生涯学習ブログ

Society 5.0に臨む、菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりレシピと、SDGsやDX推進をテーマに据えた地方創生コラムなど、リスキリングに役立つコンテンツを格納しています。

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『生涯学習ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

マニフェストスイッチ for 岡山市長選 2021. 東京都知事に教わる、岡山市民ファースト、賢い支出、グレーター岡山 by オープンガバメント.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
マニフェストスイッチ ” 試行錯誤のページ


マニフェストスイッチ for 岡山市長選挙2021 by 菅野敦也ープンガバメントで実現! “ グレーター岡山 ”

先般のエントリー “ 岡山市長選挙イヤー 2021 ” の補足をしようと検索窓の向こうへ身を乗り出すなか、全国に散らばるマニフェストの標準化を図り公開・利活用(オープンデータ化)する政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” ―― 政策を登録する ―― に辿り着き。流れのままに登録・公開と相成りましたので、ここに慎んで共有いたします。

そのとき、こと岡山市において重要となる為政のエッセンスは、住民の知る権利を重視して情報の透明性を高め、官民連携を目指す「オープンガバメント」を根底に据えること。大森岡山市政による特定の企業ファーストの現状を岡山市民ファーストに反転させることができれば、グレーター岡山の実現は、何ら難くなく。

とはいえ、昭和のうちに廃線されているはずのレガシーシステム 路面電車を軸に巨額の予算がついた岡山市2021年度当初予算は、いわば「未来を葬り・嘆く予算」。なれば衰退まっしぐらの岡山市を成長に転換させる若き救世主の降臨に備えようと考え、岡山市長選挙 2021 向けマニフェストの作成を急いだ次第です。

首長マニフェストのプロトタイプづくりに着手するや忽ち東京都知事 小池百合子さんの政策キャッチ「都民ファースト」を想起し、激しくインスパイアされたり。企業ファーストを貫く大森雅夫さんの政策は東京都政の対極に位置するもので、何故これほどまでに岡山市は衰退一途であるのか、気づかされてしまいます。


賢い支出 “ 岡山市大改革 2021 ” デジタル化による市民サービスの向上。岡山市の未来は市民が選ぶ

東京の未来は都民と決める―― 小池さんのHPより。将に、岡山市の未来は市民が選ぶ。今度こそ。そんな当たり前のクレドを掲げる首長を選ばなければ、この街は終わる。その危機感を携え先ほど、政策プラットフォーム “ マニフェストスイッチ ” ―― 政策を登録する ―― より公開したことを、ご報告いたします。

地域のありたい姿――。 天然リソースに恵まれた要衝である岡山市。子供はすくすく育ち、若者は夢と希望を描き、女性は勤労と子育てを両立できる。障害者の権利は守られ活躍の場があり、高齢者は生きがいを携える。岡山市民みな様が、安全・安心・健康に暮らせる街おかやま市。岡山市は世界中の人々が憧れる、Society 5.0 の未来都市を目指します。


解決したい課題――。 前回市長選投票率 28.35%の岡山市の待機児童数と用水路や側溝の転落死亡者数は、全国屈指。公共交通は衰退し、クルマ社会から脱する気配なく。市民の声は議会に届かず、市政に反映されない今。市民ファーストの視点に基く、住民サービスの再生こそ急務。衰退か、成長か。岡山市民の投票参加による、未来の選択が課題です。

解決するための重要政策(1)
オープンガバメントに取り組む透明で公正な政策への転換
・自治体DXの推進による行財政改革と、市民サービスの質の向上
・待機児童や用水路問題など、市民の困惑に寄り添う議会へ変革
・長老支配を刷新。新しい生活様式に適応できる、市政への転換
※ 路面電車ありきの市政改め公共交通再生のための MaaS を導入

解決するための重要政策(2)
子供と女性が輝ける、子育て世帯を応援する予算の組替え
・保育、学童の待機児童ゼロを速やかに達成する、子育て支援
・在宅勤務と子育ての両立を実現するイクメン、女性活躍支援
・DXイノベーターを輩出する岡山市GIGAスクール構想の推進
※ 岡山芸術交流の中止および、岡山自主夜間中学校等の公立化

解決するための重要政策(3)
事業者も市民も誰も置き去りにしない、未来都市への選択
・働き方改革のためのテレワーク等、中小企業のDX推進を支援
・農業、漁業、卸売市場等の販路拡大のための自治体DXの整備
・生活資金や住まい確保のセーフティネット、自殺対策の強化
※ ベーシックインカムおよび、岡山市ICOの研究・開発に着手

マニフェストに明記した3大公約は、曖昧を是とせず、下記の通り。
路面電車ありきの市政改め公共交通再生のための MaaS を導入
岡山芸術交流の中止および、岡山自主夜間中学校等の公立化
ベーシックインカムおよび、岡山市ICOの研究・開発に着手

我こそは風の時代の風の人健やかな未来を拓く、岡山市長を目指す方は気兼ねなく利活用ください。↓


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > マニフェストスイッチ for 岡山市長選
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

広報DXメディアのプロトタイプ「シティ岡山.com」を開設しました!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市どっと混む ” 地域トップセールスのページ
SMOUT Society 5.0 シティ岡山プロジェクト

報DX技術の地域普及を促す “ 経営DXラボ ”

DX経営技術を駆使する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、無料の Blogger の利活用により、年間コスト 900円(独自ドメイン利用料)の広報DXプロトタイプをリリースしました。

当該サイトの URLは〔 https://www.city-okayama.com/ 〕で、その独自ドメイン〔 city-okayama.com 〕を誠実に準えるサイト名「シティ岡山.com」が担う社会的使命は、経営DXの推進はもとより、莫大なコスト*をかけずに強力な情報伝播効果を叩き出す、広報DX技術の共有。それらの伝承にも努めて参ります。

無料の Google Blogger を利活用する当該サイトの年間コストは、独自ドメイン利用料 900円のみ。

上述に付随し、eメールアドレスについては2008年より無償の Google Apps(2013年より G Suite legacy エディション → 現在 Google Workspace )に大変お世話になっていることから、このたびはプライマリ ドメインのドメイン エイリアスとして、費用をかけることなく独自ドメインのメールアドレスを設定済み。

従いまして取材等は(笑)下記eメールアドレスより、お願いいたします ↓ ↓
 E-mail【at】は @ に置き換えてください。 “ sugano【at】city-okayama.com ”

同様に、当オウンドメディア「生涯学習ブログ」は2006年より、同じく無料の livedoor Blog のお世話になっており、あわせてポータルサイト『経営DXラボ』は、もちろん無料の Google マイビジネスの恩恵を有り難く最大限に授かっていることを、経営DXを推進する者、正直に告白いたします。何をか言わんや。

大企業でなくても大資本はなくとも旧態依然を、創造的に破壊するDX推進は可能ですよ!ということ。

バズワード化により曖昧模糊とする企業や自治体のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に臨み、真のDX推進プロデューサーであるなら、彼女は研ぎ澄まされたコスト感覚を会得した究極のイノベーター。そう将に、【 風の時代の「風の人」】GXとDXの原点を、GXDX融合の人に観る! …何をか言わんや。

山本 一郎さんの言説に私は、激しく同意です。 ⇒ 今、起きているのは「質」への回帰だと思います


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > シティ岡山.com ⇔ 岡山市どっと混む
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

経営DXラボ。内閣府「地域未来構想20」オープンラボに参画しました!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
地域未来構想20 ” 推進パートナー 広報DXページ
地域未来構想20 ” 経営DXラボ ”

報DXを駆使する風の時代の “ 経営DXラボ ”

オウンドメディア「シティ岡山.com」ほか複数を運営するなど、広報DX技術を駆使する経営DXラボ(本部:岡山市北区、CIO:菅野敦也)は、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用する、内閣府「地域未来構想20」に参画しました。

 地域未来構想20オープンラボとは、
これら20の政策分野の取組を推進するためには、,修譴召譴諒野に関心のある自治体、各分野の課題解決に向けたソリューションを有する専門家(民間企業等を含む)、4慙∋楮を所管する府省庁の連携が重要であると考え、上記三者のマッチングを支援する「地域未来構想20 オープンラボ」を開設しました。それぞれ関心分野や提供可能な技術・ノウハウ等をご登録いただくことにより、特定の分野の取組を進める上でのパートナーとのマッチング機会が増えますので、ぜひ積極的にご活用ください。


持続可能な開発目標(SDGs)の達成を GOALに据え、あわせて “ 「スーパーシティ」構想 ” に呼応する、Society 5.0 岡山シティ創生事業の実現を標榜し、参画しています。何卒よろしくお願いいたします。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「地域未来構想20」オープンラボ
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市長選挙イヤー 2021 #DontBeSilent #わきまえない岡山市民 。ロビンフッド効果による投票率の急騰で県都は健全化、成長都市へ!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市長選挙 ” の予定稿により希望を育むページ


風の時代の「風の人」40代以上は若い人に学べばいい by 唐鳳さん.

上記は “ オードリー・タン「あなたが考える『本当の自由』とはどういうものでしょうか?」 ” に記されたタン氏の名言で、思わずパッシーンと激しく膝を痛打した私。じゃぁ80代以上は? そんな素朴な問いなら、森喜朗さんを反面教師として学びたい。

何を学んだのか?
前回エントリー “ 風の時代の #わきまえない女 みな様と実現したい、岡山令和刷新事業 ” にリンクしたコラムに読む「バブルを支えたオヤジの「サル山」文化」は溶融を始め、もう元には戻らないだろうということ。Beyondコロナのように。それはホモソーシャルの、サル山のボスの凋落またぞろ散見する社会の幕開け。


その仮説が当たっていたとするなら百匹目の猿現象とでも申しましょうか、「ホモマゾ臭」に堪えきれず女性や外国人は逃げ出す岡山の閉塞社会においても同様に、サル山のボスの凋落またぞろ。殿は誰か?と問われるなら私は咄嗟に、大森雅夫岡山市長と答えるのだと思います。彼が首長に就いてからの岡山市はズタボロ。

ズタボロとは何言か?
2013年の岡山市長選(投票率 33.34%)で勝利した彼は、2017年。この時は投票率 28.35%で再選を果たすも、岡山市民の政治的無関心の深刻さは取り敢えず棚に上げるとして、そもそも大森さんは有権者の2割程度の得票しかしておらず、実質的には不信任。にもかかわらず深淵な問題は、2割の支持に基く傀儡市政。

#BeSilent ダンマリ !?
スポンサーの顔色を伺い問題を批判しない偏向報道御用学者みな様の罪も軽くないことを申し添えます。


森市長をリコールしなければ岡山の県都は衰退を続ける3つの理由

いま岡山市は大変なことになっています。そう、岡山の県都を担う岡山市は衰退一途。

特定の事業者のために能く働く為政者が優先的にやることは、箱物・道路・軌道モノ事業で、それらに注ぎ込まれる予算はゴージャス。必然的に岡山市民のための住民サービスは低下の一途で、待機児童&人喰い用水路の問題は解決をみることなく、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通の不毛な会議は繰り返されたり。

岡山市の場合、首長のリコール理由を数え始めたらキリがないので下記 3点に絞ります。

1. 待機児童数 & 人食い用水路による犠牲者数は深刻の極み
全国ワースト屈指の待機児童問題は放置され、繰り返される用水路の転落死。翻って、特定の事業者しか幸せにしない県庁通り一車線化【ハード事業(道路空間の再整備)】に費やす豪華な予算は、一発レッドです。

2. 路面電車ありきの公共交通政策と繰り返される不毛な会議
廃線すべく時代錯誤の路面電車を岡山駅に延伸? 自動運転車やドローンタクシーが間もなく実現する令和に至り、岡山版MaaSに取り組まずしてJR桃太郎線LRT化事業は余りにナンセンス。レッドカード5枚です。

3. 岡山市民不在の岡山芸術交流の敢行と渦中の人の任命責任
岡山市民の切実なブログに読むように、住民不在の岡山芸術交流を敢行するばかりか、女性問題の説明責任を果たさない渦中の人の再任で、日本全国のみならず世界から慎んで受けるレッドカードは10枚以上です。


上述。岡山芸術交流、2022年秋の敢行宣言は今回、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を辞任なされた森喜朗さんの顛末に重なるところが多数あり、昭和の保守派を知り尽くす大森雅夫岡山市長はセクハラ問題を軽くみているように思えるのですが、岡山芸術交流の強行を巡り、岡山市まるごと大炎上の憶測も…。

逃げ口上に長けた彼だから、弾劾、更迭しない限り岡山市は衰退の一途を辿るものと私は直観しています。


ビンフッド的 投票啓発で岡山市は健やかに成長する未来都市へ !!

「空売りで儲けているヘッジファンドを懲らしめる」という発想が正しいそれだと私は感じないけれど、ホモソーシャルのサル山のボスを懲らしめるヒントは豊穣。以前「議会の品質・議員スコア」で提言したように、行政のデジタル化に消極的な首長や企業の為だけに働く安穏族議員に対する “ 落選運動 ” は変革の起点。

#DontBeSilent #わきまえない女 みな様と手を携える #わきまえない岡山市民 は、踏ん張りどころ。


「新しい政策に取り組まず安穏と儲けている首長と議員を懲らしめる」という発想が実現をみる、ロビンフッドのような選挙啓発アプリが配給されたなら、岡山市長選挙 2021 の投票率は急騰し、むろん相応しい候補者は当選。そうではない候補者は落選し、岡山の県都は健全化を以って成長都市へ移行することでしょう。


私たちは次の市長選に臨み考え投票に行くだけで、岡山市を誇らしき健やかな県都へ、変えられるのです


えましょう! 岡山市を健やかに成長する未来都市へ !!

さて本題。今年、令和3年9月に予定の岡山市長選挙は、岡山市が健やかな成長の途に就けるかどうかの天王山。そう考え期待を膨らませる私の予測シナリオは、大森さんは出馬して3選を果たせず落選するのではなく、公示日前に失職。いわば本命は、落馬。そうやって対抗馬が逃げ切るのかと問わば、そうではなく。

さりとて大穴が当選する訳でもなく。未だ観ぬ第三極が誕生し、圧勝してしまう。どんな輩か !? 謎。オードリー・タンさんのように新しい生活様式を先駆する賢者を彷彿とさせる、救世主あらわる。今を変えようとする #わきまえない岡山市民 が将来を担う次の世代を創造的に育まなければ岡山の県都、この街は終わる

海の幸に山の幸、3本もの一級河川を有す晴れの国。県都の健やかな成長こそ我が使命と認識しています。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO GXDX融合イノベーター 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)事業および、AIスコアリング研究を推進。Society 5.0に臨む、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した誠の有識者)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 岡山市長選挙 2021 #DontBeSilent
Copyright (C) 2005-2021 SunVerdir. All Rights Reserved.
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    スポンサード・リンク
    Owned Media / 広報DX
    ソーシャル・プロフィール
    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ