政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

ブロックチェーン

ジョブ型雇用を可視化する「NFTジョブ」で日本のイノベーション続々

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
中小企業のための “ トークン報酬戦略 ” 考察ページ


OpenSea @ 経営DXラボ.ンチェーン人事考課で生まれ変わる国内企業

失われた30年と呼ばれて久しく。大企業や行政に蔓延る「働かないおじさん」問題が取り沙汰されるなか、Web3スタートアップの熱気で高揚してる私に、国内事情を憂いている暇はありません。なぜならガラパゴスな日本でさえシステムチェンジの真っ只中にあって、日々遭遇できる創造的破壊の新規サービスに接するワクワク感はドントストップだから。

先般「Web3日本の持続可能性」で報告済ですが、あらためて優良コラム “ 世界中のWeb3プロジェクトとクリプトワーカーを繋ぐオンチェーンジョブマーケットプレイスAKINDO ” に、日本の構造的かつ組織的な問題をディスラプトする可能性を見出し、目先。中小企業の人財不足問題に利活用させて戴こうと目論む私。

アーリーステージに臨む、NFTジョブ候補は現在 2つ。1. NFT起案書と、2. NFT事業目論見書、なるもの。


ブロックチェーン技術を活用する点は同じながら、1. NFT起案書(あるいはNFT稟議書)は行政や企業のルーチンワークを人事考課面からサポートするオンチェーン報酬制度の新サービスで、他方、2. NFT事業目論見書(あるいはNFT事業計画書)は主に企業の新規事業創出や新規サービスの開発で活用される新機軸。

例えば、組織内のコンペを勝ち抜いた政策やイベント企画等のNFT起案書の場合、当該プロジェクトが生んだ付加価値を基に、トークン報酬は起案者に配分される。同様、取締役会の承認を得たNFT事業目論見書の場合、新規事業が齎した付加価値を基に、トークン報酬は事業クリエイターまたは、メンバーに配分される。

無論マイナスのケースは多分に有り得るも、オンチェーンで記録される政策や事業の顛末は改善ポイントを明確に示すであろうから、組織の再編や立て直しもスピーディー。その他、意匠権のNFT化を開始すれば、企業の内外を問わず、デザイン力で得た付加価値を基に、トークン報酬はNFTクリエイターに適正に配分される。

トークン報酬システムの最適化に成功する組織や企業の業績は、大きく飛躍。その想像は難くありません。


前掲。On-Chain job marketplace “ AKINDO ” が創造的破壊であるのは、MS Bounty Program等をクリアし得る辣腕のWeb3人財にフォーカスし、専門領域の即戦力(真のプロ人材)として最高のパフォーマンスに挑戦いただく、いわばジョブ型雇用のメリットだけを追求する、その理想像を確約する(であろう)点。

そうなると On-Chain job descriptionは世界の才能を素早く集めるばかりか、優秀なジョブホッパースマートコントラクトを以ってプロジェクトにジョインし、成果のアウトプットは忽ち始まる。そのときNFT起案書あるいはNFT事業目論見書は、行政や企業の投資上のI/Oを可視化し、トークン報酬等は確定をみる。

トークン報酬のイメージは、コラム「ファントークンとは|スポーツ業界で導入され始めているトークンの事例も紹介」そのもの。感動のプレイにより所属クラブ(あるいは直接プレイヤー)がトークン報酬を得られる仕組み ≒ NFT起案書あるいはNFT事業目論見書で、付加価値の視える化に基づき配分されるトークン報酬。

ファントークンの仕組みは必然的にNFTエコノミー移住特区に実装され、日本の報酬制度の大変革はじまる。


果(成果)を出す人が報われると日本社会のイノベーションは必然的に加速する

日本が新機軸と無縁である原因の一つは、結果を出す人チームビルドに貢献する人が報われない報酬制度

ピラミッド型の組織構造を変革できない日本の組織や企業では、失敗を伴う果敢な挑戦そのもの終身雇用至上主義者にとって未曾有のリスクになる。そのため、壮大でハイリスクなビジネスモデルの石橋は叩いて叩き壊されて、一般的に、世に出る新規事業はローリスクほぼほぼノーリターンの小ぢんまり無難なそれになる。


そんな日本を抜本的にグレートリセットする最後のチャンスの鍵は、NFT推しの政策ヲタ活が握っています。

巷からはSBINFT株式会社nanakusa)の開設や野村HDデジタルカンパニー創設など続々報道が届くなか、Web3の獣道を歩む私が注目するのは、和組DAOYoursDAO。なぜならNFTエコノミー市場に新規参入する中央集権型の企業が経路依存性から抜け出し、自律分散型社会に適応するのは極めて難しいと考えるから。

いづれも黎明期である現時点。先端をゆく有り難いコラム「Web3スタートアップのためのトークン報酬(原文:Token Compensation for Web3 Startups)」は、DeFiが日本社会を根底から変革するシステムチェンジのトリガーを引きつつあることと、NFTエコノミーは、すでに起こった未来であることを教えてくれる。


起業家はトラストレスで収入できる、企業の近未来をDAOが変える。それはマーク・キューバン氏の教示。

技術革新は実は恐るべし厄介者で、資本力のある大企業と、そうではない中小零細企業あるいは、首都圏と地方の間に横たわる多様な格差を拡大する不都合な真実であることは繰り返すまでもなく。中小企業を支援する側に佇む私の使命は、日本再興のビッグチャンスであるWeb3を、地方においても等しく福音にすること。

結果を出す人が報われる !? オンチェーン評価制度ならびに、デジタル田園DAOの推進に注力いたします。


業目論見や起案、政策立案が生む付加価値の視える化で日本のイノベーションは加速する

注目すべきは和組DAOYoursDAO。こと後者の「AKINDO」にジョブホッパーの私は、EARLY ACCESS.

直観の働く人々は DAOが変える近未来の組織(企業)の姿を描いていて、フリーのWeb3エンジニアはじめ企業内外のNFTアーティビストRabbitHole等で On-Chain Activityを洗練し、行政や企業の On-Chain job description を見つけてエントリー、トラストレスでプロジェクトにアサイン。それらは世界標準に。

だとすれば、地方の中小零細企業は大企業に伍し、才能溢れる人財を、世界から呼び込むことも十分可能。

中小企業を支援する側に佇み「高度化事業」の登録アドバイザーを担う私の使命はNFTジョブの可能性に気づきWeb3人財の求人を始める、そんな積極果敢な事業者から要請を受けるであろう例えば「中小企業DAO」或いは「高度化事業DAO」等の創設リクエストをサポートすることになるのかも…そんな気がいたします。

いづれも日本再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ジョブ型雇用を可視化するNFTジョブ
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

DAO(自律分散型組織)とDeFi、NFTエコノミーは地方活性化のKFS

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策 “ NFTエコノミー移住特区 ” を補足するページ


方が自律するための「NFT経済圏」づくり高速道路を下りて獣道をゆく Web3.0

2020年春より勤務形態は、ほぼフルリモートへ移行して約2年。野口悠紀雄さんの新刊『リモート経済の衝撃』は痛烈に腑に落ちる。2015年〜2017年さらに2018年〜2022年1月。勤めたオフィスの平均年齢は20代だったことから、Z世代やミレニアム世代の物の見方や考え方の変化を体感、理解していたことも手伝い、DeFi(Decentralized Finance)をベースに据えたリスタートに時間はかからなかった。

分散型社会へ先導、Web3を先駆する者。C4JNPTech Studio Season2 ” に顔出し、していたり^^。

1月末には保有株式およびインゴットをキャッシュポジションに戻し、地政学的リスクの高まりを推察しながらビットコインあるいはオルトコインを買い下がり、3月初めに新ポートフォリオの編成完了。同時に、NFT経済圏を創生する政策形成したり「和組DAO」にジョインしたり、Web3の獣道をゆく私の日々は充実。

その中、地方を再生するために有効な政策またぞろ閃き続き。下記、ディズニーの動きは、ヒントの宝庫。


クリエイターは Enjoy your work anytime, anywhere なので、NFT経済圏が移住の鍵になるのは明白。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。


日本のクリエイター活動の促進に臨み、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こすための「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、トークンエコノミー地方移住を組み合わせる「NFTエコノミー移住特区」政策提言事業の推進により、素早くデジタル田園都市国家構想は実現できると考えます。

さて、国内の動きを追尾すれば、自民党のデジタル社会推進本部「NFT特別担当」平 将明 衆議院議員が国会で質問なされた「ブロックチェーンを国家戦略に」は大変あり難いものの、ブロックチェーンは技術でしかないので、フラットな「自律分散型組織」を創る私の出番。難易度は海より深しですが、やり甲斐は山の如し。

日本のクリエイター活動を促進するために、活発な議論へ展開できれば幸い。よろしくお願いいたします。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DAO(自律分散型組織)NFT経済圏
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

政策形成 PoliPoli : 日本のクリエイター活動を促進するために!「岡山トークンエコノミー移住特区」で転出超過から転入超過の地方に変革 !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策NFT “ クリエイターエコノミー ” 涵養のページ


日本のクリエイター活動を促進するために by 加藤勝信先生ジタル田園都市国家を構成するトークン社会

2022年2月10日。日経Web刊 “ 中国5県、転出超過続く ” に読む、岡山県の人口転出超過に危機感を募らせるなか、2月19日の日経Web刊。岡山県とは裏腹に7割の自治体が転入超過の “ 31道県、子育て世代流入 ” 記事を読むことに。30- 40歳代の流入要因は、なるほど自治体の子育て世代向け多彩な施策。

他方、転出超過が止まらない岡山県。県都を担う岡山市の「子育て世代ネグレクトの予算配分」が主たる原因の一つであり、さらに公共交通は機能不全に陥って久しく、しかも「路線バス定期券割引率引き下げ申請 利用者は実質負担増に」を読むように、これではマイカーを持たない子育て世代の移住先には、なり得ない。

<<【 地方創生DX 】“ ふるさと求人・移住支援金・起業支援金 ” のフル活用、強かな自治体DX >>

どうすれば転出超過の岡山を、転入超過に変革できるか。考えあぐねている中、岡山県が輩出した元官房長官、衆議院議員 加藤 勝信 先生の政策提言「日本のクリエイター活動を促進するために」が目に留まる。ここにチャンスを見出す私は、忽ち「岡山トークンエコノミー移住特区」事業を構想し、政策形成をスタート。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

岡山トークンエコノミー移住特区の概要は至ってシンプル。岡山リサーチパークや近隣エリアに移住者向け無料のコワーキングスペースを用意した上で、1. ふるさと求人・移住支援金・起業支援金で岡山へ移住いただき、自治体側は 2. 地方創生ICOの整備、および 3. DX公務員登用制度の創設により、定住支援を実施する。

クリエイターは概ね Enjoy your work anytime, anywhere ! なので、最低限の衣食住が担保されていれば五感で地方ぐらしを愉しみ、情報発信による地域ブランディングはもとより、自治体のDX推進への貢献も。そのとき移住クリエイターに付与される特典の一つは地方創生ICOであり、それは地域経済循環を担保する。

SDGsやSociety5.0に通づる地域経済循環の盛り上がりにつれて期待されるのが、岡山トークンエコノミー移住特区へ転入されたクリエイターによるデジタル田園都市国家構想「メタマルシェx◯◯」提言事業の実現で、これが移住特区のロールモデルとなり早晩、全国へ波及し普及する。持続可能な分散型社会の起点とも。


日本のクリエイター活動を促進するためには、地方への移住政策とセットで設計すれば効果倍増と考える私。

自治体ICOは、岡山珠玉の農林水産物を移住者は安価に購入できる、特典各種をサポート。すでに起こった世界的金利上昇による、東京の転出超過の加速に岡山が備えるべきは、地方の高度成長期の始まり。今こそ加藤 勝信先生(政治家)にコメントを届けて「日本のクリエイター活動を促進するために」政策を実行する時。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。

※ たとえば渡辺 創太さんのような辣腕の起業家が、日本から海外へ移住しなくて済む。それどころか、海外から優秀な起業家が日本へ移住してくる。しかも地方活性化も兼ねた一石二鳥の国家戦略特区。その経済特区こそ、デジタル田園都市国家構想を実現に導く「NFTエコノミー移住特区」です


そのとき自治体(岡山)側の、2. 地方創生ICOの整備に関し、デジタル庁Civic Techer による協働は重要。素早く速やかにアライアンス体制を整えるためにも「岡山トークンエコノミー移住特区」事業について、加藤先生への報告・連絡・相談は必要不可欠。転出超過の岡山を転入超過の素敵な地方に変革するために、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書メタマルシェx◯◯」等、政策形成を率先いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT岡山トークンエコノミー移住特区
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

NFT推しの政策ヲタ活: ブロックチェーン技術が担保するジョブ型雇用

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
NFT稟議書 “ クリエイターエコノミー ” 考のページ


OpenSea @ 経営DXラボ.AI人事考課を当たり前にするトークン社会

2022年2月10日 DIAMOND online “ ジョブ型雇用で20年後、日本から「サラリーマン」は消滅する ” は興味深く、的を外していないと考え静かにシェア。首都圏・関西圏での大企業勤務経験のないメンバーシップ型雇用に慣れ親しんだ地方の人が、東京在住のジョブ型雇用に適応できる(優れた即戦力)人財を、地元中小企業に転職させる公的事業を牛耳るような地域独特の産業振興問題に問いを立て。

上述に関連し、当該記事のP.4 〜 「サラリーマン」生活に慣れてしまった私たちにとって、特に重要なことは、「サラリーマン」マインドから、「プロフェッショナル」マインドへの切り替えでしょう 〜 は貴重な教示で、ご縁あらば内閣府「プロフェッショナル人材事業」にジョブ型雇用をもって貢献したいと考えたり。

そのとき必須の専門性は何か? と問うならば、紛れもなく近未来の地域社会のメインプレーヤーになる「Z世代〜ミレニアム世代」の価値観を腑に落とし、彼ら彼女らとフラットな関係でつきあえる「多様性と包摂性」の会得が必要不可欠と即座に回答。それを理解しない地域へ若者・女性と子育て世代は移住をしないから。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

日経クロストレンド “ Z世代の「推し活」、22年はこう進化する 新潮流は越境と融合 ” 記事ご参考に!


新な考案やビジネスモデルが横取りされないNFT稟議書(企画書あるいは起案書)

先般ご報告したデジタルドルデジタル円など基軸通貨のデジタル化のメリットは、端的に「お金の流れが可視化される」社会の実現。それを好しとしない富裕層の問題はさておき、企業の収益力の改善を考えるとき、ジョブ型雇用で迎えたプロフェッショナル人財の社内での活躍を可視化する「NFT稟議書」を起案する私。

良コラム「ブロックチェーンのビジネスモデル・活用事例〜非金融など応用領域も解説〜」を一読いただくことで、NFT稟議書(NFT企画書あるいはNFT起案書)のイメージは膨らむものと期待いたします。企業内の事業企画(ビジネスモデルの構想)あるいは製品設計、プロダクトデザイン等の担当者を活性化する目的。

特許の職務発明者の私は、起案書のNFT化を実現できたなら、社内イノベーション続々を確信しています。


ブロックチェーン技術が担保するクリプトカレンシーNFTアートが大きな価値を有するように、企業内の企画や開発担当者の発案、起案または意匠の価値を担保するのもNFT。NFT稟議書(NFT企画書あるいはNFT起案書)の標準化は即ちAI人事考課の呼び水となり、上前を撥ねられない、あるべく評価と報酬を担保する。

スマート・コントラクトで交わされたジョブ・ディスクリプションに則り、企業は人財を適切に評価する。

2022年1月31日 Bloomberg “ 東京の人口が26年ぶり減、コロナ不安やテレワークで一極集中に変化も ” 記事を先取り、いち早く移住を敢行。地方の高度成長期の始まりに備えてきた、Anywork Anywhere 原理主義者の私。地場の企業にAI人事考課を実装し、転出超過が悩ましい岡山県を救済する、政策形成に励みたく。

先のエントリー “ Web3.0: 陳情のデジタル化は岡山市政を変革するか? トークン社会 ” を踏襲し、ならばいっそのこと岡山市をブロックチェーン技術が担保する「ジョブ型雇用の先進地」にしようかと。Z世代〜Y世代と価値観を共有し、NFT推しの政策ヲタ活を続けるなか、そう考えるようになりました。いづれも、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書メタマルシェx◯◯」等、政策形成の励行に努めます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT稟議書(企画書)ジョブ型雇用
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

NFTレシピ論考:OpenSea、MetaMask、Coincheck が担保する、「メタマルシェx○○」デジタル田園都市国家構想と、クリプト為政者。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
議事堂が消える “ クリプト議会 ” を瞑想するページ


OpenSea @岡山DAOリプト市長や「NFT議員」による為政の時代

先日。マイレシピの販売を思い立ち「政策形成ブログ」のメタディスクリプションを更新、巣ごもりレシピを「巣ごもりNFTレシピ」へ上書き。その後、CoincheckからEthereumMetaMaskへ送り、NFTオンラインマーケットプレイス OpenSeaでスタンドバイ。イーサリウムのガス代に怯むなか、2022年2月4日 Forbes “ 慎重姿勢に変化? アメリカにおける暗号資産の現在地 ” 記事が興味深く目に留まる。

2022年1月。アフリカ系アメリカ人、エリック・アダムスさんがニューヨーク市長に就き、ニューヨーク市を「暗号資産産業の中心地」にする旨の選挙公約に従い、先日。最初の給与を暗号資産で受け取ったのだとか。

厳密に言えば、現行の法律だと、ニューヨーク市は直接市長に暗号資産で給与を払うことはできない。このため、市長は隔週で支払われる給与の約9925ドル(約113万円)を、昨年上場したばかりの暗号資産取引所「コインベース」に持ち込み、イーサリアムとビットコインに交換して受け取ったという。

昨年までアメリカ政府は暗号資産に対して慎重な姿勢をとってきた。しかし、このニューヨーク市長のエピソードは、それが「雪解け」に向かっていることを指し示す象徴的な出来事かもしれない。


記事より類推、期待されるのは、デジタル円(CBDC)の早期稼働で、そうなれば、幸福度を自発的に高めることのできる社会創出に必要なUBI(ユニバーサルベーシックインカム)新設に向けて力強く前進。激甚災害の備えを兼ねる事業フレーム「メタマルシェx〇〇」構想の実現可能性も一足飛びに高まる感さもありなん。

暗号通貨こそが令和のゲームチェンジャーと考える私は、岡山市のケイパビリティを高めるチャンスを確信。


デジタルドルデジタル円のメリット&デメリットの詳細は検索クエリ「基軸通貨 デジタル化」等で確認いただければと存じつつ、端的には「デジタル技術で瞬速かつ正確にお金を届ける」或いは「デジタル技術で瞬速かつ正確にお金を送れる」ことに加えて「お金の流れが可視化される」社会が忽ち訪れる。ということ。

即ち、首長はもとより為政者の資質や素養を評価する「議員スコア」の精度を高めるデータ連携社会の到来。

創作した『レシピmomo.』を起点にNFTの生成や管理、オークション出品に挑戦しようと試みるなか、先のエントリー “ Web3.0: 陳情のデジタル化は岡山市政を変革するか? トークン社会 ” の想起に至って、ならばいっその事。岡山市を「暗号資産産業の中心地」にしたい。そう考えるようになりました。いづれも、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私は、NFTレシピを開発するとともにパーパス為政を究めて参ります。

※ 日本各地に眠る和の食材をプロの料理人が活かし作り方を紹介するNFTレシピを出品したら? ※
※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > OpenSea MetaMask Coincheck
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

Public Affairs(パブリックアフェアーズ)、サスティナビリティ広報。善なるAIのディープフェイクを育むブロックチェーン技術の可能性

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方創生DX “ 政策起業家 ” の養成を目論むページ


パブリックアフェアーズ(PA)SDGs未来都市おかやま市4つの『R』:「PR」「IR」「HR」「CSR」

自社の利益に直接関係しない社会問題や政治的問題に対して発言し、行動を起こす。そんな「CEOアクティビスト」たちは、世界にどう働きかけているのか――(Forbes JAPAN ビジネス 2019/08/02より引用)。付随して、CEOアクティビズムについて解説する有り難いコラム「CEOアクティビズム: 社長の顔が見える企業経営 とは?」を急ぎ、ご紹介。

著者は時系列のなかで、1. PR(Public Relations:広報・渉外)、2. IR(Investor Relations:株主向け情報)、3. HR(Human Resources:人的資源)、4. CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)。社会にどう貢献するか、顔が見える企業のCEOが踏まえる4つの『R』を、お示しくださった。

※※ PEP(Policy Entrepreneur’s Platform)HPより、明日の政策を起こす「政策起業家」※

経営DX政策起業家の私は『首長アクティビズム』と置き換え、パブリックアフェアーズ(PA)を開発中。

いうなれば岡山市の場合。低すぎるケイパビリティをどのように高め、どうやって中四国のリーダー都市へ成長を促すか。そこで不可欠なのは「サスティナビリティ広報」で、こと「ステークホルダーエンゲージメント」が重要。民間と公共をつないで世の中を変えようとする私はNPOを立ち上げ、連携を目論んだりも。

そのときPAの、キャリア錬成ノウハウに触れる良コラムを拝読しましたので、下記。リンクいたします。


※ 上記はマカイラ株式会社様のオウンド・メディア “ PublicAffairsJP ” PAイベントレポートより

社会的な文脈で岡山市のストーリーテリングを展開できる、そんな人材の育成と輩出に、私も努めたい。


ロックチェーンは偽情報との戦いでいかなる役割を果たすのか by Harvard Business Review.

さて、公益性を重視した政府などへ働きかける “ パブリック・アフェアーズ(PA)” の研究開発を手掛ける私の、もう一つの興味・関心は、TechCrunch Japan『ディープフェイクのビジネス活用、技術の悪用防止をめぐる戦い』に読む、AI利用。ビジネスに活用し得るディープフェイク或いは、善なるそれらの可能性…。


プレスリリース “ ミクシィが取り組む共同研究プロジェクトで生まれたアンドロイド「オルタ3」が、8月上演のオペラ「Super Angels スーパーエンジェル」に出演 ” に着目し、他方 “ ゼロデイ攻撃 ” や “ 無人殺戮機 ” ほか様々注視しつつ、AIの為せる業は勧善なのか、はたまた邪悪なるものか、熟考の持続が大事。

いづれも啓発活動を継続、政策、テクノロジーを交え、新常態に適応する新しい街づくりをリードする私。

サステナビリティ・CSR広報を展開する株式会社ブレーンセンター様や一般社団法人 パブリックアフェアーズジャパン様との協業はもとより、世論喚起から政策関係者へのアプローチまでフルラインでPA活動をサポートする株式会社 電通パブリックリレーションズ様との連携をもって、岡山市を素敵に再興いたします。

“ 岡山市 ” をミュージカルの世界の代名詞に! これは、新首長誕生にあわせて始動したいプロジェクト。


なればこそ。岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革するための、デジタル社会推進に注力します。


山市を変革 !? 「世論」「政策」両面への対話を試みる、パブリックアフェアーズPJ を推進 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > パブリックアフェアーズ(PA)岡山
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

「大人食堂」を、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)、CBDC(中銀デジタル通貨)、東京の食料自給率は約1%。3点セットで考える。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国政機能の地方分散 ” の仕組みを考えるページ


住の緊急性を、すでに起こった東京に学ぶ
食材王国 岡山パクチーサラダの材料
Only the Paranoid Survive. 在住と出張を合わせて東京に25年ほど関与してきたパラノイアの私は、1995年。阪神・淡路大震災の当日は枚方市に暮らしており、その3日後に、救援物資を届けたく尼崎市から武庫川を渡り西宮市へ入った日の記憶は今なお鮮明。積める限りの飲料水を社有自転車の荷台に縛り付け、飲食店に届けて応援1日目は終了。人間万事塞翁が馬――。退職、地方都市へ移住を敢行する動機になったことは言うまでもなく、前回 “ 移住のすゝめ ” は、パラノイア誠心誠意のエントリーです。

さて、「市民の力でセーフティネットのほころびを修繕しよう!」を掲げる一般社団法人つくろい東京ファンドによる、社会のセーフティネットからこぼれ落ちないための施策 “ フミダン生活保護申請 ” に多くを学ぶ。「年越し大人食堂」はリアルの緊急対策で、フミダンは短期中期の社会保障DXの模範として重要。


東京では「自助」できない人が続出し、「共助」は限界。もはや「公助」しかないと考えるなら、移住を前提としたUBI(ユニバーサルベーシックインカム)の議論は外せない。東京の雑踏を知る者、その食料自給率 約1%に驚いた者、富士山噴火、首都直下型地震を憂うパラノイア。成否の鍵は、中央銀国デジタル通貨

デジタル通貨(CBDC)を使用したユニバーサル・ベーシック・インカム試験的開始 ” は、大きなヒント。


住が前提の地方創生ベーシックインカムは「マイナポータル」のDX推進で実現可能!

とっても困った困った、マイナポータル。だからこそ一気呵成に、国民にとって頼りになる暮らしのプラットフォームにトランスフォーメーションする好機は訪れました。デジタル改革アイデアボックス検索クエリ「マイナポータル」には多彩な提案が寄せられており、このチャンスを日本はモノにする、と私は信じます。

そうでなければ、もはや止まらない東京一極集中の逆回転クライシスにより日本沈没は実現してしまう。


無用な危機を煽るつもりは毛頭ございませんが Never say never. 首都直下地震は起こり得るのです。

未曾有の被害を受けて慌てふためき「激甚災害からの復旧・復興対策」を読んでも全く間に合わず、助かる者も助からず。それは天変地異のみならず、「気候テック」の動向を注視するとともに、遠ざかる東京オリンピックの経済的損失なども加味して、首都圏から地方への「移住支援金」の有効活用にも備えておきたく。

それも食料自給率 約1%の東京激甚災害が襲ったとすれば、もはや移住ではなく、脱出サバイバルに。


孫さん曰く時代は追ってはならない。読んで仕掛けて待たねばならない。将に、脳がちぎれるほど考えよ


方創生UBI(ユニバーサルベーシックインカム)。地方へ移住する人への社会保障

マイナポータルとは? 子育てや介護をはじめとする行政手続の検索やオンライン申請がワンストップでできたり、行政からのお知らせを受け取ることができる自分専用サイトです――(マイナポータルより)。

今後もぞくぞくサービス追加予定! そう明記するマイナポータルですから、地方創生ユニバーサルベーシックインカム制度の実装は難くはないし、給付方法は現金を介さない ICO や、マイナポイント事業の進化版はアリだし、急がれる CBDC(中央銀行デジタル通貨)が整備され機能すれば、給付は瞬時に着実に完了。

地方創生ユニバーサルベーシックインカム制度をブロックチェーン技術の上で成立させれば、生活必需品や公共交通運賃、保育や教育費等、使途を限定するバウチャー制度のメリットを付加することも、利用期限を設けることで未利用のクリプトカレンシーは必要とする人へ再配分され、再循環させることも可能にできそう。

今回このエントリーがローカルハブを幾つも誕生させる、国政機能分散型の強いニッポンを新たに創る、壮大な国家プロジェクト(国による大規模公共事業)。地方創生UBI提案が、その一助になれば誠に幸いです。

これからの東京を支えるのは、東京〜大阪を経由して心豊かに暮らせる地方都市へ移住し、生き抜くためのリスキリングを繰り返している私の責務。感謝を込めたスーパーシティ岡山プロジェクトを継続するとともに、上記の可能性については、デジタル改革アイデアボックスに投稿し、静かにシェアして擱筆いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO DX推進プロデューサー 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > UBI、CBDC、食料自給率を考える
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

デジタル円(国策 ブロックチェーン、暗号通貨)は、グレート・リセットの臨界点。 〜 デジタル徳業ファンドレイジングの幕開け 〜

ディープイシューの宝庫 岡山市 ” その健全化を目論むページ


捨てて豊かに。日本一短い路面電車の廃線理由えざる神の手と、不透明な資金の流れ

令和元年版 情報通信白書 第1部 第2節 “ デジタル経済の進化はどのような社会をもたらすのか ” を読み込むなか、あらためてエレファントカーブが腑に落ちる。こども食堂をはじめ、待機児童数は全国ワースト4位人食い用水路の犠牲者数は全国トップレベルなど、根深い問題の放置を続ける岡山市

一昨年。遂に岡山市内において公共交通ストライキという禁断の “ 街テロ ” が勃発するなど岡山市の住民サービスは劣化の一途で、深刻さを増すばかり。天然リソースに恵まれるこの街が、何故これほど荒れてしまうのかを考察し解説を試みるとき、この記事『「エレファントカーブ」がトランプ現象を生んだ』が役に立つ。モノづくりに拘り過ぎた地域ほど第4次産業革命のデジタル化へのシフトは遅れ、結果として中所得者層は暮らしを貧窮させた。そうやってエレファントカーブに観る高所得者層との格差は、拡大するばかり。

天然リソースに恵まれ過ぎとまで揶揄される岡山市が、何故これほどまで荒れてしまうのか――。

日々の生活に追われる中所得者層は政治的無関心に追い詰められ易く、一方、イニシアティブを手にした富裕層の専権のエスカレートを示唆する、エレファントカーブ。さらに、参入障壁が高い地方都市のマーケット・経済界では神の見えざる手が機能不全を起こし、また政治的には、閉鎖性に介在するラウド・マイノリティによる不透明な資金の流れが「公共交通の自殺」を誘発するなど深淵な地域問題に頻繁に直面することに。

そんな折柄、日経新聞『デジタル円、早急に検討を 自民議連提言 G7で議題に』の記事から元気を拝受。

中央銀行デジタル通貨(CBDC:デジタル円)が何を引き起こす? と問われたならば、それは平安の時代より社会を歪曲させ続けた不透明な資金の流れの終わりの始まりだと私は即答。人類社会は概しての3部構成と言われる中の、闇から湧き出すマネーは基軸通貨のデジタル化などの顛末として、流動性を失うことになる。表社会で顕著になりつつキャッシュレス社会への加速は工作資金を含む裏金、アングラマネーを容易く炙り出すようになり、加えることパナマ文書に掲載された御仁にとって厄介なのは、隠し財産を闇 ⇒ 裏 ⇒ 表社会で行使(工作活動)するとき、ブロックチェーン技術によって表 ⇒ 裏 ⇒ 闇社会まで追跡がなされ忽ち足がつく。せっせと溜め込み隠した諸々の資産は使えない屑となり、実質的に亡きものになるのでは…。


時多発 “ グレート・リセット ” 白から黒へ、黒から白へ。地域社会のオセロゲームはじまる

例えて岡山市の場合、昭和の時代に廃線されるはずだった路面電車が今。MaaS を拒絶する路面電車ありきの岡山市(機能不全に陥って久しい岡山の公共交通の問題の本質には一切触れない)により、JR岡山駅前への延伸さらに環状化という余りにもナンセンスな愚策が前進。それを擁護する周到なプロパガンダも展開中。なのですが前掲アングラマネーの流れの観える化により早晩、リアルポリティックスに傾く御用学者レトリックを駆使して予定調和へと導く工作員の信用格付(AIスコアリング)は自ずと低下するばかりか、対案となる情報を持たない大衆を簡単に洗脳・煽動できたのは昨日の話。のみならず、報道の不正確性・偏向性に伴う責任からの逃げ切りに失敗すれば、地方メディアとして築いた信頼を失墜させるリスクも孕んでいるのです。

より多くの金銭を得ることを目的に動く人々はシロからクロへ、1円の得にもならない変な(次の世代や、SDG未来都市の実現の役に立つ)ことを行う人がクロからシロになったり。資金洗浄の技術的イタチごっこ合わせてオセロゲームは暫く続きそうですが、諦めることなく岡山市の健全化に私は尽力いたします。


業ファンドレイジングの成功により洗練される心豊な Society 5.0

再掲あらためて中央銀行デジタル通貨(CBDC:デジタル円)が何を引き起こす? と問われたならば、次は地域のディープイシューを解決に導く1円の得にもならない徳業の成功の始まりだと私は即答。なぜ徳業の成功の始まりか。一例として、徳業としての子ども食堂の資金の課題に読むように、これまでなら、運営資金の大半が店の代表者の個人負担で持続可能性に難ありも、デジタル円の発行後は素早く無料で送金できるチャレンジャーバンク等を活用することで、子ども食堂継続のための資金調達問題の解決をみる日は、もはや目前。

そうやって考えるとき、独り徳業として掲げた岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” を推進する私のモチベーションもまた、赤丸急上昇。その心は、利他の心をもって取り組む徳業が次の世代の為なれば、徳業家の信用格付(AIスコアリング)は自ずと上昇するばかりか、チャレンジャーバンク等を活用することで徳業に浄財は集まり易くなり、社会をよりよくする次の徳業の連鎖(ブロックチェーン)も形成される。そうなればエレファントカーブにみる意気消沈していた中間所得層に希望は灯り、忽ち一燈照隅 万燈照国

もはや行動原理の主目的は金銭を得ることではなくなり、徳業の実現に生きる歓びを見出した私――。

冒頭ご紹介の令和元年版 情報通信白書 第1部 第2節 “ デジタル経済の進化はどのような社会をもたらすのか ” を再読する私は、P.146 - P.147「デジタル経済の中で、人は何を豊かさと感じるのか」より下記、引用。
 実際に、人々の行動原理が多くの金銭を得ることを目標とするものではなくなってきているという見方がある。例えば、SNS上に様々な情報をアップし、「いいね!」をもらおうとすることは、多くの人々の行動を動機付けていると考えられる。また、GitHubのようなオープンソースのコミュニティでの活動は、良い評判を得ることが原動力の一つになっているだろう。人々は、より多くのつながりと、その中での評価を豊かさに大きく関係するものと感じてきているのかもしれない。
 また、人と企業との結びつきがゆるやかになることで、自らの積極的な選択により働くことや社会に参加することが、より大きな生きがいとなることも考えられる。第1章第3節で述べたとおり、AIによる雇用喪失の可能性を巡る議論があるものの、柔軟な働き方の中で、仕事を失うのではなく、余暇の創出となり、余暇を巡る活動に関連して新たな産業や雇用が産み出されるといった好循環が生じることも考えられる。
 デジタル経済の進化による資本主義の変化が、人々が豊かさと感じること自体も変えていく可能性があることに引き続き留意する必要がある。

今号サブタイトルは 〜 デジタル徳業ファンドレイジングの幕開け 〜 であり、「グレート・リセット(人の移動が都市を生成・改変して繁栄を築いていくしくみ)の臨界点」と記した真意は、そこにあるのです。

未来を楽しみにする MaaS。路線変更フリーのBRTを導入すべき岡山市

再掲になりますが、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質は、岡山駅東口のバス乗り場に集約されており、乗り入れる路線バス7社および、乗り入れを阻害されている岡山市中心部循環バス「めぐりん」を含めた統廃合こそ喫緊の課題。群雄割拠の戦国バス時代に終止符を打つには、繰り返すまでもなく「岡山市交通局」新設の選択しか残されておりません。責任を負わない岡山市が不毛な会議を続ければ、結末は、勝者のいない焼け野原。なれば市民の私は岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” を推進、「岡山市交通局」新設の陳情を継続いたします。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > デジタル円(国策ブロックチェーン)
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ