<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
ヒューマンAIコンピュテーション ” 論考のページ

◎ 日本ディープラーニング協会「G検定」合格バッジ 
JDLA Deep Learning for GENERAL 2023 #2 Open Badge 菅野敦也の日は判らずも、こうなることは解っていた

確か2003年。社内で iPhone『035』情報は共有され、クリエイティブな企画・開発メンバーとモバイル端末機の近未来のカタチを模索した記憶は今なお新しく。2006年、私は卒業・移住して、2008年。当該事業所を京セラ社が承継。15年を経て、Vision Proのニュースリリースに接し、電子デバイスの形状の豹変を推定的に断定してマルチモーダル社会の新事業を構想する中、またもやワクワクするばかり。

そうした根拠なき高揚感の根底に横たわるものは、2014年の『ヒューマンコンピュテーション概説』ラストの行に記された「両者を適切に組み合わせるプロセス,すなわちヒューマンコンピュテーションアルゴリズム」であり、想像力と創造性に満ち溢れる生成AIプロンプト魔術師の時代は着実に到来したと断言可能…。

朝日新聞デジタル “ 英語信仰は「壮大なムダ」” を流し読み、類推モンキーでよかったと、ほくそ笑む。


” AIweb3市場をリードする組織のタレント・マネジメントメタバース就労支援」提言を続ける私 ”

市場の変化を的確に捉え、近未来のトレンドの推察を基にマルチモーダル移住生活を愉しむ私は、NotionSlackDiscord3点セットで忽ちスタートアップする頼もしいZ世代――DXネイティブの若き辣腕のビジネスアスリート――との協業を試みたり。それができる、いわば生成AIを使い倒す経営体の将来は明るい。

時代に督促される「マルチモーダル社会のDX公務員」事業構想を政策として提言し、実現機会を伺う今。


ルチモーダル化が加速する暮らしにフィットする電子デバイスのカタチはアイトラッカーが決める
〜 行く末は映画『The Matrix』社会だが経過措置としての技術になり得るアイトラッキングに注目 〜


※ 近未来のプロダクトデザイン必読の一冊『先読み!IT×ビジネス講座 画像生成AI』お薦めです ※

映画『マトリックス』を鮮明に記憶し、その世界観を深く洞察している人に向けた噺なら早いのですが、主人公の天才ハッカー「ネオ(キアヌ・リーブス)」がモーフィアスから拳法の特訓を受けるシーン。これこそが『メタバース就労支援』の魁なのです。その際の、空間コンピューティングのインターフェイスが重要課題。


いきなりヒトの脳と電子デバイスをダイレクトに接続するには幾つもハードルがあり、しばし時間はかかる。

そう考える時の当面のカタチは、スマートグラスエッジAI + アイトラッキング技術となりましょう。メタバース就労支援への通過点の一つで、次に来るのは、猛獣使いの如くオープンAIを使い倒して社会課題を解決したり新事業を創出する人財。即ち Society5.0の実現に貢献するのはAIプロンプト魔術師ということに。

なればと2018年「Society5.0」を定款に刻みNPOをスタートアップした私。下方の記事をシェアします。


※ 近未来を読み解くヒント「ヒューマンコンピュテーションとクラウドソーシング」オススメです ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > エッジAIと電子デバイスの未来の形
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.