政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

パーパス為政

岡山の将来展望: 長老支配からの卒業と「パーパス為政」で明るい未来

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
為政者が “ パーパス経営 志本主義 ” を学ぶページ

岡山県知事マニフェスト_菅野敦也
い者さえ「白」と言わせた長老支配の終焉

健やかに成長する岡山市の未来を描く、そんなグランドデザインを基にする、しっかりした政策が存在していたなら、この街は中四国のリーダー都市として100万都市になっていて何ら不思議なく。然は然り乍ら日本一短い(= 日本一不要の)時代錯誤の路面電車が駅前を占拠する岡山市の現状は、72万人程度の冴えない町。そんな負の印象の払拭は、難しい。

なぜ岡山市は成長できないのか? その問いについては繰り返し恐縮ながら、ベンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックイン。街の健全な成長をロックする “ 三大ロックイン ” が痛烈に効いており、閉塞社会の深淵に横たわる “ 長老支配 ” が成長阻害の元凶であることを知る岡山県民は、少なくありません。
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)

なれば “ パーパス為政 ” が重要。我田引水を主とした一族が没落する今年、岡山県知事選を想定する私。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新しく誕生する岡山県知事のマニフェストづくりを政策起業家の立ち位置において、お手伝いする所存です。


寅は真っ当なメディアにより「百年河清」が実現。岡山の未来を明るく照らす年

冒頭。岡山の将来展望を冠した本稿において、2022年の私は、悪の枢軸の殲滅を含むグレートリセットの到来を確信しています。その根拠は、メディアの変化。昨年末12月のNHKニュースの一報は、あり得なかった岡山の百年河清を確定づける内容で、翌日22日の知事記者会見に照準を定めた報道は、誠に見事あっぱれ。

上限超え3950万円の寄付受け取りに膨らんだ報道で、伊原木 隆太さんの辞職は避けられそうにありません。

岡山県HP「2021年12月22日知事記者会見」より質問が打ち切られるシーンを抜粋

〜 中略

記者)
 後援会とおっしゃっているんですけれども、後援会、いろんな後援会があるというような文脈でお話を昨日もされたんですけれども、あえて固有名詞は出しませんけれども、オープンデータになっているものを見ても、純然たる他の人が自発的に勝手連的に作った後援会というよりは、もう電話番号とか関係者の名簿を見ても、もう極めて知事の事務所そのものの部分というのも多いかと思うんですけれども。他の人がやってくれたことがわからないというよりは、自分の事務所スタッフ等々で早急な把握が可能なものなんじゃないかなという印象を受けるんですが、そのあたりはいかがでしょうか。

知事)
 それも含めてまた、そのために設定する記者会見でご説明させていただきたいと思います。

司会)
 それでは以上をもちまして、知事定例記者会見を終了いたします。

知事)
 ありがとうございました。

「そもそも我々、法律に違反することをやっていたという認識は、その当時も今もありませんので」と跳ね除けた12月22日。伊原木 隆太さんは12月27日に記者会見を開き、一転「法律の趣旨を逸脱していると言われてもやむをえない」と罪を認めて謝罪。その後おくびにも出さず笑顔で公務をこなすも、県民は観ていた。

こと評価すべくは中國新聞の「中国5県 2021年回顧」記事で、岡山県の御用新聞には学んで戴きたい。

2022年1月6日: 中國新聞「中国5県 2021年回顧」より抜粋

〜 中略

岡山

知事の支援団体 献金問題が発覚

 岡山県では年の瀬になって、伊原木隆太知事の選挙の支援目的で設立された二つの政治団体への迂回(うかい)献金問題が新たに発覚した。2013年と14年、18〜20年の5年間で計3950万円の寄付が政治資金規正法の上限を超えていた。父親と妹2人が寄付者で、いずれも複数の政治団体を経由し、それぞれの政治団体へ金を集めていた。

 個人が一つの政治団体に寄付できる上限は150万円。法律の上限額について伊原木知事は「勉強不足で知らなかった」、父親の一衛氏は「法律にのっとり、各団体を支援していたつもりだ」と話す。県議会の一部には「知らないわけがない」との声もあり、伊原木知事は全容解明とともに県民が十分納得できるまで説明を尽くす必要がある。

〜 中略

清廉潔白や勧善懲悪とは無縁の私は予想屋でもないけれど、盛者必衰の理を経験的に体得しているせいか、我田引水の為政者の末路の想像は難くない。ご一族の栄華が遠のくのとは対照的に、近づく岡山県知事選挙に備えて、マニフェストスイッチのオープンデータ化に適応させた、ローカルマニフェストを共有した次第です。

岡山市版「デジタル田園都市国家」構想の実現に臨む超アジャイルな私は、パーパス為政を究めて参ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 志本主義 パーパス為政で明るい未来
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

政治経済DX:新しい都市づくりを志すパーパスドリブンな為政者の嗜み

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
選挙DX “ 未来都市 ” への道筋をお示しするページ


豊かに暮らせる未来都市:長老支配に決別!100万都市を担保する岡山市「パーク&BRTライド」整備事業

都合の悪い場面は「ぬらり」とかわし選挙になると「ひょん」と現れる、掴み所のない妖怪ぬらりひょん伝説は、Wikipediaによると岡山県の伝承が有力説らしく。「この人はこの街の主だ」と勘違いし、追い出すことはできない、或いは存在に気づかない「妖怪の総大将」と解説されることも少なからず。いづれも路面電車ロックイン事業の強行により衰退一途の岡山市は危機的局面。今秋「長老支配」から脱却し成長都市へ変革できるか、まさに土俵際。


そう。岡山市は「長老支配」からをもって脱却し、成長する街を志す岡山市政が誕生するなら、岡山市民が心豊かに暮らせる未来都市。健やかな100万都市に進化するのは当たり前と確信している私の提言は下記。


上記の目論見を、どう実現するか。そもそも、パーパスは? 岡山市民が心豊かに暮らせる未来都市づくり

さぁ!「岡山市民が心豊かに暮らせる未来都市づくり」は誰がやる !? 言うまでもなく岡山市民の私達ではあるけれど、どうやって始める? 誠実で確実なのは、地方創生SDGsに基づく未来志向の視点を携えた、自らの手足を動かし額に汗する、志の高いリーダーを選ぶこと。なればこそ今秋、岡山市長選挙が極めて大事 !!

市井の人々に接し面倒をみて信頼される御仁が為政をしなければ岡山市はもたない。だから、政治経済DX

ジョブ型雇用 / メンバーシップ型雇用については「議会の品質 / 議員スコア」で、街のスコアリングに関しては「岡山市のESG評価」でお示ししている通り、地域を変革する自治体DXは進まず街を衰退へ導く大正時代の「路面電車ロックイン」事業が前進してしまうのは、政治経済DXと無縁の為政者による悲惨な顛末


海の幸と山の幸に恵まれた晴れの国長老支配から脱却すれば、100万都市に成長するのは、ごく自然。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、有権者が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 政治経済DX:新しい都市づくり為政
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

パーパス・ドリブンの志:岡山市政の刷新で、健やかな100万都市へ!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
志DX “ 人と異なることを恐れるな ” 投票啓発ページ


を立てて、もって万事の源とす
マニフェストスイッチ for 岡山市長選挙2021 by 菅野敦也
健やかな100万都市への成長か、あるいは50万都市へ衰退か。【 岡山市の選択 】エントリー間もなく何かに取り憑かれたように『 岡山市民に力を!』『 岡山市に女性の首長が誕生する日 』を連投した私。吉田松陰の珠玉の言説「志を立ててもって万事の源」に激しくインスパイアされている証左であること。加えて、パーパス・ドリブンな経営哲学が深いところにインストールされており、それによる思想と行動の顛末であることは、謂うまでもありません。

どんな目的で社会に存在したいのか? さて、パーパスドリブンの話をするとき一般的なのは、企業の経営思想やマネジメント哲学がテーマのそれ。こと博報堂さんのコラム ” 日本企業の「パーパス・ドリブン」はマネジメントの視座になっているか? ” は誠に秀逸。大義・志 ⇒ 顧客体験 ⇒ 収益モデル変革。起点は、大志。

吉田松陰師の金言より、志を立てて、もって万事の源とす夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし


もう一つ松蔭師の格言、「一己の労を軽んずるに非ざるよりは寧んぞ兆民の安きを致すを得ん」を拝聴。

Start with " Why "(なぜから始めよう)! 吉田松陰師を私淑し激しくインスパイアされた私は、自分の労苦を何とも思わないようでなければ、多くの人々を幸せにすることはできないと考える。人と異なることを恐れるな。偽善を見透かす、パーパス・ドリブン・ブランディングの重要性をも、松蔭師の立志に教わる私。

日経のWEB記事『統治改革「パーパス・ドリブン」で』から、ESG評価における重要性も学んでいます。


先般 ” 【 岡山市の選択 】 100万都市へ導く「パーク&BRTライド(公共交通MaaS)」で成長か、「路面電車ロックイン」で50万都市へ衰退か。” をエントリーした私。そのパーパスは、心豊かな暮らし向きであり、暮らし易さを実現できれば自ずと100万都市に成長するであろう、天然リソースに恵まれすぎの岡山市。

おもしろきこともなき世におもしろく。今秋。岡山市をエキサイティングな街に私が変えてみせましょう。


山市はなぜ面白くないのか !? 問題は、岡山市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > パーパス・ドリブン:まちづくりDX
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ