政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

OSINT(Open-Source Intelligence)オープンソースインテリジェンスと、継続企業の前提を担保する、ヒューマナイジングストラテジー

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
日本を再興 “ 社会のWell-being ” を高めるページ


住の緊急性を、すでに起こった東京に学ぶ
食材王国 岡山パクチーサラダの材料
Only the Paranoid Survive. 在住と出張を合わせて東京に40年ほど関与しているパラノイアの私は、1995年。阪神・淡路大震災の当日は枚方市に暮らしており、その3日後に、救援物資を届けたく尼崎市から武庫川を渡り西宮市へ入った日の記憶は今なお鮮明。積める限りの飲料水を社有自転車の荷台に縛り付け、飲食店に届けて応援1日目は終了。人間万事塞翁が馬――。退職、地方都市へ移住を敢行する動機になったことは言うまでもなく、先般 “ マルチモーダル移住 ” はパラノイア本音のエントリーです。

さて先日。日経Web刊の、快刀乱麻を断つ野中先生の教示「企業の失敗、野性喪失から 「失敗の本質」の著者説く」がいつもながら軽妙洒脱で、急ぎNEWS PICKSでシェアした次第。生成AIを使い倒す能力拡張の時代なればの、善いパーパスを追求するヒューマナイジング・ストラテジー人間くさい戦略)は益々重要。

その中オープン・ソース・インテリジェンスを実践ドリブン志向で会得した私は、科学や理論では先導できない意味づけや価値づけの膨大な試行錯誤のプロセスを踏んでおり、蓄積している暗黙知は莫大。知的コンバットを以って体得に至った主観は精強で、投資行動の上手い報告は出来ないけど、株で大勝ちする人である。


サイバー空間で合法的に入手できる資料を調査、分析する「OSINT(Open-Source Intelligence)」に、得意のスキップ結合とファイチューニングを駆使して債券市場でボロ儲けした私の場合、いわば「AIのブラックボックス問題」に陥っていて、なぜ当該銘柄に飛び乗ったのか、なぜ忽ち損切ったか、巧みな説明は覚束ず。

オープン・ソース・インテリジェンスと投資パフォーマンスとビジネス開発の意味深な四方山

例えて株式投資におけるOSINTは、2000年すぎの私の成功パターン。それは、合法的に入手できる1次情報など資料を調べ上げ、あわせてソーシャルメディアから感じ取れるファンダメンタルズの遷移と突き合わせて、空売りと信用買いを実行する手法。債券市場でのボロ儲けの要因の一つは爆速の損切りで、私の場合のロスカットはPdCa』ならぬ『pDcA』の生き様そのものにあり、それこそがFIRE成立の成功要因。年俸1本超の企業のポジションに深謝し惜しむことなく切り捨て、2006年に株式市場を卒業。地方都市の不動産市場へ鞍替え敢行、物件の含み益を涵養しながら今ここ。

PdCa』ならぬ『pDcA』。時間がある時はサイバー空間に我没しOSINTに集中して、チャンスと観ればリアルを奔走、嫌な予感がすれば忽ち撤退する技術。これを支えるヒューマナイジング・ストラテジーの重要性と哲学を、地域社会や関与先様へ実装する。そんな社会貢献に没入しています。

いづれも勝因は、無意識も含めた暗黙的で精強な主観にあり、全ての投資行為は想いありきで始めた顛末。


本的経営に代わるゴーイング・コンサーンの成功パターンと、日本の勝ち筋は観えているから大丈夫
〜 無用な危機を煽るつもりは毛頭なかりしも Never say never. 首都直下地震は起こり得るのです 〜


パラノイアだけが生き残る――。社会学者の佐藤 郁哉氏は、Pの計画とCの評価ばかり偏重されて肝心要のdの実行とaの改善に手が回らない日本企業の現状は『PdCa』だと指摘される。バブル崩壊後の日本の失われた30年を思い知る、さりとて問答無用の厳しいご指摘。関与先様の現況に、思い当たる節またぞろ……(汗)

お役に立てるなら、野中先生のSECIモデルに準拠して、私の暗黙知を形式知として共有する頃合いかも。


Z世代デジタルノマドに愛される企業のみが生き延びる 】〜 適者生存フレキシブルな働き方 〜

さもなければ、もはや止まらない東京一極集中の逆回転クライシスにより日本沈没は実現してしまいそう。

今回エントリーの目的は、近い将来。何らかの激甚災害に見舞われる東京―― それは日本全国民を経済的困窮に陥れる天与の試練 ――を乗り越える為であり、北海道〜東京〜大阪を経て心豊かに暮らせる地方都市へ移住。生き残るためのリスキリングを繰り返し、強かにポータブルスキル生存戦略を研ぎ澄ます私の責務。

上記すでに起こった未来に直面し、OSINTを駆使して予兆を感じ取り、静かにシェアして擱筆いたします。


※【 少し大切な話をしよう 】グローブ:もし我々が追い出され、取締役会が新しいCEOを任命… ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Open-Source Intelligence 論考
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック(Basic-Level Advisor for Decarbonization〔 Approved certification by MOEJapan 〕)として「デコ活」マスアダプションに貢献いたします!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
脱炭素を推し進める新国民運動 “ デコ活 ” のページ

◎ スキルアップAI 株式会社「GX検定」BASIC合格証 
環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック(BASIC2300039)GX実行会議なくして、企業の持続可能性なし

先だって NewsPicksに投稿した【 GX実行会議なくして地域も組織も、持続可能性なし 】の中で、内閣官房「GX実行会議」に触れておりますが、ことさら 2023年6月27日GX実行会議(第6回)における西村環境大臣の提出資料「GX実現に向けた環境省の取組(PDF/1,508KB)」に目は留まり、ゼロ・エミッションを率先垂範する私は、もはや脱炭素を避けて通る地域や企業の存続は難しいことを確認。

その中 2023年07月14日、脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動の愛称『デコ活』は決定!


※ 2023年10月1日「環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック」に認定いただきました! ※

2021年12月より提唱している岡山市版「デジタル田園都市国家」構想実現会議とゼロカーボン(脱炭素)アクションさらに、2022年4月。脱炭素DAO by NFTアーティビストが担保するWeb3日本の持続可能性を配信していたことも手伝い、思わず前のめりになる「脱炭素地域づくり支援」と「脱炭素アドバイザー」制度。

なればと此の度、グリーントランスフォーメーションを鋭意牽引するためGX検定ベーシック #1を取得。


先般、環境省による「官民連携協議会デコ活応援団 ”」に、NPOの立ち位置から参画していた私のパーパスの一つは将に、GX人財の育成と輩出であることから、GX人材育成プログラム「スキルアップグリーン」および、GX検定を展開するスキルアップAI社がリードなされる「GX人材市場創造WG」の創設は嬉しい驚き。

折しもGX検定ベーシック合格していたことからGX経営の社会実装にも鋭意、貢献する所存でございます。


※ 経産省「GXリーグ」の普及促進さらに環境省「脱炭素経営」のアドバイザーとして頑張ります ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 環境省 脱炭素アドバイザーベーシック
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

陳情第32号のゆくえ: 路面電車延伸強行で大正時代を目指す岡山市と、国の公共交通再構築協議会を先導する未来志向の BRTひこぼしライン

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
疑義に塗れた岡山市長 “ 大森さんリコール ” ページ

◎ 岡山市議会陳情に対する賛否 令和5年9月19日議決分 
岡山市議会 陳情に対する賛否(令和5年9月19日議決分)森市長への損害賠償額 100億円超の可能性

2022年の拙エントリー「路面電車はBRTへ、100万都市へ成長を始める岡山市」で報告済みですが、特定企業の為に能く働く大森市長によって、街はゴーストタウンまっしぐら。もはやこれまで…と思いきや、ペンは剣よりも強し。岡山駅前への路面電車乗り入れ費用便益費の公開を求める陳情書(岡山市議会 令和5年 陳情第32号)が切り拓く明るい未来。

9月定例会の陳情第27号は毎度お馴染み、岡山市議会議員全員で否決された訳ですが、今回はさて如何に?


魁は山陽新聞社様の独自調査による「路面電車乗り入れ時期ずれ込み 岡山市再び見直し、26年度末に」報道で、以降。KSB様の「JR岡山駅路面電車乗り入れ事業 総事業費が試算より22億円増 完成にも1年以上の遅れ 岡山市」に対し、岡山新アリーナ構想を巡る疑義に塗れた大森市長による、顛末の報告は待たれるところ。

2014年。小員が諫言した「岡山市の公共交通機関の、問題の本質」は10年の時を経て、露になりました。


正地域公共交通の活性化及び再生に関する法律10月1日施行! 公共交通再構築協議会に高まる期待 !!


そんな折柄、健やかな成長を願う新たな時代は、岡山市民が提言を続けるBRT事業構想の実現に向けた一歩を力強く踏み出しました。そう、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の改正に同調し、気仙沼線BRT・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)や日田彦山線BRTひこぼしラインの地域再生ニュースが続々到着。

こうして認知は進み、もはや岡山市の選択は鉄道コスト 約10分の1のBRT(バス高速輸送システム)一択。

※ JR九州「BRTひこぼしライン」開業以降、届けられる歓びの声は続々! 日田彦山線BRT !! ※

大正時代の重たい電車を延伸する馬鹿げた事業。いま息の根を止めなければ2026年、軽く100億円突破…。


山市議会の大森さん一蓮托生の議員を一掃して「若者・子育て世代の移住」を促す健全な街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民は取り戻したく、岡山市長選挙を早めるため「岡山ヤシノミ作戦」を再起動する所存です。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、引き続き、陳情書を提出(郵送)しています。


継続は力なり。街なか循環EVバスの実用化が近づく中、大正時代の路面電車を岡山駅前へ延伸する事業の費用便益費がゼロを目指すのは自然の成り行き。その費用便益費を調べもせず、陳情第27号を否決した岡山市議会議員の不作為の罪は重く、議員の価値はゼロ。大森さんと市議会による損害賠償責任を追及する私。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 陳情第32号と祝! BRTひこぼしライン
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

学歴よりリスキリング歴が問われる時代の「ポータブルスキル生存戦略」

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
学歴より学び直し歴 “ Open Badges ” 推奨ページ

◎ 世界共通:デジタル庁「オープンバッジ」について 
オープンバッジ(Open Badges)2023年9月24日現在長ならできます! 笑い話が流行って早12年

市場の声に耳を傾け豹変を繰り返す世界マーケットと対話する私のポータブルスキルは言わずもがな、遠い類推。崩落を始めたグローバルレベルの株式市場に佇み、そういえば…と、2021年1月の拙エントリー『移住のすゝめ【 リスキリング 】 やまぬ音楽、踊るマネー。地殻変動、株式相場の暴騰・暴落、富士山噴火、首都直下型地震を乗り越えよう!』を想起する今。Googleニュースの検索クエリ「リスキリング」結果ページに眺める学び直し提案Webサイトは星の数で、2年半前の類推そのもの。

そんな2022年の後半の、私の遠い類推は「リスキリング時代に広がるオープンバッジの活用」ということ。


※ 2023年10月1日「環境省認定制度 脱炭素アドバイザー ベーシック」に認定いただきました !! ※

昨年6月。還暦ターンの実務家の強い向かい風はエイジズムで、これを跳ね返すのも、オープンバッジ戦略。


DX人財であること「GX経営」技術を有すること等を瞬時に証明できる「オープンバッジウォレット

いま社会が必要とするテクノロジーは何か。その問題意識は即ち人生哲学であり時代に選ばれる人になる。

2021年。「大人食堂」を、UBI(ユニバーサルベーシックインカム)、CBDC(中銀デジタル通貨)、東京の食料自給率は約1%。3点セットで考えると題して問題提起しておりますが、近い将来。グローバル資本主義が溶融を始める際、貯めたお金は意味を失う一方、ポータブルスキルのみ、生き抜く糧となりましょう。


幸福のバスタブ曲線英語できないソースコード書けない、いわば猿の私の幸せは、学び直しが担保する。


たな時代をリードする「GX経営」人財であること等を瞬時に証明する「オープンバッジウォレット

なおエイジズム充満の主要因は、ボトルネック生成の一方、新たな挑戦をしない粘土層の人々。なればこそ、

エイジズムは行動を以って跳ね返す――。私の生存戦略の根底に流れる哲学は、私淑するドラッカー師の「自らの陳腐化が競争相手による陳腐化を防ぐ」であり激しくインスパイアされていることから、GenZersとフラットな関係で一緒に仕事したり研究開発チームを組んだり、環境マーチに参画したり。何おか言わんや。

高度成長期のダメな自分を陳腐化させ、Z世代とともにOpen Badges生存戦略の試行錯誤に臨んでいます。


※ 昭和の「部長ならできます」人罪はZ世代の抜擢によるリバースメンタリングで解決しましょう ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > リスキリング時代のポータブルスキル
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

渡辺創太さん問題の解消に加担し脱炭素で豊かな暮らしを支える政策提言『デコ活クリプト』よいかも! GX検定アドバンスト取得しました !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
官民連携協議会 “ デコ活応援団 ” GX推しのページ

◎ スキルアップAI 株式会社「GX検定」ADVANCED合格証
GX検定アドバンスト合格証_ADVC2300016政策提言「デコ活クリプト(提案仮称)」

ライフスタイルの変革を後押しする新国民運動のスタートアップと同時に消費行動の変容を促す「新国民運動官民連携協議会」に、NPO代表として関与するご縁を授かったことから新規事業構想を巡らせるなか、暗号資産による資金調達を可能にする規制緩和の報道(by 日経新聞社)に接して思わず万歳。2022年3月の政策提言「NFTエコノミー移住特区」の実現を確信し、ほくそ笑むデコ活応援団の私。

脱炭素DAO提言はじめゼロ・エミッションを率先し、個人として法人として「デコ活宣言」を完了 )

いわゆる渡辺創太さん問題の解決の方角への歩みを歓迎するなか、日経GX様のWeb刊 「電力大量消費の仮想通貨」を再精読して「Jークレジット発行にブロックチェーン 富士通とIHI」および「CO2削減量をNFT化 シェアリングエネルギー」記事から生成された一石二鳥の政策提言こそ「デコ活クリプト」事業なるもの。

※ 以下の記述は「デコ活 提案・取組受付フォーム」へインプットした内容です。


◯ タイトル:
⇒ 脱炭素につながる政策提言 デコ活クリプト

◯ 事業ニーズ( 脱炭素ナッジを目論む起点づくり ):
⇒ Z(α)世代によるブロックチェーン利活用の持続可能な新機軸「脱炭素ベーシックインカム

◯ 事業提案:
脱炭素DAO子ども食堂DAOの自走を促すリバースメンタリングの社会実装

※ 事業化に臨み有効と思われるベンチマーク人財は下記
 1. World App by ミレニアルズ Samuel H. Altman 氏
 2. Astar Tech Stack by 渡辺 創太 氏 3. PoliPoli 代表 伊藤 和真 氏ほか

◯ 取り組み内容:
⇒ AIweb3時代をリードする若きスタートアップの志士と、デコ活応援団の協業を実現します。Z世代やミレニアルズの資金調達(CVCあるいは、脱炭素ベーシックインカム)を支援することにより、発信力の高い彼ら彼女らのGHG排出削減テクノロジーの開発と進化は加速。脱炭素DAO子ども食堂DAOなど多様なDAOの自走(脱炭素ベーシックインカムによる)を促すリバースメンタリングの社会実装により自ずと、脱炭素につながる将来の豊かな暮らしの全体像・絵姿はアリアリと描き出され、国民・消費者の新しい暮らしのトランスフォーメーションは、より確かなものになるのです。

Z世代やミレニアルズ、α世代など次代のメインプレイヤーが力を合わせて創り上げる「デコ活クリプト(脱炭素ベーシックインカム制度)」。それらの応援および協働が、本事業の肝になります。


2021年12月より提唱している岡山市版「デジタル田園都市国家」構想実現会議とゼロカーボン(脱炭素)アクションさらに、2022年4月。脱炭素DAO by NFTアーティビストが担保するWeb3日本の持続可能性を配信していたことも手伝い、思わず前のめりになる「脱炭素地域づくり支援」と「脱炭素アドバイザー」制度。

そのなか環境省 新国民運動・官民連携協議会「デコ活応援団」に登録申請、参画する運びと相成りました。

NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.の脱炭素「デコ活宣言」文
宣⾔ Ю宿福▲機璽咼后⊆菫氾験を通じてデコ活を後押しします!
宣⾔◆⽣活・仕事の中で、デコ活を実践します!

脱炭素と向き合う世界の潮流あるいはSociety5.0の実現に臨み、私たちNPO法人 超教育ラボラトリー Inc.は、当法人によるGHGの直接的な排出だけでなく、地域社会のサプライチェーンとバリューチェーン全体の排出削減に努め、2030年までにカーボンネガティブなライフスタイルのロールモデルとなることを目指します。

マーケター歴37年。私のクレドは三現主義にあり、脱炭素経営EXPO会場を走り回り確証したのはe-dash様のGHG可視化ソリューション暮らしの10年ロードマップに沿うデコ活推進事業においてAI実装支援をしたり、あわせて9月18日「世界気候アクション@岡山」に参加する私は、脱炭素を自分事として遂行します。

ことさら中小企業がゴーイングコンサーンであるための脱炭素経営に関与することを、お誓いいたします。


脱炭素経営を普及させたく環境省「脱炭素アドバイザー資格制度認定事業」に期待は募ります ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 渡辺創太さんと共創!デコ活クリプト
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ