<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市 “ 中四国のリーダー都市 ” ふたたびのページ

社会実験使用車両(螢謄アフォー):塩尻MaaS構想
面電車ロックイン解除で100万都市へ成長

自動運転EVバスが一般公道を走るニュースが珍しくなくなる今、衰退を加速させる路面電車ロックイン問題で揺れる岡山市政は将に、正念場。一縷の望みは、2022年4月27日(水)日経新聞 朝刊37面 [中国経済]の見出し「岡山駅東口の再開発 始動 〜 岡山市の表玄関、民間主導でにぎわい」に刻まれた民間主導の文字。そこにチャンスを見出す岡山市民の私。

デストリアンデッキが岡山ゲートプレイスを結び、岡山市内の徒歩による回遊性は劇的に高くなる

デジタル田園都市国家構想推進交付金、地方創生推進交付金(Society5.0タイプ)ほか >
 国および、地方公共団体の政策形成ご担当者 様
当該ページは、デジタル田園都市国家構想推進交付金の申請に携わる、政策立案ご担当者様の閲覧が想定ターゲット。ご自由に利活用いただき、SDGs未来都市創出のヒントになれば幸甚の極みです。

なんと言ってもJR岡山駅界隈の賑わい創出は、倉敷駅前がそうであるように “ ペデストリアンデッキ ” の設置次第であり、2017年8月30日。私は気概の同志と「岡山市民が創る提言書 for 岡山市長選挙 2017.」と題した提言書を、大森市長に直接お手渡し済み。因みに歩行者デッキ(複数)案の概算費用は、20.6億円〜。

路面電車の延伸66億円の事業に対し、歩行者デッキ(複数)案の概算事業費は20.6億円〜33.1億円の範囲。


現時点。路面電車ありきの大森さんは86億円に膨張した事業費を66億円に圧縮し、完成が大幅に遅れ事業費が増加する延伸強行に躍起の様相。対極的に第55代岡山市議会議長の浦上先生の動画【岡山市】路面電車の駅構内乗り入れについて【浦上雅彦】に教わるように、そもそも岡山市民の選択はペデストリアンデッキ

だから岡山市交通局を新設、公共交通再生PFI事業を仕立てて日本一の宇野バス社に民間主導を依頼したい。


デストリアンデッキが岡山ゲートプレイスを結び、宇野バスご利用のお客様は雨の日も傘いらず

日本一の優良バス企業 宇野バス社こそ協業パートナーであることに、岡山市議会は早く気づかなくては…。

いうなれば機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関を再生させる、BRT & MaaS 公共交通エコシステムを確立するには、日本一優れた誠実経営に徹する宇野バス社の民間主導は不可欠。2019年3月 “ 路線バスの自動運転、「乗客ケアする車掌が必要」” で経営トップは将来を観ており、既にPFI事業を依頼する時だ。

バスの自動運転化は少し先だとして、急ぎ路面電車を廃線することで、岡山市が健やかに成長する明るい未来は観えてくる。岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策も、豊かに膨らむ。技術革新は、民間主導の街のチャンス。

際立つ安さ「中国BYDのEVバス」が日本を席巻。すでに起こった未来を、BRT基幹公共交通に重ねる令和。

圧巻なのは、2014年6月、まちなかEVバスを提案した当時と様変わり。EVバスの技術革新に垣間見る価格破壊は凄まじく、約7000万円の国産EVバスと対象的に、安くて性能がいいBYD製は7割引の約1950万円。ちなみに路面電車のMOMO2は2億8千万円で、岡山市の公共交通の機能不全問題は、そこに集約されています。

原因は、低すぎる費用便益比。岡山市は路面電車をBRTに切り替えSDGs未来都市を目指すべきなのです。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は、地方創生ソリューション・ジャーナリズム
BOLDLY Webサイト 自動運転バスを社会実装!毎日運行されています! 自動運転EVバス boldly

政策提言に際し、根本で蠢く問題の本質は、大森市長が固執する「岡山市総合交通計画」が路面電車ありきの悪政に蝕まれている点にあり、必然的に費用便益比は呆れるほど低くなるのです。路面電車のJR岡山駅前延伸で66億円なら、環状化により100億円を軽く突破し、岡山市の公共交通機関の息の根は止められましょう。

なので誠実経営に徹する宇野バス社に、公共交通のエコシステム創生を依頼すべく政策提言は、下記の通り。

※ Googleマップ活用岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言
〜 大正時代の路面電車ロックインは100億円超の事業。近未来の BRT & MaaS は10億円少々 〜

岡山市まちなか循環バス 停留所一覧JR岡山駅東口バスロータリー ⇒ 岡山ゲートプレイス ⇒ 西川緑道 ⇒ 柳川交差点 ⇒ クレド岡山表町文化村(表町商店街)⇒ 大雲寺岡山芸術創造劇場(新市民会館)⇒ 西大寺町宇野バス本社岡山シンフォニーホール(表町商店街)⇒ 柳川ロータリー ⇒ 西川緑道公園JR岡山駅東口バスロータリー ⇒ 岡山ゲートプレイス(循環へ)

補足 )・BYD製ほか「小型〜中型EVバス」がベース車両 ・近未来は自動運転EVバスへ更新

取り急ぎ下方に「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」路線図を共有しました。

※ Google マップ活用による「岡山市まちなか循環バス(政策提言の仮称:自動運転EVバス)」政策提言 ※
岡山ゲートプレイスから岡山カルチャーゾーン岡山後楽園を結ぶ新路線も同時に進めたいものです ※

経営感覚なき官主導の公共交通政策なら、100億円超。民間主導なら10億円超で、岡山市は健やかな成長へ。



甚災害時「路面電車は鉄屑」となり復旧を妨げ「EVバスは給電」を担い市民は助かるのです

2014年のEVバス提案の繰り返しになりますが、あえて、阪神・淡路大震災の交通状況を共有いたします。

いつも閲覧くださるスマートな皆さまには釈迦に説法ですが、南海トラフ巨大地震を想定する時、昭和のうちに廃線されるべき路面電車は重厚な鉄塊と化し、被災した岡山市民を苦しませる光景の想像は難くなく。他方、BRTに切り替えが済んでいれば、非常用電源を兼ねるEVバスの復旧貢献は繰り返すまでもありません。


市民の暮らし直結の政策の意味を岡山市議会議員の皆さまが理解してくだされば有り難いのですが…(涙)。

折しも2026年秋にかけて再開発される岡山ゲートプレイス界隈ニュースが届く今。岡山駅から表町商店街表町文化村)⇒ 岡山芸術創造劇場宇野バス本社を結ぶ「岡山市まちなか循環バス事業は自然の着想。再掲「公共交通事業は遊びじゃない」のだから、誠実経営の宇野バス社との協業模索をしたいと存じます。

政策提言の踏ん張りどころは陥穽に陥った岡山市議会を如何にして経路依存性から脱却させるか。それも、

もう間もなく自動運転EVバスが走る近未来に臨み、大正時代の路面電車を岡山芸術創造劇場方面へ、単線で延伸する岡山市路面電車ネットワーク計画は馬鹿げていて、そもそも路面電車をJR岡山駅前へ乗入れる費用便益比「0.61」!? の岡山市長が主導する事業は、あまりにもナンセンス。なので民間主導は最後のチャンス

NFT推しの政策起業家は、デジタル田園「NFTエコノミー移住特区」はじめ民間主導政策提言を続けます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市まちなか循環EV自動運転バス
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.