材

Only the Paranoid Survive. 東京一極集中の逆回転を慄れ、その時に備えるがために地方都市に潜伏し、CPSの中を東奔西走しているサイバー戦士は生き残る。折しも、200数十年ぶりのパラダイムシフトと聴く「風の時代」こそ第四次産業革命と捉えるDX推進プロデューサーは、健やか笑顔で生き残る所存です。

ということから、風の時代にトキメク双子座の私は下記。経営DXラボをスタートアップいたしました。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO DX推進プロデューサー 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > UXリッチなDX推進プロデューサー
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

“ DX for Japan( D4J )” 経営DXラボが、岡山版「スーパーシティ」構想の実現を目論み、DX for Okayama を創設しました!

DX for Okayama ” プレスリリースのページ


岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ方創生デジタルトランスフォーメーション

<< 徳業の志 : Concepts worth spreading >>をクレドに掲げ、オウンドメディア「生涯学習ブログ」を運営するなどDX技術を駆使する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を GOALに据えて、“ デジタル・ニッポン2020 ” に呼応する、岡山版「スーパーシティ」構想を実現に導くための新機軸として、DX for Okayama を創設いたしました。

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama

スーパーシティ岡山ラボおかやま市 MaaS プロジェクト超教育ラボラトリーInc.等のシンクタンク群が育むイノベ―ショナルな徳業構想力を結集し、社会イノベーションの巻き起こしに注力いたします。


<< 議員スコア : Concepts worth spreading >>を駆使し、スーパーシティ岡山の実現に努めます。

日本のICTを世界最高レベルに! “ デジタル社会推進特別委員会


コロナ時代のデジタル田園都市国家構想デジタル・ニッポン2020とは


ニッポン期待の星 平井 卓也さん “ デジタル改革担当大臣に就任しました

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『クライシス遠い類推』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO DX推進プロデューサー 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DX for Japan DX for Okayama
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ