生涯学習ブログ

「生涯学習ブログ」は Society 5.0に臨む、経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生コラムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

「スーパーシティ」構想

検索クエリアート:言葉のチカラで地域を健やかに変える、クリエイターエコノミー時代の Think different「DX推進ディレクター」見参!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
The Crazy Ones “ Think different ” のページ


索クエリアート「言葉の力」で社会を変革風の時代の「風の人」イメージフォト

先般エントリーの拙コラム “ 地方議会の品質:選択的夫婦別姓に反対する陳情を採択する、岡山県議会の低すぎる議員スコア。 ” と “ 公共交通【デジタル陳情書】路面電車ロックイン事業 11億47百万円他の予算執行差止に関する陳情書 ” が安定的にPV数を得ており、『検索クエリアート』パワーを確認中。

それも今朝未明。「クリエイターエコノミー」がテーマの先日のエントリー “ 地の時代の「風の人」たち Think different(The Crazy Ones). 「風の時代」のイノベーターを養う、クリエイターエコノミー。 ” に端を発する遠い類推から醸成されたのが『検索クエリアート』で、代表作は「路面電車ロックイン」。


その起点にあるのは言霊であり『言葉のチカラ』で、そのパワーを SDGsなど社会課題を解決する素敵な某に造形できたら…と瞑想するなか導き出された『検索クエリアート』。例えば、岡山県が公募を予定しているデジタル専門人材「DX推進ディレクター」が、前掲「路面電車ロックイン」問題を解決できるとしたら…。

検索クエリアートとは :
クリエイターエコノミーで一般化するであろう、インスタレーションと並ぶ、現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。SDGs の達成を目的に、作家が発見した社会問題に関連する特定の検索クエリを創作し編集・共有・露出させ、地域や社会全体を作品として体験させる言霊芸術。代表作として『議会の品質』『議員スコア』、新作『路面電車ロックイン』等がある。

遠い類推が秘める、社会イノベーションの可能性。しばし『検索クエリアート』の洗練を継続いたします。


岡山の企業にDX時代の戦略と人材を “ 岡山ウェブコンサルティング株式会社

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 検索クエリアート:社会を変える言葉
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

地方議会の品質:選択的夫婦別姓に反対する陳情を採択し、心貧しい「ムラ社会」の実情を世界へ露呈する、岡山県議会の低すぎる議員スコア。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
議会の品質 / 議員スコア ” ふたたびのページ


ラ社会の実情を露呈する岡山県議会議員
急がれる地方議会議員の行動変容
3月16日(火)。毎日新聞Web刊の記事「岡山県議会、選択的夫婦別姓反対の意見書可決へ 自民県議団主導」の見出しが目に留まり。岡山への移住を促す SMOUTプロジェクトを運営する私は余りにも残念で、このように恥ずかしい、時代錯誤の長老支配による陳情採択等の再発防止を兼ね、あらためて “ 議会の品質 / 議員スコア ” をシェアすることに。

他方、岡山市議会では、KSB 5ch Web記事 “ 「選択的夫婦別姓制度」に反対する陳情は不採択 岡山市議会閉会 ” に読むように、選択的夫婦別氏制度反対陳情を退けたのは真っ当ながら、岡山市を衰退へと導く路面電車ロックインありきの大森岡山市政の、総額約3441億円の当初予算案の可決で問われる議会の品質



話を岡山県議会に戻さば、そもそも同県議会は 2018年。「ライドシェアの導入に反対し、タクシー事業の適正化・活性化を求める意見書」なるシェアリングエコノミー時代に抗う意味不明の意見書を国に提出してしまうなど、ESG評価をあわせて、来たるべく近未来を描けていない。低すぎる議員スコアの査定は難くなく。


低すぎる議員スコアを嘆いているだけでは岡山は変わらないので、選択的夫婦別姓が『家族の呼称』を否定し社会基盤たる「家族の一体感」や「親子の絆」を弱める懸念岡山 NEWS WEB 夫婦別姓に反対する陳情を採択)が如何にムラ社会における無理解に起因するものであるか、その理解を促すコラム複数をご紹介。


“夫婦別姓”の水掛け論にひろゆき氏「日本が現実を見ていない」 戸籍の歴史と伝統はどこまで尊重すべきか 』と『 働く母に起きた“事件”──誤解だらけの「選択的夫婦別姓」と「家族の一体感」という呪い 』。世界から見た日本、日本の社会学を通して見た岡山県議会。サル山根性オヤジの一掃は急がれましょう。


他にも政務活動費の開示に関連して岡山県議会は “〈最高裁が初めての判断〉公金支出の透明性確保を狙う ” に読むように、政治費用に関する恥ずかしい話題を総取り。夫婦別姓「反対」意見書を主導した岡山県の自民党県議団にみる「サル山」のシステムの頑強さは今なお国内屈指として継承されている様子が窺われます。



山の県都はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ムラ社会の実情を露呈した岡山県議会
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

熊本市バス会社「共同経営」は公共交通機能不全の問題の本質、岡山駅バスロータリーの処方箋。路面電車ロックイン(延伸)で岡山市は終わる

健やかな岡山市の未来のために、メディアみな様バス共同運営の諫言シェアをお願いします

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市版 公共交通MaaS ” を提案・提言するページ


本市バス会社「共同運営」に学んで気づく
岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ
今朝のNHKニュース “ バス会社の共同経営 熊本で初認可の方向 重複区間減で収益改善 ” は、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通問題に接し、それは一つの処方箋。そもそも論において、公共交通機能不全の問題の本質は岡山駅バスロータリーに集約されており(資料:2017年 大森岡山市長へ提出済み)、岡山市中心部循環バス「めぐりん」が未だバスロータリーに進入できない等、群雄割拠の戦国バス時代の収束が優先課題で、それが問題の本質



すでに世界ではSDGsに呼応する自動運転車が自在に回遊を始め、まもなくドローンタクシーが飛び交うであろう新しい生活様式へ移行する今。昭和のうちに廃線されたはずの大正時代の危険なレガシーシステム 路面電車の岡山駅への延伸を目論む路面電車(LRT)ありきの岡山市は、成長か、あるいは衰退か。選択局面


路面電車ロックイン 】で岡山市は終わる…



山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民が投票に行かないから…


市民サービスは後回し【 路面電車ありきの岡山市政

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 路面電車ロックインで岡山市は終わる
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

国交省 3D都市モデル整備 Project PLATEAU は、不動産相場比較のオープンデータ化プラットフォームに豹変するか? 街づくりDX論考

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
3D都市モデルまちづくりDXを見出すページ


“ スーパーシティ・岡山ラボ ” Facebookページ動産オープンデータ “ Project PLATEAU ”

東京と岡山の不動産比較を書こうと考えるなか、アクセンチュアの事例紹介記事 “ 国土交通省Project "PLATEAU" ” を拝読。同社は文中「“まちづくりのDX”(Urban Digital Transformation)」を引用するものの、私は咄嗟に「不動産DX」あるいは「不動産相場比較DX」なるバズワードを想起したり。

この国土交通省Project PLATEAUは、誰にも判り易い情報を提供するものと直観。そのときプラトー・プロジェクトは首都圏からの地方移住および不動産買い替え等を検討される方々に向き合い、珠玉の不動産情報を提供するプラットフォームに豹変すること請け合い。そう断定する私は取り急ぎ、情報共有いたします。

Map the New World.

国土交通省が主導する、日本全国の3D都市モデルの整備・オープンデータ化プロジェクト。
3D都市モデルの整備とユースケースの開発、利用促進を図ることで、
全体最適・市⺠参加型・機動的なまちづくりの実現を目指す。


山市の健やかな街づくりのオープン化に励む者。PLATEAU は嬉しく有り難く

https://www.mlit.go.jp/plateau/about/
PLATEAU は、国土交通省が進める3D都市モデル整備のリーディングプロジェクト。
都市活動のプラットフォームデータとして3D都市モデルを整備し、オープンデータとして公開することで、誰もが自由に都市のデータを引き出し、活用できるようになる。


山市の未来都市づくりは、Project PLATEAU(プロジェクト・プラトー)とともに

3D都市モデル整備の全国波及と活用拡大を目指す Project PLATEAU では、2020年度中に東京23区をはじめとする全国約50都市で3D都市モデルを整備し、多様なテーマでユースケース開発やハッカソンを実施。プロジェクトにおいて集積した知見や活用手法を集積し、その成果をオープンデータ化することで、全国展開につなげていく。

3D都市モデルの構築対象都市 一覧 〔PDF〕

上述。3D都市モデルの構築対象都市 一覧の中に岡山県の市町村が一つも見当たらないのは気がかりですが、そもそも岡山市のオープン化もまた、シティ岡山.comが担う大きな使命と捉えています。なれば倦まず弛まず諦めず、岡山令和刷新事業を推進します。日経クロステックの記事 “ 国交省の3D都市モデル「PLATEAU」の衝撃、地図に建物の高さを記述して浸水対策 ” もなお、お薦めです。お時間ある時よろしければ。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > プロジェクト・プラトー 3D都市モデル
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

前回投票率【 28.35% 】汚名を返上。マニフェストスイッチ岡山市長選×◯◯新聞 !? 岡山市の未来は市民が選ぶ!協働キャンペーン開始 !!

健やかな岡山市の未来のために、メディアみな様。マニフェストスイッチと協業をお願いいたします

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
マニフェストスイッチ ” 協業ご提案のページ


マニフェストスイッチ for 岡山市長選挙2021 by 菅野敦也山市を健やかな街へ導く地場メディア様へ

先日の “ マニフェストスイッチ for 岡山市長選 2021. ” の実現策を模索するなか、全国に散らばるマニフェストの標準化を図り公開・利活用(オープンデータ化)する政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” Webサイトで【マニフェストスイッチ千葉県知事選×千葉日報】を拝見。急ぎ、メディア参加を促す協働キャンペーンを新設しました。

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

なんといっても現職森田健作知事の任期満了に伴う3月21日投開票(予定)の千葉県知事選挙の見どころは、過去最多となる計8人が立候補を届け出た、投票のゆくえ。むろん前回2017年の投票率 31.18%を上回るかも大事ながら、「なんとなく」から「政策をくらべて選ぶ選挙」へ滑らかに豹変を遂げられるかどうか。


いづれも8名の候補者のマニフェストは共通フォーマット上に公開されることから、有権者は、候補者の人柄や政策を平易に比べて投票できる点において画期的。こうした千葉県の選挙革新に倣えば、特定の企業ファーストの岡山市政を岡山市民ファーストに反転させられる。そんな希望が芽生えた私は、忽ちアクション。

岡山市民みな様へのお願いは2つのみ。1. 次の世代に選挙の大切さを伝え、2. 必ず投票してください


山市民みな様。今年こそは市長選投票にお出かけください(涙)

健やかな岡山市の未来のために、メディアみな様。マニフェストスイッチと協業をお願いいたします

衰退か、成長か岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそ前回投票率は 28.35% !? 有権者が未来志向の首長を選ばなければ、この街は順当に終わります。そうした危機感を携え先日、政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” ―― 政策を登録する ―― より公開したことを、私は慎んで、ご報告いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > マニフェストスイッチ岡山市長選×◯◯新聞
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

マニフェストスイッチ for 岡山市長選 2021. 東京都知事に教わる、岡山市民ファースト、賢い支出、グレーター岡山 by オープンガバメント.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
マニフェストスイッチ ” 試行錯誤のページ


マニフェストスイッチ for 岡山市長選挙2021 by 菅野敦也ープンガバメントで実現! “ グレーター岡山 ”

先般のエントリー “ 岡山市長選挙イヤー 2021 ” の補足をしようと検索窓の向こうへ身を乗り出すなか、全国に散らばるマニフェストの標準化を図り公開・利活用(オープンデータ化)する政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” ―― 政策を登録する ―― に辿り着き。流れのままに登録・公開と相成りましたので、ここに慎んで共有いたします。

そのとき、こと岡山市において重要となる為政のエッセンスは、住民の知る権利を重視して情報の透明性を高め、官民連携を目指す「オープンガバメント」を根底に据えること。大森岡山市政による特定の企業ファーストの現状を岡山市民ファーストに反転させることができれば、グレーター岡山の実現は、何ら難くなく。

とはいえ、昭和のうちに廃線されているはずのレガシーシステム 路面電車を軸に巨額の予算がついた岡山市2021年度当初予算は、いわば「未来を葬り・嘆く予算」。なれば衰退まっしぐらの岡山市を成長に転換させる若き救世主の降臨に備えようと考え、岡山市長選挙 2021 向けマニフェストの作成を急いだ次第です。

首長マニフェストのプロトタイプづくりに着手するや忽ち東京都知事 小池百合子さんの政策キャッチ「都民ファースト」を想起し、激しくインスパイアされたり。企業ファーストを貫く大森雅夫さんの政策は東京都政の対極に位置するもので、何故これほどまでに岡山市は衰退一途であるのか、気づかされてしまいます。


賢い支出 “ 岡山市大改革 2021 ” デジタル化による市民サービスの向上。岡山市の未来は市民が選ぶ

東京の未来は都民と決める―― 小池さんのHPより。将に、岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそ。そんな当たり前のクレドを掲げる首長を選ばなければ、この街は終わる。その危機感を携え先ほど、政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” ―― 政策を登録する ―― より公開したことを、ご報告いたします。

政治家を志した理由――。 海の幸・山の幸に恵まれ、新幹線全停車駅と国際空港を有し、四国を結ぶ交通の要衝。晴れの国と呼ばれる岡山の魅惑の県都・岡山市は、長老支配から卒業するとき夢と希望は芽生え、未来都市への健やかな成長を始める。なにより岡山市民みんなが安全・安心・健康に暮らせる街づくり。それが私の責務と考えるようになりました。
地域のありたい姿――。 天然リソースに恵まれ、成長性を秘める岡山市。子供はすくすく育ち、若者は夢と希望を描き、女性は勤労と子育てを両立できる。障害者の権利は守られ活躍の場があり、高齢者は生きがいを携える。岡山市民みな様が、安全・安心・健康に暮らせる街おかやま市。世界中の人々が憧れる Society 5.0、SDGs 未来都市を目指します。

解決したい課題――。 前回市長選投票率 28.35%の岡山市の用水路や側溝での転落死亡者数は、全国屈指。公共交通機関は機能不全のまま、クルマ社会から脱する気配なく。市民の声は議会に届かず、市政に反映されない今。市民ファーストの視点に基く、住民サービスの再生こそ急務。衰退か、成長か。岡山市民の投票参加による未来の選択が課題です。
解決するための重要政策(1)
オープンガバメントに取り組む透明で公正な政策への転換
・自治体DXの推進による行財政改革と、市民サービスの質の向上
・用水路転落死問題を一例に、市民の困惑に寄り添う議会へ変革
・長老支配を刷新。新しい生活様式に適応できる、市政への転換
※ 路面電車ロックイン政策を改め、次代の公共交通 MaaS を導入

解決するための重要政策(2)
若者と女性が輝ける、子育て世帯を応援する予算の組替え
・在宅勤務と子育ての両立を実現するイクメン、女性活躍支援
・開かれた教育課程の実現、学校現場からのボトムアップ改革
・AIイノベーターを輩出する、岡山市GIGAスクール構想の推進
※ 岡山芸術交流の主催撤回と、岡山自主夜間中学校等の公立化

解決するための重要政策(3)
事業者も市民も誰も置き去りにしない、健全な未来都市へ
・テレワーク等で働き方改革を促す、中小企業のDX推進を支援
・農業、漁業、卸売市場等の販路を拡大、地方創生SDGsの推進
・生活資金や住まい確保のセーフティネット、自殺対策の強化
※ ベーシックインカムおよび、岡山市ICOの研究・開発に着手

マニフェストに明記した3大公約は、曖昧を是とせず、下記の通り。
路面電車ロックイン政策を改め、次代の公共交通 MaaS を導入
岡山芸術交流からの撤退と、岡山自主夜間中学校等の公立化
ベーシックインカムおよび、岡山市ICOの研究・開発に着手

我こそは風の時代の風の人健やかな未来を拓く、岡山市長を目指す方は気兼ねなく利活用ください。↓


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > マニフェストスイッチ for 岡山市長選
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

広報DXメディアのプロトタイプ「シティ岡山.com」を開設しました!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市どっと混む ” 地域トップセールスのページ
SMOUT Society 5.0 シティ岡山プロジェクト

報DX技術の地域普及を促す “ 経営DXラボ ”

DX経営技術を駆使する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、無料の Blogger の利活用により、年間コスト 900円(独自ドメイン利用料)の広報DXプロトタイプをリリースしました。

当該サイトの URLは〔 https://www.city-okayama.com/ 〕で、その独自ドメイン〔 city-okayama.com 〕を誠実に準えるサイト名「シティ岡山.com」が担う社会的使命は、経営DXの推進はもとより、莫大なコスト*をかけずに強力な情報伝播効果を叩き出す、広報DX技術の共有。それらの伝承にも努めて参ります。

無料の Google Blogger を利活用する当該サイトの年間コストは、独自ドメイン利用料 900円のみ。

上述に付随し、eメールアドレスについては2008年より無償の Google Apps(2013年より G Suite legacy エディション → 現在 Google Workspace )に大変お世話になっていることから、このたびはプライマリ ドメインのドメイン エイリアスとして、費用をかけることなく独自ドメインのメールアドレスを設定済み。

従いまして取材等は(笑)下記eメールアドレスより、お願いいたします ↓ ↓
 E-mail【at】は @ に置き換えてください。 “ sugano【at】city-okayama.com ”

同様に、当オウンドメディア「生涯学習ブログ」は2006年より、同じく無料の livedoor Blog のお世話になっており、あわせてポータルサイト『経営DXラボ』は、もちろん無料の Google マイビジネスの恩恵を有り難く最大限に授かっていることを、経営DXを推進する者、正直に告白いたします。何をか言わんや。

大企業でなくても大資本はなくとも旧態依然を、創造的に破壊するDX推進は可能ですよ!ということ。

バズワード化により曖昧模糊とする企業や自治体のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に臨み、真のDX推進プロデューサーであるなら、彼女は研ぎ澄まされたコスト感覚を会得した究極のイノベーター。そう将に、【 風の時代の「風の人」】GXとDXの原点を、GXDX融合の人に観る! …何をか言わんや。

山本 一郎さんの言説に私は、激しく同意です。 ⇒ 今、起きているのは「質」への回帰だと思います


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > シティ岡山.com ⇔ 岡山市どっと混む
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

経営DXラボ。内閣府「地域未来構想20」オープンラボに参画しました!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地域未来構想20 ” 推進パートナー 広報DXページ
地域未来構想20 ” 経営DXラボ ”

報DXを駆使する風の時代の “ 経営DXラボ ”

オウンドメディア「シティ岡山.com」ほか複数を運営するなど、広報DX技術を駆使する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用する、内閣府「地域未来構想20」に参画しました。

 地域未来構想20オープンラボとは、
これら20の政策分野の取組を推進するためには、,修譴召譴諒野に関心のある自治体、各分野の課題解決に向けたソリューションを有する専門家(民間企業等を含む)、4慙∋楮を所管する府省庁の連携が重要であると考え、上記三者のマッチングを支援する「地域未来構想20 オープンラボ」を開設しました。それぞれ関心分野や提供可能な技術・ノウハウ等をご登録いただくことにより、特定の分野の取組を進める上でのパートナーとのマッチング機会が増えますので、ぜひ積極的にご活用ください。


持続可能な開発目標(SDGs)の達成を GOALに据え、あわせて “ 「スーパーシティ」構想 ” に呼応する、Society 5.0 岡山シティ創生事業の実現を標榜し、参画しています。何卒よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「地域未来構想20」オープンラボ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

風の時代の #わきまえない女 みな様と実現したい、岡山令和刷新事業。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山令和刷新事業 ” を敢行し実現に臨むページ


「邪魔な老害、粗大ごみなら掃いて」 捨てて豊かに。害が排泄した粗大ゴミを掃き出す風の時代

小田嶋 隆さんのコラム『森氏が五輪組織委トップに祭り上げられる理由。』を拝読して「ホモソーシャルのサル山の理屈」を理解し、あわせて #わきまえない女 たちや週刊文春『「男に媚びを売る時代は私で終わらせる」…自民党・野田聖子60歳が狙うのは「ポスト菅」?』により風の時代を確認する私。


森 喜朗さんの会見全文の類は東京に限らず、むしろ閉鎖性の強い地方都市では日常茶飯事のような感じがするので今さら論ずるつもりは毛頭なかりしも、一つ大事なことは、日本が、さらに岡山市のような閉塞社会までも変わる、変えようという気運が高まるのではなかろうか、という新たな希望の萌芽を直観しています。

イメージをいうなら、NHKスペシャル「2030 未来への分岐点」のテーマソングのような混沌とした世界。


2006年。岡山へ移住して以来、岡山市を成長する県都へ変えたいと感じ考え #わきまえないよそ者という怖ろしく損な役割を買って出て、長老支配政治の大変革を標榜する徳業 “ 岡山令和刷新事業 ” の推進に尽力する毎日。#わきまえない女 たちのムーブメントは岡山でくすぶる私にとって正直正味、チャンスが到来。

公共エリアに時代錯誤の興行電車を走らせる惑溺の企業トップ、自治体DXを推進しない首長老害の魁。


孫さん曰く時代は追ってはならない。読んで仕掛けて待たねばならない。将に、脳がちぎれるほど考えよ。なるほど今年1月「ソフトバンク 孫会長が退任 宮川副会長が社長就任へ」を読ませる、時代を待つ御仁。翻って「邪魔な老害、粗大ごみなら掃いて」と言い放ち、「辞任するという考えはありません」という長老。

今ここ起きていることは、日本が民主主義に覚醒め、社会を変えようという気運の高まり、希望の萌芽。

健やかに成長できるはずの岡山を、健やかな岡山に変えようとする #わきまえないよそ者は、ホモソーシャルでマゾ化している岡山社会の空気を読む気はそもそもなく、「路面電車の延伸で岡山市は終わる」「議会の品質向上」や「恥ずかしい岡山市のESG評価」ほか、解決が待たれる難点多数に警鐘を打ち鳴らしています。

サル山のボスの一掃には #わきまえない女 みな様のお知恵お力が必要。何卒よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > #わきまえない女 岡山令和刷新事業
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市GIGAスクール構想の実現は、スーパーシティ岡山の始まり。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山 “ GIGAスクール構想の実現 ” を考えるページ

GIGA公民館EdTech構想 by DXデザイン思考.
Society 5.0 を生き抜く力を岡山の子供に

GIGA公民館EdTech構想をタイトルに刻み文科省の “ GIGAスクール構想 ” をテーマにエントリーしたのは、昨年7月25日。早くも半年が過ぎ行く今。文部科学大臣メッセージのラストの行に記された「子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現」に注力しようと決意する私。

なぜなら、当該メッセージの冒頭「Society 5.0 時代に生きる子供たちにとって、PC 端末は鉛筆やノートと並ぶマストアイテムです。今や、仕事でも家庭でも、社会のあらゆる場所で ICT の活用が日常のものとなっています。社会を生き抜く力を育み、子供たちの可能性を広げる場所である学校が、時代に取り残され、世界からも遅れたままではいられません」は即ち、時代に取り残された岡山市を如実に表現する記述だから。

行政のデジタル化で周回遅れる岡山市政。将来を担う次の世代を創造的に育まなければ、この街は終わる。


無論。児童生徒向け1人1台端末および高速大容量の通信ネットワークの一体的整備は、WEB報道に驚かされるように、遅ればせながら2020年6月ようやく岡山市立の全小中学校で普通教室へのエアコン設置が完了したのと等しく、教育環境のハンデが一つ解消されただけ。Society 5.0を生き抜く力の涵養は急がれます


GIGAスクール構想を浸透させ学びを豊かに変革していくカタチ “ StuDX Style ” ページに詳述されている通り、「子供たちの多様化が進む中で、個別最適な学びを実現する必要があること、また、情報化が加速度的に進むSociety5.0時代に向けて、情報活用能力など学習の基盤となる資質・能力を育む必要があることなどの課題に対し、こうしたICTの活用は大きな役割を果たし得る」点を踏まえ、DX人財を育てることが急務。

スーパーシティ岡山の実現に臨み、私は急がば回れと、岡山市GIGAスクール構想の実現に臨む所存です。




新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > GIGAスクール構想の実現に向けて
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
2021年デジタルの日
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    Wiki プロフィールほか
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ