政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

ディスプレイ革命

2次情報を編纂する生成AIとxRグラスを使い倒し、一次情報を創作するサーバントリーダーの、生存戦略アルゴリズム論考 for Society5.0

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
Beyond 生成AI “ サーバントリーダー ” 唯心ページ

XR Glasses @XR BASE produced by NTT QONOQ 
NTTコノキューデバイス グラス型XRデバイスのコンセプトモデルをもって憶えられたいか:ドラッカー師の金言

頑張る人々の人間的成長、健康、自由、自主性に焦点を当てる人財になりたい――。好奇心が旺盛すぎる私は一次情報が大好物で、東奔西走を繰り返し一次情報をたらふく喰らい、一次資料を作成することは三度の飯より大好き。むろん生成AIを使い倒して二次情報を編纂するのも、得意ではあるけれど。

そうやって土日祝を問わずコンテンツマーケターを昂揚させるのは、すでに起こった「ディスプレイ革命」で、グーグル検索黎明期より研究開発を続けるセマンティック独創論に則る拙エントリー『NTT QONOQ Devices グラス型XRデバイスと “ XREAL Air 2 Ultra ” が織り成す Society5.0のリアルな世界観: 生成AIサーバントリーダー「6DoF」論考』の続きを綴る、今しがた(それにしても Semantic が過ぎますね)。


“ 学歴よりリスキリング歴が問われる時代の「ポータブルスキル生存戦略」が暴発したエントリー ”

CESMWCSXSWNAB Showほか諸々リアルな二次情報を掻き集め、忽ち逆コンパイルして一次情報を生成するサイバー空間マーケターの私が最優先するのは、サイバーフィジカルシステムに必須の一次情報。Society5.0に臨む人々の行動の変化、即ち市場の変容予測のシグナリングも、内容領域専門家の私の使命。

何をもって憶えられたいかすでに起こった未来を常に見据えていた者として…そう即答するであろう私。


次情報を編集する生成AIは天才だけど、けして一次情報を創出しない…。リアルに生きる生存戦略
円安無策による日本デフォルト連鎖倒産。イノベーションを先送ったゼロゼロ融資の先の通貨危機

日々関与先の継続企業の前提の担保に努める私の領域は、OSINT(Open-Source Intelligence)にあり。

PESTLE分析そして一次情報の収集が日課のコンテンツマーケターにとって、ゼロゼロ融資の返済本格化後の倒産件数急増や、円安進行による日本デフォルト通貨危機など最悪のシナリオは想定の範囲内。なれば東奔西走、競合他社の及ばぬ製品・サービス創出に没入し、志を一にする事業パートナーの模索に明け暮れたり。

そうして野中先生の教示『PdCa』⇒『pDcA』を鋭意実践するなか、製品差別化戦略の光明は観えたりも。


サーバントリード力が問われる「OSINT(Open-Source Intelligence)」が爆発したエントリー ”

成田悠輔さんの言説は今や一般的で、適応できない岸田さんの退場の秒読みなど、時間は進み始めた昨今。


大切なことは、一次資料の作成を率先垂範し、Z世代によるリバースメンタリングを受けたり、みずからサーバントリーダーを演じてみたり、常々テックドリブンな柔らか頭の「類推モンキー」状態をキープすること。あわせて「組織の思考停止」や「ソフト老害」に警鐘を打ち鳴らす、関与する組織への貢献も大事な使命。

一次情報を活かせない組織の淘汰は急進する時代ゆえ、フューチャリストとして憶えられるよう走ります。


Spacial & SpaceBusiness Expo SPEXA)を今年のタグラインに設定し収益向上を目論む私 ”

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > AIサーバントリーダー 生存戦略論考
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

ディスプレイ革命: 空間コンピューティングが実現する Society5.0

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
DX推進パスポートDX経営ビジョン ” 紹介ページ

◎ CES2024の話題総取り Snapdragon XR2+ Gen 2 
“ Snapdragon XR2+ Gen 2 ” Platform @ CES2024の日は判らずも、こうなることは解っていた

2000年初頭に映画『マトリックス』を視聴。その後、2003年。iPhone『035』ラフスケッチを目にしていた私は、2023年06月17日に思い立ち、『世界観を育む哲人のヒューマン空間コンピュテーション:Society5.0のXRゴーグル(Apple Vision Pro)と電子デバイスの近未来のカタチ』をエントリー。


大型ビジョンデュアルモニター、マルチディスプレイがARグラスに格納される、
ウェアラブルデバイスAI PCが融合する、空間コンピューティング時代の幕開け ”

Lenovo’s Project Crystal is the world’s first laptop with a transparent microLED display.

年明け2週目より届き始めたCES2024会場でリアル配信される多彩な情報の中から市場の潮流の変化に敏感なマーケターが注目したのは『The 5 best VR headset and AR glasses announcements at CES 2024』で、取り急ぎ読み解くとともに、電子デバイスのカタチが豹変 !? 昨年6月。立てた仮説の検証をスタート。

そう。デジタル情報を得るための電子デバイスの当面のカタチは、スマートグラスとエッジAI。その部分。

※ SoC(System-on-a-chip)の進化が導くウェアラブルAIは、AIレンズ(コンタクトレンズ) ※
※「大型ディスプレイのポータブルな使い方が一番Apple Vision Proのレビュー#1のレビュー ※
大型ビジョンデュアルモニター、マルチディスプレイがARグラスに格納される、
  ウェアラブルデバイスAI PCが融合する空間コンピューティング時代の幕開け 】

街なかのデジタルサイネージが消える日? ノートパソコンから液晶ディスプレイが消える !? そうした一瞬、過激で恣意的に視える仮説の検証は本来、慎重に行わなければならないけれど、すでに起こった未来を昨年6月…否。2000年初頭に観ていた私は、その日は、2024年2月2日だったのかと、静かにほくそ笑んだりも。

その日?そう。街なかのデジタルサイネージが消えたり、ノートPCから液晶ディスプレイが消え始める日。
フューチャリスト Keiichi Matsudaさんが7年以上前に描き出した、すでに起こった未来2024年2月2日


Snapdragon XR2+ Gen 2 が火を灯す今年。XREAL Air 2 Ultraはじめウェアラブルデバイス登場続々。

SoC(System-on-a-chip)の進化が導くウェアラブルAIの近未来形は、AIレンズ(コンタクトレンズ)という予想も難くなく。その時DX推進パスポートホルダーの社会的ミッションは、これ以上デジタルデバイドを拡大させないための、Di-Lite事業の啓発活動。5万円でおつりのAIデバイスの紹介なども継続します。


ジタルリテラシー協議会: より良い社会(Society5.0)の創出に臨む『Di-Lite』事業を支援!
〜 IPA プレス発表 「DX推進パスポート」デジタルバッジの発行を開始します for DX推進プロ人材 〜

Society5.0に臨む人々の行動の変化、即ち市場の変容予測のシグナリングも、内容領域専門家の私の使命。


Lenovo’s Project Crystal is the world’s first laptop with a transparent microLED display.

日々関与先様の収益性強化を考えあぐねる当職の領域は、OSINT(Open-Source Intelligence)にあり!

信用創造とは対照的に、徳業創造を評価するサイバーフィジカルシステム(CPS)社会への変転を後押しする仕組みが「Di-Lite」で、「ITパスポート試験」と「G検定2種類を有す私は先般「DX推進パスポート2」を申請。本制度をSociety5.0への加速にどう活かすか、バックキャスティングの愉快な旅路に就いたところ。

大事なことは、気候変動を自分事として捉える350JPに参画し、Z世代によるリバースメンタリングを受けたり、みずから「脱炭素DAO」政策提言をしてみたり、常々テックドリブンな柔らか頭の「類推モンキー」状態をキープすること。あわせて「組織の思考停止」に警鐘を打ち鳴らす、関与先様への貢献も大切な使命。

上述。DX推進人財の私の使命を強く認識し、まったく新しい電子デバイス創作への提言を続けて参ります。


※ Mac Vs Windows軸で観る時の頼もしい助っ人 “ XREAL Air 2 Ultra ” にラブコールを送る私 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ディスプレイ革命 by Snapdragon
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

世界観を育む哲人のヒューマン空間コンピュテーション:Society5.0のXRゴーグル(Apple Vision Pro)と電子デバイスの近未来のカタチ

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
ヒューマンAIコンピュテーション ” 論考のページ

◎ 日本ディープラーニング協会「G検定」合格バッジ 
JDLA Deep Learning for GENERAL 2023 #2 Open Badge 菅野敦也日は判らずも、こうなることは解っていた

確か2003年。社内で iPhone『035』情報は共有され、クリエイティブな企画・開発メンバーとモバイル端末機の近未来のカタチを模索した記憶は今なお新しく。2006年、私は卒業・移住して、2008年。当該事業所を京セラ社が承継。15年を経て、Vision Proのニュースリリースに接し、電子デバイスの形状の豹変を推定的に断定してマルチモーダル社会の新事業を構想する中、またもやワクワクするばかり。

そうした根拠なき高揚感の根底に横たわるものは、2014年の『ヒューマンコンピュテーション概説』ラストの行に記された「両者を適切に組み合わせるプロセス,すなわちヒューマンコンピュテーションアルゴリズム」であり、想像力と創造性に満ち溢れる生成AIプロンプト魔術師の時代は着実に到来したと断言可能…。

朝日新聞デジタル “ 英語信仰は「壮大なムダ」” を流し読み、類推モンキーでよかったと、ほくそ笑む。


” AIweb3市場をリードする組織のタレント・マネジメントメタバース就労支援」提言を続ける私 ”

市場の変化を的確に捉え、近未来のトレンドの推察を基にマルチモーダル移住生活を愉しむ私は、NotionSlackDiscord3点セットで忽ちスタートアップする頼もしいZ世代――DXネイティブの若き辣腕のビジネスアスリート――との協業を試みたり。それができる、いわば生成AIを使い倒す経営体の将来は明るい。

時代に督促される「マルチモーダル社会のDX公務員」事業構想を政策として提言し、実現機会を伺う今。


ルチモーダル化が加速する暮らしにフィットする電子デバイスのカタチはアイトラッカーが決める
〜 行く末は映画『The Matrix』社会だが経過措置としての技術になり得るアイトラッキングに注目 〜


※ 近未来のプロダクトデザイン必読の一冊『先読み!IT×ビジネス講座 画像生成AI』お薦めです ※

映画『マトリックス』を鮮明に記憶し、その世界観を深く洞察している人に向けた噺なら早いのですが、主人公の天才ハッカー「ネオ(キアヌ・リーブス)」がモーフィアスから拳法の特訓を受けるシーン。これこそが『メタバース就労支援』の魁なのです。その際の、空間コンピューティングのインターフェイスが重要課題。


いきなりヒトの脳と電子デバイスをダイレクトに接続するには幾つもハードルがあり、しばし時間はかかる。

そう考える時の当面のカタチは、スマートグラスエッジAI + アイトラッキング技術となりましょう。メタバース就労支援への通過点の一つで、次に来るのは、猛獣使いの如くオープンAIを使い倒して社会課題を解決したり新事業を創出する人財。即ち Society5.0の実現に貢献するのはAIプロンプト魔術師ということに。

なればと2018年「Society5.0」を定款に刻みNPOをスタートアップした私。下方の記事をシェアします。


※ 近未来を読み解くヒント「ヒューマンコンピュテーションとクラウドソーシング」オススメです ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > エッジAIと電子デバイスの未来の形
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ