生涯学習ブログ

Society 5.0に臨む、菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生コラムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

ベンチャー

岡山・香川ベンチャーブリッジ研修会・交流会 2007.12.3

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!
岡山・香川ベンチャーブリッジ事業を記録するページ

岡山ロイヤルホテル
本会は市場開拓・人材不足・資金確保等、

ベンチャー企業の抱える課題を香川・岡山県の連携により解消すべく香川・岡山ブリッジシティ構想を視野に、

両県のベンチャー企業経営者の研修と交流を目的に開催されたもの。


【 プログラム 】

1. 開会挨拶及び主催各機関の紹介

2. 基調講演 演題 「 ベンチャー成功の7つの秘訣 」

講師 蠅△ない総合研究所 代表取締役 吉田雅紀 氏 著書 ・ザ・アントレプレナー ・君も社長になろう。 楽しんで儲ける! 起業という生き方 by Amazon.

3. 研修会ビジネスプラン発表  4. ビジネス交流会  2007年12月3日(火) 13:00〜19:00 岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間

主催 岡山県 香川県 (財)岡山県産業振興財団 (財)かがわ産業支援財団 (社)岡山経済同友会 (社)香川経済同友会 おかやまインキュベータ協議会


「 起業一筋 あきない総研 」

基調講演の講師は若くして起業の栄枯盛衰を体験し、現在、ベンチャー企業のスタートアップ投資・支援に勤しむ吉田先生。

つい先日も大阪に続き、東京汐留にインキュベーション・オフィス ARI Flap Stage をオープンしたところ(おめでとうございます)。

1954年(昭和29年)兵庫県宝塚市生まれの吉田雅紀氏は、同志社大学 商学部卒業後、大手家具・照明機器メーカーへ入社。

トップセールスによる抜擢、1985年以降、社内ベンチャー ポムアレー事業の共同経営者として成功への昇り坂を歩み始める。

1989年、書籍にて吉田氏の武勇伝が紹介されてから次第に下り坂。 氏を待ち受けていたのは人生の真坂(まさか)だった。


「 ひとり産学官連携 」

アントレプレナーに良く聞く話も、ここからが吉田氏の正念場。 1億円を超す巨額の累積赤字を抱えつつ見事に任意整理。

誠意を尽くした失敗なればこそ、吉田先生の後の宝物となることに。 大阪産業創造館・ドリームゲートの重責を果たした今、

あきない総研社長・関西学院大学専門職大学院 教授・デジタルハリウッド大学大学院 客員教授を兼務と、大活躍の毎日。


「 野心を抱け 」

そんなアントレプレナーシップの気概に溢れる吉田先生のセミナーは、情熱・確信・志の波動が押し寄せてくる怒涛のトーク。

飾らない関西弁が爆裂する迫真の説得力。 何も無いところに価値を創造するプロセス、それがアントレプレナーシップや。

最初は野心で構わへん、たくさんの“ありがとう”を集め、価値の連鎖が拡がりはじめたら“志”を固めるんや…、こんな感じ。


「 恋は盲目、事業も盲目 」

情熱・確信・志の大切さに引き続き、情報・リソースを集めてくる力、加えて意外にも、今を辞める勇気の重要性について。

オンリーワン・ナンバーワンからはじめなさいと、北海道の清流大根 (有)大石農産 さんのブランディングの成功事例を紹介。

ブランドとは誇りであり、その過程には必ず物語があるはずと。 そうして今を辞める勇気とは、新しい自分を選ぶこと。

みれんに支配されない視野を持て!

起業は生き方とも。 失敗しないためのリストチェックを続ける起業準備が趣味の人と、耳の痛いコラムを拝見したり(汗)。


「 当たり前のことを当たり前にする 」

終盤は整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5S。 約束は守る、そして守らせる。 リスクマネジメント(受身)についてのお話も。

失敗に学ぶこと、その失敗の痛みが宝物。 根底にあるのは自責の念、自分が選択したすべての結果に対して負う自己責任。

人生の、起業のキモは自責の念、やっぱり…。

名残惜しくも終了に。 頂戴した師の名刺に記された“起業一筋”の筆文字、授かるオーラに感謝・感激。 ありがとうございます


「 ビジネスプラン発表 」

1. 石のあかり 2. 私の秘書さん 3. 糖脂質素材の健康産業への応用 4. モバイルメールタウンと、香川・岡山 4社より発表。

トップは花崗岩のダイヤモンド、香川県のブランド石 庵治石(あじいし)&ステンドグラスで光の空間を創造する ななみ屋 さん。

平安貴族が、そして世界的彫刻家 イサムノグチが愛した庵治石伝説。 早晩、平成貴族を魅了する!? 先の楽しみな作家集団。

(そこで折角のライブドアブログをメディアに育てては? ブログ・ブランディングのお手本は みやじ豚.com さん。 ご参考まで)


もうひとつ、免疫システムの一部を担う細胞 マクロファージ活性化技術を深耕する 自然免疫応用技研 の恐るべしプレゼン。

サプリメント等の健康・美容だけでなく、畜産・水産養殖飼料・ペットフード分野へ応用、しかも経済効果まで叩き出す(驚)。

食品大手S社のオファーが近日、届くと直感したり。

(交流会の会場で、長らくのインタビューに快く応じてくださった T社長と K社長、ありがとうございました)

そんな熱き起業家4氏のプレゼンテーションを聴講し、持てる製品・技術・サービスに、ブランド・ギャップを痛感する次第。

プロモーション費用に限りがあるならば、運営費フリーのブログや動画サイトを使った個別メディアを育んではいかがでしょう。

(無料のネット検索で見つけたブランディング策、YouTube のCMより 徳山物産さんのCMブランディング。 ↓音声アリ)


これはユーチューブ(動画コンテンツ共有の無料サイト)を巧みに使った中堅企業のブランディング実例のひとつ。

過去の売るためのマーケティングに対し、いかに紹介してもらうか、良い口コミをいかに起すか、それが今のマーケティング。

紹介される、口コミを期待する、不可欠なのはホスピタリティ(ホスピタリティは親切心・心遣い・おもてなしの心と訳される)。

Webをネガティブに扱う今を辞め、良いモノ・本物の良さが伝わる好意の口コミ・マーケティングに取り組むことがチャンスとも。

参考書 クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング by Amazon.

藍色工房 手づくりソープの物語
「 サンプルから口コミへ 」

画像は会場で頂いた手づくり石けんのサンプルと、小気味よくまとめられたミニパンフ。

クリームチーズを想わせる石鹸の地肌、リッチな香り、徳島の特産品 藍を配合、しかも期待を超えたソフトなタッチ。

視覚・嗅覚・聴覚・触覚が直感させる高品質。 それは地球の肌にも優しそう。

洗い心地の豊かさに加えて自然の素材が織り成す洗剤の環境エコにも期待をしたい。

そんなサンプルは、口コミ・マーケティングの必須アイテム。 使い手の感動を担保する、作り手が発するプレゼン・ツール。

で、さっそくレビューを。 Indigo studio 藍色工房 さん

手づくり石けんの良さが伝わる絵日記風のストーリー、藍色工房 誕生物語の好感を覚えさせる仕上げもナイス♪

阿波の国、藍の郷。 郷土愛と特産品の藍が作った小さなサンプルより、おもてなしの心を受け取りました(嬉)。

(余談 岡山県の老舗「本藍染工房」藍布屋(らんぷや)さんは、徳島の藍を使った 桃太郎ジーンズ でお馴染みの倉敷市児島のアパレル企業)


「 ビジネス交流会にて 」

ひとりでも多く起業家の話を聞こうと意気込むも、瞬く間の2時間。 とはいえ名刺交換等、他県の頑張りを知る貴重な機会。

そうして香川・岡山両県のベンチャー企業、益々の発展を祈念するとともに、開催努力に大変感謝。 ありがとうございます


【編集後記】

食事を忘れてインタビュー、赤ワインが空きっ腹に良く染みて。 ワインに舌鼓を打つ前に、起業家の心に打たれた感もアリ。


ホームサイトマップブランディング 目次>岡山・香川VB>岡山B構想岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ベンチャープラザ岡山 2007.11.13

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!
VP岡山2007の気になるビジネスをクリップするページ

JR中庄駅(岡山県倉敷市)南口
画像は2007年11月13日(火)、山陽本線(伯備線)のJR中庄(なかしょう)駅 南出口。

同駅より送迎バスに乗り込み、目指すはベンチャープラザ岡山2007。

発車まもなく 倉敷マスカットスタジアム(倉敷スポーツ公園)

車窓に映る緑の公園に吹く風、そんな爽やかな眺望も、10分足らずのバスの旅。

国際会議場「コンベックス岡山」 岡山のロジスティックエリア(物流拠点)

岡山の国際会議場 コンベックス岡山
画像はベンチャープラザの会場 コンベックス岡山。

ベンチャープラザ岡山2007は、

新規事業を支援するアライアンスパートナーやエンジェルとベンチャー企業のマッチングを狙うビジネスショー。

10:00-17:00 オープニングセレモニー・新製品展示・商談会等

10:30-12:00 記念講演 大野尚氏(過去のセミナー) 13:00-16:00 ベンチャー・ビジネスプランコンテスト最終審査・表彰式等

2007年11月13日(火) 於 コンベックス(CONVEX)岡山  主催 岡山県 (財)岡山県産業振興財団 (財)岡山総合展示場

共催 (独)中小企業基盤整備機構中国支部  後援 中国経済産業局 岡山市 倉敷市 岡山県商工会議所連合会 岡山県商工会連合会 ほか多数

健康足袋型シューズ「足力(あしぢから)」
「 バルタンエックス(VALTAIN-X) 」

さっそく会場中央へ突進、すると妙なカタチをした足袋(たび)型の靴に遭遇。

地下足袋のようなウォーキングシューズ。 キーワードは「足力(あしぢから)」。

靴は元来、足を守る・歩きやすくする機能の追及から進化したもの。

一方、鍛えるには足の指すべて・つま先・かかと・ふくらはぎと、足のあらゆる筋肉に負荷のかかる裸足が理想的。

裸足でプレイする南米の子ども達はサッカーの上達が早いとか、柔道・剣道選手は転ばない、というのは良く聞く話。

そうして VALTAIN-X は足を鍛え、しかもケガ防止と一挙両得、加えて怪力=怪獣思わす風貌も。 なるほど売れそう。

すでに高校球児の脚力養成シューズとして活躍とのこと。

入場まもない見学者の足を力ずくで止めたブースが 岡本製甲 さんのバルタンエックス。 キャッチもまた拍手モノ。


「 ベンチャー・ビジネスプラン コンテスト2007 」

今回は4つのWeb利活用ビジネスモデルと、大学発技術のビジネス化を目指す2つの計6モデル。 6名の発表者によるコンペ。

サンはその中、SNSビジネス「都会人も農家も農業を楽しみながらトレーサビリティも可能にするアグリウェブサイト事業」を聴講。

東京より岡山へ移住した気概の有機農業主が都市の人々とコミュニケーションの場を創りたい、そんな起業動機にみる煌き(凄)。

失敗したこと苦労したこと、そこから得た耕作技術やノウハウ、何より農業を通して得ることのできる楽しさや喜びを伝えたい。

ありそうで数少ない農業SNS。 Web3.0型社会 を予感できなければ酷評したくなる、ある一面においては総花的なもの。

ところがだ。 安全・安心・有機無農薬・トレーサビリティー・貸農園・クラインガルテン・ファーマーズマーケット、

アグリコミュニティ(農業日誌・ブログ・野菜レシピ)・オーガニック・ロハス・ブランド化・セミナー・オンライン教育事業等、

適切にまとめられたプレゼンテーションに凝縮されたコンテンツとキーワード。 Web2.0を前提に、どれをとっても超一流。

死角なしという感じ。 岡山初、岡山発のアグリウェブサイト事業プランにすっかり感服、しっかり魅き込まれた次第です。

またご多忙の中、インタビューを快諾くださったTさま(ISO27000.JP 運営主)に心より感謝。 ありがとうございます

アグリビジネス創出フェア2007
← 農業ビジネス学びのサイト

急成長の予感 カット野菜
「 特許とWeb情報発信がキーワード 」

画像は 蠹銚青果 さん、スーパーベジ(SuperVege)事業部の提案ブースにて。

添加物を使わずホールカット野菜の栄養を逃さず加工する、同社の真空&低温スチーム技術は特許出願済み。

素晴らしい岡山野菜を中心に、安全・安心・エコはもとより便利でおいしい食の提案が、都会へ届けばしめたもの。

実際、東京ビッグサイト での提案を機に、少しずつ発注が増え始めたという嬉しい話題あり。 注目の逸品かも。


さて、特許といえばほかにも、福田製粉所さんのドラフトおおむぎ LIZZA7(リッツァセブン)や超吟醸オオムギ おばこ麦の製法特許。

それは加湿・加温・加圧せず、食物繊維・消化酵素・ビタミン・ミネラルなどの栄養素を活性状態に保つ、他に類を見ない特許新製法。

しかも健康を予感させる素朴なパッケージ。 ※ 製品取り扱いネットショップは [stmx] oep-shop.com の特集ページ。 ご参考まで


そんな両社の優れた製法特許がもたらす顧客メリットから鑑みて、Web情報配信を前提に、売上倍増の可能性を否定するほうが難しい。

都会の景気や大手企業の業績回復と、地方景気の差はずばり、デジタルデバイド(情報格差)。 IT活用の取り組みに期待をするところ。

高効率なWeb情報発信、しかもリーズナブルな運営費用、湘南で農業を起業したブログサイト【みやじ豚.com】さんに学びたく。

ちなみに livedoor Blog PRO(サイト運営費)は月額262円。 その他、詳しくは弊サイト ブログ・ブランディング のページにて。

販促プロモーションで売りたいけれど……、そんな憂いの時間があるなら事業の想いをブログに綴る=Web情報発信。

間もなく扱う製品・サービスは市場へ伝わり、適正な評価をくださる賛同者=顧客が現れたりするものです。 頑張りましょう


そうしてベンチャー・ビジネスモデル コンテストをメインに90社を超す企業と大学等の研究機関が会した貴重な岡山の見本市。

お招きくださり ありがとうございました ( ベンチャープラザ岡山2007会場で拝見した製品・プレゼンテーションの備忘録として )


【編集後記】

もうすぐオープン ビックカメラ岡山店
画像は2007年11月20日(火)10時オープンを控えたビックカメラ岡山店。

JR岡山駅ナカに、続々と出店した都会の資本がいよいよ駅前エリアへと。

自然・天然資源・社会インフラ等々、至高のリソースに恵まれた岡山のビジネスチャンスを大資本が見逃すはずはなく。

益々エキサイティングな岡山の今後が楽しみ♪


ホームサイトマップブランディング 目次>VP岡山>岡山B構想岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

くらしきベンチャーオフィス(KVO) 開所 1周年記念セミナー 2007.8.4

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
倉敷市のインキュベーション・セミナーを記録するページ


くらしきベンチャーオフィス(KVO)は2006年8月、倉敷市が起業家の創出・IT関連産業の振興・地域経済の活性化を目的に開設した起業家支援施設。

「起業家経済の時代」を掲げた開所より1年。 今回、あらためて想いを確認し、今後の進捗を確実にすべくセミナー講演会 開催の運びへと。


【セミナー 次第】

1. セミナー開催挨拶 倉敷市 経済局長 三宅忠良 さま 14:30

2. 基調講演 「 おもしろく起業したら 」 14:40〜15:20

講師 はままつ産業創造センター ビジネス・コーディネーター 小出宗昭 さま
著書 独立したい!社長になりたい!あなたの起業成功させます―創業支援施設「SOHOしずおか」の起業マネージャー奮闘記 by Amazon.

3. パネル・ディスカッション

「 くらしきで 起業するのは おもしろき 」 15:30〜16:30

パネリスト ・小出宗昭 さま(本日の講師)  ・KVOインキュベーション マネージャー 飯田永久 さま  ・せとうちIT技術者協同組合 代表理事 古里利彦 さま  ・アッパービレッジ 代表取締役 ムラカミヨシコ さま

ナビゲーター ・倉敷市経済局 主幹 山本裕司 さま

4. 情報交換・名刺交換会  於 KVO交流スペース 16:45〜17:45

2007年8月4日(土) 倉敷ターミナルホテル 9階  主催 倉敷市  後援 倉敷商工会議所 児島商工会議所 玉島商工会議所


「 おもしろく起業したら 」

基調講演の講師は2005年2月、「 Japan Venture Award 2005 」起業支援家部門 経済産業大臣表彰という最高の栄誉を受賞された小出氏。

氏は、浜松市創業都市構想の実現を掲げ、浜松地域 ものづくり産業の成長・発展を担う はままつ産業創造センターの扇の要的存在。

数え切れない成功パターンを実装するインキュベーションの達人。 NHKはじめ、多くのTVメディアでその功績が取り沙汰されています。

そんな小出先生の講演テーマは、おもしろく起業したら。


「 チャレンジャーに夢と自信を与えたい 」

具体的な起業の実例で構成された小出氏のセミナー。 理論 幾千に勝る いくつかの成功事例。 肌より染み入る納得感。

事業のツボを耳で聞き、起業のコツを資料で学ぶ。 頂いた小出氏のインタビュー記事は、成功への事例集。 起業のための虎の巻。

ふつふつと、夢と希望が湧きあがる。 


「 起業の成功要因は情熱・行動力・オンリーワン 」

氏が強調する情熱とは持続力のこと。 ふたつ目は、まず踏み出してみようという前向きな一歩。 ラストは差別化でありオリジナリティー。

この3つを携え成功しよう!と、元気の出る内容。

完璧で万全な事業計画書に必要以上に固執せず、継続性・行動力・独創性を磨き、夢の実現計画書を描いて欲しいという教え。


「 起業することが絶対価値ではない 」

起業は、起業家のひとつの生き方・働き方であり、地域でのあり方が大事。 なぜ創業なのか、いわゆる理念の美しさを問う言葉。

澄める魂なくして起業ナシ、ということ。


「 インキュベーションのあり方 」

資料にみる小出氏のコーディネーション業務における成功要因は、高いコミュニケーション能力とビジネスセンス、大きくこのふたつ。

コサルテーション業を起こすなら、繰り返しチェックしておく重要ポイント。 と、みずからに言い聞かせている次第です。


「 パネル・ディスカッション 」

起業家をインキュベートする2名の指導者と、創業から成長路線を歩む現役経営者2名によるトーク・セッションにヒントがいっぱい。

悩み・挫折・失敗の、リアルな人生劇場も。 数々の苦難を逞しく乗り越え、大きな飛躍をはじめた今だから、聞かせて貰える貴重なお話。

変化をピンチとするのかチャンスと捉えるか、機会認識に関する考え方等、価値ある生のメッセージが随所に盛り込まれておりました。


「 情報交換・名刺交換会 」

和やかな雰囲気の中、ビジネスを考え続ける意識の高い方々と名刺の交換。 くらしきベンチャーオフィス見学など、感謝の連続。

ありがとうございました


【編集後記】
花七夕「倉敷天領太鼓」
今日は折りしも くらしき花七夕の日

セミナーから貴重な学びとステキな夕べを持ち帰らせて頂きました(嬉)。


ホームサイトマップブランディング 目次>セミナー>岡山B構想岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

くらしきベンチャーフェア in 水島ソシエ 2007.2.19

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
くらしきベンチャーフェアを記録するページ

水島サロン
フェア開催主旨は

地域経済の活性化を目的に、オンラインビジネス活用のノウハウと人脈づくりの場の提供によるベンチャー起業家の育成。

主催者挨拶 倉敷市 経済局産業労働部 部長 池上勉 さま


【 特別講演 】

演題 「会社経営についての経緯や想い」 講師 株式会社 テイツー 相談役 秋山良夫 さま


【 ノウハウセミナー 】

演題 「売れるホームページ」 講師 楽天株式会社 営業開発本部 エリアサービスチーム 山口貴史 さま


【 参加企業による製品展示 】

ブース前で商談及び名刺交換 個別相談等

2007年2月19日(月) 13:30-16:45 岡山県水島サロン コミュニティプラザ

主催 倉敷市 (財)岡山県産業振興財団  共催 岡山県  後援 倉敷商工会議所 玉島商工会議所 児島商工会議所


「本には人生が詰まっている」

特別講演講師は1989年、「古本市場」を創業した秋山氏。 現在は螢謄ぅ帖 相談役として、新規事業開拓と後方支援に専念。

秋山氏の講演は、創業時の事業発想・資金調達・人材の採用と育成・インフラ導入等、起業時の実務に基づく分かり易いもの。

ビジネスの原点は「古本」と。 本に対する想いを、本には人生が詰まっているという言葉をして、講演を進める姿勢が印象的。


「 私の力を5とすると、50の力を持つ人材に恵まれた 」

後継者が育ち、すでに社長職を譲られた秋山相談役。

経営ノウハウに留まらない語り口調やしぐさにみる高邁な人柄が、50の力を備える「人財」を育てたに違いありません。

企業の継続と拡大に不可欠な人財戦略において成果を収めたご様子。 氏の成功要因は、「高い人格」にあると断言できそう。

「本には人生が詰まっている」同様、「このセミナーには起業家の人生が詰まっていた」。 類稀なるありがたい講演機会。


他にも「つもりの自分(独りよがりで共感のない事実を戒める)」等、起業家の教訓となる貴重なフレーズがてんこ盛り。

「ビジネスの仕組み化」「人を使って任せる」「身内を入れない厳しさ」「チャンスは貯金できない」「儲かる理由と損する理由」等。

「 ビジネスに対する想いを、何人と共有できるだろうか。 その意識が結果を分けるのだ 」と、思わず手帳に刻み込む次第。

秋山相談役は教育者の領域にいらっしゃり、ビジネスはもとより人生の講義を拝聴できたというのが率直な感想。 ありがとうございます


「 売れるホームページ 」

インターネットモールを独走する楽天セミナーの要点は、1. 集客環境 2. 万全のシステム 3. 膨大なノウハウの集積 以上の3点。

ソリューション力・ユーザビリティの進化において今しばらく、この企業の右に出る者はなさそう。 感嘆誘うコンテンツの宝の山。

競争力の高い良質の製品・サービスをもって販売は伸び悩む。 ならばまず、知るべきセールスシステムが楽天モールということか。

「思考より試行」というキャッチ。 ありがとうございます


【編集後記】
きもとさんちの「美観みそ」
白いご飯も おかわり必至の おかず味噌。 くらしき朝市で好評・絶賛、ついた名前が「美観(びかん)みそ」。

倉敷といえば美観地区。 手づくり「美観みそ」を口にせず、倉敷を素通りすることはできません。

是非、覚えてください。 倉敷 手づくりの逸品「美観みそ」


ホームサイトマップブランディング目次>ベンチャー>売りのネタ岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    ソーシャル・プロフィール
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ