生涯学習ブログ

Society 5.0に臨む、菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生コラムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

┗ ブランドジャーナリズム

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『生涯学習ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

経営DXラボ。内閣府「地域未来構想20」オープンラボに参画しました!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地域未来構想20 ” 推進パートナー 広報DXページ
地域未来構想20 ” 経営DXラボ ”

報DXを駆使する風の時代の “ 経営DXラボ ”

オウンドメディア「シティ岡山.com」ほか複数を運営するなど、広報DX技術を駆使する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用する、内閣府「地域未来構想20」に参画しました。

 地域未来構想20オープンラボとは、
これら20の政策分野の取組を推進するためには、,修譴召譴諒野に関心のある自治体、各分野の課題解決に向けたソリューションを有する専門家(民間企業等を含む)、4慙∋楮を所管する府省庁の連携が重要であると考え、上記三者のマッチングを支援する「地域未来構想20 オープンラボ」を開設しました。それぞれ関心分野や提供可能な技術・ノウハウ等をご登録いただくことにより、特定の分野の取組を進める上でのパートナーとのマッチング機会が増えますので、ぜひ積極的にご活用ください。


持続可能な開発目標(SDGs)の達成を GOALに据え、あわせて “ 「スーパーシティ」構想 ” に呼応する、Society 5.0 岡山シティ創生事業の実現を標榜し、参画しています。何卒よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「地域未来構想20」オープンラボ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

風の時代の #わきまえない女 みな様と実現したい、岡山令和刷新事業。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山令和刷新事業 ” を敢行し実現に臨むページ


「邪魔な老害、粗大ごみなら掃いて」 捨てて豊かに。害が排泄した粗大ゴミを掃き出す風の時代

小田嶋 隆さんのコラム『森氏が五輪組織委トップに祭り上げられる理由。』を拝読して「ホモソーシャルのサル山の理屈」を理解し、あわせて #わきまえない女 たちや週刊文春『「男に媚びを売る時代は私で終わらせる」…自民党・野田聖子60歳が狙うのは「ポスト菅」?』により風の時代を確認する私。


森 喜朗さんの会見全文の類は東京に限らず、むしろ閉鎖性の強い地方都市では日常茶飯事のような感じがするので今さら論ずるつもりは毛頭なかりしも、一つ大事なことは、日本が、さらに岡山市のような閉塞社会までも変わる、変えようという気運が高まるのではなかろうか、という新たな希望の萌芽を直観しています。

イメージをいうなら、NHKスペシャル「2030 未来への分岐点」のテーマソングのような混沌とした世界。


2006年。岡山へ移住して以来、岡山市を成長する県都へ変えたいと感じ考え #わきまえないよそ者という怖ろしく損な役割を買って出て、長老支配の政治の大変革を標榜する徳業 “ 岡山令和刷新事業 ” の推進に尽力する毎日。#わきまえない女 たちのムーブメントは岡山でくすぶる私にとって正直正味、チャンスが到来。

公共エリアに時代錯誤の興行電車を走らせる惑溺の企業トップ、自治体DXを推進しない首長老害の魁。


孫さん曰く時代は追ってはならない。読んで仕掛けて待たねばならない。将に、脳がちぎれるほど考えよ。なるほど今年1月「ソフトバンク 孫会長が退任 宮川副会長が社長就任へ」を読ませる、時代を待つ御仁。翻って「邪魔な老害、粗大ごみなら掃いて」と言い放ち、「辞任するという考えはありません」という長老。

今ここ起きていることは、日本が民主主義に覚醒め、社会を変えようという気運の高まり、希望の萌芽。

健やかに成長できるはずの岡山を、健やかな岡山に変えようとする #わきまえないよそ者は、ホモソーシャルでマゾ化している岡山社会の空気を読む気はそもそもなく、「路面電車の延伸で岡山市は終わる」「議会の品質向上」や「恥ずかしい岡山市のESG評価」ほか、解決が待たれる難点多数に警鐘を打ち鳴らしています。

サル山のボスの一掃には #わきまえない女 みな様のお知恵お力が必要。何卒よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > #わきまえない女 岡山令和刷新事業
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

「大人食堂」を、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)、CBDC(中銀デジタル通貨)、東京の食料自給率は約1%。3点セットで考える。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国政機能の地方分散 ” の仕組みを考えるページ


住の緊急性を、すでに起こった東京に学ぶ
食材王国 岡山パクチーサラダの材料
Only the Paranoid Survive. 在住と出張を合わせて東京に25年ほど関与してきたパラノイアの私は、1995年。阪神・淡路大震災の当日は枚方市に暮らしており、その3日後に、救援物資を届けたく尼崎市から武庫川を渡り西宮市へ入った日の記憶は今なお鮮明。積める限りの飲料水を社有自転車の荷台に縛り付け、飲食店に届けて応援1日目は終了。人間万事塞翁が馬――。退職、地方都市へ移住を敢行する動機になったことは言うまでもなく、前回 “ 移住のすゝめ ” は、パラノイア誠心誠意のエントリーです。

さて、「市民の力でセーフティネットのほころびを修繕しよう!」を掲げる一般社団法人つくろい東京ファンドによる、社会のセーフティネットからこぼれ落ちないための施策 “ フミダン生活保護申請 ” に多くを学ぶ。「年越し大人食堂」はリアルの緊急対策で、フミダンは短期中期の社会保障DXの模範として重要。


東京では「自助」できない人が続出し、「共助」は限界。もはや「公助」しかないと考えるなら、移住を前提としたUBI(ユニバーサルベーシックインカム)の議論は外せない。東京の雑踏を知る者、その食料自給率 約1%に驚いた者、富士山噴火、首都直下型地震を憂うパラノイア。成否の鍵は、中央銀国デジタル通貨

デジタル通貨(CBDC)を使用したユニバーサル・ベーシック・インカム試験的開始 ” は、大きなヒント。


住が前提の地方創生ベーシックインカムは「マイナポータル」のDX推進で実現可能!

とっても困った困った、マイナポータル。だからこそ一気呵成に、国民にとって頼りになる暮らしのプラットフォームにトランスフォーメーションする好機は訪れました。デジタル改革アイデアボックス検索クエリ「マイナポータル」には多彩な提案が寄せられており、このチャンスを日本はモノにする、と私は信じます。

そうでなければ、もはや止まらない東京一極集中の逆回転クライシスにより日本沈没は実現してしまう。


無用な危機を煽るつもりは毛頭ございませんが Never say never. 首都直下地震は起こり得るのです。

未曾有の被害を受けて慌てふためき「激甚災害からの復旧・復興対策」を読んでも全く間に合わず、助かる者も助からず。それは天変地異のみならず、「気候テック」の動向を注視するとともに、遠ざかる東京オリンピックの経済的損失なども加味して、首都圏から地方への「移住支援金」の有効活用にも備えておきたく。

それも食料自給率 約1%の東京激甚災害が襲ったとすれば、もはや移住ではなく、脱出サバイバルに。


孫さん曰く時代は追ってはならない。読んで仕掛けて待たねばならない。将に、脳がちぎれるほど考えよ


方創生UBI(ユニバーサルベーシックインカム)。地方へ移住する人への社会保障

マイナポータルとは? 子育てや介護をはじめとする行政手続の検索やオンライン申請がワンストップでできたり、行政からのお知らせを受け取ることができる自分専用サイトです――(マイナポータルより)。

今後もぞくぞくサービス追加予定! そう明記するマイナポータルですから、地方創生ユニバーサルベーシックインカム制度の実装は難くはないし、給付方法は現金を介さない ICO や、マイナポイント事業の進化版はアリだし、急がれる CBDC(中央銀行デジタル通貨)が整備され機能すれば、給付は瞬時に着実に完了。

地方創生ユニバーサルベーシックインカム制度をブロックチェーン技術の上で成立させれば、生活必需品や公共交通運賃、保育や教育費等、使途を限定するバウチャー制度のメリットを付加することも、利用期限を設けることで未利用のクリプトカレンシーは必要とする人へ再配分され、再循環させることも可能にできそう。

今回このエントリーがローカルハブを幾つも誕生させる、国政機能分散型の強いニッポンを新たに創る、壮大な国家プロジェクト(国による大規模公共事業)。地方創生UBI提案が、その一助になれば誠に幸いです。

これからの東京を支えるのは、東京〜大阪を経由して心豊かに暮らせる地方都市へ移住し、生き抜くためのリスキリングを繰り返している私の責務。感謝を込めたスーパーシティ岡山プロジェクトを継続するとともに、上記の可能性については、デジタル改革アイデアボックスに投稿し、静かにシェアして擱筆いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO DX推進プロデューサー 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > UBI、CBDC、食料自給率を考える
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

【 風の時代の「風の人」】GXとDXの原点を、GXDX融合の人に観る!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
令和3年 “ GXDX融合イノベーター ” 宣言のページ

風の時代の「風の人」イメージフォト
ロナ下で最も変わったのは私でした…

12月4日。ロイターWEB “「グリーンとデジタルが成長の源泉」と菅首相、2兆円の環境基金設立へ ” に接するや、遠い類推にスイッチが入って「風の時代」がクロス。占星術には縁遠い私に確証バイアスが働き、風の人・土の人のマイ投稿を検索…。

2017年に拝読した(であろう)“ キーワードは「風の人、土の人」” にインスパイアされ、当時のTwitterの屋号は「風の人」。そこで本日あらためて、Twitter屋号を「GX 風の人」に変更。GX !? それを「ゴールデンクロス」と読む人は少なくないと思いますが、ここでは、GX(グリーントランスフォーメーション)…。


そうした言葉遊びはさておき、「風の時代」に移行したと考える私は、なるほど彼女は「風の人」に違いない! と痛感するニュースを拝見。その方は “ ごだいめチャンネル ” を運営する田村有紀さん。ストーリーテリングを主軸に据えたデジタルマーケティングは、いわば「広報DX」のそれ。誠に、お見事 m(_ _)m

風の時代なれば “ 尾張七宝焼DXアーティスト ” とお呼びしたい、イノベーションを巻き起こす風の人。


作品を製作・創作することはもとより、実際に自ら販売し、ステージのノウハウを活かしてプロモーション動画を作成・投稿したり、無料のブログやSNSで広報したり。UXあらばのDXイノベーションの賜物なのです。既エントリー “ UXリッチな「風の時代」のDX人材 ” の仮設が検証された気がして、独り喜ぶワタクシ。

尾張七宝 ” 。愛知の伝統工芸品に新しい風を吹き込むのは、やはり風の時代の「風の人」なのですね。


から始めればよいか忽ち分かる風の時代の「風の人」

クラウドファンディング “【残り8軒】消滅寸前の尾張の伝統工芸品・七宝焼の存続に力を貸してください ” を成功に導くなど、風の人に教わることは星の数。そうやって拙ブログに、感じたこと考えたことを書き記すと同時に、次々今年の仕掛けを張り巡らせる私。そのなかで、元日の提案から紐づいていたのは、下記。

本日1月4日(月)12時より! “ デジタル庁(仮称)の創設に向けて人材募集中。

あらためて内閣官房の特設ページに「風の時代」を確信しきり。200年超の時を経た風の時代こそ第四次産業革命と捉えるGXDX融合イノベーターは、Only the Paranoid Survive. 東京一極集中の逆回転に備えるがため地方都市に潜伏し、CPSの中を東奔西走するサイバー戦士として、健やか笑顔で生き残る所存です。

ということから、風の時代にトキメク双子座の私は昨年末。経営DXラボをスタートアップいたしました。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「風の人」GXDX融合イノベーター
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

【 広報DX 】自治体による「DX公務員」獲得競争、激戦化の兆し

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
デジタル改革 Idea Box ” を盛り上げるページ

デジタル改革アイデアボックス「DX公務員」
ジタル改革 Idea Box 「DX公務員」

行動変容を求める新しい生活様式に適応する、持続可能な社会づくり(究極の地方創生)に精励なされる地方公共団体ほど自治体クラウド自治体DXなど行政のデジタル化の推進に素早く着手しており、そのとき次のアクションは「デジタル人材」の確保となり、自ずと「DX人材(DX公務員)」の獲得競争が激戦化していくのは自然の成り行き。過日 “ デジタル改革アイデアボックス ” にマイページを作成し、取り急ぎ「DX公務員」提案を行った次第です。


そのなか昨日。検索クエリ「DX人材 募集」等により、鎌倉市役所および農林水産省のDX人材募集を拝見。広報DXを駆使して岡山県ならびに岡山市に行政のデジタル化を促す私は、省庁や地方公共団体による「DX公務員」獲得競争の激化の兆しを観測しており、地域社会への警鐘を打ち鳴らして参ろうと心しています。


DX人材(DX公務員)の定義
DX人材(または、DX公務員)とは、多様なUXに基づくデジタルトランスフォーメーション(DX)推進力の駆使により、地域社会を含む、地方公共団体や企業等を変革。新しいビジネスのデザインはもとより未知の課題を速やかに解決できる、持続可能な社会を実現する人材(または、公務員)。

将来的に求められるデジタル人材に関連してIPA「システム全体を俯瞰して思考できる人材」を読むとき、P.32 〜 社会変革に向けた新たな潮流の把握と発信 〜 に明記された「新たな潮流の把握と発信」もまた重要。DX時代の自治体の課題はDX人材の確保に尽きることを、広報DXを駆使する私は共有いたします。


上記のテキストリンク “ 晴れの国で “ スーパーシティ岡山 ” 創りに注目くださるDX人財を募集! ” は、DX構想アーティストによる地方創生プロジェクトでコストをかけずに発信する、正に広報DXのプロトタイプ。岡山を愛する皆さまに、デジタル提案あわせてマイページを共有いただければ幸甚の極みでございます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > あなたと創るデジタル改革IdeaBox
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

行政のデジタル化の周回遅れで低下する岡山市のESG評価と、蘇る市民不在の岡山芸術交流。公共交通問題に纏わる、恥ずかしい緊急提言も…。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市議会 陳情の行方 ” に募る危機感のページ


岡山芸術創造劇場 “ 言論の不自由展・岡山芸術交流その後 ”治体DX競争の周回遅れは政令市の致命傷

県下を流れる3本もの一級河川。中国山地が齎す山の幸と、瀬戸内海が恵む海の幸。新幹線全停車のJR岡山駅は四国へ渡る結節点で、国内屈指の交通の要衝。潜在的な成長率は無尽蔵であるにもかかわらず、なぜ政令市である岡山市は、瀬戸内三都の高松市や倉敷市の後塵を拝すばかりで地盤沈下するのか。首長の資質議会の品質の低迷は言うまでもなく、街づくりに影響する岡山市の企業をESG投資の視点から鑑みるとき、あまりに粗末すぎるから。

今回は読者みな様とESGの観点から、岡山市のESG評価について具体事例を交えて考えたいと存じます。

グリーンとデジタルが成長の源泉」と菅首相、2兆円の環境基金設立へ。この報道に逆行するかの如く、自治体クラウド地方自治体のデジタルトランスフォーメーション推進はおろか、地方公共団体のデジタル化に関し、厳しく追求する姿勢を見せない岡山市議会。案の定、岡山市「スーパーシティ」構想は、其方退け。

巷で「DX税制案」が伝わるなか、岡山市と地場産業のレガシー化を回避するため東奔西走するワタクシ。


そんな折柄。岡山市発の恥ずかしすぎる報道 “ 岡山芸術交流、2022年秋に第3回開催 ” さらに “ 両備グループが公共交通の維持に向け国交大臣に緊急提言 ” の二連発。数多ある岡山市の難点の一つは、企業倫理に則り厳しく発言できる有識者の不在。今や継続企業の前提となる、DXドリブンな経営ビジョンの欠如も深刻…。

岡山市を「昭和おじさん社会」から脱却させるためにも、ESGの理解を深める啓発活動もなお継続したい。


レーは黒。昭和おじさん社会(岡山の議会)の、倫理観の欠如。ダメ。ゼッタイ。

蘇る岡山市民不在の、岡山芸術交流――。

検索結果ページの上位に現出したブログエントリー “ 岡山芸術交流中止となりホッとした ” は、約7割の岡山市民の気持ちの的を射た秀逸な散文ではあるものの、残念なことに市民不在の岡山芸術交流は中止ではなく2022年、秋。第3回の開催決定について報道機関複数が報じたり。その総合プロデューサーが物議を醸す。


一連の不祥事で引責辞任した企業トップは未だ説明責任を果たすべく記者会見を開いておらず、にもかかわらず、岡山芸術交流実行委員会(委員長は岡山市長)は、グレーのままの人物を総合プロデューサーに任命したのだとか。ESGの観点から鑑みるSocial、Governanceにおいて、最悪の評価を得ることは語るに及ばず。

「グレーは白」とする昭和おじさん社会
(岡山市)は遅かれ早かれ、「グレーは黒」とする令和社会の中で四面楚歌を聴くことになる。私は預言者ではないけれど、岡山市長は辞職を余儀なくされるか、または首長のリコールへ発展するか。岡山市のESG評価を著しく低下させるであろう任命責任から逃れる術はありません。

企業倫理に則り諫言できる有識者不在の岡山市なれば、DX構想アーティストがその重責を果たしましょう。


田引水、クリームスキミング。マッチポンプ、企業倫理の欠如。ダメ。ゼッタイ。

公共交通問題に纏わる、恥ずかしい緊急提言――。それは「行政システム、乱立に歯止め」報道から類推される、ベンダーロックインが長らくSIerに齎した、莫大な収益の急減予測による同社の焦りを映す鏡とも !?

一昨年「街テロ(公共交通の請負事業者によるストライキ)」を引き起こし公共交通利用者に多大な迷惑をかけ、さらに国を提訴する等の蛮行を繰り返した岡山市の企業が今度は、国と自治体に2兆円規模の財政支援を求める緊急提言を。おかでんチャギントンほか惑溺の事業、杜撰な経営を続ける同社のそれは、言語道断。

過日のエントリー “ 岡山市地域公共交通網形成協議会は何故これほど不毛なのか !? どうなる岡山? 運賃プール制、岡山版 MaaS のゆくへ ” の中で明示したように、運賃プール制度や共通定期券制度に取り組まないクリームスキミングの本家の緊急提言は、いわば我田引水でマッチポンプの如く企業倫理の欠如を顕す内容。

あらためて浮き彫りになる “ 宇野バス 両備バスの比較で判る、岡山市の公共交通機関の問題の本質 ” 。


岡山芸術交流といい不誠実な企業による緊急提言といい、このように恥ずかしい報道は何故に、岡山市から続々発信されるのか。ESGの観点から鑑みるなら冒頭の、岡山市の首長の資質議会の品質ならびに当該企業のSocial、Governanceが最悪レベルであることの想像は難くなく。Environmentは、最高峰なのに…。

それでも移住の地として時間投資をする私は、岡山が好きだから…。ESGの理解を深める啓発活動もなお継続するとともに、権威を牽制しない偏向報道とスポンサー企業の顔色を窺い沈黙する御用学者など、企業倫理に則り諫言できる有識者不在の岡山市なればこそ、DX構想アーティストが損な役割を担いましょう(涙)。


業は究極のESG投資先。明日の岡山市は健やかでありますように……

言論の不自由展・岡山芸術交流その後批判のない社会は不健全。急ぎ市民は学ばなくてはなりません。

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進いたします。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ESGの観点から鑑みる岡山市の評価
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

【 拡散希望 】スーパーシティ岡山『 陳情の行方 』〜 自治体DX競争で県都かつ政令市 岡山市を周回遅れにさせないDX市民によるプロジェクト

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
“ 岡山市「スーパーシティ」構想 ” 実現に臨むページ「スーパーシティ」構想の陳情書(岡山市議会 陳情第18号)


山市に暮らす人々の心豊かな社会を創るため

2020年5月28日。岡山市へ提出(郵送)した “ 人口移動 転出超過を逆転させる「スーパーシティ」構想の応募に関する陳情書(岡山市議会 陳情第18号)” は、岡山市議会6月定例会、9月定例会において共に継続審議となり、いよいよ11月定例会採択ないし不採択は確定するであろうと、私は観ています。

先のエントリー “ 岡山市「スーパーシティ」構想。倉敷市「自治体クラウド」、高松市「スーパーシティ」との連携〜 ” で報告済みですが、少子高齢化時代の社会課題を解決し、心豊かに生きることのできる Society 5.0 の街づくりにおいて、岡山県の県都であり政令市である岡山市は行政のデジタル化自治体クラウド自治体 DX を避けては通れず。

吉備中央町の「スーパーシティ」構想応募から善い刺激を受けて、垂直立ち上げしたいタイミング。

と、もはや待ったなし。岡山市議会 陳情第18号の採択を待つ寸陰を惜しみコストゼロのデジタルツールを駆使して社会イノベーションを巻き起こす「DX人材」は、岡山県の県都を担う政令市 岡山市をデジタル化で周回遅れに絶対させないとする志を携え、岡山版「スーパーシティ」構想の実現への努力を継続しています。


デジタル署名あわせて岡山を愛する皆さまに、本エントリーを拡散いただければ幸甚の極みでございます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 陳情の行方 for スーパーシティ岡山
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市「スーパーシティ」構想。倉敷市「自治体クラウド」、高松市「スーパーシティ」との連携から生まれる、瀬戸内海「 三都物語 」

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
“ 瀬戸内スーパーシティ「三都物語」” を提案するページ


岡山市「スーパーシティ」構想エリア選定(素案)山・高松・倉敷「スーパーシティ」構想

自治体クラウドに関連し、10月29日のWebニュース “ 中核市クラウド共同導入 全国初協定 松山市と岡山・倉敷市、高松市 住民情報管理、費用削減も ” を拝読するなか、さすが伊東市長が率いる倉敷市は自治体DXにおいても先駆的かつ洗練されているなぁと感服しばし。地理的優位性に最も恵まれる、しかも政令市である岡山市行政のデジタル化において周回遅れにしないよう私は一段の努力を続けます。

国の標準仕様に準拠した初の「自治体クラウド」利用で締結したのは倉敷市松山市高松市で、さらに高松市から11月5日 “「スーパーシティ」応募へ トップ会談、高松市長が意向 県に協力求める ”、11月6日 “ 高松市、「スーパーシティ」応募準備へ横断チーム ” の連続報道。住みよい都市への革新意欲に敬服しきり。

そのとき創造的破壊のイノベーターかつDX構想アーティストが類推した、京都・大阪・神戸「三都物語」。


岡山、高松、倉敷の3市が切磋琢磨し穏やかに連携する時、瀬戸内「スーパーシティ」構想を実現への旅路に就かせられると確信する私。兎にも角にも率先垂範すべきは人口72万人超の政令指定都市・岡山市であるはずで、繰り返しになりますが、高松市と倉敷市に引き離されるばかりで、よもや周回遅れは許されません。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山・高松・倉敷「三都物語」構想
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

スーパーシティ岡山B&G+K。国家戦略特区に岡山市内から、2エリア選定を提案! データ連携基盤整備事業の成功の鍵は「住民合意」が握る !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山版「スーパーシティ」構想 ” を考えるページ


スーパーシティ岡山B&G+K_20201021るごと未来都市。スーパーシティ岡山へ!

首相官邸トップ > 会議等一覧 > 地方創生 > 国家戦略特区 > “ スーパーシティ解説 ” ページに読む、日本型スーパーシティ。国家戦略特区制度を活用しつつ住民と競争力のある事業者が協力、世界最先端のSCの実現を目論む構想。成功の鍵は、住民合意。

なぜ今スーパーシティなのか? そう「問い」を立てるとき、スーパーシティ構想についての8ページから13ページの参照により「データ連携基盤」は、住民が抱える社会課題の解決に有効であることの連想を誘うことは可能。高齢者の通院対策を図るA市、観光を起点とするB市、健康・未病・医療を繋ぐD市のみならず、中小企業のビジネスチャンスを見出そうと考え大阪府市に専門部署を立ち上げたという報道は必読値千金。

あらためて、なぜ今スーパーシティなのか? 連日の国のデジタル化推進報道が類推させてくれる、岡山県ならびに岡山市のデジタル化の周回遅れ。それは経済産業上の地盤沈下を、さらには住民の暮らし向きの低下を連想させる。なぜ今スーパーシティなのか? スーパーシティ選定に必須の「住民合意」が急がれるから。

議会と住民が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT(バス高速輸送システム)構想は、地図メニューを展開、クリックで確認可。

このようにバックキャスティングで街のグランドデザインを描き構想を打ち立て、それらを計画に落とし込み早期に実現させようと目論むとき必要不可欠になるのはプロトタイプで、叩き台。これを起点に多彩な異論が吹き出すことは存知ながら、県都を担う岡山市をデジタル化で周回遅れにしないため、共有いたします。

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。



ータ連携基盤整備事業の成功の鍵は「住民合意」が握る !!

首相官邸トップ>会議等一覧>地方創生>国家戦略特区>スーパーシティ解説を精読するほど、様々なデータを分野横断的に収集・整理し提供する「データ連携基盤」によって齎される「住民福祉・利便向上を図る都市」づくりの説明が重要で、暮らす私達の理解が大事。そう考える、NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.

構想だけで「データ連携基盤整備事業」は実現しない。構想を計画に、計画を実行、未来社会は実現へ!


そこで、岡山市議会議員を務められる二嶋宣人様に視察をお願いし、メンター同志と臨時総会(岡山市スーパーシティ戦略リビングラボ)を開催。地域に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創る国家戦略特区(スーパーシティ)に岡山市が名乗りを上げる目的において、よりよい街への志を一つにできました。

住民が参画し、住民目線でより良い未来社会の実現を目論む、岡山市スーパーシティ戦略リビングラボ。

スーパーシティ・オープンラボ参加団体として、また、スマートシティ・インスティテュート賛助会員に認定いただいた弊社は住民目線を第一に、有用な情報を市民レベルで共有し、「住民合意形成」に努めることで、スーパーシティ「データ連携基盤整備事業」による、世界が憧れる “ まるごと未来都市 ” を目指します。

二嶋様、藤井様、超教育ラボ.メンター同志みな様。引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

がんばろう岡山!!

岡山版スーパーシティ構想を掲げる「NPO法人超教育ラボラトリーInc. (代表菅野敦也)」の総会が、岡山市議会議員 二嶋宣人さん、逢沢一郎衆議院議員秘書...

太田 修二さんの投稿 2020年10月21日水曜日

※ 御礼: 太田様。私達の志を力強く、分かりやすく共有くださり、ありがとうございます。

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実経験を通して鍛え抜かれた実務家(評論家ではない誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方変容の支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。労使双方の観点から未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンに準拠する働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > スーパーシティ岡山エリア選定(案)
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    ソーシャル・プロフィール
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ