生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

SEO

ネットPRの風を先読み、コンテンツ最適化を先導す。

ブログネタ
『 ハッピーポータル 』 に参加中!
キーワード最適化戦略に関するページ

「おばまん」、オバマまんじゅう、他。 by (有)井上菓匠.
「 ネットPRコンテンツ戦略 」

( 画像は、人気のオバマまんじゅうと、オバマせんべい。 by 井上菓匠 http://www4.ocn.ne.jp/~kouyouan/

検索エンジンマーケティング(SearchEngineMarketing)の訳書、『マーケティングとPRの実践ネット戦略』の書評を執筆中、嬉しくなった。 2006年秋開設のブログ『幸せへの一歩』の運営方針と、同書のそれが一致してたから。

友遠方より来る、そうした感慨に違いない。

読み手を最優先する Contents is King! に徹しただけでなく、キーワード最適化戦略の観点から立てた、“検索エンジンおもてなし(SearchEngineOmotenashi)”仮説までもが検証できた。 そんな達成感による感動も味わえた。

1日1,000アクセス超の実績が、体系化されて実証される。

[ YouTubeプロモーション、動画によるネットPR ]


( ネットPRとは、インターネット上のパブリック・リレーションズ〔PublicRelations〕、信頼関係を築くこと。 WebPRとも呼ばれる。 )


「 ランディングページ最適化戦略 」

最適化する対象は、検索エンジンではなくコンテンツ。 最強のSEO対策は、SEOしないこと。 最適化すべき対象は、ペルソナが検索に使うキーワードを先読みして創るコンテンツであり、ネットPRコンテンツ戦略とは、これを指す言葉。

そう、本エントリーの冒頭に貼っておいた画像、“おばまん”こと、“オバマまんじゅう”と“オバマせんべい”を、覚えておいででしょうか。 そこに記した代替テキスト、―「おばまん」、オバマまんじゅう、他。 by (有)井上菓匠.―を参照されたい。

本エントリーが狙うキーワードは、タイトルにみる、ネットPR。 さらに、オバマ饅頭まで触手を伸ばしていることに気づかれましょう。 強かなまでのコンテンツ最適化戦略。 月に7-8本のエントリーで1日1,000アクセス超のブログ『幸せへの一歩』。

“成功企業の多くは、ターゲットにする単語ごとに最適化したランディングページを何百も持っている”は、『マーケティングとPRの実践ネット戦略』の254ページ。 最適化した当ブログのレシピページに、検索エンジンにより、続々ランディング。

目指すは、消費されない(永く閲覧される)コンテンツ創り。 炎に包まれた『エア焼肉(AirYakiniku)』のホルモンは、短期間に消費されるコンテンツの好例かも知れません(このように、キーワードを欲張る記述自体、慎むべきですね)。

サンベルディエールは2006年秋、開始したネットPRコンテンツ戦略の実践により、WebPRを先導しています。 役立つ情報になれば幸いです。 


【 編集後記 】

喜び勇むパートナーが岡山高島屋さんで買ってきた、噂のおばまん(オバマまんじゅう)恐るべし。 小浜市に届いた礼状のニュース、あらためて。


ホーム > サイトマップ > ブランディング > SEM戦略 > SEO戦略
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

検索エンジン親切化(SEH)と、岡山 - 姫路 - 高松の旅。

ブログネタ
『 岡山ブランディング構想 』 に参加中!
サーチ・エンジンおもてなしのページ

1993年ユネスコ登録 世界遺産 姫路城 2008.8.13
「 青春18ecoツアー 」

2008年8月13日(水)、青春18きっぷ2枚を携えJR岡山駅を出発した日帰りの二人旅。

日経で目にした見出し、 巣ごもり消費 に迎合はしないが、最近は、いかに小額で、いかに楽しく旅をするか、挑戦する機会が増えている。

さっそく画像は1993年(平成5年)、世界文化遺産に登録された姫路城。 こんな近場で世界の宝が観られるのだから、こんな有り難い旅はなく。

姫路城の連立式(後期望楼型)天守閣 2008.8.13
「 移りゆく景色と普遍の真理 」

岡山より山陽本線で姫路を目指し、折り返し、本四備讃線(瀬戸大橋線)にて高松へと向かう。

スイングするような各駅停車の旅路は、様々な車窓の景色を映し出す。 新興のダイナミズムも好きだけど、最近は、これがいい。

先端技術はその間に、秒進分歩の速度でアップデートされるのだから、それは MIT にお任せし、カタツムリの速度で歴史の旅をする。

古の叡智を体系化するのは、楽しくってやめられない。

姫路城 大修理前の西心柱(旧西大柱) 2008.8.13
「 テクノロジーの大極柱 」

さて画像は、昭和の大修理の際に交換されたという姫路城、西天守の大黒柱(西心柱)。

それは哲学の真理のようで、IT社会なら大容量基幹通信回線、バックボーンに相当する部分。 これが揺らげば、すべては揺らぐ。

撮影の折、そんな考えが巡ったかは思い出せずも、このコンテンツに必要と直感したのは確かだと思う。 笑われても記録したかった。

高松駅とサンポート高松のシンボルタワー 2008.8.13
「 讃岐国の摩天楼 」

画像は、JR高松駅とサンポート高松のシンボルタワー、ショッピング・モールのマリタイムプラザ高松。

そうして最近、お陰さまでブログ『幸せへの一歩』のユニーク数は、摩天楼を目指すかの如く1000に達したり(感謝)。

札幌の親戚がリピートくださる程度で、固定の読者さんは殆どいない。 閲覧者の大半は、検索エンジンから訪問される。

著名人ではないから、日記が読まれる訳はなく。 思い当たる理由は、記述ポリシーにしているホスピタリティ(おもてなしの心)。

不特定多数向け、パブリック・ライティング の賜物か。

高松中央商店街、三町(丸亀)ドーム 2008.8.13
「 Search Engine Hospitality(SEH) 」

画像は、高松中央商店街のアーケード・ドーム(MACOTOさん撮影の丸亀ドーム が魅惑的)。

そうして本題。 商用のWebサイト制作サービスが陥りやすい傾向は、検索エンジンのアルゴリズム先読みに没入してしまうこと。

SEO上、好ましくないとされるフラッシュ動画にクライアントだけでなく、プロデューサーまでもが陶酔してしまう、本末転倒の現象も。

Webサイトのロードまもなく瞬く映像、突然、音声発したり、Webホスピタリティ視点で優しく考えることこそ、次のSEOかも知れないな…。

検索エンジンの信条のひとつは、ユーザビリティ。

次世代SEOの課題は、不特定多数無限大に最適なペルソナを探すこと。 サーチエンジンがユーザビリティなら、私はおもてなしの心にて。

検索エンジン親切化(SEH)を念頭に、この稿を脱します。


『もっと♪岡山』|1. 岡山の自然2. 岡山の歴史3. 岡山の文化4. 岡山の産業


【 編集後記 】

加えてIE、Firefoxを問わず、掲載する画像のタイトル記述を忘れずに。 解析技術の進歩にたよらず、おもてなしの心で ご来賓を迎えたく!!


ホーム岡山紀行>青春18きっぷ夏>青春18きっぷ冬岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ