政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

デジタル田園都市国家構想

2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
健全社会の志 “ 岡山市民の日 ” に魂を入れるページ

政策提言「岡山駅ペデストリアンデッキ整備事業」市民アンケート
造って魂入れず。岡山市民みんなが考える日

今年2022年「岡山市民の日(毎年6月1日)」は先勝の水曜日。岡山市へ移住17年目を迎える記念日好きの私は2012年3月22日に定められた市民の日を具に観察していてコラムを寄稿したり、昨年は変な枕詞を冠した「長老支配に決別 6月1日。岡山市民の日」noteエントリーを垂れ流したり。空気読めない或いは、空気読まない流れ者の嫌われ者は相も変わらず「それダメです」と、今年も駄文を綴る今しがた。

さはさりながら幾許なり、地域社会の健やかな未来を願いお役に立てればと、6月1日。毎年必ずやって来る「岡山市民の日」が岡山市民にとって有意義であるために、掲げたタイトルに従い、2022年6月1日「岡山市民の日」を現在、過去、未来で歯に衣着せず記します。すべては岡山市の近未来が健やかであるために…。


現在。上掲の通り、グランドデザインを持たない街おかやま市。そのケイパビリティの低さが問題なのです。


去8ヶ月の8大「ネガティブ報道」こそ岡山市が生まれ変わる「風の時代」Web3の変革チャンス!

2020年12月22日。グレートコンジャンクションより始まった「風の時代」を痛感させる、瓦解する中央集権型組織とDAO(分散自律型組織)の浸透または台頭。それらが暗示するのは久しく岡山市を衰退させた「長老支配」の終焉あるいは、GenZers 集う街の始まり。その岡山の問題は「問題を問題と認識」しないこと。

翻って問題を問題と認識」するなら百年河清は実現し、健やかな成長を始める岡山市。急ぎ、問題を列記。

問題1. 2021年10月。岡山市民の希望の星、変革の志士 浦上氏を見殺しにした投票率34.01%猛省
問題2. 2021年12月。NHKの収支報告書分析で発覚した岡山知事「いばらぎ隆太後援会」の迂回献金
問題3. 2022年1月。鉄道コスト約10分の1の路線バスではなく路面電車ありきの大森岡山市長の奇妙
問題4. 2022年1月。待機児童はじめ、大森さんの「子供の未来を閉ざす予算」により辛い報道は頻発
問題5. 2022年3月。セクハラ疑惑を釈明しない起業家を起用する岡山芸術交流2022の開催について
問題6. 2022年5月。補助金強請る傍ら公共交通を遊びとして弄び草バス仕立てるふざけた企業が暗躍
問題7. 2022年5月。違法デリヘルに関連して2019年 文春砲を浴びた岡山1区 代議士の説明責任とは
問題8. 2022年5月。長老支配を温存させたおっさん粘土層に亀裂が入る岡山グレートリセットの兆候

はてさて昨年12月以降。8ヶ月足らずの間に、岡山市政に関わる為政者や企業による全国を呆れさせる報道、続々。ことさら辛く悲しい5歳女児の虐待にょる死亡事件の根本に横たわるのは、児童相談所の予算不足による職員不足に起因しており、大森さんの「子供の未来を閉ざす予算」が問題の本質であることは自明の理。

謂うなれば「子供の未来を閉ざす予算」を強行する大森岡山市長の罪はもとより、数々の悪政を通過させる岡山市議会議員の不作為の罪もまた軽くはありません。そんな岡山市政が担ぐ「岡山市民の日」は、いわば失われた岡山市民の10年間。岡山市は今このままで大丈夫?…変革のきっかけを創りませんか !? ファイトっ!

なればこそ、2022年「岡山市民の日」に問題を問題と認識し、岡山市が成長に転ずる起点の日としたい。


う君の唄を歌う人を称賛する社会への移行こそ、岡山市が生まれ変わる天与のチャンス!

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護それは、天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

大事なことなので繰り返しとなり恐縮ですが、岡山市へ移住17年目を迎える記念日好きの私が具に観察している岡山の問題は「問題を問題と認識」しないこと。翻って問題を問題と認識」するなら百年河清は実現し、健やかな成長を始める岡山市。だからファイト! さらに闘う君の唄を歌う浦上雅彦さんファイト !!

もし仮に、腐り果てた我が街に、岡山市の再興を志す熱い人々が居たとするなら11回目を数える令和4年6月1日を、もっと岡山を好きになる!「岡山市民の日」即ちリボーンの吉日に見立てて、歩いて楽しむ晴れの国づくりの政策提言「桃ペデ(岡山駅ペデストリアンデッキ)整備事業」の実現に臨み、一緒に闘いませんか?


※ なんと↑63.7%の方がポジティブに捉えてくださる「岡山駅ペデストリアンデッキ」整備事業 ※

前述。過去8ヶ月の8大「ネガティブ報道」に接し改善・改革スルーを続ける中で「岡山市民の日」の定着を図るのは、よもやマッチポンプで市税・国税の無駄遣い。そうではなくて、街なか回遊による地域振興を促進する提言事業「岡山駅ペデストリアンデッキ需要アンケート」を試行実行するなど、独り私は闘っています。

岡山市民の日」は、市民の総意を問う日。そんな市民シンポジウムを開催できれば、値千金だと思います。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

社会は激しく豹変し、Web3人財が求められる今。大きな組織に別れを告げ2006年より地方都市に潜伏している私は、経路依存性からの脱却の難しさや、河合 薫さんの云う「フィーリングで生きたい中高年」の気持ちもよく分かる。けれども、岡山市は今このままで大丈夫?…私と一緒に、闘いませんか !? ファイトっ!

いづれも岡山再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 毎年6月1日は “ 岡山市民の日 ” です
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

BRTで地域公共交通を担保する「岡山市MaaS局(仮称)」新設に関する陳情書: 日本一の民間バス会社の経営哲学サイト【 宇野バスのアイ 】

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
100万都市の志 “ 路面電車からBRT ” 決断のページ


公共交通利用促進「がけっぷち!」キャンペーンに正義はあるか?方鉄道の在り方を議論する国の検討会の行方

2022年5月14日(土)大安吉日 一粒万倍日。政策起業家 菅野 敦也は、岡山市議会へ “ BRTで地域公共交通を担保する「岡山市MaaS局(仮称)」新設に関する陳情書 ” を提出(郵送)。存続が危ぶまれる地方鉄道の国の検討会において、有識者からは「なぜ地域に鉄道が必要か」。理由の明確化が今後の論点、とする認識が示される中、JR岡山駅前への路面電車延伸事業費は86億円(圧縮して66億円)へ膨張。

あらためて国の検討会は「一概に経費の比較は難しいとしながらも、バスの場合、鉄道のおよそ10分の1の費用負担で抑えられる」と論ずるように鉄道は手段にすぎず、住民の移動を担保する仕組みが重要とするMaaS本質論へ移行する現在。路面電車延伸の理由の明確化ができず動揺する岡山市政は、泥沼と化しています。


※ 衆議院議員 加藤 勝信先生が会長代行を務めておられる「ポストコロナの地方創生実現のための公共交通ネットワークの再構築を目指す議員連盟」による、気仙沼線BRTご視察の際のレポート共有動画

路面電車ロックインを解除。BRTなら「表町バスセンター発 〜 総社市役所行き」ほか路線設定フリー。


本一の民間バス会社の経営哲学や社会問題に対する意見を伝えるWebサイト【 宇野バスのアイ 】

日本一の路線バス企業を問われたなら間髪入れず、胸を張って岡山市の、宇野自動車と即答する私()。


それも岡山市のバス会社は実に両極端で、公共交通は市民の負託に応える公共事業で「遊びじゃない」。その諦観を抱くことなく補助金を強請り、挙句の果てには草しか生えない草バスを仕立てる、ふざけたバス会社暗躍する傍ら、補助金に頼らず独立自尊の経営哲学を貫く崇高な、日本一の民間バス企業が活躍するのです。

BRTで地域公共交通を担保する「岡山市MaaS局(仮称)」新設』の実現には、後者の経営哲学が不可欠。

この政策提言をコンバージョンさせるには、まず、岡山市議会を動かすことが必要で、陳情書の提出ならびに、書面をデジタル化して岡山市民に政策起業家の想いを届けるための「デジタル陳情書」は不可欠と考え、急ぎ下記の通り、共有いたします。その先のパーパスこそ「SDGs未来都市おかやま市」の実現なのです。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

中小企業を支援する側に佇み「高度化事業」の登録アドバイザーを担う私の使命はNFTジョブの可能性に気づきWeb3人財の求人を始める。そんな積極果敢な事業者から要請を受けるであろう例えば「中小企業DAO」或いは「高度化事業DAO」等の創設リクエストをサポートすることになるのかも…そんな気がいたします。

いづれも日本再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。

※ Google マップ活用による「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言 ※
岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ新路線も同時に進めたいものです ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 日本一のバス会社【 宇野バスのアイ 】
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

桃ペデ(岡山駅ペデストリアンデッキ)整備事業: JR岡山駅が凱旋門になる歩行者天国の日!「桃太郎大通り」を東洋のシャンゼリゼ通りに !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国交省 “ 公共交通バリアフリー整備 ” 連携ページ


仙台駅(宮城県)西口のペデストリアンデッキ太郎デッキ(愛称〔仮)で100万都市へ成長

2022年5月2日(月)大安吉日 一粒万倍日。政策起業家 菅野 敦也は、岡山市議会へ “ 岡山駅「ペデストリアンデッキ」整備の市民アンケート実施に関する陳情書 ” を提出(郵送)。岡山市の目抜き通りである桃太郎大通りをペデストリアンデッキでJR岡山駅東口に直結し、岡山駅西口既設のペデストリアンデッキへとつなぐ、提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト』の準備を始めましたことを、ご報告いたします。

デジタル田園都市国家構想推進交付金、地方創生推進交付金(Society5.0タイプ)ほか >
 国および、地方公共団体の政策形成ご担当者 様
当該ページは、デジタル田園都市国家構想推進交付金の申請に携わる、政策立案ご担当者様の閲覧が想定ターゲット。ご自由に利活用いただき、SDGs未来都市創出のヒントになれば幸甚の極みです。

旋門になる?岡山駅が…!? そう。首都圏や海外で成功した岡山県人が帰岡したくなる街づくり

ペデストリアン(歩行者)と聞かば杜の都、仙台市の日本一のペデストリアンデッキを想起する私(懐)。


同時に日本一と聞かば、お伽噺 日本一 桃太郎に辿り着くなか、2000年頃。JR岡山駅に降り立った時の恣意的構想「日本一の桃太郎大通り歩行者天国プログラム」を想い出し。そして過日、エトワール凱旋門に通じるシャンゼリゼ通りの、毎月第一日曜日に車道を歩行者に開放する、歩行者天国の実証実験をブログで拝読

歩行者天国を実現できれば、岡山ダンスの祭典 “ うらじゃ ” の演舞は桃太郎大通り! その夢は膨らむ。

桃太郎大通りを臨み、左方は岡山ゲートプレイスへ、右方は岡山タカシマヤへ通づる歩行者回廊
※ 2017年8月30日。岡山大森市長に直接お手渡しした「世界が恋する岡山桃太郎大通り」提言書 ※

提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト』略して「桃ペデPJ」…。

この政策提言をコンバージョンさせるには、まず、岡山市議会を動かすことが必要で、陳情書の提出ならびに、書面をデジタル化して岡山市民に政策起業家の想いを届けるための「デジタル陳情書」は不可欠と考え、急ぎ下記の通り、共有いたします。その先のパーパスこそ「SDGs未来都市おかやま市」の実現なのです。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書


策形成および提言事業の実現の鍵は「崇高なパーパスを共有」するコンソーシアムの編成

なんと言ってもJR岡山駅界隈の賑わい創出は、倉敷駅前がそうであるように “ ペデストリアンデッキ ” の設置次第であり、2017年8月30日。私は気概の同志と「岡山市民が創る提言書 for 岡山市長選挙 2017.」と題した提言書を、大森市長に直接お手渡し済み。因みに歩行者デッキ(複数)案の概算費用は、20.6億円〜。

路面電車の延伸66億円の事業に対し、歩行者デッキ(複数)案の概算事業費は20.6億円〜33.1億円の範囲。

※ 2022年5月3日〜5月8日 無料のTwitterを利活用して実施したアンケートの結果です。 ※ ※ 第2回アンケート調査はこちらから。多くの方のご参加に、心から感謝いたします。 ※

桃ペデPJを速やかに軽やかに実現するにはスタートアップ・エコシステムの創生が必要で、どうやって創るかはパーパスドリブンな同志を募り、コンソーシアムを編成することが不可欠。Web3に移行する昨今、それらの機能をDAOが担うことから「岡山DAO」は創設済み。故に下記、同志を募るメッセージを試作、共有。

株式会社ユーデーコンサルタンツ 様 野村不動産株式会社 様 JR西日本不動産開発株式会社 様 株式会社奥村組 様 美樹工業株式会社 様 株式会社北川鉄工所 様 株式会社大建設計
(順不同)※ 岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業 関係各位

貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

周辺地域への回遊性向上による賑わい創出コンセプト「OKAYAMA GATE PLACE」実現へのご助力に、感謝の念に堪えない岡山市民の一人として、取り急ぎ御礼を申し上げる次第です。さて、

2022年5月2日(月曜日)大安吉日 一粒万倍日。

政策起業家 菅野 敦也は、岡山市議会へ “ 岡山駅「ペデストリアンデッキ」整備の市民アンケート実施に関する陳情書 ” を提出(郵送)。岡山市の目抜き通りである桃太郎大通りをペデストリアンデッキでJR岡山駅東口に直結し、岡山駅西口既設のペデストリアンデッキへとつなぐ、提案仮称『岡山駅ペデストリアンデッキ桃太郎シャンゼリゼ通り化プロジェクト(以下、桃ペデPJ)』を始動。
桃太郎大通りを臨み、左方は岡山ゲートプレイス、右方は岡山タカシマヤへ通づる歩行者回廊

JR岡山駅とOKAYAMA GATE PLACE観光バスベイとを結ぶ桃太郎デッキ(愛称〔仮〕)は、歩行者の公共交通機関における更なるバリアフリー化を推進徒歩による街なか回遊性の向上に貢献。

晴れの国おかやま市の回遊性を劇的に高めるペデストリアンデッキ整備事業を前進させることを目的とした陳情書提出を起点に、より多くのステークホルダーと協業、当該事業の実現を目指します。

今後の連携あるいは、ご支援を賜れれば幸いです。 2022年5月吉日 政策起業家 菅野 敦也


中小企業を支援する側に佇み「高度化事業」の登録アドバイザーを担う私の使命はNFTジョブの可能性に気づきWeb3人財の求人を始める、そんな積極果敢な事業者から要請を受けるであろう例えば「中小企業DAO」或いは「高度化事業DAO」等の創設リクエストをサポートすることになるのかも…そんな気がいたします。

いづれも日本再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。

※ Google マップ活用による「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言 ※
岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ新路線も同時に進めたいものです ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山駅ペデストリアンデッキ(桃ペデ)
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

ジョブ型雇用を可視化する「NFTジョブ」で日本のイノベーション続々

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
中小企業のための “ トークン報酬戦略 ” 考察ページ


OpenSea @ 経営DXラボ.ンチェーン人事考課で生まれ変わる国内企業

失われた30年と呼ばれて久しく。大企業や行政に蔓延る「働かないおじさん」問題が取り沙汰されるなか、Web3スタートアップの熱気で高揚してる私に、国内事情を憂いている暇はありません。なぜならガラパゴスな日本でさえシステムチェンジの真っ只中にあって、日々遭遇できる創造的破壊の新規サービスに接するワクワク感はドントストップだから。

先般「Web3日本の持続可能性」で報告済ですが、あらためて優良コラム “ 世界中のWeb3プロジェクトとクリプトワーカーを繋ぐオンチェーンジョブマーケットプレイスAKINDO ” に、日本の構造的かつ組織的な問題をディスラプトする可能性を見出し、目先。中小企業の人財不足問題に利活用させて戴こうと目論む私。

アーリーステージに臨む、NFTジョブ候補は現在 2つ。1. NFT起案書と、2. NFT事業目論見書、なるもの。


ブロックチェーン技術を活用する点は同じながら、1. NFT起案書(あるいはNFT稟議書)は行政や企業のルーチンワークを人事考課面からサポートするオンチェーン報酬制度の新サービスで、他方、2. NFT事業目論見書(あるいはNFT事業計画書)は主に企業の新規事業創出や新規サービスの開発で活用される新機軸。

例えば、組織内のコンペを勝ち抜いた政策やイベント企画等のNFT起案書の場合、当該プロジェクトが生んだ付加価値を基に、トークン報酬は起案者に配分される。同様、取締役会の承認を得たNFT事業目論見書の場合、新規事業が齎した付加価値を基に、トークン報酬は事業クリエイターまたは、メンバーに配分される。

無論マイナスのケースは多分に有り得るも、オンチェーンで記録される政策や事業の顛末は改善ポイントを明確に示すであろうから、組織の再編や立て直しもスピーディー。その他、意匠権のNFT化を開始すれば、企業の内外を問わず、デザイン力で得た付加価値を基に、トークン報酬はNFTクリエイターに適正に配分される。

トークン報酬システムの最適化に成功する組織や企業の業績は、大きく飛躍。その想像は難くありません。


前掲。On-Chain job marketplace “ AKINDO ” が創造的破壊であるのは、MS Bounty Program等をクリアし得る辣腕のWeb3人財にフォーカスし、専門領域の即戦力(真のプロ人材)として最高のパフォーマンスに挑戦いただく、いわばジョブ型雇用のメリットだけを追求する、その理想像を確約する(であろう)点。

そうなると On-Chain job descriptionは世界の才能を素早く集めるばかりか、優秀なジョブホッパースマートコントラクトを以ってプロジェクトにジョインし、成果のアウトプットは忽ち始まる。そのときNFT起案書あるいはNFT事業目論見書は、行政や企業の投資上のI/Oを可視化し、トークン報酬等は確定をみる。

トークン報酬のイメージは、コラム「ファントークンとは|スポーツ業界で導入され始めているトークンの事例も紹介」そのもの。感動のプレイにより所属クラブ(あるいは直接プレイヤー)がトークン報酬を得られる仕組み ≒ NFT起案書あるいはNFT事業目論見書で、付加価値の視える化に基づき配分されるトークン報酬。

ファントークンの仕組みは必然的にNFTエコノミー移住特区に実装され、日本の報酬制度の大変革はじまる。


果(成果)を出す人が報われると日本社会のイノベーションは必然的に加速する

日本が新機軸と無縁である原因の一つは、結果を出す人チームビルドに貢献する人が報われない報酬制度

ピラミッド型の組織構造を変革できない日本の組織や企業では、失敗を伴う果敢な挑戦そのもの終身雇用至上主義者にとって未曾有のリスクになる。そのため、壮大でハイリスクなビジネスモデルの石橋は叩いて叩き壊されて、一般的に、世に出る新規事業はローリスクほぼほぼノーリターンの小ぢんまり無難なそれになる。


そんな日本を抜本的にグレートリセットする最後のチャンスの鍵は、NFT推しの政策ヲタ活が握っています。

巷からはSBINFT株式会社nanakusa)の開設や野村HDデジタルカンパニー創設など続々報道が届くなか、Web3の獣道を歩む私が注目するのは、和組DAOYoursDAO。なぜならNFTエコノミー市場に新規参入する中央集権型の企業が経路依存性から抜け出し、自律分散型社会に適応するのは極めて難しいと考えるから。

いづれも黎明期である現時点。先端をゆく有り難いコラム「Web3スタートアップのためのトークン報酬(原文:Token Compensation for Web3 Startups)」は、DeFiが日本社会を根底から変革するシステムチェンジのトリガーを引きつつあることと、NFTエコノミーは、すでに起こった未来であることを教えてくれる。


起業家はトラストレスで収入できる、企業の近未来をDAOが変える。それはマーク・キューバン氏の教示。

技術革新は実は恐るべし厄介者で、資本力のある大企業と、そうではない中小零細企業あるいは、首都圏と地方の間に横たわる多様な格差を拡大する不都合な真実であることは繰り返すまでもなく。中小企業を支援する側に佇む私の使命は、日本再興のビッグチャンスであるWeb3を、地方においても等しく福音にすること。

結果を出す人が報われる !? オンチェーン評価制度ならびに、デジタル田園DAOの推進に注力いたします。


業目論見や起案、政策立案が生む付加価値の視える化で日本のイノベーションは加速する

注目すべきは和組DAOYoursDAO。こと後者の「AKINDO」にジョブホッパーの私は、EARLY ACCESS.

直観の働く人々は DAOが変える近未来の組織(企業)の姿を描いていて、フリーのWeb3エンジニアはじめ企業内外のNFTアーティビストRabbitHole等で On-Chain Activityを洗練し、行政や企業の On-Chain job description を見つけてエントリー、トラストレスでプロジェクトにアサイン。それらは世界標準に。

だとすれば、地方の中小零細企業は大企業に伍し、才能溢れる人財を、世界から呼び込むことも十分可能。

中小企業を支援する側に佇み「高度化事業」の登録アドバイザーを担う私の使命はNFTジョブの可能性に気づきWeb3人財の求人を始める、そんな積極果敢な事業者から要請を受けるであろう例えば「中小企業DAO」或いは「高度化事業DAO」等の創設リクエストをサポートすることになるのかも…そんな気がいたします。

いづれも日本再興のためのオープンイノベーションを確かなものにするのが私の天命。鋭意やり切ります。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ジョブ型雇用を可視化するNFTジョブ
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

未来特区プロジェクト「クリエイター特区」NFTマネタイズに地方自治体ご注目! デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」エコシステムPoC

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策DX “ NFTエコノミー移住特区 ” 概念実証ページ


OpenSea @ 経営DXラボ.策クリエイターが考えるXR的「未来特区」

先般の思いつき “ デジタル田園DAO ” の舌の根の乾かぬうちに、4月8日。〜三井不動産創立80周年記念事業「未来特区プロジェクト」〜 “「クリエイター特区」全体概要と参加アーティスト決定 ” のニュースリリースに目は釘付け。忽ちの閃きにより、ほくそ笑む私。デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」を戦略特区に押し上げようと目論む政策クリエイターに、夢のようなチャンス到来。

夢のようなチャンスとは、「クリエイター特区」全体概要と参加アーティスト決定の後に記された【 リアル・デジタル・デジタルオンリアルの3つの“場”で展示会開催、NFT販売 】この部分。いわば今年6月開催のメタバースデジタルツインの共演『XR総合展』を先取るカタチで5月27日よりPoCが出来てしまうこと。

概念実証の見どころは言わずもがな「クリエイター特区」から出品された作品のNFT販売、その収益性向

※ 大手企業によるデジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」実証実験に報恩感謝を ※
デジタル社会推進本部 NFTホワイトペーパー(案)Web3.0時代を見据えたわが国のNFT戦略

東京・日本橋エリアが舞台の未来特区プロジェクトは、デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」の朗報


京・日本橋を我が町の名前に書き換えサクッと仕上げる『NFTエコノミー移住特区』

クリエイターが地方に移住・定住する要件の一例はNFT推しの政策ヲタ活で、マネタイズの成立こそ重要。

日本のアニメーションをNFTコレクション化して世界へ発信するマネタイズ手法はごく自然な発想で、これより先。省庁および地方公共団体の政策担当みな様は是非、地域の憧憬アートはもとより、無形文化遺産「和食」のNFTレシピ化あるいは和の食材映像のNFT販売等の政策形成に想いを巡らせていただければ、と。

折しもLINE NFTの開所に伴い「NFTエコノミー移住特区」をテーマにしたNFT政策立案続々に期待する私。

※ 日本各地に眠る和の食材をプロの料理人が活かし作り方を紹介するNFTレシピを出品したら? ※
※ 大阪アメリカ村に、東急文化村等。あの自律分散型社会の、若者が集う賑わいは岡山DAOで! ※

なのだからNFTエコノミー移住特区」エコシステムのPoCを担う「クリエイター特区に、大いに注目。

〜三井不動産創立80周年記念事業「未来特区プロジェクト」〜 “「クリエイター特区」全体概要と参加アーティスト決定 ” ニュースリリースは天与のNFTエコシステムPoCの好機であるばかりか、デジタル田園都市「NFTエコノミー移住特区」政策提言の国家戦略特区化を目論むNFT推しの政策ヲタには夢みるチャンス。

5月27日「UN/BUILT NIHONBASHI」に備え、スタートアップ・エコシステム拠点都市整備に邁進します。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFTエコノミー移住特区エコシステム
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

NFTレシピ:ユネスコ無形文化遺産「和食」を活かせ! LINE NFT !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策ヲタ活 “ NFTエコノミー ” 推しのお節介ページ


OpenSea @ 経営DXラボ.NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」

3月23日付け。LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社発 “ NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」 4月13日(水)に提供開始 ” ニュースリリースの下方に記された、■コンテンツ一覧の「ジャンル」列を眺めて「勿体ない」と感じたのは、レシピ(ジャンル)が見当たらないから。忽ち政策起業家のWeb3お節介魂に火は灯り、NFTレシピのシグナリングを開始する只今。

當に「LINE NFT」は日本再興の馬印。なれば “ NFTレシピ ” を、ユネスコ無形文化遺産和食」の旗印に!


※ 日本各地に眠る和の食材をプロの料理人が活かし作り方を紹介するNFTレシピを出品したら? ※
デジタル社会推進本部 NFTホワイトペーパー(案)Web3.0時代を見据えたわが国のNFT戦略

日本のアニメーションをNFTコレクション化して世界へ発信。強かに稼ごうという、いわば “ 日本発のNFT作品「CryptoNinja」アニメ化プロジェクト ” は自然な発想。も、よりディープな資産はユネスコ無形文化遺産和食」が包含しており、『和食が日本文化である理由』を観れば誰もが腹落ちするであろうと考える私。

従いLINE NFTのジャンルに「NFTレシピ」を追加しようというのが、無料で進呈する私の「NFT起案書」。


さて先般。「NFT推しの政策ヲタ活: ブロックチェーン技術が担保するジョブ型雇用」とタイトルを掲げて拙文を垂れ流しておりますが、2006年に退職、移住して10年ほど『レシピmomo』コンテンツを創作してきたなかで、やはり「和食のメニュー」は深いなぁと回想。あらためて「和食の食材は豊富」に頷きトリオ。

NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」 4月13日(水)に提供開始!を祝い、NFTアイデアを贈呈します。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ユネスコ無形文化遺産NFT和食レシピ
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

経路依存性を衝け! 有事に強い不真面目な劣等生。リベラルあーつ考

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
Beyond コロナの “ 経路依存性 ” 脱却支援のページ


事に強い者、それは不真面目な劣等生――。高速道路を下りて獣道をゆく Web3.0

3月20日。佐久市から遠征くださった日本記念日協会の創始者 加瀬さんとランチミーティングする中、地方活性化のアイデアまたぞろ。その後、地域社会変革戦略の編集に際し、渋沢栄一師が持っていた3つの魔が想起され、大河ドラマ『青天を衝け』から遠い類推は引き起こされて、【 内山峡之詩 】“ 勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征 ” を経由して辿り着いたのは、「渋沢栄一第二の故郷信州佐久」特設サイト。

そうして今回タイトルに採用した漢字は、検索で語源を突き止めた「衝け」で、冒頭。経路依存性を衝け!


将に「風の時代」を痛感させるニューノーマルは、有事の連続。NIRA『日本と世界の課題2022 ウィズ・ポストCOVID-19の地平を拓く』の拝読を進める途中、何故かしらノムさんの数ある金言(野村克也の名言)の中でも【 有事に強い者、それは不真面目な劣等生。】その教示が脳裏を衝いたり。確かに私は有事に強い。

地方エリートの没落と流れ者の出番を断定的に決め込む私。不真面目な劣等生であるのは紛れもない事実。


※ 経営に携わる方は必読! “ デジタル時代に「信頼革命」 正直は最善の商略 ” from 日経新聞. ※

さて先般。「鬼籍のオープンイノベーション」と名づけた不真面目な社会トレンド予測をシェアしておりますが、組織の渋滞を予感すればサッサと離脱し、株式は売却、暗号資産を買い漁る。20年弱勤めた企業を退職移住した2006年以降、よそ者には険しい地方都市の獣道で体得したリベラル・アーツの恩恵に感謝しきり。

C4Jセッションに、あーつという名前で出ています。引き続き、地域の経路依存性の脱却支援を続けます。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 経路依存性を衝け! リベラルあーつ考
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォームで “ デジタル田園都市国家「NFTエコノミー移住特区」政策提言 ” を格納いただきました!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
広報DX “ パブリック・アフェアーズ ” 戦略ページ

デジタル田園都市国家「NFTエコノミー移住特区」政策提言
方創生SDGs官民連携プラットフォーム

NPO法人 超教育ラボラトリーInc.( 所在地:岡山市北区、代表理事:菅野 敦也 )は、内閣府 地方創生推進事務局運営の「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の趣旨に賛同し、より一層の地方創生につなげる目的の下、2022年3月4日「マイページ」より、ソリューションの登録(申請)を行いました。

NPO法人 超教育ラボラトリー Inc. 『デジタル田園都市国家構想:「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト』政策提言事業の共有は3月7日。地方創生SDGs官民連携プラットフォームにおいて承認となり、「課題・ソリューション検索」ページ上で閲覧いただけるようになりましたので、お知らせいたします。

▶「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」(内閣府)HP
URL: https://future-city.go.jp/platform/
▶ 当法人の「ソリューションの詳細」
URL: https://match.future-city.go.jp/pages/platform/c301/2200007

 NPO法人 超教育ラボラトリー Inc. No.2200007

ソリューションの詳細

課題カテゴリ
起業支援、移住・定住、都市計画

ソリューション内容
 悒妊献織訶脹狹垰垤餡塙汁曄АNFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト』の概要について

URL: https://www.slideshare.net/SunVerdir/nft-251289352

◆悒妊献織訶脹狹垰圈А孱裡藤團┘灰離漾式椽仔旦茵弭餡肇廛蹈献Дト』政策提言事業について

URL: https://www.sunverdir.com/kokusentoc

『デジタル田園都市国家構想:「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト』の素案について

URL: https://www.sunverdir.com/Creator-Economy

ソリューション補足
『デジタル田園都市国家構想:「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト』は、オープンイノベーション、アジャイル事業開発の思想・着想に基づく、政策提言事業です。国家プロジェクトを標榜する過程において、自由にご活用ください。

ソリューション紹介URL
https://www.slideshare.net/SunVerdir/nft-251289352

連携先想定
都道府県・市区町村(1号会員)、府省庁(2号会員)

提案登録

 ※ 本件に関するお問合せ先:NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.
  URL: https://www.city-okayama.net/
  Society5.0事業部 菅野 敦也( e-mail: sugano@city-okayama.net )


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

DAO(自律分散型組織)とDeFi、NFTエコノミーは地方活性化のKFS

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策 “ NFTエコノミー移住特区 ” を補足するページ


方が自律するための「NFT経済圏」づくり高速道路を下りて獣道をゆく Web3.0

2020年春より勤務形態は、ほぼフルリモートへ移行して約2年。野口悠紀雄さんの新刊『リモート経済の衝撃』は痛烈に腑に落ちる。2015年〜2017年さらに2018年〜2022年1月。勤めたオフィスの平均年齢は20代だったことから、Z世代やミレニアム世代の物の見方や考え方の変化を体感、理解していたことも手伝い、DeFi(Decentralized Finance)をベースに据えたリスタートに時間はかからなかった。

分散型社会へ先導、Web3を先駆する者。C4JNPTech Studio Season2 ” に顔出し、していたり^^。

1月末には保有株式およびインゴットをキャッシュポジションに戻し、地政学的リスクの高まりを推察しながらビットコインあるいはオルトコインを買い下がり、3月初めに新ポートフォリオの編成完了。同時に、NFT経済圏を創生する政策形成したり「和組DAO」にジョインしたり、Web3の獣道をゆく私の日々は充実。

その中、地方を再生するために有効な政策またぞろ閃き続き。下記、ディズニーの動きは、ヒントの宝庫。


クリエイターは Enjoy your work anytime, anywhere なので、NFT経済圏が移住の鍵になるのは明白。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。


日本のクリエイター活動の促進に臨み、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こすための「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、トークンエコノミー地方移住を組み合わせる「NFTエコノミー移住特区」政策提言事業の推進により、素早くデジタル田園都市国家構想は実現できると考えます。

さて、国内の動きを追尾すれば、自民党のデジタル社会推進本部「NFT特別担当」平 将明 衆議院議員が国会で質問なされた「ブロックチェーンを国家戦略に」は大変あり難いものの、ブロックチェーンは技術でしかないので、フラットな「自律分散型組織」を創る私の出番。難易度は海より深しですが、やり甲斐は山の如し。

日本のクリエイター活動を促進するために、活発な議論へ展開できれば幸い。よろしくお願いいたします。


デジタル田園都市国家構想を実現に導く政策起業家のNFT企画「メタマルシェx◯◯」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DAO(自律分散型組織)NFT経済圏
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」を戦略特区に!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
Beyond “ スーパーシティ構想 ” を提言するページ


リエイターが地方に定住する政策形成を!デジタル田園都市国家「NFTエコノミー移住特区」

日本のクリエイター活動を促進するために――。

上記は衆議院議員 加藤 勝信 先生が共有くださった、日本のクリエイター活動を促進し、クリエイターエコノミーを活性化させる「公的サポート」および「法整備」を推し進める政策提言。強く共鳴する私は、東京一極集中の是正あるいは地方活性化を目論み、クリエイターを地域へ呼び込む政策「NFTエコノミー移住特区」の提言を開始しました。

「NFTエコノミー移住特区」が解決する社会課題――。


クリエイターは概ね Enjoy your work anytime, anywhere なので、最低限の衣食住が担保されていれば五感で地方ぐらしを愉しみ、豊かな創作力と高い情報発信力の発揮による地域ブランディングはもとより、自治体のDX推進に貢献する場面も少なからずありそうです。移住クリエイターの特典は下記、既に整っている

1. ふるさと求人・移住支援金・起業支援金や地方公共団体の空き家バンク制度に加えること、2. 自治体が発行する地方創生ICOの贈呈により強かな「地域循環共生圏」は創出されたり、3. DX公務員登用制度創設によるクリエイター採用が定住へ導いたり。地域活性化が軽やかに進むほど、移住者の転入は加速することに。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。

※ たとえば渡辺 創太さんのような辣腕の起業家が、日本から海外へ移住しなくて済む。それどころか、海外から優秀な起業家が日本へ移住してくる。しかも地方活性化も兼ねた一石二鳥の国家戦略特区。その経済特区こそ、デジタル田園都市国家構想を実現に導く「NFTエコノミー移住特区」です


国家戦略特区世界で一番ビジネスがしやすい環境」即ち、クリエイターの移住・定住政策を形成します。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム
※ ↑ デジタル田園都市国家のプロトタイプ「岡山トークンエコノミー移住特区」政策あります ↑ ※

クリエイターの地方への移住による地域おこしこそ「デジタル田園都市国家構想」を実現に導く起爆剤に。


デジタル田園都市国家「メタマルシェx◯◯」提言事業の実現――。

NFTエコノミー移住特区」へ転入したクリエイターに期待するのは、デジタル田園都市国家構想「メタマルシェx◯◯」政策提言事業の実現。デジタル庁の協力を得て、移住クリエイターによるDAO(Decentralized Autonomous Organization)創生は即ち、サスティナブルな分散型社会のロールモデルに成り得るもの。

※ 日本各地にSDGsローカルハブデジタル田園都市)を創出。NFT実装されたメタマルシェx〇〇

日本のクリエイター活動の促進に臨み、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こすための「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、トークンエコノミー地方移住を組み合わせる「NFTエコノミー移住特区」政策提言事業の推進により、素早くデジタル田園都市国家構想は実現できると考えます。

日本のクリエイター活動を促進するために、活発な議論へ展開できれば幸い。よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 国家戦略「NFTエコノミー移住特区」
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ