生涯学習ブログ

学び直し、リカレント教育がテーマの菅野敦也のブログです。

馬路村

馬路村ホスピタリティと 岡山 MOMOTARHO FANTASY2007♪

ブログネタ
【 岡山ブランディング構想 】 に参加中!
馬路村(うまじむら)に教わるホスピタリティのページ

こうほう馬路(うまじ)と 木の皮の栞(しおり)
つい数日前、四国は高知県馬路村の村長さんより特別村民向け広報誌「こうほう馬路」が届きました(嬉)。

さて特別村民とは、観光プロモーションを狙った同村の心にくい演出。

馬路村のホームページ から申し込みができてしまう、ファンづくりの為の特別プログラム。

(おもてなしの心を学ぼうとする地方の観光課にうってつけ。 いわば観光ホスピタリティの指南書のようなWebサイト)

無料であるばかりか、瞬くうちに特別村民用の住民票を同封した手紙が届く、ネットとリアルをパックした心に響く仕掛け。

すでに、馬路村にやられたーと感動した方も多いはず。

拡大地図を表示

しかも今回、広報誌とおまけの栞(しおり)。 サンは馬路村の特別村民からエヴァンジェリストに変身することに……。 

三斎市(さんさいち)と 愛宕梨(あたごなし)
画像は2007年11月24日(土)、YEG(岡山商工会議所青年部)企業見本市の くらしき朝市 三斎市 ブース。

手前のナシはゆうに1.5圓鯆兇慌山の名産フルーツ 愛宕梨(あたごなし)。

(愛宕梨を含め、果物王国 岡山の魅惑のフルーツ閲覧は、(有)漂流岡山さんの 岡山果物カタログ がお薦めかも)

さてさて、馬路村のホスピタリティ(おもてなしの心)にやられてばかりはいられません。

馬路村と岡山県は美しい海の架け橋、瀬戸大橋を渡って4時間弱。 伺うだけでなく、お越し頂く知恵を絞らねば(汗)。

なんせ岡山の果物は日本一。 低いブランド認知を除けば味・品質・見栄え、どこから見ても日本一、日本一なら世界一。

必要なのはホスピタリティでおもて梨、いな、おもてなしの心を馬路村から教わります。

桃太郎アリーナと クラブ偕行社(かいこうしゃ)
画像の左右は偕行社(現 総合グラウンドクラブ)と 桃太郎アリーナ(岡山県総合グラウンド)。

そう、岡山市は自然もさることながらスポーツも盛んなところ。

昭和37年 第17回 国民体育大会より43年ぶり、2度目となる平成17年 第60回 晴れの国おかやま国体の開催地。

そんなスポーツ王国のフットボールチーム ファジアーノ岡山 は昨日、ニューウェーブ北九州に勝利したところ。

J1への登竜門、JFL入りは目前とも。 馬路村の皆さま、ファジアーノ岡山の観戦かねて、桃太郎スタジアム散策はいかがでしょう?

晩秋の桃太郎スタジアム
そんな桃太郎スタジアムの明日はジャパンラグビー・トップリーグの第5節、

往年の名勝負を彷彿とさせる注目の一戦。

ラグビーファンにはたまらない コベルコスティーラーズ(神戸製鋼) VS ワイルドナイツ(三洋電機)は、伝説のカードとも。

その応援に、大阪から駆けつけるB・H・NのOB3氏。 試合後の歓談タイムはサンがおもてなしの心でお待ちしています。

折りしも昨夜(2007年11月30日)は冬のおかやま、光のファンタジー MOMOTARHO FANTASY2007 の点灯式が催され。

瀬戸内の海の幸と懐深い山の幸など岡山の麗食と、イルミネーション輝くのどかな街並みをご堪能頂けたら幸いです。

馬路村に教わるホスピタリティ(おもてなしの心)でお迎えしたく、おいでんせぇ(いらっしゃいませ)岡山へと。


『もっと♪岡山』|1.岡山の自然2.岡山の歴史3.岡山の文化4.岡山の産業


【編集後記】

おかやま桃太郎まつり MOMOTARHO FANTASY2007
おかやま桃太郎まつり MOMOTARHO FANTASY2007 は2008年1月14日まで。

Webログを利活用できない団体・企業の淘汰が進む、デジタル・デバイドの厳しい時代。

だから 岡山ブランディング構想 なんですネ♪


ホームサイトマップおいでんせぇ岡山>馬路村>岡山B構想岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2008 SunVerdir. All Rights Reserved.

地域ブランド化促進セミナー in 岡山 2007.1.29

ブログネタ
【著作 ロハス de 幸せ!】 に参加中!
岡山の地域ブランド化促進セミナーを記録するページ


セミナー目的は、地域資源ブランド化に関する他県の成功事例に その手法を学び、岡山県の経済活性化を狙うもの。


演題 「 地域活性化、成功へのシナリオ 」

講師&パネリスト ・松崎地域計画本舗 代表 松崎了三さま ・協同組合宇都宮餃子会 理事長 伊藤信夫さま

パネリスト ・中国経済産業局 中小企業課長 尾本哲郎さま コーディネータ ・地域ブランドアドバイザー 藤岡芳郎さま

2007年1月29日(月) 13:30-17:00 岡山国際交流センター 2F 国際会議場 主催 中国経済産業局


基調講演は「馬路村の柚子」ブランドを構築された松崎氏と、宇都宮餃子の商標登録に尽力された伊藤氏より。

地域ブランド化の成功過程にみる斬新なキーワードの中にブランディングのヒントが散りばめられた価値ある内容。


馬路村の成功要因は、お疲れモードの都会びとにエブリディーサンデー的のどかさ、田舎の魅力を見せつけたこと。

馬路村の「ふるさと感」をパッケージした販売手法。


宇都宮餃子の成功要因は「ストップ・ザ・都会びと」。 観光地へ急ぐ旅行者に向けた餃子のファーストフード提案。

素通りしていた旅行客を餃子の看板(商標)が足止め。 しかも口コミは首都圏で一気に広まり、今や観光の目的地。


講演より刺激的なキーフレーズをピックアップ

1. 「お客さまを見る商品づくり」 2. 「効率と非効率のバランスで高収益体質を持続する」 3. 「勇気を持って人より先に、人と違うことをする」

馬路村プロジェクトは1988年、宇都宮餃子会は1990年よりプロジェクト開始。 勇気を持って時代の先を駆けた成功者の共通項。


また、松崎氏コラムの「よそ者を活用せよ、逆転の発想をせよ」「遊びとおもしろさ-人が集まる」など、印象深いフレーズも。

さらに「地域ブランド辞典」より、.皀里鼎り ▲ぅ瓠璽犬鼎り しくみづくり ぅ侫.鵑鼎り ゾ譴鼎り 人づくり など、

地域ブランド化の「成功の玉手箱」をがっちり拝領。


そうしてセミナー開催に尽力くださった中国経済産業局と、参画された皆さまに感謝しています。 ありがとうございます


【編集後記】

地域ブランド化促進の秘訣は学びとヤル気。 そう咀嚼して、岡山ブランディング構想 の歩を進めています。


ホームサイトマップブランディング 目次>地域ブランド>経営革新岡山のホテル

Copyright (c) 2005-2007 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク ほか
    Social Media / SunVerdir
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ