政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、Web3.0の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

【 ブランディング 目次 】

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『政策形成ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

『 CGM(CitizenGeneratedMedia)ブランディング 』 (目次)

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
TOP|ブランディング|レシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs

今すぐ始めるブランディングのページ

最高峰ブランディング
『 誰でもできる ブランド構築 』

ブランドづくりの起点は、情報発信。

秘境としての大自然、大地が育む天然資源、陶冶された歴史文化と手工芸など、地方の「あるべき資産価値」は、未だ計測不能。

なぜなら、その魅力を伝える情報が不足してるから。

もし同様に、御社の秀逸な製品や優れたサービスを適切に伝える情報が不足しているなら、御社を「可能性の宝庫」と呼ぶべきかも知れません。

さて、全世界に向けての情報発信が、月額数百円や年額10米ドル(約千円)で出来るとしたら、今すぐブランディングを始めるべき、といえそうです。

※ ご参考。 月約500円で1日1,000アクセス超のブログ『幸せへの一歩』。 年額約千円で運営するホームページ『SunVerdir Official Website』。

このページでは、地域が元気を取り戻す、中小企業のブランド戦略を支援するコンテンツをご用意。 御社の飛躍のヒントになれば幸いです。

マーケティングとPRの実践ネット戦略 by Amazon. )


【 ブランディングを知る学ぶ 】

1. ブランディングとは > 2. ブランディングの期待と効果 > 3. 1億総ブランディング > 4. ブランディング・マイスター > 5. The ブランディング・マスター > 6. ブランディング・デザイン(ブログブランディング) > 7. ブランド戦略 > 8. ブランド戦術

【 論よりブログブランディング 】

1. 岡山ブランディング構想 - 2. 岡山ecoブロガーズ倶楽部 - 3. スフレ専門ブランディング - 4. 桃太郎ブランディング - 5. 品格のブランディング - 6. リッツ・カールトン's ブランディング - 7. ホスピタリティ・ブランディング - 8. 検索エンジンおもてなし(SearchEngineOmotenashi)

【 YouTube動画ブランディングのプロトタイプ(試作品) 】


[ YouTube サンベルディエールChannel より配信している動画 ]


【 編集後記 】

当ブログのサイドバー右上のアクセス数にご注目。 ブログの情報発信力の強さと、広報宣伝効果をイメージ頂けると思います。

Google
 


ホーム > サイトマップ > ブランディング - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2010 SunVerdir. All Rights Reserved.

“ 謹んで新春のご祝詞を申し上げます ” 2022年 寅年

令和四年 年始ご挨拶のページ

岡山神社の寅年大絵馬
謹賀新年
( A Happy New Year ! )


みな様には、お健やかな新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。独り徳業としての岡山令和刷新事業を倦まず弛まず継続いたしますので、

本年も何卒よろしく、お願い申し上げます。

令和四年 元旦 経営DXラボ CIO
          DX政策起業家 菅野敦也


ホーム > サイトマップ > サンベルディエールの想い > 2022年頭ご挨拶
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

試行錯誤ドリブン:日替わりマスターは地域の社会課題を解決するか !? 既に起こった「メタバース勤務」の未来。味のあるリアル空間が大事!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
インクルーシブDXエージェンシー ” 実証のページ

日替りママプロジェクト A stranger's day !!
1杯飲んで社会課題の解決に加担する粋な PUB

英語できないソースコード書けない、いわばサルの私の唯一の取り柄は、試行錯誤ドリブンな生き様。即ちそれはニューノーマル時代のお金を使わず楽しむ遊び方であり、退屈する暇のないPoCな毎日。

その仮説を検証したく忽ち、試行錯誤へ GO!

と、少しだけ、メタバースの近未来に関し述べておきたく。先般 Sponichi Annex “ ひろゆき氏「ゲーム業界では既に枯れている」 Facebookの「メタバース」事業進出に持論」 ” を拝読する中、無名の私は著名人の見解とは正反対で、the Metaverse いよいよか…と率直に。それ即ち、He Is The One 時代の幕開け。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

何おか言わんや。在宅勤務はスーッと消え “ メタバース勤務 ” は当たり前になりますよね!というお噺。


他方リアル社会を主に暮らした私たちは、リアル空間に漂う心地よい雰囲気、触れ合う触覚、味覚を忘れない。朝市で散見する交換経済は近い将来マーケットの主流を担う、その想像は米国インフレ率推移を鑑みるとき難くなく、以降、OMO表記は「Offline Merges with Online」に変わる場合の想定も必要、あれこれ。

メタバース普及一択の理由とは、世界観の拡張
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00543/00001/
セカンドライフとは似て非なり。死生観が背景

あらためて『拡張現実的』を上梓なされた川田十夢さんは、He Is The One だと断定する私。メタバースは普及するか? そんな愚問は「メタバース勤務」で解消されましょう。議論好きな方々は、思うに、RPG或いはセカンドライフの延長線上でメタバースを考えているように思われます。

当時と今。COP26、SDGs.e.t.c...について真剣に考えるようになった私たちの世界観は一変しており、バックキャスティングで未来の事業構想を膨らませる人々は劇的に飛躍的に増えています(そのハズ)。世界観は、豹変

メタバースは暮らす我が街のグランドデザインを描いたり、世界の理想像を現実のものにする。そんな事業構想を膨らませるには もってこいのワークスペースで、當にクリエイターエコノミー



あと20年くらいは OMO(Online Merges with Offline)社会が続くと仮定する私が構想する事業の一つは「OMO城プロジェクト」だったり「メタマルシェx〇〇」だったり。あわせて人類が6千年かけて紡ぎ醸成したお酒の歴史・文化を忘れず継承する為にも BARイベントは、なまら重要。ということで下記やります!


替りママプロジェクト A stranger's day !!
【 みんな違う顔を幾つか持っていて、それでいいんです。貴女も私も… 】

<< 岡山ボランティア実証 Day1 >>
日替わりマスターは、地域の社会課題を解決するか !?
キーワードは「多様性」と「包摂性」。それらを掲げて、素敵な出逢いの場を創ります。


拡散希望【 1杯飲んで社会課題の解決に加担する粋な PUB
※ 解決したい社会課題〔 https://higawarimama.com/
〜 人生色々移住も様々生きる愉しみ語るストレンジャー

11月20日(土)立ちますカウンター!やりますマスター !!
ということで “ 日替りママプロジェクト ” に颯爽デビュー☆

<< 11/20〔土曜日〕当日。日替わりマスター紹介 >>
北海道〜東京〜大阪を経て2006年、岡山へ漂着した私。小学生時分のバイト、新聞配達、肉屋に始まりビラ撒き、家教、塾講師、ツアコン。ある時は上場企業の管理職。人材企業で農業事業から転じて保険会社と思わば、NPOを立ち上げ、FinTech企業のアーリーステージにジョインしたり波乱万丈。

変化だらけの人生、これが楽しい^^。NO Change, NO LIFE!
<< 移住、転職、起業、政策.e.t.c... 人生百年。働いて笑おう >>
もぅほとんどビョーキ。で、11月20日(土)↓ ↓ ↓ やります !!

パブ日替わりママ(お店の住所): 岡山市北区内山下1丁目8-21
[ 18時〜22時 ] お好きな時間に☆彡 エバーグリーン内山下1階 108号

11月20日(土)
みな様のお越しを心からお待ち申し上げます (*˘︶˘*).。.:*♡



新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 既に起こった「メタバース勤務」とは
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

OmO城プロジェクト:日本の名城メタバースRPG観光振興プログラム

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山城 “ リブランディング ” 新規事業構想のページ

UXグロースモデル「アフターデジタルセッションズ」DX進化論
大 “ OmO ” の最大幸福:多様と包摂の地方

今お城が面白い。2006年3月、地方都市へ移住して以降「OMO(Online Merges with Offline)アート社会実験」を繰り返す私は現在、大規模改修中の岡山城の来秋リニューアルオープンに臨み、メタバースRPGを取り入れる、観光振興施策を構想中。

名づけて “ おも城(OmO-Shiro)プロジェクト ”( 根幹にあるのは名著『ソーシャルブレインズ入門』)
そう発信するなら「岡山城天守閣で飲み会をやらかす会」は必ず、リブートするはず。楽しみですね^^。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の研究領域は、地方創生ソリューション・ジャーナリズム

※ 大阪アメリカ村に、東急文化村等。あの自律分散型社会の、若者が集う賑わいは岡山DAOで! ※


大 “ 多様 ” の最大幸福が実現するこれからの社会 from DX進化論.

本日サンデー。岡山県立図書館から拝借した旬の書を一気に拝読。学びは山の如しで、気づきは海より深く。

上記は『 DX進化論 つながりがリブートされた世界の先 』P.213に記された宮田 裕章教授の言説で、いわば地方がダイレクトに世界とつながる「地方創生DX」に通づる、「暮らしDX」をも裏打ちする嬉しい一冊。


引き続いて『 UXグロースモデル アフターデジタルを生き抜く実践方法論 』は珠玉。体験提供の販売スタイル「バリュージャーニー型」を腑に落とし、ゴーイングDXコンサーンを目論む経営層の、次代の指南書。


3冊目『 アフターデジタルセッションズ 最先端の33人が語る、世界標準のコンセンサス - L&UX2021 』は読みどころ満載。P.135〜「Whim」開発企業を創設したサンポ・ヒエタネンさん、関 治之さん、谷本 有香さん3者によるUXリッチな鼎談は素敵すぎ。岡山市政に公共交通MaaS提言を続ける私は、痺れっぱなし。


冒頭「城呑み」に戻りますが、岡山城天守閣に全国からDX人材が集まり呑み明かしたイベント「岡山城天守閣で飲み会をやらかす会」こそ、“ おも城(OmO-Shiro)プロジェクト ” 構想の起点。試行錯誤ドリブンの Civic Techerが集えば街は必ず面白くなる。最大 “ OMO ” の最大幸福仮説を、岡山市で検証いたします。

編集後記 )
最大 “ OmO ” の最大幸福の根源は Matrix - He Is The One.であることを正直に告白しておきます^^。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > おも城(OmO-Shiro)プロジェクト
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

GO!FUN !! おかやま地産地消の第1弾は “ おかやま米の新米記念日 ” 〜 A Happy New Rice Day 〜 Certified by 日本記念日協会.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
広報DX “ おかやま米の新米記念日 ” ご紹介のページ

おかやま米の新米記念日
月15日は「おかやま米・地産地消の日」

2021年10月12日。JA全農おかやま発のニュースリリース “「GO!FUN!!おかやま地産地消」第1弾キャンペーンの開催について ” に、2006年。岡山市へ移住してきた、岡山県民15年目の新米の私の目は釘付けに(嬉)。そう、瀬戸内海が恵む海の幸はもとより、肥沃な大地を有す岡山県の山の幸は至高の極みで、こと岡山の米の美味しさは、當に究極。

地産地消のリブランディングに励む政策起業家にとって、記念日コンテンツは紛れもない天の美禄。

10月16日は、日本記念日協会代表 加瀬 清志さん、山田のおやじさんと、ぽん太さんのお繋ぎを目論む私。


カフェ定食ぽん太さんでランチ懇話会を催し、ミッションコンプリート^^。 ※

毎月15日は “ おかやま米・地産地消の日 ” ――。


GO! FUN!! おかやま地産地消」は、「ごはん」に掛けた「GO! FUN!!」を合い言葉にする、JAグループ岡山が制定した、おかやま米を中心とした岡山県産農林水産物の地産地消を促進する、年間プロモーション。


山リブランディング構想 2021秋 〜 健やかな成長を続ける街であるために 〜

おいしいネタを手にした私は “ Society5.0シティ岡山 ” の実現に臨み、リブランディングを継続します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 広報DX “ おかやま米の新米記念日 ”
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

移住ガチャ人生確変論: ガチャされる側から「自己ガチャ」する人へ

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
ガチャDX “ うまいこと移住する生き方 ” のページ

移住ガチャ人生確変論:ガチャされる側から「自己ガチャ」する人へ
前流「自分を変革する」3つの方法とは

朝日新聞デジタル “ 「親ガチャでなく、国ガチャ」 論争の火付け役が語る世代間ギャップ ” はもとより日刊ゲンダイ “ 「親ガチャ」を巡る若者と上級国民の温度差…茂木健一郎氏の“正論ツイート”に反論続々 ” “ 「親ガチャ」を使うのは甘えなのか? 絶えぬ議論と厳しい意見に自立支援の専門家の言葉 ” を慎重に読み込み◯◯ガチャの拡張に仮説を立てたり。

大前流「自分を変革する」3つの方法――。そう、世界は自分を変えたい人であふれてる。とする仮説。


それも、あつ森攻略サイトの “ 離島ガチャのやり方と時間帯|離島での住民厳選 ” に目を見張り、そうなれば「社員ガチャ」を連想する経営者はいるかも知れないし、翻って「事業ガチャ」はおろか「社長ガチャ」を模索する事業部長がいても不思議なく。先般「首長ガチャ」に失敗した私の説得力はゼロですが…(汗)。

さて本題。大前さんの論説を取り敢えず鵜呑みにするなら、1. 時間配分を変える、2. 付き合う人を変える、3. 住む場所を変える。3課題を一発で解決する最適な方法は、紛れもなく「移住ガチャ」。『不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方』を読めば移住ガチャ人生確変の魅力は貴女の腑にストンっと落ちる。

なればこそ。岡山市を憧れの街へ変革するために、独り “ Society5.0シティ岡山 ” 事業を推進いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 移住ガチャ人生確変論: 自己ガチャ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

うまいこと移住する生き方:「教育移住」のすゝめ for 選ばれる岡山市.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
教育移住DX “ Society 5.0 シティ岡山 ” のページ

教育移住DX人財と創る “ Society5.0シティ岡山 ”
安と折り合いをつける「移住教育」とは

10月8日(金)日本経済新聞社のWeb特集 データで読む地域再生の記事 “ 親子留学や教科担任制も 中四国の「教育移住」環境充実 ” に類推し、「移住先は教育で選ぶ! 〜全国のユニークな教育584〜」を想起するなか、忽ち浮かび上がった新種の問いは、親が選ぶ教育移住は相応に紹介されてるけれど、そもそも「移住教育」は見当たらず。摩訶不思議…。

「移住教育」とは、地方で心豊かに暮らすためのリスキリングを主とする比較的新しい教育の概念

そんな些末な問いはさておき、教育移住に注力なされる市町村の熱意に敬服。日経記事の筆頭は、教育移住の魁ともいえる「海士町 親子島留学」で、お次は徳島県の地方と都市を結ぶ新しい学校のかたち「デュアルスクール」」の委託事業である、おいでよ、わたしたちの町に “ デュアルスクール ” は、ドラスティック。


※ 明日の政策を起こす「政策起業家」の私の研究領域は地方創生ソリューション・ジャーナリズム

さらに岡山県早島町のESD(持続可能な教育)の町づくりを目指す教育システム「はやしま学」が続き、グローバル社会で多様な他者と協働、共生を通してイノベーション創出力の涵養を目論む「せとうち留学」は圧巻。「香川県は、すべての公立高校、県立中学校で全国から生徒を募集します」の表記に後塵を拝する私。

人生100年時代なればこそ、新しい価値を生み出す力(リベラル・アーツ)の習得・体得は、極めて重要。


2006年、岡山市へ移住して早15年。教育移住は将に旬を迎えておりますが、あわせて移住教育が重要と考え立ち上げたNPO法人のアクセルペダルを踏む頃合い。その時ご紹介したい書は、『不安と折り合いをつけて うまいこと老いる生き方』。本書を読む時おそらく移住の楽しみ方は、貴女の腑にストンっと落ちてくる。

だからこそ。岡山市を憧れの街へ変革するために、独り “ Society5.0シティ岡山 ” 事業を推進いたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「教育移住」&「移住教育」のすゝめ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

Public Affairs(パブリックアフェアーズ)、サスティナビリティ広報。善なるAIのディープフェイクを育むブロックチェーン技術の可能性

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方創生DX “ 政策起業家 ” の養成を目論むページ


パブリックアフェアーズ(PA)SDGs未来都市おかやま市4つの『R』:「PR」「IR」「HR」「CSR」

自社の利益に直接関係しない社会問題や政治的問題に対して発言し、行動を起こす。そんな「CEOアクティビスト」たちは、世界にどう働きかけているのか――(Forbes JAPAN ビジネス 2019/08/02より引用)。付随して、CEOアクティビズムについて解説する有り難いコラム「CEOアクティビズム: 社長の顔が見える企業経営 とは?」を急ぎ、ご紹介。

著者は時系列のなかで、1. PR(Public Relations:広報・渉外)、2. IR(Investor Relations:株主向け情報)、3. HR(Human Resources:人的資源)、4. CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)。社会にどう貢献するか、顔が見える企業のCEOが踏まえる4つの『R』を、お示しくださった。

※※ PEP(Policy Entrepreneur’s Platform)HPより、明日の政策を起こす「政策起業家」※

経営DX政策起業家の私は『首長アクティビズム』と置き換え、パブリックアフェアーズ(PA)を開発中。

いうなれば岡山市の場合。低すぎるケイパビリティをどのように高め、どうやって中四国のリーダー都市へ成長を促すか。そこで不可欠なのは「サスティナビリティ広報」で、こと「ステークホルダーエンゲージメント」が重要。民間と公共をつないで世の中を変えようとする私はNPOを立ち上げ、連携を目論んだりも。

そのときPAの、キャリア錬成ノウハウに触れる良コラムを拝読しましたので、下記。リンクいたします。


※ 上記はマカイラ株式会社様のオウンド・メディア “ PublicAffairsJP ” PAイベントレポートより

社会的な文脈で岡山市のストーリーテリングを展開できる、そんな人材の育成と輩出に、私も努めたい。


ロックチェーンは偽情報との戦いでいかなる役割を果たすのか by Harvard Business Review.

さて、公益性を重視した政府などへ働きかける “ パブリック・アフェアーズ(PA)” の研究開発を手掛ける私の、もう一つの興味・関心は、TechCrunch Japan『ディープフェイクのビジネス活用、技術の悪用防止をめぐる戦い』に読む、AI利用。ビジネスに活用し得るディープフェイク或いは、善なるそれらの可能性…。


プレスリリース “ ミクシィが取り組む共同研究プロジェクトで生まれたアンドロイド「オルタ3」が、8月上演のオペラ「Super Angels スーパーエンジェル」に出演 ” に着目し、他方 “ ゼロデイ攻撃 ” や “ 無人殺戮機 ” ほか様々注視しつつ、AIの為せる業は勧善なのか、はたまた邪悪なるものか、熟考の持続が大事。

いづれも啓発活動を継続、政策、テクノロジーを交え、新常態に適応する新しい街づくりをリードする私。

サステナビリティ・CSR広報を展開する株式会社ブレーンセンター様や一般社団法人 パブリックアフェアーズジャパン様との協業はもとより、世論喚起から政策関係者へのアプローチまでフルラインでPA活動をサポートする株式会社 電通パブリックリレーションズ様との連携をもって、岡山市を素敵に再興いたします。

“ 岡山市 ” をミュージカルの世界の代名詞に! これは、新首長誕生にあわせて始動したいプロジェクト。


なればこそ。岡山市を若者と女性が集まる元気な街へ変革するための、デジタル社会推進に注力します。


山市を変革 !? 「世論」「政策」両面への対話を試みる、パブリックアフェアーズPJ を推進 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > パブリックアフェアーズ(PA)岡山
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

デジタルツイン「ShareX」「PLATEAU」: Society5.0 の幕開け

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
Society5.0の新規事業 “ デジタルの日 ” 連携ページ

国交省3D都市モデル整備「Project PLATEAU」街づくりDX論考
Project PLATEAU & ShareX & デジタルの日

2021年3月11日のエントリー “ Project PLATEAU 街づくりDX論考 ” に某のエッセンスを加えてマッシュアップしようと目論みつつケロッと忘れていたところに飛び込んできた、体験シェアの新しい概念「ShareX」をテーマにした「全国大学ビジネスプランコンテスト(大学ビジコン)」紹介ページ。

真っ先にロボティクスの世界的第一人者、金出 武雄先生のお名前に目は留まり。湧き出す新規事業構想…。


※ 全国大学ビジコン【VR/AR/MR、AI、スタートアップ、新規事業立案に興味のある方大歓迎!】

 ※※ 下記「ShareX」とは
日本経済新聞社 2021年8月31日(火)〔25特集〕の記事
 「金融DXサミット 9月29日から」より書き起こし

 時間と場所を選ばず、経験の共有が可能になる - 経験共有「ShareX」利活用競う
〜 前文省略 〜
 テーマは、米カーネギーメロン大の金出武雄教授が提唱する、先端技術を使った新たな経験共有の手法「ShareX(シェアエックス)」だ。時間と空間を超えて、他人の経験をVRやARなどを用いてリアルな体験としていつでも活用できるようにする。
 参照する個人の経験データは、カメラやセンサー、SNS(交流サイト)などから集め、仮想空間に現実空間を再現した「デジタルツイン」に蓄積する。
 大学ビジコンは、データを集め蓄積するプラットフォームの開発構想と、具体的な活用方法のアイデアを競うものとなる。
 ShareXの一例が、テレイグジスタンス(東京・中央)の遠隔操作ロボットだ。VRヘッドマウントディスプレーとコントローラーを使い、遠隔地にいるロボットを動かす。操作者がどこにいても、ロボットを通じて技術や経験を共有できる。富岡仁最高経営責任者(CEO)は、「人の知覚能力によってロボットを制御する時代に、現実世界と技術をつなぐシミュレーターとしてデジタルツインの価値は高い」と言う。
 8月22日にはオンライン形式でアイデアソンを実施、大学生、大学院生の10チームがビジネスプランの骨組みを発表した。デジタルルツインと複合現実(MR)を活用した災害現場のDX化や、高齢者の転倒防止ナビなど社会課題解決のためのアイデアが目立った。東京大学の暦本純一教授は「既存のサービスやデータと組み合わせれば実現可能性が上がる」と期待を寄せる。



そうやって私の遠い類推は “ Project PLATEAU ” と “ ShareX ” を一気に近づけ、あわせて日経の記事「テレワーク、地方に磁力 環境充実度1位は滋賀・彦根 -データで読む地域再生」に鑑み、働き方改革で周回遅れてランキング低位に沈む岡山市において、DX推進するビジネスフロー、事業構想はアリアリ観えたりも。

アビームコンサルティングさんのWHATE PAPER「日本企業にとってのDXの本質」〜 4. DXの成功を阻害する要因 〜 さらに南場智子さんの教示(下記引用)を地域の支援機関等に丁寧に伝え、諫言にも努めます。

日経ビジネス TOP
> DeNA南場智子の「未来の輪郭」 > プロパー信仰を捨て「寄り道プレミアム」をつくろう

日本の大企業は人材がよどんでいる

 経団連の経営者の皆さんに、経営会議メンバーにおける中途採用者の割合を尋ねて回ると、全員がプロパー、すなわち新卒で入った人たちというケースがとても多い。入社してから30年以上ずっと同じ会社しか見ていない人たちが集まって改革だ、イノベーションだって議論しているわけですが、さすがに無理があるように感じてしまいます。


上記。南場さんの歯に衣着せないご指摘は大企業、経団連や地方の財界のみならず、省庁・役所からの天下り人材がボトルネックに為り易い地域中小企業の公的支援機関にも当てはまる教訓であり、極めて貴重。そんなDX実務経験を持たない彼らが経験共有の「ShareX」に取り組み幾許なり社会貢献くだされば幸甚の極み。

旧態依然としてきた我が国は、地方創生を冒頭に掲げるパーパスドリブンの厳格さを有す石破さんの為政によって、思いも寄らない善い方角へ歩み始める予感ありあり。Proof of concept.に明け暮れる私は「日本企業にとってのDXの本質」〜 P19. デジタル教育と変革の意識付け 〜 の啓発を惜しむことはありません。

急ぎ岡山市に Project PLATEAU へのデータ開示を促し、ShareXテーマの新規事業創出に精励する所存。


首都圏と地方都市をバランスさせる国家プロジェクトの創出。それもまた、パーパスドリブンな私の使命。


山市で Society5.0 の新規事業を続々創出? 自治体DXを推進できる首長選びが重要 !!

※ 投票啓発キャンペーン愛称: “ 岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそプロジェクト

海の幸に山の幸。交通の要衝である晴れの国おかやま市は日本一素敵な街ですが、如何せん有権者が首長選びを怠るならSPC理論は発動し易く、特定の目的を背負った首長が何処からともなく現れて、特定の企業ファーストの傀儡市政の出来上がり。どうすれば、岡山市民ファーストに反転できる !? 投票に行きましょう !!


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ShareX・PLATEAU・Society5.0
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    私のプロフィール検索
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ