政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

ベーシックインカム

人生2度目のバブル崩壊を経験する私の政策提言 〜 オイルマネー 東証スターマイン後のレミングの崖に備える「大人食堂」ベーシックインカム

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策提言 “ 大人食堂 ” 事業の実現を加速するページ

の日は判らずとも、弾けることは解っていた
◎ Nikkei 225 Google Finance 日経平均株価ページ 
Nikkei 225 日経平均株価私淑する解剖学者 養老 孟司先生のインタビュー記事「AIが超えられないバカの壁」より引用した一文
〜 身体感覚に裏打ちされていない、宙に浮いた、僕がよく言う『脳化社会』の典型的な技術です。人間の理性は『ああすれば、こうなる』と因果律で考える癖がある。見えているのは、論理や計算で予測可能な世界のみ。逆にコントロールできないものは排除する。それが脳化です。脳の産物である人工物だけで構成した都市がまさにそれです 〜は、真理。

生成AI蔓延る株式市場から脳化の人物退場空売り投資家ジム・チャノス氏、ヘッジファンド閉鎖へ

そのなか東京証券取引所で今なにが起きているかを推論するなら、ヘッジファンド青息吐息の踏み上げ相場。いや…これ以上の高値はあり得ない…否そんなハズはない…とか言いもって、空売り仕掛ける輩は、まっこと御用心。養老先生の『唯脳論』を腑に落とし、あり得ない事象を真摯に受け容れ、第六感を磨きましょう。

養老先生の仰る地面に張り付いた、質量のある物質的世界のファンダメンタルズをAIは解釈しないから…。


※ 海外資本は新NISAをネタに日本株を大量買い付け焦った日本人の高値づかみを狙い売り抜ける ※

人の行く裏に道あり花の山。そうやって激動の市場を生き抜いてきた私の政策提言「大人食堂」いよいよ。


う考えると、うまくいく。〜脳化社会の歩き方〜が教える“ 現代の参勤交代 ”を実践する私の生き様
〜 生成AIによって加速する『ああすれば、こうなる』だけになった現代社会を私達はどう生き抜くか 〜

そろそろ本題。今回のタイトルは先般、古田 拓也さんの「今更聞けないお金とビジネス」“ 「バブル超え」なるか 日経平均“34年ぶり高値”を市場が歓迎できないワケ ” と題されたWeb記事を NEWS PICKS にシェアした際のそれなのですが、日経平均高値のバブル超えはどうでもよいけど、急ぐは大人食堂整備事業の実現。

映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』を彷彿とする、想像を絶するようなバブル景気に浮かれる人々がいる株式市場にオイルマネーは流入し、豪快なスターマインを鑑賞した後、周期的に大増殖と激減を繰り返すレミングの崖を擬える残酷なマーケットを横目に、漸増が続く生活保護申請件数を注視している私。


生活保護申請件数、ゼロゼロ融資返済で中小企業の倒産増加。それでも日本株を買いますか !? ※

生成AI蔓延る株式市場が育んだ『バカの壁』の向こう側の準備を始めておくのもサルの私のミッションね。


※ 国家レベルでサイロ化したマーケットでは “ キャピタルフライト ” の想像もまた難くなく…汗 ※

1991年に平成バブル崩壊を体感。2000年より市場参加し、2006年に売り抜け不動産投資へ転向。一昨年より BTC:ETH=1:9 の割合で買い下がり、昨夏クリプト投資を完了。無論 Word ID 参画済み。そんな私は生活保護申請件数を憂慮しており、あらためて社会基盤を安定させる、UBI 整備の政策提言を率先垂範中。

他方、一般的な市場参加者は、ROI・ROE・ROA・EPS・PERがビジュアライズされた美しすぎるチャートを比較分析し、まことしやかなレポートを読み漁ることで、養老先生が指南くださる『身体感覚に裏打ちされていない、宙に浮いた典型的な脳化社会」の投資判断』を下しているものと類推いたします。なればこそ、

バブルは崩壊して、はじめてバブルとわかる」という金言。こう考えると、うまくいくと私も想います。


※ バブルは崩壊して、はじめてバブルとわかる。その前に整備しておきたい「大人食堂」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 大人食堂ベーシックインカム政策提言
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

「大人食堂」を、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)、CBDC(中銀デジタル通貨)、東京の食料自給率は約1%。3点セットで考える。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国政機能の地方分散 ” の仕組みを考えるページ


住の緊急性を、すでに起こった東京に学ぶ
食材王国 岡山パクチーサラダの材料
Only the Paranoid Survive. 在住と出張を合わせて東京に25年ほど関与してきたパラノイアの私は、1995年。阪神・淡路大震災の当日は枚方市に暮らしており、その3日後に、救援物資を届けたく尼崎市から武庫川を渡り西宮市へ入った日の記憶は今なお鮮明。積める限りの飲料水を社有自転車の荷台に縛り付け、飲食店に届けて応援1日目は終了。人間万事塞翁が馬――。退職、地方都市へ移住を敢行する動機になったことは言うまでもなく、前回 “ 移住のすゝめ ” は、パラノイア誠心誠意のエントリーです。

さて、「市民の力でセーフティネットのほころびを修繕しよう!」を掲げる一般社団法人つくろい東京ファンドによる、社会のセーフティネットからこぼれ落ちないための施策 “ フミダン生活保護申請 ” に多くを学ぶ。「年越し大人食堂」はリアルの緊急対策で、フミダンは短期中期の社会保障DXの模範として重要。


東京では「自助」できない人が続出し、「共助」は限界。もはや「公助」しかないと考えるなら、移住を前提としたUBI(ユニバーサルベーシックインカム)の議論は外せない。東京の雑踏を知る者、その食料自給率 約1%に驚いた者、富士山噴火、首都直下型地震を憂うパラノイア。成否の鍵は、中央銀国デジタル通貨

デジタル通貨(CBDC)を使用したユニバーサル・ベーシック・インカム試験的開始 ” は、大きなヒント。


住が前提の地方創生ベーシックインカムは「マイナポータル」のDX推進で実現可能!

とっても困った困った、マイナポータル。だからこそ一気呵成に、国民にとって頼りになる暮らしのプラットフォームにトランスフォーメーションする好機は訪れました。デジタル改革アイデアボックス検索クエリ「マイナポータル」には多彩な提案が寄せられており、このチャンスを日本はモノにする、と私は信じます。

そうでなければ、もはや止まらない東京一極集中の逆回転クライシスにより日本沈没は実現してしまう。


無用な危機を煽るつもりは毛頭ございませんが Never say never. 首都直下地震は起こり得るのです。

未曾有の被害を受けて慌てふためき「激甚災害からの復旧・復興対策」を読んでも全く間に合わず、助かる者も助からず。それは天変地異のみならず、「気候テック」の動向を注視するとともに、遠ざかる東京オリンピックの経済的損失なども加味して、首都圏から地方への「移住支援金」の有効活用にも備えておきたく。

それも食料自給率 約1%の東京激甚災害が襲ったとすれば、もはや移住ではなく、脱出サバイバルに。


孫さん曰く時代は追ってはならない。読んで仕掛けて待たねばならない。将に、脳がちぎれるほど考えよ


方創生UBI(ユニバーサルベーシックインカム)。地方へ移住する人への社会保障

マイナポータルとは? 子育てや介護をはじめとする行政手続の検索やオンライン申請がワンストップでできたり、行政からのお知らせを受け取ることができる自分専用サイトです――(マイナポータルより)。

今後もぞくぞくサービス追加予定! そう明記するマイナポータルですから、地方創生ユニバーサルベーシックインカム制度の実装は難くはないし、給付方法は現金を介さない ICO や、マイナポイント事業の進化版はアリだし、急がれる CBDC(中央銀行デジタル通貨)が整備され機能すれば、給付は瞬時に着実に完了。

地方創生ユニバーサルベーシックインカム制度をブロックチェーン技術の上で成立させれば、生活必需品や公共交通運賃、保育や教育費等、使途を限定するバウチャー制度のメリットを付加することも、利用期限を設けることで未利用のクリプトカレンシーは必要とする人へ再配分され、再循環させることも可能にできそう。

今回このエントリーがローカルハブを幾つも誕生させる、国政機能分散型の強いニッポンを新たに創る、壮大な国家プロジェクト(国による大規模公共事業)。地方創生UBI提案が、その一助になれば誠に幸いです。

これからの東京を支えるのは、東京〜大阪を経由して心豊かに暮らせる地方都市へ移住し、生き抜くためのリスキリングを繰り返している私の責務。感謝を込めたスーパーシティ岡山プロジェクトを継続するとともに、上記の可能性については、デジタル改革アイデアボックスに投稿し、静かにシェアして擱筆いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO DX推進プロデューサー 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > UBI、CBDC、食料自給率を考える
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

異能β(後のDX公務員)が拓く、半農半DXと自給自足のSociety5.0シティ。デジタル円 & ベーシックインカム for 異能vationプログラム.

新型コロナウイルスに直接または間接的に罹災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。

常識外な挑戦 “ 異能vationプログラム ” エントリー試作のページ
総務省の公募に臨み、地方公共団体との連携を目論み、プロトタイプの共有を行いました )

岡山市のBRT化の兆し
銀デジタル通貨(CBDC)for Society5.0

昨日の日経朝刊「中銀デジタル通貨、準備を加速 日銀が実証実験へ」の見出しが目に飛び込むや、2月9日の拙エントリー「デジタル徳業」構想の実現は目前だと推定的に断定。地域社会を地方議会から変革する、DXジャーナリズム領域のイノベーティブなプロトタイプ『陳情書のトリセツ』が先週、炸裂したことと相まって、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)を包含する次の政策を装填する私。


中銀デジタル通貨(CBDC)が現金同等の機能を持つためには〜と書き出す日銀リポートを拝読するなか、ブロックチェーン技術は “ 米11都市でベーシックインカム導入実験、29歳市長が発起人 ” の記事を身近なものにするであろうし、かねて私が温める「DX公務員」構想もまた近い将来、実現すると占う強い確信も。


下方の緊急提言は、東京一極集中の逆回転を肯定的に受け止め新しい生活様式に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる日本国家のグランドデザイン。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。誰がやる?って、異能βで通称「へんな人」

※※ 緊急提言【 Beyondコロナ 国家プロジェクト2020 】2020.4.26 転載

行政を動かす『地方議会のトリセツ』for Society5.0シティ岡山モデル.が前進を始めた今だから。ICT分野において破壊的価値を創造する、奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援してくださる異能vation プログラムをイノべ―ティブな変な人の構想を叶える魔法のアイテムだと考え、私は応募に挑む所存です。



能vationプログラム “ 破壊的な挑戦部門 ” 通称「へんな人」“ 異能β ” は私だ!

応募する技術課題名※ 2020年8月30日エントリー
岡山版「スーパーシティ」構想を実現! 創造的破壊の『議員スコア

応募する技術課題概要 】 技術課題を乗り越えて実現したい目標
・どんな世界にしたいですか?
誰もが心豊かに暮らせる人間中心の創造世界 ≒ Society 5.0ワールド

何を実現したいですか?
Society 5.0シティのロールモデルとなる「スーパーシティ岡山」の実現

そのためには今どんな壁がありますか
行動変容しない安穏とした議員と新しい生活様式に戸惑う住民の間の高い壁

実現への道筋
・その壁をどうやって超えていきますか?
地方議会を革新する『議員スコア』オープンイノベーション技術で壁を超越

・あなたの持っている技術や計画を教えてください。
閉鎖性の強い地方議会CPSで包含し創造的に破壊するデジタル陳情技術
閉塞社会を破壊した後に創造するDX公務員(半農半DX)スコアリング計画

追加資料、試作品(任意)
・なぜこれに挑戦しようと思ったのか
国を支えるSociety 5.0シティのロールモデルを創りたく

・この技術のどこをアピールしたいか
DX構想アーティスト独りの力で地域社会を変革できる点


応募する技術課題名※ 2020年8月20日エントリー
岡山版「スーパーシティ」構想を実現に導く、創造的破壊の『デジタル陳情書』。

応募する技術課題概要 】 技術課題を乗り越えて実現したい目標
・どんな世界にしたいですか?
誰もが心豊かに暮らせる人間中心の創造世界 ≒ Society 5.0ワールド

何を実現したいですか?
Society 5.0シティのロールモデルとなる「スーパーシティ岡山」の実現

そのためには今どんな壁がありますか
岡山は変わらんよ!そう悟り切っている議会と住民の間に聳え立つバカの壁

実現への道筋
・その壁をどうやって超えていきますか?
議会を動かす『デジタル陳情書』オープンイノベーションで壁を超越

・あなたの持っている技術や計画を教えてください。
閉鎖性の強い地方議会CPSで包含し創造的に破壊するデジタル陳情技術
閉塞社会を破壊した後に創造するDX公務員(半農半DX)スコアリング計画

追加資料、試作品(任意)
・なぜこれに挑戦しようと思ったのか
国を支えるSociety 5.0シティのロールモデルを創りたく

・この技術のどこをアピールしたいか
DX構想アーティスト独りの力で地域社会を変革できる点


応募する技術課題名※ 2020年7月4日エントリー
Society 5.0シティのロールモデル「スーパーシティ岡山」創出

応募する技術課題概要 】 技術課題を乗り越えて実現したい目標
・どんな世界にしたいですか?
誰もが心豊かに暮らせる人間中心の創造世界 ≒ Society 5.0ワールド

何を実現したいですか?
Society 5.0シティのロールモデルとなる「スーパーシティ岡山」の実現

そのためには今どんな壁がありますか
岡山は変わらんよ!そう悟り切っている議会と住民の間に聳え立つバカの壁

実現への道筋
・その壁をどうやって超えていきますか?
行政を動かす『地方議会のトリセツ』等のローカルイノベーションで壁を超越

・あなたの持っている技術や計画を教えてください。
閉塞社会を創造的に破壊する「地方の偉い人たち」 への緊急提言技術力
閉塞社会の破壊後に創造するDXイノベーション徳業スコアリング計画

追加資料、試作品(任意)
・なぜこれに挑戦しようと思ったのか
国を支えるSociety 5.0シティのロールモデルを創りたく


・この技術のどこをアピールしたいか
DX構想アーティスト独りの力で地域社会を変革できる点


そうやって、持続可能な開発目標(SDGs)11「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」を中心に据えて、Society 5.0に臨むスーパーシティ岡山の実現を目論み地方公共団体と連携したく放った画策が『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『スーパーシティ構想』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 異能ベーター 異能vationプログラム
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ