政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

┠ 岡山を綴る紀行文

試行錯誤ドリブン:日替わりマスターは地域の社会課題を解決するか !? 既に起こった「メタバース勤務」の未来。味のあるリアル空間が大事!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
インクルーシブDXエージェンシー ” 実証のページ

日替りママプロジェクト A stranger's day !!
1杯飲んで社会課題の解決に加担する粋な PUB

英語できないソースコード書けない、いわばサルの私の唯一の取り柄は、試行錯誤ドリブンな生き様。即ちそれはニューノーマル時代のお金を使わず楽しむ遊び方であり、退屈する暇のないPoCな毎日。

その仮説を検証したく忽ち、試行錯誤へ GO!

と、少しだけ、メタバースの近未来に関し述べておきたく。先般 Sponichi Annex “ ひろゆき氏「ゲーム業界では既に枯れている」 Facebookの「メタバース」事業進出に持論」 ” を拝読する中、無名の私は著名人の見解とは正反対で、the Metaverse いよいよか…と率直に。それ即ち、He Is The One 時代の幕開け。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

何おか言わんや。在宅勤務はスーッと消え “ メタバース勤務 ” は当たり前になりますよね!というお噺。


他方リアル社会を主に暮らした私たちは、リアル空間に漂う心地よい雰囲気、触れ合う触覚、味覚を忘れない。朝市で散見する交換経済は近い将来マーケットの主流を担う、その想像は米国インフレ率推移を鑑みるとき難くなく、以降、OMO表記は「Offline Merges with Online」に変わる場合の想定も必要、あれこれ。

メタバース普及一択の理由とは、世界観の拡張
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00543/00001/
セカンドライフとは似て非なり。死生観が背景

あらためて『拡張現実的』を上梓なされた川田十夢さんは、He Is The One だと断定する私。メタバースは普及するか? そんな愚問は「メタバース勤務」で解消されましょう。議論好きな方々は、思うに、RPG或いはセカンドライフの延長線上でメタバースを考えているように思われます。

当時と今。COP26、SDGs.e.t.c...について真剣に考えるようになった私たちの世界観は一変しており、バックキャスティングで未来の事業構想を膨らませる人々は劇的に飛躍的に増えています(そのハズ)。世界観は、豹変

メタバースは暮らす我が街のグランドデザインを描いたり、世界の理想像を現実のものにする。そんな事業構想を膨らませるには もってこいのワークスペースで、當にクリエイターエコノミー



あと20年くらいは OMO(Online Merges with Offline)社会が続くと仮定する私が構想する事業の一つは「OMO城プロジェクト」だったり「メタマルシェx〇〇」だったり。あわせて人類が6千年かけて紡ぎ醸成したお酒の歴史・文化を忘れず継承する為にも BARイベントは、なまら重要。ということで下記やります!


替りママプロジェクト A stranger's day !!
【 みんな違う顔を幾つか持っていて、それでいいんです。貴女も私も… 】

<< 岡山ボランティア実証 Day1 >>
日替わりマスターは、地域の社会課題を解決するか !?
キーワードは「多様性」と「包摂性」。それらを掲げて、素敵な出逢いの場を創ります。


拡散希望【 1杯飲んで社会課題の解決に加担する粋な PUB
※ 解決したい社会課題〔 https://higawarimama.com/
〜 人生色々移住も様々生きる愉しみ語るストレンジャー

11月20日(土)立ちますカウンター!やりますマスター !!
ということで “ 日替りママプロジェクト ” に颯爽デビュー☆

<< 11/20〔土曜日〕当日。日替わりマスター紹介 >>
北海道〜東京〜大阪を経て2006年、岡山へ漂着した私。小学生時分のバイト、新聞配達、肉屋に始まりビラ撒き、家教、塾講師、ツアコン。ある時は上場企業の管理職。人材企業で農業事業から転じて保険会社と思わば、NPOを立ち上げ、FinTech企業のアーリーステージにジョインしたり波乱万丈。

変化だらけの人生、これが楽しい^^。NO Change, NO LIFE!
<< 移住、転職、起業、政策.e.t.c... 人生百年。働いて笑おう >>
もぅほとんどビョーキ。で、11月20日(土)↓ ↓ ↓ やります !!

パブ日替わりママ(お店の住所): 岡山市北区内山下1丁目8-21
[ 18時〜22時 ] お好きな時間に☆彡 エバーグリーン内山下1階 108号

11月20日(土)
みな様のお越しを心からお待ち申し上げます (*˘︶˘*).。.:*♡



新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 既に起こった「メタバース勤務」とは
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

OmO城プロジェクト:日本の名城メタバースRPG観光振興プログラム

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山城 “ リブランディング ” 新規事業構想のページ

UXグロースモデル「アフターデジタルセッションズ」DX進化論
大 “ OmO ” の最大幸福:多様と包摂の地方

今お城が面白い。2006年3月、地方都市へ移住して以降「OMO(Online Merges with Offline)アート社会実験」を繰り返す私は現在、大規模改修中の岡山城の来秋リニューアルオープンに臨み、メタバースRPGを取り入れる、観光振興施策を構想中。

名づけて “ おも城(OmO-Shiro)プロジェクト ”( 根幹にあるのは名著『ソーシャルブレインズ入門』)
そう発信するなら「岡山城天守閣で飲み会をやらかす会」は必ず、リブートするはず。楽しみですね^^。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は、地方創生ソリューション・ジャーナリズム

※ 大阪アメリカ村に、東急文化村等。あの自律分散型社会の、若者が集う賑わいは岡山DAOで! ※


大 “ 多様 ” の最大幸福が実現するこれからの社会 from DX進化論.

本日サンデー。岡山県立図書館から拝借した旬の書を一気に拝読。学びは山の如しで、気づきは海より深く。

上記は『 DX進化論 つながりがリブートされた世界の先 』P.213に記された宮田 裕章教授の言説で、いわば地方がダイレクトに世界とつながる「地方創生DX」に通づる、「暮らしDX」をも裏打ちする嬉しい一冊。


引き続いて『 UXグロースモデル アフターデジタルを生き抜く実践方法論 』は珠玉。体験提供の販売スタイル「バリュージャーニー型」を腑に落とし、ゴーイングDXコンサーンを目論む経営層の、次代の指南書。


3冊目『 アフターデジタルセッションズ 最先端の33人が語る、世界標準のコンセンサス - L&UX2021 』は読みどころ満載。P.135〜「Whim」開発企業を創設したサンポ・ヒエタネンさん、関 治之さん、谷本 有香さん3者によるUXリッチな鼎談は素敵すぎ。岡山市政に公共交通MaaS提言を続ける私は、痺れっぱなし。


冒頭「城呑み」に戻りますが、岡山城天守閣に全国からDX人材が集まり呑み明かしたイベント「岡山城天守閣で飲み会をやらかす会」こそ、“ おも城(OmO-Shiro)プロジェクト ” 構想の起点。試行錯誤ドリブンの Civic Techerが集えば街は必ず面白くなる。最大 “ OMO ” の最大幸福仮説を、岡山市で検証いたします。

編集後記 )
最大 “ OmO ” の最大幸福の根源は Matrix - He Is The One.であることを正直に告白しておきます^^。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > おも城(OmO-Shiro)プロジェクト
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

GO!FUN !! おかやま地産地消の第1弾は “ おかやま米の新米記念日 ” 〜 A Happy New Rice Day 〜 Certified by 日本記念日協会.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
広報DX “ おかやま米の新米記念日 ” ご紹介のページ

おかやま米の新米記念日
月15日は「おかやま米・地産地消の日」

2021年10月12日。JA全農おかやま発のニュースリリース “「GO!FUN!!おかやま地産地消」第1弾キャンペーンの開催について ” に、2006年。岡山市へ移住してきた、岡山県民15年目の新米の私の目は釘付けに(嬉)。そう、瀬戸内海が恵む海の幸はもとより、肥沃な大地を有す岡山県の山の幸は至高の極みで、こと岡山の米の美味しさは、當に究極。

地産地消のリブランディングに励む政策起業家にとって、記念日コンテンツは紛れもない天の美禄。

10月16日は、日本記念日協会代表 加瀬 清志さん、山田のおやじさんと、ぽん太さんのお繋ぎを目論む私。


カフェ定食ぽん太さんでランチ懇話会を催し、ミッションコンプリート^^。 ※

毎月15日は “ おかやま米・地産地消の日 ” ――。


GO! FUN!! おかやま地産地消」は、「ごはん」に掛けた「GO! FUN!!」を合い言葉にする、JAグループ岡山が制定した、おかやま米を中心とした岡山県産農林水産物の地産地消を促進する、年間プロモーション。


山リブランディング構想 2021秋 〜 健やかな成長を続ける街であるために 〜

おいしいネタを手にした私は “ Society5.0シティ岡山 ” の実現に臨み、リブランディングを継続します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 広報DX “ おかやま米の新米記念日 ”
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

うまいこと移住する生き方:「教育移住」のすゝめ for 選ばれる岡山市.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
教育移住DX “ Society 5.0 シティ岡山 ” のページ

教育移住DX人財と創る “ Society5.0シティ岡山 ”
安と折り合いをつける「移住教育」とは

10月8日(金)日本経済新聞社のWeb特集 データで読む地域再生の記事 “ 親子留学や教科担任制も 中四国の「教育移住」環境充実 ” に類推し、「移住先は教育で選ぶ! 〜全国のユニークな教育584〜」を想起するなか、忽ち浮かび上がった新種の問いは、親が選ぶ教育移住は相応に紹介されてるけれど、そもそも「移住教育」は見当たらず。摩訶不思議…。

「移住教育」とは、地方で心豊かに暮らすためのリスキリングを主とする比較的新しい教育の概念

そんな些末な問いはさておき、教育移住に注力なされる市町村の熱意に敬服。日経記事の筆頭は、教育移住の魁ともいえる「海士町 親子島留学」で、お次は徳島県の地方と都市を結ぶ新しい学校のかたち「デュアルスクール」」の委託事業である、おいでよ、わたしたちの町に “ デュアルスクール ” は、ドラスティック。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の私の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

さらに岡山県早島町のESD(持続可能な教育)の町づくりを目指す教育システム「はやしま学」が続き、グローバル社会で多様な他者と協働、共生を通してイノベーション創出力の涵養を目論む「せとうち留学」は圧巻。「香川県は、すべての公立高校、県立中学校で全国から生徒を募集します」の表記に後塵を拝する私。

人生100年時代なればこそ、新しい価値を生み出す力(リベラル・アーツ)の習得・体得は、極めて重要。


2006年、岡山市へ移住して早15年。教育移住は将に旬を迎えておりますが、あわせて移住教育が重要と考え立ち上げたNPO法人のアクセルペダルを踏む頃合い。その時ご紹介したい書は、『不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方』。本書を読む時おそらく移住の楽しみ方は、貴女の腑にストンっと落ちてくる。

だからこそ。岡山市を憧れの街へ変革するために、独り “ Society5.0シティ岡山 ” 事業を推進いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「教育移住」&「移住教育」のすゝめ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

劇団四季:準専用劇場を兼ねる、岡山芸術創造劇場。ブロードウェイに勝るとも劣らない、世界屈指の「ミュージカルの街」を目指そう岡山市!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
世界屈指の “ ミュージカルの街 ” を目指すページ


世界屈指の「ミュージカルの街」岡山市の岡山芸術創造劇場う負債にさせない! 忘れるな 三丁目劇場 !!

2020年7月 “ 岡山芸術創造劇場を「週末の風呂」「我田引水」よもや「腐った楽園」にさせない OMOアートふたたび。 Created by DX構想アーティスト. ” から1年がすぎ、Remember「アスポ岡山」 No more「三丁目劇場」が頭をよぎる。なんせ岡山の為政者は、わたり天下り口利き蔓延る施設管理運営者に資産を丸投げし、忽ち負債に変えてしまうから監視が必要。(公財)岡山文化芸術創造 !?

※ 本コラムは、芸術観なき首長に街づくりをさせてはならない。その警告を目的にしています。

益を分け合うムラ社会の構造を刷新し、藝術創造できる健全な岡山市へ!

さらに困ったことに岡山市政は、JR岡山駅から岡山芸術創造劇場へのアクセスを兼ねる路面電車の環状化に関し、岡山市が施設を整備、保有して岡山電気軌道に貸し付ける「完全公有民営方式」での整備を申し入れたというから開いた口は塞がらず。ここでも利益供与で得票を目論む、ムラ社会の力学の怖ろしさを思い知る。

経済的なBRTライナーに取り組まず、予算 100億円超に膨らむ「路面電車ロックイン」事業に躍起の様相。


そうやってわたり天下り口利きにより負債の山だらけになった岡山市。悲しすぎる現状を変えていくには、岡山市民の関与が極めて重要。ということで、もう資産を負債にさせない岡山市政の変革プロジェクトというデザインイメージのもと、大好きな劇団四季さんとのアライアンス・プログラムを提唱いたします。

パーパス・ドリブン。その志すところ、狙いどころは、“ 岡山市 ” をミュージカルの世界の代名詞に


団四季の準専用シアターを兼ね “ 岡山芸術創造劇場 ” を資産化する強かな戦略

至ってシンプル。ミュージカルの街 “ ブロードウェイ (ニューヨーク) ” に肩を並べる岡山市づくり!


劇団四季の公式ウェブサイト or 劇団四季公式YouTubeページへGo !!

特に難しいことはありません。岡山市のケイパビリティを高める手っ取り早い方法は、今や世界へ通づる劇団四季とガッツリ組むこと。どうやって組むかって、その手順はヤル気のある首長の輩出に尽力し、同時に出馬の彼と本件(もう資産を負債にさせない岡山市政の変革プロジェクト)について共有を済ませておくこと。

仮にも新劇場が利益配分の殿堂とならないよう、長老支配による資産の負債化の未然防止をも兼ねまして。

注) Wikipedia: キャナルシティ劇場〔概要〕より
〜 現在は、同行を引き継いだ西日本シティ銀行と、西日本新聞社が劇場の運営に深くかかわる[1]。かつてはRKB毎日放送も加わっていたが、四季側が特定のマスメディアに偏ることに危惧を感じたせいか、現在は一歩引いており、その分、NHK福岡放送局を含めた他の在福放送局でも、以前に比べて宣伝露出が増えている。〜
公益財団法人 岡山文化芸術創造は既に、特定のマスメディア臭を発散させているので注意が必要です

岡山芸術創造劇場の劇団四季準専用劇場構想に関しては、岡山市の救世主 浦上 雅彦さんに相談したい。岡山文化芸術創造人事は基本的に民間人主導の、シガラミに縛られないオープンかつ未来志向の組織に再編成し、京都劇場キャナルシティ劇場の経緯と現状を慎重に精査した上で、市民の総意に基づき結論づけるもの。

“ 岡山市 ” をミュージカルの世界の代名詞に新しい岡山市政なら必達できると私は確信いたします !!

※ 急ぎ相談に伺い、次月の戦略MTGについて打ち合わせて参りました。感謝の念に堪えません.(^^)人。


1988年『オペラ座の怪人』以来、観劇のたび感動に震えた私の記憶。ミュージカルって、いいですね^^。

劇団四季 The Bridge〜歌の架け橋〜」岡山公演。2021年9月5日(日)- 9月6日(月)あります(嬉)!


なれば岡山市を、若者と女性が集まる素適な街へと成長させる、グランドデザイン創りに集中いたします。


山市をどうやって芸術文化の街にするか? 世界に通づる日本のトップと協業するべし!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 劇団四季と組む岡山市ブランド化PJ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

広報DX: 岡山観光サポーター おもてなし隊! あいらぶ岡山で貢献 !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
広報DX “ 岡山観光サポーター ” 地方創生のページ
岡山観光サポーター おもてなし隊! あいらぶ岡山 !!

山観光サポーター おもてなし隊に登録☆彡

広報DXを駆使して岡山の魅力を無料で共有!

その目的において、Facebookページ( 2010年8月開設 2021年6月更新 )利活用のオウンドメディア “ あいらぶ岡山 ” を運営する経営DXラボ(本部:岡山市北区)は、このたび、公益社団法人 岡山県観光連盟が運営する “ 岡山観光WEB ” と連携する、岡山デスティネーションキャンペーン推進協議会の応援企画「岡山観光サポーター大募集!」に応募し、2021年7月5日。「岡山観光サポーター おもてなし隊」として登録いただきましたので、この場において報告いたします。誠に、ありがとう存じます(^ν^)

登録証のマスクした、ももっち・うらっち
   もんげーかわいいネっ (*˘︶˘*).。.:*♡

岡山観光サポーターとは

「岡山観光サポーター」には、おもてなし隊と応援団の2種類があります。
いずれか1つに登録することができます。

(( おもてなし隊 ))
・対象…岡山県内の団体、企業、店舗等(個人は除く)
・「岡山おもてなし3か条」を実践していただきます。
・「おもてなし宣言」を行い、実践していただきます。

例)笑顔で元気に挨拶します!記念撮影のお手伝いをします!岡山県産メニューを提供します!

(( 応援団 ))
・対象…岡山県内外に在住の個人、または、県外の団体、企業、店舗等
・「応援宣言」を行い、実践していただきます。

例)SNSで岡山の魅力を発信します!岡山を訪れてご当地グルメを楽しみます!

さて今日はサンデー。広報DXを駆使する観光サポートに加え、岡山市の成長戦略への転換を仕掛けたり。


何をか言わんや。ニューノーマルの観光キャンペーンは「岡山県へ遊びに来てね!」で終わりではなく、体験消費はもとより、ワーケーションのエッセンスをふんだんに盛り込むことが重要。異能vationプログラムにエントリーした、コンテンツマーケティング技術の洗練を兼ね、岡山観光サポーターとしての貢献に努めます。


なればこそ。志を掲げる有能なDX人材を岡山へ誘う、そんな地方創生コンテンツの配信を継続いたします。


山市が執るべき観光戦略とは !? 多様な人々が憧れる街づくりによる、移住促進戦略

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山観光サポーター おもてなし隊
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

イノベーションヒルズ構想 beyond 吉備高原都市スーパーシティ構想 .

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
おっへぇそぅ! “ おかやま吉備中央町 ” 応援ページ


シティ岡山.com | LINE Official Accountープンイノベーションの聖地が岡山に!

日本経済新聞社の記事 “ 吉備高原都市、起業家の街に イノベーションヒルズが構想 拠点開設、支援広がる ” を拝読し、思わず小躍りする私。昨年10月「岡山版「スーパーシティ」構想の魁は、おっへぇそぅ! 吉備中央町の遷都物語 〜 ローカルハブを目論む岡山県は「デジタル庁」創設の好適地」をエントリーし、市議会に「スーパーシティ」構想の陳情書を提出するなど、岡山令和刷新事業を推進中。


先般「行政のデジタル化の周回遅れで低下する岡山市のESG評価」エントリーで報告したように、新しい生活様式の方角を目指さない岡山の県都かつ政令指定都市の岡山市にとって、吉備中央町の気概は岡山市のヤル気を喚起する、有り難い刺激。“ 吉備高原都市 イノベーションヒルズ ” by イノベーションヒルズ株式会社.


過日。岡山県立図書館のリクエスト予約の書は『「よそもの」が日本を変える』で、ビズワン!「ミライビト」11月28日放送で紹介された株式会社ワイアードゲート(WIREDGATE Inc.)代表取締役社長 兼 Innovation Hills Inc. 代表取締役CEOの鈴木 肇さんはオープンイノベーションに不可欠な「よそもの」

札幌〜東京〜大阪を経て2006年、岡山県へ移住して以来。バカ者、よそ者を貫く私も、応援しています。


2021年7月22日(木)下記追記


岡山で吉備高原オープンイノベーション協会が設立総会 ” by 日本経済新聞社.

岡山県の経済人らが発足させた一般社団法人「吉備高原オープンイノベーション協会」の設立総会が21日、同県吉備中央町で開催された。会場となった国際オープンイノベーションセンターには、会員ら約60人が出席した。…… 続き


いま岡山市は衰退か、あるいは成長か、歴史的な分岐点に佇んでいます。岡山県の県都を担う政令指定都市の岡山市の衰亡は即ち、岡山県の凋落の未来とも。県都たる岡山市に暮らす私は岡山県の窮状に思いを馳せるとともに、少なからず県民として地域再興に貢献したく。衰退か、或いは成長か。選択するのは、岡山市民

日経新聞の記事 “ 吉備高原都市、起業家の街に ” に接し、あらためて県都変革の志を立てる次第です。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民は投票に行かず、しかも行動を起こさないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 吉備中央町 イノベーションヒルズ構想
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市民に力を! Power to the People in Okayama City !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
人民に力を変えよう!変わろう!岡山市 ” のページ

岡山市民に力を! Power to the People in Okayama City !!
You may say I’m a “ dreamer ” !?

いま岡山市は衰退の近未来へ、まっしぐら。先般の拙コラム “ 前回投票率【 28.35% 】汚名を返上。マニフェストスイッチ岡山市長選×◯◯新聞 !? 岡山市の未来は市民が選ぶ!協働キャンペーン開始 !! ” で回避策を提案してみたものの、天然リソースに恵まれ過ぎの晴れの国おかやま市に暮らす有権者の政治的無関心は深刻で、とにかく投票に行かない。

どおすりゃいいのさ 思案橋。と思いつき、歌や踊りが大好きな市民性に鑑み名曲をもって訴えることに。


パワー・トゥ・ザ・ピープル」の起源については『ジョン・レノン「Power To The People」解説:“僕は新聞を作るような姿勢でシングルを作っている”』が教えてくれる。それは聴き手の行動を促す政治的なスローガンの一つであり今回、私も拝借。歌詞の意味と解釈を岡山市民は想起し、行動されることに期待。

<歌詞和訳>Imagine – John Lennon 曲の解説と意味も ” あわせて名曲を追撃シェアいたします。


2021年7月20日(火)追記念ずれば花ひらく…。岡山市民の有志が動き始めました!


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、市民は投票に行かず、しかも行動を起こさないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Power to the People in 岡山市!
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

後楽園・岡山城【 屋形船:烏城水遊舟 】おかやま旭川遊覧クルーズ

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
広報DX “ おかやま旭川遊覧クルーズ ” 紹介ページ


造的破壊の検索クエリアート “ 広報DX ”
後楽園・岡山城【 屋形船:烏城水遊舟 】おかやま旭川遊覧クルーズ
DX経営技術を駆使する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、2021年3月24日。「言葉の力」で社会を変革する使命を纏った “ 検索クエリアート ” の概念をリリースしました。その社会的使命は、経営DXの推進はもとより、莫大なコストをかけずに衝撃の情報伝播効果を叩き出す、広報DX技術の共有。それらの研究開発も継続いたします。

と。今号のテーマは、『 いつもと違った目線で楽しんで! 旭川遊覧クルーズ開始へ 』by OHK岡山放送.

岡山後楽園岡山城フリークの私は記事を拝見するやいなやおせっかい魂が暴走してしまい、本ニュースを紹介せずにはいられない。岡山城を眺望する遊覧クルーズの就航は3月31日で1日8便を予定し、団体での貸切予約も可能。「旭川かわまちづくり」事業の実験運行は今年9月末までだそうですが、成功を確信しています。


観光遊覧クルーズの社会実験は岡山市や国、岡山商工会議所等で構成される官民組織によるもので、運営会社の代表は株式会社VIS-A-VISの代表取締役が兼務。他にもカヌーパークOKAYAMAが活躍し、岡山城下エリアの再興では岡山神社宮司が共同代表を兼務するカタマラン株式会社が奔走されており、将来が楽しみ。

4月上旬には群雄割拠の活動に一体感を育み、市や国とのワンストップ交渉窓口を担う一般社団法人旭川しろうちアライアンスがスタートアップを予定しているのだとか。これもまた、岡山版「スーパーシティ」構想の実現に近づく具体策として歓迎し、期待を膨らませる私は風の時代の風の人。広報DX支援を続けます。

以上。“ おかやま旭川遊覧クルーズ ” 情報が全国の旅行ファンに届きますように(岡山市どっと混む)。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山城: おかやま旭川遊覧クルーズ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山新銘菓 4月1日発売 “ パクチーゼリー ” 嘘みたいに美味しい小噺

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
検索クエリアート “ 岡山パクチー ” 広報のページ

パクチーケーキの材料
造的破壊の検索クエリアート “ 広報DX ”

DX経営技術を駆使する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、2021年3月24日。

言葉の力」で社会を変革する使命を纏った “ 検索クエリアート ” の概念をリリース。その社会的使命は、経営DXの推進はもとより、莫大なコストをかけずに強力な情報伝播効果を叩き出す、広報DX技術の共有。それらの研究開発も、継続して参ります。

と。今回エントリーのテーマは、『 新たな岡山のお土産「パクチーゼリー」誕生 』by OHK岡山放送.


自称パクチストパクラーの私は記事を拝見するやいなや爽やかな風味を直感してしまい、これを食せずにはいられない。発売は4月1日の予定で、岡山県内の高速SA・PAや道の駅、ホテルの売店等に並ぶそうですが、製造元の國和産業株式会社オンラインショップ「パクチーゼリー」ページなら既に購入できる模様です。

以上。“ Phakchi Farm Okayama ” 情報が全国パクチーファンに届きますように(岡山市どっと混む)。


※ 検索クエリアート “ 広報DX ” の専門Webサイト “ シティ岡山.com ” の閲覧も、よろしければ。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山「パクチーゼリー」おいしい小噺
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ