生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

鯛(たい)のレンジ蒸しの作り方。 スチーム料理のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
蒸し鯛の作り方を画像で紹介するページ

鯛(たい)レンジ蒸しの完成
素材を素早く蒸し上げる、簡単調理のレンジ蒸し。 電子レンジを便利に使わない手はありません。

それでは鯛のスチーム料理、始めま〜す。


【 材料 切り身1切れ分 】  ( 完成まで約30分 )

鯛(タイ)レンジ蒸しの材料・鯛の切り身 1切れ ・だし昆布 5cm ・しめじ 少々 ・水菜 ひとつかみ ・赤パプリカ 1/2個 ・グリーンピース 20粒

・酒 大さじ1 ・だし(だし醤油を水で薄める) 100cc ・片栗粉 大さじ1 ・ワサビ ・スダチ 1個 ・塩昆布 ひとつまみ


【 鯛のレンジ蒸しの作り方 】

1.鯛の皮目に隠し包丁を入れ、軽く霜降り(湯に通して水で〆て汚れを落とす)しておきます。

2.耐熱皿に昆布を敷き、皮目を上にして鯛をのせ、酒を振り、ふんわりとラップをかけて電子レンジ500Wで3分半ほど加熱し、皿に移しておきます。

3.しめじは小房に分け、水菜はざく切り、パプリカは横の細切りにします。


4.鍋に、だしを入れて沸かし、しめじ・パプリカ・グリーンピースを入れて弱火で5分ほど煮ます。

5.鍋(4.)に水菜・ワサビを入れ、同量の水で割った水溶き片栗粉を加えて2-3分 火を通し、トロミをつけて あんの完成。

6.鯛(2.)にスダチを絞って あん(5.)をかけ、塩昆布をのせて出来上がり。


【 チェックポイント 】

鯛の代わりに(すずき)や(さわら)、太刀魚なども美味しそう。 季節の彩りの良い野菜を使い、アクセントをつけてみました。


【 編集後記 】

岡山県の下津井(しもつい)漁港で獲れる鯛は絶品、しかも値段はお手頃。 東京相場ならビックリ価格、といえそうな気がします。


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 蒸し鯛 > 蒸し鮃 > リンク
Copyright (C) 2005-2010 SunVerdir. All Rights Reserved.

鯛の兜蒸し(酒蒸し)の作り方。 スチーム料理のレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
蒸し鯛の作り方を画像で紹介するページ

蒸し鯛(タイの兜蒸し)の完成
たいミング!?が良ければビックリお得に買える、タイのお頭。 アラ炊きはもちろん、蒸してもグ〜。

それでは鯛のかぶと蒸しを作ります。


【 材料 2人前 】  ( 完成まで約45分 )

鯛の酒蒸し(タイ蒸し)の材料・鯛の頭 1尾分

・ネギ 1/2本 ・タケノコ(小) 1/2本 ・本しめじ 1本 ・舞茸 1/8株 ・ショウガ 3片 ・すだち 1個

・だし昆布 10cm ・酒 大さじ3 ・天然塩 適宜


【 鯛のお頭蒸しの作り方 】

1.鯛に塩を振って5分ほど置き、酒の入った湯にサッとくぐらせたあと冷水にとり、ウロコなどを洗い落し、ペーパータオルで水分を拭き取っておきます(霜降り)。

2.ネギは斜め切り、タケノコ・しめじは縦8等分に切り、舞茸は小房に分け、ショウガは薄切りにします。


3.昆布を敷いた耐熱皿に鯛の頭(1.)をのせ、野菜(2.)を散らして酒・塩をかけ、蒸し器に入れて強火で熱します。

4.沸騰してから15分ほど蒸して火を止め、器に盛り、すだちを絞って出来上がり。


【 チェックポイント 】

お好みでポン酢醤油などにつけて、お召し上がりください。 熱したゴマ油をかけて、中華風スチーム料理に早変わり。 お試しを!


【 編集後記 】

高級魚のお頭やアラが廉価に買えるのは、お刺身を大量に切り出す週末とか週明けの月曜日。 バーゲンハントを研究しています(笑)。


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 酒蒸し > 蕪蒸し > リンク
Copyright (C) 2005-2010 SunVerdir. All Rights Reserved.

鯛素麺(たいそうめん)の作り方。 ソーメンのレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
鯛そう麺の作り方を画像で紹介するページ

鯛そうめん(たいソーメン)の完成
贈って贈られ保存が利いて重宝する、素麺。 趣向を凝らした郷土料理、鯛麺などは、魅力的。

お得なアラで作る鯛そう麺も、お薦めです。


【 材料 2-3人分 】  ( 完成まで約1時間 )

たいソーメン(鯛素麺)の材料・鯛アラ(又は切り身) 適量 ・素麵 2把

・ショウガ 1片 ・ミョウガ 1本 ・すだち 1個

・天然塩 少々 ・だし醤油(又は素麵ツユ) 適量


【 鯛ソーメンの作り方 】

1.鯛アラに塩を振り、ペーパータオルなどに包み、一晩(30分以上)ほど、冷蔵庫に入れておきます。

2.鯛(1.)をグリルなどで焼き、その間に、ショウガは すりおろし、ミョウガは小口切り、かぼすは半分にカットします。

3.だし醤油(又は素麵ツユ)を使い、薄めるなどして400ccのツユを作り、熱しておきます。

4.素麺を茹でて皿に盛り付け、鯛(2.)をのせてツユ(3.)を張り、ショウガ・ミョウガ・すだちを添えて出来上がり。


【 チェックポイント 】

魚の旨味を引き出すために、熱いツユをかけました。 鯛に代えて、穴子(あなご)や鱧(はも)、鯵(あじ)などの新鮮魚介も、お試しください。


【 編集後記 】

食材スーパー、わたなべ生鮮館さんの人気の秘訣は、見切りのノウハウ。 売り残さないから常に新鮮、お買い得!! いつも有難うございます。


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 鯛索麺 > 炸醤素麺 > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

鯛(たい)の蒸し煮の作り方。 海藻蒸しのレシピ

ブログネタ
『 レシピmomo 』 に参加中!
鯛の海藻蒸しの作り方を画像で紹介するページ

鯛の蒸し煮(海藻蒸し)の完成
リーズナブルな生の海藻で白身魚を包み込み、蒸し煮にするなら、高級海鮮料理に様変わり。

瀬戸内の逸品地魚、鯛の蒸し煮を作ります。


【 材料 白身魚1尾分 】  ( 完成まで約30分 )

鯛の海藻蒸し(蒸し煮)の完成・鯛 小1尾 ・生切り昆布 2つかみ ・レモンなど

・天然塩 少々 ・酒 大さじ4 ・オリーブオイル(またはガーリックオイル) 大さじ2


【 鯛の蒸し煮の作り方 】

1.ウロコと内臓を取った鯛に、軽く塩をしておきます。

2.フタ付きの鋳鉄製の鍋の底に、生切り昆布 1つかみを広げて鯛(1.)を載せ、酒 大さじ2・オリーブオイル 大さじ1を振りかけます。

3.鯛(2.)に、残りの生切り昆布をかぶせて、酒 大さじ2・オリーブオイル 大さじ1を振りかけ、フタをします。

4.鍋(3.)を中火で熱し、蒸気が出たら弱火に落とし、20分ほど蒸し煮にして出来上がり。


【 チェックポイント 】

蒸し煮は、少ない水分で調理するため焦げ易く、火加減にはご注意を。 蒸し煮にレモンを絞り、ガーリックオイルを振りかけ、香ばしく。


【 編集後記 】

大阪へ引っ越した頃、明石の鯛に鳴門の鯛と、瀬戸内海のブランド鯛の美味しさに驚きました。 岡山の“下津井ブランド”も、お忘れなく!!


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 鯛蒸し煮 > 鯛蒸し > リンク
Copyright (C) 2005-2009 SunVerdir. All Rights Reserved.

かぶら蒸しの作り方。 鯛の椀物のレシピ

ブログネタ
【 レシピmomo 】 に参加中!
鯛の蕪(かぶら)蒸しの作り方を画像で紹介するページ

鯛の蕪蒸しの完成
家庭でできる、簡単かぶら蒸し。 時間を惜しまなければ、風味もばっちり、まさに料亭のそれ。 

すり卸して出た蕪汁を頂き、お腹もすっきり!?


【 材料 2椀分 】  ( 完成まで約1時間 )

鯛の椀物の材料・鯛の切り身 1切れ ・聖護院かぶら 1/4個 ・銀杏 4個 ・百合根 6片 ・卵白 大さじ2

・酒 大さじ3 ・塩 少々

・だし 150奸 Ε潺螢 大さじ1.5 ・白醤油 小さじ1+大さじ1 ・水溶き片栗粉 大さじ1 ・おろしワサビ 適量


【 かぶら蒸しの作り方 】

1.殻付き銀杏を入れた紙袋の口を2-3回たたみ、レンジで30秒ほど加熱。 ポンポン音がしたら取り出し、殻をむきます。

2.百合根は鱗片(りんぺん)を1枚ずつはがし、酒 大さじ1 を入れた湯で、5分ほど弱火で茹でます。

3.切り身を半分にして小骨を取り除き、耐熱皿に並べ、塩・酒 大さじ1 を振って10分ほど置き、蒸気の上がった蒸し器に皿ごと入れ、10分ほど強火で蒸します。

4.蕪は厚めに皮をむき、キッチンペーパーをひいたザルの上でおろし、水気を切っておきます。

5.卵白に、塩ひとつまみを入れ、しっかり箸でかき混ぜます。

6.蕪(4.)・卵白(5.)・銀杏(1.)・百合根(2.)を、混ぜ合わせます。

7.器の底に切り身を入れて(6.)を盛り、だし汁(だし 50奸酒 大さじ1・ミリン 大さじ1/2・白醤油 小さじ1を合わせたもの)を張り、5分ほど中火で蒸します。

8.だし 100奸Ε潺螢 大さじ1・白醤油 大さじ1 を沸かし、水溶き片栗粉を入れて作った とろみあんを掛け、おろしワサビを天盛りして出来上がり。


【 チェックポイント 】

鯛に代えて、小骨の少ないスズキなどの白身魚、穴子、エビを使っても、もちろん普通の蕪でも、美味しく作れるレシピです。


【 編集後記 】

すりおろして出てきた蕪の汁を飲み干すと、お腹すっきり。 爽やかな感じがくせになりそうな、薬膳的料理かも!? ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 蕪蒸し > 大根煮 > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

鯛 そぼろの作り方。 ふりかけのレシピ

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
そぼろの作り方を画像で紹介するページ

そぼろご飯と鯛茶漬け
瀬戸内海が育む岡山の魚介は、新鮮、しかもお買い得。 今回は、チヌ(クロダイ)の鯛そぼろ。

ふりかけに、お茶漬け良し、至高の海鮮に感激。


【 材料 4膳分 】  ( 完成まで約1時間 )

タイそぼろの材料・白身魚の切り身 2切 ・卵 1個 ・昆布 1片

・実山椒の醤油煮(または佃煮) 小さじ1 ・酒 大さじ4 ・味りん 大さじ1 ・砂糖 大さじ2 ・醤油 小さじ1 ・松の実 少々


【 たいそぼろの作り方 】

1.皿に盛った切り身に、酒 大さじ2を振り昆布を載せ、皿ごと蒸し器に入れ、強火で7分ほど蒸します。

2.取り出した切り身から、骨と皮を取り除き、皿に残った汁と一緒に、小鍋に移します。

3.実山椒・酒 大さじ2・味りん・砂糖を入れて、中火で加熱。

4.ヘラまたは、6本ほど束ねた菜箸(さいばし)で、水分を飛ばしながら、かき混ぜます(目安は7-8分)。

5.ペースト状から、そぼろ状になったら火を止め、醤油を入れてかき混ぜます。

6.とき玉子を加えてかき混ぜ、弱火で加熱。

7.ふたたびペースト状から、そぼろ状になるまで、焦がさないよう、休まずかき混ぜます(目安は5分)。

8.松の実を加え、軽く火を通して出来上がり。


【 チェックポイント 】

水分が飛び始めた そぼろは、焦げ易いので、休まず、かき混ぜましょう。 実山椒に代えて、生姜の絞り汁 小さじ1でもOK。


【 編集後記 】

茗荷、三つ葉、わさびを載せたご飯に そぼろをまぶし、昆布茶 小さじ1を加えた番茶をかけて、風味豊かな鯛茶漬けの出来上がり。 ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 鯛そぼろ > 鯛あら > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

鯛の中華風サラダの作り方。 おめでたいレシピ

ブログネタ
【 幸せへの一歩 】 に参加中!
鯛サラダの作り方を画像で紹介するページ

鯛の中華風サラダの完成
岡山の珍味、瀬戸内海の天然鯛を、岡ビル市場で入手。 さっそく、「めで鯛サラダ」を作ります。

鯛刺がキングなら 鯛サラダは、クイーンかも。


【 材料 2人分 】  ( 完成まで約30分 )

鯛のサラダの材料・鯛の刺身(薄造りがベター) 2人前 ・ホタテ 3個

・大根 少々 ・長ネギ 1/8本 ・ミョウガ 2本 ・ミニセロリ 1束 ・防風 少々 ・香菜 少々

・コーンフレーク 少々 ・クルミ アーモンド クコの実など好みのナッツ類 適宜

・レモン 1個 ・中国黒酢 大さじ1 ・ナンプラー 大さじ1 ・ピーナッツオイル(又はオリーブオイル又はごま油) 大さじ3 ・カラシ ・塩 ・コショウ 少々


【 鯛サラダの作り方 】
鯛サラダの盛り付け
1.すべての野菜を、せん切りします。

2.鯛・ホタテの刺身と、野菜を大皿に盛り付け、しばらく冷蔵庫で保冷します。

鯛サラダの取り分け3.レモンを器に絞り、中国黒酢・ナンプラー・ピーナッツオイル・カラシ・塩・コショウを入れて混ぜ合わせ、ドレッシングを作り、冷蔵庫で保冷します。

4.食べる直前に、ドレッシング(3.)であえて、コーンフレーク・ナッツ類をまぶし、取り分けて出来上がり。


【 チェックポイント 】

鯛に代えて、ヒラメ、スズキ、マグロやタコ、エビでも美味しく作れます。 市販のしょうゆドレッシングも、合うようです。


【 編集後記 】

ヒンヤリ冷製海鮮サラダ。 香味野菜をたっぷり添えて、夏バテ防止に努めましょう。 食欲を刺激するレシピです。 ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo > 鯛サラダ > 鯛煮つけ > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

鯛の煮付けの作り方。 煮魚(あら炊き)のレシピ

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
煮魚(煮付け)の作り方を画像で説明するページ

鯛のあら炊きの完成
岡山の地魚、新鮮な鯛の切り身をGET! さっそく、煮付け(煮魚、あら炊き)にチャレンジ。

カレイにメバルやサバなど、応用可能です。


【 材料 1皿分 】  ( 完成まで約30分 )

・タイの切り身 300g(3-5切れ)程度 ・ゴボウ 1/2本 ・米 小さじ1 ・白ネギ 1/2本

・水 100奸 Ε瀬靴料 1包 ・砂糖 大さじ1 ・酒 1/2カップ ・実山椒佃煮 大さじ1 ・ショウガ 少々 ・醤油 大さじ1 ・ミリン 大さじ1 ・水飴 小さじ1


【 ごぼうの下準備と鯛の霜降り 】

1.米を入れた湯(または米のとぎ汁)で、ゴボウを軽く煮ておきます。

2.切り身からウロコと汚れを落とし、表面を固めて旨みを逃がさないよう、霜降りします。

鍋に、切り身がつかる量の水と、酒・ショウガ・ネギの青い部分を入れて沸騰させ、切り身をサッと湯に通し、冷水でつけ洗いして、ペーパータオルで拭き取ります。


【 アラ炊きの作り方 】

1.フライパン(又は浅いナベ)に、水・ダシの素・砂糖・酒・実山椒の佃煮・ショウガを入れて熱します。

2.沸いたら切り身・ゴボウ・ネギの白い部分を入れ、落し蓋(クッキングペーパー可)をして強火で5分煮ます。

3.醤油・ミリンを加えて中火で約10分、汁が無くなるまで煮詰めます。 その間2-3回、汁をすくって上からかけます。

4.火を止める直前に水飴を加えて なじませ、照りがでたら出来上がり。


【 チェックポイント 】

先に醤油を入れると身が硬くなるので、あとで加えます。 コンニャクを一緒に煮たり、木の芽を添えてGood。 完成画像は、水菜のおひたしを添えたもの。


【 編集後記 】

西川緑道(岡山市)沿いの市民マーケット 岡ビル市場 に、麗食の街 岡山の味覚が勢揃い。

瀬戸内海の素晴らしい食材に感激。 ゆう


ホーム > サイトマップ > レシピmomo >煮魚 > ぶり照焼 > リンク
Copyright (C) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ