政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

アジャイル

Faster-moving target 戦略特区: Beyond Limits. Unlock Our Potential. 岡山市を「スタートアップ・エコシステム拠点都市」に!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
経団連 “ スタートアップ躍進ビジョン ” 共創ページ

デジタル田園都市国家「NFTエコノミー移住特区」
仙「岡」広福:スタートアップエコシステム

2022年3月25日。NHK Web刊 政治マガジン “ “札仙広福”土地価格が上昇 東京大阪上回る理由は|地方潮流 ” を拝読忽ち、岡山市を眠らせておくのは余りに勿体ないと感じ【 地方4市「札仙広福」に『岡』を加える独りプロジェクト 】を共有。そういえば…と読み返した3月15日の経団連発『スタートアップ躍進ビジョン』から急ぎヒントを抽出。それは内閣府の、スタートアップ・エコシステム拠点都市


言わずもがな地価上昇一途の“札仙広福”に、内閣府「スタートアップ・エコシステム拠点都市の選定について」に記された“札仙広福(札幌・仙台・広島エリアは推進拠点都市、福岡エリアはグローバル拠点都市)”が重なったからですが、先般「岡山市のロールモデルは福岡市」に刻んだように、我が街の再興は私の使命。

どうすれば転出超過の岡山県を転入超過に変革できるか。考えあぐねるなか、南場 智子さんの記事「スタートアップ躍進3つのポイント」から経団連「スタートアップ躍進ビジョン〜10X10Xを目指して〜」を経由し、再び「NFTエコノミー移住特区」事業構想のイノベーションフレンドリー企業との協業模索を開始。

Faster-moving target を絵に書いたような私は岡山市を衰退一途から成長へ変革すべく必死のパッチ。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

経団連「スタートアップ躍進ビジョン〜10X10Xを目指して〜」は将に、私の目指すところにピタリ重なる。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。


折しも日本は深刻な円安に見舞われ、実証実験を只管繰り返したり、立ち止まって考える猶予はありません。なればこそ、個人や事業者が新たな付加価値を創出する目的のデジタル臨時行政調査会において、デジタル庁Civic Techer による協働は必要不可欠。転出超過の岡山県を転入超過の素敵な地方に変革するために、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書メタマルシェx◯◯」等、政策形成を率先いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > スタートアップエコシステム拠点都市
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

政策形成 PoliPoli : 日本のクリエイター活動を促進するために!「岡山トークンエコノミー移住特区」で転出超過から転入超過の地方に変革 !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策NFT “ クリエイターエコノミー ” 涵養のページ


日本のクリエイター活動を促進するために by 加藤勝信先生ジタル田園都市国家を構成するトークン社会

2022年2月10日。日経Web刊 “ 中国5県、転出超過続く ” に読む、岡山県の人口転出超過に危機感を募らせるなか、2月19日の日経Web刊。岡山県とは裏腹に7割の自治体が転入超過の “ 31道県、子育て世代流入 ” 記事を読むことに。30- 40歳代の流入要因は、なるほど自治体の子育て世代向け多彩な施策。

他方、転出超過が止まらない岡山県。県都を担う岡山市の「子育て世代ネグレクトの予算配分」が主たる原因の一つであり、さらに公共交通は機能不全に陥って久しく、しかも「路線バス定期券割引率引き下げ申請 利用者は実質負担増に」を読むように、これではマイカーを持たない子育て世代の移住先には、なり得ない。

<<【 地方創生DX 】“ ふるさと求人・移住支援金・起業支援金 ” のフル活用、強かな自治体DX >>

どうすれば転出超過の岡山を、転入超過に変革できるか。考えあぐねている中、岡山県が輩出した元官房長官、衆議院議員 加藤 勝信 先生の政策提言「日本のクリエイター活動を促進するために」が目に留まる。ここにチャンスを見出す私は、忽ち「岡山トークンエコノミー移住特区」事業を構想し、政策形成をスタート。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

岡山トークンエコノミー移住特区の概要は至ってシンプル。岡山リサーチパークや近隣エリアに移住者向け無料のコワーキングスペースを用意した上で、1. ふるさと求人・移住支援金・起業支援金で岡山へ移住いただき、自治体側は 2. 地方創生ICOの整備、および 3. DX公務員登用制度の創設により、定住支援を実施する。

クリエイターは概ね Enjoy your work anytime, anywhere ! なので、最低限の衣食住が担保されていれば五感で地方ぐらしを愉しみ、情報発信による地域ブランディングはもとより、自治体のDX推進への貢献も。そのとき移住クリエイターに付与される特典の一つは地方創生ICOであり、それは地域経済循環を担保する。

SDGsやSociety5.0に通づる地域経済循環の盛り上がりにつれて期待されるのが、岡山トークンエコノミー移住特区へ転入されたクリエイターによるデジタル田園都市国家構想「メタマルシェx◯◯」提言事業の実現で、これが移住特区のロールモデルとなり早晩、全国へ波及し普及する。持続可能な分散型社会の起点とも。


日本のクリエイター活動を促進するためには、地方への移住政策とセットで設計すれば効果倍増と考える私。

自治体ICOは、岡山珠玉の農林水産物を移住者は安価に購入できる、特典各種をサポート。すでに起こった世界的金利上昇による、東京の転出超過の加速に岡山が備えるべきは、地方の高度成長期の始まり。今こそ加藤 勝信先生(政治家)にコメントを届けて「日本のクリエイター活動を促進するために」政策を実行する時。


世界で一番ビジネスがしやすい環境」創出を目的とする国家戦略特区制度を活用し、“ 世界で一番NFTビジネスがしやすい環境 ” を整える「NFTエコノミー移住特区」を地方各地に創設。地方公共団体は、デジタル実装を通じた地方活性化を推進する「デジタル田園都市国家構想推進交付金」を有効活用し、NFTアートはじめ、クリエイター起業を涵養する「NFTエコノミー移住特区」を創設。

2025年度までに100特区を創る目標の下、「デジタル田園都市国家構想」の早期実現を図ります。

◯ 重要業績評価指標(KPI): 2024年度までに道府県毎に、国家戦略特区「NFTエコノミー移住特区」を3区、全国約150の移住特区を創出します。

◯ 政策提言事業の展開: デジタル実装を通じた各地方の移住特区(国家戦略特区)は、首都圏および海外の創作起業家に移住・定住を促し、自ずと形成されるクリエイターエコノミーは、世界とつながるSDGs「デジタル田園都市国家」を実現。その後、移住者と地域住民が参加する「メタマルシェx◯◯」事業へ展開いたします。

※ たとえば渡辺 創太さんのような辣腕の起業家が、日本から海外へ移住しなくて済む。それどころか、海外から優秀な起業家が日本へ移住してくる。しかも地方活性化も兼ねた一石二鳥の国家戦略特区。その経済特区こそ、デジタル田園都市国家構想を実現に導く「NFTエコノミー移住特区」です


そのとき自治体(岡山)側の、2. 地方創生ICOの整備に関し、デジタル庁Civic Techer による協働は重要。素早く速やかにアライアンス体制を整えるためにも「岡山トークンエコノミー移住特区」事業について、加藤先生への報告・連絡・相談は必要不可欠。転出超過の岡山を転入超過の素敵な地方に変革するために、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書メタマルシェx◯◯」等、政策形成を率先いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT岡山トークンエコノミー移住特区
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

NFT推しの政策ヲタ活: ブロックチェーン技術が担保するジョブ型雇用

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
NFT稟議書 “ クリエイターエコノミー ” 考のページ


OpenSea @ 経営DXラボ.AI人事考課を当たり前にするトークン社会

2022年2月10日 DIAMOND online “ ジョブ型雇用で20年後、日本から「サラリーマン」は消滅する ” は興味深く、的を外していないと考え静かにシェア。首都圏・関西圏での大企業勤務経験のないメンバーシップ型雇用に慣れ親しんだ地方の人が、東京在住のジョブ型雇用に適応できる(優れた即戦力)人財を、地元中小企業に転職させる公的事業を牛耳るような地域独特の産業振興問題に問いを立て。

上述に関連し、当該記事のP.4 〜 「サラリーマン」生活に慣れてしまった私たちにとって、特に重要なことは、「サラリーマン」マインドから、「プロフェッショナル」マインドへの切り替えでしょう 〜 は貴重な教示で、ご縁あらば内閣府「プロフェッショナル人材事業」にジョブ型雇用をもって貢献したいと考えたり。

そのとき必須の専門性は何か? と問うならば、紛れもなく近未来の地域社会のメインプレーヤーになる「Z世代〜ミレニアム世代」の価値観を腑に落とし、彼ら彼女らとフラットな関係でつきあえる「多様性と包摂性」の会得が必要不可欠と即座に回答。それを理解しない地域へ若者・女性と子育て世代は移住をしないから。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

日経クロストレンド “ Z世代の「推し活」、22年はこう進化する 新潮流は越境と融合 ” 記事ご参考に!


新な考案やビジネスモデルが横取りされないNFT稟議書(企画書あるいは起案書)

先般ご報告したデジタルドルデジタル円など基軸通貨のデジタル化のメリットは、端的に「お金の流れが可視化される」社会の実現。それを好しとしない富裕層の問題はさておき、企業の収益力の改善を考えるとき、ジョブ型雇用で迎えたプロフェッショナル人財の社内での活躍を可視化する「NFT稟議書」を起案する私。

良コラム「ブロックチェーンのビジネスモデル・活用事例〜非金融など応用領域も解説〜」を一読いただくことで、NFT稟議書(NFT企画書あるいはNFT起案書)のイメージは膨らむものと期待いたします。企業内の事業企画(ビジネスモデルの構想)あるいは製品設計、プロダクトデザイン等の担当者を活性化する目的。

特許の職務発明者の私は、起案書のNFT化を実現できたなら、社内イノベーション続々を確信しています。


ブロックチェーン技術が担保するクリプトカレンシーNFTアートが大きな価値を有するように、企業内の企画や開発担当者の発案、起案または意匠の価値を担保するのもNFT。NFT稟議書(NFT企画書あるいはNFT起案書)の標準化は即ちAI人事考課の呼び水となり、上前を撥ねられない、あるべく評価と報酬を担保する。

スマート・コントラクトで交わされたジョブ・ディスクリプションに則り、企業は人財を適切に評価する。

2022年1月31日 Bloomberg “ 東京の人口が26年ぶり減、コロナ不安やテレワークで一極集中に変化も ” 記事を先取り、いち早く移住を敢行。地方の高度成長期の始まりに備えてきた、Anywork Anywhere 原理主義者の私。地場の企業にAI人事考課を実装し、転出超過が悩ましい岡山県を救済する、政策形成に励みたく。

先のエントリー “ Web3.0: 陳情のデジタル化は岡山市政を変革するか? トークン社会 ” を踏襲し、ならばいっそのこと岡山市をブロックチェーン技術が担保する「ジョブ型雇用の先進地」にしようかと。Z世代〜Y世代と価値観を共有し、NFT推しの政策ヲタ活を続けるなか、そう考えるようになりました。いづれも、

Web3.0の獣道をゆくアジャイルな私はNFT企画書メタマルシェx◯◯」等、政策形成の励行に努めます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT稟議書(企画書)ジョブ型雇用
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

内閣府 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム上で “『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯』 政策提言事業 ” を共有いただきました!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
広報DX “ パブリック・アフェアーズ ” 戦略ページ


方創生SDGs官民連携プラットフォーム『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯』 政策提言

NPO法人 超教育ラボラトリーInc.( 所在地:岡山市北区、代表理事:菅野 敦也 )は、内閣府 地方創生推進事務局が運営する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の趣旨に賛同し、より一層の地方創生につなげる目的の下、2021年12月30日「マッチングリクエストシート」の提出を行いました。

当該マッチングリクエストシートシート( NPO法人 超教育ラボラトリー Inc. 『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022』 政策提言事業の共有 )は1月31日。内閣府に正式に受理され、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」のホームページに掲載されましたのでお知らせいたします。

▶「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」(内閣府)HP

URL: https://future-city.go.jp/platform/

▶ 当法人マッチングリクエスト内容

URL: https://future-city.go.jp/platform/matching/request3260.html

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
マッチング支援

NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.

URL:https://www.city-okayama.net/
業種:NPO・NGO

『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022』 政策提言事業の共有

カテゴリー
地域活性化、移住・定住促進、雇用維持・創出、交通システム・公共交通対策、災害対策・防災・減災、教育、観光客の誘致・地域PR(インバウンドを含む)、情報化(ICT・IoT・AIの利活用等)

提案できる内容について
 悒妊献織訶脹狹垰垤餡函Д瓮織泪襯轡x◯◯構想実現プログラム 2022』の概要について

URL: https://www.slideshare.net/SunVerdir/x-2022

◆悒妊献織訶脹狹垰垤餡函Д瓮織泪襯轡x◯◯構想実現プログラム 2022』 政策提言事業について

URL: https://www.sunverdir.com/polipoli

『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022』の素案について

URL: https://www.sunverdir.com/digital_denen

事業内容
地方創生リカレント教育講座開催事業
実務家教員派遣及び養成サービス事業
移住・転職・定住に係る調査研究事業
移住・定住・安住に係る出版物発行事業
行政・企業等への政策提言及び協働事業
その他目的達成に必要な事業

団体の強み
政策起業家、事業プロデューサー、アドミニストレーター、プロダクトデザイナー、情報処理安全確保支援士、DXマーケター、事業構想アーティスト、クッキングエキスパートなど突出した専門性を有する実務家が集う、共創のドリームチーム。同志10名すべて、UIJターンいづれかを経験している、多様な人財で構成されている組織であること。

連携をイメージしている団体
省庁。具体的に、デジタル庁。および、全国の地方公共団体と、公的機関、シンクタンク等

マッチング・連携に対する意向
・情報収集・共有及び意見交換等を行いたい
・連携に向けての具体的な提案がほしい

その他
『デジタル田園都市国家:メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022』 は、オープンイノベーション、アジャイル事業開発の思想・着想に基づく、政策提言事業です。国家プロジェクトを標榜する過程において、自由にご活用ください。

SDGs推進に向けて取り組んでいること・今後取り組みたいと考えていること
【 経営ビジョンとビジネスモデル for SDGs 事業戦略 】

URL: https://www.city-okayama.net/digital_transformation

DX技術の有効活用により法人運営コストを限りなくゼロに近づけるNPO法人 超教育ラボラトリーInc.の経営ビジョンは、「ゴーイングDXコンサーン」。即ち継続企業の前提は、VUCA時代を生きる靭やかさにあり、Society 5.0に臨むDX法人のビジネスモデルは、DX技術を駆使することでSDGsに向き合い、社会的課題を解決に導くことのできる「新しい公共」のプラットフォームを担うビジネスモデル。DXの普及啓発により、地域社会の継続性を担保いたします。

マッチングリクエスト一覧に戻る

地方創生SDGs官民連携プラットフォームへの入会をご希望の方
会員登録
 ※ 内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」について
  URL: https://future-city.go.jp/platform/
 ※ 本件に関するお問合せ先:NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.
  URL: https://www.city-okayama.net/
  Society5.0事業部 菅野 敦也( e-mail: sugano@city-okayama.net )


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

デジタルドルの衝撃: 岡山市の予算の精査と地経学的ダイベストメント

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市政を “ ジオエコノミクス ” で検証するページ

やまぬ音楽、踊るマネーのゆくえ。
融包摂が督促を強める基軸通貨のデジタル化

2022年1月21日。NHKニュース “ 「デジタルドル」米FRBが初の報告書 ” に接するや、デジタル円(CBDC)UBI(ユニバーサルベーシックインカム)地経学(ジオエコノミクス)が化学反応を引き起こし、地経学(財政)的に揺れる岡山市を救うとともに、幸福度を自発的に高めることのできる社会創出のための新規事業フレームを想起した私。

取るに足らない拙ブログが岡山市の財政を正す !? そんな「バタフライ効果」を信じて今日も書き続けます。

デジタルドルデジタル円のメリット&デメリットの詳細は検索クエリ「基軸通貨 デジタル化」等で確認いただければと存じつつ、端的には「デジタル技術で瞬速かつ正確にお金を届ける」或いは「デジタル技術で瞬速かつ正確にお金を送れる」ことに加えて「お金の流れが可視化される」社会が忽ち訪れる。ということ。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

メリットは、生活困窮する人々を国家が支えるセーフティーネット案の一つ「UBI(ユニバーサルベーシックインカム)」を即座に開始できること、金融サービスに誰もがアクセスできる金融包摂に通づること。むろん脱税や政治献金問題等の抑止に、マネロンの阻止や資産凍結など犯罪防止に役立つ、その想像も難くなく。

タックス・ヘイブン日本の「総貧困化」に歯止めを。その役割を担う基軸通貨のデジタル化に高まる期待。


ネーの流れが可視化されると、とても困るのが岡山県と、私が暮らす岡山市

昨年末。伊原木知事の献金問題が表出した岡山県は久しく長老支配下にあることも手伝い、税金を含む資金の流れは極めて不透明。1月15日、路面電車に絡む巨額損失が報告された3日後には「岡山芸術創造劇場」整備事業費の押し上げによる「岡山市 予算要求3607億円 22年度一般会計、過去最大更新」の報道も。

当該記事の中に、デジタルの「デ」の字すら見つけることは出来ず、岡山市版「デジタル田園都市国家」構想を提言する私の危機感は募るばかり。信用創造アート面から観る岡山市の岡山芸術創造劇場は、もはや “ 腐った楽園 ” と化しており、岡山市民に説明のつかない不透明な予算をもってマネー(市税)はドブ川へ流失。


※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)

なぜ岡山市は衰退するのか? ベンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックイン。街の健全な成長を阻害する「三大ロックイン」を醸成した “ 長老支配 ” の罪は報告済みですが、岡山市議会は、笠岡市議会による監査結果報告書に倣い百条委員会を設置し、不自然な予算の編成とマネーの流れを精査されたい。

企業ファーストの首長の下、くすぶる待機児童問題用水路死亡事故は絶えず住民サービスは悪化の一途



経学(ジオエコノミクス)的ダイベストメント(献金あるいは票の引き上げ)を定義する

政治的紛争における経済的手段の使用に関する研究領域と、一般的に理解されている、ジオエコノミクス

実は岡山市政の研究領域で、数多ある中の一例は、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通の改革に直接関わりたくないが故に、政策として経済的手段を使用。具体的には「岡山市期間限定プレミアム付きタクシー券」「路線バス・路面電車の運賃無料DAY」等で、特定事業者をターゲットに据えた老獪なバラマキを敢行。

市税のムダ遣い、岡山市民の「総貧困化」に歯止めを。その役割を担う基軸通貨のデジタル化に高まる期待。

化石燃料ダイベストメントとは(Wikipedia より)】

投資撤退(ダイベストメント)とは、投資(インベストメント)の逆 – つまり、非倫理的または道徳的に不確かだと思われる株、債券、投資信託を手放すことを指す。

化石燃料ダイベストメントキャンペーンは、南アフリカでのアパルトヘイトに対する社会運動の成功例を教訓に始まりました。 2012年の団体設立以来、11兆米ドルを超える運用資産を持つ1110以上の機関が、化石燃料からの脱却を約束。

キャンペーン趣旨について350は次のように述べています。「大学や宗教団体、年金基金、その他の機関は、組織の運用に役立てるため、投資に数十億ドル規模の資金を託します。 しかしその中には、化石燃料産業への投資もあり、投資家にとっても地球にとってもリスクがあります。だからこそ、私たちは、各機関に化石燃料関連企業からの投資撤退を呼びかけているのです。」


そうして私から提案したいのが、大変お待たせしました。地経学(ジオエコノミクス)的ダイベストメント。

地経学的ダイベストメントとは(筆者の創作より)】

投資撤退(ダイベストメント)とは、投資(インベストメント)の逆 – つまり、非倫理的または道徳的に不確かだと思われる株、債券、投資信託を手放すことを指す。

地経学的ダイベストメントキャンペーンは、岡山県岡山市の予算編成に対する岡山市民によるブログを起点に始まりました。 2022年の問題提起以来、1票を持つ大人と投票権は持たずも志を有す若者が、岡山ヤシノミ作戦への参画を検討。

キャンペーン趣旨について発起人は次のように述べています。「岡山市民は、地域の健やかな成長に役立てるため、為政者に献金をしたり、清き1票を託します。 しかしその中には、企業ファーストの市長陣笠議員が紛れており、岡山市民にとっても地域社会にとってもリスクを孕みます。だからこそ、私たちは、岡山市による予算の精査首長のリコールを呼びかけているのです。」


岡山市版「デジタル田園都市国家」構想の実現に臨む超アジャイルな私は、パーパス為政を究めて参ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 予算精査と地経学的ダイベストメント
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山の将来展望: 長老支配からの卒業と「パーパス為政」で明るい未来

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
為政者が “ パーパス経営 志本主義 ” を学ぶページ

岡山県知事マニフェスト_菅野敦也
い者さえ「白」と言わせた長老支配の終焉

健やかに成長する岡山市の未来を描く、そんなグランドデザインを基にする、しっかりした政策が存在していたなら、この街は中四国のリーダー都市として100万都市になっていて何ら不思議なく。然は然り乍ら日本一短い(= 日本一不要の)時代錯誤の路面電車が駅前を占拠する岡山市の現状は、72万人程度の冴えない町。そんな負の印象の払拭は、難しい。

なぜ岡山市は成長できないのか? その問いについては繰り返し恐縮ながら、ベンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックイン。街の健全な成長をロックする “ 三大ロックイン ” が痛烈に効いており、閉塞社会の深淵に横たわる “ 長老支配 ” が成長阻害の元凶であることを知る岡山県民は、少なくありません。
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)

なれば “ パーパス為政 ” が重要。我田引水を主とした一族が没落する今年、岡山県知事選を想定する私。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新しく誕生する岡山県知事のマニフェストづくりを政策起業家の立ち位置において、お手伝いする所存です。


寅は真っ当なメディアにより「百年河清」が実現。岡山の未来を明るく照らす年

冒頭。岡山の将来展望を冠した本稿において、2022年の私は、悪の枢軸の殲滅を含むグレートリセットの到来を確信しています。その根拠は、メディアの変化。昨年末12月のNHKニュースの一報は、あり得なかった岡山の百年河清を確定づける内容で、翌日22日の知事記者会見に照準を定めた報道は、誠に見事あっぱれ。

上限超え3950万円の寄付受け取りに膨らんだ報道で、伊原木 隆太さんの辞職は避けられそうにありません。

岡山県HP「2021年12月22日知事記者会見」より質問が打ち切られるシーンを抜粋

〜 中略

記者)
 後援会とおっしゃっているんですけれども、後援会、いろんな後援会があるというような文脈でお話を昨日もされたんですけれども、あえて固有名詞は出しませんけれども、オープンデータになっているものを見ても、純然たる他の人が自発的に勝手連的に作った後援会というよりは、もう電話番号とか関係者の名簿を見ても、もう極めて知事の事務所そのものの部分というのも多いかと思うんですけれども。他の人がやってくれたことがわからないというよりは、自分の事務所スタッフ等々で早急な把握が可能なものなんじゃないかなという印象を受けるんですが、そのあたりはいかがでしょうか。

知事)
 それも含めてまた、そのために設定する記者会見でご説明させていただきたいと思います。

司会)
 それでは以上をもちまして、知事定例記者会見を終了いたします。

知事)
 ありがとうございました。

「そもそも我々、法律に違反することをやっていたという認識は、その当時も今もありませんので」と跳ね除けた12月22日。伊原木 隆太さんは12月27日に記者会見を開き、一転「法律の趣旨を逸脱していると言われてもやむをえない」と罪を認めて謝罪。その後おくびにも出さず笑顔で公務をこなすも、県民は観ていた。

こと評価すべくは中國新聞の「中国5県 2021年回顧」記事で、岡山県の御用新聞には学んで戴きたい。

2022年1月6日: 中國新聞「中国5県 2021年回顧」より抜粋

〜 中略

岡山

知事の支援団体 献金問題が発覚

 岡山県では年の瀬になって、伊原木隆太知事の選挙の支援目的で設立された二つの政治団体への迂回(うかい)献金問題が新たに発覚した。2013年と14年、18〜20年の5年間で計3950万円の寄付が政治資金規正法の上限を超えていた。父親と妹2人が寄付者で、いずれも複数の政治団体を経由し、それぞれの政治団体へ金を集めていた。

 個人が一つの政治団体に寄付できる上限は150万円。法律の上限額について伊原木知事は「勉強不足で知らなかった」、父親の一衛氏は「法律にのっとり、各団体を支援していたつもりだ」と話す。県議会の一部には「知らないわけがない」との声もあり、伊原木知事は全容解明とともに県民が十分納得できるまで説明を尽くす必要がある。

〜 中略

清廉潔白や勧善懲悪とは無縁の私は予想屋でもないけれど、盛者必衰の理を経験的に体得しているせいか、我田引水の為政者の末路の想像は難くない。ご一族の栄華が遠のくのとは対照的に、近づく岡山県知事選挙に備えて、マニフェストスイッチのオープンデータ化に適応させた、ローカルマニフェストを共有した次第です。

岡山市版「デジタル田園都市国家」構想の実現に臨む超アジャイルな私は、パーパス為政を究めて参ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 志本主義 パーパス為政で明るい未来
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市版「デジタル田園都市国家」構想実現会議と、ゼロカーボン(脱炭素)アクション。地方の自主的なデジタル化は、もはや待ったなし !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
スーパーシティ岡山市 ” 再チャレンジ提言ページ


超教育ラボラトリー Inc.「デジタル田園都市国家構想」ジタル田園都市国家は岡山市飛躍のチャンス

2020年5月28日。岡山市議会へ提出(郵送)していた “ 人口移動 転出超過を逆転させる「スーパーシティ」構想の応募に関する陳情書(陳情第18号)” は、1年を超過した2021年6月23日、不採択に…。とはいえ、チャンス再び。2021年11月11日、第1回「デジタル田園都市国家構想実現会議」は政策起業家の私にとって天与の朗報。再チャレに、心燃ゆ。


私が構想する岡山市版「デジタル田園都市国家」とは、DXとゼロカーボンアクション30を融合させるもの。


地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こし、地方と都市の差を縮めていくことで、世界とつながる「デジタル田園都市国家構想」の実現に向け、構想の具体化を図るとともに、デジタル実装を通じた地方活性化を推進するため、デジタル田園都市国家構想実現会議を開催します。



上記の国家構想に 下記の市民アクション

■できることから始めよう、暮らしを脱炭素化するアクション!

各地で異常気象が発生する中、気候変動という地球規模の課題の解決に向けて、日本は、「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現」(2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすること)を目指しています。

この高い目標の達成に向けて、社会の仕組みを大きく変えていくことに加えて、日常生活の中で、一人一人のライフスタイルに合わせて、できることがあります。
暮らしを脱炭素化することで、快適やおトクといったメリットにつながることもあります。

まずは具体的にどんなことをすればいいのか、「ゼロカーボンアクション」の30項目を見てみましょう!

なお、岡山市では現在すでに「ゼロカーボン研究会」が開催されており、ゼロカーボン社会の実現に向け、産学官だけでなく、岡山市民が主体的・主導的に現状の課題や解決策などについて意見交換できる場の創出に努めたく。市民パワーで運営している NPO法人 超教育ラボラトリー Inc. のコンセプトを更新した次第です。

デジタル田園都市国家」と「ゼロカーボンアクション」は、地方活性化を牽引する、車の両輪と考える私。


※ 気候変動のため動くすべての人へ 今すぐ!→ “ 350 Japan(スリーフィフティージャパン)


660億円。地方のデジタル化のための「田園都市国家構想推進交付金」と「適散・適集社会」

デジタル田園都市国家構想実現会議(第1回)議事要旨 P.11 以下、湯広島県知事の発言に聴く「適散・適集」は、中国地方知事会会議録「東京一極集中是正と人づくりの推進に向けて〜地方が自ら輝き続けるために〜」に明記されており、地方のDX推進の緊急性に伴う、人材面における困難さもまた窺い知れましょう。


貴重な交付金を未来志向で活用したく、私は、メタマルシェx◯◯構想実現プログラム 2022 を急いで共有。


日経新聞Web記事 “ 地方のデジタル化、交付金660億円 首相表明 ” の見出しは興味深く、忽ち補助金を蒸発させる岡山市政の正念場。ベンダーロックイン路面電車ロックイン天下りロックイン。岡山市民を今なお苦しめ続ける三大ロックインを乗り越え、自治体クラウド等デジタル基盤を整備できるか、そうではないか。

言わずもがな長老支配からの卒業と、若者と女性が活躍できる、ケイパビリティの高い岡山市づくりは必須。
※ 最高の知性 エマニュエル・トッド氏の警鐘 “ 老人支配国家 日本の危機 (文春新書 1339)


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

同時に、ダイベストメントの意義の理解が深まるよう市民に働きかけ、岡山市のESG(環境・社会・ガバナンス)評価を改善・向上することで、移住先に選ばれる街づくりを推進するのもパーパスドリブンな私の使命。

デジタル田園都市「メタマルシェx〇〇」を提言するアジャイルな私は、成長する岡山市のために走ります。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > デジタル田園都市国家 構想実現会議
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

メタバース岡山市議会:サイバー空間オフィス Horizon Workrooms が担う xR(VR、AR、MR、SR)経済圏:地域政党「瀬戸内の新風」

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
時空間DX “ メタバース社会 ” へシフトするページ


Horizon Workrooms試行錯誤ドリブンが切り開くメタバース議会

昨日AMは医療ビッグデータ系スタートアップの猛者連とオンライン事業セッションを行い、その合間に Horizon Workrooms セットアップ準備を進めつつ、後場はリアルなバーイベントを敢行したり。先般エントリーした事業構想「OMO城プロジェクト」「Meta Marche x◯◯」のテーマはサイバー空間とリアル空間の融合であるため、日替わりマスターの概念実証を実行し、幾つか仮説を検証した次第。

いづれもメタバースな社会への移行は、すでに起こった未来ということ。メタバース勤務は間もなく当たり前になる。その想像は難くはないし、医療向けVR強化に臨み10億円を調達した株式会社ジョリーグッドさんなれば、栄養指導、特定保健指導、重症化予防サービス事業をガブ飲みするカタチで忽ち世界を席巻しそう。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

そうやって私が注目している記事は “ アップルがVRデバイスを来年発表か、フェイスブックは「Quest 2」後継機を開発中 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース ” で、VRヘッドセット「Oculus Quest 2」を今からオーダーするか、暫く様子見か思案橋。未来投資なら即買い!迷うなっ!! そんな声なき声を聴きながら…。


ューノーマル適応に周回遅れの岡山市に新常態の人財を呼び込むメタバース議会


さて、垂涎の天然リソースを活かせず成長できない岡山市の問題の本質は、三大ロックイン。強すぎる同調性排他性による地域の難点。それを乗り越える為に何を為すべきか。先般、首長ガチャに失敗した私は「主権者教育」の大切さを学ぶとともに、岡山市における「インクルーシブ教育」推進の重要性・緊急性を痛感。

そのとき避けては通れない、多様でインクルーシブな人財の議会への参画。そう、メタバース岡山市議会


ケイパビリティが低すぎる岡山市政を一気呵成に変える為、地域政党が有効と考えるようにもなりました。

地域政党名については、岡山県域レベル或いは隣県との連携を視野に入れるなら「瀬戸内の新風」。他方、三大ロックイン等、意思決定が甚だ不透明な岡山市政に急ぎオープンガバメントを実装する。その目的に絞るなら「オープン岡山市」。いづれも陣笠議員を刷新する “ 岡山ヤシノミ作戦 ” とセットで準備を進める所存。

※ 現在、構想中の「瀬戸内の新風」或いは「オープン岡山市」とは、地域政党のロールモデル「大阪維新の会」および「都民ファーストの会」等のベンチマークに基づき、岡山県が新常態に適応するための「システムチェンジ」をサポートする、岡山市に軸足を置く地域政党。岡山市民の暮らしの質の向上を優先するとともに、新たに岡山市民となる人々の移住から定住・安住を担保いたします。

仮想世界と現実世界を融合し、新たな現実を生み出す技術、xR(x Reality)を駆使して実現を目指します。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Horizon Workrooms x Reality
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

Meta Marche Okayama!- Meet entrepreneurial buddies !!

This page is a prototype. Please wait for a while until it officially goes live.
( このページは試作品です。正式に稼働するまで今しばらくお待ちください )by 経営DXラボ.

メタマルシェ岡山
業仲間と出逢おう! “ メタマルシェ岡山 ”

For Flea Markets and Garage Sales,
Meta Marche Okayama!
Meet entrepreneurial buddies !!

Thank you for your interest in our Application Form. Meta Marche Okayama is looking for buddies to support Meta Marche together.

" Connecting with the world in the region "
Meta Marche Okayama is with friends who share such feelings. This is a project that we are working on with all our heart!

Most of the buddies participate alone. If you are interested in connecting with the community and the future we are aiming for, feel free to dive in. We look forward to joining you with us!

[What is Meta Marche x◯◯]

Meta Marche x◯◯ is a demonstration project that aims to create a “local hub” that directly connects local cities (◯◯) with the world by supporting the independent participation of foreigners who have begun to live in the area.

1. This page (prototype) prepares for landing in response to the search query of foreigners who were inspired by the opening of a foreigner and felt that "I also want to open a store".

2. Ask the foreign booth that opened the store from Meta Marche x〇〇 to ​​post the QR code for landing on Meta Marche x◯◯ Web. Then, to fuse the real flea market venue and the internet space. It is one of the missions of Meta Marche x◯◯ to create and gradually accelerate the flow of Foreigners ⇔ Flea Market ⇔ Global.

Not only foreigners, but also Japanese returning home and immigrant creators living in the area can take advantage of vacations and weekends to start small businesses. Furthermore, we aim to be an emergent platform where you can meet entrepreneurial comrades.

* As you know, flea markets held in local cities (◯◯) in Japan are a treasure trove of “diversity” and “inclusiveness”. Meta Marche x◯◯ will promote the globalization of real subscription flea markets and will be able to realize metaverse in the near future. It also tests that hypothesis.

メタマルシェx◯◯とは 】

日本の地方都市(◯◯)では、マルシェやフリーマーケット、ガレージセールなど多彩なイベントが開催中。メタマルシェx◯◯は、地域に暮らし始めた外国人の主体的な参加を支援することで、地方都市(◯◯)がダイレクトに世界と結びつく「ローカルハブ」づくりを目論む実証プロジェクト。

1. 外国人の出店に触発され「私も出店したい」と感じた外国人の検索クエリに呼応すべく、ランディングに備えるのが当ページ(試作品)。

2. メタマルシェx〇〇から出店を果たした外国人ブースに、メタマルシェx◯◯WebにライディングするQRコードの掲示を依頼する。そうして、リアルのフリマ会場とネット空間を融合させること。それにより、外国人 ⇔ フリマ ⇔ グローバルの流れを創るとともに緩やかに加速させていくのも、メタマルシェx◯◯の使命の一つです。

外国人はもとより、帰国した日本人や地域に暮らす移住クリエイターが、休暇や週末を活かしてビジネスを小さく始められる。さらに、起業の同志と出逢える創発のプラットフォームを目指します。

※ ご存知のように、日本の地方都市(◯◯)で開催されているフリーマーケットは、「多様性」と「包摂性」の宝庫です。メタマルシェx◯◯は、リアルのサブスク型フリーマーケットのグローバル化を促進するとともに近い将来、メタバース化も実現できる。その仮説の検証も兼ねています。



About Meta Marche ( Flea Markets and Garage Sales ) Okayama.
Nice to meet you ! This is the Meta Marche project.

In Okayama, which is blessed with natural resources, there are many “exchangeable items” such as seafood from Setouchi, mountain food from the Chugoku Mountains, supreme fruits, and fragrant sake. Not a few entrepreneurs are needed to deliver the many "unique to Okayama" from producers to the world. Internet is important, but NO MARCHE, NO LIFE. That's why I want to create a Marche that doubles as a community hub where entrepreneurs can meet each other!

A person who sells authentic tandoori chicken, a person who creates an unprecedented hamburger. We provide a place to start a small weekend business with your peers.

>> First try to enter <<

This page is a prototype. Please wait for a while until it officially goes live.
( このページは試作品です。正式に稼働するまで今しばらくお待ちください )by 経営DXラボ.



スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可



メタマルシェx◯◯とは 】※ 当ページ「メタマルシェx◯◯」は、経営DXラボの試作品です。

日本の地方都市(◯◯)がダイレクトに世界と結びつく「ローカルハブ」づくりを試行錯誤するなか、サブスク型フリーマーケットは地域に暮らし始めた外国人を主役として、ローカルハブの起点を担い機能する。そうした仮説を検証する、短期プロジェクトです。   ※ QRコード(見本)
Cool_Fukuoka
1. 外国人の出店に触発され「私も出店したい」と感じた外国人の検索クエリに呼応すべくランディングに備えるのが当ページ(試作品)であり、メタマルシェx〇〇から出店を果たした外国人ブースに、2. メタマルシェx◯◯WebにライディングするQRコードの掲示を依頼する等、リアルのフリマ会場とネット空間を融合させることにより、外国人 ⇔ フリマ ⇔ グローバルの流れを創るとともに緩やかに加速させていくのも、メタマルシェx◯◯の使命の一つです。

外国人はもとより帰国した日本人や地域に暮らす移住クリエイターが、休暇や週末を活かしてビジネスを小さく始められる、さらに起業の同志と出逢える創発のプラットフォームを目指します。

※ ご存知のように、日本の地方都市(◯◯)で開催されているフリーマーケットは、「多様性」と「包摂性」の宝庫です。メタマルシェx◯◯は、リアルのサブスク型フリーマーケットのグローバル化を促進するとともに近い将来、メタバース化も実現できる。その仮説の検証も兼ねています。
※ 福岡市公式 国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に学び倣い急ぎ岡山市にも!


This page is a prototype. Please wait for a while until it officially goes live.
( このページは試作品です。正式に稼働するまで今しばらくお待ちください )by 経営DXラボ.


ホーム > サイトマップ > 想い > Entry!Meta Marche Okayama
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

OmO城プロジェクト:日本の名城メタバースRPG観光振興プログラム

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山城 “ リブランディング ” 新規事業構想のページ

UXグロースモデル「アフターデジタルセッションズ」DX進化論
大 “ OmO ” の最大幸福:多様と包摂の地方

今お城が面白い。2006年3月、地方都市へ移住して以降「OMO(Online Merges with Offline)アート社会実験」を繰り返す私は現在、大規模改修中の岡山城の来秋リニューアルオープンに臨み、メタバースRPGを取り入れる、観光振興施策を構想中。

名づけて “ おも城(OmO-Shiro)プロジェクト ”( 根幹にあるのは名著『ソーシャルブレインズ入門』)
そう発信するなら「岡山城天守閣で飲み会をやらかす会」は必ず、リブートするはず。楽しみですね^^。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は、地方創生ソリューション・ジャーナリズム

※ 大阪アメリカ村に、東急文化村等。あの自律分散型社会の、若者が集う賑わいは岡山DAOで! ※


大 “ 多様 ” の最大幸福が実現するこれからの社会 from DX進化論.

本日サンデー。岡山県立図書館から拝借した旬の書を一気に拝読。学びは山の如しで、気づきは海より深く。

上記は『 DX進化論 つながりがリブートされた世界の先 』P.213に記された宮田 裕章教授の言説で、いわば地方がダイレクトに世界とつながる「地方創生DX」に通づる、「暮らしDX」をも裏打ちする嬉しい一冊。


引き続いて『 UXグロースモデル アフターデジタルを生き抜く実践方法論 』は珠玉。体験提供の販売スタイル「バリュージャーニー型」を腑に落とし、ゴーイングDXコンサーンを目論む経営層の、次代の指南書。


3冊目『 アフターデジタルセッションズ 最先端の33人が語る、世界標準のコンセンサス - L&UX2021 』は読みどころ満載。P.135〜「Whim」開発企業を創設したサンポ・ヒエタネンさん、関 治之さん、谷本 有香さん3者によるUXリッチな鼎談は素敵すぎ。岡山市政に公共交通MaaS提言を続ける私は、痺れっぱなし。


冒頭「城呑み」に戻りますが、岡山城天守閣に全国からDX人材が集まり呑み明かしたイベント「岡山城天守閣で飲み会をやらかす会」こそ、“ おも城(OmO-Shiro)プロジェクト ” 構想の起点。試行錯誤ドリブンの Civic Techerが集えば街は必ず面白くなる。最大 “ OMO ” の最大幸福仮説を、岡山市で検証いたします。

編集後記 )
最大 “ OmO ” の最大幸福の根源は Matrix - He Is The One.であることを正直に告白しておきます^^。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > おも城(OmO-Shiro)プロジェクト
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ