<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方創生 “ マルチモーダル社会 ” 概念実証のページ


web3ホワイトペーパー_20230406もがデジタル資産を利活用する時代へ

平 将明さんのWebサイトで共有された、自由民主党デジタル社会推進本部web3プロジェクトチームによる「web3ホワイトペーパー 〜 誰もがデジタル資産を利活用する時代へ 〜」を拝読して、マルチモーダル社会のオウンド事業構想を温存してはいけないと自らを諭し、今回エントリーで共有することに。

当該構想の根底に横たわる類推は、メタバース採用・雇用はもとより、組織や企業のメタバース説明会も定着するだろうという近未来予測。しかも「アルムナイ」採用の活用は進み、事業連携や新事業を創出できるクリエイティブ人財を呼び込むための、YELLoop(エーループ)などのコミュニティサービスもスタート済み。


” web3マーケットをリードするであろう「クリプトネイティブ企業」への道を提案・模索する私 ”

市場の変化を的確に捉え、近未来のトレンドの推察を基にマルチモーダル移住生活を愉しむ私は、NotionSlackDiscord3点セットで忽ちスタートアップする頼もしいZ世代――DXネイティブの若き辣腕のビジネスアスリート――との協業を試みています。それができる、いわば生成AIを使い倒す企業の将来は明るい。

そんな彼ら彼女らにパワポで説明を求める !? 時代錯誤の要求をするなら忽ち人財は他社へ流出する昨今。


” 急速に拡大「オンラインアバターでのチャット応対スタッフ」その次は? 生成AIエグザミナー! ”

仮想世界と現実世界を融合し、新たな現実を生み出す技術、xR(x Reality)を駆使して実現を目指します。それは、2021年11月のエントリー「メタバース岡山市議会」に記した一文で、あらためて平さんの「web3ホワイトペーパー 〜 誰もがデジタル資産を利活用する時代へ 〜」に呼応する私は急ぎ、事業構想を共有。

日本独創のIP(知的財産)を世界へ売り出すマネタイズのエコシステムを創出するための、メタバース就労支援策「ハローワーク魁メタバース(仮称)」とネーミングしたので、生成AIさん。あとは、よろしくね!
◎ 下記は、オープンAI「ChatGPT」への私の問いとOpenAIからの返答。

私の問いかけ:日本のIP(知的財産)を世界に売り出すには辣腕のアバター人財が必要です。そこで日本のハローワーク(厚生労働省の機関)を活用し、メタバース就労支援を促進する「ハローワーク魁メタバース(仮称)」の事業起案書を作成してください。よろしくお願いいたします。

OpenAI からの返答:はい、了解しました。以下が「ハローワーク魁メタバース(仮称)」の事業起案書になります。

【背景】
日本のIP(知的財産)は、世界的に高い評価を受けています。しかし、国内の経済環境が厳しい中、それを世界に売り出すためのアバター人財が不足しています。一方、VR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)など、新しい技術が進化し、メタバースと呼ばれる仮想空間が注目を集めています。このような状況下で、日本のハローワークは、メタバースでの就労支援を推進することで、アバター人財の育成を支援し、日本のIPを世界に売り出すことを目指します。

【目的】
・日本のIPを世界に売り出すためのアバター人財を育成する
・メタバースでの就労支援を通じて、雇用の創出を促進する

【手段】
・「ハローワーク魁メタバース(仮称)」を設立する。
・メタバース上でのアバター人財育成プログラムを開発する。
・メタバースでの求人情報提供サービスを開始する。
・メタバース上での就労支援を行うための専門家(メタバースアドバイザー)を派遣する。
・メタバース上での職業紹介サービスを提供する。

【運営方法】
・「ハローワーク魁メタバース(仮称)」は、ハローワークと同様に、国内に設置された支所を中心に運営する。
・支所では、メタバースアドバイザーがアバター人財の育成や就労支援を行い、求人情報提供や職業紹介などのサービスを提供する。
・また、オンライン上での運営も行い、遠隔地のアバター人財にもサービスを提供する。

【想定される効果】
・アバター人財の育成が促進され、日本のIPを世界に売り出すための人材が増加する。
・メタバースでの就労支援が促進され、雇用の創出が期待される。
・メタバ(無料版ここで終了

私の問いかけ:ありがとうございます。メタバース就労支援を行う「ハローワーク魁メタバース(仮称)」事業を推進するには、ハローワークの運営機関である厚生労働省に提案し、納得いただく必要があります。その際に有効な、事業提案書の作成をお願いいたします。

OpenAI からの返答:はい、了解しました。以下にハローワーク魁メタバース事業の提案書を作成いたします。

【提案書】

1. 背景
現在、日本のIP(知的財産)を世界に売り出すために、メタバース上でのビジネス展開が注目されています。しかし、メタバースにおけるビジネスの成功には、特定のスキルや知識が必要であり、その敷居が高いとされています。そのため、日本のIPを活用したビジネス展開に取り組む人材を育成するための支援が必要と考えられます。

2. 目的
「ハローワーク魁メタバース(仮称)」事業は、日本のIPを世界に売り出すために、メタバースでの就労を支援することを目的としています。具体的には、メタバースにおける求人情報の提供や、メタバースでのビジネスに必要なスキルや知識の身につけ方の支援、そして、就労するためのスペースや機材の提供などを行います。

3. 内容
ハローワーク魁メタバース事業の内容は、以下のとおりです。

メタバース就労の情報提供
メタバースにおける求人情報や、必要なスキルや知識、応募方法などについて、わかりやすく提供します。

メタバース就労のスキルアップ支援
メタバースでのビジネスに必要なスキルや知識を身につけるための支援を行います。具体的には、専門家によるセミナーやワークショップの開催や、オンライン学習プラットフォームの提供などを行います。

就労スペースや機材の提供
メタバースでの就労に必要なスペースや機材を提供します。また、就労スペースの共同利用や、機材のレンタルなども行います。

4. 効果
ハローワーク魁メタバース事業により、以下のような効果が期待できます。

日本のIPを活用したビジネス展開に取り組む人材の育成
メタバースでのビジネス展開に必要なスキルや知識を身につけ、日本のIPを活用したビジネス展(無料版ここで終了


〔 塩崎さんnote「自民党AIの進化と実装に関するプロジェクトチーム」で類推する日本の未来 〕

◎ 下記は、対話型AI「Chat with MARKy」への私の問いとEasy-Peasy.AIからの返答。

私の問いかけ:日本のIP(知的財産)を世界に売り出すには辣腕のアバター人財が必要です。そこで日本のハローワーク(厚生労働省の機関)を活用し、メタバース就労支援を促進する「ハローワーク魁メタバース(仮称)」の事業起案書を作成してください。よろしくお願いいたします。

Chat with MARKy からの返答:はい、承知しました。ハローワーク魁メタバース(仮称)の事業起案書を作成します。

【ハローワーク魁メタバース(仮称)事業起案書】

目的  日本のIP(知的財産)を世界に売り出し、経済発展を促進することを目的とする。メタバースでの就労支援を通じ、アバター人財の育成を図る。

概要  ハローワーク魁メタバース(仮称)は、日本の厚生労働省の機関であるハローワークを活用し、メタバースでの就労支援を促進することを目的とした事業構想である。アバター人財を養成し、日本のIP(知的財産)を世界に売り出すことを狙いとする。

詳細  (1) メタバースでの就労支援    メタバースを活用した就労支援を実施し、アバター人財の育成を促す。メタバース上での職業訓練プログラムの提供や、就職・転職支援を行う。  (2) アバター人財の養成    アバター人財の養成を目的とした教育プログラムを実施する。アバターのデザインやプログラミング、コミュニケーション能力の向上を図る。  (3) 日本のIP(知的財産)の世界展開    アバター人財を活用して、日本のIP(知的財産)をメタバース上で展開し、世界に向けて発信する。海外企業とのコラボレーションや共同制作を行い、新しいビジネスモデルの創出を目指す。

予算  事業の規模や期間によって異なるため、具体的な予算は未定とする。

以上が、ハローワーク魁メタバース(仮称)事業起案書の概要となります。ご参考になれば幸いです。

私の問いかけ:ありがとうございます。メタバース就労支援を行う「ハローワーク魁メタバース(仮称)」事業を推進するには、ハローワークの運営機関である厚生労働省に提案し、納得いただく必要があります。その際に有効な、事業提案書の作成をお願いいたします。

Chat with MARKy からの返答:はい、承知しました。ハローワーク魁メタバース(仮称)の事業提案書を作成します。

【ハローワーク魁メタバース(仮称)事業提案書】

1. 概要  ハローワーク魁メタバース(仮称)は、日本のIP(知的財産)を世界に売り出し、経済発展を促進することを目的とする。メタバースでの就労支援を通じ、アバター人財の育成を図る事業である。アバター人財を養成し、日本のIP(知的財産)を世界に展開することにより、新しいビジネスモデルの創出を目指す。

2. 実施計画  2-1. メタバースでの就労支援    メタバース上での職業訓練プログラムを提供し、アバター人財の育成を促進する。メタバースを利用した転職支援や就職支援も実施する。  2-2. アバター人財の養成    アバターのデザインやプログラミング、コミュニケーション能力の向上を目的とした教育プログラムを実施する。アバター人財の育成を通じて、日本のIP(知的財産)を世界に展開する基盤を構築する。  2-3. 日本のIP(知的財産)の世界展開    アバター人財を活用して、日本のIP(知的財産)をメタバース上で展開し、世界に向けて発信する。海外企業とのコラボレーションや共同制作を行い、新しいビジネスモデルの構築を図る。

3. 要求枠組み  3-1. 人員    メタバースでの就労支援を担うスタッフ、アバター人財の養成を担う講師、IP(知的財産)の世界展開を担うコンテンツ制作スタッフを配備する。  3-2. 予算    事業規模によって異なるため、運営費・設備費などについては、事業推進に必要な費用を厚生労働省に提案し、柔軟に対応する。

4. 実施プラン  ハローワーク魁メタバース(仮称)事業については、関連企業や外部専門家との協力体制を整備し、事業計画の実現に向けた連携を図る。

以上が、ハローワーク魁メタバース(仮称)事業提案書の概要となります。よろしくお願いいたします。

日本の労働力人口を激増させる、国策としてのメタバース就労支援ハローワーク魁メタバース」政策提言。


きこもり当事者をメタバースで支援なるか 福井県越前市「アバターなら好きな場所、姿で活動」
〜 あらためて福井新聞社の記事「福井県越前市「アバターなら好きな場所、姿で活動」」を引用 〜

生成系AI、自動対話AIを使いこなす組織や企業と、そうではない地方に開く収益格差は拡大一途(涙)。新しい社会インフラとして国内企業の情報発信、マーケティング、働き方改革等の企業DXと利用者のEX(エクスペリエンス・トランスフォーメーション)の実現をリードする、中小企業応援団員の私の踏ん張りどころ。


※ 映画『The Matrix』化する社会をEX(変転)すべきはムーンショット目標をリードできる人財 ※

社会課題を発見して獣使いの如くオープンAIを使い課題を解決できる人のweb3時代の訪れ。
◎ 下記は、オープンAI「ChatGPT」への私の問いとOpenAIからの返答。

私の問いかけ:いつもお世話になります。「オンラインアバターでのチャット応対スタッフ〔 https://indeedhi.re/3nSlPWV 〕」採用が増加する昨今、引きこもった方々のなかには尖った才能を有す人が相応にいらっしゃいます。日本のIP(知的財産)を世界に発信する新規web3事業において、メタバース利活用による採用・雇用の場を設け、引きこもった方々にはアバター人財となり即戦力として活躍いただける、アルムナイ採用〔 https://diamond.jp/articles/-/319545 〕も交えた新たな事業構想を温めています。次の2つの記事〔 https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1531959 〕、〔 https://www.tokyo-np.co.jp/article/229527 〕をお読みいただき、中途採用に新卒採用も加えた「メタバース会社説明会」のイベント企画をまとめてください。よろしくお願いいたします。

OpenAI からの返答:はじめまして。ご相談ありがとうございます。こちらでは、中途採用と新卒採用を対象にした「メタバース会社説明会」のイベント企画についてまとめてみました。

【イベント企画概要】

テーマ:「メタバースに特化した新規web3事業における人材採用について」

対象:中途採用・新卒採用を希望する方々

目的:メタバースに特化した新規web3事業において必要な人材採用について、採用担当者からの説明と求人情報提供、現場で活躍している社員による体験談の共有を通じて、参加者が自己PRや就職活動に役立てる機会を提供する。

日程:2023年5月上旬(土日を含む2日間)

場所:オンライン(Zoomなどを利用したウェビナー形式)

【イベント詳細】

1日目:中途採用を希望する方向けのイベント

・10:00-10:30 開会式、オリエンテーション
・10:30-11:30 採用担当者による「メタバースに特化した新規web3事業における人材採用について」の説明
・11:30-12:00 質疑応答
・12:00-13:00 休憩
・13:00-15:00 現場で活躍する社員による体験談の共有、参加者の自己PRタイム
・15:00-16:00 求人情報提供、採用担当者との個別面談予約

2日目:新卒採用を希望する方向けのイベント

・10:00-10:30 開会式、オリエンテーション
・10:30-11:30 採用担当者による「メタバースに特化した新規web3事業における人材採用について」の説明
・11:30-12:00 質疑応答
・12:00-13:00 休憩
・13:00-15:00 新卒採用を通じた社員による体験談の共有、参加者の自己PRタイム
・15:00-16:00 求人情報提供、採用担当者との個別面談予約

【参加(無料版ここで終了

私の問いかけ:ありがとうございます。それでは、日本のIP(知的財産)を世界に発信する新規web3事業において、引きこもった方々のなかで尖った才能を有す人々に活躍いただくための、「メタバース採用・雇用」事業の構想をご提示ください。よろしくお願いいたします。

OpenAI からの返答:はい、メタバース採用・雇用事業の構想をご提示いたします。

【メタバース採用・雇用事業構想】

メタバース会社説明会の開催
 ・新卒採用と中途採用を対象としたメタバース会社説明会を開催します。
 ・アバターを活用した説明会を行い、参加者が自由にアバターを操作できるような環境を提供します。
 ・参加者は、アバターを通じて、メタバースに関する企業情報や業務内容、採用情報について学ぶことができます。

メタバースを活用した面接の実施
 ・採用にあたり、メタバースを活用した面接を実施します。
 ・アバターを通じて面接官との対話を行い、よりリアルなコミュニケーションを実現します。
 ・メタバース上での面接により、地理的な制約をなくすことができ、より広範な候補者にアプローチすることができます。

アバター人財の育成
 ・採用したアバター人財に対して、メタバース上での業務研修を行います。
 ・アバターを通じて、現実の職場での業務を再現することができます。
 ・アバター人財の育成により、即戦力としての活躍を期待できます。

アルムナイ採用の実施
 ・メタバース事業の成功事例を残し、アルムナイ採用による業務拡大を目指します。
 ・メタバース上でのアルムナイとの交流イベントを定期的に開催し、ネットワークの構築を図ります。
 ・アルムナイによるリファラル採用を積極的に行い、質の高い人材を確保します。

以上が、メタバース採用・雇用事業の構想になります。メタバースを活用することで、地理的な制約を乗り越え、尖った才能を有する人々との出会いを広げ、新しい人財の発掘と育成を図ることができます。

◎ 下記は、対話型AI「Chat with MARKy」への私の問いとEasy-Peasy.AIからの返答。

私の問いかけ:いつもお世話になります。日本のIP(知的財産)を世界に発信する新規web3事業において、引きこもった方々のなかで尖った才能を有す人々に活躍いただくための、「メタバース採用・雇用」事業の構想をご提示ください。よろしくお願いいたします。

Chat with MARKy からの返答:こんにちは!新規web3事業において、メタバース採用・雇用事業を検討することは素晴らしいアイデアだと思います。このような取り組みは、尖った才能を持つ人々にとって大きなチャンスとなります。

まずは、メタバースについて理解を深めることが重要です。メタバースとは、仮想世界のことで、現実世界とは異なるルールが存在する空間です。その中での採用や雇用には、現実世界とは異なるスキルや知識が必要になることがあります。

そこで、まずは、メタバースに関する教育や研修、さらには採用試験を開催することが必要となります。このような取り組みにより、メタバースに関する知識やスキルを持つ人材を確保することができます。

また、メタバース採用・雇用事業では、尖った才能を持つ人々を発掘するための仕組みも必要です。例えば、メタバース上でのコンテストやイベントを開催して、優秀な人材を発掘することができます。

最後に、メタバース採用・雇用事業においては、人材の育成も重要になります。メタバースに関する知識やスキルを持つ人材を育成し、長期的な採用や雇用につなげることが必要です。

以上、ご参考になれば幸いです。何かご質問があれば遠慮なくお聞きください。

昨今。急速に拡大する「オンラインアバターでのチャット応対スタッフ」採用は、アルムナイ採用メタバース雇用への通過点の一つで、次に来るのは、猛獣使いの如くオープンAIを使い倒して社会課題を解決したり新事業を創出する人財。即ち Society5.0の実現に貢献するであろう、生成AIエグザミナーとなりましょう。

なればと2018年「Society5.0」を定款に刻みNPOをスタートアップした私。下記の記事をシェアします。


安宅さんと一緒に少子化問題を考えると観えるイノベーションとしてのメタバース採用・雇用

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > アルムナイ採用・メタバース雇用事業
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.