生涯学習ブログ

「生涯学習ブログ」は Society 5.0に臨む、経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生ソリューション・ジャーナリズムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

┠ 超教育・生涯学習

試行錯誤ドリブン:「衆院選」推し活。投票を率先垂範する若者の時代

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
選挙DX “ #わたしも投票します ” を応援するページ

素敵な未来への推し活を
シより推し。未来の選択が自分ゴト化する

西日本新聞Web刊 “ 1票は「マシ」より「推し」 コロナで政治が自分事になった若者 ” は示唆に富んでおり、興味深く拝読。先々週10月3日投開票の岡山市長選挙 2021に臨み、「首長ガチャ」の難しさを思い知ることになった試行錯誤ドリブンの私ではありますが、然は然り乍ら投票啓発活動をやめるつもりは微塵もなく。臥薪嘗胆ネタ探しする、そんな折柄。

もんげー嬉しい HuffPost Japanの記事 “ 菅田将暉さん、橋本環奈さんらが投票を呼びかけ。多くの人気芸能人が、一斉に声を上げた【衆院選2021】 ” に邂逅。新常態の、ニューノーマルの投票啓発活動なら、投票に行く人を推すことが大切で、投票を率先垂範する人を推す活動には徳を積む価値がある。即ち、推し価値…。

長老支配から脱する時、岡山市の未来は明るい。そう信ずる私は沼に落ちているのかも知れませんネ(汗)。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

VOICE PROJECT 投票はあなたの声 ” をブログで共有、#わたしも投票しますをフォローする推し活推進により、岡山市の投票率を推し上げ、健やかに成長できる政令市 岡山市の実現を目論む私。岡山市民をディストピアの沼に突き落とす「路面電車ロックイン」事業を阻止する為にも、政策起業家の務めを果たします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > VOICE PROJECT 投票はあなたの声
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

GO!FUN !! おかやま地産地消の第1弾は “ おかやま米の新米記念日 ” 〜 A Happy New Rice Day 〜 Certified by 日本記念日協会.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
広報DX “ おかやま米の新米記念日 ” ご紹介のページ

おかやま米の新米記念日
月15日は「おかやま米・地産地消の日」

2021年10月12日。JA全農おかやま発のニュースリリース “「GO!FUN!!おかやま地産地消」第1弾キャンペーンの開催について ” に、2006年。岡山市へ移住してきた、岡山県民15年目の新米の私の目は釘付けに(嬉)。そう、瀬戸内海が恵む海の幸はもとより、肥沃な大地を有す岡山県の山の幸は至高の極みで、こと岡山の米の美味しさは、當に究極。

地産地消のリブランディングに励む政策起業家にとって、記念日コンテンツは紛れもない天の美禄。

10月16日は、日本記念日協会代表 加瀬 清志さん、山田のおやじさんと、ぽん太さんのお繋ぎを目論む私。


カフェ定食ぽん太さんでランチ懇話会を催し、ミッションコンプリート^^。 ※

毎月15日は “ おかやま米・地産地消の日 ” ――。


GO! FUN!! おかやま地産地消」は、「ごはん」に掛けた「GO! FUN!!」を合い言葉にする、JAグループ岡山が制定した、おかやま米を中心とした岡山県産農林水産物の地産地消を促進する、年間プロモーション。


山リブランディング構想 2021秋 〜 健やかな成長を続ける街であるために 〜

おいしいネタを手にした私は “ Society5.0シティ岡山 ” の実現に臨み、リブランディングを継続します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 広報DX “ おかやま米の新米記念日 ”
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市民の未来像: LINEで自動運転バスが呼べる持続可能な茨城県境町と、大正時代の路面電車を延伸する政令市・岡山市。あなたはどっち?

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
ゴーストタウン行き “ 路面電車ロックイン ” 問題考

岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ
来の選択を促す岡山市民による岡山版MaaS

大正時代のインフラの拡張に数十億〜百億円超を費やす「路面電車ロックイン」を皮切りに、新常態、ニューノーマル時代に逆行する岡山市において、独りMaaSの取り組みを促すワタクシ。今日は地域変革の一助になればと考え “ LINEで自動運転バスが呼べる街 持続可能な“境町モデル”とは? ” をご紹介。新たな成長を目指す町、変化を厭い衰退する街…。

日経クロストレンド「MaaS2021:アフターワクチンの移動革命 第10回/全11回」の特集、茨城県境町の実証実験から得る珠玉の学びを、岡山市民みな様と共有できれば幸い。NAVYA ARMAは既に走っています。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

路面電車ロックイン」により岡山市をディストピアにしない為にも、政策起業家として務めを果たします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > LINEで呼ぶ自動運転 NAVYA ARMA
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

移住ガチャ人生確変論: ガチャされる側から「自己ガチャ」する人へ

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
ガチャDX “ うまいこと移住する生き方 ” のページ

移住ガチャ人生確変論:ガチャされる側から「自己ガチャ」する人へ
前流「自分を変革する」3つの方法とは

朝日新聞デジタル “ 「親ガチャでなく、国ガチャ」 論争の火付け役が語る世代間ギャップ ” はもとより日刊ゲンダイ “ 「親ガチャ」を巡る若者と上級国民の温度差…茂木健一郎氏の“正論ツイート”に反論続々 ” “ 「親ガチャ」を使うのは甘えなのか? 絶えぬ議論と厳しい意見に自立支援の専門家の言葉 ” を慎重に読み込み◯◯ガチャの拡張に仮説を立てたり。

大前流「自分を変革する」3つの方法――。そう、世界は自分を変えたい人であふれてる。とする仮説。


それも、あつ森攻略サイトの “ 離島ガチャのやり方と時間帯|離島での住民厳選 ” に目を見張り、そうなれば「社員ガチャ」を連想する経営者はいるかも知れないし、翻って「事業ガチャ」はおろか「社長ガチャ」を模索する事業部長がいても不思議なく。先般「首長ガチャ」に失敗した私の説得力はゼロですが…(汗)。

さて本題。大前さんの論説を取り敢えず鵜呑みにするなら、1. 時間配分を変える、2. 付き合う人を変える、3. 住む場所を変える。3課題を一発で解決する最適な方法は、紛れもなく「移住ガチャ」。『不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方』を読めば移住ガチャ人生確変の魅力は貴女の腑にストンっと落ちる。

なればこそ。岡山市を憧れの街へ変革するために、独り “ Society5.0シティ岡山 ” 事業を推進いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 移住ガチャ人生確変論: 自己ガチャ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

うまいこと移住する生き方:「教育移住」のすゝめ for 選ばれる岡山市.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
教育移住DX “ Society 5.0 シティ岡山 ” のページ

教育移住DX人財と創る “ Society5.0シティ岡山 ”
安と折り合いをつける「移住教育」とは

10月8日(金)日本経済新聞社のWeb特集 データで読む地域再生の記事 “ 親子留学や教科担任制も 中四国の「教育移住」環境充実 ” に類推し、「移住先は教育で選ぶ! 〜全国のユニークな教育584〜」を想起するなか、忽ち浮かび上がった新種の問いは、親が選ぶ教育移住は相応に紹介されてるけれど、そもそも「移住教育」は見当たらず。摩訶不思議…。

「移住教育」とは、地方で心豊かに暮らすためのリスキリングを主とする比較的新しい教育の概念

そんな些末な問いはさておき、教育移住に注力なされる市町村の熱意に敬服。日経記事の筆頭は、教育移住の魁ともいえる「海士町 親子島留学」で、お次は徳島県の地方と都市を結ぶ新しい学校のかたち「デュアルスクール」」の委託事業である、おいでよ、わたしたちの町に “ デュアルスクール ” は、ドラスティック。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の私の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

さらに岡山県早島町のESD(持続可能な教育)の町づくりを目指す教育システム「はやしま学」が続き、グローバル社会で多様な他者と協働、共生を通してイノベーション創出力の涵養を目論む「せとうち留学」は圧巻。「香川県は、すべての公立高校、県立中学校で全国から生徒を募集します」の表記に後塵を拝する私。

人生100年時代なればこそ、新しい価値を生み出す力(リベラル・アーツ)の習得・体得は、極めて重要。


2006年、岡山市へ移住して早15年。教育移住は将に旬を迎えておりますが、あわせて移住教育が重要と考え立ち上げたNPO法人のアクセルペダルを踏む頃合い。その時ご紹介したい書は、『不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方』。本書を読む時おそらく移住の楽しみ方は、貴女の腑にストンっと落ちてくる。

だからこそ。岡山市を憧れの街へ変革するために、独り “ Society5.0シティ岡山 ” 事業を推進いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「教育移住」&「移住教育」のすゝめ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

争点投票と、岡山市の主権者教育: 分断と対立を乗り越え、街は洗練される。浦上雅彦さん、大森雅夫さんの論戦に、深謝しきりの岡山市民。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>岡山市を責任の主体とする「岡山市交通局(仮称)」新設に関する陳情書
広報DX “ 主権者教育 ” を岡山市に根づかせるページ


政競争・争点投票を体験した岡山市の革新性

10月3日(日)20時01分。取り急ぎ、このたびの首長選挙に出馬されたお二方(届出順)、浦上雅彦さん、大森雅夫さんに私は、心から感謝を申し上げます。なぜなら2006年に岡山市へ移住し、2009年の岡山市長選挙から数えて今回で4回目となった投票において、これほど、夢と希望の萌芽をアリアリ感じさせてくれる岡山市長選挙は初めてだったから。

なんと言っても前回。2017年に行われた市長選挙の投票率 28.35%は、岡山の県都を担う政令指定都市・岡山市の有権者の1人として、同時に、岡山県の県民の1人として恥じるとともに、次の世代に対して申し訳ない気持ちで一杯になった記憶は辛辣で、今なお忘れることはありません。なればこそ、主権者教育の大切さを肝に銘じ、シビックテッカーの一兵卒となり、投票啓発活動を継続して参りました。

あらためて主権者教育とは、下記(知恵蔵mini「主権者教育」の解説より)
社会で起きている出来事について自ら考え、主体的に行動できる人間を育成するための教育。また、若者が有権者として政治に参加するための政治的教養を育成すること。2016年に選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられたことから、日本でも同教育の必要性が叫ばれるようになった。文部科学省は15年に「主権者教育の推進に関する検討チーム」を設置し、高校生向けに政治参加の意識を高める副教材を総務省と共同で作成した。また、各自治体の選挙管理委員会は学校などに職員や有識者を派遣し、出前講座や模擬選挙を行っている。(2019-2-21)

さて今回。保守分裂選挙を演じたご両名により争点投票へ展開、岡山市初の善政競争の萌芽に深謝しきり。

そうやって岡山市長選挙 2021の開票が始まる頃合い。いかなる結果であれ、岡山市民であり岡山県民であり政策起業家である私は、主体的に行動できる人材育成が目的であるNPO法人の運営を通じて、「分断」と「対立」のない地域社会、あるいは、健やかに成長する岡山市の街づくりに貢献することをお誓いいたします。


※ 本コラムは新岡山市長とシビックテッカーによる社会イノベーションの創出を目的にしています。

と、1つ提案。落選した候補者の登用こそ、岡山市のインクル―シブの見せ所。全国に響くこと請け合い。


点投票・善政競争を体験した岡山市は「分断」と「対立」を乗り越え、健やかな成長をはじめる。

健やかに成長を続けるSDGs未来都市へ岡山市を誘おうとする、その際。必須になるのは、シビックテック(Civic Tech)。岡山市の三大ロックインの解消にはオープンガバメントが必要で、陳情DXの洗練もまた不可欠。いづれにしても住民が岡山市政にきちんと街の声を届け、協業・協働することが必要不可欠。例えば、

頻繁に公共交通を利用する私のようなシビックテッカーが行政の課題解決に動かなければ街は変わらない。


私が急いでいるのは「岡山市交通局」を新設するであろう新市長と協業を始める、10月4日以降の準備。あわせて岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案)について住民アンケートを実施して、民意を確認した上で素案を中長期計画に落とし込み、可及的速やかに実現させることが重要。

そのとき、頻繁に公共交通を利用する私のようなシビックテッカーが行政の課題解決に動いて、街は変わる。


持続可能なスマートシティ岡山の実現。おかやま市 MaaS PJの推進もまた、パーパスドリブンな私の使命。

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 善政競争を経た 岡山市の主権者教育
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

広報DX: デジタル庁「デジタルの日」ページに掲載されました! 生き残りを賭ける地方メディアのソリューション・ジャーナリズムの すゝめ !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策起業DX “ デジタルの日 ” に報恩感謝のページ

デジタル庁「デジタルの日」ページ「経営DXラボのロゴマーク」
レスリリースは想いが籠る手づくりがいい

このたび、経営DXラボ(岡山市北区)は、デジタル庁コンテンツ「デジタルの日」賛同企業・団体の取組ページに登録・掲載いただきました。この場をお借りして、厚く御礼を申し上げます。みな様による闊達な閲覧を、何卒よろしくお願いいたします。

と、上述。多くの企業に愛される Pinterest Business を活用、コストをかけずにプレスリリースを配信。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の私の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

先般のエントリー “ パブリックアフェアーズ、サステナビリティ広報 ” や “ 新常態のリブランディングDX ” で言及してきたサスティナビリティ広報で重要なのは社会的な文脈で、それは、コンテンツマーケティングにおいても同義。加えて、ソリューション・ジャーナリズムを咀嚼し腑に落としておくことが、極めて大事。

あたらめて岡山市の難点に関し “ 世界が慄く、ジャパニフィケーション(日本化)。シュリンコノミクスを招いた、長老支配からの卒業「目指せ!投票率75%」プロジェクト !! ” エントリーをもって警鐘を打ち鳴らしてはいるものの、岡山のメディアの問題は強い偏向性のみならず、地域の問題の本質に迫ろうとしないこと。


なればこそ。岡山市を健全な街へ変革するために、独りソリューション・ジャーナリズムを継続いたします。


山市を変革 !? 地域社会の課題解決を試みる、ソリューション・ジャーナリズムを継続 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ソリューションジャーナリズム岡山
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

陳情DX: 岡山市を成長へ導く「試行錯誤ドリブン」の Civic Techer

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>岡山市を責任の主体とする「岡山市交通局(仮称)」新設に関する陳情書
広報DX “ シビックテック ” を岡山市に根づかせる頁


行錯誤ドリブン「みとくんなはれ」の気概

本日9月26日。マイポストから回収した岡山市による「岡山地域乗合バス共同経営推進室(仮称)」新設に関する陳情書(岡山市議会 陳情第15号)の不採択通知を読み、忽ち今年6月27日のエントリーの小見出し “ 陳情DXとは、デジタル陳情書 ✕ パーパスドリブン ” を想起するとともに、先般エントリーの小見出し “ 試行錯誤ドリブン「やってみなはれ」の精神 ” の続きを書きたくなり、サントリー 社風について 「やってみなはれ」の精神が社員を後押しし、「みとくんなはれ」の精神が会社を突き動かす。

それを読み返す今。2017年、大森市長に直接お手渡しした「岡山市民が創る提言書」に始まり、2019年に提出した「岡山市交通局」新設に関する陳情書。苦節4年を経て、「みとくんなはれ」の境地へと。

取り急ぎ本日。日本版MaaSを「やってみなはれ」の精神で岡山市に実装し、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関を再生するための、仕上げとしての “ 岡山市を責任の主体とする「岡山市交通局(仮称)」新設に関する陳情書 ” を「みとくんなはれの」気概を携え提出(郵送)。それを報告すべく共有いたします。

頻繁に公共交通を利用する私のようなシビックテッカーが行政の課題解決に動かなければ街は変わらない。


※ 本コラムは新岡山市長とシビックテッカーによる社会イノベーションの創出を目的にしています。


ンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックインの苦難・人災を乗り越えて

上述。岡山市が衰退一途である原因は概ね、1. ベンダーロックイン、2. 路面電車ロックイン、3. 天下りロックイン。岡山市で言う三大ロックインに集約されており、悪の枢軸を勤め上げた市長の首を挿げ替えれば岡山市は忽ち健やかな成長を始める。そのとき必須になるのは、シビックテック(Civic Tech)。なればこそ、

岡山市の三大ロックインを解消するためにはオープンガバメントが必要で、陳情DXの洗練もまた不可欠。


オープンガバナンスを問わば、コラム “ 神戸市でCode for Japan「コーポレートフェローシップ」プログラムが始まりました! ” を拝読することと相成り「大阪から考えるCivicTech(シビックテック)」に「シビックテック チャレンジYAMAGUCHI」何をか言わんや、岡山市民みんなで考える CivicTech が極めて重要。


内の公共交通網の現状と課題を踏まえ、何をすべきですか――。

上記は山陽新聞社Web刊 “ 岡山市長選 立候補者アンケート(中) まちづくり、人口減対策など ” の候補者に宛てた質問の一つで、その中あまりに不可解なのは「路面電車ロックイン」を主導している現職の大森市長の回答に「路面電車」の文字はなく、“ 岡山市「路面電車の環状化」費用負担 ” に全く触れていないこと。


岡山市民が負担するのは数十億円か、あるいは百億円超なのか……(汗)。JR桃太郎線のLRT化に躍起となり(結果は失敗)、あれほど「路面電車」の延伸あるいは岡山市内の環状ネットワークに尽力なされた現職 大森市長の公約と思しき文面から「路面電車」の文字は忽然と消えており、彼の不誠実さ老獪さに愕然…。

大森さんが説明責任を果たさないのは今に始まったことではなく、3選を目指すどころか、リコールが妥当。


私が急いでいるのは「岡山市交通局」を新設するであろう新市長と協業を始める、10月3日以降の準備。あわせて岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案)について住民アンケートを実施して、民意を確認した上で素案を中長期計画に落とし込み、可及的速やかに実現させることが重要。

そのとき、頻繁に公共交通を利用する私のようなシビックテッカーが行政の課題解決に動いて、街は変わる。


持続可能なスマートシティ岡山の実現。おかやま市 MaaS PJの推進もまた、パーパスドリブンな私の使命。


山市で Society5.0 の新規事業を次々創出? 急がれるオープンガバメント! 新岡山市政の誕生 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市の健やかな成長と CivicTech
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

新常態のリブランディングDX: コンテンツマーケティングと企業ブランドとエンゲージメントのエモい噺 〜 Public Affairs 政策起業論 〜

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
生存DX “ リブランディング ” 技術を共有するページ


Public Affairs 政策起業論とはューノーマルはクライアント案件またぞろ

地方都市暮らし15年。20代の同僚と歓談するなか新常態を痛感。昭和の男は就職忽ちローンを背負ってマイカー手に入れ何とかしてモテよう、なんていう目論みも今では、車はシェアが当たり前の生活財なので「お金借りてクルマ買う !? なんて経済観念の低いオトコなの」と一笑に付されるそうで……(汗)。他方、59歳の私に首都圏から舞い込むプロジェクト次々、有り難い悲鳴のニューノーマルとも(嬉)。

何故って? 1. PR(Public Relations:広報・渉外)、2. IR(Investor Relations:株主向け情報)、3. HR(Human Resources:人的資源)、4. CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)。先般 PA関連コラムに記した4つの『R』各々、個人がタダで発信できるから。しかも地方都市から。

無論それらを支える根本的コアな技術は「検索クエリアート」であり、東京〜大阪を飛び回った企業戦士を早めに卒業してキャリアを振り地方都市に息を潜め政策起業家となり新常態に備えてました!という噺は冗談が過ぎますが、いづれにしても個人のリブランディングこそ生存戦略となる時代の到来は確信しておりました。

あらためて4つの『R』のなかの4. CSR。こと、ステークホルダー・エンゲージメントの体得は極めて重要。


※※ PEP(Policy Entrepreneur’s Platform)HPより、明日の政策を起こす「政策起業家」※

サスティナビリティ広報で重要なのは社会的な文脈で、それは、コンテンツマーケティングにおいても同義。


ブランディングはニューノーマルを強かに生き抜く個人の生存戦略 by 菅野 敦也.

個人のリブランディングとは、時代や社会の変化に応じて豹変を繰り返し、価値を向上させること――。

コンテンツマーケティングとブランディングの関連をググらば “ コンテンツマーケティングのゴールはブランディング!?3つの注意点を押さえよう ” を速読することとなり、他方チュブれば(ユーチューブ検索の新スラング)『【ひろゆき】マーケティングの基本』が面白くて為になるから検索クエリアートは、誠に精強。

そこに派生した、Public Affairs 政策起業論。いつか仕上げよう…と昭和の男はエモい人生、送ってます。


なればこそ。岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革するための、善政競争DXに注力いたします。


山市を変革 !? 「世論」「政策」両面への対話を試みる、パブリックアフェアーズPJ を推進 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > リブランディングは新常態の生存戦略
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

実行ドリブン: 検索クエリ「岡山市長選挙 予想」より「投票率 予測」! 岡山市民みんなで考える CivicTech(シビックテック)ふたたび !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
STO論考 “ Code for Okayma ” 再チャレンジの頁

自由民主党 総裁選挙 2021 投票用紙
行錯誤ドリブン「やってみなはれ」の精神

昨年 2020年5月16日のエントリー “ Beyondコロナの GovTech(ガブテック)& CivicTech(シビックテック) Code for Okayama(コード・フォー・オカヤマ)想起録 ” を読み返し、岡山市の明るい近未来に思いを巡らせ、検索クエリアートを磨く今。

※ 本コラムは新岡山市長とシビックテッカーによる社会イノベーションの創出を目的にしています。

検索クエリ「岡山市長選挙」で現出する Googleサジェストの一つは「岡山市長選挙 予想」であることから、本稿のタイトルに当該クエリを挿入。加えて政策起業家の顔を持つ私の研究テーマ、岡山市長選挙の投票率予測を《 33.88% 》と記載し、さらに記録しておきたい直近の事業構想を、あわせてエントリーすることに。

そのとき上述した数値の根拠は如何なるものか。急ぎ検索クエリ「岡山市長選挙 投票率 推移」で得た岡山市Webサイト「最近の選挙結果」から2009年 44.06% → 前々回 33.34% → 前回 28.35%を転記。市井の人々から散々ヒアリングしてきた「選択肢がなくてアホらしいから投票に行かない」を想起、推論を開始。

ムラの政治力学、組織票が蠢き予定調和を続けた岡山市長選挙は今秋。争点投票へ移行し希望の萌芽あり。

ならば低下の一途だった投票率は、少なからず前々回を若干上回るものと憶測。そう類推するとき、実質的に保守分裂選挙となった岡山市長選2021の、いつもと異なる結果の想像は難くない。前回 有権者数575,925人のうち有効160,465票で、現職が128,821票を得て当選。今年2021年直近の有権者は583,237人と微増。


583,237人 x 33.88% ≒ 197,600票の行方は? 知名度では現職有利だが、保守分裂で自民は自主投票

前回 市長選の新人は31,644票を得ており、これは概ね現職への反対票と考え今回その7割強が新人に回るとするなら、22,200票。前回 投票率 28.35% → 33.88%(私の仮説)的中時の増加は37,100票で、争点なき前回選挙で投票スルーした有権者は果たして現職に投ずるか? その可能性は、かなり低いと考える私。

197,600票から現職有利とはいえない22,200票と37,100票を除くと、138,300票。前回2017年に再選した現職の推薦母体は、自民・民進・公明・維新県総支部であり今回、大票田の自由民主党と野党最大の立憲民主党の自由投票を鑑みて、現職が得る票は多めに見積もって138,300票の6割 ≒ 83,000票が、彼の取り分。

エイヤッと切り上げ現職 9万票を予想。従い新人 107,600票をもって新岡山市政は誕生、成長はじまる。
 ※ 予想は 2021年9月19日現在。根拠となる新情報や改定あれば時系列にて追記しようと存じます。

追記欄 )
・ 9/21 KSB5chより「期日前投票の初日 前回比 約1.8倍」報道あり。投票率向上、新人に追い風とも…
・ 9/22 候補者ポスターを拝見し、さらに現職の街頭演説を耳にして、9万票は遠いという直観を追記。


ンダーロックイン、路面電車ロックイン、天下りロックインの苦難・人災を乗り越えて

上述。岡山市が衰退一途である原因は概ね、1. ベンダーロックイン、2. 路面電車ロックイン、3. 天下りロックイン。岡山市で言う三大ロックインに集約されており、悪の枢軸を勤め上げた市長の首を挿げ替えれば岡山市は忽ち健やかな成長を始める。そのとき必須になるのは、シビックテック(Civic Tech)。なればこそ、

実行ドリブンやってみなはれ精神旺盛なシビックテッカーの私は、Public Affairs(パブリックアフェアーズ)を駆使してCode for Japanとの協業を模索。岡山市の希望、一縷の望みは、コード・フォー・ジャパン代表 関 治之さんの西粟倉村への関与で、珠玉のご縁を何とか岡山市まで延伸する試行錯誤を継続したい。

岡山市の三大ロックインの解消には、オープンソースの理解さらには、オープンガバメントが必要不可欠。


※ NPOの社会的インパクトを拡大する【 Social Technology Officer(STO)】新規事業の創出

オープンガバナンスを問わば、コラム “ 神戸市でCode for Japan「コーポレートフェローシップ」プログラムが始まりました! ” を拝読することと相成り「大阪から考えるCivicTech(シビックテック)」に「シビックテック チャレンジYAMAGUCHI」何をか言わんや、岡山市民みんなで考える CivicTech が極めて重要。

なぜ首長選挙の予想をしたのか…。「シビックテック」の未来新市長と創出したく、備えておくために。


首都圏と地方都市を調和させる、スマートシティ岡山の創出。それもまた、パーパスドリブンな私の使命。


山市で Society5.0 の新規事業を次々創出? 急がれるオープンガバメント! 新岡山市政の誕生 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市民みんなで考える CivicTech
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    Wiki プロフィールほか
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ