<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
議会の品質 / 議員スコア ” ふたたびのページ


ラ社会の実情を露呈する岡山県議会議員
急がれる地方議会議員の行動変容
3月16日(火)。毎日新聞Web刊の記事「岡山県議会、選択的夫婦別姓反対の意見書可決へ 自民県議団主導」の見出しが目に留まり。岡山への移住を促す SMOUTプロジェクトを運営する私は余りにも残念で、このように恥ずかしい、時代錯誤の長老支配による陳情採択等の再発防止を兼ね、あらためて “ 議会の品質 / 議員スコア ” をシェアすることに。

他方、岡山市議会では、KSB 5ch Web記事 “ 「選択的夫婦別姓制度」に反対する陳情は不採択 岡山市議会閉会 ” に読むように、選択的夫婦別氏制度の反対陳情を退けたのは真っ当ながら、岡山市を衰退へと導く路面電車ロックインありきの大森岡山市政の、総額約3441億円の当初予算案の可決で問われる議会の品質



話を岡山県議会に戻さば、そもそも同県議会は 2018年。「ライドシェアの導入に反対し、タクシー事業の適正化・活性化を求める意見書」なるシェアリングエコノミー時代に抗う意味不明の意見書を国に提出してしまうなど、ESG評価をあわせて、来たるべく近未来を描けていない。低すぎる議員スコアの査定は難くなく。


低すぎる議員スコアを嘆いているだけでは岡山は変わらないので、選択的夫婦別姓が『家族の呼称』を否定し社会基盤たる「家族の一体感」や「親子の絆」を弱める懸念岡山 NEWS WEB 夫婦別姓に反対する陳情を採択)が如何にムラ社会における無理解に起因するものであるか、その理解を促すコラム複数をご紹介。


“夫婦別姓”の水掛け論にひろゆき氏「日本が現実を見ていない」 戸籍の歴史と伝統はどこまで尊重すべきか 』と『 働く母に起きた“事件”──誤解だらけの「選択的夫婦別姓」と「家族の一体感」という呪い 』。世界から見た日本、日本の社会学を通して見た岡山県議会。サル山根性オヤジの一掃は急がれましょう。


他にも政務活動費の開示に関連して岡山県議会は “〈最高裁が初めての判断〉公金支出の透明性確保を狙う ” に読むように、政治費用に関する恥ずかしい話題を総取り。夫婦別姓「反対」意見書を主導した岡山県の自民党県議団にみる「サル山」のシステムの頑強さは今なお国内屈指として継承されている様子が窺われます。



山の県都はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民が投票に行かないから…


海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ムラ社会の実情を露呈した岡山県議会
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.