政策形成ブログ

「政策形成ブログ」は Society 5.0に臨む、内容領域専門家(Subject Matter Expert)経営DXラボ CIO 菅野敦也のオウンドメディアです。巣ごもりNFTレシピと生成AIプロンプトPoCの旬ネタや、SDGsにGX、web3を事業構想に織り交ぜたソリューションジャーナリズムなど、政策形成に役立つコンテンツを格納しています。

ブランドジャーナリズム研究所 : Brand Journalism Laboratory

公式HPブランディングレシピmomoサイトマップ運営者情報想いContactUs


岡山城と烏。人生100年時代の ブランドジャーナリズム

コンテクスト最適化(コンテンツマーケティング)技術でトラフィックを集める『政策形成ブログ』および、地方創生キュレーションFBページ『あいらぶ岡山』は、オウンドメディアのロールモデルを担うシェアリングエコノミー社会の試作品。エクセレントカンパニーを目指す貴社に必須の “ ブランドジャーナリズム ” に関するご相談は、ContactUs よりお願いいたします。




挨拶 - 理念 - 由来 - CSR - 利用規約 - プライバシーポリシー - リンク
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

ディスプレイ革命: 空間コンピューティングが実現する Society5.0

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
DX推進パスポートDX経営ビジョン ” 紹介ページ

◎ CES2024の話題総取り Snapdragon XR2+ Gen 2 
“ Snapdragon XR2+ Gen 2 ” Platform @ CES2024の日は判らずも、こうなることは解っていた

2000年初頭に映画『マトリックス』を視聴。その後、2003年。iPhone『035』ラフスケッチを目にしていた私は、2023年06月17日に思い立ち、『世界観を育む哲人のヒューマン空間コンピュテーション:Society5.0のXRゴーグル(Apple Vision Pro)と電子デバイスの近未来のカタチ』をエントリー。

大型ビジョンデュアルモニター、マルチディスプレイがARグラスに格納される、
ウェアラブルデバイスAI PCが融合する空間コンピューティング時代の幕開け ”

年明け2週目より届き始めたCES2024会場でリアル配信される多彩な情報の中から市場の潮流の変化に敏感なマーケターが注目したのは『The 5 best VR headset and AR glasses announcements at CES 2024』で、取り急ぎ読み解くとともに、電子デバイスのカタチが豹変 !? 昨年6月。立てた仮説の検証をスタート。

そう。デジタル情報を得るための電子デバイスの当面のカタチは、スマートグラスとエッジAI。その部分。

※ SoC(System-on-a-chip)の進化が導くウェアラブルAIは、AIレンズ(コンタクトレンズ) ※
※「大型ディスプレイのポータブルな使い方が一番Apple Vision Proのレビュー#1のレビュー ※
大型ビジョンデュアルモニター、マルチディスプレイがARグラスに格納される、
ウェアラブルデバイスAI PCが融合する空間コンピューティング時代の幕開け 】

街なかのデジタルサイネージが消える日? ノートパソコンから液晶ディスプレイが消える !? そうした一瞬、過激で恣意的に視える仮説の検証は本来、慎重に行わなければならないけれど、すでに起こった未来を昨年6月…否。2000年初頭に観ていた私は、その日は、2024年2月2日だったのかと、静かにほくそ笑んだりも。

その日?そう。街なかのデジタルサイネージが消えたり、ノートPCから液晶ディスプレイが消え始める日。
フューチャリスト Keiichi Matsudaさんが7年以上前に描き出した、すでに起こった未来2024年2月2日


Snapdragon XR2+ Gen 2 が火を灯す今年。XREAL Air 2 Ultraはじめウェアラブルデバイス登場続々。

SoC(System-on-a-chip)の進化が導くウェアラブルAIの近未来形は、AIレンズ(コンタクトレンズ)という予想も難くなく。その時DX推進パスポートホルダーの社会的ミッションは、これ以上デジタルデバイドを拡大させないための、Di-Lite事業の啓発活動。5万円でおつりのAIデバイスの紹介なども継続します。


ジタルリテラシー協議会: より良い社会(Society5.0)の創出に臨む『Di-Lite』事業を支援!
〜 IPA プレス発表 「DX推進パスポート」デジタルバッジの発行を開始します for DX推進プロ人材 〜

Society5.0に臨む人々の行動の変化、即ち市場の変容予測のシグナリングも、内容領域専門家の私の使命。


日々関与先様の収益性の強化を考えあぐねる当職の領域は、OSINT(Open-Source Intelligence)にあり!

信用創造とは対照的に、徳業創造を評価するサイバーフィジカルシステム(CPS)社会への変転を後押しする仕組みが「Di-Lite」で、「ITパスポート試験」と「G検定2種類を有す私は先般「DX推進パスポート2」を申請。本制度をSociety5.0への加速にどう活かすか、バックキャスティングの愉快な旅路に就いたところ。

大事なことは、気候変動を自分事として捉える350JPに参画し、Z世代によるリバースメンタリングを受けたり、みずから「脱炭素DAO」政策提言をしてみたり、常々テックドリブンな柔らか頭の「類推モンキー」状態をキープすること。あわせて「組織の思考停止」に警鐘を打ち鳴らす、関与先様への貢献も大切な使命。

上述。DX推進人財の私の使命を強く認識し、まったく新しい電子デバイス創作への提言を続けて参ります。


※ Mac Vs Windows軸で観る時の頼もしい助っ人 “ XREAL Air 2 Ultra ” にラブコールを送る私 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > ディスプレイ革命 by Snapdragon
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

人生2度目のバブル崩壊を経験する私の政策提言 〜 オイルマネー 東証スターマイン後のレミングの崖に備える「大人食堂」ベーシックインカム

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
政策提言 “ 大人食堂 ” 事業の実現を加速するページ

の日は判らずとも、弾けることは解っていた
◎ Nikkei 225 Google Finance 日経平均株価ページ 
Nikkei 225 日経平均株価私淑する解剖学者 養老 孟司先生のインタビュー記事「AIが超えられないバカの壁」より引用した一文
〜 身体感覚に裏打ちされていない、宙に浮いた、僕がよく言う『脳化社会』の典型的な技術です。人間の理性は『ああすれば、こうなる』と因果律で考える癖がある。見えているのは、論理や計算で予測可能な世界のみ。逆にコントロールできないものは排除する。それが脳化です。脳の産物である人工物だけで構成した都市がまさにそれです 〜は、真理。

生成AI蔓延る株式市場から脳化の人物退場空売り投資家ジム・チャノス氏、ヘッジファンド閉鎖へ

そのなか東京証券取引所で今なにが起きているかを推論するなら、ヘッジファンド青息吐息の踏み上げ相場。いや…これ以上の高値はあり得ない…否そんなハズはない…とか言いもって、空売り仕掛ける輩は、まっこと御用心。養老先生の『唯脳論』を腑に落とし、あり得ない事象を真摯に受け容れ、第六感を磨きましょう。

養老先生の仰る地面に張り付いた、質量のある物質的世界のファンダメンタルズをAIは解釈しないから…。


※ 海外資本は新NISAをネタに日本株を大量買い付け焦った日本人の高値づかみを狙い売り抜ける ※

人の行く裏に道あり花の山。そうやって激動の市場を生き抜いてきた私の政策提言「大人食堂」いよいよ。


う考えると、うまくいく。〜脳化社会の歩き方〜が教える“ 現代の参勤交代 ”を実践する私の生き様
〜 生成AIによって加速する『ああすれば、こうなる』だけになった現代社会を私達はどう生き抜くか 〜

そろそろ本題。今回のタイトルは先般、古田 拓也さんの「今更聞けないお金とビジネス」“ 「バブル超え」なるか 日経平均“34年ぶり高値”を市場が歓迎できないワケ ” と題されたWeb記事を NEWS PICKS にシェアした際のそれなのですが、日経平均高値のバブル超えはどうでもよいけど、急ぐは大人食堂整備事業の実現。

映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』を彷彿とする、想像を絶するようなバブル景気に浮かれる人々がいる株式市場にオイルマネーは流入し、豪快なスターマインを鑑賞した後、周期的に大増殖と激減を繰り返すレミングの崖を擬える残酷なマーケットを横目に、漸増が続く生活保護申請件数を注視している私。


生活保護申請件数、ゼロゼロ融資返済で中小企業の倒産増加。それでも日本株を買いますか !? ※

生成AI蔓延る株式市場が育んだ『バカの壁』の向こう側の準備を始めておくのもサルの私のミッションね。

1991年に平成バブル崩壊を体感。2000年より市場参加し、2006年に売り抜け不動産投資へ転向。一昨年より BTC:ETH=1:9 の割合で買い下がり、昨夏クリプト投資を完了。無論 Word ID 参画済み。そんな私は生活保護申請件数を憂慮しており、あらためて社会基盤を安定させる、UBI 整備の政策提言を率先垂範中。

他方、一般的な市場参加者は、ROI・ROE・ROA・EPS・PERがビジュアライズされた美しすぎるチャートを比較分析し、まことしやかなレポートを読み漁ることで、養老先生が指南くださる『身体感覚に裏打ちされていない、宙に浮いた典型的な脳化社会」の投資判断』を下しているものと類推いたします。なればこそ、

バブルは崩壊して、はじめてバブルとわかる」という金言。こう考えると、うまくいくと私も想います。


※ バブルは崩壊して、はじめてバブルとわかる。その前に整備しておきたい「大人食堂」政策提言 ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 大人食堂ベーシックインカム政策提言
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

岡山市議会 令和6年 陳情1号、2号、3号のゆくえ: 議会の自浄作用を試す「百条委員会」で始まる健全な街づくり for 岡山市民の明るい未来

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
疑義に塗れた岡山市長 “ 大森さんリコール ” ページ

◎ 岡山市議会陳情に対する賛否 令和5年12月15日議決分 
岡山市議会 陳情に対する賛否(令和5年12月15日議決分)森市長への損害賠償額 100億円超の可能性

2022年の拙エントリー「路面電車はBRTへ、100万都市へ成長を始める岡山市」で報告済みですが、特定企業の為に能く働く大森市長によって街はゴーストタウンまっしぐら。もはやこれまで…と思いきや、ペンは剣よりも強し。岡山駅前への路面電車乗り入れ費用便益費を巡る陳情「岡山市議会 令和6年 陳情第1号」「岡山市議会 令和6年 陳情第2号」「岡山市議会 令和6年 陳情第3号」が切り拓く明るい未来。

12月定例会の陳情第32号は毎度お馴染み、岡山市議会議員全員で否決された訳ですが今回、さて如何に?


魁は山陽新聞社様の独自調査による「路面電車乗り入れ時期ずれ込み 岡山市再び見直し、26年度末に」報道で、以降。KSB様の「JR岡山駅路面電車乗り入れ事業 総事業費が試算より22億円増 完成にも1年以上の遅れ 岡山市」に対し、岡山新アリーナ構想を巡る疑義に塗れた大森市長による、顛末の報告は待たれるところ。

2014年。小員が諫言した「岡山市の公共交通機関の、問題の本質」は10年の時を経て、露になりました。


願・陳情に対する賛否は消すことのできない「議員スコア」の素! 岡山市議会刷新に高まる期待 !!
〜 岡山市民は静かに見ている議員各々の賛否の記録。二枚舌を使い分ける派閥の論理で消えゆく議員 〜


そんな折柄、健やかな成長を願う新たな時代は、岡山市民が提言を続けるBRT事業構想の実現に向けた一歩を力強く踏み出しました。そう、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の改正に同調し、気仙沼線BRT・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)や日田彦山線BRTひこぼしラインの地域再生ニュースが続々到着。

こうして認知は進み、もはや岡山市の選択は鉄道コスト 約10分の1のBRT(バス高速輸送システム)一択。

※ JR九州「BRTひこぼしライン」開業以降、届けられる歓びの声は続々! 日田彦山線BRT !! ※

大正時代の重たい電車を延伸する馬鹿げた事業。いま息の根を止めなければ2026年、軽く100億円突破…。


山市議会の大森さん一蓮托生の議員を一掃して「若者・子育て世代の移住」を促す健全な街づくり

社会は頭から腐る――。しかしながら私の擁護、それは天然リソースに恵まれすぎの岡山市は腐っても鯛。

そう記述した拙エントリー「2022年6月1日「岡山市民の日」を、現在、過去、未来で考える。成長できない街の問題の本質を整理・改善し、岡山市民が創る健やかな社会!」で誓った来年6月1日「岡山市民の日」の運営権限を市民は取り戻したく、岡山市長選挙を早めるため「岡山ヤシノミ作戦」を再起動する所存です。


岡山市民による「陳情書のチカラ」を信じてやまない私は、引き続き、陳情書を提出(郵送)しています。

※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書※ 岡山市議会へ提出(郵送)した陳情書の住所を伏字にしてWeb上に公開した「デジタル陳情書

継続は力なり。街なか循環EVバスの実用化が近づく中、大正時代の路面電車を岡山駅前へ延伸する事業の費用便益費がゼロを目指すのは自然の成り行き。その費用便益費を調べもせず、陳情第32号を否決した岡山市議会議員の不作為の罪は重く、議員の価値はゼロ。大森さんと市議会による損害賠償責任を追及する私。

岡山市の再生に臨み、次の世代の役に立つ “ 岡山駅ペデストリアンデッキ ” 整備事業の実現も目指します。


新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

岡山版MaaS パーク&BRTライド基幹公共交通システムづくり実証実験(素案) 】2020.6.14 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO 政策起業家 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 令和6年 陳情第1号 2号 3号の行く方
Copyright (C) 2005-2024 SunVerdir. All Rights Reserved.

環境省「デコ活」アクション 大喜利大会! 2024年2月16日 締切 !!

<< 遠い類推 : Concepts worth spreading >>
事業構想 “ デコ活クリプト ” マスアダプションの頁

◎ 環境省 デコ活アクション 大喜利大会 特設ページ 
環境省「デコ活」アクション 大喜利大会! 2024年2月16日 締切 !!コ活とかけて、ツンドラと解く。その心は !?

先般。UNFCCC COP28の後、遍くマーケットの潮流の変化は露出します! そんな論陣を発出し、あわせて「デコ活クリプト」推し活に没入するノーテンキな私は、環境省発「デコ活アクション大喜利大会の開催について」を目にするやいなや忽ち他愛のないアクション標語をこしらえ急ぎ一本エントリー

久々なぞかけの軽妙洒脱な言葉遊びに接し、そういや学生時分 2ヶ月の落研体験を想起してみたり(懐)。


デコ活とかけて、ツンデレと解く。その心は、ツンドラにかぶります…^^;…お後がよろしいようです。


※ 異分野融合的なおもしろい発想を創発させる “ 超分野大喜利プロジェクト ” これまた面白い! ※

新元号「令和」のライフワークは徳業により洗練される。そう考え、立ち上げた社会事業は “ 岡山令和刷新事業 ” 。コアを担うプロジェクトは、災害に強く、心豊かに生きられる Society 5.0 の街づくり。行政のデジタル化自治体クラウドの導入を促すデジタル陳情書の提出など、DX技術の駆使により推進しています。


Beyondコロナ(COVID-19) 反都市化で加速する地方創生、強い街づくり
 〜 自給自足新しい生活様式)へ先祖返りする Society 5.0シティ

張り詰めていた東京一極集中が逆回転を始める、そのトリガーを引いてしまった、COVID-19

すでに起こった逆都市化に呼応する、SDGsローカルハブSociety5.0シティ」を地方に幾つも誕生させる壮大な事業構想。地方の荒廃農地と耕作放棄地に、半農半DX人財(DX公務員)の移住を促し、CPSを実装することで「自給自足」と「ベーシックインカム」を同時機能させる「スーパーシティ」構想の進化版。もはやリニア中央新幹線より優先し、推進されるべく国の公共事業緊急提言にまとめて、ここに共有いたします。


本エントリーもなおキャッチィな釣りタイトルからダッチロールを続けたものの、そろそろ滑らかにランディングしなくては…。と、私が描いているBeyondコロナのサイバーフィジカルシステム(CPS)戦略とは、フィジカル空間で洗練した自らの哲学をサイバー空間で分析・知識化を行い、創出した情報・価値によって産業の活性化や社会問題(ディープイシュー)の解決を図る技術(ディープテック)を活かして生きること。

すでに起こった未来は、逆回転を始めた東京一極集中。急ぎ国家プロジェクトを緊急提言にまとめたり。

政策提言【 デジタル田園都市国家構想「NFTエコノミー移住特区」国家プロジェクト 】2022.3.1 転載

札幌〜東京〜大阪を経て、2006年。地方都市おかやま市へ移住し、深く静かに潜伏を続ける私の役割あります、バラエティ。拙コラム「「スーパーシティ」構想の魁は、吉備中央町」からの再掲と相成りますが、岡山版「スーパーシティ」構想をシェアして擱筆します。ここまでお読みくださり、感謝の念に堪えません。

※ このコラムは組織を代表する意見でも友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。ありがとうございます。


 著者紹介 )) 経営DXラボ CIO Subject Matter Expert(AIプロンプトPoC領域) 菅野敦也
リベラルアーツ(あるいは、ディープテック)を活かして SDGs、Online Merges with Offline(OMO)、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進および、AIスコアリング研究を継続。Society 5.0へのリスキリング、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業5社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)7回以上(出向を含む12社に所属)。多様な実務のなかで鍛え抜かれたDX人材(DX投資で先行する大企業を内部から俯瞰し適切なUXを体得した横断型人材)として、新しい生活様式に呼応する働き方DXの支援を実施。また、上場企業での管理職経験を活かして、大企業と中小零細企業の生産性を比較分析。未来志向の人財開発および、DX経営ビジョンの提案、メンバーシップ型からジョブ型雇用への円滑な移行など旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 環境省 デコ活アクション 大喜利大会
Copyright (C) 2005-2023 SunVerdir. All Rights Reserved.
スポンサード・リンク
Owned Media / 広報DX
私のプロフィール検索
ページ・ビュー数 速報

    ※ 閲覧くださり、ありがとうございます。

    月別コンテンツ一覧
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ