生涯学習ブログ

「生涯学習ブログ」は Society 5.0に臨む、経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生ソリューション・ジャーナリズムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

ソリューション・ジャーナリズム

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『生涯学習ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

広報DX: デジタル庁「デジタルの日」ページに掲載されました! 生き残りを賭ける地方メディアのソリューション・ジャーナリズムの すゝめ !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策起業DX “ デジタルの日 ” に報恩感謝のページ

デジタル庁「デジタルの日」ページ「経営DXラボのロゴマーク」
レスリリースは想いが籠る手づくりがいい

このたび、経営DXラボ(岡山市北区)は、デジタル庁コンテンツ「デジタルの日」賛同企業・団体の取組ページに登録・掲載いただきました。この場をお借りして、厚く御礼を申し上げます。みな様による闊達な閲覧を、何卒よろしくお願いいたします。

と、上述。多くの企業に愛される Pinterest Business を活用、コストをかけずにプレスリリースを配信。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の私の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

先般のエントリー “ パブリックアフェアーズ、サステナビリティ広報 ” や “ 新常態のリブランディングDX ” で言及してきたサスティナビリティ広報で重要なのは社会的な文脈で、それは、コンテンツマーケティングにおいても同義。加えて、ソリューション・ジャーナリズムを咀嚼し腑に落としておくことが、極めて大事。

あたらめて岡山市の難点に関し “ 世界が慄く、ジャパニフィケーション(日本化)。シュリンコノミクスを招いた、長老支配からの卒業「目指せ!投票率75%」プロジェクト !! ” エントリーをもって警鐘を打ち鳴らしてはいるものの、岡山のメディアの問題は強い偏向性のみならず、地域の問題の本質に迫ろうとしないこと。


なればこそ。岡山市を健全な街へ変革するために、独りソリューション・ジャーナリズムを継続いたします。


山市を変革 !? 地域社会の課題解決を試みる、ソリューション・ジャーナリズムを継続 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ソリューションジャーナリズム岡山
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

Public Affairs(パブリックアフェアーズ)、サスティナビリティ広報。善なるAIのディープフェイクを育むブロックチェーン技術の可能性

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方創生DX “ 政策起業家 ” の養成を目論むページ


パブリックアフェアーズ(PA)SDGs未来都市おかやま市4つの『R』:「PR」「IR」「HR」「CSR」

自社の利益に直接関係しない社会問題や政治的問題に対して発言し、行動を起こす。そんな「CEOアクティビスト」たちは、世界にどう働きかけているのか――(Forbes JAPAN ビジネス 2019/08/02より引用)。付随して、CEOアクティビズムについて解説する有り難いコラム「CEOアクティビズム: 社長の顔が見える企業経営 とは?」を急ぎ、ご紹介。

著者は時系列のなかで、1. PR(Public Relations:広報・渉外)、2. IR(Investor Relations:株主向け情報)、3. HR(Human Resources:人的資源)、4. CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)。社会にどう貢献するか、顔が見える企業のCEOが踏まえる4つの『R』を、お示しくださった。

※※ PEP(Policy Entrepreneur’s Platform)HPより、明日の政策を起こす「政策起業家」※

経営DX政策起業家の私は『首長アクティビズム』と置き換え、パブリックアフェアーズ(PA)を開発中。

いうなれば岡山市の場合。低すぎるケイパビリティをどのように高め、どうやって中四国のリーダー都市へ成長を促すか。そこで不可欠なのは「サスティナビリティ広報」で、こと「ステークホルダーエンゲージメント」が重要。民間と公共をつないで世の中を変えようとする私はNPOを立ち上げ、連携を目論んだりも。

そのときPAの、キャリア錬成ノウハウに触れる良コラムを拝読しましたので、下記。リンクいたします。


※ 上記はマカイラ株式会社様のオウンド・メディア “ PublicAffairsJP ” PAイベントレポートより

社会的な文脈で岡山市のストーリーテリングを展開できる、そんな人材の育成と輩出に、私も努めたい。


ロックチェーンは偽情報との戦いでいかなる役割を果たすのか by Harvard Business Review.

さて、公益性を重視した政府などへ働きかける “ パブリック・アフェアーズ(PA)” の研究開発を手掛ける私の、もう一つの興味・関心は、TechCrunch Japan『ディープフェイクのビジネス活用、技術の悪用防止をめぐる戦い』に読む、AI利用。ビジネスに活用し得るディープフェイク或いは、善なるそれらの可能性…。


プレスリリース “ ミクシィが取り組む共同研究プロジェクトで生まれたアンドロイド「オルタ3」が、8月上演のオペラ「Super Angels スーパーエンジェル」に出演 ” に着目し、他方 “ ゼロデイ攻撃 ” や “ 無人殺戮機 ” ほか様々注視しつつ、AIの為せる業は勧善なのか、はたまた邪悪なるものか、熟考の持続が大事。

いづれも啓発活動を継続、政策、テクノロジーを交え、新常態に適応する新しい街づくりをリードする私。

サステナビリティ・CSR広報を展開する株式会社ブレーンセンター様や一般社団法人 パブリックアフェアーズジャパン様との協業はもとより、世論喚起から政策関係者へのアプローチまでフルラインでPA活動をサポートする株式会社 電通パブリックリレーションズ様との連携をもって、岡山市を素敵に再興いたします。

“ 岡山市 ” をミュージカルの世界の代名詞に! これは、新首長誕生にあわせて始動したいプロジェクト。


なればこそ。岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革するための、デジタル社会推進に注力します。


山市を変革 !? 「世論」「政策」両面への対話を試みる、パブリックアフェアーズPJ を推進 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > パブリックアフェアーズ(PA)岡山
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

長老支配からの卒業:嗤われる岡山市の「チャギントン電車」と若者票

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>manifestoaward_logo_3
岡山市の “ 集団力学 ” を具体的に解明するページ


Yuki Takada / HuffPost Japan 2017年都議選の投票率判のない不健全なムラ社会から脱する岡山市

昔。最近の若いものは…今。最近の老人は……。先般ご紹介の元グーグル日本法人社長 村上憲郎さんの新刊『クオンタム思考 テクノロジーとビジネスの未来に先回りする新しい思考法』P.258 “ 沈黙できない老兵がいれば、穏やかならぬ言葉ですが、「さっさと消え去っていただく」のが、日本の未来にとって懸命な処遇でしょう。” に激しく共感していた私。

長老支配からの卒業により岡山市は見違える、世界が憧れるSDGs未来都市への成長を始めることは報告済みですが、今号では、岡山市の近未来に希望を見い出した若い人々の選挙参加を願い、できれば触りたくはなかった岡山市のディープな集団力学の解析に敢えて踏み込み、投票啓発をも兼ねてエントリーいたします。


※ 本コラムは成長すべく岡山市を衰退させる、若者のヤル気を削ぐ長老支配の撲滅を目的にしています。


ャギントン興行電車に「問い」を立て岡山市の深淵な社会性に臨む志士

総工費5億円の興行電車に微笑む思考停止した大人と、岡山市政の救い難い不条理さを直観する賢い若者。

仲良し老人2人組の悪ふざけを実現させてしまう、岡山市の長老支配の怖ろしさ。成長はおろか岡山市が衰退する問題の本質を、おかでんチャギントンから類推するクレバーなサイレント・マジョリティ。なぜ惑溺の事業は実現したのか、なぜ彼ら彼女らは沈黙するのか。次代を担う若人は長老を反面教師として悟られたい。

2018年。とある1人の長老は他社の市場参入を国交省が認めたことを発端に街テロ勃発を企て、結果として公共交通の利用者のみならず学校の休校もあり、市民の生活は大混乱。その翌年2019年には岡山市民の理解も承認も得ないまま、岡山駅前に通づる主要幹線道路の中央を独占した軌道上を走る、興行電車事業を強行。

路面電車の約3倍の乗客を運ぶ路線バスへの悪影響や、不採算時の公共交通運賃への転嫁等の説明は無し
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)

共交通は岡山市民の負託に応える公共事業であり「遊びじゃない」のです…(涙)

案の定。老人は興行電車の収支報告をせず「補助金早く」と強請るが、仮に興行電車が赤字であるなら、それは公費による事業の損失補填に該当するので支援は利益相反。そもそも公共交通事業ではなく、一般利用者が不便を負担する、5億円を投じたチャギントン電車は興行のための道路占用料を納めているのでしょうか…。


4月に補助金を強請り、8月から「プレミアム付きタクシー券」発売の社会力学の検証は後日、稿を改めて。

激変するニューノーマル時代に佇む私たち大人はオードリー・タンさんの教示「40代以上は若い人に学べばいい」に真摯に学ぶべきですが、長老支配の味を占めた老人は論外で、村上憲郎さんの言説をお借りすれば、沈黙できない老兵には「さっさと消え去っていただく」のが岡山市の未来の懸命な処遇と、謂えましょう。

繰り返しになりますが、老人の悪ふざけを黙認する岡山市政の腐った長老支配体質の難点はもとより、閉塞社会の力学を知るがゆえに権力者に対して諫言できない御用学者と、なによりスポンサー企業の顔色を伺う偏向メディアもまた、深刻な問題。蛇足ながら、岡山芸術交流2022公金投入事業は電通が落札、蠢いています。


もう放っとけない。できれば触りたくはなかった岡山市のディープな集団力学の解明に、着手しました。


者票が長老支配を終わらせ、岡山市を素敵に変える! 社会力学DX

街を衰退へと導く「路面電車ロックイン」。しかも稚拙な興行事業 !? なぜ岡山市は悲劇を繰り返すのか?

将に、批判のない閉塞社会、岡山市は不健全だから。主要幹線道路の中央、公共のエリアにおいて、市民の理解も承認も得ずして興行を始める公共交通既得権の乱用は、ダメ。ゼッタイ。惑溺の事業は即刻やめて、誠実経営の宇野バス社を見習い、今やってることを恥じて改心しなさい!そう諫言できる有識者は不在だから

それでも、どんな時でも諦めない私は今秋。岡山市は健やかな成長を始める、気運の醸成を感じています。

2020年の人口をピークに衰退一途の試算の公表を行い、岡山市を後戻り出来ない衰退へ導こうとする現市政に抗う気概の新勢力が誕生。スマートな若者達は混乱を好まないので呆れた大人達への批判はしなくとも、壊れた大人にお灸を据える1票を持っている。若者票が長老支配を終わらせ、岡山市を素敵に変える(嬉)。

今日の問いが岡山市の次代を担う若者のケース教材になれば幸い。下記デジタル陳情書も、よろしければ。


岡山市の問題の本質: “ 大森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由

♬ 信じられない大人との争いの中で…うんざりし…一つだけわかってたこと…長老支配からの卒業

「上が決めたことだから」では、もう部下は付いてこない理由――。○○さんが望んでるから…そんな会話が横行する企業や組織は注意が必要。これは街づくりも同様で、ケイパビリティが低すぎる岡山市を刷新するのも、損な役割を厭わない私のミッション。岡山市の民度が問われる総工費5億円の興行電車は、ひどすぎる

誰であってもダメなことはダメ!と批判できる志士と化し、健やかに成長できる岡山市の実現に挑みます。


山市を健全に成長できる街へ変革する方法? 次代を担う若者による健全なリーダー選び !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 若者票は岡山市の長老支配からの卒業
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

グランドデザイン: 岡山市のロールモデルは福岡市が、ちょうどいい! 公共交通の刷新で健やかな成長を始める、中四国のリーダー都市へ !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市DX “ 中四国のリーダー都市を目指す ” ページ


Fukuoka Smart East推進コンソーシアム面電車は人口減少する町の社会インフラ

東京五輪の後に待っているのは、勝者のいない焼け野原――。大変な局面を迎えるであろう日本の首都を支える、その一翼を担う都市の一つは、岡山市であると私は確信。一方で、人口72万人超の我が街がSDGs未来都市へ成長できない理由は「路面電車ロックイン」に集約されており、ゆっくり人口減少してゆく町の公共交通インフラ(例として富山地方鉄道)の温存により、岡山市の成長もロックされ。

※ 当該コラムは岡山市民に街づくりの覚悟を問う、考える機会の提供を目的にしています。

例えば人口160万人超の福岡市ベンチマークするとき、新幹線は全停車で国際空港を擁し、海の幸に山の幸ほか天然リソースの宝庫である優位性は互角ながら、福岡市地下鉄Fukuoka BRTに対して、人口72万人弱の岡山市にあるのは路面電車ロックイン。両市の成長と衰退を分かつものは、公共交通であることは明白。

同様に人口100万人超の杜の都仙台市市営地下鉄はもとより印象的なのは、JR仙台駅から街なかへの回遊を促す「ペデストリアンデッキ」で、これは2017年8月30日。大森市長へ私から直接お渡しした “ 岡山市民が創る提言書 ” に明記の内容。無論、企業ファーストの彼は受け容れることなく路面電車ロックインを敢行。

めげない私は、2021年6月27日。岡山地域乗合バス共同経営推進室デジタル陳情書をもって提言を継続。


重ね重ね、岡山市が静かに衰退する町なら路面電車ロックイン。健全な成長を目指すなら路面電車は廃線


今を苦しむ広島市以外、100万都市の主要駅前から路面電車は消えて暮らす市民の利便性・生産性は向上

岡山市に生まれ育った少なくはない人々は、幼少時の擦り込みによるのか路面電車は当たり前の公共交通と信じて疑わないようですが、全国44都道府県の庁舎所在地を頻繁に訪ねていたDXマーケターの私は、路面電車ロックイン(延伸)で岡山市は終わることを、直観的に理論的に確認。そうならないよう、努めています

翻って岡山市が公共交通 MaaSを導入するなら忽ち健やかな100万都市へ成長を開始するのは、自明の理。


山市はクルマ社会を脱却し市民の暮らしを改善すれば、世界は憧れ、自ずと100万都市になる

さて冒頭の、街づくりDX “ Society5.0シティ岡山 ” の実現を目指す私が注目しているのは「人と環境と都市活力の調和がとれたアジアのリーダー都市」の実現を目指す福岡市の、ヤル気に満ちた高島 宗一郎 市長が率いる “ Fukuoka Smart East推進コンソーシアム ” 。公共交通の利便性向上、ひとつ取っても学びの宝庫。


Society 5.0時代の行政サービスとは? いま岡山市が必要とするのはニューノーマルグランドデザイン


札幌から東京へ。さらに大阪に暮らし、全国44都道府県の庁舎所在地を頻繁に訪ねた企業マーケターの私。

選び抜いた移住先は、日本一の成長可能性を秘める岡山市。札幌市の人口190万人への成長をみて育ち上京した私は、天然リソースに恵まれた交通の要衝。岡山市の100万都市化は、一つの通過点と考えています。現状。ヤル気のない首長により岡山市は衰退一途なれど、首を挿げ替えれば、この街は必ず成長に転ずる。

政令市レベルのグランドデザインを比較するとき、「福岡市総合計画」は外せず。おそろしく有能な高島 宗一郎福岡市長が注力する「スタートアップ企業の成長を…福岡市が新規上場支援」に頷く私は、路面電車ロックインの強行により街を衰退させる大森 雅夫さんを退任させることも、岡山市の有権者の責任と考える。


【地方都市の魅力】福岡県福岡市 成長を続けているアジアのリーダー都市 ” を読みながら、日本経済新聞社「データで読む地域再生」に教わることは、子育て世代の支援をはじめ地域住民の暮らし向きを改善するとともに、地域の天然リソースを活かす『稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方』が重要ということ。

なればこそ。健やかに成長する福岡市の、Fukuoka Smart East推進コンソーシアムから多くを学びます。


山市はなぜ衰退するのか? 市民は選挙に行かず、ヤル気のない首長が選ばれてしまったから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Fukuoka Smart East推進コンソーシアム
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    Wiki プロフィールほか
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ