政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『政策形成ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

二元代表制の遵守と、大正時代の路面電車と。岡山市議会議員の「請願・陳情に対する賛否」議事録ページが当落を占う、統一地方選挙 2023。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市議会 “ 請願・陳情に対する賛否 ” 検証ページ岡山市民の陳情はなぜ尽く不採択なのか? 岡山市議会議員の「請願・陳情に対する賛否」の議事録ページが当落を占う、統一地方選挙 2023。


元代表制の理解度で判る地方議会議員の資質

【 公費の蒸発が止まらない… Remember Toyama, No more UTSUNOMIYA 】〜 大正時代の路面電車の岡山駅前乗り入れと BRT導入を争点にする、岡山市議会議員(新人)候補の当選またぞろか !? 〜

MaaSの進化を無視するLRTが招いた宇都宮必然の悲劇巨額の公費で支えてきた富山市の累損さらにLRTの強行により悲劇の露呈が始まる宇都宮市の昨日は、大正時代の路面電車の延伸強行を目論む岡山市政の明日。問われる民意、下される審判…。

今年の岡山市議会議員選挙(2023年04月09日投開票)で再選すべきは誰か? 議員の資質を問う成績表「陳情に対する各議員の賛否の一覧」は当落の鍵であり、岡山の健全な未来を選ぶ有権者の虎の巻。

【 陳情書の賛否に関し岡山市議会議員各々に、理由の明記と公開を求める陳情(R5年 陳情第5号)】

大森市政の発足以降、1. 待機児童数そして 2. 用水路転落死者数のワースト記事、3. 桃太郎線LRT化検討の暗礁乗り上げによる巨額の埋没費用露出報道さらに、4. 路面電車の乗り入れ事業費は倍増、3年後にズレ込む事業を強行することへの疑念を伝えるニュース、5. 大森市長が実行委員会の会長を務めた岡山芸術交流に関し、岡山市民の倫理観を問われかねないアート領域のコラム複数が配信され、6. さらには岡山市職員給与を巡る引き上げ勧告を報じたもの、7. 全国を悲しませた岡山女児虐待死亡事件の検証報告書の公表記事等、「子どもの未来を閉ざす予算」を通過させた岡山市議会に纏わる暗いニュースは枚挙に暇がありません。


コロナ禍を経て物価高に見舞われ市民の暮らしは困窮する今。岡山市は政令市としての健全な議会運営に徹し、市民の生活を担保する住民サービスを充実すべき緊急対策期。岡山市民の陳情の採択に際し岡山市議会は、政党色あるいは会派による数の論理を排斥し、二元代表制に則る議決へ改心すべく、陳情いたします。

[ 陳情の理由 ]
1.岡山市民の陳情の採択・不採択理由の明記はなく市議会の体を成していない
2.陳情に対する各議員の賛否の一覧に垣間見える会派による多数派形成の禁止
(昨年6月「大森雅夫岡山市長を応援する岡山市議会の会」設立等の禁止を含む)
3.岡山市議会の二元代表制の遵守の現状と議員の資質を精査する目的において
  陳情書の賛否に関し岡山市議会議員各々に、理由の明記と公開を求めます。



山市議会議員を刷新して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3世紀の街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民が取り戻すための、岡山市議選北区(統一地方選 2019)を見直す「岡山ヤシノミ作戦」。

岡山市民の陳情はなぜ尽く不採択なのか――。住民の声に耳を傾けない岡山市議会の問題の本質は深刻で、その議会の存在意義はもはやゼロに等しいのですが、岡山市議会の陳情(令和4年12月16日 議決分)第36号「学校女子トイレに生理用品を常備することを求めることについて」の採択結果に異変を観測しています。

チェックすべきは絶対的多数派を形成してきた自公の分裂で、ほかにも風見鶏議員が賛成側に寝返るなど陳情に対する各議員の賛否の一覧を意識した造反行為が顕著化する兆しは鮮明に。2023年2月、定例会の陳情賛否に臨み同じ過ちを繰り返す、己の信念を掲げ得ない会派に従順な陣笠議員の落選は想像に難くありません。

岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、このたび陳情書3通を提出(郵送)しました。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※ ※ ご参考 )鉄道コスト 約10分の1のBRT: 路面電車JR岡山駅前延伸の費用便益比「0.61」!? ※

いづれも2023年4月9日、岡山市議会議員選挙を市民のチャンスにすべく試行錯誤チャレンジを継続する私。若く賢いサイレントマジョリティ(有権者)は各議員の思想・行動を具にチェックしてるので、統一地方選挙 2023ではミレニアルズとGenZersが協働。気候危機等をテーマに据えた、未来志向の革命に膨らむ期待。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 二元代表制の理解度で判る議員の資質
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

移動を善としない気候危機(食糧難)社会と瞬間移動できるメタバース。サイバネティック・アバター(ムーンショット目標)for Society5.0

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
速報 “ Web3.0事業環境整備の考え方 ” 共有ページ

人々の幸福に向けたムーンショット型研究開発
リプトネイティブ国家ニッポン頑張れの巻

2022年12月16日。第10回 産業構造審議会 経済産業政策新機軸部会が開催され、そこに端を発し共有された資料「Web3.0事業環境整備の考え方 ー 今後のトークン経済の成熟から、Society5.0への貢献可能性まで ー」を読み込むほどに、2018年「Society 5.0」を定款に刻んでスタートアップした私は、日本の Moonshot for Human Well-being(ムーンショット目標)は健やかに力強く加速するのだと確信し、心の底から嬉しい気持ちで一杯になりました。

Web3.0事業環境整備の考え方 P.36の冒頭に記された小見出しには、『短期的には「Web3.0」、同時に長期的「Society5.0」の視点も』と刻まれており、「Society 5.0」のスクランブルに備えてきたNPO 超ラボの、その時をイメージしています。

Web3.0事業環境整備の考え方今後のトークン経済の成熟から、Society5.0への貢献可能性まで
from 経済産業省(2022年12月16日 資料3-1)大臣官房 Web3.0政策推進室

ユースケース等を交えて紹介するWeb3.0事業環境整備の考え方は秀逸かつ平易な内容なので、当該資料のリリースにより今後、起業家はもとより企業さらには地方公共団体のweb3事業領域への積極的な参画を予想する私。Faster-moving target スタートアップ・エコシステム創出に臨み、徒手空拳を加速いたします。


移動が貶めた気候危機に瀕する今だから、高速瞬間移動を可能にしたメタバースへの移行は必然
〜 インフラとしての公共メタバースに適応する地域や組織は生存し、web3は其の他を淘汰する 〜


ムーンショット目標1:誰もが多様な社会活動に参画できるサイバネティック・アバター 基盤 ※

勘の鋭い人には言わずもがなですが、気候危機を理解するほどにサイバネティック・アバター生活は必然。

産業革命以降、大量高速移動により生産性を高める一方で、もはや取り返しのつかない環境問題。人類の選択肢は、メタバース以外に残されていないのです。そこへ追い込む要因は幾つもあるけれど、取り敢えず筆頭は、1. パンデミック。この辺りで収束するものではなく、今後も不連続的な頻発はあり得るのでしょう。


※ メタバースPF運営 クラスター加藤 直人さんのお話はストンと腑に落ちると存じます。 ※

引き続き、2. 少子高齢化社会で働き手がいなくなる時代だからこそ、サイバネティック・アバター基盤は必要不可欠。さらに追い打ちをかけるのが、3. 戦争。気候変動はもとより人口爆発を継続する限り、地球と共存できる人口数を保つための神の摂理としてのパンデミックや戦争は、機能を停止することはないのです。

なればと2018年「Society 5.0」を定款に刻みNPOをスタートアップした私。下記エントリーしました。


※「脱炭素DAO」或いは、ジョブ型雇用を可視化する「NFTジョブ」で日本のイノベーション続々 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ムーンショット目標 for Society5.0
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市民の陳情はなぜ尽く不採択なのか? 岡山市議会議員の「請願・陳情に対する賛否」の議事録ページが当落を占う、統一地方選挙 2023。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市議会 “ 請願・陳情に対する賛否 ” 検証ページ「NFT陳情書」は中央集権型組織の権化「岡山市議会」を変革し、岡山市民に経済効果をもたらすか? for 岡山市議選(統一地方選挙)2023.


員全員で陳情を否決する岡山市議会の奇妙

大森市長の就任以降、1. 待機児童数そして 2. 用水路転落死者数のワースト記事、3. 桃太郎線LRT化検討の暗礁乗り上げによる多額の埋没費用発生報道さらに、4. 路面電車の乗り入れ事業費は倍増、3年後にズレ込む事業を強行することへの疑念を伝えるニュース、5. 大森市長が実行委員会の会長を務める岡山芸術交流に際し、岡山市民の倫理観を問われかねないアート領域のコラム複数が配信され、6. 新しくは岡山市職員給与を巡る引き上げ勧告を報じたもの、7. 全国を震撼させた岡山女児虐待死亡事件の検証報告書の公表記事など、大森市長の首長としての適格性の欠如を露呈している、辛く悲しいニュースは枚挙に暇がありません。

コロナ禍を経て超円安に見舞われ市民の暮らしは困窮する今。岡山市は政令市としての健全な都市経営に徹し、市民の生活を担保する住民サービスを充実すべき重要な時期。例えば路線バス・路面電車の運賃無料DAY実施をもって事業者へ利益供与する一方、児童相談所の予算と職員の給与財源を枯渇させた企業ファーストの大森市長に対し、速やかな辞職勧告決議の提案を求めたく、陳情いたします。


[ 陳情の理由 ]
1.漫然と対策を講じることなく放置した虐待事件の大森市長の過失不作為責任
2.路面電車 駅前延伸事業強行で発生した埋没費用の大森市長の損害賠償責任
3.市民の陳情を無視して強行した岡山芸術交流により被る岡山市の信頼の失墜
  二元代表制の遵守に則り大森市長に対する辞職勧告決議の提案を求めます。


山市議会議員を刷新して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3時代の街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民が取り戻すための、岡山市議選北区(統一地方選 2019)を見直す「岡山ヤシノミ作戦」。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、このたび陳情書3通を提出(郵送)しました。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※ ※ ご参考 )鉄道コスト 約10分の1のBRT: 路面電車JR岡山駅前延伸の費用便益比「0.61」!? ※

いづれも来春。2023年 岡山市議会議員選挙を市民のチャンスにすべく、試行錯誤チャレンジを継続する私。岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市民の陳情は なぜ不採択なのか?
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

起業ドリブンな GenZersと、メタバースネイティブ α世代が描く世界観。豊穣なる Society5.0への登龍門を担う Google for Startups

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
同志と邂逅 “ Google for Startups ” 再開のページ


光DAOで得られるメタバース最新の世界観國光DAOコインNFT_red & okayama.blockchain

落合 渉悟さんの著書『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』の冒頭で紹介されている「Alga」に強く共鳴。P.56より〜 国家というものが限られた狭い領土についてしか関心を持たないソフトウェアなのだとしたら、そんなものは不良品です国家連合というソフトウェアに着目して公共の話をするのが大人の責務だと思います 〜に深く共感している私。

P.181辺りからweb3のワクワクの正体 ―― DAO(for Nation)の平和利用 ―― の解説は進み、より激しく没入。「メタバース岡山市議会」の発想「子ども食堂DAO」の着想も、UBIを地域社会の課題に掲げた「大人食堂」さらに、世代交代しなければ岡山市は消えてなくなる危機感を背景に記述した「Gen Zers」のそれ。

Z世代α世代が織りなす理想の国家観 NHK『 17才の帝国 』”

すべては東洋さくま師の2018年春「ブロックチェーンとトークンエコノミーはどのような変化をもたらすのか?」の拝読に端を発しており、國光 宏尚さん運営「國光DAO」で、時代をリセットするであろうメタバースネイティブなα世代の嗜好を推察し、落合さんの『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』で腹落ち。

なるほど中核市の人口基準をクリアした前澤さんの「MZDAO」で “ Alga ” の実装提案しようと思い立つ。


※ BCG(ブロックチェーンゲーム)、GameFiWeb3.0ゲーム情報を配信「 GameWith NFT 」※

そんな折柄、國光さん率いる Thirdverse社のBCG「ALTAIR BREAKER」が快調な滑り出し !! 嬉しい。


穣なる Society5.0への登龍門を担う “ Google for Startups Campus Tokyo ”

前の嬉しみは次の嬉しみを連れてくる。2019年秋、世界 6拠点目の「Campus Tokyo」が8月1日 再開。

前述「メタバース岡山市議会」や「子ども食堂DAO」を速やかに実現し各々自走させ、時に融合させるために有効と思われる、DAOファクトリーとしての「Alga」PoCをどう洗練するか。懇切丁寧な「和組DAO」をはじめ、Discordを主とするサイバー空間で知見を集めアドバイスを授かる。随分有効なのは間違いない。

他方、木村 岳史さんが激しく強調するように、新規事業の創出すべてリモートワークで完結するのは困難。その点で一致する私は常に、起業ドリブンな GenZersと出逢える場の確保を心がけていて、Google for Startups Campus Tokyoも、その一つ(要メンバーシップ申込み)。将に起業エコシステム拠点とも。


※ 欲望の資本主義2022夏 特別編 「メタバースの衝撃 デジタル経済のパラドックス」NHK BS1 ※
↑ 記事ラストの見出し ■バーチャルファーストな時代では「誠実」「正直」「素直」の3Sが重要

なんとも web3に没我する者。web2.0テックジャイアントの懐に入るというのは皮肉なように聞こえるかもですが、web2とweb3は調和するものと考える私の世界観にブレる要素は皆無で、実にweb3⇒ web1⇒ web2⇒ web3のループの先で待つものが、人間中心の心豊かな Society 5.0だと推察、確認しています。

そうした仮説を検証するには、Z世代あるいは、デジタル経済のカギを握るα世代との協働は欠かせない。

中央集権型の資本主義社会の企業や組織と、自律分散型のDAOを共存させることも重要。中央集権のピラミッド社会に馴染んだ人も、自律分散の DeSocを好む人にも選択肢(居場所)が用意されている素敵な近未来。そうした社会(≒ Society 5.0)の実現を目論み、バーチャル空間とリアルなそれの間を東奔西走。

政策起業士の使命は、次の世代が健やかに育つ空間づくり。Campus Tokyoで仲間づくりから始めます。


※「脱炭素DAO」或いは、ジョブ型雇用を可視化する「NFTジョブ」で日本のイノベーション続々 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Google for Startups Campus Tokyo
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ