政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、web3の求道者。経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピとパブリックアフェアーズ、SDGsやDX推進に、メタバースを事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『政策形成ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

起業ドリブンな GenZersと、メタバースネイティブ α世代が描く世界観。豊穣なる Society5.0への登龍門を担う Google for Startups

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
同志と邂逅 “ Google for Startups ” 再開のページ


光DAOで得られるメタバース最新の世界観國光DAOコインNFT_red & okayama.blockchain

落合 渉悟さんの著書『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』の冒頭で紹介されている「Alga」に強く共鳴。P.56より〜 国家というものが限られた狭い領土についてしか関心を持たないソフトウェアなのだとしたら、そんなものは不良品です国家連合というソフトウェアに着目して公共の話をするのが大人の責務だと思います 〜に深く共感している私。

P.181辺りからweb3のワクワクの正体 ―― DAO(for Nation)の平和利用 ―― の解説は進み、より激しく没入。「メタバース岡山市議会」の発想「子ども食堂DAO」の着想も、UBIを地域社会の課題に掲げた「大人食堂」さらに、世代交代しなければ岡山市は消えてなくなる危機感を背景に記述した「Gen Zers」のそれ。

Z世代α世代が織りなす理想の国家観 NHK『 17才の帝国 』”

すべては東洋さくま師の2018年春「ブロックチェーンとトークンエコノミーはどのような変化をもたらすのか?」の拝読に端を発しており、國光 宏尚さん運営「國光DAO」で、時代をリセットするであろうメタバースネイティブなα世代の嗜好を推察し、落合さんの『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』で腹落ち。

なるほど中核市の人口基準をクリアした前澤さんの「MZDAO」で “ Alga ” の実装提案しようと思い立つ。


※ BCG(ブロックチェーンゲーム)、GameFiWeb3.0ゲーム情報を配信「 GameWith NFT 」※

そんな折柄、國光さん率いる Thirdverse社のBCG「ALTAIR BREAKER」が快調な滑り出し !! 嬉しい。


穣なる Society5.0への登龍門を担う “ Google for Startups Campus Tokyo ”

前の嬉しみは次の嬉しみを連れてくる。2019年秋、世界 6拠点目の「Campus Tokyo」が8月1日 再開。

前述「メタバース岡山市議会」や「子ども食堂DAO」を速やかに実現し各々自走させ、時に融合させるために有効と思われる、DAOファクトリーとしての「Alga」PoCをどう洗練するか。懇切丁寧な「和組DAO」をはじめ、Discordを主とするサイバー空間で知見を集めアドバイスを授かる。随分有効なのは間違いない。

他方、木村 岳史さんが激しく強調するように、新規事業の創出すべてリモートワークで完結するのは困難。その点で一致する私は常に、起業ドリブンな GenZersと出逢える場の確保を心がけていて、Google for Startups Campus Tokyoも、その一つ(要メンバーシップ申込み)。将に起業エコシステム拠点とも。


※ 欲望の資本主義2022夏 特別編 「メタバースの衝撃 デジタル経済のパラドックス」NHK BS1 ※
↑ 記事ラストの見出し ■バーチャルファーストな時代では「誠実」「正直」「素直」の3Sが重要

なんとも web3に没我する者。web2.0テックジャイアントの懐に入るというのは皮肉なように聞こえるかもですが、web2とweb3は調和するものと考える私の世界観にブレる要素は皆無で、実にweb3⇒ web1⇒ web2⇒ web3のループの先で待つものが、人間中心の心豊かな Society 5.0だと推察、確認しています。

そうした仮説を検証するには、Z世代あるいは、デジタル経済のカギを握るα世代との協働は欠かせない。

中央集権型の資本主義社会の企業や組織と、自律分散型のDAOを共存させることも重要。中央集権のピラミッド社会に馴染んだ人も、自律分散の DeSocを好む人にも選択肢(居場所)が用意されている素敵な近未来。そうした社会(≒ Society 5.0)の実現を目論み、バーチャル空間とリアルなそれの間を東奔西走。

政策起業士の使命は、次の世代が健やかに育つ空間づくり。Campus Tokyoで仲間づくりから始めます。


※「脱炭素DAO」或いは、ジョブ型雇用を可視化する「NFTジョブ」で日本のイノベーション続々 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > Google for Startups Campus Tokyo
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

「NFT陳情書」は中央集権型組織の権化「岡山市議会」を変革し、岡山市民に経済効果をもたらすか? for 岡山市議選(統一地方選挙)2023.

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
岡山市議会DAO化 “ Alga for メタ国家 ” 考のページ岡山駅ペデストリアンデッキNFT陳情書は、経済効果をもたらすか?


もが価値を流通させられる自律分散型社会

2022年8月3日(水)NHKクローズアップ現代 取材ノート「若い世代の移住 増減マップ」ページの図表 “ 若い世代の移住増 市区町村ランキング(トップ500)” を速読し、岡山市のランキングの確認に努めるも、見つけることはできず凄まじいショックとともに落胆…。天然リソースに恵まれた岡山市は交通の要衝であるにも拘らず、低いケイパビリティによる衰退一途の街の実情が、これほど深刻とは……。

それも先日。日本一短い路面電車のJR岡山駅前延伸を強行する老人達の「桃鉄」プロパガンダ報道が目に留まり、これでは若者は逃げ出してしまう(汗)という懸念が見事的中してしまった、悲しい現実。さはさりながら落胆している暇はありません。渦巻く web3は風の時代の賜物で、このチャンスを一気に岡山市へ流し込まなければ…と考えあぐねる今。

東京大学大学院 高木 聡一郎教授の日経COMEMO「分散と集権の循環サイクル Web3の後には再び集中時代が来るか?」を拝読。中段『それは、誰もが価値を流通させる仕組みを作ることができ、そのガバナンスに参加することができ、自らが生み出した価値を、特定の組織に依存せずに流通させることができる』を引用。


さらに高木先生の当該コラムより『ギャビン・ウッドの議論は、ブロックチェーンを基盤として様々なサービスを実現するWeb3は、それまでの中央集権的なプラットフォーム企業から権限を市民が取り戻すという考え方に基づくものだ』を抜粋。この部分で激しく膝を痛打して、しばし身動き取れなくなった小員(痛っ)。

も。DAO(自律分散型組織)とDeFi、NFTエコノミーは地方活性化のKFSの核心に迫り、小躍りしたり。


※ 「デジタル陳情書」を Mintして創作された『NFT陳情書』は、ひょっとすると世界初かも !? ※

そうやって過日の「メタバース岡山市議会」構想に相まって「デジタル陳情書」のNFT化を決意した次第。


山市議会議員を刷新して「若者・子育て世代の移住」を促すweb3時代の街づくり

先般8月2日にテレ東プラスより配信された、田原さんと竹中さんの大反省会 “ 少子高齢化によって年金システムは10年ほどで崩壊する ” の拝読により、なぜ岡山市は失われた50年になってしまったのか。老害の大罪に関連する拙エントリー「Z世代の活躍を阻む長老支配」の問題点は、あらためて浮き彫りになりました。

竹中さんと田原さんの反省点を眺めて忽ち、冨山 和彦さんの著書『会社は頭から腐る』を想起することに。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書 ※ そもそも岡山駅周辺の町内会や商店街のみな様の要望はペデストリアンデッキ案だった !? ※

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護それは、天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民が取り戻すための、岡山市議選北区(統一地方選 2019)を見直す「岡山ヤシノミ作戦」。


※ 岡山市議会「子供の未来を閉ざす予算」のゆくえ。市長応援会≒ヤシノミ議員に市民は怒り心頭 ※

冨山 和彦氏の『会社はやっぱり、頭から腐る 社長人事を変えなければ生き残りはない』に学ぶなかで、市民の視点を持たない岡山市議会議員の刷新あるいは、Gen Zersに岡山市を移住の地に選択いただくためにも、世界初となるかも知れない「NFT陳情書」の話題性に期待してデジタル陳情書Mintした次第です。

冒頭でご紹介したNHKクローズアップ現代 取材ノート「若い世代の移住 増減マップ」ページの図表 “ 若い世代の移住増 市区町村ランキング(トップ500)” に岡山市がランクインしていない口惜しい現実は、選ぶべき首長や市議会議員そのものを間違えている…。岡山市民わたし達のミスチョイスに起因しているのです

リスクを背負って自治体DXにチャレンジしたり、よもやweb3にトライする為政者は、ほぼ皆無の岡山市。


↑↑ OpenSea利活用のコレクションページの “ Meta Marche ” が転送されて感謝しきりです ↑↑

なれば「若い世代の移住 増減マップ」の図表 “ 若い世代の移住増 市区町村ランキング(トップ500)” に、天然リソースに恵まれすぎの岡山市を当然のこととしてランクインさせるよう、若い世代が協働くださることを夢見て、世界初となるかも知れない「NFT陳情書」のバズりに期待してデジタル陳情書Mintを敢行。

いづれも来年2023年 岡山市議会議員選挙を市民のチャンスにすべく、試行錯誤チャレンジを継続する私。

折しも県立図書館で拝借した、私淑する落合 渉悟さんの著書『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』で解説されたDeSocAlga」の深い世界観にシンクロしていた私は “ DeSoc「子ども食堂DAO」PoC: 地域ソリューションとしてのWeb3 ” をエントリー。トラストレスメタバース岡山市議会の実現を心する只今。

経済効果をもたらす “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現に臨み、岡山市の再生を目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「NFT陳情書」for 岡山市議選 2023
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

NFT紫綬褒章と呼ぶ Soulbound Tokens(SBTs)と、スタートアップDAOで日本を再興! 新しい資本主義を確かなものにする、Web3。

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
進化する SamuraiSBTs政策起業士 ” のページ


の敵もまた敵となり得る“Web3”は軽妙洒脱MZDAOコミュニティ初期メンバー登録完了!

7月19日。発売キャンペーンの一環として第1章・第2章をWeb上で無料公開した著本『いちばんやさしいWeb3の教本 人気講師が教えるNFT、DAO、DeFiが織りなす新世界』は、2022年7月25日。一週間を待つこなく回収と相成り、県立図書館リクエスト受付完了を経て予約順位1位に位置した私は残念の極み。さて、それはさておき米国で活躍される弁護士 増島 雅和さんのエントリー『Web3と国家戦略〜基礎編〜』は豊穣な知見を以って Web3の世界観を描き出す秀逸な内容で、しばし読み惚れておりました。

Web2アンチテーゼとしてのWeb3に臨み、増島さんコラムの結論の小見出し「開発会社とDAO、資金提供者である投資家を三位一体と見た包括的で一貫した政策を」は言い得て絶妙。これほど端的に、Web3の世界観と今後あるべき理想の政策イメージを豊かに膨らませてくださり、私は心から感謝し敬服するばかりです。

増島さんに教わることは「a16z(Andreessen Horowitz)のクリス・ディクソンらが唱えているシリコンバレー流のWeb3」の世界観は存在するものの、それが全てでも万能でもないことを推して知るべし、ということ。敵の敵は味方にあらず。Web3の概念が未だ混沌とする中、Web3の紹介を焦った教本はフルボッコ

一行でも某の気づきを得たなら、本代の元は取れると考える私は、そこまで敵視しなくても良いのに…と。


いづれも Web3の世界観を巡る状況は群雄割拠の様相で、例えば「国内法人がWeb3事業を進める際のポイント」を拝読しても、それは一つの視点であって、やはり試行錯誤へトライするのが手っ取り早いと確信。現時点「Soulbound Token(SBT)とSBTにより開かれる分散型社会(DeSoc)のデザインスペース」に興味津々。

そう、Soulbound。何の為に Web3をやるか? よりよい社会を創る為に決まっているのです。私の場合。

なればこそ無頼なDAOホッパーと化し、懇切丁寧フレンドリーに多くを教えてくださる和組DAOはじめ多彩で多様なDAOに潜入。みずからもPolicyDAOなどArt系DAOや、メディアDAO複数のプロトタイピィングに取り組んでいます。そうやって数えること32番めのDAOは、前澤 友作さんが立ち上げた “ MZDAO ”。

メンバー募集開始から約24時間で10万人超! 前澤さん推しのDAOタ活に没入の私もワクワク収まらず。

※ 著名人であるほど新たな挑戦に対する誹謗中傷は後を絶たないけど私は応援しています! ※

Soulbound。よりよい社会のプロトタイプ “ 子ども食堂DAO ” 実現を目論み、ほくそ笑む政策起業士


Soulbound Tokens “ NFT紫綬褒章(仮称)” をMintする「スタートアップDAO」で日本再興

Purpose Flywheel Theory 或いは、スタートアップエコシステムで日本再興。その切り札こそ、SBTs

What if NFTs could be soulbound? ヴィタリック(Vitalik Buterin)さんの論文からの転載ですが、以下〜 Making more items in the crypto space "soulbound" can be one path toward an alternative, where NFTs can represent much more of who you are and not just what you can afford. 〜

Google翻訳を使い上述にドキワクしている、英語できないコード書けない、いわば Yellow Monkey な私。

ヴィタリック氏の言う“ Soulbound ”を「」と訳す私の着目は、以下。
If someone shows you that they have an NFT that is obtainable by doing X, you can't tell whether they did X themselves or whether they just paid someone else to do X. Some of the time this is not a problem: for an NFT supporting a charity, someone buying it off the secondary market is sacrificing their own funds for the cause and they are helping the charity by contributing to others' incentive to buy the NFT, and so there is no reason to discriminate against them. And indeed, a lot of good can come from charity NFTs alone. But what if we want to create NFTs that are not just about who has the most money, and that actually try to signal something else?

Perhaps the best example of a project trying to do this is POAP, the "proof of attendance protocol". POAP is a standard by which projects can send NFTs that represent the idea that the recipient personally participated in some event.



ラストの行より以下、引用。
Attaching items to "identity objects" that users are either unable (as with proof-of-humanity profiles) or unwilling (as with ENS names) to trade away seems like the most promising path, but challenges remain in making this easy-to-use, private and secure. We need more effort on thinking through and solving these challenges. If we can, this opens a much wider door to blockchains being at the center of ecosystems that are collaborative and fun, and not just about money.

一匹の老いたサルの私でさえ “ Soulbound ”と聞かば、本能的に志は立ち上がる。Web3 に没入する起点。

はてさて、小見出しに記した Soulbound Tokens “ NFT紫綬褒章(仮称)” をMintする「スタートアップDAO」で日本再興に関し、もはやネタバレ。日本再興に臨む政府はDiscord「スタートアップDAO」を立ち上げ、高額寄附者には「NFT紫綬褒章」を、頑張る若者には「SamuraiSBT」をMint、付与する提言。

SamuraiSBT !? そう「士」と「心」が紐づき『』ゆえ “ 志 bound Token 或いは SamuraiSBT


※ 日本の起業家をシリコンバレーに派遣する国の支援策で選ばれる人財の基準は SamuraiSBT

スタートアップエコシステムの創出を目論む、内閣府への分散型自律地域の提言「スタートアップDAO」。

ならば「スタートアップDAO」運営に際し、専門性を発揮するDiscord各チャネルのコントリビューター各々にSBTsを付与するインセンティブ設計やレピュテーション等の仕組み創りは有効であり、DAOが持続可能であるには必要不可欠。前衛アーティストの作品をNFT化する資金調達はじめ、次代の顕彰制度もまた有効。

個人500万円、法人1千万円以上で申請できる「紫綬褒章」の仕組みを借りて “ NFT紫綬褒章 ” と名づけられる Soulbound Tokenや “ 志 bound Token 或いは SamuraiSBT ” なるSBTs等も、アイデアのベースは前回のエントリー「子ども食堂DAO」にあり、構想の先にあるのは、Gen Zersα世代の健やかな成長。

スタートアップDAO(提案仮称)には必要に応じて限定チャネルを設置し、アドミンおよびコントリビューターは「Snapshot(オンチェーン投票システム)」等の利活用により円滑に運営するもの(政策の概要)。持続可能なデジ田DeSoc分散型自律組織を創出し、日本のロールモデルを提示するのも目的の一つ。

政策起業士の使命は地域社会が潤う街づくり! Yes「政策 to Earn!! 急ぎMZDAOにお諮りしてみます。

※「脱炭素DAO」或いは、ジョブ型雇用を可視化する「NFTジョブ」で日本のイノベーション続々 ※
※「MZDAOを外の人に伝えるリファラルに私も参加!ご興味ある方は下記バナーをクリック ↓↓ ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

※※ 緊急提言【 スーパーシティ岡山インキュベーション・プログラム 2020 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > NFT紫綬褒章Mintと SamuraiSBT
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.

国土交通省:第5回 “ 鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会 ” 真の有識者が促す不採算「鉄軌道路線」のBRT転換

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
バス高速輸送システムBRTで蘇る岡山 ” のページ

「邪魔な老害、粗大ごみなら掃いて」 捨てて豊かに。
域モビリティの刷新に関する検討会について

2022年7月25日(月)国土交通省「第5回 鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会」が開催され、驚く勿れドラスティックな方向性に小躍りする私。その伏線である、4月18日開催 第3回 地域モビリティ検討会議事録が建設的。

その議事録を紐解いた、旅行総合研究所タビリスさんの論点整理注目しなければならないのは、「回復」させるのは「鉄道の利便性」ではなく、「公共交通の利便性」であることです。利便性をもたらすのは鉄道でなくても構わない』は、鉄道に加え、日本一短い岡山市の路面電車問題の本質を追求する内容で素晴らしい。


引き続き5月13日開催 第4回 地域モビリティ検討会議事録は、問題の本質を炙り出し、出口は観えてきた。

議事(2)とりまとめの方向性に関する自由討議
○委員・オブザーバーからの主な意見は以下のとおり。


( ※ 下記、第4回 地域モビリティ検討会議事録より抜粋しています。)

自治体・国も財政が厳しい中で、地域の鉄道のためにお金を出すには、未来世代を含めた負担者に対して納得感のある説明が必要ではないか。そのために、地域の現状を認識・評価しなおすことが大切で、自治体と事業者の話し合いの場で一緒に考えてほしい。

・人口減少が進み、モータリゼーションが進展する中で、地域交通をどうするか考えなければならないのに、特に JR のローカル線については何もしてこなかったのがこの 20 年だったと思う。既に手遅れかもしれないが、これ以上対応が遅くなると何もできなくなってしまう。一刻も早く地域が議論を始めることが大事

・ここ 10 年、廃線議論を見てきたが、ずっと地域は「廃線はあり得ない」と言い続けて、あるとき急に「仕方ない」と変わる経緯ばかり。廃線する場合としない場合を比較して、より良くなる選択肢は何かと議論した形跡がない。結果、廃線が決まるだけで、どう代替していくかの話し合いが事前に何もなかった

・協議の申し入れについて、自治体の方の感想として「唐突」という言葉をよく聞くが、本当に唐突なのか。日頃から現状をウォッチしていれば唐突なんてことはない。今の状態が当たり前という認識を改めて、協議の席について問題意識や危機認識を共有する必要があるのではないか。

自治体は住民の説得が難しいというが、良い交通機関をつくれるということを論理的に説明できれば住民は納得してくれる。自治体はぜひ怖がらず主体的に議論してほしい。国に強制されて議論を始めるのは非常手段であると認識してほしい。

そうやって7月25日開催 第5回 地域モビリティ検討会は、問題の本質を指摘し、出口をお示しくださった。

※ えっLRTの成功モデル !? 富山ライトレールが巨額の公金を費やす窮状を伊原木さん知らない
※ 地域モビリティの刷新には補助金依存体質と固定観念の払拭が不可欠で長老の刷新も急がれる ※

なにおか言わんや。住民を主役に、公共交通の利便性を担保するためBRTを推進しようという順当な内容。


道会社と沿線自治体の役割は、ノスタルジー温存ではなく将来世代が納得するコスト意識を持つこと

その際、重要なのは、固定観念に覆われた補助金依存症の長老による審議は不毛であることの認識の共有

鉄道と政治の問題の根は闇深く、我田引水ならぬ「我田引鉄」と呼ばれる行為は、岡山市では今なお横行しており、現在でも路面電車のJR岡山駅前延伸や新線計画を巡って、歪な補助金バラマキ事業が仕組まれるなど、公共交通プロパガンダは後を絶ちません。だから、有識者の刷新検討会は貴重で、岡山市を変革する好機

※ 岡山市議会「子供の未来を閉ざす予算」のゆくえ。市長応援会≒ヤシノミ議員に市民は怒り心頭 ※

公共交通事業は「遊びじゃない」のだから、誠実経営を貫く『宇野バスのアイ』との協業が改革の一番地。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

以下は、公共交通機関について市民への論理的な説明をはぐらかす岡山市政の悪い事例ですが、特定事業者への利益誘導に明け暮れる首長の行動は余りにも異様。バス運営コストの10倍超とも聞く鉄軌道(路面電車)しかも、大正時代のレガシーシステムを今さら政令市の駅前へ延伸しようと何故躍起なのか。説明は必須

地域の将来と利用者の視点に立ったローカル鉄道の在り方に関する提言
地域戦略の中でどう活かし、どう刷新するか

( 令和4年7月 鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会 )

いづれにしても持続可能な公共交通機関の創出は、岡山市に暮らす私たちにとって、また、岡山市の未来を背負って立つ次の世代が活躍するための、なくてはならない社会インフラ整備事業。このまま無関心を続けるなら、ゴーストタウン行き路面電車の延伸は強行され、成長するはずの岡山市の息の根は止められましょう。

このたび国が示してくれた “ BRT転換 ” を選択。チャンスをモノにして、岡山市の地域振興に貢献します。


LRT成功モデル?は勘違い富山ライトレールは巨額の公金を費やす持続可能性の低い公共交通

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


閣府 国家戦略特区「スーパーシティ」構想 ” データ連携基盤整備事業の鍵は「住民合意」

住民と議会が志を一つにできれば行政・関係機関を動かし易く、岡山版「スーパーシティ」構想の実現可能性は高くなる。岡山版「スーパーシティ」構想の目的の一つは、岡山県下にローカルハブを幾つも創ること。岡山市に自治体アイデア公募を促すとともに、その先で待つ「住民合意」に円滑に至れる素地づくりが大切。

なぜ今スーパーシティなのか? それは、岡山に暮らす人々の生活を便利にして心豊かな社会を創るため。


スーパーシティ岡山BRT構想、瀬戸内『三都物語』は地図メニューを展開。当該ボックス☑により確認可

スーパーシティ岡山B 》※ 末尾の「B」はブラウンフィールド型の頭文字より
JR岡山駅を起点に、岡山大学岡山理科大岡山後楽園岡山城岡山県庁岡山大学病院岡山市役所岡山商工会議所リットシティを終点として囲んだ、岡山市を縮小したようなカタチの中心市街地エリア。

スーパーシティ岡山G 》※ 末尾の「G」はグリーンフィールド型の頭文字より
岡山市内2つ目のエリア選定(素案)は、岡山桃太郎空港岡山リサーチパークを含めた楕円のエリア。

スーパーシティ岡山K 》※ 末尾の「K」は吉備高原都市(吉備中央町)の頭文字より
岡山県内3箇所目はエントリー済み。岡山版「スーパーシティ」構想の魁は吉備中央町を参照ください。

スーパーシティ岡山B&G+Kの成功要因となるべく主たる事業は「岡山版MaaS」で既にお示ししている、岡山市南区役所〜JR岡山駅岡山リサーチパーク岡山桃太郎空港吉備中央町を結ぶ、BRT(バス高速輸送システム)の実現。そのとき岡山は世界を魅了する “ まるごと未来都市 ” として産声を上げるのでしょう。


札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回以上(出向を含む11社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 地域モビリティの刷新に関する検討会
Copyright (C) 2005-2022 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ