<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021 ” に感謝するページ

岡山版「スーパーシティ」構想
便利な生活可能「スーパーシティ構想」

Googleニュース検索クエリ “ スーパーシティ ” 結果ページの上位を暫く独占していた前橋市松本市の記事を下位へ追いやる『超便利な生活可能「スーパーシティ構想」の認定狙う大阪』に目は留まる。他都市の認定努力に接し、岡山市は少し焦るべきと思いつつも、海の幸に山の幸。天然リソースに恵まれた交通の要衝、県都おかやま市は100万はおろか300万都市の成長余力を秘めており、問題なし。

そんな素敵な街に人口減少を強要した難題の一つは公共交通の進化を阻害する路面電車ですが、閉塞社会で暗躍した地元エスタブリッシュメントはコロナ危機以前から揺らいでいたので、岡山版 MaaSの導入等による改善の始まりは時間の問題(嬉)。さらに嬉しい追い風はミシュランガイドで、岡山にとって好いこと続き。


岡山版「スーパーシティ」構想の目的の本質は繰り返すまでもなくSociety 5.0シティで、それは人間中心の心豊かな街づくり。況や食材の豊かさをや。そのとき『「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」を10月9日、「ミシュランガイド東京2021」を12月10日に発売決定』のリリースに、感謝せずにいられません。



本がデジタル化で遅れる決定的な構造要因 〜 DX for Okayama

そうやって拙ブログを書き連ねているうち、秀逸なレポートを拝読しましたので取り急ぎシェアします。

東洋経済ONLINE “ 日本がデジタル化で遅れる決定的な構造要因 ” P6.「スイスが小国なのに国際競争力が高い理由」を読めばBeyondコロナの地方創生は分かるし、どうすれば岡山を成長する街に変えられる?と問いを立てれば、コロナの大チャンスを潰す「地方の偉い人たち」 にお引き取りをお願いすべきと即座に分かる。

人口280万人のリトアニア共和国を見倣い、岡山版「スーパーシティ」構想をもって岡山をDX先進県に!

冒頭。海の幸に山の幸など天然リソースに恵まれた交通の要衝、県都おかやま市は100万はおろか300万都市への成長余力を秘めていながら、なのに何故に人口減少してしまうのか。それは変えられる、と信じるDX人財による “ 岡山令和刷新事業 ” 。徳業の志士が岡山版「スーパーシティ」構想を必ずや実現いたします。

DXのチカラで社会を健やかに変革する << DX for Japan : Concepts worth spreading >>


スイスが小国なのに国際競争力が高い理由

さきほど小国のDXの事例に触れましたが、地方創生においても、ある小国が参考になります。スイスです。スイスは小国でありながら国際競争力ランキングの上位です。その要因は煎じ詰めると「優秀な人材や企業を国外からひきよせている」からです。なぜそんなことが可能なのかといえば、事業環境×教育環境×生活環境が三位一体で優れているためです。地方創生=産業とイメージされがちですが、事業環境だけでは人は集まりません。例えば、優秀なAIエンジニアは働く環境があっても、生活環境や教育環境が優れていなければ家族を連れていけず、わざわざ国外から移住しようとは思わないでしょう。

DX for Japanとは、デジタルトランスフォーメーションが育む新機軸で日本の再興を試みる、人工知能データ連携基盤による Society 5.0 実現に臨む概念。その地方版の一つが、DX for Okayama

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「地方議会を動かす『デジタル陳情書』」からの再掲と相成りますが、「岡山版「スーパーシティ」構想」をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ミシュラン「スーパーシティ」岡山
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)