<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
デジタル人材の育成・確保 ” について考えるページ


岡山市「スーパーシティ」構想エリア選定(素案)DXとは、行動変容を促すリベラル・アーツ

11月5日。日経Web刊 “ 自民、DX人材育成へ新組織 年内にも政府提言 ” に接した私は咄嗟に、デジタル化における周回遅れを取り戻すための人材か、またはビジネスチャンスを見出す人材。はたまた社会課題を解決に導くためのDX人材の育成を指すのか、大きく3つのレイヤーを巡らせたり。それは名コラム “【徹底解説】「DX = IT化」と思っていませんか? 基本・成功のポイント・事例を紹介 ” より類推。

日経Web刊には下記、
自民党は月内にデジタル技術で組織や事業を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)人材の育成策を考える新組織を設ける。人材の確保・養成を進める企業や地方自治体を対象に予算や税制の優遇措置を検討する。有識者や業界団体の意見聴取を経て年内にも政府に提言する。

党が10月に新設したデジタル社会推進本部(本部長・下村博文政調会長)のもとに「デジタル人材の育成・確保小委員会」をつくる。

片山さつき元地方創生相が委員長に就き、11月中旬にも党本部で初会合を開く。
そのように記されており、継続的かつ力強く「スーパーシティ」構想を推進される片山さつきさんの委員長就任に高まる期待。そもそも地方公共団体のデジタル化において、世界のそれに鑑み周回遅れに陥った日本の問題の本質は、DX(デジタルトランスフォーメーション)は「社会課題の解決」のために必須。その不理解

未だDXはICT化の促進に必要。或いは、ビジネス創出に不可欠なITツール。その程度の理解しかできていない行政マンや企業トップが大勢。持続可能な社会を目指し国連サミットで採択された SDGs のクリアにこそ必要不可欠な技術はDXで、もう一つは、DXを駆使して社会課題を解決に導くことのできる「DX人材」。


DX人材 = ITコンサルタント」と思っていませんか? という問いに基づけば、ICT人材は企業内に溢れ、ITコンサルタントもまた市場で飽和しているのが現状。なぜ我が国はDX人材を輩出しないのか? その解は、システム指向に偏りすぎるから。シンギュラリティまで、けしてシステムから創造的破壊は起こらない。

どうすればデジタル人材を育成できる? DX人材を輩出するのは、どうやらシステム企業ではなさそう…。


ジタル社会推進本部「デジタル人材の育成・確保小委員会」

DX人材 ≠ ITコンサルタント」。そう感じている私が考える、DX人材に求められる素養の筆頭は、多様性に富んだ「UX(ユーザーエクスペリエンス)」にあると断言いたします。どうやって身に付ける? 手っ取り早いのは、業務プラットフォームに多大な投資をしている大企業間を転々とする、キャリアチェンジ戦術。

基本的にDX人材はリベラルアーツを身にまとった即戦力なので、53歳をすぎた私は転職またぞろ。我が国を代表する人材企業 ⇒ 保険会社 ⇒ FinTech企業にジョインし、先端をゆく大企業のDX投資を内部から体験的に評価しているため、これから中小企業は何を選択すればいいのか、最良のDXソリューションを提供可能

人生100年戦略を強かに遂行する拙コラム “ ギークでもスーツでもない構想アーティスト ” でもお示ししておりますが、私にとってDX技術は激動の令和を生き抜くための大切な糧であり、同時に、地域に横たわる社会課題を解決に導く珠玉の技術。資本ゼロからNPO法人を起業したり、DX公務員制度を提唱してみたり。

資本主義が揺らぐ今。靭やか自由に生きるため、リベラルアーツ職に加えたい、DX公務員。それはさておきペルソナ論でいうDX人材像は、どんな人物像? それは、多様なUXを駆使して新しい生活様式を心豊かに生き抜く人。或いは、社会課題を解決に導くデジタルパーソン。案外、身近なサイバー空間に潜んでいます。

DX人材の育成マニュアルは今のところ存在しないので、社会課題に問いを立てDX技術を駆使し、試行錯誤を繰り返して解決策を見出し、DX人材として自らを育成することが重要。折しも瀬戸内「スーパーシティ」構想を提案する私。人口 72万人超の政令市・岡山市に、DXシフトを促す啓発活動を率先垂範いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「スーパーシティ岡山B&G+K」からの再掲と相成り誠に恐縮ですが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO ディープテック構想アーティスト 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > DX人材ペルソナ論 DX人材の人物像
Copyright (C) 2005-2020 SunVerdir. All Rights Reserved.

Oisix(おいしっくす)