<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
Society5.0の新規事業 “ デジタルの日 ” 連携ページ

国交省3D都市モデル整備「Project PLATEAU」街づくりDX論考
Project PLATEAU & ShareX & デジタルの日

2021年3月11日のエントリー “ Project PLATEAU 街づくりDX論考 ” に某のエッセンスを加えてマッシュアップしようと目論みつつケロッと忘れていたところに飛び込んできた、体験シェアの新しい概念「ShareX」をテーマにした「全国大学ビジネスプランコンテスト(大学ビジコン)」紹介ページ。

真っ先にロボティクスの世界的第一人者、金出 武雄先生のお名前に目は留まり。湧き出す新規事業構想…。


※ 全国大学ビジコン【VR/AR/MR、AI、スタートアップ、新規事業立案に興味のある方大歓迎!】

 ※※ 下記「ShareX」とは
日本経済新聞社 2021年8月31日(火)〔25特集〕の記事
 「金融DXサミット 9月29日から」より書き起こし

 時間と場所を選ばず、経験の共有が可能になる - 経験共有「ShareX」利活用競う
〜 前文省略 〜
 テーマは、米カーネギーメロン大の金出武雄教授が提唱する、先端技術を使った新たな経験共有の手法「ShareX(シェアエックス)」だ。時間と空間を超えて、他人の経験をVRやARなどを用いてリアルな体験としていつでも活用できるようにする。
 参照する個人の経験データは、カメラやセンサー、SNS(交流サイト)などから集め、仮想空間に現実空間を再現した「デジタルツイン」に蓄積する。
 大学ビジコンは、データを集め蓄積するプラットフォームの開発構想と、具体的な活用方法のアイデアを競うものとなる。
 ShareXの一例が、テレイグジスタンス(東京・中央)の遠隔操作ロボットだ。VRヘッドマウントディスプレーとコントローラーを使い、遠隔地にいるロボットを動かす。操作者がどこにいても、ロボットを通じて技術や経験を共有できる。富岡仁最高経営責任者(CEO)は、「人の知覚能力によってロボットを制御する時代に、現実世界と技術をつなぐシミュレーターとしてデジタルツインの価値は高い」と言う。
 8月22日にはオンライン形式でアイデアソンを実施、大学生、大学院生の10チームがビジネスプランの骨組みを発表した。デジタルルツインと複合現実(MR)を活用した災害現場のDX化や、高齢者の転倒防止ナビなど社会課題解決のためのアイデアが目立った。東京大学の暦本純一教授は「既存のサービスやデータと組み合わせれば実現可能性が上がる」と期待を寄せる。



そうやって私の遠い類推は “ Project PLATEAU ” と “ ShareX ” を一気に近づけ、あわせて日経の記事「テレワーク、地方に磁力 環境充実度1位は滋賀・彦根 -データで読む地域再生」に鑑み、働き方改革で周回遅れてランキング低位に沈む岡山市において、DX推進するビジネスフロー、事業構想はアリアリ観えたりも。

アビームコンサルティングさんのWHATE PAPER「日本企業にとってのDXの本質」〜 4. DXの成功を阻害する要因 〜 さらに南場智子さんの教示(下記引用)を地域の支援機関等に丁寧に伝え、諫言にも努めます。

日経ビジネス TOP
> DeNA南場智子の「未来の輪郭」 > プロパー信仰を捨て「寄り道プレミアム」をつくろう

日本の大企業は人材がよどんでいる

 経団連の経営者の皆さんに、経営会議メンバーにおける中途採用者の割合を尋ねて回ると、全員がプロパー、すなわち新卒で入った人たちというケースがとても多い。入社してから30年以上ずっと同じ会社しか見ていない人たちが集まって改革だ、イノベーションだって議論しているわけですが、さすがに無理があるように感じてしまいます。


上記。南場さんの歯に衣着せないご指摘は大企業、経団連や地方の財界のみならず、省庁・役所からの天下り人材がボトルネックに為り易い地域中小企業の公的支援機関にも当てはまる教訓であり、極めて貴重。そんなDX実務経験を持たない彼らが経験共有の「ShareX」に取り組み幾許なり社会貢献くだされば幸甚の極み。

旧態依然としてきた我が国は、地方創生を冒頭に掲げるパーパスドリブンの厳格さを有す石破さんの為政によって、思いも寄らない善い方角へ歩み始める予感ありあり。Proof of concept.に明け暮れる私は「日本企業にとってのDXの本質」〜 P19. デジタル教育と変革の意識付け 〜 の啓発を惜しむことはありません。

急ぎ岡山市に Project PLATEAU へのデータ開示を促し、ShareXテーマの新規事業創出に精励する所存。


首都圏と地方都市をバランスさせる国家プロジェクトの創出。それもまた、パーパスドリブンな私の使命。


山市で Society5.0 の新規事業を続々創出? 自治体DXを推進できる首長選びが重要 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ShareX・PLATEAU・Society5.0
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.