政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

AI大国へ誘う「支援のAIドラえもん」:アリアリ近未来を描き出せる「スキップ結合」を身に纏う、外れ値の人財探しで決まる国の命運。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
AI大国を目指す “ 広島AIプロセス ” 考察のページ

◎ 画像は文部科学省 4/17「調査事業の公募」より転載
グローバル・スタートアップ・キャンパスフラッグシップ構想山AIプロセスを引き寄せる「人を選ぶ技術」

また出遅れてしまう訳にはいかない――。DX周回遅れの発展途上国あるいは、デジタル敗戦国などと揶揄される衰退国ニッポンの危機は募るなか、生成AI利活用に前のめりな岸田首相の思惑は、グローバル経済大戦における勝利であることは明白ながら、海外の一流大学を国内へ誘致する事業構想は短絡的。

なぜならば、社会の映画『The Matrix』化により豹変する1-2年先の近未来のカタチを描けていないから。そもそも日本は唐 鳳さんの教示の通り「支援のAIドラえもん」を擁しており、AI大国に最も近い国が日本ということに岸田さんは気づいていない。彼を取り巻く側近の、ボトルネック問題等の解消は急がれましょう。

AI大国を標榜する時、AIプロント開発における日本語は実に参入障壁で、これを活かすのも国の生存戦略



AIが消費する莫大な電力量についても、エッジAIとクラウドの相関性を切り分け丁寧に説明しなくては…。

GenZersや α世代の脱炭素に対する危機意識の高さを私は肌身に感じています。環境を破壊してきただけの私を含む大人は、オードリー・タンさんの言説「40代以上は若い人に学べばいい」に従わなければならず、こと昭和前期・中期の方々には率先して裏方に回り、quiet hiringに徹するようお願いを続けているところ。

なぜ今「AI管理」か。秒進分歩で進化する Robust Intelligence 等の、若き人財達と協働したいのです。

“ なぜ生成AI利活用「ハローワーク魁メタバース」事業整備が急務なのか瞬時に閃く人財が不可欠 ”
“ 全国に先駆け岡山市議会では変革ロールモデルとしての「26才の帝国」が動き始めました(嬉)”
“ AI時代は特徴表現にバグのある普通じゃないクリエイティブ人を炙り出す『人を選ぶ技術』が重要 ”

AI大国を目指すなら、チャンスを活かす傍ら、AIスクリーニングのリスクをヘッジできる人財獲得は必須。


リアリ近未来を描き出せる「スキップ結合」を身に纏う、外れ値の人財探しで問われる国の技術
〜 頭の中が整理された優等生より脳内ビス数本外れたAIジョブホッパーが描く未来の精度は高い 〜

冒頭。AIに前のめりな岸田首相はじめ、優秀な人々は現在と過去には滅法強いが、株式投資がそうであるように、近未来の予測は極めて貧弱。なんせ生まれてこの方、特徴表現にバグを残した外れ値の私は、語学や資格は後回しにしたけれど、おかげ様で過学習を回避できたので、ファインチューニングは得意とするところ。

究極「確実な近未来」と「不確実な近未来」各々に適応し得る、多様で多彩な政策立案が急がれましょう。


なにおか言わんや。生成AIはコモディティ化し、社会の映画『The Matrix』化は加速する今なれば、描いた事業構想を着々と実現するために必要な、生成AIを使い倒せる『人を選ぶ技術』の会得はもとより、近未来を的確に予測する、遠い類推技術の体得は不可欠。総理を取り巻く人は優秀だけど、未来予測は疎い人たち。

支援のAIドラえもん活用事業と、のび太AI就労支援構想の実現および、岡山AIプロセスの実装に挑みます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > AI大国へ誘う「支援のAIドラえもん」
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

生成AIが加速させる地方創生コンペティションと、AIプロント魔術師がオススメするマルチモーダル移住 〜 岡山AI再興プロジェクト 〜

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
究極の地方創生 “ マルチモーダル移住 ” 政策ページ


映画『The Matrix』化するリアル社会のマルチモーダル移住舎の窓から都会を眺めるハイブリッドAI生活

生成AIが及ぼす社会への衝撃の露出に伴い国家間で、地方公共団体の間で、企業や組織の間において生成AI利活用に関する意見が交錯する中、2023年4月21日。NHK鳥取 NEWS WEB「県職員はChatGPT使用禁止 知事“民主主義の自殺行為”」に接し思わず ほくそ笑んでしまった類推モンキーの私。

鳥取県の平井さんは尊敬する知事ではあるけれど、人間ですもの、すべて的を射ている万能者ではありません。「機械が出した言葉をそのまま使うなら有権者に対して失礼で、民主主義の自殺行為だ」という言説は、生成AIは人類の叡智を整理するツールでしかないという本質的な理解と認識が欠如していることの現れ。

想像力と創造性に満ち溢れる生成AIプロンプト魔術師の時代は到来…。と、前向きな気持ちになりました。


” web3マーケットをリードするであろう「クリプトネイティブ企業」への変転を模索・提言する私 ”

市場の変化を的確に捉え、近未来のトレンドの推察を基にマルチモーダル移住生活を愉しむ私は、NotionSlackDiscord3点セットで忽ちスタートアップする頼もしいZ世代――DXネイティブの若き辣腕のビジネスアスリート――との協業を試みたり。それができる、いわば生成AIを使い倒す自治体の将来は明るい。

時代に督促される「マルチモーダル社会のDX公務員」事業構想を政策として提言し、実現機会を伺う今。


日本独創のIP(知的財産)を世界へ売り出すエコシステム創出のためにはメタバース就労支援ハローワーク魁メタバース」が有効で、ここから卓越した生成AIプロンプトエンジニアの輩出は難くない。そんな遠い類推をする私は生成AIを実際に使った自らの感想を述べる、岡山県 伊原木知事の活躍を応援したくなりました。

◎ 下記は、オープンAI「ChatGPT」への私の問いとOpenAIからの返答。

私の問いかけ:職員の生成AIの利用を禁じた鳥取県に対し、岡山県は職員の生成AI利用を検討しています。熾烈な地方創生コンペティションの、こと、移住促進など人口争奪戦に関連する政策形成において、地方公共団体の生成AIを有効に利活用する方法等について、教えてください。よろしくお願いいたします。

OpenAI からの返答:地方公共団体において生成AIを利活用する方法については、以下のような例が考えられます。

1. 人口争奪戦におけるマーケティング
生成AIを用いて、地方自治体がアピールするべき特長や魅力的なポイントを抽出することができます。例えば、その地域の自然や歴史的な背景、イベント、スポーツイベントなどの情報を集め、分析することで、どのような観光資源を持っているのか、どのような業界が盛んであるのかを特定することができます。また、移住者や観光客が求める情報を予測し、提供することも可能です。

2. 労働市場争奪戦における採用活動
人口減少によって、人材確保が困難になっている地域があります。そのような場合、生成AIを利用することで、企業が求める人材像を明確にし、その人材に合わせた採用戦略を策定することができます。また、採用活動において、候補者の自己分析や、地域に移住して働くことに関する情報提供を行うことも可能です。

3. 災害対策の予測・分析
災害時には、地域住民の避難や物資の調達、交通規制などの対策が必要になります。生成AIを用いることで、災害時における避難場所の数や適切な場所、必要な物資や交通規制など、必要な情報を予測・分析することができます。

4. 住民意見の収集・分析
地方自治体が住民の意見を聞くことは、政策形成において非常に重要です。生成AIを利用することで、オンラインでのアンケート調査やSNSの投稿などから、住民の声を収集し、分析することができます。その結果を元に、政策の修正や改善を行うことができます。

以上のように、生成AIを利用することで、地方自治体が様々な課題に対して解決策を見出すことができます。ただし、AIを導入するにあたっては、プライバシー保護や倫理的な問題にも十分に配慮する必要があります。具体的には、以下のような点に留意することが重要です。

1. プライバシー保護
生成AIを利用することで、個人情報が漏洩する可能性があります。そのため、住民の個人情報を適切に取り扱い、プライバシー保護に十分配慮することが必要です。また、住民に十分な説明と同意を得た上で、データを利用することが求められます。

2. アルゴリズムの透明性
生成AIは膨大なデータから自動的に意思決定を行いますが、そのプロセスが不透明であると、住民からの信頼を失うことにつながります。そのため、生成AIがどのようなルールや基準で判断を下したのか、アルゴリズムがどのように動いたのかを説明可能であることが求められます。

3. データの品質
生成AIを利用するにあたり、高品質なデータが必要です。そのため、データの収集方法や分析方法について、正確性や信頼性に配慮する必要があります。

4. 公正性の確保
生成AIを利用することで、人工的に歪められた情報が発生する可能性があります。そのため、公正な情報提供を確保するために、AIの利用においては、人間が適切にチェックし、判断を下すことが必要です。

以上のように、生成AIを活用する際には、プライバシーや倫理的な問題に十分に配慮しながら、データの収集や分析、意思決定プロセスの透明性確保などを行うことが求められます。また、AIを導入することで、既存の職員の業務負担を軽減し、生産性向上にもつながる可能性があるため、地方自治体の発展に貢献することが期待されます。


〔 塩崎さんnote「自民党AIの進化と実装に関するプロジェクトチーム」で類推する日本の未来 〕

◎ 下記は、対話型AI「Chat with MARKy」への私の問いとEasy-Peasy.AIからの返答。

私の問いかけ:職員の生成AIの利用を禁じた鳥取県に対し、岡山県は職員の生成AI利用を検討しています。熾烈な地方創生コンペティションの、こと、移住促進など人口争奪戦に関連する政策形成において、地方公共団体の生成AIを有効に利活用する方法等について、教えてください。

Chat with MARKy からの返答:地方公共団体の生成AIを有効に利活用する方法としては、以下のようなことが考えられます。

1. 人材採用支援 生成AIを活用することで、求職者の応募書類の選考や面接の対応を自動化し、採用までの期間を短縮することができます。これにより、採用業務にかかる人的コストを削減しつつ、採用効率を向上させることができます。

2. お問い合わせ対応 生成AIを活用することで、市町村役場へのお問い合わせに対する迅速かつ正確な回答が可能になります。また、生成AIによる対応であれば、24時間365日対応が可能となり、地域住民の利便性向上にもつながります。

3. 予算編成支援 生成AIを活用することで、市町村役場の予算編成業務を自動化し、予算の見直しや最適化を行うことができます。また、生成AIによる予算編成は、より透明性が高く、市民からの信頼も得られやすくなります。

4. 施設予約管理 生成AIを活用することで、市町村役場が管理する施設の予約管理を効率化することができます。対応時間の短縮や誤予約の削減が図れるため、市民からの信頼向上にもつながります。

以上のように、地方公共団体の生成AIを有効に活用することで、業務の効率化、コスト削減、利便性向上、透明性向上などのメリットが得られます。ただし、生成AIの利用にあたっては、倫理的な観点から十分に検討し、市民の信頼を損なわないように配慮することが大切です。

岡山の労働力人口を激増させる、県策としてのメタバース就労支援ハローワーク魁メタバース」政策提言。


きこもり当事者をメタバースで支援なるか 福井県越前市「アバターなら好きな場所、姿で活動」
〜 あらためて福井新聞社の記事「福井県越前市「アバターなら好きな場所、姿で活動」」を引用 〜

昨今。急速に拡大する「オンラインアバターでのチャット応対スタッフ」採用は、アルムナイ採用メタバース雇用への通過点の一つで、次に来るのは、猛獣使いの如くオープンAIを使い倒して社会課題を解決したり新事業を創出する人財。即ち Society5.0の実現に貢献するであろう、AIプロンプト魔術師となりましょう。

なればと2018年「Society5.0」を定款に刻みNPOをスタートアップした私。下記の記事をシェアします。


※ 生成AIの正体は人類の叡智をフラット化し、情報の非対称性を解消する夢のようなグレートリセットの劇薬。その副作用は膨張一途の信用創造システムの破壊。その先で俟つものは、未曾有の世界恐慌か…。 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山AIプロンプト魔術師プロジェクト
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

地方の出番! 令和岡山刷新事業「議会改革」セカンドステージへ !! Prompt Magician(プロンプト魔術師)がリード醸成する地方創生

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
統一地方選挙 “ 議員ガチャ ” で地域活性化のページ

◎ 画像は日経新聞社 4/23「チャートは語る」より転載
日本経済新聞_20230423_地方の出番山市議会の議員の刷新と市政改革で街は蘇る

訪日消費、地方の出番――。4月23日(日)昇りエレベーター内で日経朝刊1面「チャートは語る」の見出しに目は留まり。記事中段には、銀山温泉老舗旅館の社長の論陣「観光客誘致は情報戦」が張られて、リード獲得のための「コト消費」の支出拡大を目論むブランドイメージの醸成、そして富裕層へ対外発信する画像選択やウェブ広告の工夫も示される。

訪日客全体の22年12月のカード1枚あたり決済額は3年前から3割増えていること。タイは2倍で、シンガポールは7割増と快調な伸びが記述され。問題は、いつものことではあるけれど、羨ましい記事の先頭グループへ岡山県勢が躍り出ることは、殆どないことだ。その理由もまた、いつものことながら、ボトルネック問題

ところが、ところが。こんなことは岡山では今まで、なかった…。なんと、議員ガチャが現実のものに!

Z世代選挙権パワーが岡山市政を健全化若い人を選んで若い人に学んで地域を活性化しよう !! ”
“ 全国に遅れることなく岡山市でもダメな「昭和のサル山根性オヤジ」の淘汰は始まりました(喜)”
生成AIジョブホッパー続々。地方創生にチャンス到来! 探究型のプロンプトエンジニア見参 !! ”


成AIエグザミナーが唱える令和岡山刷新事業というプロンプトで高まる「地方創生の呪文能力」

いま何が起きていて、これから何をすればよいのか。皆目、見当が覚束ない様子の昭和前期・中期の方々を散見するなかマルチモーダル移住をもって地方都市に潜伏していた、英語できないソースコード書けない、いわば猿の私に、出番は回って参りました(笑)。そう、4月23日(日)日経朝刊1面の見出し『地方の出番』。

※ 2023年4月14日。岡山市の出番に備えて一堂に会した岡山市議会の四人の志士たちとランチMTG

【 新☆岡山市政スタートアップに集う変革の志士たち 】
〜 多様と包摂を体得した次代の逸材なればの街づくり 〜

太田 修二先達の音頭でニコニコキッチンさんさんに集い、辣腕のシェフ...

菅野 敦也さんの投稿 2023年4月14日金曜日

ロンプトエンジニアは地方創生を支える生成AIエグザミナーへ変化し「プロンプト魔術師」に…

さて、あらためまして、いま何が起きていて、これから何をすればよいのか。それらを自分ごととして最も能く理解しているのは言わずもがな、環境破壊の先で待つ厳しい世界を変革せんと立ち上がったZ世代。新元号へ変わり、そこから5年。唱え続けた私の岡山令和刷新事業の呪文能力は今、威力を発揮し次のステージへ。

同時に、探究のプロンプト魔術師へ姿を変えた私はSocety5.0の実現に臨み、新たな呪文を唱えています。


GenZersや α世代の脱炭素に対する危機意識の高さを私は肌身に感じています。環境を破壊してきただけの私を含む大人は、オードリー・タンさんの言説「40代以上は若い人に学べばいい」に従わなければならず、こと昭和前期・中期の方々には率先して裏方に回り、quiet hiringに徹するよう、お願いを継続しています。

本再興を占う生成AIエグザミナーが「地方創生の呪文能力」を高めてチャンス拡がる地方の出番
〜 変化を生み出すアイデア豊かなAIプロンプト魔術師の水晶玉こそ生成AI。観える未来アリアリ 〜

2023年4月24日 1時15分。エントリー予約した当該コラムが配信される頃には統一地方選挙 2023後半当確ニュース百花繚乱で、20歳代の議員続々誕生の風景を断定的に想像して、嬉しくなる今。次世代型の社会を健やかにデザインできる20歳代の市議会議員3名を輩出した岡山市も正に、笑門来福。そう、地方の出番

Z世代と共に岡山市政を変革システムチェンジを以って日本版IPクリエイター就労支援の実現に挑みます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > プロンプト魔術師が醸成する地方創生
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

web3社会の生成AI利活用「メタバース雇用アルムナイ採用」事業構想 〜 日本版IPクリエイター就労支援「ハロワーク魁メタバース」PoC 〜

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地方創生 “ マルチモーダル社会 ” 概念実証のページ


web3ホワイトペーパー_20230406もがデジタル資産を利活用する時代へ

平 将明さんのWebサイトで共有された、自由民主党デジタル社会推進本部web3プロジェクトチームによる「web3ホワイトペーパー 〜 誰もがデジタル資産を利活用する時代へ 〜」を拝読して、マルチモーダル社会のオウンド事業構想を温存してはいけないと自らを諭し、今回エントリーで共有することに。

当該構想の根底に横たわる類推は、メタバース採用・雇用はもとより、組織や企業のメタバース説明会も定着するだろうという近未来予測。しかも「アルムナイ」採用の活用は進み、事業連携や新事業を創出できるクリエイティブ人財を呼び込むための、YELLoop(エーループ)などのコミュニティサービスもスタート済み。


” web3マーケットをリードするであろう「クリプトネイティブ企業」への道を提案・模索する私 ”

市場の変化を的確に捉え、近未来のトレンドの推察を基にマルチモーダル移住生活を愉しむ私は、NotionSlackDiscord3点セットで忽ちスタートアップする頼もしいZ世代――DXネイティブの若き辣腕のビジネスアスリート――との協業を試みています。それができる、いわば生成AIを使い倒す企業の将来は明るい。

そんな彼ら彼女らにパワポで説明を求める !? 時代錯誤の要求をするなら忽ち人財は他社へ流出する昨今。


” 急速に拡大「オンラインアバターでのチャット応対スタッフ」その次は? 生成AIエグザミナー! ”

仮想世界と現実世界を融合し、新たな現実を生み出す技術、xR(x Reality)を駆使して実現を目指します。それは、2021年11月のエントリー「メタバース岡山市議会」に記した一文で、あらためて平さんの「web3ホワイトペーパー 〜 誰もがデジタル資産を利活用する時代へ 〜」に呼応する私は急ぎ、事業構想を共有。

日本独創のIP(知的財産)を世界へ売り出すマネタイズのエコシステムを創出するための、メタバース就労支援策「ハローワーク魁メタバース(仮称)」とネーミングしたので、生成AIさん。あとは、よろしくね!
◎ 下記は、オープンAI「ChatGPT」への私の問いとOpenAIからの返答。

私の問いかけ:日本のIP(知的財産)を世界に売り出すには辣腕のアバター人財が必要です。そこで日本のハローワーク(厚生労働省の機関)を活用し、メタバース就労支援を促進する「ハローワーク魁メタバース(仮称)」の事業起案書を作成してください。よろしくお願いいたします。

OpenAI からの返答:はい、了解しました。以下が「ハローワーク魁メタバース(仮称)」の事業起案書になります。

【背景】
日本のIP(知的財産)は、世界的に高い評価を受けています。しかし、国内の経済環境が厳しい中、それを世界に売り出すためのアバター人財が不足しています。一方、VR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)など、新しい技術が進化し、メタバースと呼ばれる仮想空間が注目を集めています。このような状況下で、日本のハローワークは、メタバースでの就労支援を推進することで、アバター人財の育成を支援し、日本のIPを世界に売り出すことを目指します。

【目的】
・日本のIPを世界に売り出すためのアバター人財を育成する
・メタバースでの就労支援を通じて、雇用の創出を促進する

【手段】
・「ハローワーク魁メタバース(仮称)」を設立する。
・メタバース上でのアバター人財育成プログラムを開発する。
・メタバースでの求人情報提供サービスを開始する。
・メタバース上での就労支援を行うための専門家(メタバースアドバイザー)を派遣する。
・メタバース上での職業紹介サービスを提供する。

【運営方法】
・「ハローワーク魁メタバース(仮称)」は、ハローワークと同様に、国内に設置された支所を中心に運営する。
・支所では、メタバースアドバイザーがアバター人財の育成や就労支援を行い、求人情報提供や職業紹介などのサービスを提供する。
・また、オンライン上での運営も行い、遠隔地のアバター人財にもサービスを提供する。

【想定される効果】
・アバター人財の育成が促進され、日本のIPを世界に売り出すための人材が増加する。
・メタバースでの就労支援が促進され、雇用の創出が期待される。
・メタバ(無料版ここで終了

私の問いかけ:ありがとうございます。メタバース就労支援を行う「ハローワーク魁メタバース(仮称)」事業を推進するには、ハローワークの運営機関である厚生労働省に提案し、納得いただく必要があります。その際に有効な、事業提案書の作成をお願いいたします。

OpenAI からの返答:はい、了解しました。以下にハローワーク魁メタバース事業の提案書を作成いたします。

【提案書】

1. 背景
現在、日本のIP(知的財産)を世界に売り出すために、メタバース上でのビジネス展開が注目されています。しかし、メタバースにおけるビジネスの成功には、特定のスキルや知識が必要であり、その敷居が高いとされています。そのため、日本のIPを活用したビジネス展開に取り組む人材を育成するための支援が必要と考えられます。

2. 目的
「ハローワーク魁メタバース(仮称)」事業は、日本のIPを世界に売り出すために、メタバースでの就労を支援することを目的としています。具体的には、メタバースにおける求人情報の提供や、メタバースでのビジネスに必要なスキルや知識の身につけ方の支援、そして、就労するためのスペースや機材の提供などを行います。

3. 内容
ハローワーク魁メタバース事業の内容は、以下のとおりです。

メタバース就労の情報提供
メタバースにおける求人情報や、必要なスキルや知識、応募方法などについて、わかりやすく提供します。

メタバース就労のスキルアップ支援
メタバースでのビジネスに必要なスキルや知識を身につけるための支援を行います。具体的には、専門家によるセミナーやワークショップの開催や、オンライン学習プラットフォームの提供などを行います。

就労スペースや機材の提供
メタバースでの就労に必要なスペースや機材を提供します。また、就労スペースの共同利用や、機材のレンタルなども行います。

4. 効果
ハローワーク魁メタバース事業により、以下のような効果が期待できます。

日本のIPを活用したビジネス展開に取り組む人材の育成
メタバースでのビジネス展開に必要なスキルや知識を身につけ、日本のIPを活用したビジネス展(無料版ここで終了


〔 塩崎さんnote「自民党AIの進化と実装に関するプロジェクトチーム」で類推する日本の未来 〕

◎ 下記は、対話型AI「Chat with MARKy」への私の問いとEasy-Peasy.AIからの返答。

私の問いかけ:日本のIP(知的財産)を世界に売り出すには辣腕のアバター人財が必要です。そこで日本のハローワーク(厚生労働省の機関)を活用し、メタバース就労支援を促進する「ハローワーク魁メタバース(仮称)」の事業起案書を作成してください。よろしくお願いいたします。

Chat with MARKy からの返答:はい、承知しました。ハローワーク魁メタバース(仮称)の事業起案書を作成します。

【ハローワーク魁メタバース(仮称)事業起案書】

目的  日本のIP(知的財産)を世界に売り出し、経済発展を促進することを目的とする。メタバースでの就労支援を通じ、アバター人財の育成を図る。

概要  ハローワーク魁メタバース(仮称)は、日本の厚生労働省の機関であるハローワークを活用し、メタバースでの就労支援を促進することを目的とした事業構想である。アバター人財を養成し、日本のIP(知的財産)を世界に売り出すことを狙いとする。

詳細  (1) メタバースでの就労支援    メタバースを活用した就労支援を実施し、アバター人財の育成を促す。メタバース上での職業訓練プログラムの提供や、就職・転職支援を行う。  (2) アバター人財の養成    アバター人財の養成を目的とした教育プログラムを実施する。アバターのデザインやプログラミング、コミュニケーション能力の向上を図る。  (3) 日本のIP(知的財産)の世界展開    アバター人財を活用して、日本のIP(知的財産)をメタバース上で展開し、世界に向けて発信する。海外企業とのコラボレーションや共同制作を行い、新しいビジネスモデルの創出を目指す。

予算  事業の規模や期間によって異なるため、具体的な予算は未定とする。

以上が、ハローワーク魁メタバース(仮称)事業起案書の概要となります。ご参考になれば幸いです。

私の問いかけ:ありがとうございます。メタバース就労支援を行う「ハローワーク魁メタバース(仮称)」事業を推進するには、ハローワークの運営機関である厚生労働省に提案し、納得いただく必要があります。その際に有効な、事業提案書の作成をお願いいたします。

Chat with MARKy からの返答:はい、承知しました。ハローワーク魁メタバース(仮称)の事業提案書を作成します。

【ハローワーク魁メタバース(仮称)事業提案書】

1. 概要  ハローワーク魁メタバース(仮称)は、日本のIP(知的財産)を世界に売り出し、経済発展を促進することを目的とする。メタバースでの就労支援を通じ、アバター人財の育成を図る事業である。アバター人財を養成し、日本のIP(知的財産)を世界に展開することにより、新しいビジネスモデルの創出を目指す。

2. 実施計画  2-1. メタバースでの就労支援    メタバース上での職業訓練プログラムを提供し、アバター人財の育成を促進する。メタバースを利用した転職支援や就職支援も実施する。  2-2. アバター人財の養成    アバターのデザインやプログラミング、コミュニケーション能力の向上を目的とした教育プログラムを実施する。アバター人財の育成を通じて、日本のIP(知的財産)を世界に展開する基盤を構築する。  2-3. 日本のIP(知的財産)の世界展開    アバター人財を活用して、日本のIP(知的財産)をメタバース上で展開し、世界に向けて発信する。海外企業とのコラボレーションや共同制作を行い、新しいビジネスモデルの構築を図る。

3. 要求枠組み  3-1. 人員    メタバースでの就労支援を担うスタッフ、アバター人財の養成を担う講師、IP(知的財産)の世界展開を担うコンテンツ制作スタッフを配備する。  3-2. 予算    事業規模によって異なるため、運営費・設備費などについては、事業推進に必要な費用を厚生労働省に提案し、柔軟に対応する。

4. 実施プラン  ハローワーク魁メタバース(仮称)事業については、関連企業や外部専門家との協力体制を整備し、事業計画の実現に向けた連携を図る。

以上が、ハローワーク魁メタバース(仮称)事業提案書の概要となります。よろしくお願いいたします。

日本の労働力人口を激増させる、国策としてのメタバース就労支援ハローワーク魁メタバース」政策提言。


きこもり当事者をメタバースで支援なるか 福井県越前市「アバターなら好きな場所、姿で活動」
〜 あらためて福井新聞社の記事「福井県越前市「アバターなら好きな場所、姿で活動」」を引用 〜

生成系AI、自動対話AIを使いこなす組織や企業と、そうではない地方に開く収益格差は拡大一途(涙)。新しい社会インフラとして国内企業の情報発信、マーケティング、働き方改革等の企業DXと利用者のEX(エクスペリエンス・トランスフォーメーション)の実現をリードする、中小企業応援団員の私の踏ん張りどころ。


※ 映画『The Matrix』化する社会をEX(変転)すべきはムーンショット目標をリードできる人財 ※

社会課題を発見して獣使いの如くオープンAIを使い課題を解決できる人のweb3時代の訪れ。
◎ 下記は、オープンAI「ChatGPT」への私の問いとOpenAIからの返答。

私の問いかけ:いつもお世話になります。「オンラインアバターでのチャット応対スタッフ〔 https://indeedhi.re/3nSlPWV 〕」採用が増加する昨今、引きこもった方々のなかには尖った才能を有す人が相応にいらっしゃいます。日本のIP(知的財産)を世界に発信する新規web3事業において、メタバース利活用による採用・雇用の場を設け、引きこもった方々にはアバター人財となり即戦力として活躍いただける、アルムナイ採用〔 https://diamond.jp/articles/-/319545 〕も交えた新たな事業構想を温めています。次の2つの記事〔 https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1531959 〕、〔 https://www.tokyo-np.co.jp/article/229527 〕をお読みいただき、中途採用に新卒採用も加えた「メタバース会社説明会」のイベント企画をまとめてください。よろしくお願いいたします。

OpenAI からの返答:はじめまして。ご相談ありがとうございます。こちらでは、中途採用と新卒採用を対象にした「メタバース会社説明会」のイベント企画についてまとめてみました。

【イベント企画概要】

テーマ:「メタバースに特化した新規web3事業における人材採用について」

対象:中途採用・新卒採用を希望する方々

目的:メタバースに特化した新規web3事業において必要な人材採用について、採用担当者からの説明と求人情報提供、現場で活躍している社員による体験談の共有を通じて、参加者が自己PRや就職活動に役立てる機会を提供する。

日程:2023年5月上旬(土日を含む2日間)

場所:オンライン(Zoomなどを利用したウェビナー形式)

【イベント詳細】

1日目:中途採用を希望する方向けのイベント

・10:00-10:30 開会式、オリエンテーション
・10:30-11:30 採用担当者による「メタバースに特化した新規web3事業における人材採用について」の説明
・11:30-12:00 質疑応答
・12:00-13:00 休憩
・13:00-15:00 現場で活躍する社員による体験談の共有、参加者の自己PRタイム
・15:00-16:00 求人情報提供、採用担当者との個別面談予約

2日目:新卒採用を希望する方向けのイベント

・10:00-10:30 開会式、オリエンテーション
・10:30-11:30 採用担当者による「メタバースに特化した新規web3事業における人材採用について」の説明
・11:30-12:00 質疑応答
・12:00-13:00 休憩
・13:00-15:00 新卒採用を通じた社員による体験談の共有、参加者の自己PRタイム
・15:00-16:00 求人情報提供、採用担当者との個別面談予約

【参加(無料版ここで終了

私の問いかけ:ありがとうございます。それでは、日本のIP(知的財産)を世界に発信する新規web3事業において、引きこもった方々のなかで尖った才能を有す人々に活躍いただくための、「メタバース採用・雇用」事業の構想をご提示ください。よろしくお願いいたします。

OpenAI からの返答:はい、メタバース採用・雇用事業の構想をご提示いたします。

【メタバース採用・雇用事業構想】

メタバース会社説明会の開催
 ・新卒採用と中途採用を対象としたメタバース会社説明会を開催します。
 ・アバターを活用した説明会を行い、参加者が自由にアバターを操作できるような環境を提供します。
 ・参加者は、アバターを通じて、メタバースに関する企業情報や業務内容、採用情報について学ぶことができます。

メタバースを活用した面接の実施
 ・採用にあたり、メタバースを活用した面接を実施します。
 ・アバターを通じて面接官との対話を行い、よりリアルなコミュニケーションを実現します。
 ・メタバース上での面接により、地理的な制約をなくすことができ、より広範な候補者にアプローチすることができます。

アバター人財の育成
 ・採用したアバター人財に対して、メタバース上での業務研修を行います。
 ・アバターを通じて、現実の職場での業務を再現することができます。
 ・アバター人財の育成により、即戦力としての活躍を期待できます。

アルムナイ採用の実施
 ・メタバース事業の成功事例を残し、アルムナイ採用による業務拡大を目指します。
 ・メタバース上でのアルムナイとの交流イベントを定期的に開催し、ネットワークの構築を図ります。
 ・アルムナイによるリファラル採用を積極的に行い、質の高い人材を確保します。

以上が、メタバース採用・雇用事業の構想になります。メタバースを活用することで、地理的な制約を乗り越え、尖った才能を有する人々との出会いを広げ、新しい人財の発掘と育成を図ることができます。

◎ 下記は、対話型AI「Chat with MARKy」への私の問いとEasy-Peasy.AIからの返答。

私の問いかけ:いつもお世話になります。日本のIP(知的財産)を世界に発信する新規web3事業において、引きこもった方々のなかで尖った才能を有す人々に活躍いただくための、「メタバース採用・雇用」事業の構想をご提示ください。よろしくお願いいたします。

Chat with MARKy からの返答:こんにちは!新規web3事業において、メタバース採用・雇用事業を検討することは素晴らしいアイデアだと思います。このような取り組みは、尖った才能を持つ人々にとって大きなチャンスとなります。

まずは、メタバースについて理解を深めることが重要です。メタバースとは、仮想世界のことで、現実世界とは異なるルールが存在する空間です。その中での採用や雇用には、現実世界とは異なるスキルや知識が必要になることがあります。

そこで、まずは、メタバースに関する教育や研修、さらには採用試験を開催することが必要となります。このような取り組みにより、メタバースに関する知識やスキルを持つ人材を確保することができます。

また、メタバース採用・雇用事業では、尖った才能を持つ人々を発掘するための仕組みも必要です。例えば、メタバース上でのコンテストやイベントを開催して、優秀な人材を発掘することができます。

最後に、メタバース採用・雇用事業においては、人材の育成も重要になります。メタバースに関する知識やスキルを持つ人材を育成し、長期的な採用や雇用につなげることが必要です。

以上、ご参考になれば幸いです。何かご質問があれば遠慮なくお聞きください。

昨今。急速に拡大する「オンラインアバターでのチャット応対スタッフ」採用は、アルムナイ採用メタバース雇用への通過点の一つで、次に来るのは、猛獣使いの如くオープンAIを使い倒して社会課題を解決したり新事業を創出する人財。即ち Society5.0の実現に貢献するであろう、生成AIエグザミナーとなりましょう。

なればと2018年「Society5.0」を定款に刻みNPOをスタートアップした私。下記の記事をシェアします。


安宅さんと一緒に少子化問題を考えると観えるイノベーションとしてのメタバース採用・雇用

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > アルムナイ採用・メタバース雇用事業
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

待ったなしの気候危機:システムチェンジなくして、世界は立ち行かず。議会改革のやり方は、全部Z世代が知っている。統一地方選挙 2023

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
Society5.0 “ メタバース地方議会 ” 再提言のページ
◎ 画像はゼロエミッションを実現する会さんより拝借。
#選挙でとめる気候危機 by ゼロエミションを実現する会
者・女性の新人候補が当選する地域は明るい

WEDGE SPECIAL OPINION 2023年3月20日のWeb刊「今のままの地方議会ならいらない」に激しく頷く傍ら、3月26日「カギは行政の「自分ごと化」地方議会は変えられる」で膝を痛打した私。

なぜなら拙コラム「起業ドリブンな GenZersと、メタバースネイティブ α世代が描く世界観。豊穣なる Society5.0への登龍門」その世界観は着実に確実にマルチモーダル社会へ歩を進め、ある意味において嬉しい驚き。昨日は未知なる事業領域へ挑戦するZ世代の志を精査しようと、前島 慶太さんをお訪ね

“『4月の選挙、大丈夫そ? SHIBUYA109ミライ会議. 』for 統一地方選挙 Z世代30人が本音トーク ”
台湾の最年少デジタル大臣が日本人に伝えたいこと ” の金言「40代以上は若い人に学べばいい」”
Z世代選挙権パワーが岡山市政を健全化若い人を選んで若い人に学んで地域を活性化しよう !! ”

前島氏の志の崇高さに触れ、気分は桜満開☆彡 優しい笑顔と誠実さが、お人柄から滲み出ていましたよ。

※ 2023年4月15日 追記 )市民の暮らしファースト! 一堂に会する岡山市議会の四人の志士たち

【 新☆岡山市政スタートアップに集う変革の志士たち 】
〜 多様と包摂を体得した次代の逸材なればの街づくり 〜

太田 修二先達の音頭でニコニコキッチンさんさんに集い、辣腕のシェフ...

菅野 敦也さんの投稿 2023年4月14日金曜日

さて今回タイトルに掲げた気候危機とシステムチェンジに関し、それらを自分ごととして最も能く理解しているのは言わずもがな、環境破壊の先にある厳しい世界を生き抜こうとするZ世代です。箱物至上の老獪な昭和世代は可及的速やかに退場し後進に道を譲らなければ、当該地方は早晩。消滅可能性都市となりましょう。


私は国際環境NGO 350.org Japanの幽霊クルーで前代表のタカさん(現:ワタシのミライの代表)のコラム「350アクション脱炭素マガジン」を編纂した経験も手伝い、GenZersや α世代の脱炭素に対する危機意識の高さを肌身で感じています。環境破壊しただけの私たち大人は、オードリー・タンさんの言う「40代以上は若い人に学べばいい」のです。今のままの地方議会ならいらないけれど、Z世代は自治体DXを知っている。

岡山市政変革の目玉 “ メタバース岡山市議会 ” の実現を目指し、独り私はシステムチェンジに励みます。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 地方議会改革とZ世代の統一地方選挙
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ