政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとGX(脱炭素)経営の旬ネタや、AIweb3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

デジタル陳情書

岡山市議会 令和6年 陳情1号、2号、3号のゆくえ: 議会の自浄作用を試す「百条委員会」で始まる健全な街づくり for 岡山市民の明るい未来

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
疑義に塗れた岡山市長 “ 大森さんリコール ” ページ

◎ 岡山市議会陳情に対する賛否 令和5年12月15日議決分 
岡山市議会 陳情に対する賛否(令和5年12月15日議決分)森市長への損害賠償額 100億円超の可能性

2022年の拙エントリー「路面電車はBRTへ、100万都市へ成長を始める岡山市」で報告済みですが、特定企業の為に能く働く大森市長によって街はゴーストタウンまっしぐら。もはやこれまで…と思いきや、ペンは剣よりも強し。岡山駅前への路面電車乗り入れ費用便益費を巡る陳情「岡山市議会 令和6年 陳情第1号」「岡山市議会 令和6年 陳情第2号」「岡山市議会 令和6年 陳情第3号」が切り拓く明るい未来。

12月定例会の陳情第32号は毎度お馴染み、岡山市議会議員全員で否決された訳ですが今回、さて如何に?


魁は山陽新聞社様の独自調査による「路面電車乗り入れ時期ずれ込み 岡山市再び見直し、26年度末に」報道で、以降。KSB様の「JR岡山駅路面電車乗り入れ事業 総事業費が試算より22億円増 完成にも1年以上の遅れ 岡山市」に対し、岡山新アリーナ構想を巡る疑義に塗れた大森市長による、顛末の報告は待たれるところ。

2014年。小員が諫言した「岡山市の公共交通機関の、問題の本質」は10年の時を経て、露になりました。


願・陳情に対する賛否は消すことのできない「議員スコア」の素! 岡山市議会刷新に高まる期待 !!
〜 岡山市民は静かに見ている議員各々の賛否の記録。二枚舌を使い分ける派閥の論理で消えゆく議員 〜


そんな折柄、健やかな成長を願う新たな時代は、岡山市民が提言を続けるBRT事業構想の実現に向けた一歩を力強く踏み出しました。そう、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の改正に同調し、気仙沼線BRT・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)や日田彦山線BRTひこぼしラインの地域再生ニュースが続々到着。

こうして認知は進み、もはや岡山市の選択は鉄道コスト 約10分の1のBRT(バス高速輸送システム)一択。

※ JR九州「BRTひこぼしライン」開業以降、届けられる歓びの声は続々! 日田彦山線BRT !! ※

大正時代の重たい電車を延伸する馬鹿げた事業。いま息の根を止めなければ2026年、軽く100億円突破…。


山市議会の大森さん一蓮托生の議員を一掃して「若者・子育て世代の移住」を促す健全な街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民は取り戻したく、岡山市長選挙を早めるため「岡山ヤシノミ作戦」を再起動する所存です。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、引き続き、陳情書を提出(郵送)しています。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

継続は力なり。街なか循環EVバスの実用化が近づく中、大正時代の路面電車を岡山駅前へ延伸する事業の費用便益費がゼロを目指すのは自然の成り行き。その費用便益費を調べもせず、陳情第32号を否決した岡山市議会議員の不作為の罪は重く、議員の価値はゼロ。大森さんと市議会による損害賠償責任を追及する私。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 令和6年 陳情第1号 2号 3号の行く方
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

陳情第32号のゆくえ: 路面電車延伸強行で大正時代を目指す岡山市と、国の公共交通再構築協議会を先導する未来志向の BRTひこぼしライン

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
疑義に塗れた岡山市長 “ 大森さんリコール ” ページ

◎ 岡山市議会陳情に対する賛否 令和5年9月19日議決分 
岡山市議会 陳情に対する賛否(令和5年9月19日議決分)森市長への損害賠償額 100億円超の可能性

2022年の拙エントリー「路面電車はBRTへ、100万都市へ成長を始める岡山市」で報告済みですが、特定企業の為に能く働く大森市長によって、街はゴーストタウンまっしぐら。もはやこれまで…と思いきや、ペンは剣よりも強し。岡山駅前への路面電車乗り入れ費用便益費の公開を求める陳情書(岡山市議会 令和5年 陳情第32号)が切り拓く明るい未来。

9月定例会の陳情第27号は毎度お馴染み、岡山市議会議員全員で否決された訳ですが、今回はさて如何に?


魁は山陽新聞社様の独自調査による「路面電車乗り入れ時期ずれ込み 岡山市再び見直し、26年度末に」報道で、以降。KSB様の「JR岡山駅路面電車乗り入れ事業 総事業費が試算より22億円増 完成にも1年以上の遅れ 岡山市」に対し、岡山新アリーナ構想を巡る疑義に塗れた大森市長による、顛末の報告は待たれるところ。

2014年。小員が諫言した「岡山市の公共交通機関の、問題の本質」は10年の時を経て、露になりました。


正地域公共交通の活性化及び再生に関する法律10月1日施行! 公共交通再構築協議会に高まる期待 !!


そんな折柄、健やかな成長を願う新たな時代は、岡山市民が提言を続けるBRT事業構想の実現に向けた一歩を力強く踏み出しました。そう、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の改正に同調し、気仙沼線BRT・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)や日田彦山線BRTひこぼしラインの地域再生ニュースが続々到着。

こうして認知は進み、もはや岡山市の選択は鉄道コスト 約10分の1のBRT(バス高速輸送システム)一択。

※ JR九州「BRTひこぼしライン」開業以降、届けられる歓びの声は続々! 日田彦山線BRT !! ※

大正時代の重たい電車を延伸する馬鹿げた事業。いま息の根を止めなければ2026年、軽く100億円突破…。


山市議会の大森さん一蓮托生の議員を一掃して「若者・子育て世代の移住」を促す健全な街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民は取り戻したく、岡山市長選挙を早めるため「岡山ヤシノミ作戦」を再起動する所存です。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、引き続き、陳情書を提出(郵送)しています。


継続は力なり。街なか循環EVバスの実用化が近づく中、大正時代の路面電車を岡山駅前へ延伸する事業の費用便益費がゼロを目指すのは自然の成り行き。その費用便益費を調べもせず、陳情第27号を否決した岡山市議会議員の不作為の罪は重く、議員の価値はゼロ。大森さんと市議会による損害賠償責任を追及する私。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 陳情第32号と祝! BRTひこぼしライン
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

陳情第27号のゆくえ: 市民の同意を得ずして岡山駅前へ路面電車延伸を強行した大森市長と岡山市議会議員が負う損害賠償責任は 88億円 !?

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
疑義に塗れた岡山市長 “ 大森さんリコール ” ページ

◎ 岡山市議会陳情に対する賛否 令和5年7月5日議決分 
岡山市議会 陳情に対する賛否(令和5年7月5日議決分)森市長への損害賠償額 100億円超の可能性

2022年の拙エントリー「路面電車はBRTへ、100万都市へ成長を始める岡山市」で報告済みですが、特定企業の為に能く働く大森市長によって、街はゴーストタウンまっしぐら。もはやこれまで…と思いきや、将にペンは剣よりも強し。岡山駅前への路面電車乗り入れの事業凍結を求める陳情書(岡山市議会 令和5年 陳情第27号)に強い追い風は吹き始め。

6月定例会の陳情第19号は毎度お馴染み、岡山市議会議員全員で否決された訳ですが、今回はさて如何に?


魁は山陽新聞社様の独自調査による「路面電車乗り入れ時期ずれ込み 岡山市再び見直し、26年度末に」報道で、以降。KSB様の「JR岡山駅路面電車乗り入れ事業 総事業費が試算より22億円増 完成にも1年以上の遅れ 岡山市」に対し、岡山新アリーナ構想を巡る疑義に塗れた大森市長による、顛末の報告は待たれるところ。

2014年。小員が諫言した「岡山市の公共交通機関の、問題の本質」は10年の時を経て、露になりました。


大正時代の重たい電車を延伸する馬鹿げた事業。いま息の根を止めなければ2026年、軽く100億円突破…。


山市議会の路面電車推進派議員を一掃して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3時代の街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民は取り戻したく、岡山市長選挙を早めるため「岡山ヤシノミ作戦」を再起動する所存です。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、引き続き、陳情書を提出(郵送)しています。


継続は力なり。街なか循環EVバスの実用化が近づく中、大正時代の路面電車を岡山駅前へ延伸する事業の費用便益費がゼロを目指すのは自然の成り行き。その費用便益費を調べもせず、陳情第19号を否決した岡山市議会議員の不作為の罪は重く、議員の価値はゼロ。大森さんと市議会による損害賠償責任を追及する私。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 陳情第27号 大森市長賠償責任のゆくえ
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

二元代表制の遵守と、大正時代の路面電車と。岡山市議会議員の「請願・陳情に対する賛否」議事録ページが当落を占う、統一地方選挙 2023。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市議会 “ 請願・陳情に対する賛否 ” 検証ページ岡山市民の陳情はなぜ尽く不採択なのか? 岡山市議会議員の「請願・陳情に対する賛否」の議事録ページが当落を占う、統一地方選挙 2023。


元代表制の理解度で判る地方議会議員の資質

【 公費の蒸発が止まらない… Remember Toyama, No more UTSUNOMIYA 】〜 大正時代の路面電車の岡山駅前乗り入れと BRT導入を争点にする、岡山市議会議員(新人)候補の当選またぞろか !? 〜

MaaSの進化を無視するLRTが招いた宇都宮必然の悲劇巨額の公費で支えてきた富山市の累損さらにLRTの強行により悲劇の露呈が始まる宇都宮市の昨日は、大正時代の路面電車の延伸強行を目論む岡山市政の明日。問われる民意、下される審判…。

今年の岡山市議会議員選挙(2023年04月09日投開票)で再選すべきは誰か? 議員の資質を問う成績表「陳情に対する各議員の賛否の一覧」は当落の鍵であり、岡山の健全な未来を選ぶ有権者の虎の巻。

【 陳情書の賛否に関し岡山市議会議員各々に、理由の明記と公開を求める陳情(R5年 陳情第5号)】

大森市政の発足以降、1. 待機児童数そして 2. 用水路転落死者数のワースト記事、3. 桃太郎線LRT化検討の暗礁乗り上げによる巨額の埋没費用露出報道さらに、4. 路面電車の乗り入れ事業費は倍増、3年後にズレ込む事業を強行することへの疑念を伝えるニュース、5. 大森市長が実行委員会の会長を務めた岡山芸術交流に関し、岡山市民の倫理観を問われかねないアート領域のコラム複数が配信され、6. さらには岡山市職員給与を巡る引き上げ勧告を報じたもの、7. 全国を悲しませた岡山女児虐待死亡事件の検証報告書の公表記事等、「子どもの未来を閉ざす予算」を通過させた岡山市議会に纏わる暗いニュースは枚挙に暇がありません。


コロナ禍を経て物価高に見舞われ市民の暮らしは困窮する今。岡山市は政令市としての健全な議会運営に徹し、市民の生活を担保する住民サービスを充実すべき緊急対策期。岡山市民の陳情の採択に際し岡山市議会は、政党色あるいは会派による数の論理を排斥し、二元代表制に則る議決へ改心すべく、陳情いたします。

[ 陳情の理由 ]
1.岡山市民の陳情の採択・不採択理由の明記はなく市議会の体を成していない
2.陳情に対する各議員の賛否の一覧に垣間見える会派による多数派形成の禁止
(昨年6月「大森雅夫岡山市長を応援する岡山市議会の会」設立等の禁止を含む)
3.岡山市議会の二元代表制の遵守の現状と議員の資質を精査する目的において
  陳情書の賛否に関し岡山市議会議員各々に、理由の明記と公開を求めます。



山市議会議員を刷新して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3世紀の街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民が取り戻すための、岡山市議選北区(統一地方選 2019)を見直す「岡山ヤシノミ作戦」。

岡山市民の陳情はなぜ尽く不採択なのか――。住民の声に耳を傾けない岡山市議会の問題の本質は深刻で、その議会の存在意義はもはやゼロに等しいのですが、岡山市議会の陳情(令和4年12月16日 議決分)第36号「学校女子トイレに生理用品を常備することを求めることについて」の採択結果に異変を観測しています。

チェックすべきは絶対的多数派を形成してきた自公の分裂で、ほかにも風見鶏議員が賛成側に寝返るなど陳情に対する各議員の賛否の一覧を意識した造反行為が顕著化する兆しは鮮明に。2023年2月、定例会の陳情賛否に臨み同じ過ちを繰り返す、己の信念を掲げ得ない会派に従順な陣笠議員の落選は想像に難くありません。

岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、このたび陳情書3通を提出(郵送)しました。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※ ※ ご参考 )鉄道コスト 約10分の1のBRT: 路面電車JR岡山駅前延伸の費用便益比「0.61」!? ※

いづれも2023年4月9日、岡山市議会議員選挙を市民のチャンスにすべく試行錯誤チャレンジを継続する私。若く賢いサイレントマジョリティ(有権者)は各議員の思想・行動を具にチェックしてるので、統一地方選挙 2023ではミレニアルズとGenZersが協働。気候危機等をテーマに据えた、未来志向の革命に膨らむ期待。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 二元代表制の理解度で判る議員の資質
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市民の陳情はなぜ尽く不採択なのか? 岡山市議会議員の「請願・陳情に対する賛否」の議事録ページが当落を占う、統一地方選挙 2023。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市議会 “ 請願・陳情に対する賛否 ” 検証ページ「NFT陳情書」は中央集権型組織の権化「岡山市議会」を変革し、岡山市民に経済効果をもたらすか? for 岡山市議選(統一地方選挙)2023.


員全員で陳情を否決する岡山市議会の奇妙

大森市長の就任以降、1. 待機児童数そして 2. 用水路転落死者数のワースト記事、3. 桃太郎線LRT化検討の暗礁乗り上げによる多額の埋没費用発生報道さらに、4. 路面電車の乗り入れ事業費は倍増、3年後にズレ込む事業を強行することへの疑念を伝えるニュース、5. 大森市長が実行委員会の会長を務める岡山芸術交流に際し、岡山市民の倫理観を問われかねないアート領域のコラム複数が配信され、6. 新しくは岡山市職員給与を巡る引き上げ勧告を報じたもの、7. 全国を震撼させた岡山女児虐待死亡事件の検証報告書の公表記事など、大森市長の首長としての適格性の欠如を露呈している、辛く悲しいニュースは枚挙に暇がありません。

コロナ禍を経て超円安に見舞われ市民の暮らしは困窮する今。岡山市は政令市としての健全な都市経営に徹し、市民の生活を担保する住民サービスを充実すべき重要な時期。例えば路線バス・路面電車の運賃無料DAY実施をもって事業者へ利益供与する一方、児童相談所の予算と職員の給与財源を枯渇させた企業ファーストの大森市長に対し、速やかな辞職勧告決議の提案を求めたく、陳情いたします。


[ 陳情の理由 ]
1.漫然と対策を講じることなく放置した虐待事件の大森市長の過失不作為責任
2.路面電車 駅前延伸事業強行で発生した埋没費用の大森市長の損害賠償責任
3.市民の陳情を無視して強行した岡山芸術交流により被る岡山市の信頼の失墜
  二元代表制の遵守に則り大森市長に対する辞職勧告決議の提案を求めます。


山市議会議員を刷新して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3時代の街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民が取り戻すための、岡山市議選北区(統一地方選 2019)を見直す「岡山ヤシノミ作戦」。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、このたび陳情書3通を提出(郵送)しました。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※ ※ ご参考 )鉄道コスト 約10分の1のBRT: 路面電車JR岡山駅前延伸の費用便益比「0.61」!? ※

いづれも来春。2023年 岡山市議会議員選挙を市民のチャンスにすべく、試行錯誤チャレンジを継続する私。岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市民の陳情は なぜ不採択なのか?
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

「NFT陳情書」は中央集権型組織の権化「岡山市議会」を変革し、岡山市民に経済効果をもたらすか? for 岡山市議選(統一地方選挙)2023.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市議会DAO化 “ Alga for メタ国家 ” 考のページ岡山駅ペデストリアンデッキNFT陳情書は、経済効果をもたらすか?


もが価値を流通させられる自律分散型社会

2022年8月3日(水)NHKクローズアップ現代 取材ノート「若い世代の移住 増減マップ」ページの図表 “ 若い世代の移住増 市区町村ランキング(トップ500)” を速読し、岡山市のランキングの確認に努めるも、見つけることはできず凄まじいショックとともに落胆…。天然リソースに恵まれた岡山市は交通の要衝であるにも拘らず、低いケイパビリティによる衰退一途の街の実情が、これほど深刻とは……。

それも先日。日本一短い路面電車のJR岡山駅前延伸を強行する老人達の「桃鉄」プロパガンダ報道が目に留まり、これでは若者は逃げ出してしまう(汗)という懸念が見事的中してしまった、悲しい現実。さはさりながら落胆している暇はありません。渦巻く web3は風の時代の賜物で、このチャンスを一気に岡山市へ流し込まなければ…と考えあぐねる今。

東京大学大学院 高木 聡一郎教授の日経COMEMO「分散と集権の循環サイクル Web3の後には再び集中時代が来るか?」を拝読。中段『それは、誰もが価値を流通させる仕組みを作ることができ、そのガバナンスに参加することができ、自らが生み出した価値を、特定の組織に依存せずに流通させることができる』を引用。


さらに高木先生の当該コラムより『ギャビン・ウッドの議論は、ブロックチェーンを基盤として様々なサービスを実現するWeb3は、それまでの中央集権的なプラットフォーム企業から権限を市民が取り戻すという考え方に基づくものだ』を抜粋。この部分で激しく膝を痛打して、しばし身動き取れなくなった小員(痛っ)。

も。DAO(自律分散型組織)とDeFi、NFTエコノミーは地方活性化のKFSの核心に迫り、小躍りしたり。


※ 「デジタル陳情書」を Mintして創作された『NFT陳情書』は、ひょっとすると世界初かも !? ※

そうやって過日の「メタバース岡山市議会」構想に相まって「デジタル陳情書」のNFT化を決意した次第。


山市議会議員を刷新して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3時代の街づくり

先般8月2日にテレ東プラスより配信された、田原さんと竹中さんの大反省会 “ 少子高齢化によって年金システムは10年ほどで崩壊する ” の拝読により、なぜ岡山市は失われた50年になってしまったのか。老害の大罪に関連する拙エントリー「Z世代の活躍を阻む長老支配」の問題点は、あらためて浮き彫りになりました。

竹中さんと田原さんの反省点を眺めて忽ち、冨山 和彦さんの著書『会社は頭から腐る』を想起することに。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護それは、天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民が取り戻すための、岡山市議選北区(統一地方選 2019)を見直す「岡山ヤシノミ作戦」。


※ 岡山市議会「子供の未来を閉ざす予算」のゆくえ。市長応援会≒ヤシノミ議員に市民は怒り心頭 ※

冨山 和彦氏の『会社はやっぱり、頭から腐る 社長人事を変えなければ生き残りはない』に学ぶなかで、市民の視点を持たない岡山市議会議員の刷新あるいは、Gen Zersに岡山市を移住の地に選択いただくためにも、世界初となるかも知れない「NFT陳情書」の話題性に期待してデジタル陳情書Mintした次第です。

冒頭でご紹介したNHKクローズアップ現代 取材ノート「若い世代の移住 増減マップ」ページの図表 “ 若い世代の移住増 市区町村ランキング(トップ500)” に岡山市がランクインしていない口惜しい現実は、選ぶべき首長や市議会議員そのものを間違えている…。岡山市民わたし達のミスチョイスに起因しているのです

リスクを背負って自治体DXにチャレンジしたり、よもやweb3にトライする為政者は、ほぼ皆無の岡山市。


↑↑ OpenSea利活用のコレクションページの “ Meta Marche ” が転送されて感謝しきりです ↑↑

なれば「若い世代の移住 増減マップ」の図表 “ 若い世代の移住増 市区町村ランキング(トップ500)” に、天然リソースに恵まれすぎの岡山市を当然のこととしてランクインさせるよう、若い世代が協働くださることを夢見て、世界初となるかも知れない「NFT陳情書」のバズりに期待してデジタル陳情書Mintを敢行。

いづれも来年2023年 岡山市議会議員選挙を市民のチャンスにすべく、試行錯誤チャレンジを継続する私。

折しも県立図書館で拝借した、私淑する落合 渉悟さんの著書『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』で解説されたDeSocAlga」の深い世界観にシンクロしていた私は “ DeSoc「子ども食堂DAO」PoC: 地域ソリューションとしてのWeb3 ” をエントリー。トラストレスメタバース岡山市議会の実現を心する只今。

経済効果をもたらす “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現に臨み、岡山市の再生を目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「NFT陳情書」for 岡山市議選 2023
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

国土交通省:第5回 “ 鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会 ” 真の有識者が促す不採算「鉄軌道路線」のBRT転換

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
バス高速輸送システムBRTで蘇る岡山 ” のページ

「邪魔な老害、粗大ごみなら掃いて」 捨てて豊かに。
域モビリティの刷新に関する検討会について

2022年7月25日(月)国土交通省「第5回 鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会」が開催され、驚く勿れドラスティックな方向性に小躍りする私。その伏線である、4月18日開催 第3回 地域モビリティ検討会議事録が建設的。

その議事録を紐解いた、旅行総合研究所タビリスさんの論点整理注目しなければならないのは、「回復」させるのは「鉄道の利便性」ではなく、「公共交通の利便性」であることです。利便性をもたらすのは鉄道でなくても構わない』は、鉄道に加え、日本一短い岡山市の路面電車問題の本質を追求する内容で素晴らしい。


引き続き5月13日開催 第4回 地域モビリティ検討会議事録は、問題の本質を炙り出し、出口は観えてきた。

議事(2)とりまとめの方向性に関する自由討議
○委員・オブザーバーからの主な意見は以下のとおり。


( ※ 下記、第4回 地域モビリティ検討会議事録より抜粋しています。)

自治体・国も財政が厳しい中で、地域の鉄道のためにお金を出すには、未来世代を含めた負担者に対して納得感のある説明が必要ではないか。そのために、地域の現状を認識・評価しなおすことが大切で、自治体と事業者の話し合いの場で一緒に考えてほしい。

・人口減少が進み、モータリゼーションが進展する中で、地域交通をどうするか考えなければならないのに、特に JR のローカル線については何もしてこなかったのがこの 20 年だったと思う。既に手遅れかもしれないが、これ以上対応が遅くなると何もできなくなってしまう。一刻も早く地域が議論を始めることが大事

・ここ 10 年、廃線議論を見てきたが、ずっと地域は「廃線はあり得ない」と言い続けて、あるとき急に「仕方ない」と変わる経緯ばかり。廃線する場合としない場合を比較して、より良くなる選択肢は何かと議論した形跡がない。結果、廃線が決まるだけで、どう代替していくかの話し合いが事前に何もなかった

・協議の申し入れについて、自治体の方の感想として「唐突」という言葉をよく聞くが、本当に唐突なのか。日頃から現状をウォッチしていれば唐突なんてことはない。今の状態が当たり前という認識を改めて、協議の席について問題意識や危機認識を共有する必要があるのではないか。

自治体は住民の説得が難しいというが、良い交通機関をつくれるということを論理的に説明できれば住民は納得してくれる。自治体はぜひ怖がらず主体的に議論してほしい。国に強制されて議論を始めるのは非常手段であると認識してほしい。

そうやって7月25日開催 第5回 地域モビリティ検討会は、問題の本質を指摘し、出口をお示しくださった。

※ えっLRTの成功モデル !? 富山ライトレールが巨額の公金を費やす窮状を伊原木さん知らない
※ 地域モビリティの刷新には補助金依存体質と固定観念の払拭が不可欠で長老の刷新も急がれる ※

なにおか言わんや。住民を主役に、公共交通の利便性を担保するためBRTを推進しようという順当な内容。


道会社と沿線自治体の役割は、ノスタルジー温存ではなく将来世代が納得するコスト意識を持つこと

その際、重要なのは、固定観念に覆われた補助金依存症の長老による審議は不毛であることの認識の共有

鉄道と政治の問題の根は闇深く、我田引水ならぬ「我田引鉄」と呼ばれる行為は、岡山市では今なお横行しており、現在でも路面電車のJR岡山駅前延伸や新線計画を巡って、歪な補助金バラマキ事業が仕組まれるなど、公共交通プロパガンダは後を絶ちません。だから、有識者の刷新検討会は貴重で、岡山市を変革する好機

※ 岡山市議会「子供の未来を閉ざす予算」のゆくえ。市長応援会≒ヤシノミ議員に市民は怒り心頭 ※

公共交通事業は「遊びじゃない」のだから、誠実経営を貫く『宇野バスのアイ』との協業が改革の一番地。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

以下は、公共交通機関について市民への論理的な説明をはぐらかす岡山市政の悪い事例ですが、特定事業者への利益誘導に明け暮れる首長の行動は余りにも異様。バス運営コストの10倍超とも聞く鉄軌道(路面電車)しかも、大正時代のレガシーシステムを今さら政令市の駅前へ延伸しようと何故躍起なのか。説明は必須

地域の将来と利用者の視点に立ったローカル鉄道の在り方に関する提言
地域戦略の中でどう活かし、どう刷新するか

( 令和4年7月 鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会 )

いづれにしても持続可能な公共交通機関の創出は、岡山市に暮らす私たちにとって、また、岡山市の未来を背負って立つ次の世代が活躍するための、なくてはならない社会インフラ整備事業。このまま無関心を続けるなら、ゴーストタウン行き路面電車の延伸は強行され、成長するはずの岡山市の息の根は止められましょう。

このたび国が示してくれた “ BRT転換 ” を選択。チャンスをモノにして、岡山市の地域振興に貢献します。


LRT成功モデル?は勘違い富山ライトレールは巨額の公金を費やす持続可能性の低い公共交通

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 地域モビリティの刷新に関する検討会
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
健全社会の志 “ 岡山市民の日 ” に魂を入れるページ

政策提言「岡山駅ペデストリアンデッキ整備事業」市民アンケート
造って魂入れず。岡山市民みんなが考える日

今年2022年「岡山市民の日(毎年6月1日)」は先勝の水曜日。岡山市へ移住17年目を迎える記念日好きの私は2012年3月22日に定められた市民の日を具に観察していてコラムを寄稿したり、昨年は変な枕詞を冠した「長老支配に決別 6月1日。岡山市民の日」noteエントリーを垂れ流したり。空気読めない或いは、空気読まない流れ者の嫌われ者は相も変わらず「それダメです」と、今年も駄文を綴る今しがた。

さはさりながら幾許なり、地域社会の健やかな未来を願いお役に立てればと、6月1日。毎年必ずやって来る「岡山市民の日」が岡山市民にとって有意義であるために、掲げたタイトルに従い、2022年6月1日「岡山市民の日」を現在、過去、未来で歯に衣着せず記します。すべては岡山市の近未来が健やかであるために…。


現在。上掲の通り、グランドデザインを持たない街おかやま市。そのケイパビリティの低さが問題なのです。


去8ヶ月の8大「ネガティブ報道」こそ岡山市が生まれ変わる「風の時代」Web3の変革チャンス!

遍く事物の問題を解決・改善するには、問題の本質の究明が超重要。岡山市の成長は、そこから始まります。

2020年12月22日。グレートコンジャンクションより始まった「風の時代」を痛感させる、瓦解する中央集権型組織とDAO(分散自律型組織)の浸透または台頭。それらが暗示するのは久しく岡山市を衰退させた「長老支配」の終焉あるいは、GenZers 集う街の始まり。その岡山の問題は「問題を問題と認識」しないこと。

翻って問題を問題と認識」するなら百年河清は実現し、健やかな成長を始める岡山市。急ぎ、問題を列記。

問題1. 2021年10月。岡山市民の希望の星、変革の志士 浦上氏を見殺しにした投票率34.01%猛省
問題2. 2021年12月。NHKの収支報告書分析で発覚した岡山知事「いばらぎ隆太後援会」の迂回献金
問題3. 2022年1月。鉄道コスト約10分の1の路線バスではなく路面電車ありきの大森岡山市長の奇妙
問題4. 2022年1月。待機児童はじめ、大森さんの「子供の未来を閉ざす予算」により辛い報道は頻発
問題5. 2022年3月。セクハラ疑惑を釈明しない起業家を起用する岡山芸術交流2022の開催について
問題6. 2022年5月。補助金強請る傍ら公共交通を遊びとして弄び草バス仕立てるふざけた企業が暗躍
問題7. 2022年5月。違法デリヘルに関連して2019年 文春砲を浴びた岡山1区 代議士の説明責任とは
問題8. 2022年5月。長老支配を温存させたおっさん粘土層に亀裂が入る岡山グレートリセットの兆候

はてさて昨年12月以降。6ヶ月足らずの間に、岡山市政に関わる為政者や企業による全国を呆れさせる報道、続々。ことさら辛く悲しい5歳女児の虐待による死亡事件の根本に横たわるのは、児童相談所の予算不足による職員不足に起因しており、大森さんの「子供の未来を閉ざす予算」が問題の本質であることは自明の理。

社会は頭から腐る―。造った仏(岡山市民の日)に魂を入れようにも腐敗した魂を仏は受理しないのです。

謂うなれば「子供の未来を閉ざす予算」を強行する大森岡山市長の罪はもとより、数々の悪政を通過させる岡山市議会議員の不作為の罪もまた軽くはありません。そんな岡山市政が担ぐ「岡山市民の日」は、いわば失われた岡山市民の10年間。岡山市は今このままで大丈夫?…変革のきっかけを創りませんか !? ファイトっ!

1日だけでもいい、ちょっとでもいい。岡山市の健やかな未来を創る変革を考える日が「岡山市民の日」。

※ 利害得失や、我田引水ではない真の有識者 浦上雅彦さんのYouTube 6月1日お昼のライブ ※
※ 2022年6月1日(水)夜の部。本気なんです『岡山市民の日』@ 岡山シンフォニーホール. ※

なればこそ。2022年「岡山市民の日」に問題を問題と認識し、岡山市が成長に転ずる起点の日としたい。


う君の唄を歌う人を称賛する社会への移行こそ、岡山市が生まれ変わる天与のチャンス!

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護それは、天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

大事なことなので繰り返しとなり恐縮ですが、岡山市へ移住17年目を迎える記念日好きの私が具に観察している岡山の問題は「問題を問題と認識」しないこと。翻って問題を問題と認識」するなら百年河清は実現し、健やかな成長を始める岡山市。だからファイト! さらに闘う君の唄を歌う浦上雅彦さんファイト !!

もし仮に、腐り果てた我が街に、岡山市の再興を志す熱い人々が居たとするなら11回目を数える令和4年6月1日を、もっと岡山を好きになる!「岡山市民の日」即ちリボーンの吉日に見立てて、歩いて楽しむ晴れの国づくりの政策提言「桃ペデ(岡山駅ペデストリアンデッキ)整備事業」の実現に臨み、一緒に闘いませんか?


※ なんと↑63.7%の方がポジティブに捉えてくださる「岡山駅ペデストリアンデッキ」整備事業 ※

前述。過去8ヶ月の8大「ネガティブ報道」に接し改善・改革スルーを続ける中で「岡山市民の日」の定着を図るのは、よもやマッチポンプで市税・国税の無駄遣い。それはさておき、街なか回遊による地域振興を促進する提言事業「岡山駅ペデストリアンデッキ需要アンケート」を試行実行するなど、独り私は闘っています。

なぜなら、造った仏(岡山市民の日)に入れるとは、よりよい社会を創る協働事業。だからファイト !!

岡山市が今後ますます発展していくためには、市民一人ひとりが岡山のまちを愛し、誇りに思い、盛り上げていくことが必要と謳う「岡山市民の日6月1日が有意義であるには、次代を担う岡山市の若者が県外へ逃げ出す負債(傍若無人な老人の悪政)を清算し、地元愛を育む、長老支配からの卒業の1日であることが重要。

岡山市民の日」は、市民の総意を問う日。そんな市民シンポジウムを開催できれば、値千金だと思います。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

社会は激しく豹変し、Web3人財が求められる今。大きな組織に別れを告げ2006年より地方都市に潜伏している私は、経路依存性からの脱却の難しさや、河合 薫さんの云う「フィーリングで生きたい中高年」の気持ちもよく分かる。けれども、岡山市は今このままで大丈夫?…私と一緒に、闘いませんか !? ファイトっ!

いづれも岡山再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 毎年6月1日は “ 岡山市民の日 ” です
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

BRTで地域公共交通を担保する「岡山市交通局(仮称)」新設に関する陳情書: 日本一の民間バス会社の経営哲学サイト【 宇野バスのアイ 】

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
100万都市の志 “ 路面電車からBRT ” 決断のページ


公共交通利用促進「がけっぷち!」キャンペーンに正義はあるか?方鉄道の在り方を議論する国の検討会の行方

2022年5月14日(土)大安吉日 一粒万倍日。政策起業家 菅野 敦也は、岡山市議会へ “ BRTで地域公共交通を担保する「岡山市MaaS局(仮称)」新設に関する陳情書 ” を提出(郵送)。存続が危ぶまれる地方鉄道の国の検討会において、有識者からは「なぜ地域に鉄道が必要か」。理由の明確化が今後の論点、とする認識が示される中、JR岡山駅前への路面電車延伸事業費は86億円(圧縮して66億円)へ膨張。

あらためて国の検討会は「一概に経費の比較は難しいとしながらも、バスの場合、鉄道のおよそ10分の1の費用負担で抑えられる」と論ずるように鉄道は手段にすぎず、住民の移動を担保する仕組みが重要とするMaaS本質論へ移行する現在。路面電車延伸の理由の明確化ができず動揺する岡山市政は、泥沼と化しています。


※ 衆議院議員 加藤 勝信先生が会長代行を務めておられる「ポストコロナの地方創生実現のための公共交通ネットワークの再構築を目指す議員連盟」による、気仙沼線BRTご視察の際のレポート共有動画

路面電車ロックインを解除。BRTなら「表町バスセンター発 〜 総社市役所行き」ほか路線設定フリー。


本一の民間バス会社の経営哲学や社会問題に対する意見を伝えるWebサイト【 宇野バスのアイ 】

日本一の路線バス企業を問われたなら間髪入れず、胸を張って岡山市の、宇野自動車と即答する私()。


それも岡山市のバス会社は実に両極端で、公共交通は市民の負託に応える公共事業で「遊びじゃない」。その諦観を抱くことなく補助金を強請り、挙句の果てには草しか生えない草バスを仕立てる、ふざけたバス会社暗躍する傍ら、補助金に頼らず独立自尊の経営哲学を貫く崇高な、日本一の民間バス企業が活躍するのです。

BRTで地域公共交通を担保する「岡山市MaaS局(仮称)」新設』の実現には、後者の経営哲学が不可欠。

この政策提言をコンバージョンさせるには、まず、岡山市議会を動かすことが必要で、陳情書の提出ならびに、書面をデジタル化して岡山市民に政策起業家の想いを届けるための「デジタル陳情書」は不可欠と考え、急ぎ下記の通り、共有いたします。その先のパーパスこそ「SDGs未来都市おかやま市」の実現なのです。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

中小企業を支援する側に佇み「高度化事業」の登録アドバイザーを担う私の使命はNFTジョブの可能性に気づきWeb3人財の求人を始める。そんな積極果敢な事業者から要請を受けるであろう例えば「中小企業DAO」或いは「高度化事業DAO」等の創設リクエストをサポートすることになるのかも…そんな気がいたします。

いづれも日本再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。

※ Google マップ活用による「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言 ※
岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ新路線も同時に進めたいものです ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 日本一のバス会社【 宇野バスのアイ 】
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

桃ペデ(岡山駅ペデストリアンデッキ)整備事業: JR岡山駅が凱旋門になる歩行者天国の日!「桃太郎大通り」を東洋のシャンゼリゼ通りに !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国交省 “ ウォーカブル推進都市 ” 岡山市政のページ


仙台駅(宮城県)西口のペデストリアンデッキ太郎デッキ(愛称〔仮)で100万都市へ成長

2022年5月2日(月)大安吉日 一粒万倍日。政策起業家 菅野 敦也は、岡山市議会へ “ 岡山駅「ペデストリアンデッキ」整備の市民アンケート実施に関する陳情書 ” を提出(郵送)。岡山市の目抜き通りである桃太郎大通りをペデストリアンデッキでJR岡山駅東口に直結し、岡山駅西口既設のペデストリアンデッキへとつなぐ、提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト』の準備を始めましたことを、ご報告いたします。

済効果絶大! ペデストリアンデッキが高める徒歩の回遊性は商店街・飲食店の賑わい振興策 !!

6月1日「岡山市民の日」記念事業にできれば市民の関心も高まるとして青年経済人に向けて提案しました。

デジタル田園都市国家構想推進交付金、地方創生推進交付金(Society5.0タイプ)ほか >
 国および、地方公共団体の政策形成ご担当者 様
当該ページは、デジタル田園都市国家構想推進交付金の申請に携わる、政策立案ご担当者様の閲覧が想定ターゲット。ご自由に利活用いただき、SDGs未来都市創出のヒントになれば幸甚の極みです。


旋門になる?岡山駅が…!? そう。首都圏や海外で成功した岡山県人が帰岡したくなる街づくり

ペデストリアン(歩行者)と聞かば杜の都、仙台市の日本一のペデストリアンデッキを想起する私(懐)。


同時に日本一と聞かば、お伽噺 日本一 桃太郎に辿り着くなか、2000年頃。JR岡山駅に降り立った時の恣意的構想「日本一の桃太郎大通り歩行者天国プログラム」を想い出し。そして過日、エトワール凱旋門に通じるシャンゼリゼ通りの、毎月第一日曜日に車道を歩行者に開放する、歩行者天国の実証実験をブログで拝読

歩行者天国を実現できれば、岡山ダンスの祭典 “ うらじゃ ” の演舞は桃太郎大通り! その夢は膨らむ。

桃太郎大通りを臨み、左方は岡山ゲートプレイスへ、右方は岡山タカシマヤへ通づる歩行者回廊
※ 2017年8月30日。岡山大森市長に直接お手渡しした「世界が恋する岡山桃太郎大通り」提言書 ※

提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト』略して「桃ペデPJ」…。


済効果絶大! ペデストリアンデッキが高める徒歩の回遊性は商店街・飲食店の賑わい振興策 !!

この政策提言をコンバージョンさせるには、まず、岡山市議会を動かすことが必要で、陳情書の提出ならびに、書面をデジタル化して岡山市民に政策起業家の想いを届けるための「デジタル陳情書」は不可欠と考え、急ぎ下記の通り、共有いたします。その先のパーパスこそ「SDGs未来都市おかやま市」の実現なのです。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※

6月1日「岡山市民の日」記念事業にできれば市民の関心も高まるとして青年経済人に向けて提案しました。


策形成および提言事業の実現の鍵は「崇高なパーパスを共有」するコンソーシアムの編成

なんと言ってもJR岡山駅界隈の賑わい創出は、倉敷駅前がそうであるように “ ペデストリアンデッキ ” の設置次第であり、2017年8月30日。私は気概の同志と「岡山市民が創る提言書 for 岡山市長選挙 2017.」と題した提言書を、大森市長に直接お手渡し済み。因みに歩行者デッキ(複数)案の概算費用は、20.6億円〜。

路面電車の延伸66億円の事業に対し、歩行者デッキ(複数)案の概算事業費は20.6億円〜33.1億円の範囲。

※ 2022年5月3日〜5月8日 無料のTwitterを利活用して実施したアンケートの結果です。 ※ ※ 第2回アンケート調査はこちらから。多くの方のご参加に、心から感謝いたします。 ※

桃ペデPJを速やかに軽やかに実現するにはスタートアップ・エコシステムの創生が必要で、どうやって創るかはパーパスドリブンな同志を募り、コンソーシアムを編成することが不可欠。Web3に移行する昨今、それらの機能をDAOが担うことから「岡山DAO」は創設済み。故に下記、同志を募るメッセージを試作、共有。

株式会社ユーデーコンサルタンツ 様 野村不動産株式会社 様 JR西日本不動産開発株式会社 様 株式会社奥村組 様 美樹工業株式会社 様 株式会社北川鉄工所 様 株式会社大建設計
(順不同)※ 岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業 関係各位

貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

周辺地域への回遊性向上による賑わい創出コンセプト「OKAYAMA GATE PLACE」実現へのご助力に、感謝の念に堪えない岡山市民の一人として、取り急ぎ御礼を申し上げる次第です。さて、

2022年5月2日(月曜日)大安吉日 一粒万倍日。

政策起業家 菅野 敦也は、岡山市議会へ “ 岡山駅「ペデストリアンデッキ」整備の市民アンケート実施に関する陳情書 ” を提出(郵送)。岡山市の目抜き通りである桃太郎大通りをペデストリアンデッキでJR岡山駅東口に直結し、岡山駅西口既設のペデストリアンデッキへとつなぐ、提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト(以下、桃ペデPJ)』を始動。
桃太郎大通りを臨み、左方は岡山ゲートプレイス、右方は岡山タカシマヤへ通づる歩行者回廊

JR岡山駅とOKAYAMA GATE PLACE観光バスベイとを結ぶ桃太郎デッキ(愛称〔仮〕)は、歩行者の公共交通機関における更なるバリアフリー化を推進徒歩による街なか回遊性の向上に貢献。

晴れの国おかやま市の回遊性を劇的に高めるペデストリアンデッキ整備事業を前進させることを目的とした陳情書提出を起点に、より多くのステークホルダーと協業、当該事業の実現を目指します。

今後の連携あるいは、ご支援を賜れれば幸いです。 2022年5月吉日 政策起業家 菅野 敦也


中小企業を支援する側に佇み「高度化事業」の登録アドバイザーを担う私の使命はNFTジョブの可能性に気づきWeb3人財の求人を始める、そんな積極果敢な事業者から要請を受けるであろう例えば「中小企業DAO」或いは「高度化事業DAO」等の創設リクエストをサポートすることになるのかも…そんな気がいたします。

いづれも日本再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。

※ Google マップ活用による「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言 ※
岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ新路線も同時に進めたいものです ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山駅ペデストリアンデッキ(桃ペデ)
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ