政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

ステークホルダー・エンゲージメント

新常態のリブランディングDX: コンテンツマーケティングと企業ブランドとエンゲージメントのエモい噺 〜 Public Affairs 政策起業論 〜

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
生存DX “ リブランディング ” 技術を共有するページ


Public Affairs 政策起業論とはューノーマルはクライアント案件またぞろ

地方都市暮らし15年。20代の同僚と歓談するなか新常態を痛感。昭和の男は就職忽ちローンを背負ってマイカー手に入れ何とかしてモテよう、なんていう目論みも今では、車はシェアが当たり前の生活財なので「お金借りてクルマ買う !? なんて経済観念の低いオトコなの」と一笑に付されるそうで……(汗)。他方、59歳の私に首都圏から舞い込むプロジェクト次々、有り難い悲鳴のニューノーマルとも(嬉)。

何故って? 1. PR(Public Relations:広報・渉外)、2. IR(Investor Relations:株主向け情報)、3. HR(Human Resources:人的資源)、4. CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)。先般 PA関連コラムに記した4つの『R』各々、個人がタダで発信できるから。しかも地方都市から。

無論それらを支える根本的コアな技術は「検索クエリアート」であり、東京〜大阪を飛び回った企業戦士を早めに卒業してキャリアを振り地方都市に息を潜め政策起業家となり新常態に備えてました!という噺は冗談が過ぎますが、いづれにしても個人のリブランディングこそ生存戦略となる時代の到来は確信しておりました。

あらためて4つの『R』のなかの4. CSR。こと、ステークホルダー・エンゲージメントの体得は極めて重要。


※※ PEP(Policy Entrepreneur’s Platform)HPより、明日の政策を起こす「政策起業家」※

サスティナビリティ広報で重要なのは社会的な文脈で、それは、コンテンツマーケティングにおいても同義。


ブランディングはニューノーマルを強かに生き抜く個人の生存戦略 by 菅野 敦也.

個人のリブランディングとは、時代や社会の変化に応じて豹変を繰り返し、価値を向上させること――。

コンテンツマーケティングとブランディングの関連をググらば “ コンテンツマーケティングのゴールはブランディング!?3つの注意点を押さえよう ” を速読することとなり、他方チュブれば(ユーチューブ検索の新スラング)『【ひろゆき】マーケティングの基本』が面白くて為になるから検索クエリアートは、誠に精強。

そこに派生した、Public Affairs 政策起業論。いつか仕上げよう…と昭和の男はエモい人生、送ってます。


なればこそ。岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革するための、善政競争DXに注力いたします。


山市を変革 !? 「世論」「政策」両面への対話を試みる、パブリックアフェアーズPJ を推進 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > リブランディングは新常態の生存戦略
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

Public Affairs(パブリックアフェアーズ)、サスティナビリティ広報。善なるAIのディープフェイクを育むブロックチェーン技術の可能性

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方創生DX “ 政策起業家 ” の養成を目論むページ


パブリックアフェアーズ(PA)SDGs未来都市おかやま市4つの『R』:「PR」「IR」「HR」「CSR」

自社の利益に直接関係しない社会問題や政治的問題に対して発言し、行動を起こす。そんな「CEOアクティビスト」たちは、世界にどう働きかけているのか――(Forbes JAPAN ビジネス 2019/08/02より引用)。付随して、CEOアクティビズムについて解説する有り難いコラム「CEOアクティビズム: 社長の顔が見える企業経営 とは?」を急ぎ、ご紹介。

著者は時系列のなかで、1. PR(Public Relations:広報・渉外)、2. IR(Investor Relations:株主向け情報)、3. HR(Human Resources:人的資源)、4. CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)。社会にどう貢献するか、顔が見える企業のCEOが踏まえる4つの『R』を、お示しくださった。

※※ PEP(Policy Entrepreneur’s Platform)HPより、明日の政策を起こす「政策起業家」※

経営DX政策起業家の私は『首長アクティビズム』と置き換え、パブリックアフェアーズ(PA)を開発中。

いうなれば岡山市の場合。低すぎるケイパビリティをどのように高め、どうやって中四国のリーダー都市へ成長を促すか。そこで不可欠なのは「サスティナビリティ広報」で、こと「ステークホルダーエンゲージメント」が重要。民間と公共をつないで世の中を変えようとする私はNPOを立ち上げ、連携を目論んだりも。

そのときPAの、キャリア錬成ノウハウに触れる良コラムを拝読しましたので、下記。リンクいたします。


※ 上記はマカイラ株式会社様のオウンド・メディア “ PublicAffairsJP ” PAイベントレポートより

社会的な文脈で岡山市のストーリーテリングを展開できる、そんな人材の育成と輩出に、私も努めたい。


ロックチェーンは偽情報との戦いでいかなる役割を果たすのか by Harvard Business Review.

さて、公益性を重視した政府などへ働きかける “ パブリック・アフェアーズ(PA)” の研究開発を手掛ける私の、もう一つの興味・関心は、TechCrunch Japan『ディープフェイクのビジネス活用、技術の悪用防止をめぐる戦い』に読む、AI利用。ビジネスに活用し得るディープフェイク或いは、善なるそれらの可能性…。


プレスリリース “ ミクシィが取り組む共同研究プロジェクトで生まれたアンドロイド「オルタ3」が、8月上演のオペラ「Super Angels スーパーエンジェル」に出演 ” に着目し、他方 “ ゼロデイ攻撃 ” や “ 無人殺戮機 ” ほか様々注視しつつ、AIの為せる業は勧善なのか、はたまた邪悪なるものか、熟考の持続が大事。

いづれも啓発活動を継続、政策、テクノロジーを交え、新常態に適応する新しい街づくりをリードする私。

サステナビリティ・CSR広報を展開する株式会社ブレーンセンター様や一般社団法人 パブリックアフェアーズジャパン様との協業はもとより、世論喚起から政策関係者へのアプローチまでフルラインでPA活動をサポートする株式会社 電通パブリックリレーションズ様との連携をもって、岡山市を素敵に再興いたします。

“ 岡山市 ” をミュージカルの世界の代名詞に! これは、新首長誕生にあわせて始動したいプロジェクト。


なればこそ。岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革するための、デジタル社会推進に注力します。


山市を変革 !? 「世論」「政策」両面への対話を試みる、パブリックアフェアーズPJ を推進 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > パブリックアフェアーズ(PA)岡山
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ