政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

┠ リスキリング日乗

地の時代の「風の人」たち Think different(The Crazy Ones). 「風の時代」のイノベーターを養う、クリエイターエコノミー。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
The Crazy Ones “ Think different ” のページ

風の時代の「風の人」イメージフォト
きまえない風の人は troublemakers か?

先般エントリーの拙コラム “ 風の時代の #わきまえない女 みな様と実現したい、岡山令和刷新事業。 ” と “ 【 風の時代の「風の人」】GXとDXの原点を、GXDX融合の人に観る! ” が安定的にPV数を得ており、検索クエリ『風の時代』パワーを確認中。

おそらく2017年に拝読した(であろう)“ キーワードは「風の人、土の人」” に私は激しくインスパイアされていて、その辺りから遠い類推を経て想起した、ジョブズ翁の Think differentThe Crazy Ones〔「いかれた奴ら」の意〕)。1円の得にもならないのに岡山市を変革しようとする私も、いかれた奴か…(汗)。


そうやって「風の時代」に移行した今。物事を変えることが極めて難しかった「土の時代」に想いを馳せるととともに、The crazy ones は紛れもなく「風の人」の魁だったに違いない!と痛感しきり。ストーリーテリングを先取る動画(テレビ広告)づくりは「広報DX」の起源であり、私は脱帽するばかり m(_ _)m

畏る可し、The crazy ones 。あらためてジョブズ翁の先見性その至言、Think differentに敬服しきり。


※ Wikipedia より転載 フル・バージョン(60秒CMのナレーション)
Here’s to the crazy ones. The misfits. The rebels. The troublemakers. The round pegs in the square holes. The ones who see things differently. They’re not fond of rules. And they have no respect for the status quo. You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them. About the only thing you can’t do is ignore them. Because they change things. They push the human race forward. While some may see them as the crazy ones, we see genius. Because the people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do.

クレージーな人たちがいる
はみ出し者、反逆者、厄介者と呼ばれる人達
場に馴染めない人達
物事をまるで違う目で見る人達
彼らは規則を嫌う 彼らは現状を肯定しない
彼らの言葉に心を打たれる人がいる
反対する人も 賞賛する人も けなす人もいる
しかし 彼らを無視することは誰にも出来ない
何故なら、彼らは物事を変えたからだ
彼らは人間を前進させた
彼らはクレージーと言われるが 私たちは天才だと思う
自分が世界を変えられると本気で信じる人達こそが
本当に世界を変えているのだから

自分が岡山市を変えられると本気で信じる ” 風の時代の「風の人」は、新しい風を街に吹き込みたく東奔西走。嬉しいことに風の時代の本命は、「クリエイターエコノミー」なのだとか。Society 5.0 に臨む概念としての、クリエイターエコノミー。イノベーターを養う懐の深い経済圏なら、いよいよ有意義。楽しみね!



の時代の「風の人」が鋭意推進している “ 岡山令和刷新事業 ”

マニフェストスイッチ岡山市長選×◯◯新聞 !? 岡山市の未来は市民が選ぶ!協働キャンペーン開始 !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Think different 風の時代の風の人
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

風の時代の【 ジョブ型雇用 】 業界横断型の “ 天然モノ " DX人材。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
天然者と養殖者 ” を比較して見分けるページ


てっちりの材料!然フグと養殖フグの差異に学んで気づく “ DX人材 ”

先般のエントリー “ 風の時代の「風の人」” のPV数が安定的に記録されており、そのうち続編をと考えるなか、風の時代の「天然者」が思い浮かんだので、メモ的エントリーを追加。折しも昨日の日経朝刊で読み込んだ日立執行役専務「ジョブ型導入、社員の行動変革を」と、HBRコラム「生産性が上がらないのは個人ではなくシステムの問題だ」をマッシュアップして論考することに。

そのなかクローズアップすべく今日の検索クエリは「予見可能な余暇」であり、ボスコングループが教示する2010年3月号「プロフェッショナルこそ計画的に休まなければならない」は、非常に興味深い内容。大企業はジョブ型雇用を採り入れたり生産性向上に躍起の様相なれども如何せん。大海を知らねば、それは難しい。

食うか食われるかの大海で生き抜く天然者と、生簀の中で暮らした養殖者と。持続可能性の差は、歴然。


はてさて今日の学びの材料は「素人でも分かる? 天然フグと養殖フグの違い」と「天然ふぐと養殖ふぐの違い、本当に知っている?」で、大切なことは、天然者も養殖者も、どちらも大事という結論に気づくこと。


然フグと養殖フグの差異から学んで気づく “ 業界横断型 ”

先般のエントリー “ DX推進プロデューサーとは ” でお示し済みですが、あらためて強調すべきは、ジョブ型雇用が標準化される令和3年以降を生き抜こうとする企業なら、イノベーションを巻き起こす可能性に富む天然者組織をコンペティターから守り通せる養殖者の適切なバランスのキープが極めて重要ということ。

15年前に大企業の生簀から飛び出し地方都市へ移住。中小から大企業のブランチ転々、社会事業を推進するなど新しい生活様式に適応。サイバー大海を自在に回遊し生き延びるは下記をシェアして擱筆します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ジョブ型雇用に臨む天然者と養殖者
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市GIGAスクール構想の実現は、スーパーシティ岡山の始まり。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山 “ GIGAスクール構想の実現 ” を考えるページ

GIGA公民館EdTech構想 by DXデザイン思考.
Society 5.0 を生き抜く力を岡山の子供に

GIGA公民館EdTech構想をタイトルに刻み文科省の “ GIGAスクール構想 ” をテーマにエントリーしたのは、昨年7月25日。早くも半年が過ぎ行く今。文部科学大臣メッセージのラストの行に記された「子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現」に注力しようと決意する私。

なぜなら、当該メッセージの冒頭「Society 5.0 時代に生きる子供たちにとって、PC 端末は鉛筆やノートと並ぶマストアイテムです。今や、仕事でも家庭でも、社会のあらゆる場所で ICT の活用が日常のものとなっています。社会を生き抜く力を育み、子供たちの可能性を広げる場所である学校が、時代に取り残され、世界からも遅れたままではいられません」は即ち、時代に取り残された岡山市を如実に表現する記述だから。

行政のデジタル化で周回遅れる岡山市政。将来を担う次の世代を創造的に育まなければ、この街は終わる。


無論。児童生徒向け1人1台端末および高速大容量の通信ネットワークの一体的整備は、WEB報道に驚かされるように、遅ればせながら2020年6月ようやく岡山市立の全小中学校で普通教室へのエアコン設置が完了したのと等しく、教育環境のハンデが一つ解消されただけ。Society 5.0を生き抜く力の涵養は急がれます


GIGAスクール構想を浸透させ学びを豊かに変革していくカタチ “ StuDX Style ” ページに詳述されている通り、「子供たちの多様化が進む中で、個別最適な学びを実現する必要があること、また、情報化が加速度的に進むSociety5.0時代に向けて、情報活用能力など学習の基盤となる資質・能力を育む必要があることなどの課題に対し、こうしたICTの活用は大きな役割を果たし得る」点を踏まえ、DX人財を育てることが急務。

スーパーシティ岡山の実現に臨み、私は急がば回れと、岡山市GIGAスクール構想の実現に臨む所存です。




新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > GIGAスクール構想の実現に向けて
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

“ 謹んで新春のご祝詞を申し上げます ” 2021年 丑年

令和三年 年始ご挨拶のページ

丑年「風の時代」に報恩感謝 @ 岡山神社.
謹賀新年
( A Happy New Year ! )


みな様には、お健やかな新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。独り徳業としての岡山令和刷新事業を倦まず弛まず継続いたしますので、

本年も何卒よろしく、お願い申し上げます。

令和三年 元旦 経営DXラボ CIO
        DX推進プロデューサー 菅野敦也


ホーム > サイトマップ > サンベルディエールの想い > 2021年頭ご挨拶
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

【 少し大切な話をしよう 】 新しい生活様式は、移住。行動変容は、転職・起業。退職直前 2005年の創作物 “ 幸せゾウさん ” の寓話も

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
創作活動は生きる歓び ” を検証するページ

創作魂が炎上する日「幸せゾウさん」
るさと求人・移住支援金・起業支援金

行動変容を求める新しい生活様式に適応し、SDGsに準拠する、持続可能な生き様を模索する私。拙エントリー「DXデザイン思考」のなかで述べているように、新しい生活様式(≒ Society 5.0シティ)の確立は将に急務。昨日は国の「ふるさと求人」を紹介する【 地方創生DX 】コラムを執筆するなか近未来構想は膨らみ、創作魂に再び火は灯り、忽ち大炎上。

コロナ関連倒産は跡を絶たず、日本人女性の自殺が急増するなど今。世界は、日本は、大変な環境に直面しています。2006年、岡山へ移住して約15年。非正規として生き抜く私にとって悲惨な報道は他人事であるはずがなく。そのなか唯一、私にできる社会貢献は、移住・転職・起業の経験を活かして夢と希望を描くこと。

今ここ夢と希望は、岡山市を200万都市へ成長させ、東京から移住なされる方々を笑顔でお迎えすること。

翻って創作意欲が衰えなければ、壮大な夢と希望を描くことは難くない。東京〜大阪で仕事をしていた頃の年俸1本超は移住・転職により1/5になり、今でも1/3程度。さりながら東京でいう「普通の生活」は遠い昔の話で、足るを知る地方に暮らす心の豊かさは、東京〜大阪で華やかに暮らした時分の2倍〜3倍と感ずる私。

今ここ夢と希望は、議会の品質スコアの向上を促し、東京から移住なされる方々を笑顔でお迎えすること。


地域振興に立ち会い多様な問いを立てる私にできる社会貢献は、地方創生DXを駆使して岡山県や岡山市に、行政のデジタル化を促すこと。地方創生DXの一例はオウンドメディア「スーパーシティ岡山ラボ」であり、プロアクティブなコンテンツの創作駆使により、地方議会の品質と議員スコアの向上に尽力しています。

同時に、地方創生DXを極める岡山社会は健やかに成長し、強かな日本の救世主になるのだと思います。


上記のテキストリンク “ 晴れの国で “ スーパーシティ岡山 ” 創りに注目くださるDX人財を募集! ” は、DX構想アーティストによる地方創生プロジェクトでコストをかけずに発信する、地方創生DXのプロトタイプ。岡山を愛する皆さまに、デジタル提案あわせてマイページを共有いただければ幸甚の極みでございます。



Only the Paranoid Survive by アンディー・グローブ

養老先生が言及する2度目の世界恐慌に備える私は、そもそもアンディー氏の名著『パラノイアだけが生き残る』に激しくインスパイアされており、令和3年早々。中小企業はおろか、山一證券のような巨大企業から発信される、日本を揺るがす報道は連続するものと感じています。そのとき、夢と希望を見つけられるか?


誰もが呆れる楽天家の私でさえ、そのとき東京で、夢と希望を見つける自信は持ち合わせておりません。

グローブ:もしわれわれが追い出され、取締役会が新しいCEOを任命したとしたら、その男は、いったいどんな策を取ると思うかい?
ムーア:メモリー事業からの撤退だろうな。
グローブ:(略)それをわれわれの手でやろうじゃないか。  TechCrunch Japan より引用

ムーア会長の返答そのまま「首都圏からの撤退」或いは「東京からの移住」に置き換えられると存じます。

この辺りで少し大切な話をしましょう。令和3年早々悲惨な報道が連続してもしなくても、暮らす街に夢と希望を灯す私の創作活動は停滞しない。なぜなら、移住・転職・起業で編集される私の人生の根底には『進化論』が横たわり、都合よく解釈されるから。幸せを増産する者それは私だという根拠なき自信とともに…。

そう。パラノイドは生き残り、岡山市を健やかな200万都市に変えられるという「根拠なき自信」は、私の生きる糧。なかんずく生き残る力を私に授けてくれた移住・転職・起業から得た経験・ノウハウこそ根拠なき自信の賜物で、創作活動は生きる歓び。生活はギリギリながら、ワクドキの地方暮らしを楽しんでいます。

新しい生活様式は、移住。行動変容は、転職・起業。心豊かな人生のシナリオライターは、私なのだから。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 創作活動は生きる歓びの話をしよう
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

ビヨンド人材が唱える「デジタルの日」「デジタル社会推進大賞」with デジタル改革アイデアボックス. DX人材(DX公務員)の定義

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
デジタル改革 Idea Box ” を盛り上げるページ

デジタル改革アイデアボックス
ジタル改革 Idea Box 「デジタルの日」

今朝のNHK NEWS に垣間見たビヨンド人材が、過日のエントリー「デジタル人材」に重なり興味深いので、早速【 DX人材(DX公務員)の定義 】を構想追記。それも昨日 “ デジタル改革アイデアボックス ” にマイページを作成したこともあり、岡山県の県都であり政令市である岡山市の行政のデジタル化自治体クラウド自治体 DX を推進する私は注目。

システム全体を俯瞰して思考できる人材」を読むときDX時代の課題は、DX人材育成に尽きるのでしょう。

DX人材(DX公務員)の定義
DX人材(または、DX公務員)とは、多様なUXに基づくデジタルトランスフォーメーション(DX)推進力の駆使により、地域社会を含む、地方公共団体や企業等を変革。新しいビジネスのデザインはもとより未知の課題を速やかに解決できる、持続可能な社会を実現する人材(または、公務員)。

 2021年8月31日 追記 ) 2020年12月の私の提唱【 デジタル社会推進大賞 】が実現しました☆彡
2021年8月23日『2021年デジタル社会推進賞の募集を開始します!』ページに邂逅。「デジタルの日」に合わせて優れた取組を取り上げ広く表彰する【 デジタル社会推進賞 】は実現へ…(喜)。令和3年度「デジタル社会推進賞」応募フォーム(他薦用)から私を推薦いただけたら嬉しく想います。

デジタル提案あわせて岡山を愛する皆さまに、マイページを共有いただければ幸甚の極みでございます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > あなたと創るデジタル改革IdeaBox
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

DX人材ペルソナ論。SDGs、スーパーシティ等、社会課題を解決する人物像 ⇔ デジタル社会推進本部「デジタル人材の育成・確保小委員会」

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
デジタル人材の育成・確保 ” について考えるページ


岡山市「スーパーシティ」構想エリア選定(素案)DXとは、行動変容を促すリベラル・アーツ

11月5日。日経Web刊 “ 自民、DX人材育成へ新組織 年内にも政府提言 ” に接した私は咄嗟に、デジタル化における周回遅れを取り戻すための人材か、またはビジネスチャンスを見出す人材。はたまた社会課題を解決に導くためのDX人材の育成を指すのか、大きく3つのレイヤーを巡らせたり。それは名コラム “【徹底解説】「DX = IT化」と思っていませんか? 基本・成功のポイント・事例を紹介 ” より類推。

日経Web刊には下記、
自民党は月内にデジタル技術で組織や事業を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)人材の育成策を考える新組織を設ける。人材の確保・養成を進める企業や地方自治体を対象に予算や税制の優遇措置を検討する。有識者や業界団体の意見聴取を経て年内にも政府に提言する。

党が10月に新設したデジタル社会推進本部(本部長・下村博文政調会長)のもとに「デジタル人材の育成・確保小委員会」をつくる。

片山さつき元地方創生相が委員長に就き、11月中旬にも党本部で初会合を開く。
そのように記されており、継続的かつ力強く「スーパーシティ」構想を推進される片山さつきさんの委員長就任に高まる期待。そもそも地方公共団体のデジタル化において、世界のそれに鑑み周回遅れに陥った日本の問題の本質は、DX(デジタルトランスフォーメーション)は「社会課題の解決」のために必須。その不理解

未だDXはICT化の促進に必要。或いは、ビジネス創出に不可欠なITツール。その程度の理解しかできていない行政マンや企業トップが大勢。持続可能な社会を目指し国連サミットで採択された SDGs のクリアにこそ必要不可欠な技術はDXで、もう一つは、DXを駆使して社会課題を解決に導くことのできる「DX人材」。


DX人材 = ITコンサルタント」と思っていませんか? という問いに基づけば、ICT人材は企業内に溢れ、ITコンサルタントもまた市場で飽和しているのが現状。なぜ我が国はDX人材を輩出しないのか? その解は、システム指向に偏りすぎるから。シンギュラリティまで、けしてシステムから創造的破壊は起こらない。

どうすればデジタル人材を育成できる? DX人材を輩出するのは、どうやらシステム企業ではなさそう…。


ジタル社会推進本部「デジタル人材の育成・確保小委員会」

DX人材 ≠ ITコンサルタント」。そう感じている私が考える、DX人材に求められる素養の筆頭は、多様性に富んだ「UX(ユーザーエクスペリエンス)」にあると断言いたします。どうやって身に付ける? 手っ取り早いのは、業務プラットフォームに多大な投資をしている大企業間を転々とする、キャリアチェンジ戦術。

基本的にDX人材はリベラルアーツを身にまとった即戦力なので、53歳をすぎた私は転職またぞろ。我が国を代表する人材企業 ⇒ 保険会社 ⇒ FinTech企業にジョインし、先端をゆく大企業のDX投資を内部から体験的に評価しているため、これから中小企業は何を選択すればいいのか、最良のDXソリューションを提供可能

人生100年戦略を強かに遂行する拙コラム “ ギークでもスーツでもない構想アーティスト ” でもお示ししておりますが、私にとってDX技術は激動の令和を生き抜くための大切な糧であり、同時に、地域に横たわる社会課題を解決に導く珠玉の技術。資本ゼロからNPO法人を起業したり、DX公務員制度を提唱してみたり。

資本主義が揺らぐ今。靭やか自由に生きるため、リベラルアーツ職に加えたい、DX公務員。それはさておきペルソナ論でいうDX人材像は、どんな人物像? それは、多様なUXを駆使して新しい生活様式を心豊かに生き抜く人。或いは、社会課題を解決に導くデジタルパーソン。案外、身近なサイバー空間に潜んでいます。

DX人材(DX公務員)の定義
DX人材(または、DX公務員)とは、多様なUXに基づくデジタルトランスフォーメーション(DX)推進力の駆使により、地域社会を含む、地方公共団体や企業等を変革。新しいビジネスのデザインはもとより未知の課題を速やかに解決できる、持続可能な社会を実現する人材(または、公務員)。

DX人材の育成マニュアルは今のところ存在しないので、社会課題に問いを立てDX技術を駆使し、試行錯誤を繰り返して解決策を見出し、DX人材として自らを育成することが重要。折しも瀬戸内「スーパーシティ」構想を提案する私。人口 72万人超の政令市・岡山市に、DXシフトを促す啓発活動を率先垂範いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DX人材ペルソナ論 DX人材の人物像
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

DXデザイン思考は、新しい生活様式(≒ Society 5.0シティ)に必要不可欠な、イノベーション構想リテラシー 〜 GIGA公民館EdTech構想 〜

アナロジー思考から鑑みる “ 遠い類推DXデザイン思考のページ


ーク・スーツに分類されない企業マーケター「学びの空白」懸念 from 日本経済新聞社.

2020年7月24日(金)日経朝刊(全日版)トップ記事を補完する小見出し “「学びの空白」懸念 ” に目は釘付けに。折しもG-Apps.jpのコラム “ ICT教育の目的とは?失敗しないための目的の明確化と共有の仕方 ” が強調するICT教育の導入・活用における最終目標「創造的な人材育成は、どうしたら地域社会に根付くか。それを考えあぐねていた時だから。

学校教育のみならず人生100年時代のリカレント教育においても “ 新しい生活様式 ” のなかで暮らすことを決意した私達は遍く「サイバーフィジカルシステム(CPS)」ならびに「Society 5.0」を理解し受け容れ、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会創りを共通の使命としたい

そのとき忽ち浮かんだ構想は、デジタル公民館に新しい価値を付加する、GIGA公民館EdTech構想。※ 現時点、教育機関としての公民館は早晩 “ 未来の教室 ” を担うはず。という私の仮説に基づいています。

⇒ CPS(サイバーフィジカルシステム)とは?IoTとの違いは?

身につけたアナロジー思考からGIGA公民館EdTech構想など続々繰り出されるアイデアを恣意で終わらせず、実行さらに実現へ導く技能をイノベーション構想リテラシーと定義づける私。どうしたら手に入る?


務に実装されたEdTechと、無意識に会得した「調べ学習」≒ アダプティブラーニング

1986年一部上場、電機メーカーに就職まもなく鎬を削る国内販売会社へ出向となり、東京秋葉原〜大阪日本橋の量販メガ市場で鍛えられ、情報通信事業部(本体)へ異動後は、通信キャリアと協業するマーケター職としてICTの変遷を具に観てきた私。1990年代 販社ではNEC往年のグループウェア StarOfficeを、事業本部では Microsoft Exchange Serverを、管理職となり特許を取得した三洋テレコミュニケ―ションズ時代はサイボウズを利活用するなど時代の先端を駆ける精強な UX(ユーザーエクスペリエンス)を蓄えるなかで、今やDX推進の鍵とまで呼ばれるデザイン思考を強かに体得。2006年に同社を退職。地方都市へ移住後はクラウドサービスの走り GoogleApps無料版で無料のWebサイトを立ち上げたり、Society 5.0時代に備える NPO法人のWebサイトGoogle非営利団体向けプログラムを借りて無償運営できたり、當にDX技術のお陰様。

いま振り返らばWin95が職場に速やかに導入された1995年以降、サプライ・チェーン・マネジメントが整備され社内稟議は電子決裁システムに移行しeラーニングを受講する中サイバーセキュリティ技術も体得したり。いち早くEdTechドップリの日々を経たからか2001年、日本版401k(確定拠出年金)を即ちチャンスと捉えてマイポートフォリオの運用開始。拙コラム “ 意味深なセマンティック相場 ” で報告の通り元本500万円は10倍超となり地方都市の不動産投資に切り替え、退職、移住を敢行。當にDXデザイン思考のお陰様。

そうして岡山市へ移住した2006年以降。再就職、転職に臨むにつけ私を強かに担保してくれるのが、これまたDXリテラシー。50歳台なら極めて難しいオフィスワーク職の転職も、大企業のブランチであるほどクラウドベースのCRM/顧客管理システムやSFA/営業支援システム、MA/マーケティングオートメーションを巧みに操る即戦力が求められるがゆえに、いづれも東京本社の人財大手企業や時として国内屈指の保険会社だったり今を時めくFinTech企業でさえ年齢克服、晴れてジョイン。當にイノベーション構想リテラシーのお陰様。


石混交のサイバー空間の情報から「玉」を抽出するネット検索リテラシー

なぜ移住先は岡山だったの?と、しばしば問われる私の仮説は、この街は「やがて人々を集める素晴らしい街になる」はず、という当時の私の仮説に起因すると思われる。いちいち説明が面倒なので用意してあるトークスクリプト(シナリオ)は「海の幸と山の幸に恵まれた晴れの国で一級河川が3本もある素敵な県だから〜」という無味乾燥とした内容ながら、じゃぁそのことをどうやって知ったの?とするツッコミは未だに皆無。

前述。情報通信業界において全国主要な大市場を走り回るマーケター職を担った私は47都道府県中44の県庁所在地を訪ねていたことから、地方の主要都市の土地勘は相応にある上に、あとは言わずもがなネット検索リテラシーのお陰様。全国津々浦々成長ポテンシャルを調べ上げ、居住地の選定を終えるやいなや移住の礎となる不動産物件の竣工(約3年前に)情報をキャッチし資料請求から購入契約へ。玉石混交のサイバー空間は、チャンスとリスクが混在する表と裏と闇の3部構成だから、これからを生きる人々に問われる、ICT教育

今の私はギークでもスーツでもないけれど、どこでも心豊かに生き抜く持続可能性を担保する、DXデザイン思考を授けてくれた社会に報恩謝徳したくICT教育に関し、地域に貢献するための出番に備えています。以下は蛇足ですが、5月3日マイナポータルから不備なくインプットした特別定額給付金のアウトプットは22日後。お世辞にも実用的とは言えないシステム改修の協力は惜しまないし、マイナポイント事業のPC予約に際し、レガシーブラウザ IE11が要求される痺れる環境サポートも、ICT教育の一環として私は厭わない。

サイバー社会を東奔西走する者の使命はデジタル・ディバイドの圧縮で、暮らす地域社会に貢献したい。


GIGAスクール構想の実現に呼応する「GIGA公民館EdTech構想」

身につけたアナロジー思考からGIGA公民館EdTech構想など続々繰り出されるアイデアを恣意で終わらせず、実行さらに実現へ導く技能をイノベーション構想リテラシーと定義づける私。どうしたら手に入る?

上述。先ほど立てた問いに対して一つ、ご報告。2018年11月の拙コラム “ QRコード決済の普及率と、地方創生に垣間見る緊密な関係。もし支払額の20%が還元される観光地や商店街があったとしたら… ” エントリーから1年9ヶ月を経て、“ がんばろう岡山市!スマホ決済最大20%が戻ってくるサマーキャンペーンのご案内 ” このような形で実現をみようとする今だから。“ 遠い類推 ” が秘めている仮説の検証を始めます。

新しい生活様式に呼応する新しい公民館のあり方について調べ学習、必要な話題を検索するなかGIGAスクール構想に辿り着き、≪文部科学大臣メッセージ≫ の拝読により、DXお節介の魂に火は灯り。実現へ導くイノベーション構想リテラシーを駆使した「GIGA公民館EdTech構想」の展開を目論んでいるところ。

子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現に向けて
〜令和時代のスタンダードとしての1人1台端末環境〜
≪文部科学大臣メッセージ≫

 12 月 13 日に閣議決定された令和元年度補正予算案において、児童生徒向けの1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するための経費が盛り込まれました。

 Society 5.0 時代に生きる子供たちにとって、PC 端末は鉛筆やノートと並ぶマストアイテムです。今や、仕事でも家庭でも、社会のあらゆる場所で ICT の活用が日常のものとなっています。
社会を生き抜く力を育み、子供たちの可能性を広げる場所である学校が、時代に取り残され、世界からも遅れたままではいられません。

 1人1台端末環境は、もはや令和の時代における学校の「スタンダード」であり、特別なことではありません。これまでの我が国の 150 年に及ぶ教育実践の蓄積の上に、最先端の ICT 教育を取り入れ、これまでの実践と ICT とのベストミックスを図っていくことにより、これからの学校教育は劇的に変わります。
 この新たな教育の技術革新は、多様な子供たちを誰一人取り残すことのない公正に個別最適化された学びや創造性を育む学びにも寄与するものであり、特別な支援が必要な子供たちの可能性も大きく広げるものです。
 また、1人1台端末の整備と併せて、統合型校務支援システムをはじめとした ICT の導入・運用を加速していくことで、授業準備や成績処理等の負担軽減にも資するものであり、学校における働き方改革にもつなげていきます。
 忘れてはならないことは、ICT 環境の整備は手段であり目的ではないということです。子供たち
が変化を前向きに受け止め、豊かな創造性を備え、持続可能な社会の創り手として、予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力を一層確実に育成していくことが必要です。その際、子供たちが ICT を適切・安全に使いこなすことができるようネットリテラシーなどの情報活用能力を育成していくことも重要です。
 このため、文部科学省としては、1人1台端末環境の整備に加えて、来年度から始まる新学習指導要領を着実に実施していくとともに、現在行われている中央教育審議会における議論も踏まえ、教育課程や教員免許、教職員配置の一体的な制度の見直しや、研修等を通じた教員の ICT 活用指導力の向上、情報モラル教育をはじめとする情報教育の充実など、ハード・ソフトの両面からの教育改革に取り組みます。

 今般の補正予算案は、すでに児童生徒3人に1台という地方財政措置で講じた ICT 環境整備に取り組んできた自治体、またこれから着実に整備に取り組もうとする自治体を対象に、1人1台端末とクラウド活用、それらに必要な高速通信ネットワーク環境の実現を目指すものです。そして、この実現には、各自治体の首長の皆様のリーダーシップが不可欠です。
 この機を絶対に逃すことなく、学校・教育委員会のみならず、各自治体の首長、調達・財政・情報担当部局など関係者が一丸となって、子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現に取り組んで頂きますよう、心よりお願い申し上げます。

令和元年(2019 年)12 月 19 日
文部科学大臣 萩生田光一


Society 5.0シティの実現に必要不可欠な「イノベーション構想リテラシー」

SDGs新しい生活様式のサスティナビリティを担保する新しい街づくりの哲学そのもので、地域の深淵に横たわるディープイシューを解決する技術の一つはDXであって、教育機関としての公民館が次の世代にとって有用であるには、どの時代においても安定的に社会イノベーションを涵養する創造拠点であることが重要。

岡山市政は大正・昭和のレガシーシステムである路面電車を延伸する馬鹿げた事業は即座に取り止め、GIGAスクール構想の実現前倒しのための予算の再配分が急がれましょう。イノベーション構想リテラシーを駆使することで、ピンチの顔をしてやって来るチャンスをモノにするのがDX技術を磨いて生き抜く私の使命…。

世界の教育ICT利用率ランキングで日本はOECD加盟国の中で最下位なれば、岡山令和刷新事業に勤しむ私。≪文部科学大臣メッセージ≫ に読むように、子供達はもとより人生100年時代に暮らす私達は仕事でも家庭でも、社会のあらゆる場所で ICT の活用が日常のものとなっており、そうした社会を生き抜く力を育むことこそ ICT 教育の目指すところ。教育機関としての既存の公民館が新しい生活様式を抱擁できる、より豊かな Society 5.0シティを創造する未来の教室であるための「GIGA公民館EdTech構想」を共有します。


ピョンと噺は飛んで、Society 5.0に臨む私がスーパーシティ岡山の実現を目論み自治体に向けて放ったOMO作品の新作は『地方議会のトリセツ』で、岡山市議会へ提出(郵送)した陳情第18号は、いつになく不採択ではなく継続審査と相成りました(嬉)。従い報恩謝徳、異能β 0 to 1チャレンジを継続いたします。

2020年7月5日 緊急報告: 岡山市議会Webサイト 請願・陳情の議決結果を閲覧の後、問い合わせたところ、未採決の「スーパーシティ」構想に関する陳情第18号は継続審査であることを確認いたしました。スーパーシティ岡山プロジェクトの実現に向けて精励するとともに、無念にも不採択となった陳情第14号ならびに陳情第20号に関連し、特定企業ファーストの岡山なれば “ 告白ドミノ ” の可能性も排除することなく、地方議会の刷新を更に厳しく進めることを、お誓いいたします。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『異能ベータープログラム』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DXデザイン思考イノベーション構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

“ 謹んで新春のご祝詞を申し上げます ” 2020年 子年

令和二年 年始ご挨拶のページ

子年の大絵馬 with 岡山芸術交流 @ 岡山神社さま by シファカさん.
謹賀新年
( A Happy New Year ! )


皆様には、お健やかな新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。独り徳業としての岡山令和刷新事業を倦まず弛まず継続しますので、

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
令和二年 元旦 構想アーティスト 菅野敦也


ホーム > サイトマップ > サンベルディエールの想い > 年頭ご挨拶
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

“ 謹んで新春のご祝詞を申し上げます ” 2019年 亥年

平成 三十一年 年頭ご挨拶のページ
亥年の大絵馬 with 岡山芸術交流 @ 岡山神社さま by シファカさん.

謹賀新年
( A Happy New Year ! )


皆様には、お健やかな新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。

本年も何卒よろしくお願いいたします。
平成 三十一年 元旦 SunVerdir CIO 菅野敦也


ホーム > サイトマップ > サンベルディエールの想い > 新年ご挨拶
Copyright (C) 2005-2019 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ