生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

┠ 超教育・生涯学習

スーパーシティ岡山B&G+K。国家戦略特区に岡山市内から、2エリア選定を提案! データ連携基盤整備事業の成功の鍵は「住民合意」が握る !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山版「スーパーシティ」構想 ” を考えるページ


スーパーシティ岡山B&G+K_20201021るごと未来都市。スーパーシティ岡山へ!

首相官邸トップ > 会議等一覧 > 地方創生 > 国家戦略特区 > “ スーパーシティ解説 ” ページに読む、日本型スーパーシティ。国家戦略特区制度を活用しつつ住民と競争力のある事業者が協力、世界最先端のSCの実現を目論む構想。成功の鍵は、住民合意。

なぜ今スーパーシティなのか? そう「問い」を立てるとき、スーパーシティ構想についての8ページから13ページの参照により「データ連携基盤」は、住民が抱える社会課題の解決に有効であることの連想を誘うことは可能。高齢者の通院対策を図るA市、観光を起点とするB市、健康・未病・医療を繋ぐD市のみならず、中小企業のビジネスチャンスを見出そうと考え大阪府市に専門部署を立ち上げたという報道は必読値千金。

あらためて、なぜ今スーパーシティなのか? 連日の国のデジタル化推進報道が類推させてくれる、岡山県ならびに岡山市のデジタル化の周回遅れ。それは経済産業上の地盤沈下を、さらには住民の暮らし向きの低下を連想させる。なぜ今スーパーシティなのか? スーパーシティ選定に必須の「住民合意」が急がれるから。

議会と住民が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT(バス高速輸送システム)構想は、地図メニューを展開、クリックで確認可。

このようにバックキャスティングで街のグランドデザインを描き構想を打ち立て、それらを計画に落とし込み早期に実現させようと目論むとき必要不可欠になるのはプロトタイプで、叩き台。これを起点に多彩な異論が吹き出すことは存知ながら、県都を担う岡山市をデジタル化で周回遅れにしないため、共有いたします。

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。



ータ連携基盤整備事業の成功の鍵は「住民合意」が握る !!

首相官邸トップ>会議等一覧>地方創生>国家戦略特区>スーパーシティ解説を精読するほど、様々なデータを分野横断的に収集・整理し提供する「データ連携基盤」によって齎される「住民福祉・利便向上を図る都市」づくりの説明が重要で、暮らす私達の理解が大事。そう考える、NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.

構想だけで「データ連携基盤整備事業」は実現しない。構想を計画に、計画を実行、未来社会は実現へ!


そこで、岡山市議会議員を務められる二嶋宣人様に視察をお願いし、メンター同志と臨時総会(岡山市スーパーシティ戦略リビングラボ)を開催。地域に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創る国家戦略特区(スーパーシティ)に岡山市が名乗りを上げる目的において、よりよい街への志を一つにできました。

住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現を目論む、岡山市スーパーシティ戦略リビングラボ。

スーパーシティ・オープンラボ参加団体として、また、スマートシティ・インスティテュート賛助会員に認定いただいた弊社は住民目線を第一に、有用な情報を市民レベルで共有し、「住民合意形成」に努めることで、スーパーシティ「データ連携基盤整備事業」による、世界が憧れる “ まるごと未来都市 ” を目指します。

二嶋様、藤井様、超教育ラボ.メンター同志みな様。引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

がんばろう岡山!!

岡山版スーパーシティ構想を掲げる「NPO法人超教育ラボラトリーInc. (代表菅野敦也)」の総会が、岡山市議会議員 二嶋宣人さん、逢沢一郎衆議院議員秘書...

太田 修二さんの投稿 2020年10月21日水曜日

※ 御礼: 太田様。私達の志を力強く、分かりやすく共有くださり、ありがとうございます。

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > スーパーシティ岡山エリア選定(案)
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山版「スーパーシティ」構想の魁は、おっへぇそぅ! 吉備中央町の遷都物語 〜 ローカルハブを目論む岡山県は「デジタル庁」創設の好適地

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
吉備中央町 ” のDXアライアンスに備えるページ
岡山版「スーパーシティ」構想を実現し、東京・大阪から地方へ移住される方々を笑顔でお迎えしたい!

っへぇそぅ!おかやま吉備中央町

全部の自治体がスーパーシティ化しないと日本の2050年はない――。JIJI.COM “「スーパーシティ」しか道はない 自民・片山さつき前地方創生担当相 ” に過日パシーンと膝を痛打していた私。そんな折中あまりにも嬉しい朗報 “ 岡山・吉備中央町、「スーパーシティ」申請へ ” が日経新聞Web刊より配信され、またもパシーンと膝を痛打(痛っ)。

折しも『ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021』がリリースされて、海の幸に山の幸ほか天然リソースに恵まれた交通の要衝、県都おかやま市は、100万はおろか300万都市への成長余力を秘めていると豪語していた最中。なれば首都圏から吉備中央町を目指す方々と、一緒に仕事ができるローカルハブを創りたい。



都物語の用意もある町! おかやま吉備中央町 !!

そもそも吉備高原都市には “ 「“第3新東京市”は岡山・吉備高原」のまじめな理由 ” というような遷都案が過去から燻っていて、JR岡山駅岡山空港吉備中央町を結ぶモノレールやリニアビークル構想は蒸発しているとはいえ「岡山版MaaS」が実現するとき同町は、世界を魅了するスーパーシティに孵化するでしょう。


このたびの吉備中央町による「スーパーシティ」構想エントリーは紛れもなく、岡山版「スーパーシティ」構想の起爆剤。そこでDX構想アーティストが考えるスーパーシティ案の1つ目は、岡山後楽園を始点として〜岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市民病院リットシティ岡山理科大岡山大学〜岡山後楽園を終点とする楕円のエリア。スーパーシティ案の2つ目は、岡山桃太郎空港リサーチパークを含む楕円のエリア。

いづれもKFSは、岡山市南区役所〜JR岡山駅〜リサーチパーク〜岡山桃太郎空港〜吉備中央町を結ぶ、BRTの整備。移住して約14年。東京メガ市場で燃え尽き寸前の企業戦士の小職を、元気溌剌に再起させてくれた岡山への細やかな恩返しこそ岡山市を持続可能な街にするための、岡山版「スーパーシティ」構想の実現。

JR岡山駅〜吉備中央町を結ぶ BRT提言コラム “ 岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システム ” および “ 都心と臨海地域とを結ぶ東京BRTについて ” & “ TOKYO BRT ” を参考としてリンクいたします。



デジタル庁ウェルカム岡山県! おかやま吉備中央町 !!

巷では “ デジタル庁は「福島県に作ったらいかが」…公明・山口代表が菅首相に提案 ” という報道を拝見しておりますが、デジタル庁の創設を問う時、ローカルハブのロールモデルを担うであろう岡山県を除く議論は無意味と謂えましょう。※ ご参考 週刊 経団連タイムス「デジタル庁の創設に向けた緊急提言」を公表

繰り返すまでもなく岡山版「スーパーシティ」構想の目的の本質は、人間中心の心豊かなSociety 5.0シティ創りで、岡山令和刷新事業の徳業の一つ。スーパーシティ岡山 as a デジタル庁の実現に臨む所存です。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > おっへぇそぅ!おかやま吉備中央町
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

「問い」を立てる力: 岡山市地域公共交通網形成協議会は何故これほど不毛なのか !? どうなる岡山? 運賃プール制、岡山版 MaaS のゆくへ

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
おかやま市 MaaS プロジェクト ” を考えるページ


岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティいを立てた 2014年6月1日から6年超

過去。私は、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質に「問い」を立てたのですが、あれから6年。他方2019年2月に開幕し、7回目を数える法定協議会 “ 岡山市地域公共交通網形成協議会 ” も毎度お馴染みの、平行線を辿っている模様です。公共交通がボロボロになったのは何故なのか? 答えは至ってシンプルで、岡山市の公共交通事業に関する「責任の所在」は曖昧だからです。

さて昨今。「問い」を立てるという思考の鍛錬法が巷のトレンドなので、テーマ学習の一例になればと想い、以降ご一緒に論考したいと存じます。最初の問いは、なぜ市民は公共交通を利用しないのか? 岡山市は政令市であるにもかかわらずクルマ社会は続くのか? 答えは簡単。基幹公共交通が整備されていないから。


ではなぜ基幹公共交通が整備されていないのか? 至って簡単。とうに廃線されいるはずの日本一短い日本一不要な大正・昭和のレガシーシステム 路面電車が街なかで独占的にクリームスキミングを続けており、結果的に並行して走る路線バスの収益は悪化。基幹交通を再生・整備する MaaS の導入が遅れているから。

本題に戻り、岡山市地域公共交通網形成協議会は何故これほど不毛なのか? 答えは簡単。この法定協議会は「利用者の視点」に立つ誠実な事業者と、グループ内の経営統合など合理化を怠る傍ら興業電車を走らせ収益性を悪化させる「唯我独尊」企業が激しく対立し、「共通乗車制度」等の重要審議事項は置き去りだから。

今年2月には、複数のバス会社による路線の共同経営を可能にする「運賃プール」制度に関する報道があり、国土交通省からは「日本版MaaSの実現に向けて」が配信され、すでに「共通定期券制度」導入済みの隣県では、広島を便利に旅するデジタルチケット「MOBIRY」がリリースされるなど、MaaS の普及は着々。

対照的に、参加者50名超と思しき岡山市地域公共交通網形成協議会の論点は稚拙で、怖ろしいほど不毛。


ではどうすればよいか? じっくり時間をかけ、社会の力点に善い働きかけを効果的に行うことが重要。

最初のアクションは岡山市の公共交通問題に関し、2017年8月30日(水)岡山市長に「岡山市民が創る提言書」の直接お手渡しを遂行。2019年11月以降、岡山市議会へデジタル陳情書の提出を開始。連続4回、不採択になったものの5度目の「岡山市議会 陳情第23号」は継続審議となり、静かに高まる採択の可能性。


旧態依然とする街を新しい生活様式の行動変容へ導く「BRT 導入のための、MaaS 激論」エントリーや、議会の品質を向上する「議員スコア」等の提言もまた怠ることなく、岡山の県民・市民の総意を洗練し、未来志向に基づく合意形成を目指して努力を継続いたします。なればこそ、おかやま市 MaaS プロジェクト


あわせて拙コラム “ 岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験 ” および、“ 都心と臨海地域とを結ぶ東京BRTについて ” & “ TOKYO BRT ” を「問い」立て資料としてリンクいたします。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市地域公共交通網形成協議会
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

スーパーシティ岡山リアライゼーション 〜 岡山は日本の希望 〜 ローカルハブ創生のロールモデルになる岡山市は「デジタル庁」創設の好適地

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
スーパーシティ岡山 as a デジタル庁 ” 提言ページ
岡山版「スーパーシティ」構想を実現し、東京・大阪から地方へ移住される方々を笑顔でお迎えしたい!

回転を始めた東京一極集中は未曾有の国難

全部の自治体がスーパーシティ化しないと日本の2050年はない――。JIJI.COM “「スーパーシティ」しか道はない 自民・片山さつき前地方創生担当相 ” にパシーンと膝を痛打した私。日経Web刊 “ 雇用調整、非正規で本格化 8月は120万人減 ” に連想するコロナ解雇の再加速は、物価の高い東京の移住ラッシュに火を点ける !? そんな想像は難くない。

Googleニュース検索クエリ「移住」結果ページに現出する “ 物価が安い地方に移住すれば出費は抑えられる? ” や “ 今、地方に移住するとしたらどこ? ” を読むなか全国津々浦々44都道府県の主要都市へ東奔西走したDXマーケターの私は、スーパーシティ岡山をロールモデル化しなければ日本の未来はない、と直観。


折しも『ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021』がリリースされるように、海の幸に山の幸ほか天然リソースに恵まれた交通の要衝、県都おかやま市は、100万はおろか300万都市への成長余力を秘めていると断言しても過言なく。なれば首都圏から岡山を目指す方々と一緒に仕事ができるローカルハブを創りたい。

巷では “ デジタル庁は「福島県に作ったらいかが」…公明・山口代表が菅首相に提案 ” という報道を拝見しておりますが、デジタル庁の創設を問う時、ローカルハブのロールモデルを担うであろう岡山市を除く議論は無意味と謂えましょう。※ ご参考 週刊 経団連タイムス「デジタル庁の創設に向けた緊急提言」を公表


繰り返すまでもなく岡山版「スーパーシティ」構想の目的の本質は、人間中心の心豊かなSociety 5.0シティ創りで、岡山令和刷新事業の徳業の一つ。スーパーシティ岡山 as a デジタル庁の実現に臨む所存です。


京・大阪から地方へ移住される方々を笑顔でお迎えしたい! 〜 DX for Okayama

折しも『ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021』がリリースされるように、海の幸に山の幸ほか天然リソースに恵まれた交通の要衝、県都おかやま市は、100万はおろか300万都市への成長余力を秘めていると断言しても過言なく。なれば首都圏から岡山を目指す方々と一緒に仕事ができるローカルハブを創りたい。

上記は先ほど中段に記述した一文ですが、どうやってリアライゼーションすべきか思案のしどころ。「デジタル署名 Vs クラウドファンディング」と名づけた A/Bテストを思いつき、急ぎ実施したいと存じます。

デジタル署名のチカラで社会を変革する << DX for Japan : Concepts worth spreading >>

岡山版「スーパーシティ」構想を実現し、東京・大阪から地方へ移住される方々を笑顔でお迎えしたい!

↑ ↑ デジタル署名 Vs クラウドファンディング ↓ ↓ A/Bテスト実施中

クラウドファンディングのチカラで << DX for Japan : Concepts worth spreading >>

繰り返すまでもなく岡山版「スーパーシティ」構想の目的の本質は、人間中心の心豊かなSociety 5.0シティ創りで、岡山令和刷新事業の徳業の一つ。スーパーシティ岡山 as a デジタル庁の実現に臨む所存です。

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > スーパーシティ岡山 as a デジタル庁
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山版「スーパーシティ」構想の認定を決定づける『 ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021 』〜 岡山は日本のスイスかリトアニア 〜

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021 ” に感謝するページ

岡山版「スーパーシティ」構想
便利な生活可能「スーパーシティ構想」

Googleニュース検索クエリ “ スーパーシティ ” 結果ページの上位を暫く独占していた前橋市松本市の記事を下位へ追いやる『超便利な生活可能「スーパーシティ構想」の認定狙う大阪』に目は留まる。他都市の認定努力に接し、岡山市は少し焦るべきと思いつつも、海の幸に山の幸。天然リソースに恵まれた交通の要衝、県都おかやま市は100万はおろか300万都市の成長余力を秘めており、問題なし。

そんな素敵な街に人口減少を強要した難題の一つは公共交通の進化を阻害する路面電車ですが、閉塞社会で暗躍した地元エスタブリッシュメントはコロナ危機以前から揺らいでいたので、岡山版 MaaSの導入等による改善の始まりは時間の問題(嬉)。さらに嬉しい追い風はミシュランガイドで、岡山にとって好いこと続き。


岡山版「スーパーシティ」構想の目的の本質は繰り返すまでもなくSociety 5.0シティで、それは人間中心の心豊かな街づくり。況や食材の豊かさをや。そのとき『「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」を10月9日、「ミシュランガイド東京2021」を12月10日に発売決定』のリリースに、感謝せずにいられません。



本がデジタル化で遅れる決定的な構造要因 〜 DX for Okayama

そうやって拙ブログを書き連ねているうち、秀逸なレポートを拝読しましたので取り急ぎシェアします。

東洋経済ONLINE “ 日本がデジタル化で遅れる決定的な構造要因 ” P6.「スイスが小国なのに国際競争力が高い理由」を読めばBeyondコロナの地方創生は分かるし、どうすれば岡山を成長する街に変えられる?と問いを立てれば、コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 にお引き取りをお願いすべきと即座に分かる。

人口280万人のリトアニア共和国を見倣い、岡山版「スーパーシティ」構想をもって岡山をDX先進県に!

冒頭。海の幸に山の幸など天然リソースに恵まれた交通の要衝、県都おかやま市は100万はおろか300万都市への成長余力を秘めていながら、なのに何故に人口減少してしまうのか。それは変えられる、と信じるDX人財による “ 岡山令和刷新事業 ” 。徳業の志士が岡山版「スーパーシティ」構想を必ずや実現いたします。

DXのチカラで社会を健やかに変革する << DX for Japan : Concepts worth spreading >>


スイスが小国なのに国際競争力が高い理由

さきほど小国のDXの事例に触れましたが、地方創生においても、ある小国が参考になります。スイスです。スイスは小国でありながら国際競争力ランキングの上位です。その要因は煎じ詰めると「優秀な人材や企業を国外からひきよせている」からです。なぜそんなことが可能なのかといえば、事業環境×教育環境×生活環境が三位一体で優れているためです。地方創生=産業とイメージされがちですが、事業環境だけでは人は集まりません。例えば、優秀なAIエンジニアは働く環境があっても、生活環境や教育環境が優れていなければ家族を連れていけず、わざわざ国外から移住しようとは思わないでしょう。

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「地方議会を動かす『デジタル陳情書』」からの再掲と相成りますが、「岡山版「スーパーシティ」構想」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ミシュラン「スーパーシティ」岡山
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

規制改革・行政改革ホットライン(縦割り110番)は「SDGsイノベーション」パワーを育む構想アーティスト、DX人財の登龍門。

<< DX for Japan : Concepts worth spreading >>
遠い類推に長けた “ デジタルトランスフォーメーション人財 ” を定義づけるページ

規制改革・行政改革ホットライン(縦割り110番)について
SDGsイノベーションが牽引する真の地方創生

アドラー心理学でいうところの「目的論」の考え方にほぼ合致する私は、内閣府HP「規制改革・行政改革ホットライン(縦割り110番)について」をクリック忽ち、内閣府ホーム > 内閣府共通意見等登録システム “ 規制改革・行政改革に関する提案 ” ページに設置された提言フォームに入力を開始。その目的は、自治体DX計画による魅力ある地方づくり。

市営地下鉄の整備など公共交通機関の発達とともに美しい北の都へ成長を遂げた札幌市から上京し、東京〜大阪のメガマーケットを主戦場にマーケターとして全国津々浦々東奔西走した私が移住の地に選んだのは、岡山県岡山市。海の幸に山の幸。天然リソースに恵まれた交通の要衝である県都おかやま市は100万都市の実力を秘めながら、放置された幾多の難点により人口減少中。問題の本質は、地元のエスタブリッシュメント


どうすれば岡山を健やかな社会に変えられる? << 議会の品質 : Concepts worth spreading >>


政改革ホットライン(縦割り110番)は SDGsイノベーション 〜 DX for Okayama

冒頭。アドラー心理学でいう「目的論」に寄り添う私は、河野太郎さんの行政改革目安箱(縦割り110番)を拝読忽ち、つい先日。入札参加資格審査申請に必要な公的証明書を揃えるために東奔西走した記憶に基づき、下方に添付の通り、提言エントリーを実施しました。街をダメにするのがなら、街を創生するのも

日経Web刊 “ 自治体DXへ予算5倍 総務省、21年度に38億円 ” に読むように、デジタル後進国と揶揄され久しい日本は今ようやく、国をあげてデジタル化に取り組み始めました。同様に “ テレワークで地方移住、最大100万円補助 政府21年度から ” より東京一極集中クライシスへの対応、移住を促す地方創生事業への国の本気度を見て取る訳で、どうすれば岡山を健やかな社会に変えられる? 目的の自問自答を続け健やかな未来を見据えるDX人財は正に、コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 にお引き取りをお願いする場面。

DX人財とはSDGsイノベーションを誘発して人間中心の Society 5.0 へ誘う、Trailblazer(先駆者)。

事業は人なり、街創りは人なり。健やかに成長できない地方の、デジタル化で周回遅れになる問題の本質は言うまでもなくベンダーロックインにあり、それを理解できない人々が自治体DXに取り組む街は早晩終わる。このたびの内閣府共通意見等登録システムに活路を見出す私は、下記。速やかに提言エントリーを実行。

変えられると信じるDX人財による、“ 岡山令和刷新事業 ” 。徳業の志士が岡山を必ずや変革いたします。

DXのチカラで社会を健やかに変革する << DX for Japan : Concepts worth spreading >>

提案事項名(タイトル)(50字以内におまとめ下さい。):

入札参加資格審査申請のオンライン化を望みます

提案の具体的内容(300字以内、できるだけ具体的に御記入下さい。):

⇒ いつも、お世話になります。

省庁および地方公共団体の入札参加資格審査申請に関し、オンラインからの申請を可能とするための、データ連携を何卒よろしくお願いいたします。

提案理由(700字以内、できるだけ具体的に御記入下さい。可能な限り、提案が実現した場合に想定される経済的又は社会的な効果についても、具体的に記載して下さい。(消費や投資の促進、コストの削減、許認可等取得期間の短縮など)):

⇒ 下記は具体例ですが、

・岡山県の入札参加資格審査申請
https://www.pref.okayama.jp/site/321/list328-1559.html
・岡山市の入札参加資格審査申請
https://www.city.okayama.jp/jigyosha/category/5-3-3-0-0-0-0-0-0-0.html

上記の申請において、

1. 申請時に求められる証明書類は、(1) 納税証明書(国税)、(2) 納税証明書(岡山県税)、(3) 滞納無証明書(岡山市税)、(4) 滞納無証明書(法人代表者の岡山市税)、(5) 現在事項全部証明書ほか多彩であり、取得に要する時間と費用は膨大。国によるデジタル化、データ連携をもって解消されますことを切望いたします。

2. 入札参加資格審査申請の際に作成する書類は膨大かつ、省庁や地方公共団体すべての様式はバラバラで、作成に費やす時間と費用は莫大。国によるデータ連携、プラットフォーム化をもって解消されますことを切望いたします。

3. 国によるデータ連携をもって「入札参加資格審査の申請様式の統一」「公的な証明書類の割愛」あわせて「全国共通プラットフォームから申請ができる」、入札参加資格審査申請のオンライン化を切望いたします。

上述につきまして、ご対応くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「地方議会を動かす『デジタル陳情書』」からの再掲と相成りますが、「岡山版「スーパーシティ」構想」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 行政改革ホットライン(縦割り110番)
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

コロナ倒産。大失業時代の「国民のために働く内閣」!? 急がれる雇用創出のための国家プロジェクト! 求ム「スーパーシティ」特命担当大臣 !!

<< DX for Japan : Concepts worth spreading >>
 大失業時代の “ スーパーシティ岡山 ” 啓発のページ

Beyondコロナ 国家プロジェクト Society5.0シティ
民のために働く内閣の特命は、雇用創出

2020年4月26日 “ 緊急提言: 国家プロジェクト「スーパーシティ」構想 ” を打ち上げて間もなく半年が過ぎる頃。9月21日には東京新聞社より『スーパーシティ 前橋市が特区申請を正式表明 ICT活用しサービス向上』、9月24日には市民タイムスWEBより『「スーパーシティ構想」松本市が応募へ 社会デジタル化に特区活用』など続々報道を散見するようになり、私は一安心…するはずはなく……。

コロナ倒産コロナ解雇はじめ、逆回転を始めた東京一極集中の災禍に備える国の緊急政策は、雇用創出事業を除いて語るに及ばず。片山さつき氏が啓発なされる “ 「スーパーシティ」構想しか道はない ” は、国の大規模公共事業に価する内容であり、これを地域に落とし込んだものが、岡山版「スーパーシティ」構想


菅新内閣は速やかに女性閣僚として片山議員を迎え、「スーパーシティ」特命担当大臣に任命されたい。


難。東京一極集中の逆回転を助くスーパーシティ 〜 DX for Okayama

コロナ倒産、コロナ解雇、コロナ移住。行動変容を督促する新しい生活様式に適応するための国家プロジェクトは、「スーパーシティ」構想のほかに見当たらず。持続化給付金雇用調整助成金はじめ現状維持に費やされる公的資金は対処療法でしかなく、その継続は即ち国家の滅亡。3密回避。東京から地方を目指す人々が加速する現実に直面するなか、地方へ移住する優秀な人々に活躍いただくための国の公共事業こそ、ローカルハブを幾つも誕生させる、地方版「スーパーシティ」構想の実現。構想実現のキモはデータ連携基盤とAPI。


構想実現のキモはデータ連携基盤とAPI

構想の領域は幅広く、決済の完全キャッシュレス化、行政手続のワンスオンリー化、遠隔教育や遠隔医療、自動走行の域内フル活用など生活全般をカバーする。そのため、国家戦略特区を活用し、複数分野の規制改革を同時・一体的、かつ迅速に実現することで、実現に向けた規制改革を大胆に進めていく。まず、公募で選定されたエリアの事業計画案を基本構想として認定し、実現に必要な複数の特例措置を各府省一体で検討するという順序を踏む。住民の同意を得たうえで国に申請し、首相がトップダウンで関係省庁に要請することで手続きを迅速化する。

片山さつき先生の千里眼に敬服する私は、岡山版「スーパーシティ」構想の実現に臨み、志を高く掲げて働くことを、厳かにお誓いいたします。岡山の未来がお健やかでありますように.人。と独り祈りつつ…。

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「地方議会を動かす『デジタル陳情書』」からの再掲と相成りますが、「岡山版「スーパーシティ」構想」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DX for 国民のために働く内閣 .
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

東京一極集中の終わりは、地方の高度成長期の始まり 〜 週刊ダイヤモンドの衝撃 〜 岡山版「スーパーシティ」構想 DX for Okayama

地方エリートの没落 ” DIAMOND online ショックのページ

岡山版「スーパーシティ」構想
方エリートの没落 地銀・地方紙・百貨店

<< D4J : Concepts worth spreading >>を掲げる私は、札幌〜東京〜大阪を経て2006年。年俸1本超の管理職ポジションを離脱し、岡山へ移住。以降はフットワークの軽い非正規として、自治体の外郭団体や大企業のブランチに勤務し暗黙知を深める傍ら、大企業(地方の中小企業では稀)ならではの完全週休2日と有休完全取得の利を活かし、形式知を深める研究機関を兼ねた法人を運営しています。

座右之銘は、天は自ら助くる者を助く――。折しも新政権を指揮する菅さんの理念「自助・共助・公助」 が個人切り捨て!として批判する向きはありますが、自由意志で退職、移住、転職を繰り返し、社会起業に勤しむ者にとって、とても自然なことだと感じています。もとい。北野唯我さんのForbes JAPAN書き下ろし寄稿に気づかされることは、山の如し。いま私が立てる「共通の問い」は、岡山版「スーパーシティ」構想

なぜスーパーシティなのか? 菅首相「地銀多すぎる」発言が報道される中、地銀みな様「スーパーシティ」構想を静観している事象は私にとって不思議でなりません。あらためて地銀のボードみな様は、天は自ら助くる者を助くの精神のもと、地方版「スーパーシティ」構想の実現という「共通の問い」を立ててみては、いかがでしょうか。札幌〜東京〜大阪を経て地方へ移住しキャリアチェンジを繰り返す傍ら、SDGsからSociety 5.0を研究するNPO法人を運営する私の個人屋号は『 働き方改革 lab. 』。「誠の働き方改革コンサルタント」というキャッチは案外、まともかも知れませんね(笑)。お時間ある時よろしければ!……(転載)。

上記は【 移住し非正規として働き法人運営。臨床と研究と 】と題して今朝方 NEWS PICKSLinkedIn にシェアした内容なので、文脈の不自然さに気づかれた方は少なくないと存じます。さて本題は、『Harvard Business Review』(HBR)を手掛ける株式会社ダイヤモンド社 DIAMOND online の見出し『地方エリートの没落 地銀・地方紙・百貨店』が衝撃的であったこと。それは地方の難点を赤裸々に突いているから。


地方エリートの没落 地銀・地方紙・百貨店

各地の産業を支えてきた地方銀行、世論形成を担う地方紙、そして中心市街地の“顔役” だった地場百貨店――。地元経済を牛耳ったエスタブリッシュメントたちの足場は、新型コロナウイルス危機が起こる以前からすでに危うかった。彼らを襲う不安と窮状をえぐり出す。


京一極集中の終わりは、地方の高度成長期の始まり 〜 DX for Okayama

先般。スガノミクスに擬えたパロディ “ 菅野ミクスが日本を救う! ローカルハブを幾つも創る「スーパーシティ」構想 !! ” のエントリーにより、検索クエリ「菅野ミクス」結果ページの上位をしっかりキープ済み。SEO観点からコラムのタイトルや大見出し、小見出しに創意工夫を張り巡らせる DX構想アーティストの私は、しばしば閉塞社会の難点に迫るエントリーを敢行するのですが、概ねキャッチは意味深で、例えば地方議会の品質の向上を目論む「議員スコア」や「腐った楽園」、偏向報道を牽制する「Remember HIROSHIMA ! No more UTSUNOMIYA !!」や「コロナてんでんこ」等ストライクゾーンをかすめる、変化球が主体。

他方、今回 DIAMOND online の見出しはド真ん中のストレートのオンパレードで、脱帽するばかり。例えば “ 地銀「経営危険度」ランキング ” や「地方紙トンデモ列伝、取材先との癒着や前時代的な社風も」「地方紙が苦しむ3つの呪い、ロートル幹部・働き方改革・デジタル化の壁」、“ 名門百貨店「創業家」の栄枯盛衰ドラマ、神奈川・さいか屋は追放危機 ” 等々そこに重なる老舗企業、続々想起される、あの御方その御仁。

地方エリートの没落で、どうなる岡山? その問いに私は、岡山の高度成長が始まるよ!と即問したい。

私が預言者のはずはないけれど「東京一極集中の終わりの始まり」を書いた5月の時点で「コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 」の凋落を確信しており、岡山だけに限らず遍く地方は「スーパーシティ」構想に取り組むこととなり、その先に必然的に待っているのは高度経済成長。岡山市に限定するなら、大正・昭和のレガシーシステムである路面電車を廃線する事業に着手するだけでも街は見違えるほど、健全な成長を始めることでしょう。地元経済を牛耳ったエスタブリッシュメントたちの没落は、當に待ち焦がれた福音。


東京一極集中の終わりは東京の終わりじゃなく、東京と地方のハーモニーの始まり。そう私は信じます。

公共交通問題のみならず地銀においてはベンダーロックイン問題と、それを解消するためのスイッチングコストの負担あわせてシガラミを断ち切り成長路線に転換できるか、行動変容の決意が問われる場面。日経新聞の記事、「地方の銀行は数が多すぎる」。菅義偉首相の発言で地銀の再編機運が一気に高まってきた――。その流れに呑まれて再編の藻屑と消えるのか、それとも地方版「スーパーシティ」構想を足掛かりにスーパー地銀を目指すのか。東京一極集中の終わりは、地方の高度成長期の始まり。私と一緒に成長を始めましょう!

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「地方議会を動かす『デジタル陳情書』」からの再掲と相成りますが、「岡山版「スーパーシティ」構想」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。


※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DX for 地方の高度成長期の始まり
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

“ DX for Japan( D4J )” 働き方改革lab.が、岡山版「スーパーシティ」構想の実現を目論み、DX for Okayama を創設しました!

DX for Okayama ” プレスリリースのページ


岡山版MaaS パーク&BRTライド for Society5.0シティ方創生デジタルトランスフォーメーション

<< 徳業の志 : Concepts worth spreading >>をクレドに掲げ、オウンドメディア「生涯学習ブログ」を運営するなどDX技術を駆使する働き方改革 lab.(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を GOALに据えて、“ デジタル・ニッポン2020 ” に呼応する岡山版「スーパーシティ」構想を実現に導くための新機軸として、DX for Okayama を創設しました。

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama

スーパーシティ岡山ラボおかやま市 MaaS プロジェクト超教育ラボラトリーInc.等のシンクタンク群が育むイノベ―ショナルな徳業構想力を結集し、社会イノベーションの巻き起こしに注力いたします。


<< 議員スコア : Concepts worth spreading >>を駆使し、スーパーシティ岡山の実現に努めます。

日本のICTを世界最高レベルに! “ デジタル社会推進特別委員会


コロナ時代のデジタル田園都市国家構想デジタル・ニッポン2020とは


ニッポン期待の星 平井 卓也さん “ デジタル改革担当大臣に就任しました

令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『クライシス遠い類推』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DX for Japan DX for Okayama
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

“ Concepts for Society5.0 Design “ 働き方改革lab.が、岡山版「スーパーシティ」構想の実現を目論むクラウドファンディングに挑戦!

岡山版「スーパーシティ」構想 ” プレスリリースのページ

岡山版「スーパーシティ」構想
CSO(Concepts for Society5.0 Design)

“ Concepts worth spreading ” を基本理念に掲げるオウンドメディア「生涯学習ブログ」を運営する働き方改革 lab.(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、日本で初めてのクラウドファンディングサイト READYFOR において “ 地域未来構想20オープンラボ ” に呼応する岡山版「スーパーシティ」構想の実現をGOALに据えた、デジタル広告資金を調達するための支援プロジェクトを開始しました。

<< 議員スコア : Concepts worth spreading >>を駆使し、スーパーシティ岡山の実現に努めます。



内閣府では、「新しい生活様式」の実現等に向けて、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用し、地域で取り組むことが期待される政策分野を「地域未来構想20」として発表いたしました。



これらの20の政策分野の取組を推進するためには、,修譴召譴諒野に関心のある自治体、各分野の課題解決に向けたスキルを有する専門家(民間企業等を含む)、4慙∋楮を所管する府省庁の連携が重要であると考え、今般、上記三者のマッチングを支援する「地域未来構想20 オープンラボ」を開設しました。それぞれ関心分野や提供可能な技術・ノウハウ等をご登録いただくことにより、特定の分野の取組を進める上でのパートナーとのマッチング機会が増えますので、ぜひ積極的にご活用ください。

上記ご紹介とともに以下は、今をトキメク官房長官 菅義偉さんのデジタル庁創設検討に提言いたしたく。


ジタル省 総務庁、デジタル省 サイバーセキュリティ庁…
 〜 デジタル周回遅れ国家のドラスティックな省庁再編 〜

台湾や韓国などと比較され日本はIT後進国ぶりを露呈した――(日本経済新聞社 Web刊)。

上述。記事中に読むように、そもそもデジタル行政における日本の周回遅れは自明の事実であるがゆえ、各省庁にまたがるデジタル部局は「デジタル省(D省)」の新設をもって解消し、総務省などは「D省 総務庁」としてリスタート。なにより同時新設を提言する「D省 サイバーセキュリティ庁」は、組織体が整った時点で、国家安全保障の観点から防衛省へ移管する。それくらいのドラスティックさは必要不可欠かと存じます。


令和という新元号に臨み、マイライフワークは徳業により洗練されると考え立ち上げた社会事業の一つは “ 岡山令和刷新事業 ” 。そのコアを担う事業は、豊かに生きることのできる災害に強い自給自足の街づくり。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム『クライシス遠い類推』からの再掲ですが、「スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、ありがとうございます。


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Concepts for Society5.0 Design
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ