<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
経営DXラボ ” プレスリリースのページ

経営DXラボ - 継続企業の前提
から始めればよいか分からないという顧客

12月22日。NHK NEWS WEB “ 三井住友フィナンシャルグループ社長 デジタル化へ地銀と連携 ” に読む、太田純社長の「何から始めればよいか分からないという顧客企業に『入り口』となるようなサービスを提供したい。販路拡大に向けたマッチングサービスも含め、地域金融機関と協働することは非常に意味がある」という発言は興味深く目に留まる。

デジタル化に遅れた取引先企業は再び資金繰りに困窮するであろうから、来春には専門部署を立ち上げ、中小企業を支援するプラットフォーム(基盤)サービスを全国展開する旨、JIJI.COMのニュースは補完する。


このとき “ 三井住友FGの太田純社長に聞く「銀行だけではもう持たない」” を読んでいたからか瞬時に “ なぜ 日本企業が「DX推進部署」を作ると失敗するのか ” と題されたコラムがピタリと重なる。こと、中小企業のデジタル化を後押しするため地方銀行と連携するなら尚更。UXの重要性の無理解は、致命的なのです。

上場企業の前半約10年は東京・大阪メインの大市場でマーケターを、後半は情報通信事業本部で10年ほどマネジメント職を務め、2006年スピンアウトそして地方都市へ移住後は、オウンドメディア利活用による今で言う広報DXを研究する傍ら、Google Apps(現在 Google Workspace)ほか複数のウェブマスターに。

2009年オンラインショップのマネージャー職時分は高い費用対効果が見込めるASPを選択し、無料のGoogle Analyticsを酷使。その後は国内大企業のブランチに勤務し、SalesforceOktaサイボウズcyzenほか多数の先端をゆくDX投資を内部から俯瞰。Google for NonprofitsPower of Us 等の恩恵をも授かる。

なぜ大企業は中小企業の、なぜ首都圏の企業は地方の企業のDX推進に失敗するのか、よく分かる私


から始めればよいか忽ち分かるDX推進プロデューサー

なぜ大企業は中小企業の、なぜ首都圏の企業は地方の企業のDX推進に失敗するのか、概ね理由はUXの欠落。セキュリティ上それはダメ。ゼッタイ。の無料ツールを導入したり、ウェブマスター不在なのに高機能・高額のサブスクを実装してみたり、経験を持たない人々が机上の空論を戦わせた稚拙なDX投資は珍しくなく。

UXが欠損している組織では、最悪。と申しましょうか、ベンダーロックインの陥穽にハマるケースも…。

DX人材(DX公務員)の定義
DX人材(または、DX公務員)とは、多様なUXに基づくデジタルトランスフォーメーション(DX)推進力の駆使により、地域社会を含む、地方公共団体や企業等を変革。新しいビジネスのデザインはもとより未知の課題を速やかに解決できる、持続可能な社会を実現する人材(または、公務員)。

上記はDX人材の定義ですが、DX推進に際し、必要不可欠となるDX人財の素養は、市場の規模と組織を構成する人材の習熟度に応じて適切なDX推進ができるか、そうではないか。UXの欠落はもとより、そもそも大企業の構成員は中小企業の実情を、首都圏の組織人は地方のデジタル化のレベルを、知らなすぎるのです。

そもそもDX推進は、秒針分歩で進化するサイバーツールを駆使して変革を引き起こす、イノベーション戦争。精強なデジタルウェポンを手にしても、常在戦場のUXを持たないソルジャーには、無用の長物。昭和のオフィサーが大資本を思いのままに平成のソルジャーを集めただけの組織は、恐らくデジタル烏合の衆。

DX推進プロデューサーの定義
DX推進プロデューサーとは、新しいビジネスのデザインはもとより未知の課題を速やかに解決できる、持続可能な社会を実現するDX人材のなかでも、大企業と中小企業、首都圏と地方都市など組織の規模や市場性に鑑み、費用対効果の高いDX推進を確かなものにするプロフェッショナル人材

Only the Paranoid Survive. 東京一極集中の逆回転を慄れ、その時に備えるがために地方都市に潜伏し、CPSの中を東奔西走しているサイバー戦士は生き残る。折しも、200数十年ぶりのパラダイムシフトと聴く「風の時代」こそ第四次産業革命と捉えるDX推進プロデューサーは、健やか笑顔で生き残る所存です。

ということから、風の時代にトキメク双子座の私は下記。経営DXラボをスタートアップいたしました。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO DX推進プロデューサー 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > UXリッチなDX推進プロデューサー
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.