政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

まちづくりDX

グランドデザイン: 岡山市のロールモデルは福岡市が、ちょうどいい! 公共交通の刷新で健やかな成長を始める、中四国のリーダー都市へ !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市DX “ 中四国のリーダー都市を目指す ” ページ


Fukuoka Smart East推進コンソーシアム面電車は人口減少する町の社会インフラ

東京五輪の後に待っているのは、勝者のいない焼け野原――。大変な局面を迎えるであろう日本の首都を支える、その一翼を担う都市の一つは、岡山市であると私は確信。一方で、人口72万人超の我が街がSDGs未来都市へ成長できない理由は「路面電車ロックイン」に集約されており、ゆっくり人口減少してゆく町の公共交通インフラ(例として富山地方鉄道)の温存により、岡山市の成長もロックされ。

※ 当該コラムは岡山市民に街づくりの覚悟を問う、考える機会の提供を目的にしています。

例えば人口160万人超の福岡市ベンチマークするとき、新幹線は全停車で国際空港を擁し、海の幸に山の幸ほか天然リソースの宝庫である優位性は互角ながら、福岡市地下鉄Fukuoka BRTに対して、人口72万人弱の岡山市にあるのは路面電車ロックイン。両市の成長と衰退を分かつものは、公共交通であることは明白。

同様に人口100万人超の杜の都仙台市市営地下鉄はもとより印象的なのは、JR仙台駅から街なかへの回遊を促す「ペデストリアンデッキ」で、これは2017年8月30日。大森市長へ私から直接お渡しした “ 岡山市民が創る提言書 ” に明記の内容。無論、企業ファーストの彼は受け容れることなく路面電車ロックインを敢行。

めげない私は、2021年6月27日。岡山地域乗合バス共同経営推進室デジタル陳情書をもって提言を継続。


重ね重ね、岡山市が静かに衰退する町なら路面電車ロックイン。健全な成長を目指すなら路面電車は廃線


今を苦しむ広島市以外、100万都市の主要駅前から路面電車は消えて暮らす市民の利便性・生産性は向上

岡山市に生まれ育った少なくはない人々は、幼少時の擦り込みによるのか路面電車は当たり前の公共交通と信じて疑わないようですが、全国44都道府県の庁舎所在地を頻繁に訪ねていたDXマーケターの私は、路面電車ロックイン(延伸)で岡山市は終わることを、直観的に理論的に確認。そうならないよう、努めています

翻って岡山市が公共交通 MaaSを導入するなら忽ち健やかな100万都市へ成長を開始するのは、自明の理。


山市はクルマ社会を脱却し市民の暮らしを改善すれば、世界は憧れ、自ずと100万都市になる

さて冒頭の、街づくりDX “ Society5.0シティ岡山 ” の実現を目指す私が注目しているのは「人と環境と都市活力の調和がとれたアジアのリーダー都市」の実現を目指す福岡市の、ヤル気に満ちた高島 宗一郎 市長が率いる “ Fukuoka Smart East推進コンソーシアム ” 。公共交通の利便性向上、ひとつ取っても学びの宝庫。


Society 5.0時代の行政サービスとは? いま岡山市が必要とするのはニューノーマルグランドデザイン


札幌から東京へ。さらに大阪に暮らし、全国44都道府県の庁舎所在地を頻繁に訪ねた企業マーケターの私。

選び抜いた移住先は、日本一の成長可能性を秘める岡山市。札幌市の人口190万人への成長をみて育ち上京した私は、天然リソースに恵まれた交通の要衝。岡山市の100万都市化は、一つの通過点と考えています。現状。ヤル気のない首長により岡山市は衰退一途なれど、首を挿げ替えれば、この街は必ず成長に転ずる。

政令市レベルのグランドデザインを比較するとき、「福岡市総合計画」は外せず。おそろしく有能な高島 宗一郎福岡市長が注力する「スタートアップ企業の成長を…福岡市が新規上場支援」に頷く私は、路面電車ロックインの強行により街を衰退させる大森 雅夫さんを退任させることも、岡山市の有権者の責任と考える。


【地方都市の魅力】福岡県福岡市 成長を続けているアジアのリーダー都市 ” を読みながら、日本経済新聞社「データで読む地域再生」に教わることは、子育て世代の支援をはじめ地域住民の暮らし向きを改善するとともに、地域の天然リソースを活かす『稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方』が重要ということ。

なればこそ。健やかに成長する福岡市の、Fukuoka Smart East推進コンソーシアムから多くを学びます。


山市はなぜ衰退するのか? 市民は選挙に行かず、ヤル気のない首長が選ばれてしまったから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Fukuoka Smart East推進コンソーシアム
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

政治経済DX:新しい都市づくりを志すパーパスドリブンな為政者の嗜み

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
選挙DX “ 未来都市 ” への道筋をお示しするページ


豊かに暮らせる未来都市:長老支配に決別!100万都市を担保する岡山市「パーク&BRTライド」整備事業

都合の悪い場面は「ぬらり」とかわし選挙になると「ひょん」と現れる、掴み所のない妖怪ぬらりひょん伝説は、Wikipediaによると岡山県の伝承が有力説らしく。「この人はこの街の主だ」と勘違いし、追い出すことはできない、或いは存在に気づかない「妖怪の総大将」と解説されることも少なからず。いづれも路面電車ロックイン事業の強行により衰退一途の岡山市は危機的局面。今秋「長老支配」から脱却し成長都市へ変革できるか、まさに土俵際。


そう。岡山市は「長老支配」からをもって脱却し、成長する街を志す岡山市政が誕生するなら、岡山市民が心豊かに暮らせる未来都市。健やかな100万都市に進化するのは当たり前と確信している私の提言は下記。


上記の目論見を、どう実現するか。そもそも、パーパスは? 岡山市民が心豊かに暮らせる未来都市づくり

さぁ!「岡山市民が心豊かに暮らせる未来都市づくり」は誰がやる !? 言うまでもなく岡山市民の私達ではあるけれど、どうやって始める? 誠実で確実なのは、地方創生SDGsに基づく未来志向の視点を携えた、自らの手足を動かし額に汗する、志の高いリーダーを選ぶこと。なればこそ今秋、岡山市長選挙が極めて大事 !!

市井の人々に接し面倒をみて信頼される御仁が為政をしなければ岡山市はもたない。だから、政治経済DX

ジョブ型雇用 / メンバーシップ型雇用については「議会の品質 / 議員スコア」で、街のスコアリングに関しては「岡山市のESG評価」でお示ししている通り、地域を変革する自治体DXは進まず街を衰退へ導く大正時代の「路面電車ロックイン」事業が前進してしまうのは、政治経済DXと無縁の為政者による悲惨な顛末


海の幸と山の幸に恵まれた晴れの国長老支配から脱却すれば、100万都市に成長するのは、ごく自然。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、有権者が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 政治経済DX:新しい都市づくり為政
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

国交省 3D都市モデル整備 Project PLATEAU は、不動産相場比較のオープンデータ化プラットフォームに豹変するか? 街づくりDX論考

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
3D都市モデルまちづくりDXを見出すページ


“ スーパーシティ・岡山ラボ ” Facebookページ動産オープンデータ “ Project PLATEAU ”

東京と岡山の不動産比較を書こうと考えるなか、アクセンチュアの事例紹介記事 “ 国土交通省Project "PLATEAU" ” を拝読。同社は文中「“まちづくりのDX”(Urban Digital Transformation)」を引用するものの、私は咄嗟に「不動産DX」あるいは「不動産相場比較DX」なるバズワードを想起したり。

この国土交通省Project PLATEAUは、誰にも判り易い情報を提供するものと直観。そのときプラトー・プロジェクトは首都圏からの地方移住および不動産買い替え等を検討される方々に向き合い、珠玉の不動産情報を提供するプラットフォームに豹変すること請け合い。そう断定する私は取り急ぎ、情報共有いたします。

Map the New World.

国土交通省が主導する、日本全国の3D都市モデルの整備・オープンデータ化プロジェクト。
3D都市モデルの整備とユースケースの開発、利用促進を図ることで、
全体最適・市⺠参加型・機動的なまちづくりの実現を目指す。


山市の健やかな街づくりのオープン化に励む者。PLATEAU は嬉しく有り難く

https://www.mlit.go.jp/plateau/about/
PLATEAU は、国土交通省が進める3D都市モデル整備のリーディングプロジェクト。
都市活動のプラットフォームデータとして3D都市モデルを整備し、オープンデータとして公開することで、誰もが自由に都市のデータを引き出し、活用できるようになる。


山市の未来都市づくりは、Project PLATEAU(プロジェクト・プラトー)とともに

3D都市モデル整備の全国波及と活用拡大を目指す Project PLATEAU では、2020年度中に東京23区をはじめとする全国約50都市で3D都市モデルを整備し、多様なテーマでユースケース開発やハッカソンを実施。プロジェクトにおいて集積した知見や活用手法を集積し、その成果をオープンデータ化することで、全国展開につなげていく。

3D都市モデルの構築対象都市 一覧 〔PDF〕

上述。3D都市モデルの構築対象都市 一覧の中に岡山県の市町村が一つも見当たらないのは気がかりですが、そもそも岡山市のオープン化もまた、シティ岡山.comが担う大きな使命と捉えています。なれば倦まず弛まず諦めず、岡山令和刷新事業を推進します。日経クロステックの記事 “ 国交省の3D都市モデル「PLATEAU」の衝撃、地図に建物の高さを記述して浸水対策 ” もなお、お薦めです。お時間ある時よろしければ。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > プロジェクト・プラトー 3D都市モデル
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ