政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

ペデストリアンデッキ

プア・ジャパン 気がつけば「貧困岡山」〜 富山市、青森市ほか失敗連続コンパクトシティ公金チューチュー問題「路面電車ロックイン」「50戸連たん制度の廃止」で衰退へ突き進む岡山市

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政令市 岡山市は “ コンパクトシティ ” で衰退への巻

◎ プア・ジャパン「 気がつけば貧困大国 」読了所感 
プア・ジャパン 〜 気がつけば「貧困大国」〜ア・ジャパン 気がつけば「貧困◯◯」を学ぶ

野口 悠紀雄さんを私淑する私は新刊情報、『プア・ジャパン 気がつけば「貧困大国」』を目にするやいなや県立図書館リクエストフォームに入力し、先般ありがたく拝受。グローバルレベルでカップリングしている難解な経済問題や社会力学をも明晰に分解し平易に言語化。しかも、どうすればよいかの道筋までお示しくださる氏の教示に常々感謝の候。今回お借りした書も表紙をめくらば、「はじめに 補助金や円安ではなく、人材の育成を」と日本再興のためのパーパースに始まり、続けて「ついにここまで衰退した日本」と現状は示され、「円安と補助金が、古い社会構造を固定化する」そう問題提起はなされて、「古いエンジンのままでは、日本は復活できない」と警鐘は打ち鳴らされており、忽ち政策起業家の深い思考の旅もまた始まりました。いま将に岡山市民は街の「衰退」「成長」の選択を迫られていることから、YAHOO!ニュース「コンパクトシティはなぜ失敗するのか 富山、青森から見る居住の自由」を想起し、急ぎ読了コラムを配信することに。

野口 悠紀雄さんの同書の骨子は、円安と補助金行政は古い制度を温存し、イノベーションの先送りを助長するだけでなく、グローバルレベルの高度人材獲得競争に連敗することとなり、企業や閉塞社会の市場競争力は、低下の一途。この窮状から脱却するには、第7章の7「社会制度の改革が必要」という結論へと導かれ。

こと岡山の公金チューチュー事業は見るも無惨。街のケイパビリティを高める制度改革は急がれましょう。

ゴーストタウン行き路面電車のロックインほか公金チューチューの歪な街づくりを強行する岡山市議会は速やかに、コンパクトシティの惨状を露呈する富山市さらに現在ホームレス天国のポートランド市と野口先生の佳書に多くを学び、補助金行政が映す幻想を捨てるとともに、地域の制度改革を加速しなければなりません。



50戸連たん制度の廃止は新たな時代を担う挑戦者を排除し、岡山市の成長と持続可能性を閉ざす害悪

え゛っ…。人間らしい生活を破壊する50戸連たん制度を廃止する…… !?

この話、誰が得するかを考えると平易。街なかの土地を買い占め、大正時代の路面電車の延伸で既得権益は確定。大儲けする事業者の一方で、衰退する街の水道料金20%値上げ諸々で苦しむ岡山市民…。下記は、崇高な志を掲げ市民活動を続ける御仁 浦上さんのフィードを借りて共有した内容。お時間ある時よろしければ。



正時代の路面電車のJR岡山駅前延伸88億円事業で岡山市は成長可能性を失い「貧困岡山」は現実へ

50戸連たん制度の廃止に関する論点整理:岡山市の場合… 】
〜 「成長する都市」と「人口減少する町」では異なる効能 〜

【 論点整理:50戸連たん制度の廃止の得失を考える 】
1. 50戸連たん制度の廃止で得られる効果と我田引水について
◯ 得られる効果:一般的に、低密度エリアの無計画な開発を抑制することで、農地を保全する効果あり
我田引水:中心市街地の一等地等を買い占めた企業には朗報で、転売や開発により莫大な利益を得るチャンスは到来
2. 50戸連たん制度の廃止で失われる資産とチャンス
◯ 失われる資産:一般的に、中心市街地に暮らす人々の所有地価は上昇。固定資産税が上昇し、転売しない限り損失は継続
◯ 一般的に、市街化調整区域の資産は低下。暮らす人々の財産は目減りするばかりか、買い物難民等を生む場合あり
◯ 岡山市は政令市として健やかに成長するチャンスを逸失……。下記お時間ある時よろしければ。


私淑する野口 悠紀雄さんの新刊『プア・ジャパン 気がつけば「貧困大国」』を速読するなか連想したフレーズは、岡山の子供の未来を閉ざす「貧困岡山」。鉄道コストの約10分の1のBRT(バス高速輸送システム)をスルーし、約88億円へ膨張している路面電車ロックイン事業の強行を許さば早晩、「貧困岡山」は実現。

岡山市民の陳情は尽く不採択ながらも、倦まず弛まず諦めず。岡山市議会の制度改革に努めて参ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > プア・ジャパン 気がつけば 貧困岡山
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

陳情第32号のゆくえ: 路面電車延伸強行で大正時代を目指す岡山市と、国の公共交通再構築協議会を先導する未来志向の BRTひこぼしライン

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
疑義に塗れた岡山市長 “ 大森さんリコール ” ページ

◎ 岡山市議会陳情に対する賛否 令和5年9月19日議決分 
岡山市議会 陳情に対する賛否(令和5年9月19日議決分)森市長への損害賠償額 100億円超の可能性

2022年の拙エントリー「路面電車はBRTへ、100万都市へ成長を始める岡山市」で報告済みですが、特定企業の為に能く働く大森市長によって、街はゴーストタウンまっしぐら。もはやこれまで…と思いきや、ペンは剣よりも強し。岡山駅前への路面電車乗り入れ費用便益費の公開を求める陳情書(岡山市議会 令和5年 陳情第32号)が切り拓く明るい未来。

9月定例会の陳情第27号は毎度お馴染み、岡山市議会議員全員で否決された訳ですが、今回はさて如何に?


魁は山陽新聞社様の独自調査による「路面電車乗り入れ時期ずれ込み 岡山市再び見直し、26年度末に」報道で、以降。KSB様の「JR岡山駅路面電車乗り入れ事業 総事業費が試算より22億円増 完成にも1年以上の遅れ 岡山市」に対し、岡山新アリーナ構想を巡る疑義に塗れた大森市長による、顛末の報告は待たれるところ。

2014年。小員が諫言した「岡山市の公共交通機関の、問題の本質」は10年の時を経て、露になりました。


正地域公共交通の活性化及び再生に関する法律10月1日施行! 公共交通再構築協議会に高まる期待 !!


そんな折柄、健やかな成長を願う新たな時代は、岡山市民が提言を続けるBRT事業構想の実現に向けた一歩を力強く踏み出しました。そう、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の改正に同調し、気仙沼線BRT・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)や日田彦山線BRTひこぼしラインの地域再生ニュースが続々到着。

こうして認知は進み、もはや岡山市の選択は鉄道コスト 約10分の1のBRT(バス高速輸送システム)一択。

※ JR九州「BRTひこぼしライン」開業以降、届けられる歓びの声は続々! 日田彦山線BRT !! ※

大正時代の重たい電車を延伸する馬鹿げた事業。いま息の根を止めなければ2026年、軽く100億円突破…。


山市議会の大森さん一蓮托生の議員を一掃して「若者・子育て世代の移住」を促す健全な街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民は取り戻したく、岡山市長選挙を早めるため「岡山ヤシノミ作戦」を再起動する所存です。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、引き続き、陳情書を提出(郵送)しています。


継続は力なり。街なか循環EVバスの実用化が近づく中、大正時代の路面電車を岡山駅前へ延伸する事業の費用便益費がゼロを目指すのは自然の成り行き。その費用便益費を調べもせず、陳情第27号を否決した岡山市議会議員の不作為の罪は重く、議員の価値はゼロ。大森さんと市議会による損害賠償責任を追及する私。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 陳情第32号と祝! BRTひこぼしライン
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

陳情第27号のゆくえ: 市民の同意を得ずして岡山駅前へ路面電車延伸を強行した大森市長と岡山市議会議員が負う損害賠償責任は 88億円 !?

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
疑義に塗れた岡山市長 “ 大森さんリコール ” ページ

◎ 岡山市議会陳情に対する賛否 令和5年7月5日議決分 
岡山市議会 陳情に対する賛否(令和5年7月5日議決分)森市長への損害賠償額 100億円超の可能性

2022年の拙エントリー「路面電車はBRTへ、100万都市へ成長を始める岡山市」で報告済みですが、特定企業の為に能く働く大森市長によって、街はゴーストタウンまっしぐら。もはやこれまで…と思いきや、将にペンは剣よりも強し。岡山駅前への路面電車乗り入れの事業凍結を求める陳情書(岡山市議会 令和5年 陳情第27号)に強い追い風は吹き始め。

6月定例会の陳情第19号は毎度お馴染み、岡山市議会議員全員で否決された訳ですが、今回はさて如何に?


魁は山陽新聞社様の独自調査による「路面電車乗り入れ時期ずれ込み 岡山市再び見直し、26年度末に」報道で、以降。KSB様の「JR岡山駅路面電車乗り入れ事業 総事業費が試算より22億円増 完成にも1年以上の遅れ 岡山市」に対し、岡山新アリーナ構想を巡る疑義に塗れた大森市長による、顛末の報告は待たれるところ。

2014年。小員が諫言した「岡山市の公共交通機関の、問題の本質」は10年の時を経て、露になりました。


大正時代の重たい電車を延伸する馬鹿げた事業。いま息の根を止めなければ2026年、軽く100億円突破…。


山市議会の路面電車推進派議員を一掃して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3時代の街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民は取り戻したく、岡山市長選挙を早めるため「岡山ヤシノミ作戦」を再起動する所存です。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、引き続き、陳情書を提出(郵送)しています。


継続は力なり。街なか循環EVバスの実用化が近づく中、大正時代の路面電車を岡山駅前へ延伸する事業の費用便益費がゼロを目指すのは自然の成り行き。その費用便益費を調べもせず、陳情第19号を否決した岡山市議会議員の不作為の罪は重く、議員の価値はゼロ。大森さんと市議会による損害賠償責任を追及する私。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 陳情第27号 大森市長賠償責任のゆくえ
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

二元代表制の遵守と、大正時代の路面電車と。岡山市議会議員の「請願・陳情に対する賛否」議事録ページが当落を占う、統一地方選挙 2023。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市議会 “ 請願・陳情に対する賛否 ” 検証ページ岡山市民の陳情はなぜ尽く不採択なのか? 岡山市議会議員の「請願・陳情に対する賛否」の議事録ページが当落を占う、統一地方選挙 2023。


元代表制の理解度で判る地方議会議員の資質

【 公費の蒸発が止まらない… Remember Toyama, No more UTSUNOMIYA 】〜 大正時代の路面電車の岡山駅前乗り入れと BRT導入を争点にする、岡山市議会議員(新人)候補の当選またぞろか !? 〜

MaaSの進化を無視するLRTが招いた宇都宮必然の悲劇巨額の公費で支えてきた富山市の累損さらにLRTの強行により悲劇の露呈が始まる宇都宮市の昨日は、大正時代の路面電車の延伸強行を目論む岡山市政の明日。問われる民意、下される審判…。

今年の岡山市議会議員選挙(2023年04月09日投開票)で再選すべきは誰か? 議員の資質を問う成績表「陳情に対する各議員の賛否の一覧」は当落の鍵であり、岡山の健全な未来を選ぶ有権者の虎の巻。

【 陳情書の賛否に関し岡山市議会議員各々に、理由の明記と公開を求める陳情(R5年 陳情第5号)】

大森市政の発足以降、1. 待機児童数そして 2. 用水路転落死者数のワースト記事、3. 桃太郎線LRT化検討の暗礁乗り上げによる巨額の埋没費用露出報道さらに、4. 路面電車の乗り入れ事業費は倍増、3年後にズレ込む事業を強行することへの疑念を伝えるニュース、5. 大森市長が実行委員会の会長を務めた岡山芸術交流に関し、岡山市民の倫理観を問われかねないアート領域のコラム複数が配信され、6. さらには岡山市職員給与を巡る引き上げ勧告を報じたもの、7. 全国を悲しませた岡山女児虐待死亡事件の検証報告書の公表記事等、「子どもの未来を閉ざす予算」を通過させた岡山市議会に纏わる暗いニュースは枚挙に暇がありません。


コロナ禍を経て物価高に見舞われ市民の暮らしは困窮する今。岡山市は政令市としての健全な議会運営に徹し、市民の生活を担保する住民サービスを充実すべき緊急対策期。岡山市民の陳情の採択に際し岡山市議会は、政党色あるいは会派による数の論理を排斥し、二元代表制に則る議決へ改心すべく、陳情いたします。

[ 陳情の理由 ]
1.岡山市民の陳情の採択・不採択理由の明記はなく市議会の体を成していない
2.陳情に対する各議員の賛否の一覧に垣間見える会派による多数派形成の禁止
(昨年6月「大森雅夫岡山市長を応援する岡山市議会の会」設立等の禁止を含む)
3.岡山市議会の二元代表制の遵守の現状と議員の資質を精査する目的において
  陳情書の賛否に関し岡山市議会議員各々に、理由の明記と公開を求めます。



山市議会議員を刷新して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3世紀の街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民が取り戻すための、岡山市議選北区(統一地方選 2019)を見直す「岡山ヤシノミ作戦」。

岡山市民の陳情はなぜ尽く不採択なのか――。住民の声に耳を傾けない岡山市議会の問題の本質は深刻で、その議会の存在意義はもはやゼロに等しいのですが、岡山市議会の陳情(令和4年12月16日 議決分)第36号「学校女子トイレに生理用品を常備することを求めることについて」の採択結果に異変を観測しています。

チェックすべきは絶対的多数派を形成してきた自公の分裂で、ほかにも風見鶏議員が賛成側に寝返るなど陳情に対する各議員の賛否の一覧を意識した造反行為が顕著化する兆しは鮮明に。2023年2月、定例会の陳情賛否に臨み同じ過ちを繰り返す、己の信念を掲げ得ない会派に従順な陣笠議員の落選は想像に難くありません。

岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、このたび陳情書3通を提出(郵送)しました。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※ ※ ご参考 )鉄道コスト 約10分の1のBRT: 路面電車JR岡山駅前延伸の費用便益比「0.61」!? ※

いづれも2023年4月9日、岡山市議会議員選挙を市民のチャンスにすべく試行錯誤チャレンジを継続する私。若く賢いサイレントマジョリティ(有権者)は各議員の思想・行動を具にチェックしてるので、統一地方選挙 2023ではミレニアルズとGenZersが協働。気候危機等をテーマに据えた、未来志向の革命に膨らむ期待。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 二元代表制の理解度で判る議員の資質
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

Purpose Flywheel Theory:地方に弾みをつける Y-Z世代と Web3の志。鳥取県「NFTご当地アトム」Vs 岡山「OmO城」プロジェクト!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山DAO “ 中央集権型ムラ社会からの卒業 ” ページ

高速道路を下りて獣道をゆく Web3.0
ープン分散型の意思決定で繁栄する未来都市

2022年5月5日。Invest in Kishida(岸田に投資を)に「ドヤる岸田首相を海外メディアはスルー」記事を足して割ってメディアバランスを保ちながら、4月7日に配信「Decentralization for Web3 Builders: Principles, Models, How」の和訳記事「Web3構築のための分散化:原理、モデル、方法」を拝読。分散型自律化のチャンスが地方に降臨。

なんせ「NFTエコノミー」は黎明期で、その政策形成は早い者勝ち。再興の女神は岡山に微笑むハズも…。


ことさらNFTが運ぶチャンスを素早くモノにしつつある、鳥取県。XANA『ご当地アトムNFT』発売の羨望に接し、さすがは平井知事。やられた!というのが岡山県民の私の正直な感想で、先を越されてばかりはイケないと、「あいらぶ岡山」にて悔しい気持ちを共有。“ OmO城プロジェクト ” での巻き返しを独り誓ったり。


反撃の狼煙は歩いて楽しむ晴れの国おかやまの強みを引き出す “ 岡山駅ペデストリアン政策提言の継続。


デストリアンデッキが岡山ゲートプレイスを結び、岡山市内の徒歩による回遊性は劇的に高くなる

Purpose Flywheel Theory: 地方都市に弾みをつけるWeb3の志を携える政策起業家の志事の一つは、ネットワークフライホイールを理解したらSymbolの視界が開けた話を咀嚼し、岡山駅「ペデストリアンデッキ」整備の市民アンケート実施に関する陳情書(岡山市議会 令和4年 陳情第10号)を採択まで運ぶこと。


ビジョン + プロトコルからトークン価値が回り始めるネットワーク・フライホイールの概念は興味深く、ならば政策起業家にとって「オンチェーン政策形成」は掛け替えのないモチベーション・ジェネレーター。ブロックチェーンによりは弾み車の如く回る。その理論に、Purpose Flywheel Theory と名づけたい。

――私たちの存在や、政治や経済がどういうものなのか、問いかけられる局面が来るように思えます。成田 悠輔さんのヒアリング記事に読む、メタバースの世界観を理解しておくことも大事。現実世界は「クソゲー(つまらないゲーム)」的な空間になっていく――。クソゲーに突き進む岡山市を変革するのも私の使命。


変革どうやって !? Y- Z世代との協業なくして長老支配による、閉塞社会のシステムチェンジはあり得ない。


央集権型組織を厭い、既存の意思決定フローでは、地球は持続可能ではないことを悟るZ世代

Web3時代に佇むBoomersの私は、国内外のDAO複数(各Discord)にジョインし、オードリー・タンさんの教示「40代以上は若い人に学べばいい」に従い真摯に学んでいるのですが、Z世代は今までのやり方では勝ち残れない盛者必衰の理を後天的に会得していて、正に辣腕。Gen Zersグレタさんを輩出したことを痛感。

Discordの中で意思決定されたりスタートアップが生まれたり、Google Workspace の推奨も今は思案橋。

さらに昨今では、「テレビからSNS」という潮流のみならず、SNSで話題になったものがテレビに流れ、それがまたSNSへ還流してくるといった新しい潮流も生まれており、テレビとSNSの関わりがさらに密接になっている、といえます――。 ※ 電通報 “ Z世代を、ミレニアル世代、Y世代と比較してみた〜そのメディア意識とメンタリティ〜 “ より引用させていただきました。

さて今号のお題。鳥取県「NFTご当地アトム」Vs 岡山「OmO城」プロジェクトに話を戻さば、結論は瞭然。


争と平和、中央集権型組織とDAO(分散自律型組織)。Web3の中に活を求めるであろうZ世代

前掲。成田 悠輔さんによる「唯一の解決策ははっきりしている。結局、高齢者の集団自決、集団切腹みたいなのしかない」発言は、久しく長老支配に苦しむ岡山市の処方箋であり、あっぱれ。Y世代の彼の言説にZ世代は激しくインスパイアされるだろうし、システムチェンジを担う志士も続々輩出されると、期待する私。


あらためて今号のお題。鳥取県「NFTご当地アトム」Vs 岡山「OmO城」プロジェクトに話を戻さば、OMOのなかで育ったZ世代をリアル社会に呼び込む仕組みづくり、それがWeb3時代の勝利の方程式。社会貢献志向の強い彼ら彼女らをメタバース議会に招聘するなど、OmO城プロジェクトから派生する政策は、星の数。

Web3社会を円滑に回す Purpose Flywheel Theory に則る私は、そう遠くはない立ち食いそばが1000円になる日に備え、デジタル田園都市国家構想「メタマルシェx〇〇」政策提言したり「岡山駅ペデストリアンデッキ整備」事業提案したり。いづれもKFSは、Y-Z世代と如何にフラットなアライアンス関係を築けるか。


長老支配に苦しむ岡山市だから、中央集権型ムラ社会からDAO(自律分散型組織)へ移行できれば、天然リソース恵まれすぎの晴れの国おかやま市若者・女性と子育て世代を呼び込む「Utopi-AI」、通称UA(ウーア)構想の実現は難くない。街の再興に臨み、理想の社会を求めるY-Z世代と協働する元気な爺 元爺あーつ

NFT推しの政策起業家は、デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」はじめ自律分散政策提言を続けます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Purpose Flywheel Theory DAO
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

桃ペデ(岡山駅ペデストリアンデッキ)整備事業: JR岡山駅が凱旋門になる歩行者天国の日!「桃太郎大通り」を東洋のシャンゼリゼ通りに !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国交省 “ ウォーカブル推進都市 ” 岡山市政のページ


仙台駅(宮城県)西口のペデストリアンデッキ太郎デッキ(愛称〔仮)で100万都市へ成長

2022年5月2日(月)大安吉日 一粒万倍日。政策起業家 菅野 敦也は、岡山市議会へ “ 岡山駅「ペデストリアンデッキ」整備の市民アンケート実施に関する陳情書 ” を提出(郵送)。岡山市の目抜き通りである桃太郎大通りをペデストリアンデッキでJR岡山駅東口に直結し、岡山駅西口既設のペデストリアンデッキへとつなぐ、提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト』の準備を始めましたことを、ご報告いたします。

済効果絶大! ペデストリアンデッキが高める徒歩の回遊性は商店街・飲食店の賑わい振興策 !!

6月1日「岡山市民の日」記念事業にできれば市民の関心も高まるとして青年経済人に向けて提案しました。

デジタル田園都市国家構想推進交付金、地方創生推進交付金(Society5.0タイプ)ほか >
 国および、地方公共団体の政策形成ご担当者 様
当該ページは、デジタル田園都市国家構想推進交付金の申請に携わる、政策立案ご担当者様の閲覧が想定ターゲット。ご自由に利活用いただき、SDGs未来都市創出のヒントになれば幸甚の極みです。


旋門になる?岡山駅が…!? そう。首都圏や海外で成功した岡山県人が帰岡したくなる街づくり

ペデストリアン(歩行者)と聞かば杜の都、仙台市の日本一のペデストリアンデッキを想起する私(懐)。


同時に日本一と聞かば、お伽噺 日本一 桃太郎に辿り着くなか、2000年頃。JR岡山駅に降り立った時の恣意的構想「日本一の桃太郎大通り歩行者天国プログラム」を想い出し。そして過日、エトワール凱旋門に通じるシャンゼリゼ通りの、毎月第一日曜日に車道を歩行者に開放する、歩行者天国の実証実験をブログで拝読

歩行者天国を実現できれば、岡山ダンスの祭典 “ うらじゃ ” の演舞は桃太郎大通り! その夢は膨らむ。

桃太郎大通りを臨み、左方は岡山ゲートプレイスへ、右方は岡山タカシマヤへ通づる歩行者回廊
※ 2017年8月30日。岡山大森市長に直接お手渡しした「世界が恋する岡山桃太郎大通り」提言書 ※

提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト』略して「桃ペデPJ」…。


済効果絶大! ペデストリアンデッキが高める徒歩の回遊性は商店街・飲食店の賑わい振興策 !!

この政策提言をコンバージョンさせるには、まず、岡山市議会を動かすことが必要で、陳情書の提出ならびに、書面をデジタル化して岡山市民に政策起業家の想いを届けるための「デジタル陳情書」は不可欠と考え、急ぎ下記の通り、共有いたします。その先のパーパスこそ「SDGs未来都市おかやま市」の実現なのです。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※

6月1日「岡山市民の日」記念事業にできれば市民の関心も高まるとして青年経済人に向けて提案しました。


策形成および提言事業の実現の鍵は「崇高なパーパスを共有」するコンソーシアムの編成

なんと言ってもJR岡山駅界隈の賑わい創出は、倉敷駅前がそうであるように “ ペデストリアンデッキ ” の設置次第であり、2017年8月30日。私は気概の同志と「岡山市民が創る提言書 for 岡山市長選挙 2017.」と題した提言書を、大森市長に直接お手渡し済み。因みに歩行者デッキ(複数)案の概算費用は、20.6億円〜。

路面電車の延伸66億円の事業に対し、歩行者デッキ(複数)案の概算事業費は20.6億円〜33.1億円の範囲。

※ 2022年5月3日〜5月8日 無料のTwitterを利活用して実施したアンケートの結果です。 ※ ※ 第2回アンケート調査はこちらから。多くの方のご参加に、心から感謝いたします。 ※

桃ペデPJを速やかに軽やかに実現するにはスタートアップ・エコシステムの創生が必要で、どうやって創るかはパーパスドリブンな同志を募り、コンソーシアムを編成することが不可欠。Web3に移行する昨今、それらの機能をDAOが担うことから「岡山DAO」は創設済み。故に下記、同志を募るメッセージを試作、共有。

株式会社ユーデーコンサルタンツ 様 野村不動産株式会社 様 JR西日本不動産開発株式会社 様 株式会社奥村組 様 美樹工業株式会社 様 株式会社北川鉄工所 様 株式会社大建設計
(順不同)※ 岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業 関係各位

貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

周辺地域への回遊性向上による賑わい創出コンセプト「OKAYAMA GATE PLACE」実現へのご助力に、感謝の念に堪えない岡山市民の一人として、取り急ぎ御礼を申し上げる次第です。さて、

2022年5月2日(月曜日)大安吉日 一粒万倍日。

政策起業家 菅野 敦也は、岡山市議会へ “ 岡山駅「ペデストリアンデッキ」整備の市民アンケート実施に関する陳情書 ” を提出(郵送)。岡山市の目抜き通りである桃太郎大通りをペデストリアンデッキでJR岡山駅東口に直結し、岡山駅西口既設のペデストリアンデッキへとつなぐ、提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト(以下、桃ペデPJ)』を始動。
桃太郎大通りを臨み、左方は岡山ゲートプレイス、右方は岡山タカシマヤへ通づる歩行者回廊

JR岡山駅とOKAYAMA GATE PLACE観光バスベイとを結ぶ桃太郎デッキ(愛称〔仮〕)は、歩行者の公共交通機関における更なるバリアフリー化を推進徒歩による街なか回遊性の向上に貢献。

晴れの国おかやま市の回遊性を劇的に高めるペデストリアンデッキ整備事業を前進させることを目的とした陳情書提出を起点に、より多くのステークホルダーと協業、当該事業の実現を目指します。

今後の連携あるいは、ご支援を賜れれば幸いです。 2022年5月吉日 政策起業家 菅野 敦也


中小企業を支援する側に佇み「高度化事業」の登録アドバイザーを担う私の使命はNFTジョブの可能性に気づきWeb3人財の求人を始める、そんな積極果敢な事業者から要請を受けるであろう例えば「中小企業DAO」或いは「高度化事業DAO」等の創設リクエストをサポートすることになるのかも…そんな気がいたします。

いづれも日本再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。

※ Google マップ活用による「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言 ※
岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ新路線も同時に進めたいものです ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山駅ペデストリアンデッキ(桃ペデ)
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

政策提言: 岡山市まちなか循環EVバスが誘う「SDGs未来都市おかやま市」。大正時代の路面電車は捨てて、BRT & MaaS で令和を豊かに

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市 “ 中四国のリーダー都市 ” ふたたびのページ

社会実験使用車両(螢謄アフォー):塩尻MaaS構想
面電車ロックイン解除で100万都市へ成長

自動運転EVバスが一般公道を走るニュースが珍しくなくなる今、衰退を加速させる路面電車ロックイン問題で揺れる岡山市政は将に、正念場。一縷の望みは、2022年4月27日(水)日経新聞 朝刊37面 [中国経済]の見出し「岡山駅東口の再開発 始動 〜 岡山市の表玄関、民間主導でにぎわい」に刻まれた民間主導の文字。そこにチャンスを見出す岡山市民の私。

デストリアンデッキが岡山ゲートプレイスを結び、岡山市内の徒歩による回遊性は劇的に高くなる

デジタル田園都市国家構想推進交付金、地方創生推進交付金(Society5.0タイプ)ほか >
 国および、地方公共団体の政策形成ご担当者 様
当該ページは、デジタル田園都市国家構想推進交付金の申請に携わる、政策立案ご担当者様の閲覧が想定ターゲット。ご自由に利活用いただき、SDGs未来都市創出のヒントになれば幸甚の極みです。

なんと言ってもJR岡山駅界隈の賑わい創出は、倉敷駅前がそうであるように “ ペデストリアンデッキ ” の設置次第であり、2017年8月30日。私は気概の同志と「岡山市民が創る提言書 for 岡山市長選挙 2017.」と題した提言書を、大森市長に直接お手渡し済み。因みに歩行者デッキ(複数)案の概算費用は、20.6億円〜。

路面電車の延伸66億円の事業に対し、歩行者デッキ(複数)案の概算事業費は20.6億円〜33.1億円の範囲。


現時点。路面電車ありきの大森さんは86億円に膨張した事業費を66億円に圧縮し、完成が大幅に遅れ事業費が増加する延伸強行に躍起の様相。対極的に第55代岡山市議会議長の浦上先生の動画【岡山市】路面電車の駅構内乗り入れについて【浦上雅彦】に教わるように、そもそも岡山市民の選択はペデストリアンデッキ

だから岡山市交通局を新設、公共交通再生PFI事業を仕立てて日本一の宇野バス社に民間主導を依頼したい。


デストリアンデッキが岡山ゲートプレイスを結び、宇野バスご利用のお客様は雨の日も傘いらず

日本一の優良バス企業 宇野バス社こそ協業パートナーであることに、岡山市議会は早く気づかなくては…。

いうなれば機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関を再生させる、BRT & MaaS 公共交通エコシステムを確立するには、日本一優れた誠実経営に徹する宇野バス社の民間主導は不可欠。2019年3月 “ 路線バスの自動運転、「乗客ケアする車掌が必要」” で経営トップは将来を観ており、既にPFI事業を依頼する時だ。

バスの自動運転化は少し先だとして、急ぎ路面電車を廃線することで、岡山市が健やかに成長する明るい未来は観えてくる。岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策も、豊かに膨らむ。技術革新は、民間主導の街のチャンス。

際立つ安さ「中国BYDのEVバス」が日本を席巻。すでに起こった未来を、BRT基幹公共交通に重ねる令和。

圧巻なのは、2014年6月、まちなかEVバスを提案した当時と様変わり。EVバスの技術革新に垣間見る価格破壊は凄まじく、約7000万円の国産EVバスと対象的に、安くて性能がいいBYD製は7割引の約1950万円。ちなみに路面電車のMOMO2は2億8千万円で、岡山市の公共交通の機能不全問題は、そこに集約されています。

原因は、低すぎる費用便益比。岡山市は路面電車をBRTに切り替えSDGs未来都市を目指すべきなのです。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は、地方創生ソリューション・ジャーナリズム
BOLDLY Webサイト 自動運転バスを社会実装!毎日運行されています! 自動運転EVバス boldly

政策提言に際し、根本で蠢く問題の本質は、大森市長が固執する「岡山市総合交通計画」が路面電車ありきの悪政に蝕まれている点にあり、必然的に費用便益比は呆れるほど低くなるのです。路面電車のJR岡山駅前延伸で66億円なら、環状化により100億円を軽く突破し、岡山市の公共交通機関の息の根は止められましょう。

なので誠実経営に徹する宇野バス社に、公共交通のエコシステム創生を依頼すべく政策提言は、下記の通り。

※ Googleマップ活用岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言
〜 大正時代の路面電車ロックインは100億円超の事業。近未来の BRT & MaaS は10億円少々 〜

岡山市まちなか循環バス 停留所一覧JR岡山駅東口バスロータリー ⇒ 岡山ゲートプレイス ⇒ 西川緑道 ⇒ 柳川交差点 ⇒ クレド岡山表町文化村(表町商店街)⇒ 大雲寺岡山芸術創造劇場(新市民会館)⇒ 西大寺町宇野バス本社岡山シンフォニーホール(表町商店街)⇒ 柳川ロータリー ⇒ 西川緑道公園JR岡山駅東口バスロータリー ⇒ 岡山ゲートプレイス(循環へ)

補足 )・BYD製ほか「小型〜中型EVバス」がベース車両 ・近未来は自動運転EVバスへ更新

取り急ぎ下方に「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」路線図を共有しました。

※ Google マップ活用による「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言 ※
岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ新路線も同時に進めたいものです ※

経営感覚なき官主導の公共交通政策なら、100億円超。民間主導なら10億円超で、岡山市は健やかな成長へ。



甚災害時「路面電車は鉄屑」となり復旧を妨げ「EVバスは給電」を担い市民は助かるのです

2014年のEVバス提案の繰り返しになりますが、あえて、阪神・淡路大震災の交通状況を共有いたします。

いつも閲覧くださるスマートな皆さまには釈迦に説法ですが、南海トラフ巨大地震を想定する時、昭和のうちに廃線されるべき路面電車は重厚な鉄塊と化し、被災した岡山市民を苦しませる光景の想像は難くなく。他方、BRTに切り替えが済んでいれば、非常用電源を兼ねるEVバスの復旧貢献は繰り返すまでもありません。


市民の暮らし直結の政策の意味を岡山市議会議員の皆さまが理解してくだされば有り難いのですが…(涙)。

折しも2026年秋にかけて再開発される岡山ゲートプレイス界隈ニュースが届く今。岡山駅から表町商店街表町文化村)⇒ 岡山芸術創造劇場宇野バス本社を結ぶ「岡山市まちなか循環バス事業は自然の着想。再掲「公共交通事業は遊びじゃない」のだから、誠実経営の宇野バス社との協業模索をしたいと存じます。

政策提言の踏ん張りどころは陥穽に陥った岡山市議会を如何にして経路依存性から脱却させるか。それも、

もう間もなく自動運転EVバスが走る近未来に臨み、大正時代の路面電車を岡山芸術創造劇場方面へ、単線で延伸する岡山市路面電車ネットワーク計画は馬鹿げていて、そもそも路面電車をJR岡山駅前へ乗入れる費用便益比「0.61」!? の岡山市長が主導する事業は、あまりにもナンセンス。なので民間主導は最後のチャンス

NFT推しの政策起業家は、デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」はじめ民間主導政策提言を続けます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市まちなか循環EV自動運転バス
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ