生涯学習ブログ

「生涯学習ブログ」は Society 5.0に臨む、経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生コラムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

コンテンツマーケティング

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『生涯学習ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

新常態のリブランディングDX: コンテンツマーケティングと企業ブランドとエンゲージメントのエモい噺 〜 Public Affairs 政策起業論 〜

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
生存DX “ リブランディング ” 技術を共有するページ


Public Affairs 政策起業論とはューノーマルはクライアント案件またぞろ

地方都市暮らし15年。20代の同僚と歓談するなか新常態を痛感。昭和の男は就職忽ちローンを背負ってマイカー手に入れ何とかしてモテよう、なんていう目論みも今では、車はシェアが当たり前の生活財なので「お金借りてクルマ買う !? なんて経済観念の低いオトコなの」と一笑に付されるそうで……(汗)。他方、59歳の私に首都圏から舞い込むプロジェクト次々、有り難い悲鳴のニューノーマルとも(嬉)。

何故って? 1. PR(Public Relations:広報・渉外)、2. IR(Investor Relations:株主向け情報)、3. HR(Human Resources:人的資源)、4. CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)。先般 PA関連コラムに記した4つの『R』各々、個人がタダで発信できるから。しかも地方都市から。

無論それらを支える根本的コアな技術は「検索クエリアート」であり、東京〜大阪を飛び回った企業戦士を早めに卒業してキャリアを振り地方都市に息を潜め政策起業家となり新常態に備えてました!という噺は冗談が過ぎますが、いづれにしても個人のリブランディングこそ生存戦略となる時代の到来は確信しておりました。

あらためて4つの『R』のなかの4. CSR。こと、ステークホルダー・エンゲージメントの体得は極めて重要。


※※ PEP(Policy Entrepreneur’s Platform)HPより、明日の政策を起こす「政策起業家」※

サスティナビリティ広報で重要なのは社会的な文脈で、それは、コンテンツマーケティングにおいても同義。


ブランディングはニューノーマルを強かに生き抜く個人の生存戦略 by 菅野 敦也.

個人のリブランディングとは、時代や社会の変化に応じて豹変を繰り返し、価値を向上させること――。

コンテンツマーケティングとブランディングの関連をググらば “ コンテンツマーケティングのゴールはブランディング!?3つの注意点を押さえよう ” を速読することとなり、他方チュブれば(ユーチューブ検索の新スラング)『【ひろゆき】マーケティングの基本』が面白くて為になるから検索クエリアートは、誠に精強。

そこに派生した、Public Affairs 政策起業論。いつか仕上げよう…と昭和の男はエモい人生、送ってます。


なればこそ。岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革するための、善政競争DXに注力いたします。


山市を変革 !? 「世論」「政策」両面への対話を試みる、パブリックアフェアーズPJ を推進 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > リブランディングは新常態の生存戦略
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

Quantum Thinking:嫌な奴が吐く正論が岡山市を健やかに変える! 平田オリザさんのアドバイスを借りて実装する『 クオンタム思考 』!!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市に生きる次世代への “ シグナリング ” ページ


「イヤなやつだけど正論を吐く人が必要」。環境問題の解決には「意地悪な視点」が必要だった来に先回りする行動変容『クオンタム思考』

岡山へ移住して15年。概ね県民性(岡山メンタル)は理解できたので、MICRO MAGAZINE社『これでいいのか岡山県シリーズ』どれもが腑に落ち、様々な場面を想い起こして苦笑失笑も、岡山市の変革に臨み、笑ってばかりはいられない。どうすれば岡山市民の考え方を変えられる !? と嫌な奴は思案橋。

と、移住して15年の嫌われ者の私が気づいた特殊な気質に関する一つは、一般的な岡山の人々が何かを受け容れる際の判断基準の優先順位ダントツ1位は、「誰が言っているか」という点。そこに『クオンタム思考 テクノロジーとビジネスの未来に先回りする新しい思考法』が介在するはずはないので、試行錯誤を開始。

忽ち閃いたのは6月3日ハフポスこれからの経済 “ 「イヤなやつだけど正論を吐く人が必要」。環境問題の解決には「意地悪な視点」が必要だった “ で紹介された “ クライメート・アクティビズム・スクール ” の演劇ワークショップの講師役を務められた、岡山県奈義町のまちづくりで知られる劇作家の平田オリザさん。


岡山市民の皆さま。「正論を吐く嫌な奴が必要」って、平田オリザさんが言ってるよ!

そうズバリ、ビッグネームの平田オリザさんのアドバイス「皆さん、混乱させることが苦手でしょう? きっとこれまで混乱させないように、トラブルを回避するようにと教えられてきたから、その逆は不得手なんでしょうね」をお借りしない手はない!そう瞬時に目論む、「よそ者」が日本を変えるを頑なに信ずる私。

検索クエリアートを駆使して投票率と街の文化レベル」を引き上げ地域イノベーションを実現します。

そんな折柄。岡山県立図書館予約でお借りした新刊は『クオンタム思考 テクノロジーとビジネスの未来に先回りする新しい思考法』で、早捲りするなか P.258 “ 沈黙できない老兵がいれば、穏やかならぬ言葉ですが、「さっさと消え去っていただく」のが、日本の未来にとって懸命な処遇でしょう。” に激しく共鳴。

上述 平田オリザさんのアドバイスに交錯するとともに、勝者の言葉(メンタリティ)を想起してみたり。


はてさて、今号のタイトルは「嫌な奴が吐く正論が岡山市を健やかに変える! 平田オリザさんのアドバイスを借りて実装する『 クオンタム思考 』!!」で、これまたコンテンツマーケティングのケース学習エントリーを兼ねたもの。フレーム・オブ・リファレンスを究めんとする皆さまの、某のヒントになれば至極幸い。

いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

コンテンツマーケティングを制する者は、地方都市の変革を制す! パーパスドリブンの志を貫徹します。


山市はなぜ衰退するのか? 問題は、集団主義と協調性を混同した市民は選挙に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 『クオンタム思考』が岡山を変える!
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山メンタル: 岡山市長選挙2021 雅雅対決(大森 雅夫さん Vs 浦上 雅彦さん)。勝者のメンタリティを身につけ、岡山市は精強な街になる!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
選挙DX “ 勝者のメンタリティ ” をGETするページ


者は現状を否定し、敗者は変革を先送る。
【【 岡山メンタル 】】 ≒ “ 勝者のメンタリティ ”
札幌〜横浜〜東京〜大阪に暮らし、出張族となり全国44の都道府県庁所在地を東奔西走するなか、海の幸・山の幸に恵まれた晴れの国おかやま市こそ日本一の移住好適地と断定的に推定し、2006年。キャリアチェンジを伴う自己都合退職をもって岡山市へ移住、15年超のワタクシ。将に素晴らしい秘境である一方で、岡山市政による衰退戦略は甚だ残念。それも今秋。首長を挿げ替える市長選挙に臨み、革新スピリッツに火は灯り、ワクワク感は収まらず。

<< 岡山市長と前・岡山市議会議長が雌雄を決する岡山市長選挙 2021雅雅対決 ” の勝者は、現職 大森 雅夫さんか、 はたまた新人 浦上 雅彦さんか? 雅かの第三極が台頭する漁夫の利だってあるのかも !? >>

なぜワクワクするのか? それは「選挙DX:コンテンツマーケティング概論」の繰り返しながら、 “ 積年の長老支配による市民の無気力の壁 ” を打ち破り、ムラ社会を創造的に破壊し未来都市を創る好機を岡山市長選挙2021は提供してくれるから。そのチャンスをものにするには、岡山市民のメンタルの書き換えが不可欠

勝者は「私が変える」と信じ1票を投じ、敗者は「岡山市は変わらんよ」とうそぶき投票にすら行かない。


メンタルが強い人の特徴5選! 1.私生活を楽しんでいる 2.自分の意見を言える 3.八方美人ではない…

そこで紹介すべくは、NPO法人 博多の風さんの1枚のPDF『勝者の言葉(メンタリティ)』。そこに記された18の格言どれもが私にとって金言なのですが、筆頭は? そう問われたなら迷うことなく『 勝者は戦う対象と妥協する対象を知っているが、敗者は安易な妥協をし価値の無いことで戦う 』を引用させていただきます。

メンタルを更新すれば岡山市は忽ち凄い街になる。だから “ 勝者のメンタリティ

勝者には程遠い、常に30戦 1勝29敗レベルの私ながら、『 勝者は敗北から学び、敗者は新しい事を試みないで失敗しないことだけを学ぶ 』。これだけは小員も出来ている、そんな気がいたします。激動の世の中で、戸惑い感が立ちはだかった時の心の羅針盤の一つとしてオススメします。お時間ある時よろしければ^^。


メンタル弱めの市民が若干多いと感じる岡山市。勝者のメンタリティに書き換えて、素適な街へ!


者は100万都市を標榜し、敗者は「岡山市も人口は自然に減るんだよ」と吐き捨てる。

岡山メンタルの難点の一つは投票率 28.35%で、敗者のメンタリティは消去法でヤル気のない首長を選出。

いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

市政に競争政策を督促すべく、コンテンツマーケティング概論 for 岡山市長選挙2021.の洗練に努めます。


山市はなぜ衰退するのか? 問題は「長老支配」にあり、市民は選挙に無関心だから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山メンタル: 勝者のメンタリティ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

経営DXラボ:「ドラゴン桜」に学ぶ東大メンタルが示唆する生存戦略。コンテンツマーケティングを制する者は、地方都市の変革をも制す!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
炙り出される “ 天然モノDX人材 ” を再考するページ


「ドラゴン桜」に学ぶ、予言の自己成就。ヤなやつだけど正論を吐く人が必要

6月3日のハフポスこれからの経済 “ 「イヤなやつだけど正論を吐く人が必要」。環境問題の解決には「意地悪な視点」が必要だった “ はESG投資を研究する私にとって珠玉のコラムで、パタゴニア日本支社が開催した “ クライメート・アクティビズム・スクール ” の、演劇ワークショップに目は留まる。

こと講師役の劇作家 平田オリザさんのアドバイスの言葉「皆さん、混乱させることが苦手でしょう? きっとこれまで混乱させないように、トラブルを回避するようにと教えられてきたから、その逆は不得手なんでしょうね」は印象的で、岡山市へ移住して15年。今秋の首長選挙に「変革」を仕掛ける私は、妙に納得。


そんな折柄。岡山県立図書館予約でお借りした新刊は『東大メンタル 「ドラゴン桜」に学ぶ やりたくないことでも結果を出す技術』で、パラパラ早捲りするなか P.266 “「予言を自己成就」させるSNS活用術 ” と、前掲 平田オリザさんのヒントが激しく交錯するとともに、勝者の言葉(メンタリティ)を想起してみたり。


はてさて、今号のタイトルは『「ドラゴン桜」に学ぶ東大メンタルが示唆する生存戦略。コンテンツマーケティングを制する者は、地方都市の変革を制す!』で、これまたコンテンツマーケティングのケース学習エントリーであり、デジタルマーケティングを究めんとする研究者みな様の、某のヒントになれば至極幸い。

いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

コンテンツマーケティングを制する者は、地方都市の変革を制す! パーパスドリブンの志を貫徹します。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民は投票に行かず、しかも行動を起こさないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ドラゴン桜コンテンツマーケティング
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

ブランドジャーナリズムのことなら、コンテンツマーケティングのパイオニア。Growth Hacker Inc. にご相談ください^^。

ブログネタ
ブランドジャーナリズム に参加中!
ブランドジャーナリズムに関するページ
データサイエンティスト @ 岡山.

地方創生に役立つ、
コンテンツマーケティング!


皆様、こんにちは。新年を迎えて早くも11日がすぎゆき御社はアクセル全開。エンジンは快調のことと心よりお慶び申し上げます。

さて、早速。
2006年よりサンベルディエールは、弊社のコンテンツの創作領域に “ CGMブランディング ” と名づけ、検索エンジンに愛されるコンテンツの創生に精励して参りました。その研究・開発において弊社は様々な成果(例えば右側サイドバーのページビュー数)を得るに至り、次世代型のマーケティングと呼び声の高いコンテンツマーケティングの記事に接するにつけ、コンテクストSEOの考え方、方向性そのものコンテンツマーケティングと軌を一にするものであったことに気づき、一つの達成感とともに清々しい気持ちに満たされる只今。



マーケティングに携わる者ならサイバー空間の拡張を体感的に捉えており、リアル社会との間に存在していた互いの参入障壁はメルトダウンしたことを受け入れた。そう考えるとき、次世代型のマーケターが果たすべき役割は、1. 市場を把握し、トレンドを分析。マーケットの近未来を予測することに加え、2. 少し先の市場が求めるであろう情報を予測し、予めコンテンツに仕上げておくことが重要で、例えて弊社の場合は下記に列記の通り、

・ 集客のできるレシピコンテンツおよびブランディングのサイト『幸せへの一歩
・ 時事キュレーションを通じて将来トレンドを予測するサイト『ハッピーポータル
・ 街のコンパクトシティ化と地方創生のための提言サイト『まちづくりPRネット
・ 岡山地方のブランド化を目論み、支援する Facebookページ『あいらぶ岡山


・ まちづくりソーシャル広報プラットフォームWeb『おかやま都市ビジョン研究会
・ 上述『幸せへの一歩』からレシピを抽出、レシピ特化のサイト『レシピmomo.
・ ご当地の食材のブランド化を担う、レシピ集。Facebookページ『レシピmomo.
・ 岡山地方の魅力を動画でキュレーションする YouTube 『SunVerdirチャネル
・ サンベルディエール各種メディアのポータルサイト『SunVerdir Official Website

未来予測を基軸としたオウンドメディアを運営しています。

コンテンツマーケティングの技術を磨いていたら、
習慣のなかでブランドジャーナリズムを会得していた!



ブランドジャーナリズムとは?

ブランドジャーナリズムに明確な定義はまだなく、文脈によって様々に解釈されている。言葉自体は、マクドナルドのチーフ・グローバルマーケティング・オフィサーである、ラリー・ライト氏が提唱した概念である。

その概念を今回のテーマに沿ってまとめると、次のようになる。

「市場で自社がどのようなポジションであるか、つまり特定のターゲットに対してひとつのメッセージを伝える(ベネフィットを明確にする)というコミュニケーション戦略は、流行遅れであり、消費者に届かない。多様な消費者に自社の商品を購入してもらうには、一方的なベネフィットの訴求ではなく、様々な角度からの中立的な情報の提供が必要である。

それによって相互コミュニケーションが深まり、ネガティブな情報も受け入れやすい土壌が醸成される」

コンテンツマーケティングから転じてブランドジャーナリズムへと、永らくマーケティングに携わっている者さえ曖昧模糊とした感覚を禁じ得ない文節を並べ立て、さらに追い打ちを掛けるようで恐縮ではありますが、下記に最新の海外レポートをリンク。


本稿では、国内マーケティング業界を先駆する企業の選択に努め、結果として4社の秀逸な文献を選出、キュレーションしておりますが、今なお草創期であることから各々概念フレームは各社の知見に基づくものであり、さらには “ マーケティング ” および “ ジャーナリズム ” という単語が本来より持ち合わせている「曖昧さ」を加わえることから、皆様におかれましては今ひとつストーンと腑に落ちて来ないのが実情かと存じます。そこで実務を通して体得しているサンベルディエールと致しましては、弊社制作のコンテンツを、コンテンツマーケティングとブランドジャーナリズムに峻別し、列記することで、ご理解を得られるよう試みたいと存じます。

コンテンツマーケティングを主目的に作成したコンテンツ例 】
・ “ 海鮮カレーライスの作り方。 シーフードカレーのレシピ
 検索キーワードは、「海鮮カレーライス」
・ “ 牛肉の塩釜焼きの作り方。 ローストビーフのレシピ
 検索キーワードは、「牛肉 塩釜焼き」
・ “ 岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質。
 検索キーワードは、「公共交通問題 岡山」
・ “ CGM(CitizenGeneratedMedia)ブランディング
 検索キーワードは、「CGMブランディング」
・ “ まちづくりPRネット
 検索キーワードは、「まちづくり PR」

弊社が考えるコンテンツマーケティングの主たる目的は、情報を検索している人や組織に、有用な情報をお届けすること。従たる目的は、弊社ブランド「サンベルディエール」の市場における認知度の向上。SEO技術、コンテンツ制作能力の複眼評価。


[ YouTube clutchnakanishi さまのチャネルよりシェアさせて頂いたノウハウ動画 ]

ブランドジャーナリズムを主目的に作成したコンテンツ例 】
・ 題名 “ ◯◯の作り方。 ◯◯のレシピ ” で始まるレシピ集
 顧客(読者)ターゲットは、料理家、SEO研究者ほか
・ “ 岡山市がクリアすべき 2つの課題とは。
 顧客(読者)ターゲットは、岡山市の政策局、担当者
・ “ おかやま都市ビジョンを実現に導く、20の提言。
 顧客(読者)ターゲットは、岡山県の自治体、政策部署
・ “ 岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質。
 顧客(読者)ターゲットは、岡山の交通政策局、事業者
・ “ 岡山の路面電車(LRT)推進派の、ナンセンス。
 顧客(読者)ターゲットは、岡山県民・市民、地方自治体
“ まち・ひと・しごと創生本部 ” との連携を切望します!
 顧客(読者)ターゲットは、岡山県の政策部署、担当者

記念日文化研究所への寄稿文 “ 「プチ記念日」が生まれる
 顧客(読者)ターゲットは、マーケター、イベンター、研究者
・ Change.org 利活用の “ 岡山市交通局 ” 創設キャンペーン
 顧客(読者)ターゲットは、市民、地方創生本部、岡山市
・ Facebookページ利活用の “ 統一地方選挙 ” 投票啓発CP
 顧客(読者)ターゲットは、岡山県の有権者、FBユーザー

弊社が考えるブランドジャーナリズムの主たる目的は、地域社会の課題の解決に精励する市民や、地域のグランドデザインを創造しようとする自治体や企業に、読み応えのある思想や信条をお届けし、行動(実現)を促すこと。従たる目的は、実務家としてのサンベルディエールの市場における複眼評価。および弊社がライフワークとしている社会貢献。


[ YouTube ragancommunications さまのチャネルよりシェアさせて頂いたニュース動画 ]

サンベルディエールが考える、コンテンツ・マーケティング とは?
情報の探し手(顧客)のニーズを的確につかんでコンテンツを作成し、効果的な検索キーワードをタイトルに設置するとともに、文脈のブラッシュアップ努力により、ブランド認知の向上と新たなマーケットの創造を目論む弊社サンベルディエールの諸活動。

サンベルディエールが考える、ブランド・ジャーナリズム とは?
弊社が運営するオウンドメディアや各種プラットフォームを有効に活用し、社会的な問題の抽出・解説・批評などを伝達するためのコンテンツを作成し、効果的な検索キーワードをタイトルに設置するとともに、文脈のブラッシュアップ努力により、当該企業のブランド構築のサポートと健やかな社会の創造を目論む弊社サンベルディエールの諸活動。

※ ブランドジャーナリズムのご参考として “ Forbes BRANDVOICE
※ 好相性の概念 “ ソート・リーダーシップ ( Thought leadership )

ここからが本題

手前味噌ではございますが、弊社 SunVerdir はコンテンツマーケティングの草創期。それ以前(2006年)より有用な情報を配信し、研究・開発に精励しているブランドジャーナリズムのリーディング・カンパニー。オウンドメディア・チームを自社内に立ち上げようと考えるチャレンジングな中小企業様や、まち・ひと・しごと創生本部おかやま創生総合戦略を練成し、国家戦略特区を目指すヤル気のある地方自治体様など、地方創生に気概を携え臨む企業や組織との協業に備えて、ブランドジャーナリズムの弛まぬ研究・開発を継続して参ります。

アランアンスに関するお問い合わせは、未来の企業★応援サイト “ ミラサポ ” 専門家検索・派遣申請ページ、または、おかやま専門家NAVIからアプローチ頂くことで某か未来志向のご提案ができるものと確信しております。よろしくお願い申し上げます。

2015年1月11日 Growth Hacker Inc. CGO 菅野敦也


ホーム > サイトマップ > 想い > ブランドジャーナリズム
Copyright (C) 2005-2015 SunVerdir. All Rights Reserved.

検索エンジンおもてなし、ホスピタリティ2.0!?

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
人気ブログの素養を探究するページ

幻想庭園Part2「ペイジワン・ジャズオーケストラ」 2008.8.17
「 仮説と検証の繰り返し 」

ブログの醍醐味は? と問われたら、「編集することの面白さ」と、お応えしたく。

画像は2008年8月17日、おかやまJAZZフェスティバルin 幻想庭園 Part2。 編集の楽しさに一度触れると、もう、やめられない。

しかもアクセス数が増えようものなら、どなたかのお役に立っているかも知れない、そんな楽観も手伝い、モチベーションは高くなる。

昨日も1,000アクセス突破を果たしていたり(拝)。

そこで閲覧に感謝を込めて、1週間1エントリーのブログが大量アクセスを得る理由について、以下、仮説を検証してみたいと思います。

下石井公園(西川アイプラザ)のSL機関車 2008.9.23
「 SEO(SearchEngineOmotenashi)仮説 」

そもそも論において、SEO(検索エンジン最適化)の本質を知るには、その理念の熟知が必須。

そこで グーグルの理念 を調べると、トップには、顧客視点が記される。 然してGooglebotは、読み手に対するサイト運営者のホスピタリティ度を評価する。

そんな仮説に基づき、ブログ構築を開始した。

「読みやすさ」を最優先事項にする発想は当然で、検索エンジン向けの おもてなし対策としては、内部リンクの増設を試みた。

下段の「パンくずリスト」は、そのひとつ。 それはサイトクローラーに、Web内をスイスイ往来してもらえる「どこでもドア」のようなもの。

まさに『検索エンジンおもてなし(SEO)』対策。

岡山☆JAZZナイトCafe in 柳川 2008.8.23
「 独創のコンテンツ 」

無から有を生むのは無理でも、既にあるものを組み合わせ、編集する創作活動なら僕にもできそう。

そんなふうに考え、始めてみると、楽し過ぎてやめられず。

しかも名所旧跡など地域の紹介は、読み手のお役に、同時に、地域活性化の一助になるとするなら、この上ない幸福感も味わえる。

だからアクセス増加は、嬉しくって仕方がない。

― 結論 ―

検索エンジンおもてなし仮説の検証において、人気ブログの素養は、1. 読み手よし + 1. 検索エンジンよし ≒ 『ホスピタリティ2.0』と結びたく。

21世紀型ビジネスの極めて重要な成功要因は、ホスピタリティ。 同じく人気ブログの秘訣も、「おもてなしの心」と検証するに至ったり。

人気ブログを目指すとき、文字の大きさとレイアウト、重点先行型の達意の文か、内部リンク数など、運営ブログの評価をお勧めします。

そうしてブログの醍醐味は、地域の表情やレシピをはじめ、編集することの面白さ。 と、冒頭部の応えを繰り返し、擱筆しようと思います。

いつも ご愛読くださり ありがとうございます


【 編集後記 】

 検索エンジンが提供するWebオーナー管理サイトのSEO効果が高そう。 ハッピーポータル『検索エンジンおもてなし』に集めてあります!!


ホーム > サイトマップ > ブランディング目次 > SEO > SEOmotenashi
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

『 CGM(CitizenGeneratedMedia)ブランディング 』 (目次)

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
TOP|ブランディング|レシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs

今すぐ始めるブランディングのページ

最高峰ブランディング
『 誰でもできる ブランド構築 』

ブランドづくりの起点は、情報発信。

秘境としての大自然、大地が育む天然資源、陶冶された歴史文化と手工芸など、地方の「あるべき資産価値」は、未だ計測不能。

なぜなら、その魅力を伝える情報が不足してるから。

もし同様に、御社の秀逸な製品や優れたサービスを適切に伝える情報が不足しているなら、御社を「可能性の宝庫」と呼ぶべきかも知れません。

さて、全世界に向けての情報発信が、月額数百円や年額10米ドル(約千円)で出来るとしたら、今すぐブランディングを始めるべき、といえそうです。

※ ご参考。 月約500円で1日1,000アクセス超のブログ『幸せへの一歩』。 年額約千円で運営するホームページ『SunVerdir Official Website』。

このページでは、地域が元気を取り戻す、中小企業のブランド戦略を支援するコンテンツをご用意。 御社の飛躍のヒントになれば幸いです。

マーケティングとPRの実践ネット戦略 by Amazon. )


【 ブランディングを知る学ぶ 】

1. ブランディングとは > 2. ブランディングの期待と効果 > 3. 1億総ブランディング > 4. ブランディング・マイスター > 5. The ブランディング・マスター > 6. ブランディング・デザイン(ブログブランディング) > 7. ブランド戦略 > 8. ブランド戦術

【 論よりブログブランディング 】

1. 岡山ブランディング構想 - 2. 岡山ecoブロガーズ倶楽部 - 3. スフレ専門ブランディング - 4. 桃太郎ブランディング - 5. 品格のブランディング - 6. リッツ・カールトン's ブランディング - 7. ホスピタリティ・ブランディング - 8. 検索エンジンおもてなし(SearchEngineOmotenashi)

【 YouTube動画ブランディングのプロトタイプ(試作品) 】


[ YouTube サンベルディエールChannel より配信している動画 ]


【 編集後記 】

当ブログのサイドバー右上のアクセス数にご注目。 ブログの情報発信力の強さと、広報宣伝効果をイメージ頂けると思います。

Google
 


ホーム > サイトマップ > ブランディング - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2010 SunVerdir. All Rights Reserved.

『 ユビキタス・ブランディング論 』 (1/8ページ)

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
次世代ブランディングを探究するページ

あまねくブランディング!?
「 ブランディングの意義 」

ブランディングとは、対象とするブランドの「価値を高める行為」にほかならない。

そしてブランドの形態は、製品・サービスの比較において、顧客の差別化を促すために付けられた識別マーク。 そんな認識が一般的。

そもそもブランドは、牛を見分けるために押した焼印「ブランドマーク」が語源であるため、ブランド=識別という解説も、分かり易い。

論点は、当該ブランドを認識した顧客が、そこにブランド・エクイティ(資産)を見出し、そのブランドを選択するか、その一点に絞られる。

ブランディングとは、「ブランドの価値を最大化する行為」であり、同時に、「顧客のブランド選択を確実なものにする行為」にほかならない。

ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践 by Amazon. )

VSブランディング
「 華やかなるブランディング論 」

検索エンジンに「ブランディング」と入力すると、

Webブランディングやプロダクトブランディング、マネジメントブランディング論にコーポレートブランディング論等、まさに百花繚乱。

論調は、総じて、既存のマーケティング理論の上に構築された、マーケティングの一分野としてのブランディング論と読み取れる。

ブランディングについて、もし、マーケティングの教科書通りに説明したなら、中小企業の経営者を反射的に引かせるかも知れません。 莫大なコストを要求する現在のマーケティングトレンドにより、「当社には無理だ」という即断を予感してしまうから。

そんな中小企業主の溜息に待ったをかける、使える『 ユビキタス(広くあまねく存在する)ブランディング論 』を下記の通り、提唱申し上げる次第です。


『 ユビキタス ブランディング論(Ubiquitous Branding Theory) 』

広くあまねく存在するユビキタス・コンピューティング。 その遍在性がブランディングに可能性をもたらし、顕著になる今。 いつでもどこでも誰でもが、情報発信の恩恵に授かる理想のインターフェース(メディア環境)が整い、ブランド構築が容易になった。

それをユビキタス・ブランディングと呼ぶ。 ローコストかつハイパフォーマンスの次世代型ブランディングで、CGM(CitizenGeneratedMedia)において革新的で効果的。

1億総ブランディング を可能にする理論。

※ CGM(CitizenGeneratedMedia)は、地域住民の情報発信がメディア化したもの。 CGM(ConsumerGeneratedMedia)と似て非なり。

[ YouTube 動画ブランディングのロールモデル ]


 次ページ「ブランディング効果」に続きます


【 編集後記 】

 ブログブランディングは、貴方と、貴方のビジネスの価値を高める行為である。 そう、直感された方は、6/8ページ へお進みください。


ホーム > ブランディング目次 > ユビキタス(1/8)> ブランディング効果(2/8)
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ブランディングの期待と効果 (2/8ページ)

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
ブランディングの効果を確認するページ

ブランディングの期待
「 ブランディングに期待すること 」

眩いまでにビジュアルを刺激する鮮烈なデザイン、心に響く魂のサウンズ、情動を揺さぶるセールスレター。

ひとたびブランディングが機能すると、必然的に売上は増え、在庫消化による品薄状態が、希少性という価値を生む。 やがてプライシングにおける価格優位性が観測され、それはウェルカムな収益増に結びつき、資産価値は増大の一途を辿りゆく。

マッキンゼー プライシング by Amazon. )

例えば上場企業の増益は、株価を押し上げ時価総額を上昇させ、企業価値の増大というブランディングの効果を如実に示す。 「価値を高める行為」の結実だ。

ブランディング効果
「 ブランディングの効果 」

 儲かる、しかも継続的に、持続可能。

それは、当該ブランドが 1. ブランド認知率向上による「第一想起ブランド」に移行し、2. 競合を引き離す「ブランドシェア拡大」がはじまり、3. プライシング優位性による「主体的価格づけ」が可能となり、4. 新規顧客獲得、5. 既存顧客(ことロイヤルカスタマー)の定着が顕著になるなど、ブランディング実施後の効果に起因する( ケロッグ経営大学院 ブランド実践講座―戦略の実行を支える20の視点 by Amazon. )。


「 ブランディングの波及(おまけ)効果 」

1. エクセレントカンパニーとしてのパワー(企業)ブランドの確立、2. 信用力Upによる資金調達力Up、3. 生産性の向上、4. 従業員の帰属意識の高まりによる社員定着率の改善、5. リクルーティング力増大による優秀な人財の獲得効果にも期待。


「 チェックしたいブランディング事例 」

1. メゾン(王侯貴族)ブランドが放つオーラについて
ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネルなど、ラグジュアリーブランド御三家の秘密は、「伝説」にあるとするブランド文化論( ブランドの条件 by Amazon. )。

2. トヨタを冠しないプレミアム『レクサス』ブランド
パワーブランド『トヨタ』に頼らないレクサスブランド。 高品位な社会観と、先駆的世界観に触れられたらしめたもの( レクサス ホームページ )。 ※ 日経BPコンサルティング調査「ブランド・ジャパン2007」においてトヨタ自動車は4年連続の首位( レクサス~完璧主義者たちがつくったプレミアムブランド by Amazon. )

3. 世界最大の時計メーカー『スウォッチ・グループ』
ブレゲ(Breguet)、ブランパン(Blancpain)、オメガ(Omega)をラグジュアリーブランドとして頂点に、ラドー(Rado)、ロンジン(Longines)の高級ラインと、ミドルラインにハミルトン(Hamilton)、カルバンクライン(ckCalvinKleinWatches)を配し、親ブランド『スウォッチ(Swatch)』はベーシックというブランド布陣。 オメガはスウォッチ? ブレゲは!? 高級時計市場のブランド魔術からブランディングの深層を学びたい( このブランドに、いくらまで払うのか―「価格の力」と消費者心理 by Amazon. )。

4. ブランドの宝庫 P&G(プロクター・アンド・ギャンブル社)
マーケティング企業といえばP&G。 ファブリーズ、アリエール、モノゲンユニ、ヴィダルサスーン、コーラック、パンパース、ウィスパー他。 マックスファクター、ヴィックス、ジレットなどの買収企業を含め、膨大な数のブランドを保有する、世界屈指のブランディング企業。 MBA(経営管理学修士)のケース・スタディに利用されることしばしば。 ブランド・マネージャーを輩出する世界トップ企業に学びたく( すべては、消費者のために。―P&Gのマーケティングで学んだこと。 by Amazon. )。

5. サンベルディエール『 岡山ブランディング構想
CGM(CitizenGeneratedMedia)地域ブランディングを遂行中。

 次ページ「1億総ブランディング」に続きます


【 編集後記 】

 ブランディングに期待することは、ずばり儲かるということ。 経営者が強いブランドを育てようとする本能的な動機、ですよね。


ホーム > B目次 > Bとは(1/8) > 効果(2/8) > 1億総ブランディング(3/8)
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.
2021年デジタルの日
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    Wiki プロフィールほか
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ