<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
国土交通省 “ 日本版MaaSの推進 ” に呼応するページ


ーク&BRTライドで岡山市を100万都市へ!100万都市を担保する岡山市「パーク&BRTライド」整備事業

いま岡山市は成長衰退か、いづれかの未来を選択する重要局面に佇んでおり、先般「路面電車ロックイン事業 11億47百万円他の予算執行差止に関する陳情書」を提出(郵送)。100万都市へ岡山市が健やかな成長を目指すとき何故『パーク&BRTライド』が必要で、何故『路面電車ロックイン』事業の強行により街の衰退は加速するのか。岡山市の健やかな近未来のために働く人々に向けた丁寧な説明は不可欠と考え、再度のエントリーに至りました。

パーク&BRTライド』の主たる目的は言わずもがな、郊外からの路線バスの定時性・速達性の向上であり、BRT(バス高速輸送システム)が整備されるほどマイカーの中心市街地への流入は自ずと減少。徒歩による街なか回遊性は高まり地域経済は活況を取り戻して街の文化は洗練される生活者発想型MaaSによって。

その生活者発想型MaaS(例としてBRT〔バス高速輸送システム〕)を妨げるのが岡山市路面電車ネットワーク計画を仕立てて公費支出100億円超を目指す路面電車ロックイン事業であって、日本一短い(≒ 日本一不要の)街なか路面電車こそ郊外からJR岡山駅を目指す路線バスを渋滞に巻き込み機能不全に陥れる厄介者

街なか環状化は岡山市中心部循環バス「めぐりん」活用でおそらく5億円でおつりかと。他方100億円 !?


すでに動き出している日本版MaaS博報堂と浜松市、地域を支える 持続可能なモビリティサービス創出プロジェクトを開始 〜第一弾として中山間地域での地域交通づくりを進める〜 ” と “ 月額5000円のオンデマンド交通サービス、ウィラーが「mobi」を解説 ” 記事に読む MaaSアプリ「WILLER」に、釘付けの私。


念のために何故『路面電車ロックイン』事業で岡山市の衰退は加速するのか。これまた言わずもがな、100万都市を目指す際に必要不可欠である日本版MaaSパーク&BRTライド ” 整備事業を阻むのが、昭和の時代に廃線されていたはずの、日本一短い大正時代の危険なレガシーシステム・岡山市の路面電車であるから。

しかも延伸コストは超高く、100億円規模の路面電車ネットワーク化が誘き寄せる、岡山市の財政破綻


さて。岡山市が成長を選択するなら健やかな100万都市になるのは当たり前と確信する私の提言は下記、

浜松市デジタル・スマートシティ推進事業本部と博報堂で締結された「持続可能な地域交通の確立に関する覚書」をロールモデルに、岡山市は博報堂あるいは、WILLERS MaaS事業に情熱を注ぎ推進する同社と協業。いづれも日本版MaaSの推進により「岡山市を健やかな100万都市へ成長させましょう」を目論む提言。

海の幸と山の幸に恵まれた晴れの国の公共交通が機能するなら、100万都市に成長するのは、ごく自然。


蛇足ながら市と同様、日本版MaaSに取り組まない県は委託限度額1億2千6百万円の「ウイズ・アフターコロナ公共交通利用促進支援事業」を公募。プレミアム付き乗車券(クーポン券)等はMaaSアプリの得意の範疇ではあるものの、岡山県はデジタルクーポンによる移動促進普及のチャンスを逸しており余りに口惜しい。

傀儡為政によるベンダーロックイン自治体DXを阻むように、路面電車ロックインで岡山市は終わる。


山市はなぜ衰退するのか? 問題の本質は、有権者が投票に行かないから…

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの岡山市政の出来上がり。どうすれば岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 100万都市へ導くパーク&BRTライド
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.